745-003-#2巻176 27-#2 尋魯城北范居士失道落蒼耳中見范置酒摘蒼耳作(卷二十(二)一一五○)

 

 

2017410

の紀頌之5つの校注Blog

 

  総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、現在、李白詩全詩 訳注

Ⅰ李白詩

(李白集校注)

745-003-#2巻176 27-#2 尋魯城北范居士失道落蒼耳中見范置酒摘蒼耳作(卷二十(二)一一五○)Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集8501

LiveDoo

rBlog

744年-集11字解集 漢東紫陽先生碑銘Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集8454

孟浩然

李白詩

霊運

司馬相如 《子虛賦 ・上林賦》

揚雄 《甘泉賦》

諸葛亮 出師表

曹植詩65

兩都賦序・西都賦・東都賦

李白全詩

漁父辞(屈原

楚辞・九歌》東君

《楚辞九辯》

 

●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首 

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注

806年-52 巻八-07同宿聯句【案:韓愈、孟郊】#3 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集8502

LiveDoo

rBlog

806年-集11- ・a.短燈檠歌 ・b.春雪 ・c.春雪 ・d.春雪間早梅 ・e.早春雪中聞鶯 ・f.和歸工部送僧約 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集8449

・李商隠詩 (1) 136首の75

・李商隠詩 (2) 135首の61

韓愈1 ・孟郊・張籍と汴州乱41

index-2[800年~804年]27

index-3 805年陽山から江陵36

index-4 806年 39 江陵・国子博士25

index-5 806年39歳(2)25

index-6 807~809年 20

index-7[810年~811年 44歳] 34

index-8 [812年~814年47歳]46

index-9[815年~816年 49歳57

index-10[817年~818年 51歳]「平淮西碑」28

index-11 819年『論佛骨表』左遷 38

index-12 820 國子祭酒18

index-13 821年~822年 22

index-14 57歳・病気のため退職。没す14

韓愈 哲学・儒学「五原」

孟郊

 

●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"

Ⅲ 杜詩

詳注

767年-96 巫峽敝廬奉贈侍御四舅別之澧朗 杜詩詳注(卷一九(四)一六八一)Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8515

LiveDoo

rBlog

767年-集-9 【字解集】 ・a.送十五弟侍御使蜀・b.見螢火・c.夜雨・d.更題・e.舍弟觀歸藍田迎新婦送示二首 杜詩詳注卷一九(四)Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8498

杜甫詩(1)736~751年  53

杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73

杜甫詩(3)45歳 安史の乱に彷徨う 26

杜甫詩(4)757年、左拾遺 43

杜甫詩(5)758年47歳 左遷 53

杜甫詩(6)759年 三吏三別 44

杜甫詩(7)759年秦州詩 66

杜甫詩(8)759年同谷紀行、成都紀行36

杜甫詩(9)760年、49歳 成都 45

杜甫詩(10)761年、50歳 成都82

杜甫詩(11)762年蜀中転々43

杜甫詩(12)762年 蜀中転々 49

(13)763年蜀中転々 96

 (14)764年 三月成都へ帰る 100

 (15)765年正月幕府を辞す 63

(16-1) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)80

(16-2) 766年雲安、暮春、夔州 168首 の(1)81

 

杜甫詩 (17-1)767年夔州・西閣・赤甲・瀼西132

杜甫詩 (17-2) 767年・瀼西・東屯 133

杜甫詩 (18)768年江陵・公安縣・岳州 78

杜甫詩 (19)769年・洞庭湖・潭州・衡州 78

杜甫詩 (20)770年・洞庭湖・潭州・衡州。27

杜甫詩 (21)洩れ分(未詳分)・散文

杜甫詩 全詩 総合案内 

●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている。花間集連載開始。

Ⅳブログ詩集

漢・唐・宋詞

花間集 訳注解説 (178)回目牛嶠二十六首《巻四08感恩多二首其二》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8636 (05/02)

  fc2

Blog

155)回目薛昭蘊 十九首a.浣溪紗八首・b.喜遷鶯三首 【字解集】》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8498 (04/10)

 

●花間集全詩●森鴎外の小説の”魚玄機”詩、芸妓”薛濤”詩。唐から五代詩詞。花間集。玉臺新詠連載開始

.唐五代詞詩・女性

・玉臺新詠

玉-041§1 古詩 爲焦仲卿妻作§11-#1〔無名氏〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻一ブログ 8505

LiveDoo

rBlog

玉集-09 定情詩一首 【字解集】漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠ブログ 8241

●薛濤の全詩

●花間集(1

●花間集(2

●花間集(3

●花間集(4

●花間集(5

●魚玄機全詩

●花間集(6

●花間集(7

●花間集(8

●花間集(9

●花間集10

 ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)

漢詩総合サイト 07ch

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

文選

古詩源

花間集案内

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

 

745-003-#2巻176 27-#2 尋魯城北范居士失道落蒼耳中見范置酒摘蒼耳作(卷二十(二)一一五○)Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集8501

だから、是非ここを尋ねたいと思い、そこでは、茫然として逸興を起し、なんでも早く行きたいというので、しきりに道を急いだ。すると、城の渠濠の空池のほとりにおいて、行く手の道を誤り荒れた坂路において、馬首をどちらに向けようかとまごついている間に滑り落ちたのである。滑り落ちて、せっかくの翠雲裘に蒼耳の草がからみついたが、そんなことには頓着しなかった。


函谷関002 

 745-003-#2

尋魯城北范居士失道落蒼耳中見范置酒摘蒼耳作

(卷二十(二)一一五 -#2

全唐詩巻176 27-#2

李白集校注卷二十(二)一一五○#2

李太白集巻十九03#2

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ8501

 

卷二十(二)一一五○

179-3

尋魯城北范居士失道落蒼耳中見范置酒摘蒼耳作 #1

雁度秋色遠,日靜無雲時。客心不自得,浩漫將何之。忽憶范野人,閑園養幽姿。

#2

茫然起逸興,但恐行來遲。城壕失往路,馬首迷荒陂。不惜翠雲裘,遂爲蒼耳欺。

#3

入門且一笑,把臂君爲誰。酒客愛秋蔬,山盤薦霜梨。

他筵不下筯,此席忘朝飢。酸棗垂北郭,寒瓜蔓東籬。

#4

還傾四五酌,自詠猛虎詞。近作十日歡,遠爲千載期。

風流自簸蕩,謔浪偏相宜。酣來上馬去,却笑高陽池。

李白集校注タイトル坊間道路断面図 

卷別

李白集校注

全唐詩

李太白集

卷二十(二)一一五○

176 27-#1

巻十九03

詩題

尋魯城北范居士失道落蒼耳中見范置酒摘蒼耳作(卷二十(二)一一五○)

文體

五言古詩  

 

詩序

【贈崔侍郎】

     初句

賢皓《謫仙詩豪

天寶三年   744   44

 

作地點

兗州(河南道 / 兗州 / 兗州)

及地點

瑕丘 (河南道 兗州 瑕丘別名:魯城、沙丘城、魯東門

 

高陽池 (山南東道 襄州 襄州)

 

 

交遊人物/交遊地點

 

交遊人物/交遊地點

范十

當地交遊(河南道 兗州 兗州)

 

尋魯城北范居士失道落蒼耳中見范置酒摘蒼耳作 #1

(尋魯城の北にある范居士を訪問するために、城郭の外の路を歩いていて、あしをすべらし、蒼耳の生い茂っている中に落ち込んだ。范居士がたまたま酒を置酒して、蒼耳を摘み取っていたそこで酒を酌み交わしてこの詩を作った)

雁度秋色遠,日靜無雲時。

雁は天空宇宙を渡って秋色當に遠く、見渡す限り雲もなく晴れ渡った時であるから、日陰も静かである。

客心不自得,浩漫將何之。

しかし君は旅客の身で、心はおちつかないでぶらぶらと行くあて、目当てもなく出かけたのである。

忽憶范野人,閑園養幽姿。

ところがしばらく歩くと、野人の范居士の事を思い出し、早速そちらに向かう事とし、その人となりを思い、閑園において幽姿を養っている隠遁者で高士との懇談を楽しみに思った。

 

(魯城の北の范居士を尋ね道を失して蒼耳の中に落ち、范が置酒し、蒼耳を摘むを見て作る) #1

雁は度って 秋色遠く,日は靜かに 雲無き時。

客心 自得せず,浩漫 將に何くにか之かんとする。

忽ち憶う 范野人,閑園に幽姿を養うを。

 

#2

茫然起逸興,但恐行來遲。

だから、是非ここを尋ねたいと思い、そこでは、茫然として逸興を起し、なんでも早く行きたいというので、しきりに道を急いだ。

城壕失往路,馬首迷荒陂。

すると、城の渠濠の空池のほとりにおいて、行く手の道を誤り荒れた坂路において、馬首をどちらに向けようかとまごついている間に滑り落ちたのである。

不惜翠雲裘,遂爲蒼耳欺。

滑り落ちて、せっかくの翠雲裘に蒼耳の草がからみついたが、そんなことには頓着しなかった。だが、そこは范居士の家であったから大いに嬉しかった。

#2

茫然として 逸興を起し,但だ行き來るの遲きを恐る。

城壕 往路を失い,馬首 荒陂に迷う。

惜まず 翠雲の裘,遂に爲す 蒼耳に欺かるるを。

 

 

《尋魯城北范居士失道落蒼耳中見范置酒摘蒼耳作》現代語訳と訳註解説

(本文) 
#2

茫然起逸興,但恐行來遲。

城壕失往路,馬首迷荒陂。

不惜翠雲裘,遂爲蒼耳欺。

 

(下し文)
#2

茫然として 逸興を起し,但だ行き來るの遲きを恐る。

城壕 往路を失い,馬首 荒陂に迷う。

惜まず 翠雲の裘,遂に爲す 蒼耳に欺かるるを。

 

(現代語訳)

だから、是非ここを尋ねたいと思い、そこでは、茫然として逸興を起し、なんでも早く行きたいというので、しきりに道を急いだ。

すると、城の渠濠の空池のほとりにおいて、行く手の道を誤り荒れた坂路において、馬首をどちらに向けようかとまごついている間に滑り落ちたのである。

滑り落ちて、せっかくの翠雲裘に蒼耳の草がからみついたが、そんなことには頓着しなかった。

 

(訳注) 
尋魯城北范居士失道落蒼耳中見范置酒摘蒼耳作 

1.(尋魯城の北にある范居士を訪問するために、城郭の外の路を歩いていて、あしをすべらし、蒼耳の生い茂っている中に落ち込んだ。范居士がたまたま酒を置酒して、蒼耳を摘み取っていたそこで酒を酌み交わしてこの詩を作った)

2. 【解説】この詩は、李白が、尋魯城の北にある范居士を訪問するために、城郭の外の路を歩いていて、あしをすべらし、蒼耳の生い茂っている中に落ち込んだという。その場所にはちょうど范居士の自宅近辺で、范居士がたまたま酒を置酒して、蒼耳を摘み取っていたそこで酒を酌み交わしてこの詩を作ったという。

#2

茫然起逸興,但恐行來遲。

だから、是非ここを尋ねたいと思い、そこでは、茫然として逸興を起し、なんでも早く行きたいというので、しきりに道を急いだ。

9. 茫然【呆然】 ①気ぬけがして、ぼんやりとしたさま。② とりとめがないこと。

10. 逸興 特別に興味深いこと。また、そのさま。「この道は、もし四道の間に―のすぐれたるか」〈海道記・序〉ちょっと変わったおもしろみ。また、そのさま。

 

城壕失往路,馬首迷荒陂。

すると、城の渠濠の空池のほとりにおいて、行く手の道を誤り荒れた坂路において、馬首をどちらに向けようかとまごついている間に滑り落ちたのである。

11. 城壕 江淹詩「飲馬出城濠。」延濟の註に壕は城の池なり。 壕濠は古字通用説文陂阪也。

12. 荒陂 荒れた坂路。池の土手の路の一部分である。

 

不惜翠雲裘,遂爲蒼耳欺。

滑り落ちて、せっかくの翠雲裘に蒼耳の草がからみついたが、そんなことには頓着しなかった。だが、そこは范居士の家であったから大いに嬉しかった。

13. 翠雲裘 翠雲裘《古文苑》卷上〈諷賦〉 宋玉曰:「主人之女,翳承日之華,披翠雲之裘。」宋·章樵注:「輯翠羽為裘。」翡翠の羽を集めて裘をつくる。