司馬相如 《上林賦 》(15 仙人の群れが、閑静な館内に休息しているかと思えば、偓佺の仲間たちが、南の屋根で日にあたっている。甘い泉が、清らかな部屋から湧き出し、川となって中庭を横切っている。

 

 

2013年10月17日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
   
LiveDoor
司馬相如 《上林賦 》(15)#6-2 文選 賦<110-#6-2>13分割38回 Ⅱ李白に影響を与えた詩920 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3148
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoor
《過鴻溝》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <833>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3149韓愈詩-205
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoor《嚴氏溪放歌行》 蜀中転々 杜甫 <571>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3150 杜甫詩1000-571-824/1500 40923
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor感恩多二首 二 牛嶠【ぎゅうきょう】  ⅩⅫ唐五代詞・ 「花間集」 Gs-321-6-#8  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3152
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
 

『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 
http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150

魚玄機 詩 全首130賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876

薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227

主に花間集から

温庭筠 70『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620

韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617

皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082

牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107

 


『花間集』継続中

 
司馬相如 《上林賦
》(15)#6-2 文選 賦<110-#6-213分割38回 Ⅱ李白に影響を与えた詩920 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3148

 

 

14)#6-1

「於是乎離宮別館,彌山跨谷;

この苑内には、天子の離宮・別館が、山を覆い、谷をまたいで建てられている。

高廊四注,重坐曲閣;

高い回廊が四方に延び、二層になった、曲がった閣道がある。

華榱璧璫,輦道纚屬;

たる木は美しく飾られ、先端には璧玉がつけられ、輦で通れる広い廊下が、長く連なっている。

周流,長途中宿。

歩廊は、あまねく行きわたり、あまりの長さに、途中で一泊しなければならない。

夷嵕築堂,累臺增成,巖窔洞房。

山を平らに削って堂を築き、何層にも重なった楼台が高くそびえ、一方、岩盤の奥深くには、地下室が穿たれている。

「是に於てか離宮別館ありて,彌山に【わた】り跨谷に【また】がる。

高廊 四に注ぎ,重坐 曲閣あり。

華榱【かすい】璧璫【へきとう】ありて,輦道【れんどう】纚屬【しぞく】せり。

【ほえん】周流して,長途に中ごろ宿す。

【やま】を【たい】らげて堂を築き,累臺【るいだい】增成【ぞうせい】して,巖窔【がんよう】洞房【どうぼう】あり

15)#6-2

俯杳眇而無見,仰攀橑而捫天;

建物の中からぼく下を見ると、かすんで何も見えず、上を見上げると、たる木に取りすがれば、天をなでることもできそうに思える。

奔星更於閨闥,宛虹拖於楯軒。

流星は門の中を通り過ぎ、虹の橋が欄干にかかる。

青龍蚴蟉於東廂,象輿婉蟬於西清;

東の脇部屋で青龍が身をよじらせ、西の静かな脇部屋では、象車が優雅に動いている。

靈圉燕於閒館,偓佺之倫暴於南榮;

仙人の群れが、閑静な館内に休息しているかと思えば、偓佺の仲間たちが、南の屋根で日にあたっている。

醴泉涌於清室,通川過於中庭。

甘い泉が、清らかな部屋から湧き出し、川となって中庭を横切っている。

俯せば杳眇【ようびょう】として見ゆること無く,仰げば橑【たるき】を攀じて天を捫ず。

奔星【ほんせい】閨闥【けいたつ】に更【へ】,宛虹【えんこう】楯軒【じゅんけん】に拖【ひ】く。

青龍 東廂【とうしょう】に蚴蟉【ゆうきゅう】たり,象輿【しょうよ】西清に婉蟬【えんぜん】たり。

靈圉【れいぎょ】閒館に燕し,偓佺【あくぜん】が倫【ともがら】南榮に暴【のびょう】せり。

醴泉【れいせん】清室に涌き,通川 中庭に過ぐ。

 

16)#6-3

盤石振崖,嶔巖倚傾,

嵯峨嶫,刻削崢嶸;

玫瑰碧琳,珊瑚叢生。

玉旁唐,玢豳文鱗,

赤瑕駮犖,雜插其間;

鼂采琬琰,和氏出焉。

盤石 崖を振【ととの】え,嶔巖【かんがん】として倚り傾き,

嵯峨 嶫【しょうぎょう】として,刻削【こくさく】崢嶸【そうこう】たり。

玫瑰【ばいかい】碧琳【そうりん】ありて,珊瑚【さんご】叢【あつま】り生【お】いたり。

玉【びんぎょく】旁唐【ほうとう】として,玢豳【ふんひん】たる文鱗【ぶんりん】あり,

赤瑕【せきか】駮犖【はくらく】として,其の間に雜插【ざつそう】す。

鼂采【ちょうさい】琬琰【えんえん】,和氏【かし】出でたり。

 

泰山の夕日02 

 

『上林賦』 現代語訳と訳註

(本文)15)#6-2

俯杳眇而無見,仰攀橑而捫天。

奔星更於閨闥,宛虹拖於楯軒。

青龍蚴蟉於東廂,象輿婉蟬於西清。

靈圉燕於閒館,偓佺之倫暴於南榮。

醴泉涌於清室,通川過於中庭。

 

 

(下し文) 15)#6-2

俯せば杳眇【ようびょう】として見ゆること無く,仰げば橑【たるき】を攀じて天を捫ず。

奔星【ほんせい】閨闥【けいたつ】に更【へ】,宛虹【えんこう】楯軒【じゅんけん】に拖【ひ】く。

青龍 東廂【とうしょう】に蚴蟉【ゆうきゅう】たり,象輿【しょうよ】西清に婉蟬【えんぜん】たり。

靈圉【れいぎょ】閒館に燕し,偓佺【あくぜん】が倫【ともがら】南榮に暴【のびょう】せり。

醴泉【れいせん】清室に涌き,通川 中庭に過ぐ。

 

 

(現代語訳)

建物の中からぼく下を見ると、かすんで何も見えず、上を見上げると、たる木に取りすがれば、天をなでることもできそうに思える。

流星は門の中を通り過ぎ、虹の橋が欄干にかかる。

東の脇部屋で青龍が身をよじらせ、西の静かな脇部屋では、象車が優雅に動いている。

仙人の群れが、閑静な館内に休息しているかと思えば、偓佺の仲間たちが、南の屋根で日にあたっている。

甘い泉が、清らかな部屋から湧き出し、川となって中庭を横切っている。

 

 

(訳注) 15)#6-2

俯杳眇而無見,仰攀橑而捫天;

建物の中からぼく下を見ると、かすんで何も見えず、上を見上げると、たる木に取りすがれば、天をなでることもできそうに思える。

 

奔星更於閨闥,宛虹拖於楯軒。

流星は門の中を通り過ぎ、虹の橋が欄干にかかる。

閨闥 宮殿の中の小門。

○宛虹 屈曲した虹。

○楯軒 欄干。

 

 

青龍蚴蟉於東廂,象輿婉蟬於西清;

東の脇部屋で青龍が身をよじらせ、西の静かな脇部屋では、象車が優雅に動いている。

青龍蚴蟉於東廂 青竜は、天子の車をひく馬のことである。は箱に同じ。隣部屋のこと。蚴蟉は、龍などがうねる様子を表す疊韻語。

象輿婉蟬於西清 象輿は「山象輿を出す。瑞応の車なり」 というように、太平の瑞祥として、山中で自然に形作られた車。金根車の類。婉蟬は、しなやかな動きの形容の畳韻語。西清は、西の箱(わきべや)の清浄な処。

 

 

靈圉燕於閒館,偓佺之倫暴於南榮;

仙人の群れが、閑静な館内に休息しているかと思えば、偓佺の仲間たちが、南の屋根で日にあたっている。

○霊 大勢の仙人たちの意。

○偓佺 『列仙傳』にみえる仙人の名。松のみを食べ、体に毛を生じ、空を飛び、馬に追いついたという古代傳中の仙人。

甘泉賦

帷弸其拂汨兮,稍暗暗而靚深。

陰陽清濁穆羽相和兮,若夔牙之調琴。

棄其剞劂兮,王爾投其鉤繩。

雖方征僑與偓佺兮,猶彷彿其若夢。

 

 

醴泉涌於清室,通川過於中庭。

甘い泉が、清らかな部屋から湧き出し、川となって中庭を横切っている。

宮島(8)