漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之のブログ 女性詩、漢詩・建安六朝・唐詩・李白詩 1000首:李白集校注に基づき時系列に訳注解説

李白の詩を紹介。青年期の放浪時代。朝廷に上がった時期。失意して、再び放浪。李白の安史の乱。再び長江を下る。そして臨終の歌。李白1000という意味は、目安として1000首以上掲載し、その後、系統別、時系列に整理するということ。 古詩、謝霊運、三曹の詩は既掲載済。女性詩。六朝詩。文選、玉臺新詠など、李白詩に影響を与えた六朝詩のおもなものは既掲載している2015.7月から李白を再掲載開始、(掲載約3~4年の予定)。作品の作時期との関係なく掲載漏れの作品も掲載するつもり。李白詩は、時期設定は大まかにとらえる必要があるので、従来の整理と異なる場合もある。現在400首以上、掲載した。今、李白詩全詩訳注掲載中。

▼絶句・律詩など短詩をだけ読んでいたのではその詩人の良さは分からないもの。▼長詩、シリーズを割席しては理解は深まらない。▼漢詩は、諸々の決まりで作られている。日本人が読む漢詩の良さはそういう決まり事ではない中国人の自然に対する、人に対する、生きていくことに対する、愛することに対する理想を述べているのをくみ取ることにあると思う。▼詩人の長詩の中にその詩人の性格、技量が表れる。▼李白詩からよこみちにそれているが、途中で孟浩然を45首程度(掲載済)、謝霊運を80首程度(掲載済み)。そして、女性古詩。六朝、有名な賦、その後、李白詩全詩訳注を約4~5年かけて掲載する予定で整理している。
その後ブログ掲載予定順は、王維、白居易、の順で掲載予定。▼このほか同時に、Ⅲ杜甫詩のブログ3年の予定http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-tohoshi/、唐宋詩人のブログ(Ⅱ李商隠、韓愈グループ。)も掲載中である。http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/,Ⅴ晩唐五代宋詞・花間集・玉臺新詠http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-godaisoui/▼また漢詩理解のためにHPもいくつかサイトがある。≪ kanbuniinkai ≫[検索]で、「漢詩・唐詩」理解を深めるものになっている。
◎漢文委員会のHP http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/profile1.html
Author:漢文委員会 紀 頌之です。
大病を患い大手術の結果、半年ぶりに復帰しました。心機一転、ブログを開始します。(11/1)
ずいぶん回復してきました。(12/10)
訪問ありがとうございます。いつもありがとうございます。
リンクはフリーです。報告、承諾は無用です。
ただ、コメント頂いたても、こちらからの返礼対応ができません。というのも、
毎日、6 BLOG,20000字以上活字にしているからです。
漢詩、唐詩は、日本の詩人に大きな影響を残しました。
だからこそ、漢詩をできるだけ正確に、出来るだけ日本人の感覚で、解釈して,紹介しています。
体の続く限り、広げ、深めていきたいと思っています。掲載文について、いまのところ、すべて自由に使ってもらって結構ですが、節度あるものにして下さい。
どうぞよろしくお願いします。

贈從弟南平太守之遙二首 #3 李白Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集350 -291

贈從弟南平太守之遙二首 #3 李白Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集350 -291

「天宝の初め、玄宗皇帝は詔を下して李白を召して、金馬門に入らしめ、ここで畏くも輦(こし)を下りて徒歩で迎へられること、かの商山の四皓を漢の高祖が 迎へた如くし、七宝の牀を以て食を賜い、御手ずから羹(あつもの)をととのえて食べさされ、宣うには『卿(おんみ)は布衣(フイ:平民)なるに、その名が朕に知れたというのは、もとより道義を蓄(たくわ)へたのでなけれ ば、どうしてここに及ぼう』と。

金鑾殿に置き、翰林官の中に入れしめ、問うに国政を以てしたまい、ひそか に詔を草せしめたまうた。」

 金鑾殿(きんらんでん)は漢代の名称で、唐代の右銀台門であらう。金鑾殿はこの門を入ったところにある御殿である。玄宗 が賢士を優遇したことは「開元天宝遺事」にも多く見えているから、李白に対して、かくの如き待遇があったといふのも、あながち誇張と見るべきではなかろうが、李白が朝廷時代のことを詩にしたのは、それで、喰うことができたからであろう。長期間無収入ではどうしようもない。詩文を金にし、酒にするには、詩中にきらめくもの雲の上の生活をにじませることにあった。詩そのものが素晴らしいうえに、天子のところで活躍された人だということで、敬われたのであろう。

 安禄山に酔う叛乱、洛陽、長安があっさり陥落し、玄宗は蜀に走ったのである。これは、李白の胸に電撃が走ったものだった。朝廷で何度も顔を合わせており、叛乱軍が王朝軍を徹底的な掃討をかけていたなら、李白も捕獲されればただでは済まないはずである。だから江南から出ようとしなかったのであろう。
miyajima 681

贈從弟南平太守之遙二首
( 太白自注:南平時因飲酒過度。貶武陵。)

其一 #1
少年不得意。 落魄無安居。
愿隨任公子。 欲釣吞舟魚。
常時飲酒逐風景。壯心遂與功名疏。
蘭生谷底人不鋤。云在高山空卷舒。
漢家天子馳駟馬。赤車蜀道迎相如。
天門九重謁聖人。龍顏一解四海春。
#2
彤庭左右呼萬歲。拜賀明主收沉淪。
翰林秉筆回英眄。麟閣崢嶸誰可見。
承恩初入銀台門。著書獨在金鑾殿。
龍駒雕鐙白玉鞍。象床綺席黃金盤。
當時笑我微賤者。卻來請謁為交歡。
#3
一朝謝病游江海。 疇昔相知几人在。
ある朝、病気を理由に職を辞して長江江南地方に游旅に出た。その頃互いに知り合った幾人かの知人がいる。
前門長揖後門關。 今日結交明日改。
朝廷に入る、翰林院に仕えるときには恭しくしたものだが官を辞してからは朝廷の門に至ることはない、今日になってその頃知り合ったものと友好を結んで明日にはこれを改めてしまうことになるのだ
愛君山岳心不移。 隨君云霧迷所為。
君は隠遁生活の山岳を愛しているが心だけでは映らない。君についていこうと思うけど雲霧の中に、あるいはその流れにどうしていいのかわからない現状なのではないか。
夢得池塘生春草。 使我長價登樓詩。
夢得るには池や堤に春の草が生えているようにあるのだ。この私をさせようとしている人生の中で最も価値があることというのは高楼登ってあたりを眺め、詩を詠うことにあるのだ
別後遙傳臨海作。 可見羊何共和之

君と別れて後は、遙か先から伝ってくる滄海に臨んだ詩を作るのである。しかし異民族の叛乱軍の輩とはこうした詩を唱和することはできないのだから。


從弟の南平の太守之遙に贈る二首#1
少年 意を得ず、魄 落く 安ぞ居む無し。
愿みて 任公子に隨う。吞みて舟に魚を釣んうと欲す。
常時 飲酒 風景 逐。壯心 與に遂う 功名疏(うと)んず。
蘭 谷底に生え 人鋤えず。云 高山に在る 空しく舒を卷く。
漢家の天子  駟馬(しば)を馳せ、赤軍もて蜀道に相如 (しょうじょ)を迎ふ。
天門 九重(きゅうちょう) 聖人に謁し、龍顔 一たび解くれば四海 春なり。
#2
彤庭(とうてい)に左右 万歳を呼ばひ、拝賀す 明主の沈淪(ち んりん)を收むるを。
翰林 筆を秉(と)って 英眄(えいべん)を回(めぐ)らし、麟閣 崢嶸(そうこう) たり誰か見るべき。
恩を承(う)けて初めて 入る銀台門、0書を著してひとり金鑾殿にあり。
寵鉤(ちょうこう) 雕鐙(ちょうとう)  白玉の鞍 賜った名馬には玉を刻んだあぶみや白玉の鞍をおかせ、象牀(ぞうしょう) 綺 席 黄金の盤
当時わが微賤なるを笑ひし者、かへって来って謁を請うて交歓をなす。
#3
一朝病を謝(つ)げて江海に遊べば、疇昔(ちゅうしゃく)の相知 幾人か在る。
前門には長揖(ちょうゆう)して後門は関 (とざ)す、 今日 交りを結んで明日は改まる。
君を愛するは山岳 心 移さず。君に隨うは云霧 為す所を迷う。
夢 池塘を得 春草生える。我 長價に使う 登樓の詩。
別後 遙に傳う 臨海と作す。 可見 羊 何ぞ 共に之を和す

鳥居(3)

#3 現代語訳と訳註
(本文) #3

一朝謝病游江海。 疇昔相知几人在。
前門長揖後門關。 今日結交明日改。
愛君山岳心不移。 隨君云霧迷所為。
夢得池塘生春草。 使我長價登樓詩。
別後遙傳臨海作。 可見羊何共和之。


(下し文) #3
一朝病を謝(つ)げて江海に遊べば、疇昔(ちゅうしゃく)の相知 幾人か在る。
前門には長揖(ちょうゆう)して後門は関 (とざ)す、 今日 交りを結んで明日は改まる。
君を愛するは山岳 心 移さず。君に隨うは云霧 為す所を迷う。
夢 池塘を得 春草生える。我 長價に使う 登樓の詩。
別後 遙に傳う 臨海と作す。 可見 羊 何ぞ 共に之を和す。


(現代語訳)
ある朝、病気を理由に職を辞して長江江南地方に游旅に出た。その頃互いに知り合った幾人かの知人がいる。
朝廷に入る、翰林院に仕えるときには恭しくしたものだが官を辞してからは朝廷の門に至ることはない、今日になってその頃知り合ったものと友好を結んで明日にはこれを改めてしまうことになるのだ
君は隠遁生活の山岳を愛しているが心だけでは映らない。君についていこうと思うけど雲霧の中に、あるいはその流れにどうしていいのかわからない現状なのではないか。
夢得るには池や堤に春の草が生えているようにあるのだ。この私をさせようとしている人生の中で最も価値があることというのは高楼登ってあたりを眺め、詩を詠うことにあるのだ。
君と別れて後は、遙か先から伝ってくる滄海に臨んだ詩を作るのである。しかし異民族の叛乱軍の輩とはこうした詩を唱和することはできないのだから。


(訳注)
一朝謝病遊江海 疇昔相知幾人在

一朝病を謝(つ)げて江海に遊べば、疇昔の相知 幾人か在る。
ある朝、病気を理由に職を辞して長江江南地方に游旅に出た。その頃互いに知り合った幾人かの知人がいる。
○疇昔 むかし。また、きのう。


前門長揖後門關 今日結交明日改
前門には長揖(ちょうゆう)して後門は関 (とざ)す、 今日 交りを結んで明日は改まる。
朝廷に入る、翰林院に仕えるときには恭しくしたものだが官を辞してからは朝廷の門に至ることはない、今日になってその頃知り合ったものと友好を結んで明日にはこれを改めてしまうことになるのだ
前門・後門 入門することと、退門すること。

侍従遊宿温泉宮作 李白129  都長安(翰林院供奉)

侍從宜春苑奉詔賦龍池柳色初青聽新鶯百囀歌李白131

玉壺吟 雑言古詩李白130

長揖 中国の礼法。両手を組み合わせて前方やや上にあげ、そのまま下におろす略式の礼。


愛君山岳心不移。 隨君云霧迷所為。
君を愛するは山岳 心 移さず。君に隨うは云霧 為す所を迷う。
君は隠遁生活の山岳を愛しているが心だけでは映らない。君についていこうと思うけど雲霧の中に、あるいはその流れにどうしていいのかわからない現状なのではないか。
愛君山岳 李白は道教に関わり合いを持ち続けた。中國の名山には必ず寺観があり、素での隠遁はしないものの名山にある道教の寺観を活用していた。どっぷり道教に使っていたわけではないが、李白詩に多大な影響を与えているのは間違いないことである。


夢得池塘生春草。 使我長價登樓詩。
夢 池塘を得 春草生える。我 長價に使う 登樓の詩。
夢得るには池や堤に春の草が生えているようにあるのだ。この私をさせようとしている人生の中で最も価値があることというのは高楼登ってあたりを眺め、詩を詠うことにあるのだ。


別後遙傳臨海作。 可見羊何共和之。
別後 遙に傳う 臨海と作す。 可見 羊 何ぞ 共に之を和す。
君と別れて後は、遙か先から伝ってくる滄海に臨んだ詩を作るのである。しかし異民族の叛乱軍の輩とはこうした詩を唱和することはできないのだから。

blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ

700Toho shi

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首



800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首 Ⅱ韓退之(韓愈)Ⅶ孟郊
各詩人についてはブログ内の検索を利用したほうが良い場合もあります。
burogutitl770

http://kanshi100x100.blog.fc2.com/

唐宋詩 
(Ⅰ李商隠Ⅱ韓退之(韓愈))
李白詩INDEX02
李商隠INDEX02
杜甫詩INDEX02

贈從弟南平太守之遙二首 #2 李白Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集350 -290

贈從弟南平太守之遙二首 #2 李白Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集350 -290


贈從弟南平太守之遙二首
( 太白自注:南平時因飲酒過度。貶武陵。)

其一 #1
少年不得意。 落魄無安居。
愿隨任公子。 欲釣吞舟魚。
常時飲酒逐風景。壯心遂與功名疏。
蘭生谷底人不鋤。云在高山空卷舒。
漢家天子馳駟馬。赤車蜀道迎相如。
天門九重謁聖人。龍顏一解四海春。
#2
彤庭左右呼萬歲。拜賀明主收沉淪。
朱漆で飾った天子の庭に左右に別れ整列し、天子の夜を「万年続く」と唱呼したものだ。そこでお目にかかっていたものが今や叛乱軍の手に落ち、落ちぶれたものとなっている。
翰林秉筆回英眄。麟閣崢嶸誰可見。
王朝の翰林院で筆を執って、詔を起草した者たちはかしこそうな目つきでながめまわしたものだ。あの麒麟閣に飾られた賢臣たちを今このように世の中が嶮しい時にあたって誰が見ることができるというのか。
承恩初入銀台門。著書獨在金鑾殿。
天子に翰林の役を仰せつかって初めて銀台門を通過でき翰林院に入れる。書をしたためるとそれを天子のいる金鑾殿に一人で持参できるのだ。
龍駒雕鐙白玉鞍。象床綺席黃金盤。
天子から賜った名馬には天子の好みの足踏み金具、細工彫の馬具、白く輝く宝飾の鞍をつけた。象牙のこしかけ、絹の敷物、黄金の皿で食事したのだ。
當時笑我微賤者。卻來請謁為交歡。

わたしが王朝に仕えていた当時、私の地位がわずかに低いからと笑いかけてきたものがいた、ところがそれが却って今たたえ合って交歓しているのである。

#3
一朝謝病游江海。 疇昔相知几人在。
前門長揖後門關。 今日結交明日改。
愛君山岳心不移。 隨君云霧迷所為。
夢得池塘生春草。 使我長價登樓詩。
別後遙傳臨海作。 可見羊何共和之。
#1
從弟の南平の太守之遙に贈る二首 其の一
少年 意を得ず、魄 落く 安ぞ居む無し。
愿みて 任公子に隨う。吞みて舟に魚を釣んうと欲す。
常時 飲酒 風景 逐。壯心 與に遂う 功名疏(うと)んず。
蘭 谷底に生え 人鋤えず。云 高山に在る 空しく舒を卷く。
漢家の天子  駟馬(しば)を馳せ、赤軍もて蜀道に相如 (しょうじょ)を迎ふ。
天門 九重(きゅうちょう) 聖人に謁し、龍顔 一たび解くれば四海 春なり。
#2
彤庭(とうてい)に左右 万歳を呼ばひ、拝賀す 明主の沈淪(ち んりん)を收むるを。
翰林 筆を秉(と)って 英眄(えいべん)を回(めぐ)らし、麟閣 崢嶸(そうこう) たり誰か見るべき。
恩を承(う)けて初めて 入る銀台門、0書を著してひとり金鑾殿にあり。
寵鉤(ちょうこう) 雕鐙(ちょうとう)  白玉の鞍 賜った名馬には玉を刻んだあぶみや白玉の鞍をおかせ、象牀(ぞうしょう) 綺 席 黄金の盤
当時わが微賤なるを笑ひし者、かへって来って謁を請うて交歓をなす。

#3
一朝病を謝(つ)げて江海に遊べば、疇昔(ちゅうしゃく)の相知 幾人か在る。
前門には長揖(ちょうゆう)して後門は関 (とざ)す、 今日 交りを結んで明日は改まる。
君を愛するは山岳 心 移さず。君に隨うは云霧 為す所を迷う。
夢 池塘を得 春草生える。我 長價に使う 登樓の詩。
別後 遙に傳う 臨海と作す。 可見 羊 何ぞ 共に之を和す。



#2 現代語訳と訳註
(本文) #2

彤庭左右呼萬歲。拜賀明主收沉淪。
翰林秉筆回英眄。麟閣崢嶸誰可見。
承恩初入銀台門。著書獨在金鑾殿。
龍駒雕鐙白玉鞍。象床綺席黃金盤。
當時笑我微賤者。卻來請謁為交歡。


(下し文)
彤庭(とうてい)に左右 万歳を呼ばひ、拝賀す 明主の沈淪(ち んりん)を收むるを。
翰林 筆を秉(と)って 英眄(えいべん)を回(めぐ)らし、麟閣 崢嶸(そうこう) たり誰か見るべき。
恩を承(う)けて初めて 入る銀台門、0書を著してひとり金鑾殿にあり。
寵鉤(ちょうこう) 雕鐙(ちょうとう)  白玉の鞍 賜った名馬には玉を刻んだあぶみや白玉の鞍をおかせ、象牀(ぞうしょう) 綺 席 黄金の盤
当時わが微賤なるを笑ひし者、かへって来って謁を請うて交歓をなす。


(現代語訳)
朱漆で飾った天子の庭に左右に別れ整列し、天子の夜を「万年続く」と唱呼したものだ。そこでお目にかかっていたものが今や叛乱軍の手に落ち、落ちぶれたものとなっている。
王朝の翰林院で筆を執って、詔を起草した者たちはかしこそうな目つきでながめまわしたものだ。あの麒麟閣に飾られた賢臣たちを今このように世の中が嶮しい時にあたって誰が見ることができるというのか。
天子から賜った名馬には天子の好みの足踏み金具、細工彫の馬具、白く輝く宝飾の鞍をつけた。象牙のこしかけ、絹の敷物、黄金の皿で食事したのだ。
わたしが王朝に仕えていた当時、私の地位がわずかに低いからと笑いかけてきたものがいた、ところがそれが却って今たたえ合って交歓しているのである。


(訳注)
彤庭左右呼萬歳、拜賀明主收沈淪。
彤庭(とうてい)に左右 万歳を呼ばひ、拝賀す 明主の沈淪(ち んりん)を收むるを。
朱漆で飾った天子の庭に左右に別れ整列し、天子の夜を「万年続く」と唱呼したものだ。そこでお目にかかっていたものが今や叛乱軍の手に落ち、落ちぶれたものとなっている。
彤庭 (とうてい)朱漆で飾った天子の庭。天子の宮殿の正殿の正面階段から続く庭は朱漆で赤く塗られている。かいだんは「丹陛」という。李商隠『有感二首其 二』「丹陛猶敷奏、彤庭歘戦争。」とある。○萬歳 万年。○明主 あなた様。天子様。○沈淪 (ちんりん)しずみおちぶれた賢人。


翰林秉筆囘英眄 麟閣崢嶸誰可見
翰林 筆を秉(と)って 英眄(えいべん)を回(めぐ)らし、麟閣 崢嶸(そうこう) たり誰か見るべき。
王朝の翰林院で筆を執って、詔を起草した者たちはかしこそうな目つきでながめまわしたものだ。あの麒麟閣に飾られた賢臣たちを今このように世の中が嶮しい時にあたって誰が見ることができるというのか。
翰林 李白がいた翰林院のこと。唐の玄宗が738年(開元26年)に設けた翰林学士院がその起源で、唐中期以降、主に詔書の起草に当たった役所のことをいう。○英眄 (えいべん) かしこそうな目つきでながめまわすこと。○麟閣 麒麟閣。漢代、長安の宮中にあった高殿。武帝が麒麟を献上されたとき築いたといわれる。宣帝のとき、11人の功臣の肖像などが飾られた。○崢嶸   山や谷のけわしさ。  人生のけわしさ。


承恩初入銀臺門 著書獨在金鑾殿
恩を承(う)けて初めて 入る銀台門、書を著してひとり金鑾殿にあり。
天子に翰林の役を仰せつかって初めて銀台門を通過でき翰林院に入れる。書をしたためるとそれを天子のいる金鑾殿に一人で持参できるのだ。


龍鉤雕鐙白玉鞍 象牀綺席黄金盤
寵鉤(ちょうこう)雕鐙(ちょうとう) 白玉の鞍、象牀(ぞうしょう) 綺 席 黄金の盤
天子から賜った名馬には天子の好みの足踏み金具、細工彫の馬具、白く輝く宝飾の鞍をつけた。象牙のこしかけ、絹の敷物、黄金の皿で食事したのだ。
寵鉤(ちょうこう) 天子の好みの足踏み金具。○雕鐙(ちょうとう) 細工彫の馬具。○白玉鞍 白く輝く宝飾の鞍。○象牀 (ぞうしょう) 象牙のこしかけ ○綺 席 絹の敷物。○黄金盤 黄金の皿で食事する。


當時笑我微賤者 却來請謁爲交歡
当時わが微賤なるを笑ひし者、かへって来って謁を請うて交歓をなす。
わたしが王朝に仕えていた当時、私の地位がわずかに低いからと笑いかけてきたものがいた、ところがそれが却って今たたえ合って交歓しているのである。

blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ

700Toho shi

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首



800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首 Ⅱ韓退之(韓愈)Ⅶ孟郊
各詩人についてはブログ内の検索を利用したほうが良い場合もあります。
burogutitl770

http://kanshi100x100.blog.fc2.com/

贈從弟南平太守之遙二首 #1 李白Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集350 -289

贈從弟南平太守之遙二首 #1 李白Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集350 -289


贈從弟南平太守之遙二首
( 太白自注:南平時因飲酒過度。貶武陵。)

其一 #1
少年不得意。 落魄無安居。
成年は意識を得ない、落ちぶれた魂は安らかに落ち着くとこもない。
愿隨任公子。 欲釣吞舟魚。
したがって私は、謹んで、会稽山の釣り人任公子に従っていく、酒を飲んで船に乗って魚を釣り上げようと思う。
常時飲酒逐風景。壯心遂與功名疏。
いつもながら、酒を飲んで風流に景色を追うのである、意気盛んな心はともに追い求めこの名をはせて流されるのである。
蘭生谷底人不鋤。云在高山空卷舒。
蘭の花が谷の底の方に生えていると人は鋤とることはできない、雲が高い山にかかって、むなしく巻いたりのばしたりして広がっているのだ。
漢家天子馳駟馬。赤車蜀道迎相如。
唐王朝の天子は4頭立ての馬車で夜明けに出発した、南方を守る軍隊は蜀へ通じる道に司馬相如の様な賢臣がお迎えをしている。
天門九重謁聖人。龍顏一解四海春。

天へと続く門は九つの門で守られ聖天子に拝謁できるのである、本来の天子のお顔をひとたび拝見したならその放たれる佳気で世界は春を迎えた気分になるものである。
#2
彤庭左右呼萬歲。拜賀明主收沉淪。
翰林秉筆回英眄。麟閣崢嶸誰可見。
承恩初入銀台門。著書獨在金鑾殿。
龍駒雕鐙白玉鞍。象床綺席黃金盤。
當時笑我微賤者。卻來請謁為交歡。
#3
一朝謝病游江海。 疇昔相知几人在。
前門長揖後門關。 今日結交明日改。
愛君山岳心不移。 隨君云霧迷所為。
夢得池塘生春草。 使我長價登樓詩。
別後遙傳臨海作。 可見羊何共和之。
#1
從弟の南平の太守之遙に贈る二首 其の一
少年 意を得ず、魄 落く 安ぞ居む無し。
愿みて 任公子に隨う。吞みて舟に魚を釣んうと欲す。
常時 飲酒 風景 逐。壯心 與に遂う 功名疏(うと)んず。
蘭 谷底に生え 人鋤えず。云 高山に在る 空しく舒を卷く。
漢家の天子  駟馬(しば)を馳せ、赤軍もて蜀道に相如 (しょうじょ)を迎ふ。
天門 九重(きゅうちょう) 聖人に謁し、龍顔 一たび解くれば四海 春なり。

#2
彤庭(とうてい)に左右 万歳を呼ばひ、拝賀す 明主の沈淪(ち んりん)を收むるを。
翰林 筆を秉(と)って 英眄(えいべん)を回(めぐ)らし、麟閣 崢嶸(そうこう) たり誰か見るべき。
恩を承(う)けて初めて 入る銀台門、0書を著してひとり金鑾殿にあり。
寵鉤(ちょうこう) 雕鐙(ちょうとう)  白玉の鞍 賜った名馬には玉を刻んだあぶみや白玉の鞍をおかせ、象牀(ぞうしょう) 綺 席 黄金の盤
当時わが微賤なるを笑ひし者、かへって来って謁を請うて交歓をなす。
#3
一朝病を謝(つ)げて江海に遊べば、疇昔(ちゅうしゃく)の相知 幾人か在る。
前門には長揖(ちょうゆう)して後門は関 (とざ)す、 今日 交りを結んで明日は改まる。
君を愛するは山岳 心 移さず。君に隨うは云霧 為す所を迷う。
夢 池塘を得 春草生える。我 長價に使う 登樓の詩。
別後 遙に傳う 臨海と作す。 可見 羊 何ぞ 共に之を和す。

miyajima596

#4

其二
東平與南平。 今古兩步兵。
素心愛美酒。 不是顧專城。
謫官桃源去。 尋花几處行。
秦人如舊識。 出戶笑相迎。

東平と南平。 今は古(いにしえ) 兩の步兵。
素心 美酒を愛し。 是 專城を顧ず。
謫官 桃源を去り。花を尋ねて 几そ處行す。
秦人 舊きを識るが如し。 出戶 笑って相い迎う。


贈從弟南平太守之遙二首 其一 現代語訳と訳註
(本文)#1
少年不得意。 落魄無安居。
愿隨任公子。 欲釣吞舟魚。
常時飲酒逐風景。壯心遂與功名疏。
蘭生谷底人不鋤。云在高山空卷舒。
漢家天子馳駟馬。赤車蜀道迎相如。
天門九重謁聖人。龍顏一解四海春。


(下し文)
少年 意を得ず、魄 落く 安ぞ居む無し。
愿みて 任公子に隨う。吞みて舟に魚を釣んうと欲す。
常時 飲酒 風景 逐。壯心 與に遂う 功名疏(うと)んず。
蘭 谷底に生え 人鋤えず。云 高山に在る 空しく舒を卷く。
漢家の天子  駟馬(しば)を馳せ、赤軍もて蜀道に相如 (しょうじょ)を迎ふ。
天門 九重(きゅうちょう) 聖人に謁し、龍顔 一たび解くれば四海 春なり。

(現代語訳)
成年は意識を得ない、落ちぶれた魂は安らかに落ち着くとこもない。
したがって私は、謹んで、会稽山の釣り人任公子に従っていく、酒を飲んで船に乗って魚を釣り上げようと思う。
いつもながら、酒を飲んで風流に景色を追うのである、意気盛んな心はともに追い求めこの名をはせて流されるのである。
蘭の花が谷の底の方に生えていると人は鋤とることはできない、雲が高い山にかかって、むなしく巻いたりのばしたりして広がっているのだ。
唐王朝の天子は4頭立ての馬車で夜明けに出発した、南方を守る軍隊は蜀へ通じる道に司馬相如の様な賢臣がお迎えをしている。
天へと続く門は九つの門で守られ聖天子に拝謁できるのである、本来の天子のお顔をひとたび拝見したならその放たれる佳気で世界は春を迎えた気分になるものである。


(訳注) 其一 #1
少年不得意、落魄無安居。

少年 意を得ず、魄 落く 安ぞ居む無し。
成年は意識を得ない、落ちぶれた魂は安らかに落ち着くとこもない。
 1 人の肉体に宿り、活力を生み出すもの。たましい。「気魄・魂魄」 2 月のかげの部分。「生魄」 3 落ちぶれる。「落魄」 .


愿隨任公子。 欲釣吞舟魚。
愿(つつし)みて 任公子に隨う。吞みて舟に魚を釣んうと欲す。
したがって私は、謹んで、会稽山の釣り人任公子に従っていく、酒を飲んで船に乗って魚を釣り上げようと思う。
 つつしむ。誠実である。○任公子 子明は会稽山の山頂から沖に届くくらいの竿を作り、餌も去勢牛五十頭ほど用意し、一年かけて釣り上げた。それを村人に食べ物を配った。『荘子』任公子にある。


常時飲酒逐風景。壯心遂與功名疏。
常時 飲酒 風景 逐。壯心 與に遂う 功名疏(うと)んず。
いつもながら、酒を飲んで風流に景色を追うのである、意気盛んな心はともに追い求めこの名をはせて流されるのである。
壯心 雄々しき心。意気盛んな心。


蘭生谷底人不鋤。云在高山空卷舒。
蘭 谷底に生え 人鋤えず。云 高山に在る 空しく舒を卷く。
蘭の花が谷の底の方に生えていると人は鋤とることはできない、雲が高い山にかかって、むなしく巻いたりのばしたりして広がっているのだ。
○卷舒 巻いたりのばしたりすること。広げることとしまうこと。


漢家天子馳駟馬、赤軍蜀道迎相如。
(漢家の天子  駟馬(しば)を馳せ、赤軍もて蜀道に相如 (しょうじょ)を迎ふ。)
唐王朝の天子は4頭立ての馬車で夜明けに出発した、南方を守る軍隊は蜀へ通じる道に司馬相如の様な賢臣がお迎えをしている。
○天子 玄宗のことをたとえる。○駟馬 四頭立ての馬車。○赤軍 南方へ向かう軍隊。○相如 蜀出身の詩人司馬相如。李白のこと。


天門九重謁聖人、龍顏一解四海春。
天門 九重(キュウチョウ) 聖人に謁し、龍顔 一たび解くれば四海 春なり。
天へと続く門は九つの門で守られ聖天子に拝謁できるのである、本来の天子のお顔をひとたび拝見したならその放たれる佳気で世界は春を迎えた気分になるものである。
龍顏 龍の顔というのは想像上の動物であるが、同時に仙界と王朝を示すものであり、皇帝の顔を示す。○九重 天子の門は九。○聖人 聖天子 

blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ

700Toho shi

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首



800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首 Ⅱ韓退之(韓愈)Ⅶ孟郊
各詩人についてはブログ内の検索を利用したほうが良い場合もあります。
burogutitl770

http://kanshi100x100.blog.fc2.com/

唐宋詩 
(Ⅰ李商隠Ⅱ韓退之(韓愈))
李白詩INDEX02
李商隠INDEX02
杜甫詩INDEX02

贈韋侍御黄裳 李白Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集350 -267

贈韋侍御黄裳 李白Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集350 -267

頌春00

贈韋侍御黄裳
韋黄裳侍御に贈る
太華生長松,亭亭凌霜雪。
五岳の一、華山には高い老松が生えている。男として高く聳(そび)え立って、霜や雪をしのいで強いものである。
天與百尺高,豈爲微飆折。
天により百尺もの高さを与えられたが。 どうして微風で折れるというものであるものか。
桃李賣陽艷,路人行且迷。
私とあなたの元には徳を慕て人が自然と集まって来るのであり、女はモモやスモモは、艶やかであることを売り物にする。道行く人々というものはしばしば迷うものである。 
春光掃地盡,碧葉成黄泥。
万物が芽吹き育つ春の日ざしの気節というものは、いつかは地を払ってすっかりなくなるのだ。美しくみずみずしい緑色の葉であったものも、やがて落ちて大地の黄色い泥、人も塵泥となるものなのだ。 
願君學長松,慎勿作桃李。
お願いしたい、あなたは高い松の木が大きくなるまでにどれほどの時間を経ているかということを学んでほしい。どうか本来のモモやスモモであってほしいが、表面の美しさだけを追い求めるということだけは慎んでほしい。
受屈不改心,然後知君子。
屈辱を受け、無実の罪を冤(こうむ)ることがあったのですが心を変えることなかった。そういう試煉を経てみると、君子というものの値打ちが分かるのだ。

韋侍御黄裳に贈る       

太華に 長松 生じ,亭亭として 霜雪を 凌(しの)ぐ。
天  百尺(ひゃくせき)の高さを 與ふるも,豈(あ)に  微飆(びべう)の爲に 折れんや。
桃李 陽艷を 賣り,路人 行きて且(まさ)に 迷はんとす。
春光 地を 掃(は)き 盡(つ)くさば,碧葉  黄泥と成る。
願はくは 君 長松に學びて,慎(つつし)みて 桃李と作(な)る勿(なか)れ。
屈を 受くれども 心を 改めず,然(しか)る後に 君子なるを知る。


rika03


贈韋侍御黄裳 現代語訳と訳註
(本文)
贈韋侍御黄裳
太華生長松,亭亭凌霜雪。
天與百尺高,豈爲微飆折。
桃李賣陽艷,路人行且迷。
春光掃地盡,碧葉成黄泥。
願君學長松,慎勿作桃李。
受屈不改心,然後知君子。


(下し文) 韋侍御黄裳に贈る       
太華に  長松 生じ,亭亭として  霜雪を 凌(しの)ぐ。
天  百尺(ひゃくせき)の高さを 與ふるも,豈(あ)に  微飆(びべう)の爲に 折れんや。
桃李  陽艷を 賣り,路人  行きて 且(まさ)に 迷はんとす。
春光  地を 掃(は)き 盡(つ)くさば,碧葉  黄泥と 成る。
願はくは 君  長松に學びて,慎(つつし)みて  桃李と 作(な)る勿(なか)れ。
屈を 受くれども  心を 改めず,然(しか)る後に  君子なるを知る。


(現代語訳)
韋黄裳侍御に贈る
五岳の一、華山には高い老松が生えている。男として高く聳(そび)え立って、霜や雪をしのいで強いものである。
天により百尺もの高さを与えられたが。 どうして微風で折れるというものであるものか。
私とあなたの元には徳を慕て人が自然と集まって来るのであり、女はモモやスモモは、艶やかであることを売り物にする。道行く人々というものはしばしば迷うものである。 
万物が芽吹き育つ春の日ざしの気節というものは、いつかは地を払ってすっかりなくなるのだ。美しくみずみずしい緑色の葉であったものも、やがて落ちて大地の黄色い泥、人も塵泥となるものなのだ。 
お願いしたい、あなたは高い松の木が大きくなるまでにどれほどの時間を経ているかということを学んでほしい。どうか本来のモモやスモモであってほしいが、表面の美しさだけを追い求めるということだけは慎んでほしい。
屈辱を受け、無実の罪を冤(こうむ)ることがあったのですが心を変えることなかった。そういう試煉を経てみると、君子というものの値打ちが分かるのだ。


(訳注)
贈韋侍御黄裳

韋黄裳侍御に贈る
韋侍御黄裳 韋は姓、侍御は官職、黄裳は名。 ○侍御:天子の側に仕える官。○この作品は、韋黄裳が昇州刺史から蘇州刺史・浙西節度使となって行く時に、李白が贈ったもので、韋黄裳は落ち込んでいたのを、激励したものである。


太華生長松、亭亭凌霜雪。
五岳の一、華山には高い老松が生えている。男として高く聳(そび)え立って、霜や雪をしのいで強いものである。
太華 華山。五岳の一。陝西省華県の西、渭南県の東、長安と洛陽の間に聳(そび)える高峰。大華山。西岳。 ○ 生(は)えている。 ○長松 老松。大きくなった松。贈る韋黄裳を男性の象徴としての意味をもつ者。○亭亭 高く聳(そび)え立つさま。また、遠く遥かなさま。ここでは、前者の意。 ○ おしのける。しのぐ。 ○霜雪 霜と雪。霜や雪。厳しく困難な環境の譬喩。


天與百尺高、豈爲微飆折。
天により百尺もの高さを与えられたが。 どうして微風で折れるというものであるものか。
 天(が)。造物主(が)。神(が)。生まれながら(に)。 ○与える。 ○百尺 とても高い表現。25~30メートル程の高さ。○豈爲 どうして…のこととなろうか。 ○微飆 微風。


桃李賣陽艷、路人行且迷。
私とあなたの元には徳を慕て人が自然と集まって来るのであり、女はモモやスモモは、艶やかであることを売り物にする。道行く人々というものはしばしば迷うものである。 
桃李 モモとスモモ。モモやスモモ。「桃李不言、下自成渓。」(桃李言わざれども下自ずから蹊を成す』
桃や李(すもも)は何も言わないが、花の美しさに惹かれて多くの人が集まってくるから、木の下には自然と道ができる。徳望のある人のところには、自(みずか)ら求めなくても、その徳を慕て人が自然と集まって来ることの喩え。と同時に女性の象徴としての意味もかけている。 ○ 宣伝する。売り物にする。ひけらかす。得意になる。 ・陽艷 うわべが艶(あで)やかである。派手やかである。○路人 道行く人。往来する人。行人。赤の他人。 ○しようとする。まさに…んとす。同時進行を表す。かつ。短時間を表す。しばし。ここでは、最前者の意。 


春光掃地盡、碧葉成黄泥。
万物が芽吹き育つ春の日ざしの気節というものは、いつかは地を払ってすっかりなくなるのだ。美しくみずみずしい緑色の葉であったものも、やがて落ちて大地の黄色い泥、人も塵泥となるものなのだ。 
春光 万物が芽吹き育つ春の日ざし。春の風光。暖かい春の景色。 ○掃地 すっかりなくなる。地を払う。○ しつくす。すっかり。○碧葉 緑色の(美しくみずみずしい)葉。 ○ …となる。ここでは、葉が散って、腐葉土となること。 ○黄泥 大地の黄色い泥。人も塵と化すことを示す。


願君學長松、慎勿作桃李。
お願いしたい、あなたは高い松の木が大きくなるまでにどれほどの時間を経ているかということを学んでほしい。どうか本来のモモやスモモであってほしいが、表面の美しさだけを追い求めるということだけは慎んでほしい。
願君 あなたにお願いするが、(あなたは)…。○慎勿 どうか…しないようにしていただきたい。慎んで……なかれ。 ○(…と)なる。 ○桃李 ここでは、陽艷で浮華の物として使われている。


受屈不改心、然後知君子。
屈辱を受け、無実の罪を冤(こうむ)ることがあったのですが心を変えることなかった。そういう試煉を経てみると、君子というものの値打ちが分かるのだ。
受屈 いじめられる。虐待を受ける。屈辱を受ける。無実の罪を冤(こうむ)る。 ○不改心 心を変えない。「受屈不改心,然後知君子」前出『論語』子罕篇の「歳寒,然後知松柏之後凋也」。 ○然後 そうした後。 ○君子 立派な人士。自分が仕えたいと願える人物。 



blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ


700Toho shi

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首


800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首



burogutitl770

http://kanshi100x100.blog.fc2.com/

   唐宋詩 
  (Ⅰ李商隠Ⅱ韓退之(韓愈))
李白詩INDEX02
李商隠INDEX02
杜甫詩INDEX02

贈汪倫  李白 115

贈汪倫  李白115

贈汪倫
李白乗舟將欲行、忽聞岸上踏歌聲。
李白が舟に乗って出発しょうとした時、ふと聞えてきた岸の上の歌ごえ。
見れば汪倫が村人たちと手をつなぎ、足ぶみしながら歌をうたって見送ってくれている。

桃花潭水深千尺、不及汪倫送我情

いま舟がゆく桃花澤のふちの水は、深さが千尺。その深さも、荘倫がわたしを見おくってくれる情の深さにはとても及ばない。

李白が舟に乗って出発しょうとした時、ふと聞えてきた岸の上の歌ごえ。
見れば汪倫が村人たちと手をつなぎ、足ぶみしながら歌をうたって見送ってくれている。
いま舟がゆく桃花澤のふちの水は、深さが千尺。その深さも、荘倫がわたしを見おくってくれる情の深さにはとても及ばない。


汪倫に贈る
李白舟に乗って 将に行かんと欲す、忽ち聞く 岸上踏歌の声。
桃花潭水 深さ千尺、及ばず汪倫が我を送る情に。


贈汪倫

○汪倫 李白が安徽省㷀涇県の南西にある桃花潭というところに遊んだとき、附近の村に汪倫という男がいた。いつもうまい酒をつくっては李白を招待した。李白はこの地を去るに臨んで、見送りに来た汪倫に感謝して、この詩を贈った。宋蜀本の題した注に「倫の裔孫、今に至るもその詩を宝とす。」とある。


李白乗舟將欲行、忽聞岸上踏歌聲。

李白が舟に乗って出発しょうとした時、ふと聞えてきた岸の上の歌ごえ。
見れば汪倫が村人たちと手をつなぎ、足ぶみしながら歌をうたって見送ってくれている。

踏歌 手をつなぎあい足でリズムをとって歩きながらうたう歌。


桃花潭水深千尺、不及汪倫送我情。
いま舟がゆく桃花澤のふちの水は、深さが千尺。その深さも、荘倫がわたしを見おくってくれる情の深さにはとても及ばない。
桃花潭 現在安徽省涇県の桃花潭という  潭(ふち)の名の名所。

贈銭徴君少陽 李白114

贈銭徴君少陽 李白114
古風 其二十三 に「夜夜當秉燭」とあった。
「秉燭唯須飲」(燭を秉って唯須らく飲べし。) 
李白の竹渓の六逸であった友の呉筠も銭少陽と前後して朝廷に上がっている。資料にあるわけではないが銭少陽も李白の仕官に手助けをしたかもしれない。明るい性格の李白らしい相手の気持ちをよく汲んだ贈る言葉である。

贈銭徴君少陽
白玉一盃酒、緑楊三月時。
白い玉の杯にいっぱいの酒。線したたる柳のうつくしい三月の季節。
春風餘幾日、兩鬢各成絲。
春風がふく日は、もうあと幾日のこっているだろうか。左右のビンの毛は、糸のように衰えてしまった
秉燭唯須飲、投竿也未遲。
ともし火をかかげて、ただ飲むにかぎる。しかし、これから竿を投げすてて太公望のように活躍するのも、まだまだ、おそくはない。
如逢渭川獵、猶可帝王師。
もしも、渭川で猟をした文王のような人にあえるならば、やはり、帝王の軍師となれることであろう。

白い玉の杯にいっぱいの酒。線したたる柳のうつくしい三月の季節。
春風がふく日は、もうあと幾日のこっているだろうか。左右のビンの毛は、糸のように衰えてしまった
ともし火をかかげて、ただ飲むにかぎる。しかし、これから竿を投げすてて太公望のように活躍するのも、まだまだ、おそくはない。
もしも、渭川で猟をした文王のような人にあえるならば、やはり、帝王の軍師となれることであろう。

(下し文)

白玉 一盃の酒、緑楊 三月の時。
春風 幾日をか余す、兩鬢(りょうびん) 各々 絲を成す
燭を秉(と)って唯須らく飲むべし、竿を投ずること 也(ま)た 未だ遅から じ
如(も)し 渭川の獵に逢わば、猶 帝王の師たるべし。


贈銭徴君少陽
せんちょう くんしょう ようにおくる。
銭徴君少陽 銭少陽という人のくわしい事跡は、わからない。徴君というのは、天子の特別の命令で朝廷に召
された人。

白玉一盃酒、緑楊三月時。
白い玉の杯にいっぱいの酒。綠したたる柳のうつくしい三月の季節。

春風餘幾日、兩鬢各成絲。
春風がふく日は、もうあと幾日のこっているだろうか。左右のビンの毛は、糸のように衰えてしまった

秉燭唯須飲、投竿也未遲
ともし火をかかげて、ただ飲むにかぎる。しかし、これから竿を投げすてて太公望のように活躍するのも、まだまだ、おそくはない。
○秉燭 古詩に「昼は短かく、夜の長きを苦しむ。何ぞ燭を秉って遊ばざる」とある。ともし火を手にとる。○投竿 釣竿を投げすてて漁師の境涯を去る。以下、太公望の故事をふまえる。

如逢渭川獵、猶可帝王師。
もしも、渭川で猟をした文王のような人にあえるならば、やはり、帝王の軍師となれることであろう。
渭川獵 渭川獵、黄河の支流で、長安の北を流れる川。周の文王は、渭水の北に猟をしたとき、そこで釣をしていた呂尚にめぐりあい、かねがね望んでいた人物なので太公望と名づけ、連れて帰って軍師として尊んだ。太公望は、この時すでに八十歳の老人であったが、この詩の銭少陽もまた、八十何歳になっていたので、太公望になぞらえたということである。

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
livedoor 天気
プロフィール

紀 頌之

Twitter プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ