雜詩六首其六 曹植



  同じ日の紀頌之5つのブログ 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩雜詩六首其六 曹植 魏詩<23>古詩源 巻三 女性詩649 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1813 
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩進学解 韓退之(韓愈)詩<114-6>Ⅱ中唐詩562 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1814 
 Ⅲ杜甫詩1000詩集成都(2部)浣花渓の草堂(2 -13) 遣興 杜甫 <376>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1811 杜甫詩1000-376-552/1500 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集晩菊 韓退之(韓愈)詩<91> (01/19) 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩『寄岳州李員外遠』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-50-3-# 七言律詩 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1816 七言律詩 
      
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)

謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首


雜詩六首其六 曹植 魏詩<23>古詩源 巻三 女性詩649 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1813


雜詩六首 其六
飛觀百餘尺,臨牖御欞軒。
飛び上がれば百余尺の高さである、このそびえたつ楼閣も櫺窓を動かしてすりによりかかって遠くを望のである。
遠望周千里,朝夕見平原。
遠く見わたせば、千里のかなたまで一望できる、私は毎日朝と夕べに、どこまでもひろがる平原をながめるのである。
烈士多悲心,小人偷自閒。
烈士として名をのこしたいものは、悲しみを心にいだくことが多いもので、とるにたらないものは、ただいい加減に、なんにもせずに暮らしているものだ。
國讎亮不塞,甘心思喪元。
わが国に盾つく国や国内の不満分子どもは、たしかにまだ絶滅させてはいないのだ。私が満足したいとおもうことは、喜んでこの首を犠牲にしていいと思っていることである。
拊劍西南望,思欲赴太山。
今はこうして剣をなでつつ、この楼閣で西と南の方をながめてはいるが、戰場で功をなし名を挙げて、泰山に赴き天につげたいものだ。
弦急悲聲發,聆我慷慨言。

この思いで瑟の弦をたたくと、事態は切迫しているかのように悲しい音が響き渡る。天よどうか、私のたかぶる悲憤の言葉をおききたまえ。

其の六
觀るに飛ぶ 百餘尺,牖【ゆう】に臨む 御欞【ぎょれい】の軒。
遠望して千里に周く,朝夕 平原を見る。
烈士は悲心多く,小人は偷にして自から閒なり。
國讎【こくしゅう】亮【まこと】に塞きず,甘心するは元【こうべ】を喪わんことを思う。
劍を拊【ふ】して西南を望み,思いて太山に赴かんと欲す。
弦 急にして悲聲を發し,我が慷慨【こうがい】の言を聆【き】け。

汜水関などの地図

『雜詩六首』其六 現代語訳と訳註
(本文)

飛觀百餘尺,臨牖御欞軒。遠望周千里,朝夕見平原。烈士多悲心,小人偷自閒。
國讎亮不塞,甘心思喪元。拊劍西南望,思欲赴太山。弦急悲聲發,聆我慷慨言。


(下し文)
觀るに飛ぶ 百餘尺,牖【ゆう】に臨む 御欞【ぎょれい】の軒。
遠望して千里に周く,朝夕 平原を見る。
烈士は悲心多く,小人は偷にして自から閒なり。
國讎【こくしゅう】亮【まこと】に塞きず,甘心するは元【こうべ】を喪わんことを思う。
劍を拊【ふ】して西南を望み,思いて太山に赴かんと欲す。
弦 急にして悲聲を發し,我が慷慨【こうがい】の言を聆【き】け。


(現代語訳)
飛び上がれば百余尺の高さである、このそびえたつ楼閣も櫺窓を動かしてすりによりかかって遠くを望のである。
遠く見わたせば、千里のかなたまで一望できる、私は毎日朝と夕べに、どこまでもひろがる平原をながめるのである。
烈士として名をのこしたいものは、悲しみを心にいだくことが多いもので、とるにたらないものは、ただいい加減に、なんにもせずに暮らしているものだ。
わが国に盾つく国や国内の不満分子どもは、たしかにまだ絶滅させてはいないのだ。私が満足したいとおもうことは、喜んでこの首を犠牲にしていいと思っていることである。
今はこうして剣をなでつつ、この楼閣で西と南の方をながめてはいるが、戰場で功をなし名を挙げて、泰山に赴き天につげたいものだ。
この思いで瑟の弦をたたくと、事態は切迫しているかのように悲しい音が響き渡る。天よどうか、私のたかぶる悲憤の言葉をおききたまえ。


(訳注)
其六
 214年建安十九年、曹操が呉を討つにあたって、曹植を留めて甄城を守らせた時、曹植が遠征を思って作ったものである。しかし、内容的に「其五」の詩と語句の似通ったものがあるのは続編ということであろう。


飛觀百餘尺,臨牖御欞軒。
飛び上がれば百余尺の高さである、このそびえたつ楼閣も櫺窓を動かしてすりによりかかって遠くを望のである。
○飛観 観は楼閣。飛は高いさまをいう、落ちるという表現で高さをあらわさないので、100尺余り飛び上がったという。。
○御欞 櫺子のまどをあける。窓とてすり。御は動かすこと。格子窓、軒はてすり。れんじ窓を動かして手摺の掴まる。

遠望周千里,朝夕見平原。
遠く見わたせば、千里のかなたまで一望できる、私は毎日朝と夕べに、どこまでもひろがる平原をながめるのである。

烈士多悲心,小人偷自閒。
烈士として名をのこしたいものは、悲しみを心にいだくことが多いもので、とるにたらないものは、ただいい加減に、なんにもせずに暮らしているものだ。
〇烈士 征伐、革命、維新などにおいて戦い功績を残し、名を遺したものの人物の称号をいう。
○偷 物事をゆるがせにして安逸をむさぼる。


國讎亮不塞,甘心思喪元。
わが国に盾つく国や国内の不満分子どもは、たしかにまだ絶滅させてはいないのだ。私が満足したいとおもうことは、喜んでこの首を犠牲にしていいと思っていることである。
○国儲 敵国、呉と局をさす。
○塞 とだえる、なくなる。
○甘心 自らが満足するという意味。
○元 あたま、首のこと。

拊劍西南望,思欲赴太山。
今はこうして剣をなでつつ、この楼閣で西と南の方をながめてはいるが、戰場で功をなし名を挙げて、泰山に赴き天につげたいものだ。
○拊 なでる、かるくうつ。
○西南 甄城から西は許都、蜀、南は、呉。
○太山 泰山(山東省にある。)のこと。五嶽の一つ。古来、重要な祭典が行われ、出征の時も、ここでその旨を天に告げる。前の聯に「烈士、小人」とある。孔子の「登泰山而小天下」(泰山に登れば天下はなん. と小さく見えることか)ということも意味するかもしれない。


弦急悲聲發,聆我慷慨言。
この思いで瑟の弦をたたくと、事態は切迫しているかのように悲しい音が響き渡る。天よどうか、私のたかぶる悲憤の言葉をおききたまえ。
○弦 瑟の弦。
○慷慨 「壮士の志を心に得ざるなり」と、胸にこみあげる感情をいう。



雜詩(六首)其一
高台多悲風,朝日照北林。之子在萬里,江湖回且深。方舟安可極,離思故難任。
孤雁飛南遊,過庭長哀吟。翹思慕遠人,願欲托遺音。形影忽不見,翩翩傷我心。

其二
轉蓬離本根,飄颻長隨風。何意回飆舉,吹我入雲中。高高上無極,天路安可窮。
類此遊客子,捐軀遠從戎。毛褐不掩形,薇藿常不充。去去莫復道,沈憂令人老。

其三
西北有織婦,綺縞何繽紛。明晨秉機杼,日昃不成文。太息終長夜,悲嘯入青雲。
妾身入空閨,良人行從軍。自期三年歸,今已歷九春。飛鳥繞樹翔,噭噭鳴索群。
願為南流景,馳光見我君。

其四
南國有佳人,容華若桃李。朝游江北岸,夕宿瀟湘沚。
時俗薄朱顏,誰為發皓齒。俯仰歲將暮,榮耀難久恃。

其五
僕夫早嚴駕,吾將遠行游。遠遊欲何之?吳國為我仇。將騁萬里途,東路安足由。
江介多悲風,淮泗馳急流。願欲一輕濟,惜哉無方舟。閒居非吾志,甘心赴國憂。

其六
飛觀百餘尺,臨牖御欞軒。遠望周千里,朝夕見平原。烈士多悲心,小人偷自閒。
國讎亮不塞,甘心思喪元。拊劍西南望,思欲赴太山。弦急悲聲發,聆我慷慨言。

喜雨
天覆何彌廣,苞育此群生。棄之必憔悴,惠之則滋榮。慶雲從北來,郁述西南征。
時雨終夜降,長雷周我廷。嘉種盈膏壤,登秋必有成。