司馬相如《上林賦 》(18他の樹木としては、裟菜(やまなし)・櫟(くぬぎ)・櫧(いちいがし)・華(かば)・楓(からかえで)・枰(いちょう)・櫨(はぜ)があり、留(ざくろ)・落あきにれ)・胥邪(しゅろ)・仁頻(びんろう)・幷閭(しゅろ)・欃檀・木蘭(もくれん)・豫章(くすのき)・女貞(ねずみもち)が生えている。

 

2013年10月20日 同じ日の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
   
LiveDoor
司馬相如 《上林賦 》(18)#7-2 文選 賦<110-#7-2>13分割38回 Ⅱ李白に影響を与えた詩923 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3163
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoor
《奉和裴相公東征,途經女几山下作》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <836>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3164韓愈詩-208
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoor667 《冬狩行》 蜀中転々 杜甫 <573-#1>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3165 杜甫詩1000-573-827/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor望江怨 牛嶠【ぎゅうきょう】 ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-324-6-#11 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3167
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 花間集 古詩源 玉台新詠
司馬相如 《上林賦

》(18)#7-2 文選 賦<110-#7-213分割38回 Ⅱ李白に影響を与えた詩923 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3163

 

 

#7-1

「於是乎盧橘夏熟,黃甘橙楱;

そしてまた、ここには、夏に熟する盧橘をはじめ、黄柑(こうじみかん)・橙()だいだい・楱(橘の類)・

枇杷橪柿,奈厚朴;

枇杷(びわ)・橪(こなつめ)・柿・亭(やまなし)・柰(からなし)・厚朴(ほおのき)・

棗楊梅,櫻桃蒲陶;

棗(さるがき)・楊梅(やまもも)・桜桃(ゆすらめ)・蒲陶(ぶどう)

隱夫薁棣,荅遝離支;

隠夫・薁(にわうめ)棣(にわうめ)荅遝離支(れいし)が植えられている。

羅乎後宮,列乎北園;

後宮につらなり、北の園に列をなしている。

丘陵,下平原;

その後は外の丘陵につづいてひろがり、平原にも及んでいる。

#7-1

「是に於てか、盧橘【ろきつ】夏に熟して,黃甘 橙楱【とうそう】、

枇杷【びわ】橪柿【えんし】,【ていだい】厚朴【こうはく】、

【えいそう】楊梅【ようばい】,櫻桃【おうとう】蒲陶【ぶどう】、

隱夫【いんぷ】薁棣【いくてい】,荅遝【とうとう】離支あり。

後宮に羅【つら】なり,北園に列なる。

丘陵に【はびこ】りて,平原に下る。

#7-2

揚翠葉,扤紫莖;

緑の葉を伸ばし、紫の茎を揺らし、

發紅華,垂朱榮;

桃色の花を開き、深紅の花ぶさを下げている、

煌煌扈扈,照曜鉅野。

そして、鮮やかに輝いて、広い野原に照り映えている。

沙棠櫟櫧,華楓枰櫨;

他の樹木としては、裟菜(やまなし)・櫟(くぬぎ)・櫧(いちいがし)・華(かば)・楓(からかえで)・枰(いちょう)・櫨(はぜ)があり、

留落胥邪,仁頻並閭,

留(ざくろ)・落あきにれ)・胥邪(しゅろ)・仁頻(びんろう)・幷閭(しゅろ)・

欃檀木蘭,豫章女貞。

欃檀・木蘭(もくれん)・豫章(くすのき)・女貞(ねずみもち)が生えている。

翠葉【すいよう】を揚げ,紫莖【しけい】を扤【うごか】し;

紅華を發き,朱榮【しゅえい】を垂れたり;

煌煌【こうこう】扈扈【ここ】として,鉅野【きょや】に照曜【しょうよう】す。

沙棠【さどう】櫟櫧【れきしょ】,華楓【かふう】枰櫨【へいろ】;

留落【りゅうらく】胥邪【しょや】,仁頻【じんびん】並閭【へいりょ】,

欃檀【ざんだん】木蘭【もくらん】,豫章【よしょう】女貞【じょてい】あり。

#7-3

長千仞,大連抱;

誇條直暢,實葉葰楙。

攢立叢倚,連卷欐佹;

崔錯骪,坑衡砢;

垂條扶疎,落英幡纚。

#7-4

紛溶蔘,猗柅從風;

瀏蒞芔歙,蓋象金石之聲,

管籥之音,池茈虒,旋還乎後宮。

雜襲纍輯,被山緣谷,

循坂下隰,視之無端,究之無窮。

柑橘002 

 

『上林賦』 現代語訳と訳註

(本文) #7-2

揚翠葉,扤紫莖;

發紅華,垂朱榮;

煌煌扈扈,照曜鉅野。

沙棠櫟櫧,華楓枰櫨;

留落胥邪,仁頻並閭,

欃檀木蘭,豫章女貞。

 

 

 

(下し文) #7-2

翠葉【すいよう】を揚げ,紫莖【しけい】を扤【うごか】し;

紅華を發き,朱榮【しゅえい】を垂れたり;

煌煌【こうこう】扈扈【ここ】として,鉅野【きょや】に照曜【しょうよう】す。

沙棠【さどう】櫟櫧【れきしょ】,華楓【かふう】枰櫨【へいろ】;

留落【りゅうらく】胥邪【しょや】,仁頻【じんびん】並閭【へいりょ】,

欃檀【ざんだん】木蘭【もくらん】,豫章【よしょう】女貞【じょてい】あり。

 

 

 

(現代語訳)

緑の葉を伸ばし、紫の茎を揺らし、

桃色の花を開き、深紅の花ぶさを下げている、

そして、鮮やかに輝いて、広い野原に照り映えている。

他の樹木としては、裟菜(やまなし)・櫟(くぬぎ)・櫧(いちいがし)・華(かば)・楓(からかえで)・枰(いちょう)・櫨(はぜ)があり、

留(ざくろ)・落あきにれ)・胥邪(しゅろ)・仁頻(びんろう)・幷閭(しゅろ)・

欃檀・木蘭(もくれん)・豫章(くすのき)・女貞(ねずみもち)が生えている。

 

 

(訳注) #7-2

揚翠葉,扤紫莖;

緑の葉を伸ばし、紫の茎を揺らし、

 

發紅華,垂朱榮;

桃色の花を開き、深紅の花ぶさを下げている、

 

 

煌煌扈扈,照曜鉅野。

そして、鮮やかに輝いて、広い野原に照り映えている。

○煌煌扈扈 光り輝く形容。煌と扈は、双声の関係。

 

沙棠櫟櫧,華楓枰櫨;

他の樹木としては、裟菜(やまなし)・櫟(くぬぎ)・櫧(いちいがし)・華(かば)・楓(からかえで)・枰(いちょう)・櫨(はぜ)があり、

○沙棠 沙は棠(やまなし)の如く、花は黄色、実は赤く、味は李の如く、核(たね)が無いという。

 

留落胥邪,仁頻並閭,

留(ざくろ)・落あきにれ)・胥邪(しゅろ)・仁頻(びんろう)・幷閭(しゅろ)・

○留落 「ざくろ」と「落は穫(あきにれ)なり」 。

○胥邪 幷閭(しゅろ)に似て、皮は索(なわ〉を作ることができる。

 

欃檀木蘭,豫章女貞。

欃檀・木蘭(もくれん)・豫章(くすのき)・女貞(ねずみもち)が生えている。

〇欃檀 檀の一種。
 からなし01