李白  子夜歌【子夜四時歌】四首:冬歌

明朝驛使發,一夜絮征袍。  素手抽針冷,那堪把剪刀。  裁縫寄遠道,幾日到臨洮。 
(四時行楽の詩で、子夜冬歌、其四首は、「冬のかじかむ素手」で、西域を守る隴右道東部 鄯州 臨洮軍にいる夫へ、「擣衣」した厚手の生地の綿入れを縫製して送る。翌朝出る便に間に合わせるため夜なべをする、冬のエピソードは、寒い夜縫製する思婦である。)

都合の良い西域方面臨洮への飛脚便が明朝、長安を立つというので、一夜なべをして、砧で柔らかくした厚い袍にたくさん綿を入れた上衣をぬった。冬の初めとはいえ、ちぎれるほどの寒さで、針仕事は手が凍えて動かず、そのうえ重たいはさみなどは持つことさえ難儀をした。それでもこれをやっとのことで縫い上げて、出立する便に頼むのであるが、夫の今いる臨洮は万里の長城の西遠く、シルクロードの分岐点の地であって、何日かかるものやら、心配でたまらない

李白306 《巻五 30李白24 子夜呉歌其四 冬》Index-22 Ⅲ―1 742年天寶元年42 18首 <李白306> Ⅰ李白詩1608 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6588

 

 
  2015年9月10日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
李白306 《巻五 30李白24 子夜呉歌其四 冬》Index-22 Ⅲ―1 742年天寶元年42歳 18首 <李白306> Ⅰ李白詩1608 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6588  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
韓愈88-#7 §1-7 (改訂)巻一26 赴江陵途中寄贈王二十補闕、李十一拾遺李二十六員外翰林三學士 韓愈(韓退之) 805年貞元21年 38歳<1521> Ⅱ#7 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6589  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 766年-119杜甫 《巻1731秋興,八首之六》 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-119 <982> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6590  
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 9欧陽烱《巻六13鳳樓春一首》『花間集』264全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6592  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

 

子夜歌【子夜四時歌】四首:春歌

(四時行楽の詩で、子夜春歌、其一首は、「春の素手」で、羅敷の古辞を詠ったもの。春のエピソードは羅敷である)

秦地羅敷女,採桑綠水邊。

秦地の羅敷という女がいて、緑水の辺に出て、桑の葉を摘んでいた。

素手青條上,紅妝白日鮮。

その桑の枝の青々としたところへ、真っ白な手をかけて、そして、、白日の照り輝くところへ、紅妝鮮やかに見えるのは、いかにも、人目を惹くばかり、そこを通りかかった太守がたちまち羅敷を見初めたのである。

蠶飢妾欲去,五馬莫留連。

直ちに連れて帰ろうとしたのも無理はないということだが、羅敷は決してみだらな心は持っていないから、この桑を摘んで家の蚕に与えないと飢えて死んでしまうから、私はすぐにでも帰ります。あなた様もいつまでここで待たれても仕方がないことですと言って、帰って行ったので、五頭立ての太守も羅敷を載せて連れ帰ることができなかった。

 

(子夜歌【子夜四時の歌】四首:春の歌

秦地羅敷の女,桑を綠水の邊に採る。

素手 青條の上,紅妝 白日鮮かなり。

蠶 飢えて 妾 去らんと欲す,五馬 留連する莫れ。 

年:742年天寶元年42 18首 

卷別:   卷一六五          文體:   樂府

詩題:   子夜歌【子夜四時歌】四首:夏歌

作地點:           長安(京畿道 / 京兆府 / 長安)

及地點:           鑑湖 (江南東道 越州 會稽) 別名:鏡湖  

若耶溪 (江南東道 越州 會稽) 別名:耶溪、若溪、浣紗溪            

 

 

子夜歌【子夜四時歌】四首:夏歌

(四時行楽の詩で、子夜春歌、其二首は、「夏の素足」で、呉越戦争、越の西施の古辞を詠ったもの。夏のエピソードは、越の美女西施である。)

鏡湖三百里,菡萏發荷花。

鏡湖は回り巡って三百里といい、広さは、九千餘頃にわたった大きな湖で、初夏からつぼみであった蓮の花がいっぱいに咲き満ちている。

五月西施採,人看隘若耶。

五月、夏の盛りには、絶世の美女、「西施」がここに採蓮したように、越の若い娘が、採蓮の船を出している、それを見ようと若耶に人が押し寄せ、鏡湖から若耶溪の堤に人があふれるほどになる。

回舟不待月,歸去越王家。 
しかし、此処の美女たちは、そんなことには頓着せず、日が暮れかかると月が昇り始める前にはさっさと船を返して、越王宮であろう、我が家に帰ってゆくのである。

 

(子夜歌【子夜 四時の歌】四首:夏の歌)

鏡湖 三百里,菡萏 荷花を發く。

五月 西施も採る,人は看る 若耶 隘しと。

舟を回して 月を待たず,歸り去る 越王の家。

子夜歌【子夜四時歌】四首:秋歌

(四時行楽の詩で、子夜夏歌、其三首は、当時、玄宗は西域に兵を大量に送り込み領土拡大を重ねて、最も拡大させていた。いったん出征した兵士は帰ることがなかった。秋の風物詩として手、出征の夫に送るために作業する思婦の情を詠ったもの。秋のエピソードは、布帛を、きぬたにのせて擣つ音である。)

長安一片月,萬搗衣聲。 

時は今、秋の末、清らかな一片の月が昇ってくると、その月光は長安城中に満ちている、その明かりの中、どこの家でも砧をたたく音が聞こえてくる。

秋風吹不盡,總是玉關情。 

秋風が吹いて凍える寒さになり、砧の音は絶えることもない、この時期は、西戎に出ている夫に送らんがために衣を擣つので、その一つ、一つの音、西域、玉門關やその外域の人を思う深い情を込めて擣っているのである。

何日平胡虜,良人罷遠征。 

そして、その思いは、いつの日にその地の異民族を平定して凱旋するだろうか、良人は遠征をやめて、行くことがないようになるだろうか、ということだ。

 

(子夜歌【子夜 四時の歌】四首:秋の歌)

長安  一片の月、万戸  衣を擣つの声。
秋風 吹いて尽きず、総て是れ玉関の情。
何れの日か胡虜を平らげ、良人 遠征を罷めん。

 

 

年:742年天寶元年42 18首 

卷別: 卷一六五  文體: 樂府 

詩題: 子夜歌【子夜四時歌】四首:冬歌 

作地點: 長安(京畿道 / 京兆府 / 長安

及地點: 臨洮軍 (隴右道東部 鄯州 臨洮軍別名:臨洮     

 

子夜歌【子夜四時歌】四首:冬歌

(四時行楽の詩で、子夜冬歌、其四首は、「冬のかじかむ素手」で、西域を守る隴右道東部 鄯州 臨洮軍にいる夫へ、「擣衣」した厚手の生地の綿入れを縫製して送る。翌朝出る便に間に合わせるため夜なべをする、冬のエピソードは、寒い夜縫製する思婦である。)明朝驛使發,一夜絮征袍。 

都合の良い西域方面臨洮への飛脚便が明朝、長安を立つというので、一夜なべをして、砧で柔らかくした厚い袍にたくさん綿を入れた上衣をぬった。
素手抽針冷,那堪把剪刀。 

冬の初めとはいえ、ちぎれるほどの寒さで、針仕事は手が凍えて動かず、そのうえ重たいはさみなどは持つことさえ難儀をした。

裁縫寄遠道,幾日到臨洮。 
それでもこれをやっとのことで縫い上げて、出立する便に頼むのであるが、夫の今いる臨洮は万里の長城の西遠く、シルクロードの分岐点の地であって、何日かかるものやら、心配でたまらない。

 

子夜歌【子夜 四時の歌】四首:冬の歌

明朝 驛使發す,一夜 征袍を絮す。 

素手 針を抽くこと冷かに,那ぞ 剪刀を把るに堪えんや。 

裁縫して 遠道に寄す,幾日か 臨洮に到る。 

 李白図102長安と西域 地図01

子夜歌【子夜四時歌】四:冬歌』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

子夜歌【子夜四時歌】四首:冬歌

明朝驛使發,一夜絮征袍。 

素手抽針冷,那堪把剪刀。 

裁縫寄遠道,幾日到臨洮。 
 

(下し文)
子夜歌【子夜 四時の歌】四首:冬の歌

明朝 驛使發す,一夜 征袍を絮す。 

素手 針を抽くこと冷かに,那ぞ 剪刀を把るに堪えんや。 

裁縫して 遠道に寄す,幾日か 臨洮に到る。 

(現代語訳)

(四時行楽の詩で、子夜冬歌、其四首は、「冬のかじかむ素手」で、西域を守る隴右道東部 鄯州 臨洮軍にいる夫へ、「擣衣」した厚手の生地の綿入れを縫製して送る。翌朝出る便に間に合わせるため夜なべをする、冬のエピソードは、寒い夜縫製する思婦である。)

都合の良い西域方面臨洮への飛脚便が明朝、長安を立つというので、一夜なべをして、砧で柔らかくした厚い袍にたくさん綿を入れた上衣をぬった。
冬の初めとはいえ、ちぎれるほどの寒さで、針仕事は手が凍えて動かず、そのうえ重たいはさみなどは持つことさえ難儀をした。

それでもこれをやっとのことで縫い上げて、出立する便に頼むのであるが、夫の今いる臨洮は万里の長城の西遠く、シルクロードの分岐点の地であって、何日かかるものやら、心配でたまらない。


(訳注)

子夜歌【子夜四時歌】四首:冬歌

(四時行楽の詩で、子夜冬歌、其四首は、「冬のかじかむ素手」で、西域を守る隴右道東部 鄯州 臨洮軍にいる夫へ、「擣衣」した厚手の生地の綿入れを縫製して送る。翌朝出る便に間に合わせるため夜なべをする、冬のエピソードは、寒い夜縫製する思婦である。)

 

明朝驛使發,一夜絮征袍。 

都合の良い西域方面臨洮への飛脚便が明朝、長安を立つというので、一夜なべをして、砧で柔らかくした厚い袍にたくさん綿を入れた上衣をぬった。
驛使 主要路線三十里に一か所駅を設置、駅伝制による書簡と物資輸送の制度を言うがここではその使者、飛脚を言う。

 綿を入れて縫い付ける。綿入れの服を作る。

征袍 出征している夫の着る厚手の衣。

 

素手抽針冷,那堪把剪刀。 

冬の初めとはいえ、ちぎれるほどの寒さで、針仕事は手が凍えて動かず、そのうえ重たいはさみなどは持つことさえ難儀をした。

剪刀 はさみ。

 

裁縫寄遠道,幾日到臨洮。  
それでもこれをやっとのことで縫い上げて、出立する便に頼むのであるが、夫の今いる臨洮は万里の長城の西遠く、シルクロードの分岐点の地であって、何日かかるものやら、心配でたまらない

臨洮 秦代におかれた県名で,万里の長城の西の起点。現在の甘粛省岷(びん)県。西域を守る臨洮軍 (隴右道東部 鄯州 臨洮軍) 別名:臨洮をいう。この地でシルクロードの北コース、南コースの分岐点である。

李白《巻04-05 白馬篇 》「發憤去函谷,從軍向臨洮。」

163-#2 《巻04-05 白馬篇 #2》Index-11 Ⅱ―6 -731年開元十九年31歳 43首 <163-#2> Ⅰ李白詩1372 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5408

杜甫《巻十五17近聞》「近聞犬戎遠遁逃,牧馬不敢侵臨洮。」

近頃聞いた情報では、犬戎に等しい吐蕃国が郭子儀軍に追われて遠く逃げ去ったという、臨洮にまで侵寇していたのにそこではもう牧馬はできなくなった。

766年大暦元年55-7 《近聞〔永泰元年,郭子儀與回紇約,共擊吐蕃。次年二月,吐蕃來朝,詩紀其事。〕》 杜甫index-15 杜甫<870 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5160

杜甫《巻五31喜聞官軍已臨賊寇 二十韻》「花門騰漠,拓羯渡臨洮。」
遠い沙漠に飛騰している回紇の騎兵軍団、臨桃をわたって来た安西の拓羯、彼等はいずれも援兵にやって来るのだ。

 喜聞官軍已臨賊寇 二十韻 #4 杜甫 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 226

yoshu&choan736