箜篌引 曹植 魏詩<50-#2>

2013年3月1日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩箜篌引 曹植 魏詩<50-#2>古詩源 巻五 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1998
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩原性 韓愈(韓退之) <116-5>Ⅱ中唐詩603 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1999
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集漫成二首其一 杜甫 成都(4部)浣花渓の草堂(4 - 6)  杜甫 <411> 五言律詩 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2000 杜甫詩1000-411-594/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集萬山潭作 孟浩然 kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞ブログ 2001 (03/01)
●森鴎外の小説 ”激しい嫉妬・焦燥に下女を殺してしまった『魚玄機』”といわれているがこれに疑問を持ち異なる視点で解釈して行く。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性秋怨 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-91-27-#  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2002
 
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
古詩十九首 (1) 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67676781.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩
http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首  
 
 




箜篌引 曹植 魏詩<50-#2>古詩源 巻五 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1998


箜篌引
置酒高殿上,親友從我游。
酒宴の用意を高楼の座敷にする。親友たちがぞろぞろと集まってくる。
中廚辦豐膳,烹羊宰肥牛。
料理の厨房ではたくさんのご馳走を準備した。羊を煮たり、牛を料理したりして、さまざまの珍味をととのえた。
秦箏何慷慨,齊瑟和且柔。
秦の国の箏は悲壮な調べをかなでる。斉の国の瑟はなごやかに、またやわらかなひびきをあげる。
陽阿奏奇舞,京洛出名謳。
陽阿の舞は世にもみごとな手振りを示し、洛陽の歌はとてもすぐれた節回しを聞かせる。
#2
樂飲過三爵,緩帶傾庶羞。
謙遜は君子の美徳されるものである。しかし、だからといっていたずらに身をかがめるということは、ぺこぺこして何を求めようとすると思われるものである。
#3
驚風飄白日,光景馳西流。盛時不再來,百年忽我遒。
生存華屋處,零落歸山丘。先民誰不死,知命復何憂。
楽しみ飲んで、大盃三杯を傾け、帯をゆるめ、うちくつろいで酒の肴を平らげる。
主稱千金壽,賓奉萬年酬。
主人は客のために千金の寿をめでたいこととする。客は主人に酬いて万年の長寿を祝う。
久要不可忘,薄終義所尤。
まことに豪奢をきわめた交際をしているようではあるが、しかし其の交わりは旧約を重んじており、平生の言を忘れることはないのである。はじめに厚くして、終わりに薄くなるのは道義上非難をまぬかれぬものである。
謙謙君子德,磬折何所求。


箜篌引【くごいん】
酒を高殿の上に置き、親友我に従って遊ぶ。
中厨豊膳を辦【そな】へ、羊を烹【に】肥牛を宰おさむ。
秦箏【しんそう】何ぞ慷慨【こうがい】たる、斉瑟【せいしつ】和にして且つ柔なり。
陽阿【ようか】は奇舞を奏し、京洛は名謳【めいおう】を出す。
#2
楽しみ飲んで三爵【さんしゃく】に過ぎ、帶を緩めて庶羞【しょしゅう】を傾く。
主は千金の壽を稱し、賓は萬年の酬を奉ず。
久要【きゅうよう】忘る可からず、終りに薄きは義の尤【とが】むる所。
謙謙たる君子の徳、磬折【せいせつ】して何をか求めんと欲する。

#3
驚風 白日を飄し、光景を馳せて西に流る。
盛時再びす可からず、百年忽ち我に遒る。
生存しては華屋【かおく】に處り、零落【れいらく】しては山丘に歸る。
先民誰か死せざらん、命を知らは復何をか憂へん。

銅雀臺00





『箜篌引』 現代語訳と訳註
(本文)
#2
樂飲過三爵,緩帶傾庶羞。主稱千金壽,賓奉萬年酬。
久要不可忘,薄終義所尤。謙謙君子德,磬折何所求。


(下し文) #2
楽しみ飲んで三爵【さんしゃく】に過ぎ、帶を緩めて庶羞【しょしゅう】を傾く。
主は千金の壽を稱し、賓は萬年の酬を奉ず。
久要【きゅうよう】忘る可からず、終りに薄きは義の尤【とが】むる所。
謙謙たる君子の徳、磬折【せいせつ】して何をか求めんと欲する。


(現代語訳)
楽しみ飲んで、大盃三杯を傾け、帯をゆるめ、うちくつろいで酒の肴を平らげる。
主人は客のために千金の寿をめでたいこととする。客は主人に酬いて万年の長寿を祝う。
まことに豪奢をきわめた交際をしているようではあるが、しかし其の交わりは旧約を重んじており、平生の言を忘れることはないのである。はじめに厚くして、終わりに薄くなるのは道義上非難をまぬかれぬものである。
謙遜は君子の美徳されるものである。しかし、だからといっていたずらに身をかがめるということは、ぺこぺこして何を求めようとすると思われるものである。


(訳注) #2
・箜篌引
 引は古楽府の題名で、後漢に名づけられたもの。箜篌はハープに類する西域伝来の楽器のこと。曹植のこの作は主題と関係がなく、交道の終わりを全うすべきを述べ、人生の無常を歌い、天命に遵い安んずべきとよんだ詩である。酒宴が頽廃に向かうことはなかったことであろう。


樂飲過三爵,緩帶傾庶羞。
楽しみ飲んで、大盃三杯を傾け、帯をゆるめ、うちくつろいで酒の肴を平らげる。
・三爵 爵は雀の形をした盃。礼記・玉藻に、君子の宴は三爵を度とすべきことが述べてある。
・庶差 たくさんの酒肴。


主稱千金壽,賓奉萬年酬。
主人は客のために千金の寿をめでたいこととする。客は主人に酬いて万年の長寿を祝う。
・千金壽 千金の価にふさわしい長寿。


久要不可忘,薄終義所尤。
まことに豪奢をきわめた交際をしているようではあるが、しかし其の交わりは旧約を重んじており、平生の言を忘れることはないのである。はじめに厚くして、終わりに薄くなるのは道義上非難をまぬかれぬものである。
・久要 昔の約束「論語」憲問に「久要不忘平生之言」「久要、平生の言を忘れず」朱子の注に「久要は旧約の意」とある。
・薄終 友達との交際が、初めは親しかったのが、終りには薄情になる。


謙謙君子德,磬折何所求。
謙遜は君子の美徳されるものである。しかし、だからといっていたずらに身をかがめるということは、ぺこぺこして何を求めようとすると思われるものである。
・謙謙 へりくだるさま。「易経」謙のことば。
・磬折 磬は石製の楽器、「く」の字なりに曲がっている。身を屈して敬礼すること。