古詩十九首之十九 漢の無名氏 (19) 漢詩<107>Ⅱ李白に影響を与えた詩541 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1440

     
  同じ日のブログ 
     1440古詩十九首之十九 漢の無名氏(19) 漢詩<107>Ⅱ李白に影響を与えた詩541 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1440 
     1441元和聖徳詩 韓退之(韓愈)詩<80-#7>Ⅱ中唐詩454 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1441 
     1442寄彭州高三十五使君適、虢州岑二十七長史參三十韻 杜甫 <316-#5> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1442 杜甫詩 700- 445 
   
 李商隠詩李商隠/韓愈韓退之(韓愈)・柳宗元・李煜・王安石・蘇東坡 
   2011/7/11李商隠 1 錦瑟 
      2011/7/11 ~ 2012/1/11 まで毎日掲載 全130首(187回) 
   2012/1/11 唐宋 Ⅰ李商隠187 行次西郊作一百韻  白文/現代語訳 (全文) 
     


古詩十九首之第十九首
明月何皎皎,照我羅床緯。
なんと秋の月の光の明るいことよ。わたしの寝台牀のうすぎぬのカーテンを照らしている。
憂愁不能寐,攬衣起徘徊。
わたしは遠い旅に出ている夫の身を思うと心配で寝むれない、衣のすそをかかげてたちあがり、あたりをぶらぶら歩いてみる。
客行雖雲樂,不如早旋歸。
旅に出るのは楽しいとあなたはいいますが、早く帰宅する方が何よりいいはずでしょう。
出戶獨彷徨,愁思當告誰!
そんなことを思いながら戸口を出てひとり彷徨い歩くだけなのだ。こんな心の愁いは誰につげたらよいものか。
引領還入房,淚下沾裳衣。
首をながくのばして夫の方を望み、ふりかえって、わが部屋にはいるしかない、涙は流れおちて衣裳をぬらすのである。



現代語訳と訳註
(本文)
第十九首
明月何皎皎,照我羅床緯。
憂愁不能寐,攬衣起徘徊。
客行雖雲樂,不如早旋歸。
出戶獨彷徨,愁思當告誰!
引領還入房,淚下沾裳衣。


(下し文)
明月何ぞ皎皎たる、我が羅【うすぎぬ】の床緯【しょうい】を照す。
憂愁して寐【い】ぬる能はず、衣を攬【と】りて起って徘徊【はいかい】す。
客行楽しと云ふと雖も、早く旋歸【せんき】するに如【し】かじ。
戸を出でて獨り彷徨【ほうこう】し、愁思當【まさ】に誰にか告ぐべき。
領【くび】を引きて還りて房に入れば、涙下りて裳衣を清す。


(現代語訳)
なんと秋の月の光の明るいことよ。わたしの寝台牀のうすぎぬのカーテンを照らしている。
わたしは遠い旅に出ている夫の身を思うと心配で寝むれない、衣のすそをかかげてたちあがり、あたりをぶらぶら歩いてみる。
旅に出るのは楽しいとあなたはいいますが、早く帰宅する方が何よりいいはずでしょう。
そんなことを思いながら戸口を出てひとり彷徨い歩くだけなのだ。こんな心の愁いは誰につげたらよいものか。
首をながくのばして夫の方を望み、ふりかえって、わが部屋にはいるしかない、涙は流れおちて衣裳をぬらすのである。


(訳注)
第十九首

第十八首 十七詩と同じ、留守居の妻が遠方、月夜夫を憶うて感傷にひたる思慕の情を寄せたのである。男性の目から見た詩である。


明月何皎皎,照我羅床緯。
なんと秋の月の光の明るいことよ。わたしの寝台牀のうすぎぬのカーテンを照らしている。
明月 秋八月の月
古詩十九首之第七首
明月皎夜光,促織鳴東壁。
玉衡指孟冬,眾星何歷歷。
白露沾野草,時節忽復易。
秋蟬鳴樹間,玄鳥逝安適。
李白31 『関山月』「明月出天山、蒼茫雲海間。長風幾萬里、吹度玉門關。」
・皎皎 白く明るいさま。
・羅床緯 薄絹の寝床のたれまく。
古詩十九首 第ニ首
青青河畔艸、欝欝園中柳。
盈盈楼上女、皎皎当窓牅。
娥娥紅紛粧、繊繊出素手。
昔為倡家女、今為蕩子婦。
蕩子行不帰、空牀難独守。

古詩十九首之二 (2) 漢詩<89>Ⅱ李白に影響を与えた詩521 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1380

古詩十九首之第十首
迢迢牽牛星,皎皎河漢女。
纖纖擢素手,札札弄機杼。
終日不成章,泣涕零如雨。
河漢清且淺,相去復幾許。
盈盈一水間,脈脈不得語。

古詩十九首之十 漢の無名氏(10) 漢詩<97>Ⅱ李白に影響を与えた詩529 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1404

孟浩然・王維・李白に影響を与えた山水詩人、謝霊運<2> 九日従宋公戯馬台集送孔令詩#1 詩集 355


謝靈運『折楊柳行二首 其二』
騷屑出穴風,揮霍見日雪,颼颼無乆搖,皎皎幾時潔,未覺泮春冰,巳復謝秋節,
折楊柳行 その二 謝霊運(康楽) 詩<73-#1>Ⅱ李白に影響を与えた詩497 kanbuniinkai頌之の漢詩ブログ1308

初発石首城 謝霊運(康楽) 詩<56-#3>Ⅱ李白に影響を与えた詩446 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1155

初発石首城 謝霊運(康楽) 詩<56-#3>Ⅱ李白に影響を与えた詩446 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1155


憂愁不能寐,攬衣起徘徊。
わたしは遠い旅に出ている夫の身を思うと心配で寝むれない、衣のすそをかかげてたちあがり、あたりをぶらぶら歩いてみる。
・攬 手に持つ、つまみとる。


客行雖雲樂,不如早旋歸。
旅に出るのは楽しいとあなたはいいますが、早く帰宅する方が何よりいいはずでしょう。


出戶獨彷徨,愁思當告誰!
そんなことを思いながら戸口を出てひとり彷徨い歩くだけなのだ。こんな心の愁いは誰につげたらよいものか。


引領還入房,淚下沾裳衣。
首をながくのばして夫の方を望み、ふりかえって、わが部屋にはいるしかない、涙は流れおちて衣裳をぬらすのである。
・引領 首を伸ばして遠くを眺める。古詩十九首之十六首
古詩十九首之第十六首 #2
願得常巧笑,攜手同車歸。
既來不須臾,又不處重闈。
亮無晨風翼,焉能淩風飛?
眄睞以適意,引領遙相希。
徒倚懷感傷,垂涕沾雙扉。