とびちる水玉はうすい霞にかわってゆく、水泡まじりのながれは大岩の中から沸騰して湧き出ているようだ。これほどの景色の中でわたしは名山をこころから楽しむことができる、山とむかいあっていると心が落ち着きのびのびするのである。

 
 2014年9月20日の紀頌之5つのブログ 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
89-#2 《望廬山瀑布水二首其一#2》index-5 1-5 725年開元十三年25歳 <90> Ⅰ李白詩1258 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4838 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
444 《天星送楊凝郎中賀正》韓愈(韓退之)ID 798年貞元14年 31歳<1167> Ⅱ韓昌黎集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4819韓愈詩-444 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログ765年永泰元年54歲-21 《絕句,六首之二》 杜甫index-15 杜甫<821> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4840 杜甫詩1500-821-1139/2500765年永泰元年54歲-21 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor18-476《菩薩蠻一首》巻九 尹鶚Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-659-18-(476) 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4842 
 薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5) 
 魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10) 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

89-#2 《望廬山瀑布水二首其一#2index-5 1-5 725年開元十三年25歳 <90> Ⅰ李白詩1258 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4838

 蜀を離れ、襄陽・荊州・武昌・漢口・洞庭湖・金陵・揚州と遊ぶ。  25 20 首 

 

 

Index-

5

- 5-725年開元十三年25

20

725年開元十三年25歳 蜀を離れ、襄陽・荊州・武昌・漢口・洞庭湖・金陵・揚州と遊ぶ。

ID

No.

詩題

詩文初句

李太白集

19

20

宿巫山下

昨夜巫山下,

巻二十一

20

1

古風,五十九首之三十三

北溟有巨魚,

巻一

21

2

荊州歌【荊州樂】

白帝城邊足風波,

巻三

22

3

81白紵辭其一

揚清歌,

巻三

23

4

82白紵辭其二

月寒江清夜沈沈,

巻三

24

5

白紵辭,三首之三

刀剪綵縫舞衣,

巻三

25

6

江夏行

憶昔嬌小姿,

巻七

26

7

江上寄巴東故人

漢水波浪遠,

巻十三

27

8

渡荊門送別 李白 5

渡遠荊門外,

巻十四

28

9

送崔十二遊天竺寺

還聞天竺寺,

卷十五

29

10

登瓦官閣

晨登瓦官閣,

巻二十

30

11

望廬山瀑布水 二首其一#1

西登香爐峰,

巻二十

 

 

望廬山瀑布水二首其一#2

 

巻二十

31

12

望廬山瀑布二首其二(絶句) 

日照香爐生紫煙,

巻二十

32

13

望廬山五老峯 

廬山東南五老峰,

巻二十

33

14

金陵望漢江

漢江迴萬里,

巻二十

34

15

望天門山  李白 6

天門中斷楚江開,

巻二十

35

16

荊門浮舟望蜀江

春水月峽來,

巻二十一

36

17

自巴東舟行經瞿唐峽,登巫山最高峰,晚還題壁

江行幾千里,

巻二十一

37

18

秋下荊門 李白 4

霜落荊門江樹空,

巻二十一

38

19

江行寄遠 李白 3

刳木出楚,

巻二十一

 

年: 725年開元十三年25

卷別: 卷一八○  文體: 五言古詩 

詩題: 望廬山瀑布水,二首之一 

作地點: 廬山(江南西道 / 江州 / 廬山

及地點: 廬山 (江南西道 江州 廬山) 別名:廬嶽、匡山     

    香爐峰 (江南西道 江州 廬山) 別名:鑪峰、爐峰     

 

 

望廬山瀑布水 二首其一

(この詩は、盧山の白水の瀑布を望んで詠ったもの)その一

西登香爐峰,南見瀑布水。 

ここに、盧山に遊び、西の方に位置する香炉峰に登ると、南のほうにはなだたる瀑布の水が見える。

掛流三百丈,噴壑數十里。 

その瀑布は水の流れが落ちかかる長さは、三百丈になる。一気に落ちる勢いでもって谷間に噴出す、その距離は数十里にたっする。

欻如飛電來,隱若白虹起。 

時に稲光が走ったように見えるかと思えることがある、あるいは、暗いとこからばあっと真っ白な橋がかかり、虹が立ったように見えるのである。

初驚河漢落,半灑雲天裡。 

これを見て初めて驚いた、まるで天の川が落ちてきたのかと思うほどなのだ、そしてそれが空の雲の中にそそぎこまれているような錯覚をしてしまうのだ。

(望廬山瀑布水,二首之一 

西のかた香炉峰に登り、南のかた瀑布の水を見る。
流れを掛くこと三百丈、壑【たに】に噴くこと数十里。
歘【くつ】として飛電の来るが如く、隠として白虹の起つが若し。
初めは驚く 河漢の落ちて、半ば雲天の裏より灑ぐ。
<!--[if !supportLineBreakNewLine]-->
<!--[endif]-->

#2

仰觀勢轉雄,壯哉造化功。 

天を仰ぎ見てみると、見れば見るほど勢いは雄大である。なんとすばらしいものだろう、天の造化のたくみには感心させられる。

海風吹不斷,江月照還空。 

はるばると海辺から風がたえまなく吹きよせてくる。この雄大な長江を照らした月のひかりは、水に反射してその光を大空にかえしている。』

空中亂射,左右洗青壁。 

水のかたまりがどっと流れ落る、空中でぶつかり、いりみだれ、打ち合っている、そして左右に砕けて、青苔のむす岩壁に降りかかり洗う。

飛珠散輕霞,流沫沸穹石。 

とびちる水玉はうすい霞にかわってゆく、水泡まじりのながれは大岩の中から沸騰して湧き出ているようだ。

而我樂名山,對之心益閒。 

これほどの景色の中でわたしは名山をこころから楽しむことができる、山とむかいあっていると心が落ち着きのびのびするのである。

無論漱瓊液,還得洗塵顏。 

仙人の玉の薬液で口をそそいるのではない、ここにある滝のしぶき、水で俗世界の塵にまみれた顔を洗うことが出来る

且諧宿所好,永願辭人間。 

これはともかく、自分の元から従来の嗜好にあった場所なのだ。永久に人のすむ世界にわかれをつげ隠遁したいと思うのだ。

<!--[if !supportLineBreakNewLine]-->
<!--[endif]-->

仰ぎ観れば 勢い転【うた】た雄なり、壮なる哉  造化の功。
海風 吹けども断たず、江月 照らすも還た空なり。』

空中に乱れて潨射【そうしゃ】し、左右 青壁を洗う。
飛珠【ひしゅ】軽霞【けいか】を散じ、流沫 穹石【きゅうせき】に沸【わ】く。
而して 我は名山を楽しみ、之に対して心益々閑なり。 

瓊液【けいえき】に漱【すす】ぐを論ずる無し、且つ 塵顔【じんがん】を洗う を得ん。
且つ宿【もと】の好む所に諧【かな】う、永く願う 人間【じんかん】を辞するを。

李白図102 

『望廬山瀑布水 二首其一』 現代語訳と訳註

(本文) #2

仰觀勢轉雄,壯哉造化功。 

海風吹不斷,江月照還空。 

空中亂射,左右洗青壁。 

飛珠散輕霞,流沫沸穹石。 

而我樂名山,對之心益閒。 

無論漱瓊液,還得洗塵顏。 

且諧宿所好,永願辭人間。 

 

(下し文)

仰ぎ観れば 勢い転【うた】た雄なり、壮なる哉  造化の功。

海風 吹けども断たず、江月 照らすも還た空なり。』

空中に乱れて潨射【そうしゃ】し、左右 青壁を洗う。

飛珠【ひしゅ】軽霞【けいか】を散じ、流沫 穹石【きゅうせき】に沸【わ】く。

而して 我は名山を楽しみ、之に対して心益々閑なり。 

瓊液【けいえき】に漱【すす】ぐを論ずる無し、且つ 塵顔【じんがん】を洗う を得ん。

且つ宿【もと】の好む所に諧【かな】う、永く願う 人間【じんかん】を辞するを。

 

(現代語訳)

天を仰ぎ見てみると、見れば見るほど勢いは雄大である。なんとすばらしいものだろう、天の造化のたくみには感心させられる。

はるばると海辺から風がたえまなく吹きよせてくる。この雄大な長江を照らした月のひかりは、水に反射してその光を大空にかえしている。』
水のかたまりがどっと流れ落る、空中でぶつかり、いりみだれ、打ち合っている、そして左右に砕けて、青苔のむす岩壁に降りかかり洗う。
とびちる水玉はうすい霞にかわってゆく、水泡まじりのながれは大岩の中から沸騰して湧き出ているようだ。
これほどの景色の中でわたしは名山をこころから楽しむことができる、山とむかいあっていると心が落ち着きのびのびするのである。

仙人の玉の薬液で口をそそいるのではない、ここにある滝のしぶき、水で俗世界の塵にまみれた顔を洗うことが出来る
これはともかく、自分の元から従来の嗜好にあった場所なのだ。永久に人のすむ世界にわかれをつげ隠遁したいと思うのだ。
<!--[if !supportLineBreakNewLine]-->太白山001
<!--[endif]-->

(訳注)

望廬山瀑布水 二首其一

(この詩は、盧山の白水の瀑布を望んで詠ったもの)その一 #2

 

仰觀勢轉雄。壯哉造化功。
天を仰ぎ見てみると、見れば見るほど勢いは雄大である。なんとすばらしいものだろう、天の造化のたくみには感心させられる。

 

海風吹不斷。江月照還空。
はるばると海辺から風がたえまなく吹きよせてくる。この雄大な長江を照らした月のひかりは、水に反射してその光を大空にかえしている。』
海風 世界のはてから吹きよせる風。
<!--[if !supportLineBreakNewLine]-->
<!--[endif]-->

空中亂射。左右洗青壁。
水のかたまりがどっと流れ落る、空中でぶつかり、いりみだれ、打ち合っている、そして左右に砕けて、青苔のむす岩壁に降りかかり洗う。
潀射 水があつまり、噴射すること。

○青壁 シダや苔などに覆われた絶壁。

 

飛珠散輕霞。流沫沸穹石。』
とびちる水玉はうすい霞にかわってゆく、水泡まじりのながれは大岩の中から沸騰して湧き出ているようだ。
○穹石 大岩。

 

而我樂名山。對之心益閑。
これほどの景色の中でわたしは名山をこころから楽しむことができる、山とむかいあっていると心が落ち着きのびのびするのである。

 

無論漱瓊液。且得洗塵顏。
仙人の玉の薬液で口をそそいるのではない、ここにある滝のしぶき、水で俗世界の塵にまみれた顔を洗うことが出来る
瓊液 仙人の薬。

塵頗 俗塵にまみれた顔。

 

且諧宿所好。永愿辭人間。』
これはともかく、自分の元から従来の嗜好にあった場所なのだ。永久に人のすむ世界にわかれをつげ隠遁したいと思うのだ。
 1 調和する。やわらぐ。「諧声・諧調・諧和/和諧」 2 冗談。ユーモア。「諧謔(かいぎゃく)/俳諧」 [名のり]なリ・ゆき。3.気に入る。

○宿所好 従来の嗜好するところ。

 つつしむ。ひかえる。隠遁する意味に使う。

人間 俗人のすむ世界。

toho0824004