張衡)《西京賦》(15) 殿外では、書庫の蘭台や文学の士の出仕する金馬門に、警護の臣が宿衛し交互に留守居する。次に殿の北に天祿・石渠の蔵書閣が続き、文書を調査校定するところ。さらに道路を警護する虎威や章溝という水路を警護に当たる官署がついている。宮殿の外に巡視する小路がめぐり、その内側に多数の宿舎が路ぞいにならぶ。警衛の長官衛尉は警備の兵を八つの屯所に配置し、夜は夜警を、昼は巡視を行うのである。


2014年2月26日 の紀頌之5つのブログ
●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
張平子(張衡)《西京賦》(15)(末央宮の内外)#6 文選 賦<114―(15)>31分割68回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1052 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3808
●唐を代表する中唐の韓愈の儒家としての考えのよくわかる代表作の一つ
Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
《除官赴闕至江州寄鄂岳李大夫〔李程也。元和十五年,自袁州詔拜國子祭酒,行次盆城作。〕》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <965>漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3809韓愈詩-260
●杜甫の全作品1141首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"
Ⅲ杜甫詩1000詩集  LiveDoorブログ 廣徳2年764-36-2 《太子張舍人遺織成褥段―#2》 ふたたび成都 杜甫<667-#2> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3810 杜甫詩1000-667-#2-956/1500775
●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ
●●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor 13 -1 虞美人六首 其一 顧太尉敻(顧夐【こけい】)五十五首ⅩⅫ唐五代詞・「花間集」 Gs-453-13-#1  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3812
  花間集(1) 花間集(2) 花間集(3) 花間集(4) 花間集(5)
           
 ■最近の人気の文・賦・詩・詞(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
『楚辞・九歌』東君 屈原詩<78-#1>505 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1332http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67664757.html
『楚辞』九辯 第九段―まとめ 宋玉  <00-#35> 664 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2304  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/archives/6471825.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html 
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選雑詩 上 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ーhttp://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。
李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 
李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩 http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
魚玄機の全詩 訳注解説 案内表 kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3816 (02/27)
薛濤の全詩 訳注解説 案内表 kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 3811 (02/26)
■ 花間集から
温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻
毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻
魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻
『花間集』継続中 
杜甫全詩 韓愈全詩 李白全集 文選 古詩源 花間集

 

張平子(張衡)《西京賦》(15)(末央宮の内外)#6 文選 賦<114―(15)>31分割68回 Ⅱ李白に影響を与えた詩1052 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3808

(末央宮の内外)

 

 

#6

有常侍謁者,奉命當御。

(末央宮の内外) 未央宮の殿内では、侍衛の臣の中常侍や取り次ぎ役の謁者が、命を奉じて天子の身の回りのご用をつとめている。

蘭臺金馬,遞宿迭居。

殿外では、書庫の蘭台や文学の士の出仕する金馬門に、警護の臣が宿衛し交互に留守居する。

次有天祿石渠校文之處,重以虎威章溝嚴更之署。

次に殿の北に天祿・石渠の蔵書閣が続き、文書を調査校定するところ。さらに道路を警護する虎威や章溝という水路を警護に当たる官署がついている。

徼道外周,千廬附。

宮殿の外に巡視する小路がめぐり、その内側に多数の宿舎が路ぞいにならぶ。

衛尉八屯,警夜巡晝。

警衛の長官衛尉は警備の兵を八つの屯所に配置し、夜は夜警を、昼は巡視を行うのである。

植鎩懸𤟢,用戒不虞。

槍を立て盾を懸け、もって不測の事態を警戒する。

 

内には常侍【じょうじ】謁者【えつしゃ】の命を奉じて、御に當る有り。

外には蘭臺【らんだい】金馬の、遞【たがい】に宿し、迭【たがい】に居る有り。

次に天祿の文を校する虚有り、重ぬるに虎威【こい】溝【しょうこう】、巌更の署【つかさ】を以てす。

徼道【げきどう】外に周り、千慮内に附く。

衛尉八どころに屯し、夜を警【いまし】め晝を巡る。

鎩【ほこ】を植て𤟢【たて】を懸けて、用て不虞を戒む。

漢長安図02 

 

『西京賦』 現代語訳と訳註

(本文) #6

有常侍謁者,奉命當御。

蘭臺金馬,遞宿迭居。

次有天祿石渠校文之處,重以虎威章溝嚴更之署。

徼道外周,千廬附。

衛尉八屯,警夜巡晝。

植鎩懸𤟢,用戒不虞。

 

(下し文)

内には常侍【じょうじ】謁者【えつしゃ】の命を奉じて、御に當る有り。

外には蘭臺【らんだい】金馬の、遞【たがい】に宿し、迭【たがい】に居る有り。

次に天祿の文を校する虚有り、重ぬるに虎威【こい】溝【しょうこう】、巌更の署【つかさ】を以てす。

徼道【げきどう】外に周り、千慮内に附く。

衛尉八どころに屯し、夜を警【いまし】め晝を巡る。

鎩【ほこ】を植て𤟢【たて】を懸けて、用て不虞を戒む。

 

(現代語訳)

(末央宮の内外) 未央宮の殿内では、侍衛の臣の中常侍や取り次ぎ役の謁者が、命を奉じて天子の身の回りのご用をつとめている。

殿外では、書庫の蘭台や文学の士の出仕する金馬門に、警護の臣が宿衛し交互に留守居する。

次に殿の北に天祿・石渠の蔵書閣が続き、文書を調査校定するところ。さらに道路を警護する虎威や章溝という水路を警護に当たる官署がついている。

宮殿の外に巡視する小路がめぐり、その内側に多数の宿舎が路ぞいにならぶ。

警衛の長官衛尉は警備の兵を八つの屯所に配置し、夜は夜警を、昼は巡視を行うのである。

槍を立て盾を懸け、もって不測の事態を警戒する。

漢宮未央宮

(訳注) #6

有常侍謁者,奉命當御。

(末央宮の内外) 未央宮の殿内では、侍衛の臣の中常侍や取り次ぎ役の謁者が、命を奉じて天子の身の回りのご用をつとめている。

常侍 官官でなく士大夫で、宮中に侍る中常侍をいう。

謁者 賓客を導く儀式を掌る(同上)。常侍とともに宮殿内の内官。

御 進む。天子の命をうけて衣服、飲食、就床などの世話をすることを一語で御という。

 

蘭臺金馬,遞宿迭居。

殿外では、書庫の蘭台や文学の士の出仕する金馬門に、警護の臣が宿衛し交互に留守居する。

蘭台 宮中の宮中書庫の名。御史中丞が掌る。後に蘭台令史をおき、図書や文書の校定をさせる。

金馬 金馬門のこと。未央宮にあり、待命官の居るところ。武庫が大宛の馬の銅像をこの署(役所)の門に立てた。警護の士がここに居る。

玄武門 

次有天祿石渠校文之處,重以虎威章溝嚴更之署。

次に殿の北に天祿・石渠の蔵書閣が続き、文書を調査校定するところ。さらに道路を警護する虎威や章溝という水路を警護に当たる官署がついている。

天祿石渠 天祿は典籍を蔵する閣で、未央殿の北に在り(余蕭客の『文選紀聞』というが、『水経』の渭水注では東に在りとする。漢初蕭何これを造る。その下に石で組んだ人工の川があるから名づく。

虎威章溝 ともに警衛の詰所となる役所の名。その位置は明らかではない。虎威は勇猛の意をとる。「蜀都の賦」にもこの名あり。白虎の絵のある門の役所であるところから名づけた。章溝は長安に御溝(渠より小さい人工の川)があり、楊溝というのが章溝に当たるかという説ある。

厳更 夜間の時刻を厳にする意でその役所。

 

徼道外周,千廬附。

宮殿の外に巡視する小路がめぐり、その内側に多数の宿舎が路ぞいにならぶ。

徼道 巡視の通路。

千廬 千は数の多いこと。は衛士の宿舎。殿内に密接して、殿外に外向きに立つ。

 

衛尉八屯,警夜巡晝。

警衛の長官衛尉は警備の兵を八つの屯所に配置し、夜は夜警を、昼は巡視を行うのである。

衛尉 宮殿の門内に役所あり衛士と屯兵とを掌る。丞(輔佐)一人。属官には、国事、散召を掌る公車司馬(官車で召された人を送迎また宮中を夜間巡視する宮殿の司馬門の役所を掌る武官)、衛士(宿衛の士)、旅蕡三令丞(戎と盾とをもち王車を護衛する三人の令、長と丞、衛士三人の丞)、また諸屯の衛候(見張役)、司馬二十二人(宮殿の外門を総称して司馬門といいまた単に司馬ともいう。その近衛兵)。

八屯 未央宮殿の外四方、四角に兵の屯所が八つある。東南南北の各二屯ずつある。「衛供、司馬は衛士をつかさどり宿衛を巡する。面ごとに各々二司馬あり」八屯は衛尉の管轄。

 

植鎩懸𤟢,用戒不虞。

槍を立て盾を懸け、もって不測の事態を警戒する。

 柱。ここは樹立の意。

鎩・𤟢 前者は両刃の剣に𤟢はほこ。長い矛。後者は盾。
長安城漢唐