司馬相如《上林賦 (37)こうして、天子は、吉日を選んで、斎戒され、礼服をまとい、法駕に乗られる。美しい旗を建て、玉の鈴を鳴らしながらゆく。
 
 

2013年11月8日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
司馬相如《上林賦 》(37)―#13-1  文選 賦<110-#13-1>13分割41回 Ⅱ李白に影響を与えた詩942 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3258
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《晚秋郾城夜會聯句〔韓愈、李正封〕》(8)-#6韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <855>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3259韓愈詩-220-#6
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ684 《甘園》 蜀中転々 杜甫 <590>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3260 杜甫詩1000-590-846/1500
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ67  謝靈運(謝康楽) 《擬魏太子鄴中集詩八首 劉楨》 魏詩  kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3261 (11/08)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor浣渓沙 十首 其五 張泌【ちょうひつ】  ⅩⅫ唐五代詞・ 「花間集」 Gs-343-7-#5  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3262
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 花間集 古詩源 玉台新詠

司馬相如《上林賦 (37)#13-1  文選 賦<110-13113分割41回 Ⅱ李白に影響を与えた詩942 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3258

 

 

(37)#13-1

「於是歷吉日以齋戒,襲朝服,乘法駕;

こうして、天子は、吉日を選んで、斎戒され、礼服をまとい、法駕に乗られる。

建華旗,鳴玉鸞;

美しい旗を建て、玉の鈴を鳴らしながらゆく。

游乎六藝之囿,馳騖乎仁義之塗,

儒教の基本的経典の六経の園に遊び、仁義の道を疾走してゆく。

覽觀春秋之林。

『春秋』の林を観覧されたのであった。

射貍首,兼騶虞;

ここに、鯉首と鮪虞を射とめられ、

弋玄鶴,舞干戚;

玄鶴を弋で捕らえ、干戚の舞いを舞わせられた。

載雲,揜羣雅;

大きな網を車に載せ、多くの賢者を覆い捉えられた。

悲伐檀,樂『樂胥』。

「伐檀」 の詩を悲しみ、「楽胥」 の語を慕われた。

 

「是に於いて吉日を歷【えら】びて以って齋戒し,朝服を襲,法駕【ほうが】に乘り、

華旗を建て,玉鸞【ぎょくらん】を鳴らして、

六藝の囿【その】に游び,仁義の塗に馳騖【ちぶ】し,

春秋の林を覽觀【らんかん】す。

貍首【りしゅ】を射,騶虞【すうぐ】を兼ね、

玄鶴を弋【いぐるみ】て,干戚【かんせき】を舞わす。

【うんかん】を載せ,羣雅【ぐんが】を【おお】い、

伐檀【ばつだん】を,『樂胥【らくしょ】』を樂【ねが】う

 

(38)#13-2

修容乎禮園,翔乎書圃。

述易道,放怪獸;

登明堂,坐清廟。

恣羣臣,奏得失;

四海之,靡不受獲。

 

(39)#13-3

於斯之時,天下大

向風而聽,隨流而化;

芔然興道而遷義,刑錯而不用;

德隆於三皇,而功羨於五帝:

若此,故獵乃可喜也。

 

(40)#13-4

若夫終日馳騁,勞神苦形,

疲車馬之用,抏士卒之精,

費府庫之財,而無德厚之恩;

務在獨樂,不顧衆庶。

忘國家之政,貪雉兔之獲,

則仁者不由也。

 

(41)#13-5

從此觀之,齊、楚之事,豈不哀哉!

地方不過千里,而囿居九百,

是草木不得墾辟,而人無所食也。

夫以諸侯之細,而樂萬乘之侈,僕恐百姓被其尤也。」

 

於是二子愀然改容,超若自失,

逡巡避席曰:「鄙人固陋,不知忌諱,

乃今日見教,謹受命矣。

haqro04 

 

『上林賦』 現代語訳と訳註

(本文) (37)#13-1

「於是歷吉日以齋戒,襲朝服,乘法駕;

建華旗,鳴玉鸞;

游乎六藝之囿,馳騖乎仁義之塗,

覽觀春秋之林。

射貍首,兼騶虞;

弋玄鶴,舞干戚;

載雲,揜羣雅;

悲伐檀,樂『樂胥』。

 

 

(下し文) (37)#13-1

「是に於いて吉日を歷【えら】びて以って齋戒し,朝服を襲,法駕【ほうが】に乘り、

華旗を建て,玉鸞【ぎょくらん】を鳴らして、

六藝の囿【その】に游び,仁義の塗に馳騖【ちぶ】し,

春秋の林を覽觀【らんかん】す。

貍首【りしゅ】を射,騶虞【すうぐ】を兼ね、

玄鶴を弋【いぐるみ】て,干戚【かんせき】を舞わす。

【うんかん】を載せ,羣雅【ぐんが】を【おお】い、

伐檀【ばつだん】を,『樂胥【らくしょ】』を樂【ねが】う

 

 

(現代語訳)

こうして、天子は、吉日を選んで、斎戒され、礼服をまとい、法駕に乗られる。

美しい旗を建て、玉の鈴を鳴らしながらゆく。

儒教の基本的経典の六経の園に遊び、仁義の道を疾走してゆく。

『春秋』の林を観覧されたのであった。

ここに、鯉首と鮪虞を射とめられ、

玄鶴を弋で捕らえ、干戚の舞いを舞わせられた。

大きな網を車に載せ、多くの賢者を覆い捉えられた。

「伐檀」 の詩を悲しみ、「楽胥」 の語を慕われた。

 

 

(訳注) (37)#13-1

「於是歷吉日以齋戒,襲朝服,乘法駕

こうして、天子は、吉日を選んで、斎戒され、礼服をまとい、法駕に乗られる。

○法駕 天子の乗る六頭立ての馬車。

 

建華旗,鳴玉鸞

美しい旗を建て、玉の鈴を鳴らしながらゆく。

○玉鸞 玉で作った車の鈴。

 

游乎六藝之囿,馳騖乎仁義之塗。

儒教の基本的経典の六経の園に遊び、仁義の道を疾走してゆく。

〇六芸 儒教の基本的経典である六経の『詩経』・『書経』・『礼経』・『楽経』・『易経』・『春秋経』のこと。

 

覽觀春秋之林。

『春秋』の林を観覧されたのであった。

 

射貍首,兼騶虞

ここに、鯉首と鮪虞を射とめられ、

○射理首、兼騶虞 鯉首は、散逸して題名のみ伝わる『詩』の篇名。騶虞は『詩経』「召南」の最後の篇。『周礼』春官「楽師」によれば、天子が射礼を行う時は、騶虞が演奏され、諸侯の時は、狸首が演奏されたという。それに基づいた表現。なお、騶虞とは、虎に似た霊獣の名。

 

弋玄鶴,舞干戚;

玄鶴を弋で捕らえ、干戚の舞いを舞わせられた。

〇七玄鶴、舞干戚 玄鶴は、李善が「古は玄鶴を舞はして以て瑞と為す」というように、舞楽の名。干(盾)と戚(斧)は、武楽を舞う時、手にするもの。

 

載雲,揜羣雅;

大きな網を車に載せ、多くの賢者を覆い捉えられた。

 

悲伐檀,樂『樂胥』。

「伐檀」 の詩を悲しみ、「楽胥」 の語を慕われた。

○伐檀 『詩経』魏風の篇名。「序」によれは、位に在るものが貪欲で、功無くして俸禄を受けているので、君子が仕官できないでいるのを刺ったもの。

○樂胥 『詩経』小雅「桑麀」の「君子楽胥、受天之祜」などからとった表現。鄭玄箋によれば、王者が胥(才能学問のある人材)を得ようと楽(ねが)うこと。
錦雞鳥00