赤玉で飾った軒端をかすめて鳥は飛びかう、夕焼けの空は、斗栱の下、四方に張った幔幕の向こうに拡がっている。宝塔から見る目は旅路の見える限りをみつめるのである、そして心は、去りゆく船の帆影を高めていてそれを追いかける。

 
 2014年10月20日の紀頌之5つのブログ 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
109-#2 《秋日登揚州西靈塔》李白index- 6 《726年開元十四年26歳》 <109-#2> Ⅰ李白詩1288 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4988 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorブログ
21-(1)§1 《上兵部李侍郎書 -1》韓愈(韓退之)ID 795年貞元11年 28歳<1201> Ⅱ唐宋八大家文読本 巻三 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4989 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログ765年永泰元年54歲-51 《雲安九日,鄭十八攜酒陪諸公宴》 杜甫index-15 杜甫<851> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4990 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor20-506《浣溪紗四首,其一》十巻 李珣Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-689-20-(506) 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4992 
 薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5) 
 魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10) 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

109-#2 《秋日登揚州西靈塔》李白index- 6 726年開元十四年26歳》 <109-#2> Ⅰ李白詩1288 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4988

 

 

 

Index-

6

Ⅱ― 1-726年開元十四年26

21

ID

No.

詩題

詩文初句

 

98

39

1

楊叛兒

君歌楊叛兒,

巻三

99

40

2

採蓮曲

若耶溪傍採蓮女,

巻三

100

41

3

長干行,二首之一

妾髮初覆額,

巻三

101

42

4

長干行,二首之二

憶妾深閨裡

巻三

102

43

5

淥水曲

淥水明秋月,

巻五

103

44

6

估客行【估客樂】

海客乘天風,

巻五

104

45

7

淮南臥病書懷寄蜀中趙徵君蕤

會一浮雲,

巻十二

105

46

8

廣陵贈別

玉瓶沽美酒,

巻十四

106

47

9

別儲邕之剡中

借問剡中道,

巻十四

107

48

10

口號【口號留別金陵諸公】

食出野田美,

巻十四

108

49

11

金陵酒肆留別

風吹柳花滿店香,

巻十四

109

50

12

秋日登揚州西靈塔

寶塔凌蒼蒼,

巻二十

110

51

13

夜下征虜亭

船下廣陵去,

巻二十一

111

52

14

西施

西施越溪女,

巻二十一

112

53

15

王右軍

右軍本清真,

巻二十一

113

54

16

秋夕旅懷

涼風度秋海,

巻二十三

114

55

17

陌上贈美人【小放歌行】

駿馬驕行踏落花,

巻二十四

115

56

18

對酒

蒲萄酒,

巻二十四

116

57

19

贈段七娘

羅襪凌波生網塵,

巻二十四

117

58

20

越女詞,五首之一

長干兒女,

巻二十四

118

59

21

越女詞,五首之二

兒多白皙,

巻二十四

119

60

22

越女詞,五首之三

耶溪采蓮女。

巻二十四

120

61

23

越女詞,五首之四

東陽素足女。

巻二十四

121

62

24

越女詞,五首之五

鏡湖水如月。

巻二十四

 

 

襄陽・荊州・武昌・漢口・洞庭湖・金陵・揚州と遊ぶ。 

年:726年開元十四年26

卷別:  卷一八○        文體:  五言古詩

李太白集 巻二十

詩題:  秋日登揚州西靈塔

作地點:        揚州(淮南道 / 揚州 / 揚州)

及地點:        西靈塔 (淮南道 揚州揚州)        

 

 

秋日登揚州西靈塔

(この詩は726年開元十四年の秋に揚州の西靈塔に登って眺めて思い衝くことをのべたもの。)

寶塔凌蒼蒼,登攀覽四荒。

揚州の西靈塔は蒼蒼たる大空を凌いでいるし、西靈塔に登って眺めて見ると、四方の遠い先の四荒仙人の仙郷まで見える。

頂高元氣合,標出海雲長。

この塔の頂が高いことで、人の元気と結合してくるし、雲海を下に見るほどの標高で飛びぬけている。

萬象分空界,三天接畫梁。

宇宙間の万象は、空界を分割して、天上界の最高天「玉清境」「上清境」「太清境」に住していて、塔頂の画梁に接している。

水搖金影,日動火珠光。

塔の日陰は水に映し、金に輝く日差しがなみにゆれていて、太陽は時の移ろいで塔を廻っているので、塔頂の火銖の環が光とともに動いているようだ。

 

鳥拂瓊簾度,霞連繡栱張。

赤玉で飾った軒端をかすめて鳥は飛びかう、夕焼けの空は、斗栱の下、四方に張った幔幕の向こうに拡がっている。

目隨征路斷,心逐去帆揚。

宝塔から見る目は旅路の見える限りをみつめるのである、そして心は、去りゆく船の帆影を高めていてそれを追いかける。

露浴梧楸白,霜催橘柚黃。

晩秋の桐や楸(ひさぎ)の実は、露を受けて白くなっている、風に吹かれて蜜柑は熟れ黄色に色付きゆれる。

玉毫如可見,於此照迷方。

もしも玉毫の大仏は一万八千世界を見とおせるという、そのちからで、いまここで迷える方向を照らしてほしい。

(秋日登揚州西靈塔)

寶塔は蒼蒼を凌ぎ,登攀して四荒を覽る。

頂 高くして元氣合し,標 出でて海雲長くす。

萬象 空界を分ち,三天 畫梁に接す。

水は金影を搖かし日は火珠の光を動かす。

 

鳥は瓊簾【けいれん】を拂うて度り,霞は繡栱【しゅうきょう】に連って張る。

目は征路に隨って斷え,心は去帆を逐うて揚がる。

露に浴して梧楸白く,霜は催して橘柚黃なり。

玉毫 如【も】し見る可けんば,於此にいて迷方を照ぜん。

揚州西靈塔01 

 

『秋日登揚州西靈塔』 現代語訳と訳註

(本文)

鳥拂瓊簾度,霞連繡栱張。

目隨征路斷,心逐去帆揚。

露浴梧楸白,霜催橘柚黃。

玉毫如可見,於此照迷方。

 

(下し文)

鳥は瓊簾【けいれん】を拂うて度り,霞は繡栱【しゅうきょう】に連って張る。

目は征路に隨って斷え,心は去帆を逐うて揚がる。

露に浴して梧楸白く,霜は催して橘柚黃なり。

玉毫 如【も】し見る可けんば,於此にいて迷方を照ぜん。

 

(現代語訳)

赤玉で飾った軒端をかすめて鳥は飛びかう、夕焼けの空は、斗栱の下、四方に張った幔幕の向こうに拡がっている。
宝塔から見る目は旅路の見える限りをみつめるのである、そして心は、去りゆく船の帆影を高めていてそれを追いかける。

晩秋の桐や楸(ひさぎ)の実は、露を受けて白くなっている、風に吹かれて蜜柑は熟れ黄色に色付きゆれる。
もしも玉毫の大仏は一万八千世界を見とおせるという、そのちからで、いまここで迷える方向を照らしてほしい。
<!--[if !supportLineBreakNewLine]-->
<!--[endif]-->

 

(訳注)

秋日登揚州西靈塔 #2

(この詩は726年開元十四年の秋に揚州の西靈塔に登って眺めて思い衝くことをのべたもの。)

○揚州大明寺の栖霊塔は、揚州市街の北西部に位置する。栖霊塔と揚州市街との間に広がっているのが痩西湖風景区である。

斗拱00繡栱張001 

鳥払瓊簷度、霞連繡栱張。
赤玉で飾った軒端をかすめて鳥は飛びかう、夕焼けの空は、斗栱の下、四方に張った幔幕の向こうに拡がっている。
瓊簷 赤玉の彫刻で飾った軒端。

繡栱張 四方に張った幔幕。


 


目随征路断、心逐去帆揚。
宝塔から見る目は旅路の見える限りをみつめるのである、そして心は、去りゆく船の帆影を高めていてそれを追いかける。


露浩梧楸白、風催橘柚黄。
晩秋の桐や楸(ひさぎ)の実は、露を受けて白くなっている、風に吹かれて蜜柑は熟れ黄色に色付きゆれる。
梧楸白 桐や楸(ひさぎ)の実


玉毫如可見、於此照迷方。
もしも玉毫の大仏は一万八千世界を見とおせるという、そのちからで、いまここで迷える方向を照らしてほしい。
○玉毫 大仏の額の巻き毛のことで、東方一万八千世界を照らす。もしも未来が分かるというのなら、いまここで迷える方向を照らしてほしいと詩を結ぶ。李白は東魯を旅立っては来たものの行くべき人生の方向が定まらず、心に迷いを生じていることを告白している。

照迷方 一万八千世界、迷えるものの行く末を照らすこと。
a謝霊運永嘉ルート02