李白詩  同族弟金城尉叔卿“燭照山水壁畫”歌 #1

高堂粉壁圖蓬瀛,燭前一見滄洲清。

洪波洶湧山崢嶸,皎若丹丘隔海望赤城。

光中乍喜嵐氣滅,謂逢山陰晴後雪。

(李白の族弟である金城尉の叔卿を訪ね、夜、燭を秉って山水壁畫を照らしてじっくり見てこの絵の歌をつくった)

君が高堂の白壁には、名手の手に成れる蓬莱、瀛洲の国があるというので、燭を秉って之を照らし、滄洲の遠く清らかで広がる趣を一見した。

すると、大波が湧き立ち、山は崢嶸として聳え、皓然としで光り輝く有様は、丹丘で昼夜常に明るい仙境から、海を隔てて、赤城山を望むが如くである。

その光り輝く中には、山気は消えつくして、少しも曇った様な景色がなく、山陰への道の上に、積雪の日の晴れた時では無いかと思われた位にみえる。

743年(56)李白 卷六10-《同族弟金城尉叔卿燭照山水壁畫歌》(高堂粉壁圖蓬瀛,) Index-23Ⅲ― 2-743年天寶二年43歳 94-56) <李白> Ⅰ李白詩1715 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7123

 

 

 
  2016年1月13日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
743年(56)李白 卷六10-《同族弟金城尉叔卿燭照山水壁畫歌》(高堂粉壁圖蓬瀛,) Index-23Ⅲ― 2-743年天寶二年43歳 94首-(56) <李白> Ⅰ李白詩1715 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7123  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorBlog
韓愈126《 巻四21 荊潭唱和詩序》 #4 韓愈(韓退之) 805年貞元21年 38歳<1640> Ⅱ#4 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7176  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 767年-13-#4杜甫 《19-16 秋行官張望督促東渚耗稻向畢,清晨遣女奴阿稽、豎子阿段往問》#4 杜甫詩index-15-767年大暦2年56歲-13-#4 <1106> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7177  
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 12孫光憲《巻八31河滿子冠劍不隨》『花間集』383全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7179  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

 

年:743年天寶二年43歳 94-56

卷別:    卷一六六              文體:    七言古詩

詩題:    同族弟金城尉叔卿燭照山水壁畫歌

作地點:              目前尚無資料

及地點:              金城 (京畿道 京兆府 金城) 別名:興平         

赤城山 (江南東道 台州 台州)           

山陰 (江南東道 越州 山陰)              

交遊人物/地點:李叔卿      當地交遊

 

 

同族弟金城尉叔卿“燭照山水壁畫”歌 #1

(李白の族弟である金城尉の叔卿を訪ね、夜、燭を秉って山水壁畫を照らしてじっくり見てこの絵の歌をつくった)

高堂粉壁圖蓬瀛,燭前一見滄洲清。

君が高堂の白壁には、名手の手に成れる蓬莱、瀛洲の国があるというので、燭を秉って之を照らし、滄洲の遠く清らかで広がる趣を一見した。

洪波洶湧山崢嶸,皎若丹丘隔海望赤城。

すると、大波が湧き立ち、山は崢嶸として聳え、皓然としで光り輝く有様は、丹丘で昼夜常に明るい仙境から、海を隔てて、赤城山を望むが如くである。

光中乍喜嵐氣滅,謂逢山陰晴後雪。

その光り輝く中には、山気は消えつくして、少しも曇った様な景色がなく、山陰への道の上に、積雪の日の晴れた時では無いかと思われた位にみえる。

#2

迴溪碧流寂無喧,又如秦人月下窺花源。

了然不覺清心魂,祗將疊嶂鳴秋猿。

與君對此歡未歇,放歌行吟達明發。

卻顧海客揚雲帆,便欲因之向溟渤。

 

(族弟の金城の尉 叔卿と同じく“燭して山水の壁畫を照す”の歌) #1

高堂の粉壁 蓬瀛を圖し,燭前 一見す 滄洲の清きを。

洪波 洶湧して山崢嶸,皎として 丹丘より海を隔てて赤城を望むが若し。

光中 乍ち喜ぶ 嵐氣の滅するを,謂う 山陰 晴後の雪に逢いたるかと。

 

#2 

迴溪 碧流 寂として喧無く,又た 秦が月下に花源を窺が如し。

了然として覺えず 心魂を清うし,祗だ 疊嶂を將て秋猿を鳴かしむ。

君と此に對して 歡 未だ歇まず,放歌 行吟 明發に達す。

卻って顧る 海客の雲帆を揚ぐるを,便ち之に因って溟渤に向わんと欲す。

 

京兆地域図002 

 

同族弟金城尉叔卿“燭照山水壁畫”歌』 現代語訳と訳註解説

(本文)
同族弟金城尉叔卿“燭照山水壁畫”歌 #1

高堂粉壁圖蓬瀛,燭前一見滄洲清。

洪波洶湧山崢嶸,皎若丹丘隔海望赤城。

光中乍喜嵐氣滅,謂逢山陰晴後雪。

(下し文)
(族弟の金城の尉 叔卿と同じく“燭して山水の壁畫を照す”の歌) #1

高堂の粉壁 蓬瀛を圖し,燭前 一見す 滄洲の清きを。

洪波 洶湧して山崢嶸,皎として 丹丘より海を隔てて赤城を望むが若し。

光中 乍ち喜ぶ 嵐氣の滅するを,謂う 山陰 晴後の雪に逢いたるかと。

(現代語訳)
同族弟金城尉叔卿“燭照山水壁畫”歌 #1(李白の族弟である金城尉の叔卿を訪ね、夜、燭を秉って山水壁畫を照らしてじっくり見てこの絵の歌をつくった)

君が高堂の白壁には、名手の手に成れる蓬莱、瀛洲の国があるというので、燭を秉って之を照らし、滄洲の遠く清らかで広がる趣を一見した。

すると、大波が湧き立ち、山は崢嶸として聳え、皓然としで光り輝く有様は、丹丘で昼夜常に明るい仙境から、海を隔てて、赤城山を望むが如くである。

その光り輝く中には、山気は消えつくして、少しも曇った様な景色がなく、山陰への道の上に、積雪の日の晴れた時では無いかと思われた位にみえる。


(訳注)

同族弟金城尉叔卿“燭照山水壁畫”歌 #1

(李白の族弟である金城尉の叔卿を訪ね、夜、燭を秉って山水壁畫を照らしてじっくり見てこの絵の歌をつくった)

1 金城 金城は京兆府興平縣〔馬-茂陵の間にある〕。

2 城尉叔卿 李季卿《三墳記》「先侍郎之子叔卿、字萬天骨琅琅,德(闕一字)文蔚。識度標邁,弱冠以明(闕一字)觀國,蒞鹿邑虞二尉。巍守崔公沔洎相國晉公(闕二字)甲科第之進等舉之,・・・轉金城尉,曹無受謝,吏不敢(闕四字)卷行於世。」(先侍郎の子叔卿という、字は萬。天骨 琅琅,德光 文蔚。識度 標邁,弱冠にして明を以って國を觀て,鹿邑 虞二尉を蒞けらる。巍守 崔公沔は洎相國晉公 甲科 之を第せしめ 進等 之を舉げ,・・・金城の尉に轉ず,曹謝を受ける無し,吏 敢えて世に卷行せず。)とあって、李白の族弟だけに、一廉の人物であったと見える。

3この詩は、族弟金城の尉李叔卿を訪い、花、燭を秉って、一所に其家の山水の壁画を見たるに因って、この詩を作ったという意。この頃は、宮殿や寺観ばかりでなく、すこし大きな家では名手に壁画を作らせたものと見える。

 

高堂粉壁圖蓬瀛,燭前一見滄洲清。

君が高堂の白壁には、名手の手に成れる蓬莱、瀛洲の国があるというので、燭を秉って之を照らし、滄洲の遠く清らかで広がる趣を一見した。

4 粉壁 漆喰の白壁。

5 蓬瀛 蓬莱と瀛洲、方丈、東海中の神仙三山島。

6 滄州 1 青々とした水に囲まれた州浜。人里を離れた水辺。2 仙人や隠者の住んでいる所。隠者の棲む場所。東海の神仙三山の海、滄海が臨めるあたり。 

 

洪波洶湧山崢嶸,皎若丹丘隔海望赤城。

すると、大波が湧き立ち、山は崢嶸として聳え、皓然としで光り輝く有様は、丹丘で昼夜常に明るい仙境から、海を隔てて、赤城山を望むが如くである。

7 洪波 大きな波。おおなみ。洪濤(こうとう)。

8 崢嶸 ① 山が高く険しい・こと(さま)。  人生の苦難に満ちている・こと(さま)。

9 丹丘 昼夜常に明るいところを言う。《楚辞、遠遊》に「仍羽人於丹丘兮、留不死之旧郷」、(羽人に丹丘に仍【したが】い、不死の旧郷に留る)孫綽「遊天台山賦」に「仍羽人於丹丘、尋不死之福庭」(羽人に丹丘に仍【したが】い、尋ねば福庭に死なず)とある。

10 赤城 赤城は孫綽賦にある、天台山を代表する赤城山。赤城山は赤土の砂礫が層をなしており、あたかも城壁のようであるのでこの名がついた。また、その石が赤く輝いていて朝焼けのようであるということで、朝靄夕霞が漂い纏うこの山にまつわる慣である。

天台山(てんだいさん)は、中国浙江省中部の天台県の北方2kmにある霊山である。最高峰は華頂峰で標高1,138m。洞栢峰・仏隴峰・赤城峰・瀑布峰などの峰々が存在する。中国三大霊山の一つ。仏教との関係では、呉の赤烏中(238 - 251年)に仏教寺院が建立された、という伝承がある。支遁や曇光、竺曇猷らの僧が、この山中に住した。また、後漢のころから道教の聖地ともされていた。石橋の下から流れ落ちる滝がある。

盛唐詩 越中逢天臺太乙子#2 孟浩然<30> Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白350 -337 

盛唐詩 尋天台山 孟浩然<31> Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 白特集350 -338

 

光中乍喜嵐氣滅,謂逢山陰晴後雪。

その光り輝く中には、山気は消えつくして、少しも曇った様な景色がなく、山陰への道の上に、積雪の日の晴れた時では無いかと思われた位にみえる。

11 嵐氣 嵐は山気。

12 山陰 春秋時代の越(えつ)の都で、秦(しん)代に山陰県が置かれ、唐代になって会稽(かいけい)、山陰の2県が設けられた。《唐地理志》「在山陰縣、会稽山在北」

大明宮の圖003