古代中国の結婚感、女性感について述べる三国時代の三曹の一人、曹丕魏文帝の詩
燕歌行二首 其二 曹丕(魏文帝)


  同じ日の紀頌之5つのブログ 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩燕歌行二首 其二 曹丕(魏文帝) 魏詩<5>玉台新詠・文選楽府 古詩源 巻三 女性詩624 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1713 
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩秋懐詩十一首(2) 韓愈 韓退之(韓愈)詩<102>Ⅱ中唐詩537 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1714 
 Ⅲ杜甫詩1000詩集杜甫詩 成都紀行まとめ(詩index)  <353> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1715 杜甫詩 700- 528 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集元和聖徳詩 韓退之(韓愈)詩<80-#10> (12/25) 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩 
      
 ■今週の人気記事(漢詩の3部門ランキング)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex 
 謝靈運index謝靈運詩古詩index漢の無名氏  
孟浩然index孟浩然の詩韓愈詩index韓愈詩集
杜甫詩index杜甫詩 李商隠index李商隠詩
李白詩index 李白350首女性詩index女性詩人 
 上代・後漢・三国・晉南北朝・隋初唐・盛唐・中唐・晩唐北宋の詩人  
◎漢文委員会のHP http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/
                  http://kanbuniinkai7.dousetsu.com
                  http://kanbuniinkai8.dousetsu.com
                           http://3rd.geocities.jp/miz910yh/

燕歌行二首 其二 曹丕(魏文帝) 魏詩<5>玉台新詠・文選楽府 古詩源 巻三 女性詩624 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1713



楽府 燕歌行 二首
曹丕 魏文帝 
《魏文帝集》《玉臺新詠》文選 古詩源
其一
秋風蕭瑟天氣涼 草木搖落露為霜
群燕辭歸雁南翔 念君客遊多思腸
慊慊思歸戀故鄉 君何淹留寄他方
賤妾煢煢守空房 憂來思君不敢忘
不覺淚下沾衣裳 援琴鳴弦發清商
短歌微吟不能長 明月皎皎照我床
星漢西流夜未央 牽牛織女遙相望
爾獨何辜限河梁

其二
別日何易會日難,山川遙遠路漫漫。
鬱陶思君未敢言,寄聲浮雲往不還。
涕零雨面毀容顏,誰能懷憂獨不嘆。
展詩清歌聊自寬,樂往哀來摧肺肝。
耿耿伏枕不能眠,披衣出戶步東西。
仰看星月觀雲間,飛鶬晨鳴聲可憐。
留連顧懷不能存。


玉臺新詠 楽府 燕歌行 二首
其二
別日何易會日難,山川遙遠路漫漫。
別れの日が来て別れることはどうしてこんなに容易いことなのに、会える日が来ることはこんなにも難しいのです。山や川は遙かに遠く、道は長くて遠いものなのです。
鬱陶思君未敢言,寄聲浮雲往不還。
あなたを思うことは心がふさいで晴れないことではあるがいまだにあえて言葉に出して言えないし、はぐれぐもに言付けを寄せたいと思うのですが句も入ってしまって帰ってこないのです。
涕零雨面毀容顏,誰能懷憂獨不嘆。
悲しくて涙が零れ落ちて雨のように顔に垂れ、化粧は崩れてしまうのです、誰が能く愁いを思い歎かれずにおれないのです。
展詩清歌聊自寬,樂往哀來摧肺肝。
詩詞を展げ読み、清々しい歌を唄い自分で気を紛らわせようとするのです。樂しく過ごした時は往き過ぎ、哀しみは來たままでこころもからだも摧けてしまいそうです。
耿耿伏枕不能眠,披衣出戶步東西。
床についても浩々とした明かりに感じるほど頭が冴えてよく眠れないのです。衣を羽織って戸外へ出て東へ西へと歩き回るのです。
仰看星月觀雲間,飛鶬晨鳴聲可憐。
仰ぎ見ると星や月でさえも雲間にかくれ、二人の夜のことに思えるのです。眠れない夜を過ごして朝が来る、マナヅルが飛び立って鳴く声を聴くとまた憐れな気持ちになるのです。
留連顧懷不能存。
このやるせない気持ちが連綿と続き、思いを振り返ってみると、このまま生きながらえてもよくはないと思うのです。

其の二
別日何んぞ易く會日難き,山や川 遙遠 路 漫漫。
鬱陶【うつとう】君を思うて未だ敢えて言わず,聲を浮雲に寄すれば往けども還らず。
涕零ちて面に雨ふり容顏を毀つ,誰か能く憂を懷いて獨り嘆ぜざらん。
詩を展べて清歌し聊【いささ】か自ら寬【ゆる】うし,樂しみ往き哀しみ來りて肺肝を摧【くだ】く。
耿耿【こうこう】として枕に伏すも眠に能わず,衣を披【ひら】き戶を出で東西に步す。
仰いで星月を看て雲間を觀る,飛鶬【ひそう】晨に鳴いて聲憐れむ可し。
留連【りゅうれん】顧懷【こかい】存する能わず。


『燕歌行 二首』其二 現代語訳と訳註
(本文)

別日何易會日難,山川遙遠路漫漫。
鬱陶思君未敢言,寄聲浮雲往不還。
涕零雨面毀容顏,誰能懷憂獨不嘆。
展詩清歌聊自寬,樂往哀來摧肺肝。
耿耿伏枕不能眠,披衣出戶步東西。
仰看星月觀雲間,飛鶬晨鳴聲可憐。
留連顧懷不能存。


(下し文)其の二
別日何んぞ易く會日難き,山や川 遙遠 路 漫漫。
鬱陶【うつとう】君を思うて未だ敢えて言わず,聲を浮雲に寄すれば往けども還らず。
涕零ちて面に雨ふり容顏を毀つ,誰か能く憂を懷いて獨り嘆ぜざらん。
詩を展べて清歌し聊【いささ】か自ら寬【ゆる】うし,樂しみ往き哀しみ來りて肺肝を摧【くだ】く。
耿耿【こうこう】として枕に伏すも眠に能わず,衣を披【ひら】き戶を出で東西に步す。
仰いで星月を看て雲間を觀る,飛鶬【ひそう】晨に鳴いて聲憐れむ可し。
留連【りゅうれん】顧懷【こかい】存する能わず。


(現代語訳)
別れの日が来て別れることはどうしてこんなに容易いことなのに、会える日が来ることはこんなにも難しいのです。山や川は遙かに遠く、道は長くて遠いものなのです。
あなたを思うことは心がふさいで晴れないことではあるがいまだにあえて言葉に出して言えないし、はぐれぐもに言付けを寄せたいと思うのですが句も入ってしまって帰ってこないのです。
悲しくて涙が零れ落ちて雨のように顔に垂れ、化粧は崩れてしまうのです、誰が能く愁いを思い歎かれずにおれないのです。
詩詞を展げ読み、清々しい歌を唄い自分で気を紛らわせようとするのです。樂しく過ごした時は往き過ぎ、哀しみは來たままでこころもからだも摧けてしまいそうです。
床についても浩々とした明かりに感じるほど頭が冴えてよく眠れないのです。衣を羽織って戸外へ出て東へ西へと歩き回るのです。
仰ぎ見ると星や月でさえも雲間にかくれ、二人の夜のことに思えるのです。眠れない夜を過ごして朝が来る、マナヅルが飛び立って鳴く声を聴くとまた憐れな気持ちになるのです。
このやるせない気持ちが連綿と続き、思いを振り返ってみると、このまま生きながらえてもよくはないと思うのです。


(訳注) 其二
別日何易會日難,山川遙遠路漫漫。
別れの日が来て別れることはどうしてこんなに容易いことなのに、会える日が来ることはこんなにも難しいのです。山や川は遙かに遠く、道は長くて遠いものなのです。
・漫漫 ひろくはるかなさま。ながくとおいさま。雲がたなびくさま。


鬱陶思君未敢言,寄聲浮雲往不還。
あなたを思うことは心がふさいで晴れないことではあるがいまだにあえて言葉に出して言えないし、はぐれぐもに言付けを寄せたいと思うのですが句も入ってしまって帰ってこないのです。
・鬱陶 心がふさいで晴れないこと。


涕零雨面毀容顏,誰能懷憂獨不嘆。
悲しくて涙が零れ落ちて雨のように顔に垂れ、化粧は崩れてしまうのです、誰が能く愁いを思い歎かれずにおれないのです。


展詩清歌聊自寬,樂往哀來摧肺肝。
詩詞を展げ読み、清々しい歌を唄い自分で気を紛らわせようとするのです。樂しく過ごした時は往き過ぎ、哀しみは來たままでこころもからだも摧けてしまいそうです。
・展詩 詩詞を展げ読むこと。
・肺肝 肺と肝臓であるが、日本語でいえば心も体もというところだろう。


耿耿伏枕不能眠,披衣出戶步東西。
床についても浩々とした明かりに感じるほど頭が冴えてよく眠れないのです。衣を羽織って戸外へ出て東へ西へと歩き回るのです。


仰看星月觀雲間,飛鶬晨鳴聲可憐。
仰ぎ見ると星や月でさえも雲間にかくれ、二人の夜のことに思えるのです。眠れない夜を過ごして朝が来る、マナヅルが飛び立って鳴く声を聴くとまた憐れな気持ちになるのです。
・星月 星は男性、月は女性。
・雲間 仰ぎ見て雲の間に月と星が見え隠れする。その動きが性行為を象徴するものであるために、あわれを誘うのである。。


留連顧懷不能存。
このやるせない気持ちが連綿と続き、思いを振り返ってみると、このまま生きながらえてもよくはないと思うのです。