748-2《同王送杜秀芝舉入京(卷十八(二)一○六四)》

 

 

2018310

の紀頌之"6"つの校注Blog

王送杜秀芝舉入京

毛頴傳§5-3〔#15

昔遊-#2

孫光憲 河傳四首其四

#9 秋胡詩一首〔顏延之〕

字解集】北夢瑣言・唐才子傳

李白詩

韓愈詩

杜甫詩

花間集

玉臺新詠

古代史女性論

 

 

2018310

の紀頌之"6"つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」。、現在、①李白集校注詩全詩、②昌黎先生集全40巻他全詩、③杜詩詳注、④花間集、⑤玉臺新詠、⑥薛濤詩 全訳注解説

Ⅰ李白詩(李白集校注)      LiveDoor

748年-2《同王送杜秀芝舉入京(卷十八(二)一○六四)》漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之の李白詩訳注解説Blog 10261

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注      LiveDoor

807年-08元和二年40歳昌黎文巻八02《毛頴傳§5-3》〔#15〕Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10233

Ⅲ 杜詩詳注                  LiveDoor

767年-230 昔遊-#2(卷二○(四)一七九五)注(1247)昔謁華蓋君 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10249

杜甫詩 全詩 総合案内 

Ⅳブログ詩集漢・唐・宋詞  fc2Blog

花間集 訳注解説 (393)回目《孫光憲巻七50河傳四首其四》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10285 (03/10)

.唐五代詞詩・女性・玉臺新詠     Livedoor

玉臺・巻4•2-2 -#9 秋胡詩一首(高張生絶絃)〔顏延之〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10258

Ⅵ唐代女性論ブログ唐代女性論

魚玄機関連詩-【字解集】〔孫光憲・辛文房・李郢〕北夢瑣言・唐才子傳  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10245

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/


  

748-2《同王送杜秀芝舉入京(卷十八(二)一○六四)》漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之の李白詩訳注解説Blog 10261

(廬江の太守を呉王口銭に比し、酒宴を催したところを以て、姑蘇臺とし、その縁に同席した美人・芸妓を西施とし、美人をはじめとし、皆が酔って、詠古にひたり、杜秀芝秀才の長安の赴くのを送って作ったもの)。

杜秀才はなんと翩翩たる才人であるから、我が呉王もこれを以て、顔回の賢と同じであるといってほめそやされている。

その杜秀才がしばらくして廬江の太守にわかれをして、長安の都に出かけるというので、この後、功名のみちがひらけるというのでまことに喜ばしいことである。
丁度今、秋真っ盛りの季節、秋山は夕日を受けて、彩翆画のようで宜しい、長江を流れる水からは寒煙をむしだしていて、それは遠くまで蒼茫としている。

此の度の上京で、君はきっと崑崙山の桂の一枝のように、取りあげてもらうにちがいないが、ここが出身地であるから、雁沼に比すべき、この地臺に帰ってきて呉王の寵愛と引き立てを受けるもよかろう。

 

 

 

 

李白 訳注解説 748遊揚州江陽縣廬江一帶

 

 

748年天寶七年  戊子 玄宗

高力士為驃騎大將軍。 賜祿山鐵券。 楊釗判度支事。

貴妃姊三人皆封國夫人。哥舒翰築神威軍應龍城。吐蕃不敢近青海。

李白四十八。遊揚州江陽縣廬江一帶。

 

748-01   

  口號王美人半醉(卷二五(二)一四八五0分割

  風動荷花水殿香,姑蘇臺上見王。

西施醉舞嬌無力,笑倚東窗白玉床。

 

748-02

  王送杜秀芝舉入京(卷十八(二)一○六四)0分割

秀才何翩翩!王許回也賢。暫別廬江守,將遊京兆天。

秋山宜落日,秀木出寒煙。欲折一枝桂,還來雁沼前。

 

748-03

  送楊燕之東魯(卷十七(二)一○三七) ③分割

關西楊伯起,漢日舊稱賢。

四代三公族,清風播人天。

夫子華陰居,開門對玉蓮。

#2

何事歷衡霍,雲帆今始還。

君坐稍解顏,為我歌此篇。

我固侯門士,謬登聖主筵。

#3

一辭金華殿,蹭蹬長江邊。

二子魯門東,別來已經年。

因君此中去,不覺淚如泉。

 

748-04

  寄上王三首其一(卷十四(一)八九二)0分割

淮王愛八公,攜手綠雲中。

小子忝枝葉,亦攀丹桂叢。

謬以詞賦重,而將枚馬同。

何日背淮水?東之觀土風。

 

748-05

  寄上王三首其二(卷十四(一)八九三)

坐嘯廬江靜,閑聞進玉觴。

去時無一物,東壁挂胡床。

 

748-06

  寄上王三首其三(卷十四(一)八九四)0分割

英明廬江守,聲譽廣平籍。

灑掃黃金臺,招邀青雲客。

客曾與天通,出入清禁中。

襄王憐宋玉,願入蘭臺宮。

 

748-07

  廬江主人婦(卷二二(二)一三○六)0分割

孔雀東飛何處棲?廬江小吏仲卿妻。

為客裁縫君自見,城烏獨宿夜空啼。

 

748-08

  敘舊贈江陽宰陸調(卷十(一)六八四)(從郁賢皓《謫仙詩豪李白》

#1

太伯讓天下,仲雍揚波濤。清風蕩萬古,跡與星辰高。

食東溟,陸氏世英髦

#2

多君秉古節,岳立冠人曹。風流少年時,京洛事遊遨。

腰間延陵劍,玉帶明珠袍。我昔鬥雞徒,連延五陵豪。

#3

邀遮相組織,呵嚇來煎熬。君開萬叢人,鞍馬皆辟易。

告急清憲臺,余北門厄。

#4

間宰江陽邑,剪棘樹蘭芳。城門何肅穆!五月飛秋霜。

好鳥集珍木,高才列華堂。

#5

時從府中歸,絲管儼成行。但苦隔遠道,無由共銜觴。

江北荷花開,江南楊梅鮮。

#6

挂席候海色,乘風下長川。多酤新豐醁,滿載剡溪船。

中途不遇人,直到爾門前。大笑同一醉,取樂平生年。


 

748年 48歳  玄宗 天寶七年 -1

口號王美人半醉(卷二五(二)一四八五

全唐詩巻184-44

李白集校注卷二五(二)一四八五

李太白集巻24-57  P-684

漢文委員会紀頌之の漢詩ブログ10254

 

748-02  

  王送杜秀芝舉入京

(廬江の太守を呉王口銭に比し、酒宴を催したところを以て、姑蘇臺とし、その縁に同席した美人・芸妓を西施とし、美人をはじめとし、皆が酔って、詠古にひたり、杜秀芝秀才の長安の赴くのを送って作ったもの)。

秀才何翩翩!王許回也賢。

杜秀才はなんと翩翩たる才人であるから、我が呉王もこれを以て、顔回の賢と同じであるといってほめそやされている。

暫別廬江守,將遊京兆天。

その杜秀才がしばらくして廬江の太守にわかれをして、長安の都に出かけるというので、この後、功名のみちがひらけるというのでまことに喜ばしいことである。
秋山宜落日,秀木出寒煙。

丁度今、秋真っ盛りの季節、秋山は夕日を受けて、彩翆画のようで宜しい、長江を流れる水からは寒煙をむしだしていて、それは遠くまで蒼茫としている。
欲折一枝桂,還來雁沼前。

此の度の上京で、君はきっと崑崙山の桂の一枝のように、取りあげてもらうにちがいないが、ここが出身地であるから、雁沼に比すべき、この地臺に帰ってきて呉王の寵愛と引き立てを受けるもよかろう。

王に同じゅうし、杜秀芝の舉に京に入るを送る)

秀才 何ぞ翩翩たる!王は許す 回也の賢。

暫く廬江の守に別れ,將に京兆の天に遊ばんとす。

秋山 落日 宜しく,秀木 寒煙 出ず。

一枝の桂を折らんと欲す,還り來る雁沼の前。

 

 王送杜秀芝舉入京

  王琦按詩題當是送杜秀才赴舉入京芝字疑譌

秀才何翩翩!王許回也賢。暫別廬江守,將遊京兆天。

秋山宜落日,秀木出寒煙。欲折一枝桂,還來雁沼前。

廬江郡名卽廬州也𨽻淮南道通典雍州開元三年改為京兆府凡周秦漢晉西魏後周隋至於我

唐並為帝都。晉書郄詵曰臣舉賢良對為天下第一猶桂林之一枝崑山之片玉

西京雜記梁孝王築免園、園中有雁池池間有鶴洲鳬渚其諸觀相連延亘數十里竒果異

瑰禽怪獸畢備王與客弋釣其 

 

《同王送杜秀芝舉入京》現代語訳と訳註解説

(本文)

王送杜秀芝舉入京

秀才何翩翩!王許回也賢。暫別廬江守,將遊京兆天。

秋山宜落日,秀木出寒煙。欲折一枝桂,還來雁沼前。

 

(下し文)

王に同じゅうし、杜秀芝の舉に京に入るを送る)

秀才 何ぞ翩翩たる!王は許す 回也の賢。

暫く廬江の守に別れ,將に京兆の天に遊ばんとす。

秋山 落日 宜しく,秀木 寒煙 出ず。

一枝の桂を折らんと欲す,還り來る雁沼の前。

 

(現代語訳)

(廬江の太守を呉王口銭に比し、酒宴を催したところを以て、姑蘇臺とし、その縁に同席した美人・芸妓を西施とし、美人をはじめとし、皆が酔って、詠古にひたり、杜秀芝秀才の長安の赴くのを送って作ったもの)。

杜秀才はなんと翩翩たる才人であるから、我が呉王もこれを以て、顔回の賢と同じであるといってほめそやされている。

その杜秀才がしばらくして廬江の太守にわかれをして、長安の都に出かけるというので、この後、功名のみちがひらけるというのでまことに喜ばしいことである。
丁度今、秋真っ盛りの季節、秋山は夕日を受けて、彩翆画のようで宜しい、長江を流れる水からは寒煙をむしだしていて、それは遠くまで蒼茫としている。

此の度の上京で、君はきっと崑崙山の桂の一枝のように、取りあげてもらうにちがいないが、ここが出身地であるから、雁沼に比すべき、この地臺に帰ってきて呉王の寵愛と引き立てを受けるもよかろう。

 

(訳注)

王送杜秀芝舉入京

1.  (廬江の太守を呉王口銭に比し、酒宴を催したところを以て、姑蘇臺とし、その縁に同席した美人・芸妓を西施とし、美人をはじめとし、皆が酔って、詠古にひたり、杜秀芝秀才の長安の赴くのを送って作ったもの)。

王琦、按ずるに、「詩題、當に是れ杜秀才の舉に赴むいて京に入るを送るなるべし。芝の字は疑うらくは譌。」とある。詩中に秀才とあることから、杜秀芝という名の秀才という事。

前詩の《口號王美人半醉》の同じ酒宴でのこと、続編というべき詩である。

 

秀才何翩翩!王許回也賢。

杜秀才はなんと翩翩たる才人であるから、我が呉王もこれを以て、顔回の賢と同じであるといってほめそやされている。

2. 翩翩 ① 軽やかにひるがえるさま。ひらひら。 「浩さんの旗が…-と翻つて居るに違ない/趣味の遺伝 漱石」  かるがるしいさま。1. 軽佻2. 上っ調子. 3. 不真面目. 4. 軽佻浮薄. 5. 浮いた. 6. 浮薄

3. 回 顔回:字は十淵、魯の人、春秋戦国の世に生れ、孔子の弟子となる。貧にして唯道を樂しみ、陋巷に居り肱を曲げて眠り敢て顕達を願わずという。孔子も常にその仁を称せり、二十九歳にして頭髪皆白く、三十一歳にして死す。

 

暫別廬江守,將遊京兆天。

その杜秀才がしばらくして廬江の太守にわかれをして、長安の都に出かけるというので、この後、功名のみちがひらけるというのでまことに喜ばしいことである。

4. 廬江 廬江は郡名であり、卽ち、廬州也。淮南道に𨽻す。

5. 京兆 通典に、「雍州、開元三年、改めて京兆府と為す。凡そ周・秦・漢・晉・西魏・後周・隋より於我が唐に至るまで、並びに帝都為り。」とある。

 

秋山宜落日,秀木出寒煙。

丁度今、秋真っ盛りの季節、秋山は夕日を受けて、彩翆画のようで宜しい、長江を流れる水からは寒煙をむしだしていて、それは遠くまで蒼茫としている。

6. 寒煙 訪れる人のない古跡などに、煙やもやが寂しく立ちさまよっていること。秋から冬にかけて川の水温より気温が低下している状態の時水蒸気が湧き出でる。

 

欲折一枝桂,還來雁沼前。

此の度の上京で、君はきっと崑崙山の桂の一枝のように、取りあげてもらうにちがいないが、ここが出身地であるから、雁沼に比すべき、この地臺に帰ってきて呉王の寵愛と引き立てを受けるもよかろう。

6. 一枝桂 晉書に、「郄詵曰く、臣、賢良に舉げられ、對天下第一為り、猶お桂林の一枝、崑山の片玉のごとし」とある。

7. 雁沼 西京雜記に、「梁孝王、免園を築く、園中に雁池有り、池間に鶴洲鳬渚有り、其の諸觀相連り、延亘數十里、竒果異樹、瑰禽怪獸、畢く備わる。王と客と其中に弋釣す。」とある。