魏・武帝(曹操)《卻東西門行》#2 それにも似たこの出征の士卒どうなるのであろうか、それに今さら四方への遠征軍をやめてここを立ち去ることなどがどうしてできよう。兵器と軍馬には鞍をとくことなでできないし、鎧と甲冑は兵士の身を離すこともできないのだ。
 

2013年7月7日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
  
LiveDoor
卻東西門行 漢詩<95-#2>Ⅱ李白に影響を与えた詩818 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2638
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
LiveDoor
送李六協律歸荊南【案:翱。】 韓愈(韓退之) <152>Ⅱ中唐詩731 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2639
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集 LiveDoor過郭代公故宅【郭元振,貴鄉人,宅在京師宣陽里,此當是尉通泉時所居。】 成都 杜甫 <494-#1>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2640 杜甫詩1000-494-#1-722/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor贈段校書 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-220-86-#80  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2647
 
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex

『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首

 

卻東西門行 漢詩<95-#2>Ⅱ李白に影響を与えた詩818 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2638


卻東西門行
(東西の門にかかわる歌)
鴻雁出塞北、乃在無人郷。
雁は塞北の地に産し、人里でなくだれもいない所にいたのである。
挙翅萬里餘、行止自成行。
翼をあげて万里の遠方の更に向こうに飛び立っても、その動作には一定の行動がある。
冬節食南稲、春日復北翔。
冬の季節には南に行ってそこの稲を食い、春はまた北に飛びかえるのである。
田中有轉蓬、随風遠飄揚。
田の中にはえているよもぎは風の吹くままに遠く飛びあがる。
長與故根絶、萬歳不相當。
もとの根と離れては、永久に互いに会うことはないのである。
#2
奈何此征夫、安得去四方。
それにも似たこの出征の士卒どうなるのであろうか、それに今さら四方への遠征軍をやめてここを立ち去ることなどがどうしてできよう。
戎馬不解鞍、鎧甲不離傍。
兵器と軍馬には鞍をとくことなでできないし、鎧と甲冑は兵士の身を離すこともできないのだ。
冉冉老将至、何時反故郷。
そうしている間に月日はいたずらに過ぎ去り、老いの身がせまりくる。いつになったら故郷に帰れるというのだろうか。
神龍藏深泉、猛獣歩高岡。
神の龍は深い淵の奥底に隠れ、い泉にかくれ、猛獣は高い岡を歩いてそこに安住している。
狐死歸首丘、故郷安可忘。
狐は死んでも、自分の故丘に首を向けるといぅのに、われらがどうして故郷を忘れることがあるというのか。

(卻【きゃく】東西門の行【うた】)
鴻雁 塞北に出で、乃ち無人の郷に在り。
翅【はね】を挙ぐること萬里餘、行止 自ら行を成す。
冬節に南稲【なんとう】を食し、春日に復た北に翔る。
田中に轉蓬有り、風に随って遠く飄揚【ひょうよう】す。
長く故根と絶ち、萬歳まで相ひ當たらず。

此の征夫を奈何せん、安んぞ四方を去るを得ん。
戎馬 鞍を解かず、鎧甲【がいこう】傍を離れず。
冉冉【ぜんぜん】として老いは将に至らんとす、何れの時にか故郷に反らん。
神龍は深泉に藏【かく】れ、猛獣は高岡【こうこう】に歩す。
狐死して歸って丘に首【むか】ふ、故郷 安んぞ忘るべけんや。



『卻東西門行』 現代語訳と訳註
鷹将 (本文)
#2
奈何此征夫、安得去四方。
戎馬不解鞍、鎧甲不離傍。
冉冉老将至、何時反故郷。
神龍藏深泉、猛獣歩高岡。
狐死歸首丘、故郷安可忘。


(下し文)
此の征夫を奈何せん、安んぞ四方を去るを得ん。
戎馬 鞍を解かず、鎧甲【がいこう】傍を離れず。
冉冉【ぜんぜん】として老いは将に至らんとす、何れの時にか故郷に反らん。
神龍は深泉に藏【かく】れ、猛獣は高岡【こうこう】に歩す。
狐死して歸って丘に首【むか】ふ、故郷 安んぞ忘るべけんや。


(現代語訳)
それにも似たこの出征の士卒どうなるのであろうか、それに今さら四方への遠征軍をやめてここを立ち去ることなどがどうしてできよう。
兵器と軍馬には鞍をとくことなでできないし、鎧と甲冑は兵士の身を離すこともできないのだ。
そうしている間に月日はいたずらに過ぎ去り、老いの身がせまりくる。いつになったら故郷に帰れるというのだろうか。
神の龍は深い淵の奥底に隠れ、い泉にかくれ、猛獣は高い岡を歩いてそこに安住している。
狐は死んでも、自分の故丘に首を向けるといぅのに、われらがどうして故郷を忘れることがあるというのか。


(訳注)#2
奈何此征夫、安得去四方。
それにも似たこの出征の士卒どうなるのであろうか、それに今さら四方への遠征軍をやめてここを立ち去ることなどがどうしてできよう。
・此征矢 部下の士卒を指していう。


戎馬不解鞍、鎧甲不離傍。
兵器と軍馬には鞍をとくことなでできないし、鎧と甲冑は兵士の身を離すこともできないのだ。


冉冉老将至、何時反故郷。
そうしている間に月日はいたずらに過ぎ去り、老いの身がせまりくる。いつになったら故郷に帰れるというのだろうか。
・冉冉 月日の過ぎ去るをいう。


神龍藏深泉、猛獣歩高岡。
神の龍は深い淵の奥底に隠れ、い泉にかくれ、猛獣は高い岡を歩いてそこに安住している。


狐死歸首丘、故郷安可忘。
狐は死んでも、自分の故丘に首を向けるといぅのに、われらがどうして故郷を忘れることがあるというのか。
・首丘 狐が死する時は敢盾のある丘に首を向けてたおれるという。死んでもなお郷里を思うこと。