司馬相如 《子虚賦 》(8雲夢沢の東の一帯には、香草の茂る園があり、杜衡【かんあおい】・蘭・よろい草・杜若【やぶみょうが】があり、穹窮昌蒲江離麋蕪諸柘(さとうきび)・巴且(みょうが)が生じている。

 

2013年9月14日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
   
LiveDoor
司馬相如 《子虚賦 》(8)#4-1 文選 賦<109-#4-1>9分割26回 Ⅱ李白に影響を与えた詩887 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2983
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoor
病鴟 韓愈(韓退之) <185-#5>Ⅱ中唐詩800 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2984
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoor647 《寄高適【案:草堂逸詩拾遺。】》 蜀中転々 杜甫 <552>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2985 杜甫詩1000-552-791/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor107 河傳三首 其三 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-288-5-#42  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2987
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html    

『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304    
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html    
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html    
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html    
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html    
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html    
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。    
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。    
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html    
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html    
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html    
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。    
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。    
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。 

 
司馬相如 《子虚賦

》(8)#41 文選 賦<109-#4-19分割26回 Ⅱ李白に影響を与えた詩887 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2983

 

 

(8)#4-1

其東則有蕙圃,衡蘭芷若,

雲夢沢の東の一帯には、香草の茂る園があり、杜衡【かんあおい】・蘭・よろい草・杜若【やぶみょうが】があり、

穹窮昌蒲,江離麋蕪,諸柘巴且。

穹窮昌蒲江離麋蕪諸柘(さとうきび)・巴且(みょうが)が生じている。

其南則有平原廣澤,登降阤靡,

雲夢沢の南の一帯には、廣い野原や広湿地があり、そしてなだらかに起伏している。

案衍壇曼,緣以大江,限以巫山。

どこまでも平らに続いている。長江の流れが周囲を巡り、巫山が縁どりとしてそびえている。

其高燥則生葴析苞荔,薛莎青薠。

高く乾燥した土地に生えている植物は、葴【おおあい】・析苞(あぶらがや)荔(おおにら)薛(かわらよもぎ)莎(はますげ)青薠(大きなはますげ)である。

 

其の東には則ち蕙圃【けいほ】有りて,衡蘭【こうらん】芷若【しじゃく】,

穹窮【きゅうきゅう】昌蒲【しょうぶ】,江離【こうり】麋蕪【ひぶ】,諸柘【しょしゃ】巴且【はしょ】あり。

其の南には則ち平原廣澤【こうたく】有りて,登り降り阤靡【いび】として,

案衍【あんえん】壇曼【たんまん】たり,緣【めぐ】らすに大江を以ってし,限るに巫山を以ってす。

其の高燥には則ち葴析【しんし】苞荔【ひょうれい】,薛莎【せつさ】青薠【せいひん】を生いたり。

 

(9)#4-2

其卑則生藏莨蒹葭,東彫胡,

蓮藕觚蘆,奄閭軒于。

眾物居之,不可勝圖。

其西則有湧泉清池,激水推移。

外發夫容菱華,隱鉅石白沙。

(10)#4-3

其中則有神龜蛟鼉,毒冒鼈黿。

其北則有陰林巨樹,楩楠豫章,桂椒木蘭,

檗離朱楊,樝梨栗,橘柚芬芳。

其上則有宛雛孔鸞,騰遠射干。

其下則有白虎玄豹,蜒貙豻。」

DCF00003 

 

 

『子虚賦』 現代語訳と訳註

(本文) (8)#4-1

其東則有蕙圃,衡蘭芷若,

穹窮昌蒲,江離麋蕪,諸柘巴且。

其南則有平原廣澤,登降阤靡,

案衍壇曼,緣以大江,限以巫山。

其高燥則生葴析苞荔,薛莎青薠。

 

 

(下し文)

其の東には則ち蕙圃【けいほ】有りて,衡蘭【こうらん】芷若【しじゃく】,

穹窮【きゅうきゅう】昌蒲【しょうぶ】,江離【こうり】麋蕪【ひぶ】,諸柘【しょしゃ】巴且【はしょ】あり。

其の南には則ち平原廣澤【こうたく】有りて,登り降り阤靡【いび】として,

案衍【あんえん】壇曼【たんまん】たり,緣【めぐ】らすに大江を以ってし,限るに巫山を以ってす。

其の高燥には則ち葴析【しんし】苞荔【ひょうれい】,薛莎【せつさ】青薠【せいひん】を生いたり。

 

 

(現代語訳)

雲夢沢の東の一帯には、香草の茂る園があり、杜衡【かんあおい】・蘭・よろい草・杜若【やぶみょうが】があり、

穹窮昌蒲江離麋蕪諸柘(さとうきび)・巴且(みょうが)が生じている。

雲夢沢の南の一帯には、廣い野原や広湿地があり、そしてなだらかに起伏している。

どこまでも平らに続いている。長江の流れが周囲を巡り、巫山が縁どりとしてそびえている。

高く乾燥した土地に生えている植物は、葴【おおあい】・析苞(あぶらがや)荔(おおにら)薛(かわらよもぎ)莎(はますげ)青薠(大きなはますげ)である。

 

 

(訳注) (8)#4-1

其東則有蕙圃,衡蘭芷若,

雲夢沢の東の一帯には、香草の茂る園があり、杜衡【かんあおい】・蘭・よろい草・杜若【やぶみょうが】があり、

・蕙圃 香草の茂る園

 

穹窮昌蒲,江離麋蕪,諸柘巴且。

穹窮昌蒲江離麋蕪諸柘(さとうきび)・巴且(みょうが)が生じている。

 

其南則有平原廣澤,登降阤靡,

雲夢沢の南の一帯には、廣い野原や広湿地があり、そしてなだらかに起伏している。

・登降阤靡 なだらかに起伏している。

 

案衍壇曼,緣以大江,限以巫山。

どこまでも平らに続いている。長江の流れが周囲を巡り、巫山が縁どりとしてそびえている。

・案衍 どこまでも+1 余分にあまる。余計な。「衍字・衍文」2どこまでも+ 延び広がる。押し広げる。

・壇曼 土を盛り上げてつくった、祭りその他の儀式を行うような場所が広がり続く。他より一段高くこしらえた場所が広がり続く。

 

其高燥則生葴析苞荔,薛莎青薠。

高く乾燥した土地に生えている植物は、葴【おおあい】・析苞(あぶらがや)荔(おおにら)薛(かわらよもぎ)莎(はますげ)青薠(大きなはますげ)である。
 DCF00021