班固《東都賦》(1) 東都洛陽の主人は、ふっとため息ついて話かける。「胸がが痛む。風俗が人を変えるというのか。貴君はまことに秦のお人である。秦の宮室を得意になって誇り、大河黄河や嵩山をたのみにされる。たしかに西周を征服した秦の昭襄王のことをわきまえ、天下統一の始皇帝のことも存じておられるようだ。それにしても大湊の主張や行為については、どうしてしっかりとお目をとめられないのか。


2014年1月8日  の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
班孟堅(班固)《東都賦》(1)#1(はじめに)-1 文選 賦<112―49>18分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1003 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3563
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《贈別元十八協律,六首之一》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <916>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3564韓愈詩-232-2
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 743廣徳2年764-1 《韋諷錄事宅觀曹將軍畫馬圖-#2》 蜀中転々 杜甫 <651>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3565 杜甫詩1000-651-907/1500743
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 248 《直鉤吟》盧仝 中唐詩  kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3566 (01/08)
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 10 -7 臨江仙七首其三 牛學士希濟(牛希濟)ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-404-10-#7  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3567
 
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機 詩 全首130回賦得江邊柳 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-65-1-#五言律詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1876
薛濤 詩詞全首100 井梧吟 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-136-8-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2227
主に花間集から
温庭筠 70首『菩薩蠻 一』温庭筠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-1-1-#1 花間集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1620
韋荘 50首 菩薩蠻 一 韋荘  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩花間集Gs-247-5-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2617
皇甫松 10首 採蓮子二首  其一 皇甫松  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-307-5-#61  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3082
牛嶠  20首 女冠子四首 其一 牛嶠  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-312-5-#66  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3107
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 花間集 古詩源 玉台新詠

班孟堅(班固)《東都賦》(1)1(はじめに)-1 文選 賦<1124918分割55回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1003 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3563

 


東都賦 (1)1-1

東都主人喟然而歎曰:

東都洛陽の主人は、ふっとため息ついて話かける。

「痛乎風俗之移人也!

「胸がが痛む。風俗が人を変えるというのか。

子實秦人,矜夸館室,保界河山,

貴君はまことに秦のお人である。秦の宮室を得意になって誇り、大河黄河や嵩山をたのみにされる。

信識昭襄而知始皇矣,烏睹大漢之云為乎?

たしかに西周を征服した秦の昭襄王のことをわきまえ、天下統一の始皇帝のことも存じておられるようだ。それにしても大湊の主張や行為については、どうしてしっかりとお目をとめられないのか。

それにしても大湊の主張や行為については、どうしてしっかりとお目をとめられないのか。

夫大漢之開元也,奮布衣以登皇位,

そも大漢の高祖が国を開かれる時、民間より身を起こして、皇位に登り、

由數期而創萬代,

数年にして万世の基礎をきずかれた。

蓋六籍所不能談,前聖靡得言焉。

これは思うに六籍の古典も語れぬことであったし、前代の聖人も予言できなかったことである。

 (2)1-2

當此之時,功有橫而當天,討有逆而順民。

故婁敬度勢而獻其,蕭公權宜而拓其制。

時豈泰而安之哉?計不得以已也。

吾子曾不是睹,顧曜後嗣之末造,不亦暗乎。

今將語子以建武之治,永平之事。

監于太清,以變子之惑志。」

 


(東都賦)

東都の主人、喟然【きぜん】として歎じて曰く:

「痛ましいかな風俗の人を移すや!

子は實に秦人なり,館室を矜夸【きょうか】し,河山を保界す,

信【まこと】に昭襄【しょうじょう】を識り始皇を知るも,烏【いずく】んぞ大漢の云為【うんい】を睹【み】んや?

夫【そ】れ大漢の元を開くや,布衣より奮【おこ】りて以て皇位に登り,

數期【すうき】に由りて萬代を創【はじ】む。

蓋【けだ】し六籍【りくせき】も談ずる能わず,前聖も得て言う靡【な】き所なり。

(2)1-2

當此之時,功有橫而當天,討有逆而順民。

故婁敬度勢而獻其,蕭公權宜而拓其制。

時豈泰而安之哉?計不得以已也。

吾子曾不是睹,顧曜後嗣之末造,不亦暗乎。

今將語子以建武之治,永平之事。

監于太清,以變子之惑志。」

漢魏隋唐の洛陽城 

『東都賦』 現代語訳と訳註

(本文) (1)1-1

東都主人喟然而歎曰:

「痛乎風俗之移人也!

子實秦人,矜夸館室,保界河山,

信識昭襄而知始皇矣,烏睹大漢之云為乎?

夫大漢之開元也,奮布衣以登皇位,

由數期而創萬代,

蓋六籍所不能談,前聖靡得言焉。

 

(下し文)

(東都賦)

東都の主人、喟然【きぜん】として歎じて曰く:

「痛ましいかな風俗の人を移すや!

子は實に秦人なり,館室を矜夸【きょうか】し,河山を保界す,

信【まこと】に昭襄【しょうじょう】を識り始皇を知るも,烏【いずく】んぞ大漢の云為【うんい】を睹【み】んや?

夫【そ】れ大漢の元を開くや,布衣より奮【おこ】りて以て皇位に登り,

數期【すうき】に由りて萬代を創【はじ】む。

蓋【けだ】し六籍【りくせき】も談ずる能わず,前聖も得て言う靡【な】き所なり。

 


(現代語訳)

東都洛陽の主人は、ふっとため息ついて話かける。

「胸がが痛む。風俗が人を変えるというのか。

貴君はまことに秦のお人である。秦の宮室を得意になって誇り、大河黄河や嵩山をたのみにされる。

たしかに西周を征服した秦の昭襄王のことをわきまえ、天下統一の始皇帝のことも存じておられるようだ。それにしても大湊の主張や行為については、どうしてしっかりとお目をとめられないのか。

たしかに西周を征服した秦の昭襄王のことをわきまえ、天下統一の始皇帝のことも存じておられるようだ。それにしても大湊の主張や行為については、どうしてしっかりとお目をとめられないのか。

そも大漢の高祖が国を開かれる時、民間より身を起こして、皇位に登り、

数年にして万世の基礎をきずかれた。

これは思うに六籍の古典も語れぬことであったし、前代の聖人も予言できなかったことである。

唐時代 韓愈関連01

 


(訳注) (1)1-1

東都主人喟然而歎曰:

東都洛陽の主人は、ふっとため息ついて話かける。

喟然 ため息をつくさま。嘆息するさま。

 


「痛乎風俗之移人也!

「胸がが痛む。風俗が人を変えるというのか。

 


子實秦人,矜夸館室,保界河山,

貴君はまことに秦のお人である。秦の宮室を得意になって誇り、大河黄河や嵩山をたのみにされる。

保界 保も界も、たのむの意。あてにする。

河山 河は黄河。山は嵩山。

 


信識昭襄而知始皇矣,烏睹大漢之云為乎?

たしかに西周を征服した秦の昭襄王のことをわきまえ、天下統一の始皇帝のことも存じておられるようだ。それにしても大湊の主張や行為については、どうしてしっかりとお目をとめられないのか。

昭襄 昭襄王(しょうじょうおう)は、中国戦国時代・秦の第28代君主、第3代の王。孝文王 (柱)(安国君)の父。始皇帝(政)の曾祖父。昭王とも呼ばれる。生年:前325年~没年:前251年(在位期間             306 - 251年)、王は晩年西周を征服、その九鼎を獲得した。始皇帝の天下統一に先だち六國をすでに制していた。秦の地は四周要害にかこまれ、六国は攻めあぐんだ。「西都の賦」もその要害の地をうたっている。

知 始皇帝、か「天下を虐害」(李周翰の注)してまで奢侈を極めたことをわきまえていること。

始皇 始皇帝紀元前259 - 紀元前210年)は、中国戦国時代の秦王(在位紀元前246 - 紀元前221年)。姓は嬴(えい)、諱は政(せい)。天下統一は紀元前221年。六国を次々と滅ぼす。政治経済、軍事、文化を改革統制した。しかし匈奴征伐では國内の人民の貧困、食糧不足などを招き、若者は徴集され、また南方越の討伐でも逃亡者が出て不安な情勢を作った。土木工事では阿房官の建設に徒刑者七十余万を使役し、長城の築城、馳道の建設など巨費を使い人を苦しめた。「両都の胱」「二京の賦」に出てくる「馳道」(天子貴人のおなり道)や「閣道」(わたり廊下)は、大工事であった。前者は東は燕・斉、南は呉・楚の地に至る。道幅五十歩、高さ三丈、鉄の錐でかため靑松が植えられた。後者は咸陽の郡から甘泉殿に至る。

 


夫大漢之開元也,奮布衣以登皇位,

そも大漢の高祖が国を開かれる時、民間より身を起こして、皇位に登り、

布衣 民間の人。「高祖日く、吾布衣を以て三尺の剣を提(さ)げ天下を取る」(『漢書』の高祖本紀)。

 


由數期而創萬代,

数年にして万世の基礎をきずかれた。

期 一周年。ここは数期の意。

 


蓋六籍所不能談,前聖靡得言焉。

これは思うに六籍の古典も語れぬことであったし、前代の聖人も予言できなかったことである。

六籍 詩・書・易・春秋・礼・楽の六経。五経(ごけい・ごきょう)または六経(りっけい・りくけい)は、儒教で基本経典とされる5種類または6種類の経書の総称。すなわち『詩経』・『書経』・『礼経』・『楽経』・『易経』・『春秋経』の六経であり、『楽経』を除いたものが「五経」である。


DCF00048



東都賦 (1)1-1

東都主人喟然而歎曰:

「痛乎風俗之移人也!

子實秦人,矜夸館室,保界河山,

信識昭襄而知始皇矣,烏睹大漢之云為乎?

夫大漢之開元也,奮布衣以登皇位,

由數期而創萬代,

蓋六籍所不能談,前聖靡得言焉。

 

 (2)1-2

當此之時,功有橫而當天,討有逆而順民。

故婁敬度勢而獻其,蕭公權宜而拓其制。

時豈泰而安之哉?計不得以已也。

吾子曾不是睹,顧曜後嗣之末造,不亦暗乎。

今將語子以建武之治,永平之事。

監于太清,以變子之惑志。」

 

 

(3)2-1

「往者王莽作逆,漢祚中缺。

天人致誅,六合相滅。

于時之亂,生人幾亡,鬼神泯

壑無完柩,郛罔遺室。

 

(4)#2-2

原野厭人之肉,川谷流人之血。

秦項之災猶不克半,書契以來未之或紀。

故下人號而上訴,上帝懷而降監。

乃致命乎聖皇。

 

(5)3-1

於是聖皇乃握乾符,闡坤珍。

披皇圖,稽帝文。

赫然發憤,應若興雲。

霆擊昆陽,憑怒雷震。

遂超大河,跨北嶽。

立號高邑,建都河洛。

紹百王之荒屯,因造化之盪滌。

 

(6)3-2

體元立制,繼天而作。

系唐統,接漢緒。

茂育群生,恢復疆宇。

勳兼乎在昔,事勤乎三五。

豈特方軌並跡,紛綸后辟,

治近古之所務,蹈一聖之險易云爾哉?

 

 

(7)#4-1

且夫建武之元,天地革命

四海之,更造夫婦,肇有父子。

君臣初建,人倫寔始。

斯乃伏犧氏之所以基皇德也。。

分州土,立市朝,

作舟輿,造器械,

斯乃軒轅氏之所以開帝功也。

(8)

龔行天罰,應天順人,斯乃湯武之所以昭王業也。

遷都改邑,有殷宗中興之則焉;

即土之中,有周成隆平之制焉。

不階尺土一人之柄,同符乎高祖。

(9)

克己復禮,以奉終始,允恭乎孝文。

憲章稽古,封岱勒成,儀炳乎世宗。

案六經而校德,眇古昔而論功,

仁聖之事既該,而帝王之道備矣。

 

 

#5

「至乎永平之際,重熙而累洽。盛三雍之上儀,脩袞龍之法服。鋪鴻藻,信景鑠。揚世廟,正雅樂。人神之和允洽,群臣之序既肅。乃動大輅,遵皇衢。省方巡狩,躬覽萬國之有無。考聲教之所被,散皇明以瀦幽。然後增周舊,脩洛邑。扇巍巍,顯翼翼。光漢京于諸夏,總八方而為之極。

 

#6

於是皇城之,宮室光明,闕庭神麗。奢不可踰,儉不能侈。外則因原野以作苑,填流泉而為沼。發蘋藻以潛魚,豐圃草以毓獸。制同乎梁鄒,誼合乎靈囿。

 

#7

若乃順時節而蒐狩,簡車徒以講武。則必臨之以王制,考之以風雅。歷騶虞,覽駟鐵。嘉車攻,采吉日。禮官整儀,乘輿乃出。

 

#8

於是發鯨魚,鏗華鐘。登玉輅,乘時龍。鳳蓋棽麗,龢鑾玲瓏。天官景從,寢威盛容。山靈護野,屬御方神。雨師汎灑,風伯清塵。千乘雷起,萬騎紛紜。元戎竟野,戈鋋彗雲。羽旄掃霓,旌旗拂天。焱焱炎炎,揚光飛文。吐爓生風,山。日月為之奪明,丘陵為之搖震。

 

#9

遂集乎中囿,陳師按屯。駢部曲,列校隊。勒三軍,誓將帥。然後舉烽伐鼓,申令三驅。輶車霆激,驍騎電騖。由基發射,范氏施御。弦不睼禽,轡不詭遇。飛者未及翔,走者未及去。指顧倏忽,獲車已實。樂不極盤,殺不盡物。馬踠餘足,士怒未。先驅復路,屬車案節。

 

10

於是薦三犧,效五牲。禮神祇,懷百靈。覲明堂,臨辟雍。揚緝熙,宣皇風。登靈臺,考休徵。俯仰乎乾坤,參象乎聖躬。目中夏而布德,瞰四裔而抗稜。西盪河源,東澹海漘。北動幽崖,南燿朱垠。殊方別區,界而不鄰。自孝武之所不征,孝宣之所未臣。莫不陸讋水慄,奔走而來賓。遂綏哀牢,開永昌。春王三朝,會同漢京。

 

11

是日也,天子受四海之圖籍,膺萬國之貢珍。撫諸夏,外綏百蠻。爾乃盛禮興樂,供帳置乎雲龍之庭。陳百寮而贊群后,究皇儀而展帝容。於是庭實千品,旨酒萬鍾。列金罍,班玉觴。嘉珍御,太牢饗。爾乃食舉雍徹,太師奏樂。陳金石,布絲竹。鐘鼓鏗鍧,管絃燁煜。抗五聲,極六律。歌九功,舞八佾。韶武備,泰古畢。四夷間奏,德廣所及。僸佅兜離,罔不具集。萬樂備,百禮。皇歡浹,群臣醉。降煙熅,調元氣。然後撞鐘告罷,百寮遂退。」

 

12

「於是聖上睹萬方之歡,又沐浴於膏澤,懼其侈心之將萌,而怠於東作也,乃申舊章,下明詔。命有司,班憲度。昭節儉,示太素。去後宮之麗飾,損乘輿之服御。抑工商之淫業,興農桑之盛務。遂令海棄末而反本,背偽而歸真。女脩織紝,男務耕耘。器用陶匏,服尚素玄。恥纖靡而不服,賤奇麗而弗珍。捐金於山,沈珠於淵。

 

13

於是百姓滌瑕盪穢,而鏡至清。形神寂漠,耳目弗營。嗜欲之源滅,廉恥之心生。莫不優游而自得,玉潤而金聲。是以四海以,學校如林,庠序盈門。獻酬交錯,俎豆莘莘。下舞上歌,蹈德詠仁。登降飫宴之禮既畢,因相與嗟歎玄德,讜言弘。咸含和而吐氣,頌曰:盛哉乎斯世!」

 

14

「今論者但知誦虞夏之書,詠殷周之詩。講羲文之易,論孔氏之春秋。罕能精古今之清濁,究漢德之所由。唯子頗識舊典,又徒馳騁乎末流。溫故知新已難,而知德者鮮矣!且夫僻界西戎,險阻四塞,脩其防禦。孰與處乎土中,平夷洞達,萬方輻湊?秦嶺九嵕,涇渭之川。曷若四瀆五嶽,帶河泝洛,圖書之淵?建章甘泉,館御列仙。孰與靈臺明堂,統和天人?太液昆明,鳥獸之囿。曷若辟雍海流,道德之富?游俠踰侈,犯義侵禮。孰與同履法度,翼翼濟濟也?子徒習秦阿房之造天,而不知京洛之有制也;識函谷之可關,而不知王者之無外也。」

 

15

主人之辭未終,西都賓矍然失容。逡巡降階,然意下,捧手欲辭。主人曰:「復位,今將授子以五篇之詩。」賓既卒業,乃稱曰:「美哉乎斯詩!義正乎楊雄,事實乎相如。匪唯主人之好學,蓋乃遭遇乎斯時也。小子狂簡,不知所裁。既聞正道,請終身而誦之。」其詩曰:

 

16

明堂詩

於昭明堂,明堂孔陽。

聖皇宗祀,穆穆煌煌。

上帝宴饗,五位時序。

誰其配之,世祖光武。

普天率土,各以其職。

猗歟緝熙,允懷多福。

 

17

辟雍詩

乃流辟雍,辟雍湯湯。

聖皇蒞止,造舟為梁。

皤皤國老,乃父乃兄。

抑抑威儀,孝友光明。

於赫太上,示我漢行。

洪化惟神,永觀厥成。

 

18

靈臺詩

乃經靈臺,靈臺既崇。

帝勤時登,爰考休徵。

三光宣精,五行布序。

習習祥風,祁祁甘雨。

百穀蓁蓁,庶草蕃廡。

屢惟豊年,於皇樂胥。

 

19

寶鼎詩

嶽脩貢兮川效珍,吐金景兮歊浮雲。

寶鼎見兮色紛縕。煥其炳兮被龍文。

登祖廟兮享聖神。昭靈德兮彌億年。

 

20

白雉詩

靈篇兮披瑞圖,獲白雉兮效素烏。

嘉祥阜兮集皇都。

發皓羽兮奮翹英,容絜朗兮於純精。

彰皇德兮侔周成。永延長兮膺天慶。