漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之のブログ 女性詩、漢詩・建安六朝・唐詩・李白詩 1000首:李白集校注に基づき時系列に訳注解説

李白の詩を紹介。青年期の放浪時代。朝廷に上がった時期。失意して、再び放浪。李白の安史の乱。再び長江を下る。そして臨終の歌。李白1000という意味は、目安として1000首以上掲載し、その後、系統別、時系列に整理するということ。 古詩、謝霊運、三曹の詩は既掲載済。女性詩。六朝詩。文選、玉臺新詠など、李白詩に影響を与えた六朝詩のおもなものは既掲載している2015.7月から李白を再掲載開始、(掲載約3~4年の予定)。作品の作時期との関係なく掲載漏れの作品も掲載するつもり。李白詩は、時期設定は大まかにとらえる必要があるので、従来の整理と異なる場合もある。現在400首以上、掲載した。今、李白詩全詩訳注掲載中。

李白詩全集 卷十四

▼絶句・律詩など短詩をだけ読んでいたのではその詩人の良さは分からないもの。▼長詩、シリーズを割席しては理解は深まらない。▼漢詩は、諸々の決まりで作られている。日本人が読む漢詩の良さはそういう決まり事ではない中国人の自然に対する、人に対する、生きていくことに対する、愛することに対する理想を述べているのをくみ取ることにあると思う。▼詩人の長詩の中にその詩人の性格、技量が表れる。▼李白詩からよこみちにそれているが、途中で孟浩然を45首程度(掲載済)、謝霊運を80首程度(掲載済み)。そして、女性古詩。六朝、有名な賦、その後、李白詩全詩訳注を約4~5年かけて掲載する予定で整理している。
その後ブログ掲載予定順は、王維、白居易、の順で掲載予定。▼このほか同時に、Ⅲ杜甫詩のブログ3年の予定http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-tohoshi/、唐宋詩人のブログ(Ⅱ李商隠、韓愈グループ。)も掲載中である。http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/,Ⅴ晩唐五代宋詞・花間集・玉臺新詠http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-godaisoui/▼また漢詩理解のためにHPもいくつかサイトがある。≪ kanbuniinkai ≫[検索]で、「漢詩・唐詩」理解を深めるものになっている。
◎漢文委員会のHP http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/profile1.html
Author:漢文委員会 紀 頌之です。
大病を患い大手術の結果、半年ぶりに復帰しました。心機一転、ブログを開始します。(11/1)
ずいぶん回復してきました。(12/10)
訪問ありがとうございます。いつもありがとうございます。
リンクはフリーです。報告、承諾は無用です。
ただ、コメント頂いたても、こちらからの返礼対応ができません。というのも、
毎日、6 BLOG,20000字以上活字にしているからです。
漢詩、唐詩は、日本の詩人に大きな影響を残しました。
だからこそ、漢詩をできるだけ正確に、出来るだけ日本人の感覚で、解釈して,紹介しています。
体の続く限り、広げ、深めていきたいと思っています。掲載文について、いまのところ、すべて自由に使ってもらって結構ですが、節度あるものにして下さい。
どうぞよろしくお願いします。

743年(62)李太白集巻十四34-《贈別王山人歸布山》(王子析道論,) 381-#2Index-23Ⅲ-2-743年天寶二年43歳 94首-(62) Ⅰ李白詩1736 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7220

李白  贈別王山人歸布山#2

我心亦懷歸,屢夢松上月。傲然遂獨往,長嘯開巖扉。

林壑久已蕪,石道生薔薇。願言弄笙鶴,晚來相依
われも、客土に飄零すること既に久しく、って、歸るを懐うて、夢に故山の松に懸れる月の景色見るほどである。君は、傲然 一人行きて長嘯し、旧居の巌扉を開いて、その中に住まわれるであろう。しかし、久しい間、誰も居なかったところであるから、林壑も荒れはてているだろうし、石のかどが出た細い道に、野ばらが生い茂っていて、往来するにも難しい状態であろう。だから、君はここに在って、笙の笛を吹いて白鶴を伴って、心長閑に浮世の事を忘れて居れば善いのではないか、われも、晩年に成ったらば、世事を謝して、そこへいって、君と一所に住むことにいたそうと思っているところなのである。

743年(62)李太白集巻十四34-贈別王山人歸布山(王子析道論,) 381-#2Index-23-2-743年天寶二年43歳 94-62) Ⅰ李白詩1736 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7220

 

 
  2016年1月22日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
743年(62)李太白集巻十四34-《贈別王山人歸布山》(王子析道論,) 381-#2Index-23Ⅲ-2-743年天寶二年43歳 94首-(62) Ⅰ李白詩1736 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7220  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorBlog
韓愈128 巻01-13 南山詩  #2(4~6) 806年貞元22年 39歳-(1)  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7221  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 767年-16 #1杜甫 《19-18 又上後園山腳》#1 杜甫詩index-15-1115 <1565> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7222   
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog 李太白集  331《太白巻二25 上雲樂》 李白 kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 7228 (01/22)  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 巻八40 思越人二首 其一 12孫光憲 (改訂版Ver.2.1) 《花間集》392巻八40 全詩訳注解説-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7224  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

 

年:743年天寶二年43歳 94-62

卷別:    卷一七四              文體:    五言古詩

詩題:    贈別王山人歸布山

作地點:              目前尚無資料

及地點:              桂平 (嶺南道東部 潯州 桂平) 別名:布山      

交遊人物/地點:王山人      當地交遊

 

 

贈別王山人歸布山 #1

(王山人が奥山に帰る時、別に際して贈った)

王子析道論,微言破秋毫。

王山人が宇宙の本体たる道を解析して論ずるを聞けば、いかにも微妙で、極めて細かいところまで行き亙り、さすがに、その修養の深いことが分かる。

還歸布山隱,興入天雲高。

君は、今、ここより還って、山奥に隠遁することとし、歸興は、高く天上の雲に入るばかりである。

爾去安可遲,瑤草恐衰歇。

汝、去ること、決して遅かる、べからす、今しも秋で、瑤草は衰歇せんとして居る。

#2

我心亦懷歸,屢夢松上月。

われも、客土に飄零すること既に久しく、って、歸るを懐うて、夢に故山の松に懸れる月の景色見るほどである。

傲然遂獨往,長嘯開巖扉。

君は、傲然 一人行きて長嘯し、旧居の巌扉を開いて、その中に住まわれるであろう。

林壑久已蕪,石道生薔薇。

しかし、久しい間、誰も居なかったところであるから、林壑も荒れはてているだろうし、石のかどが出た細い道に、野ばらが生い茂っていて、往来するにも難しい状態であろう。

願言弄笙鶴,晚來相依。

だから、君はここに在って、笙の笛を吹いて白鶴を伴って、心長閑に浮世の事を忘れて居れば善いのではないか、われも、晩年に成ったらば、世事を謝して、そこへいって、君と一所に住むことにいたそうと思っているところなのである。

(王山人の布山に歸るに贈別す) #1

王子 道論を析し,微言 秋毫を破る。

還た歸って 布山に隱れ,興は天雲に入って高し。

爾 去る 安んぞ遲かる可けんや,瑤草 衰歇を恐る。

#2

我が心 亦た歸るを懷い,屢ば松上の月を夢む。

傲然として遂に獨往,長嘯して 開巖扉をく。

林壑 久しく已に蕪し,石道 薔薇を生ず。

願わくば言【ここ】に笙鶴を弄せよ,晚 來って相い依らん。

 

西嶽華山00 

『贈別王山人歸布山』現代語訳と訳註解説
(
本文)

#2

我心亦懷歸,屢夢松上月。

傲然遂獨往,長嘯開巖扉。

林壑久已蕪,石道生薔薇。

願言弄笙鶴,晚來相依

(下し文)
#2

我が心 亦た歸るを懷い,屢ば松上の月を夢む。

傲然として遂に獨往,長嘯して 開巖扉をく。

林壑 久しく已に蕪し,石道 薔薇を生ず。

願わくば言【ここ】に笙鶴を弄せよ,晚 來って相い依らん

(現代語訳)
#2

われも、客土に飄零すること既に久しく、って、歸るを懐うて、夢に故山の松に懸れる月の景色見るほどである。

君は、傲然 一人行きて長嘯し、旧居の巌扉を開いて、その中に住まわれるであろう。

しかし、久しい間、誰も居なかったところであるから、林壑も荒れはてているだろうし、石のかどが出た細い道に、野ばらが生い茂っていて、往来するにも難しい状態であろう。

だから、君はここに在って、笙の笛を吹いて白鶴を伴って、心長閑に浮世の事を忘れて居れば善いのではないか、われも、晩年に成ったらば、世事を謝して、そこへいって、君と一所に住むことにいたそうと思っているところなのである。


(訳注) #2

贈別王山人歸布山 #2

(王山人が奥山に帰る時、別に際して贈った)

この詩は、王山人が奥山に帰る時、別に際して贈ったのである。しかし、気配を消す道士であるため王山人の閲歴等はわからない。

 

我心亦懷歸,屢夢松上月。

われも、客土に飄零すること既に久しく、って、歸るを懐うて、夢に故山の松に懸れる月の景色見るほどである。

6 松上月 岩場に生える松の上にかかる月。心静かな夜の表現。

 

傲然遂獨往,長嘯開巖扉。

君は、傲然 一人行きて長嘯し、旧居の巌扉を開いて、その中に住まわれるであろう。

7 傲然 おごり高ぶって尊大に振る舞うさま。

 

林壑久已蕪,石道生薔薇。

しかし、久しい間、誰も居なかったところであるから、林壑も荒れはてているだろうし、石のかどが出た細い道に、野ばらが生い茂っていて、往来するにも難しい状態であろう。

8 林壑 山林幽深の地方。

文選.謝靈運《石壁精舍還湖中作詩》(石壁精舎より湖中に還りて作る)

昏旦變氣候。山水含清暉。清暉能人。遊子憺忘歸。

出谷日尚早。入舟陽已微。林壑斂暝色。雲霞收夕霏。

昏旦【こんたん】に気候【きこう】変じ、山水 清暉【せいき】を。清暉 能く人を娯【たのし】ませ、游子【ゆうし】憺【やす】みて帰るを忘れる。

谷を出でて日尚はやく、舟に入りて陽已に微なり。林壑【りんがく】瞑色【めいしょく】を斂【おさ】め、雲霞 夕霏【せきひ】を収む。」

南の山の石壁精舍から北山の住まいへ帰る巫湖の中に船から見ての作詩。

午前中とくらべ夕がたになると気候が変わりってきた、(わたしの勉学修行に満足感があり)山も水も清々しい光を含んでいるようだ。

その清らかな光彩は人をこころから楽しませることができ、旅ゆく人の心を和ませてたのしむため帰ることをわすれるのである。

石壁精舎のある谷を出るときは日はまだ高かったが、船に乗るころには太陽はもう暗く微かになっていた。

林や谷、山影に夕暮れの色が深くこめてきている、空は雲や夕霞に夕映えがはえていて、やまかげには夕靄がすっかり治まってしまっている。

石壁精舎還湖中作 謝霊運(康楽) 詩<42#1>Ⅱ李白に影響を与えた詩422 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1083

 

願言弄笙鶴,晚來相依。

だから、君はここに在って、笙の笛を吹いて白鶴を伴って、心長閑に浮世の事を忘れて居れば善いのではないか、われも、晩年に成ったらば、世事を謝して、そこへいって、君と一所に住むことにいたそうと思っているところなのである。

9 笙鶴 白鶴に乗って昇天した王子喬のことをいう。王山人を王子喬に比している。漢劉向《列仙傳》載「周靈王太子晉( 王子喬),好吹笙,作鳳鳴,游伊洛間,道士浮丘公接上嵩山, 三十餘年後乘白鶴駐緱氏山頂,舉手謝時人仙去。後以“笙鶴”指仙人乘騎之仙鶴。」(周靈王の太子晉を 王子喬という, 好く笙を吹き,鳳鳴を作す,伊洛の間に游び, 道士 浮丘公 接して嵩山に上る, 三十餘年後 白鶴に乘って緱氏山【こうしざん】頂に駐る,手を舉げて謝し時に人 仙去す。 後 以て“笙鶴”は仙人 乘騎の仙鶴を指す。)

鶴に乗って昇天したといわれる神仙で、周の霊王(在位前572~前545)の38人の子の一人である太子晋のこと。王喬ともいう。

 伝説によると、王子喬は若くから才能豊かで、笙の笛を吹いては鳳凰が鳴くような音を出すことができた。伊水と洛水あたり(河南省洛陽南部)を巡り歩いていたとき、道士の浮丘公に誘われ中岳嵩山に入り、帰らなくなった。それから30年以上後、友人の桓良が山上で王子喬を探していると、ふいに本人が現れ、「7月7日に緱氏山【こうしざん】の頂上で待つように家族に伝えてくれ」といった。

 その日、家族がいわれたとおり山に登ると、王子喬が白鶴に乗って山上に舞い降りた。だが、山が険しく家族は近づくことができなかった。と、王子喬は手を上げて家族に挨拶し、数日後白鶴に乗って飛び去ったという。

 そこで、人々は緱氏山の麓や嵩山の山頂に祠を建てて、王子喬を祀ったといわれている。
華山蓮花峰00 

743年(62)李太白集巻十四34-《贈別王山人歸布山》(王子析道論,) 381Index-23Ⅲ-2-743年天寶二年43歳 94首-(62) Ⅰ李白詩1734 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7210

李白  贈別王山人歸布山 #1

王子析道論,微言破秋毫。還歸布山隱,興入天雲高。

爾去安可遲,瑤草恐衰歇。
(王山人が奥山に帰る時、別に際して贈った)

王山人が宇宙の本体たる道を解析して論ずるを聞けば、いかにも微妙で、極めて細かいところまで行き亙り、さすがに、その修養の深いことが分かる。君は、今、ここより還って、山奥に隠遁することとし、歸興は、高く天上の雲に入るばかりである。汝、去ること、決して遅かる、べからす、今しも秋で、瑤草は衰歇せんとして居る。

743年(62)李太白集巻十四34-贈別王山人歸布山(王子析道論,) 381Index-23-2-743年天寶二年43歳 94-62) Ⅰ李白詩1734 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7210

 

 
  2016年1月21日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
743年(62)李太白集巻十四34-《贈別王山人歸布山》(王子析道論,) 381Index-23Ⅲ-2-743年天寶二年43歳 94首-(62) Ⅰ李白詩1734 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7210  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorBlog
韓愈128 巻01-13 南山詩  #1(1~3) 806年貞元22年 39歳-(1)  漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ7216  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 767年-15 #3杜甫 《18-69 晚登瀼上堂》#3 杜甫詩index-15-1114 <1564> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7217   
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 巻八39 謁金門一首 12孫光憲 (改訂版Ver.2.1) 《花間集》391巻八39 全詩訳注解説-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7219  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

 

年:743年天寶二年43歳 94-62

卷別:    卷一七四              文體:    五言古詩

詩題:    贈別王山人歸布山

作地點:              目前尚無資料

及地點:              桂平 (嶺南道東部 潯州 桂平) 別名:布山      

交遊人物/地點:王山人      當地交遊

 

 

贈別王山人歸布山 #1

(王山人が奥山に帰る時、別に際して贈った)

王子析道論,微言破秋毫。

王山人が宇宙の本体たる道を解析して論ずるを聞けば、いかにも微妙で、極めて細かいところまで行き亙り、さすがに、その修養の深いことが分かる。

還歸布山隱,興入天雲高。

君は、今、ここより還って、山奥に隠遁することとし、歸興は、高く天上の雲に入るばかりである。

爾去安可遲,瑤草恐衰歇。

汝、去ること、決して遅かる、べからす、今しも秋で、瑤草は衰歇せんとして居る。

 

我心亦懷歸,屢夢松上月。

傲然遂獨往,長嘯開巖扉。

林壑久已蕪,石道生薔薇。

願言弄笙鶴,晚來相依。

 

 

(王山人の布山に歸るに贈別す) #1

王子 道論を析し,微言 秋毫を破る。

還た歸って 布山に隱れ,興は天雲に入って高し。

爾 去る 安んぞ遲かる可けんや,瑤草 衰歇を恐る。

#2

我が心 亦た歸るを懷い,屢ば松上の月を夢む。

傲然として遂に獨往,長嘯して 開巖扉をく。

林壑 久しく已に蕪し,石道 薔薇を生ず。

願わくば言【ここ】に笙鶴を弄せよ,晚 來って相い依らん。

 

京兆地域図002洛陽 函谷関 嵩山005 

『贈別王山人歸布山』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

贈別王山人歸布山 #1

王子析道論,微言破秋毫。

還歸布山隱,興入天雲高。

爾去安可遲,瑤草恐衰歇。

(下し文)
(王山人の山に布し歸るに贈別す) #1

王子 道論を析し,微言 秋毫を破る。

還た歸って 布山に隱れ,興は天雲に入って高し。

爾 去る 安んぞ遲かる可けんや,瑤草 衰歇を恐る。


(現代語訳)
贈別王山人歸布山 #1(王山人が奥山に帰る時、別に際して贈った)

王山人が宇宙の本体たる道を解析して論ずるを聞けば、いかにも微妙で、極めて細かいところまで行き亙り、さすがに、その修養の深いことが分かる。

君は、今、ここより還って、山奥に隠遁することとし、歸興は、高く天上の雲に入るばかりである。

汝、去ること、決して遅かる、べからす、今しも秋で、瑤草は衰歇せんとして居る。


(訳注)

贈別王山人歸布山 #1

(王山人が奥山に帰る時、別に際して贈った)

この詩は、王山人が奥山に帰る時、別に際して贈ったのである。しかし、気配を消す道士であるため王山人の閲歴等はわからない。

1 布山 山奥に隠遁する。布はゆきわたることをいう。《漢書地理志下》「鬱林郡、縣十二、布山。」廣西省布山縣。というのがあるが、嵩山、王屋山をめぐる隠遁する山奥の場所と考えることが良いであろう。

 

王子析道論,微言破秋毫。

王山人が宇宙の本体たる道を解析して論ずるを聞けば、いかにも微妙で、極めて細かいところまで行き亙り、さすがに、その修養の深いことが分かる。

2 析:析,分也,解也。,即ち道家の經論を解析する。

3 微言(1) 凝縮された言葉,深い意味を込めた短い言葉.(2) 内緒話,はっきり口にせぬ言葉.精妙の。劉歆《移太常博士》夫子没而微言」(夫子没して微言。)

4 秋毫 :精微の理を謂う。微妙な言辞がきわめてこまかいところまでいきわたることをいう。《三国志·魏·管輅》裴松注:“《》曰:何尚書神明精微,言皆巧妙,巧妙之至,殆破秋毫。”(何尚書、神明精微,言皆巧妙,巧妙の至,殆んど秋毫を破る。)とあり、孫綽の太尉庚亮碑「微言散秋毫玄風暢徳音」(微言、秋毫に散じ、玄風、徳音に暢ぶ)

 

還歸布山隱,興入天雲高。

君は、今、ここより還って、山奥に隠遁することとし、歸興は、高く天上の雲に入るばかりである。

 

爾去安可遲,瑤草恐衰歇。

汝、去ること、決して遅かる、べからす、今しも秋で、瑤草は衰歇せんとして居る。

5 瑤草 :伝説中の仙草,靈芝等のこと。能く百病を治し或いは生をする食にする。漢東方朔《与友人書》:“相期拾瑶草,吞日月之光,共輕耳。”亦泛指珍之草。(相期には瑶草を拾い,日月の光華を,共に輕く擧ぐるのみ”亦異の泛指

李白309-#2 《巻十四31南陵別兒童入京》#2Index-22 Ⅲ―1 742年天寶元年42歳 18首 <李白309-#2> Ⅰ李白詩1613 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6613

李白  南陵別兒童入京#2   

萬乘苦不早,著鞭跨馬涉遠道。會稽愚婦輕買臣,余亦辭家西入秦。

仰天大笑出門去,我輩豈是蓬蒿人。

そもそも、万乗の天子に「遊説」として自分の意見を申しあげ、三寸の舌をもって卿相の位をとるは、早いのが良いので、それがためには、鞭をもち馬にまたがって遠い道を旅路をこえてゆかねばならない。漢のむかし、「会稽の愚婦」といわれる嫁は朱買臣をばかにして、離婚を求めたが、朱買臣は、そののち、大層出世したという故事がある、わたしもまた、この家をあとにして西の方、長安の都に向かおうとし、将来の成功を予期している。だから、此処から、胸を張って大笑して門を出てゆこうとしているし、元来、吾輩は天縦の才略を抱いているもので、とてもじゃないが、雑草の中に埋もれてしまうような人物ではないし、今次の都へ向う旅については、栄達の日を指折り数えて待っておいてほしいと思っておるのである。
李白309-#2 《巻十四31南陵別兒童入京》#2Index-22 Ⅲ―1 742年天寶元年42 18首 <李白309-#2> Ⅰ李白詩1613 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6613

 

 
  2015年9月15日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
李白309-#2 《巻十四31南陵別兒童入京》#2Index-22 Ⅲ―1 742年天寶元年42歳 18首 <李白309-#2> Ⅰ李白詩1613 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6613  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
韓愈88-#12 §3-1 (改訂)巻一26 赴江陵途中寄贈王二十補闕、李十一拾遺李二十六員外翰林三學士 韓愈(韓退之) 805年貞元21年 38歳<1526> Ⅱ#12 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6614  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 766年-124杜甫 《巻1736詠懷古跡,五首之三【案:吳若本作〈詠懷〉一章、〈古跡〉四首。】》 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-124 <987> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6615  
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 10和凝 (改)《巻六18菩薩蠻一首》『花間集』269全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6617  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

***********************************************************

 「児童に別れて」とある、「児童」は詩中に「児女」とあり、李白と道教(3 李白47 寄東魯二稚子」詩に、嬌女は平陽と字し、花を折って桃辺に侍り小児は伯禽と名づけ、姉と亦た肩を同じくすとある平陽と伯禽のことであろう。この二人と別れて都に入るときの詩であるが、むろん道士呉筠の推薦と、玉真公主の希望によってである。時は天宝元年八七讐)、李白四十二歳である。

 旅に出ていて、入京の吉報を得て、「ちょうど濁酒が熟するころ、わが山中の住みかに帰ってきた」。酒好きの李白にとってはまずは酒である。「黍を十分ついばんでいた黄鶏は、この秋に今や肥えて食べごろ。下男を呼んで鶏を煮させて肴にしつつ濁酒を飲んで、「一杯機嫌で都入。」の自慢話をすると、子供たちは歌って大喜び、お父さんよかったねと、父の着物を引っ張る」。「人がわ衣を牽く」は、子供心の嬉しさと、多少父をからかうような気持ちでもある。その様子が目に浮かぶような表現でうまい。

 高らかに歌を歌う、酔いたいだけ酔って自分を慰めている。起ち上り舞い、沈む夕日の方向に光と未来の輝きがを争っている。元来、落日の光は、どちらかというと、喜びを予想しない、不安を予期することが多い題材であるが、巧みな表現力で寂勢と希望をよく連なって詠っている。また、道教思想の西の仙女の国と西方の長安を意識させるものであって、喜びと対比させることは珍しい使い方である。


 読書が好きで、柴を負いながら書物を読む。妻はその姿のみすぼらしいのを見て、離縁を申し出る。朱買臣は、五十歳になると、地位も高く金持ちになる。今は四十歳であるから、しばらく待てという。妻は、あなたみたいな人は、どぶで餓死するであろうといって、家を出てゆく。数年後、朱買臣は、長安に行って富貴の身となった」とある。この故事をふまえて、「自分も先買臣と同じように家を出て長安の都に入ることになった。おそらく朱買臣と同じように出世するであろう」。

 「会稽の愚婦」は、ここでは、自分の妻に戯れて、「おまえも自分をいつも出世しないと馬鹿にしていたが、今度はいよいよ長安に出て出世するぞ」といった椰稔の意があるであろう。郭沫若は、『李白と杜甫』において、これは妻を愚かなる婦とののしったものであり、この「愚婦」とは、魂頴の『李翰林集』序にいう劉氏のことであるとする。李白は三度妻を要るが、二番めが劉氏である。郭氏の説には従いがたいが、参考までに挙げておく。さて、李白は「誇らしげに天を仰いで、大笑して、わが家の門を出てゆく」。「仰天大笑」は、このときの李白の喜びにあふれる気持ちを平易な表現でよく表現している。そして、最後に、李白の自信に満ちた気持ちを、「わが輩は野に埋もれる人ではない」と強くいっている。「蓬蒿」は、ともによもぎといわれ、雑草の類。野原に生えることから、田舎の意味に使われる。「蓬嵩人」という使い方は李白がはじめてであろう。


寄東魯二稚子 在金陵作
地桑葉綠。 蠶已三眠。
我家寄東魯。 誰種龜陰田。
春事已不及。 江行復茫然。』
南風吹歸心。 飛墮酒樓前。
樓東一株桃。 枝葉拂青煙。
此樹我所種。 別來向三年。
桃今與樓齊。 我行尚未旋。』
嬌女字平陽。 折花倚桃邊。
折花不見我。 淚下如流泉。』
小兒名伯禽。 與姊亦齊肩。
雙行桃樹下。 撫背復誰憐。』
念此失次第。 肝腸日憂煎。
裂素寫遠意。 因之汶陽川。』

呉地桑葉緑に、呉蚕すでに三眠。
わが家 東魯に寄す、誰か種()うる亀陰の田。
春事すでに及ばん、江行また茫然。』
南風 帰心を吹き、飛び 墮()つ 酒楼の前。
楼東 一株の桃、枝葉 青煙を払う。
この樹はわが種うるところ、別れてこのかた三年ならん。
桃はいま楼と斉(ひと)しきに、わが行ないまだ旋(かへ)らず。』
嬌女 字 (あざな)は平陽、花を折り 桃辺に倚() る。
花 折りつつ 我を見ず、涙下ること流泉のごとし。』
小児名は伯禽、姐(あね)とまた肩を斉ひとしく。
ならび行く桃樹の下、背を撫してまた誰か憐れまん。』
これを念うて 次第を失し、肝腸 日(ひび) 憂いに煎る。
(しろぎぬ)を裂いて 遠意を写し、これを汶陽川にたくす。』 

 

***********************************************************

 

 

年:742年天寶元年42 18

卷別:    卷一七四              文體:    七言古詩

詩題:    南陵別兒童入京

作地點:              瑕丘(河南道 / 兗州 / 瑕丘)

及地點:              南陵 (河南道 兗州 曲阜) 別名:陵城村         

長安 (京畿道 京兆府 長安) 別名:京、京師、中京、京城、上都、京畿、西都    

會稽 (江南東道 越州 會稽) 別名:山陰       

 

 

南陵別兒童入京

(玄宗に召されて長安に向かおうとするまえに、南陵にて兒童に別れ京に入る。)
白酒新熟山中歸,黃雞啄黍秋正肥。

山中にあるわが家に帰ってみれば、新しく濁酒が出来上ったころであり、いま秋たけなわであり、黄色い鶏は収穫後のキビ落のち穂をよく食べたとみえてよく肥えている。
呼童烹雞酌白酒,兒女嬉笑牽人衣。

そこで子供を呼んで、鶏を料理させ、それをつつきながら濁酒を飲むと、男の子も女の子も、よろこび、笑いながらわたしの着物にひっぱっていつまでも此処にいてという。高歌取醉欲自慰,起舞落日爭光輝。

こうして酔うて高らかに歌を歌って自らを慰めようとし、酔いたいだけ酔う、それから起ち上り、舞い、沈む夕日の方向に光と未来の輝きがを争うようである。
#2

萬乘苦不早,著鞭跨馬涉遠道。

そもそも、万乗の天子に「遊説」として自分の意見を申しあげ、三寸の舌をもって卿相の位をとるは、早いのが良いので、それがためには、鞭をもち馬にまたがって遠い道を旅路をこえてゆかねばならない。
會稽愚婦輕買臣,余亦辭家西入秦。

漢のむかし、「会稽の愚婦」といわれる嫁は朱買臣をばかにして、離婚を求めたが、朱買臣は、そののち、大層出世したという故事がある、わたしもまた、この家をあとにして西の方、長安の都に向かおうとし、将来の成功を予期している。
仰天大笑出門去,我輩豈是蓬蒿人。

だから、此処から、胸を張って大笑して門を出てゆこうとしているし、元来、吾輩は天縦の才略を抱いているもので、とてもじゃないが、雑草の中に埋もれてしまうような人物ではないし、今次の都へ向う旅については、栄達の日を指折り数えて待っておいてほしいと思っておるのである。

 

(南陵にて兒童に別れ京に入る。)
白酒 新たに熟して山中に帰り、黄鶏 黍(を啄んで 秋 正に肥ゆ。
童を呼び鶏を烹て白酒を酌み、児女歌笑して人の衣を牽く。

高歌 酔を取って自ら慰めんと欲し、起って舞えば 落日光輝を争う。
#2

万乗に遊説す 早からざりしに苦しみ、鞭を著け馬に跨って遠道を渉る。

会稽の愚婦 買臣を軽んじ、余も亦 家を辞して西のかた秦に入る。
天を仰ぎ大笑して門を出で去り、我輩 豈に是れ蓬蒿の人。

 

唐時代 地図615 長江下流域 

『南陵別兒童入京』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

#2

萬乘苦不早,著鞭跨馬涉遠道。

會稽愚婦輕買臣,余亦辭家西入秦。

仰天大笑出門去,我輩豈是蓬蒿人。

(下し文)
#2

万乗に遊説す 早からざりしに苦しみ、鞭を著け馬に跨って遠道を渉る。

会稽の愚婦 買臣を軽んじ、余も亦 家を辞して西のかた秦に入る。

天を仰ぎ大笑して門を出で去り、我輩 豈に是れ蓬蒿の人。

(現代語訳)
#2

そもそも、万乗の天子に「遊説」として自分の意見を申しあげ、三寸の舌をもって卿相の位をとるは、早いのが良いので、それがためには、鞭をもち馬にまたがって遠い道を旅路をこえてゆかねばならない。
漢のむかし、「会稽の愚婦」といわれる嫁は朱買臣をばかにして、離婚を求めたが、朱買臣は、そののち、大層出世したという故事がある、わたしもまた、この家をあとにして西の方、長安の都に向かおうとし、将来の成功を予期している。

だから、此処から、胸を張って大笑して門を出てゆこうとしているし、元来、吾輩は天縦の才略を抱いているもので、とてもじゃないが、雑草の中に埋もれてしまうような人物ではないし、今次の都へ向う旅については、栄達の日を指折り数えて待っておいてほしいと思っておるのである。
李白の足跡003
(訳注) #2

南陵別兒童入京
(玄宗に召されて長安に向かおうとするまえに、南陵にて兒童に別れ京に入る。)
南陵 安徽省宜城県の西にあり、李白は玄宗に召されて長安へ上京した際、ここで妻子と別れたらしい。この詩の児童というのは、李白47「東魯の二稚子」と同じであるかどうか、わからない。

 

萬乘苦不早。 著鞭跨馬涉遠道。
そもそも、万乗の天子に「遊説」として自分の意見を申しあげ、三寸の舌をもって卿相の位をとるは、早いのが良いので、それがためには、鞭をもち馬にまたがって遠い道を旅路をこえてゆかねばならない。
遊説 春秋戦国時代に、ある種の人びとは各国を奔走して、国王や貴族の面前で自己の政治主張をのべ、採用されることを求めた。これを遊説といった。

万乗 皇帝のこと。古代の制度によると、皇帝は、一万の兵車を有していた。


會稽愚婦輕買臣。 余亦辭家西入秦。
漢のむかし、「会稽の愚婦」といわれる嫁は朱買臣をばかにして、離婚を求めたが、朱買臣は、そののち、大層出世したという故事がある、わたしもまた、この家をあとにして西の方、長安の都に向かおうとし、将来の成功を予期している。
会稽愚婦軽買臣 《漢書、朱買臣傳》「朱買臣字翁子,人也。家貧,好讀書,不治業,常艾薪樵,賣以給食,擔束薪,行且誦書。其妻亦負戴相隨,數止買臣毋歌嘔道中。買臣愈益疾歌,妻羞之,求去。買臣笑曰:「我年五十當富貴,今已四十餘矣。女苦日久,待我富貴報女功。」妻恚怒曰:「如公等,終餓死溝中耳,何能富貴!」買臣不能留,即聽去。其後,買臣獨行歌道中,負薪墓間。故妻與夫傢俱上塚,見買臣饑寒,呼飯飲之。」朱買臣は漢の会稽郡呉(いまの江蘇省呉県)の人。豪が貧乏で、柴を売って生活をしのいでいたが、読書好きで、柴を背負って歩きながら道道、書物を朗読した。同じく柴を背負っていっしょに歩いていた妻が、かっこうが悪いのでそれを止めると、買臣はますます大声をはりあげてやる。妻はそれを恥じ離縁を申し出た。買臣は笑って言った。「わたしは五十歳になれば必ず金持になり身分も高くなるだろう。今すでに四十余り、おまえにも長い間苦労さしたが、わたしがいい身分になっておまえの功にむくいるまで待ちなさい」妻は怒って言った。「あなたみたいな人は、しまいにドブの中で餓死するだけですよ。何でいい御身分になんかなれるものですか」買臣の留めるのもきかず、妻は去って行
った。数年後、買臣は長安に行き富貴の身になったという。吉川幸次郎「漢の武帝」岩波新書参照。しかし、朱買臣はのちのち何度も官をやめさされ、最後には武帝の命で殺された(「漢書」巻64)し、蘇秦も六国の宰相を兼ねた得意の時は実に短かいものだったのである。李白はなぜこの故事を使ったのか、まさかの都故事通り、みにふりかかるとは思っていないから、愚妻といって冗談を言ったと思われる。

 長安のこと。


大笑出門去。 我輩豈是蓬蒿人。
だから、此処から、胸を張って大笑して門を出てゆこうとしているし、元来、吾輩は天縦の才略を抱いているもので、とてもじゃないが、雑草の中に埋もれてしまうような人物ではないし、今次の都へ向う旅については、栄達の日を指折り数えて待っておいてほしいと思っておるのである。
蓬嵩 よもぎ。雑草のこと。蓬嵩の人とは、野に埋もれて一生を終る人のこと。

李白309-#1 《巻十四32南陵別兒童入京》-#1Index-22 Ⅲ―1 742年天寶元年42歳 18首 <李白309> Ⅰ李白詩1612 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6608

李白  南陵別兒童入京 -#1

白酒新熟山中歸,黃雞啄黍秋正肥。

呼童烹雞酌白酒,兒女嬉笑牽人衣。

高歌取醉欲自慰,起舞落日爭光輝。
(玄宗に召されて長安に向かおうとするまえに、南陵にて兒童に別れ京に入る。)
山中にあるわが家に帰ってみれば、新しく濁酒が出来上ったころであり、いま秋たけなわであり、黄色い鶏は収穫後のキビ落のち穂をよく食べたとみえてよく肥えている。
そこで子供を呼んで、鶏を料理させ、それをつつきながら濁酒を飲むと、男の子も女の子も、よろこび、笑いながらわたしの着物にひっぱっていつまでも此処にいてという。こうして酔うて高らかに歌を歌って自らを慰めようとし、酔いたいだけ酔う、それから起ち上り、舞い、沈む夕日の方向に光と未来の輝きがを争うようである。

李白309-#1 《巻十四32南陵別兒童入京》-#1Index-22 Ⅲ―1 742年天寶元年42 18首 <李白309> Ⅰ李白詩1612 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6608

 

 
  2015年9月14日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
李白309-#1 《巻十四32南陵別兒童入京》-#1Index-22 Ⅲ―1 742年天寶元年42歳 18首 <李白309> Ⅰ李白詩1612 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6608  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
韓愈88-#11 §2-4 (改訂)巻一26 赴江陵途中寄贈王二十補闕、李十一拾遺李二十六員外翰林三學士 韓愈(韓退之) 805年貞元21年 38歳<1525> Ⅱ#11 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6609  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 766年-123杜甫 《巻1735詠懷古跡,五首之二【案:吳若本作〈詠懷〉一章、〈古跡〉四首。】》 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-123 <986> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6610  
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 10和凝 (改)《巻六17臨江仙二首其二》『花間集』268全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6612  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

 

年:742年天寶元年42 18

卷別:    卷一七四              文體:    七言古詩

詩題:    南陵別兒童入京

作地點:              瑕丘(河南道 / 兗州 / 瑕丘)

及地點:              南陵 (河南道 兗州 曲阜) 別名:陵城村         

長安 (京畿道 京兆府 長安) 別名:京、京師、中京、京城、上都、京畿、西都    

會稽 (江南東道 越州 會稽) 別名:山陰       

 

 

南陵別兒童入京

(玄宗に召されて長安に向かおうとするまえに、南陵にて兒童に別れ京に入る。)
白酒新熟山中歸,黃雞啄黍秋正肥。

山中にあるわが家に帰ってみれば、新しく濁酒が出来上ったころであり、いま秋たけなわであり、黄色い鶏は収穫後のキビ落のち穂をよく食べたとみえてよく肥えている。
呼童烹雞酌白酒,兒女嬉笑牽人衣。

そこで子供を呼んで、鶏を料理させ、それをつつきながら濁酒を飲むと、男の子も女の子も、よろこび、笑いながらわたしの着物にひっぱっていつまでも此処にいてという。高歌取醉欲自慰,起舞落日爭光輝。

こうして酔うて高らかに歌を歌って自らを慰めようとし、酔いたいだけ酔う、それから起ち上り、舞い、沈む夕日の方向に光と未来の輝きがを争うようである。
#2

萬乘苦不早,著鞭跨馬涉遠道。

會稽愚婦輕買臣,余亦辭家西入秦。

仰天大笑出門去,我輩豈是蓬蒿人。

 

 

(南陵にて兒童に別れ京に入る。)
白酒 新たに熟して山中に帰り、黄鶏 黍(を啄んで 秋 正に肥ゆ。
童を呼び鶏を烹て白酒を酌み、児女歌笑して人の衣を牽く。

高歌 酔を取って自ら慰めんと欲し、起って舞えば 落日光輝を争う。
#2

万乗に遊説す 早からざりしに苦しみ、鞭を著け馬に跨って遠道を渉る。

会稽の愚婦 買臣を軽んじ、余も亦 家を辞して西のかた秦に入る。
天を仰ぎ大笑して門を出で去り、我輩 豈に是れ蓬蒿の人。

 

 

『南陵別兒童入京』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

南陵別兒童入京

白酒新熟山中歸,黃雞啄黍秋正肥。

呼童烹雞酌白酒,兒女嬉笑牽人衣。

高歌取醉欲自慰,起舞落日爭光輝。

(下し文)
(南陵にて兒童に別れ京に入る。)

白酒 新たに熟して山中に帰り、黄鶏 黍(を啄んで 秋 正に肥ゆ。

童を呼び鶏を烹て白酒を酌み、児女歌笑して人の衣を牽く。

高歌 酔を取って自ら慰めんと欲し、起って舞えば 落日光輝を争う。

(現代語訳)
(玄宗に召されて長安に向かおうとするまえに、南陵にて兒童に別れ京に入る。)
山中にあるわが家に帰ってみれば、新しく濁酒が出来上ったころであり、いま秋たけなわであり、黄色い鶏は収穫後のキビ落のち穂をよく食べたとみえてよく肥えている。
そこで子供を呼んで、鶏を料理させ、それをつつきながら濁酒を飲むと、男の子も女の子も、よろこび、笑いながらわたしの着物にひっぱっていつまでも此処にいてという。こうして酔うて高らかに歌を歌って自らを慰めようとし、酔いたいだけ酔う、それから起ち上り、舞い、沈む夕日の方向に光と未来の輝きがを争うようである。


(訳注)

南陵別兒童入京
(玄宗に召されて長安に向かおうとするまえに、南陵にて兒童に別れ京に入る。)
南陵 安徽省宜城県の西にあり、李白は玄宗に召されて長安へ上京した際、ここで妻子と別れたらしい。この詩の児童というのは、李白47「東魯の二稚子」と同じであるかどうか、わからない。


白酒新熟山中歸。 黃雞啄黍秋正肥。
山中にあるわが家に帰ってみれば、新しく濁酒が出来上ったころであり、いま秋たけなわであり、黄色い鶏は収穫後のキビ落のち穂をよく食べたとみえてよく肥えている。
白酒 どぶろく。


呼童烹雞酌白酒。 兒女嬉笑牽人衣。
そこで子供を呼んで、鶏を料理させ、それをつつきながら濁酒を飲むと、男の子も女の子も、よろこび、笑いながらわたしの着物にひっぱっていつまでも此処にいてという。
児女 男の子と女の子


高歌取醉欲自慰。 起舞落日爭光輝。
こうして酔うて高らかに歌を歌って自らを慰めようとし、酔いたいだけ酔う、それから起ち上り、舞い、沈む夕日の方向に光と未来の輝きがを争うようである。
高歌 高らかに歌を歌う 

自慰 酒を飲み酔うことにより自分で自分を慰める。

落日 沈む夕日の方向 

爭光輝 光と未来の輝きがを争う

 

 

 

 「児童に別れて」とある、「児童」は詩中に「児女」とあり、李白と道教(3 李白47 寄東魯二稚子」詩に、嬌女は平陽と字し、花を折って桃辺に侍り小児は伯禽と名づけ、姉と亦た肩を同じくすとある平陽と伯禽のことであろう。この二人と別れて都に入るときの詩であるが、むろん道士呉筠の推薦と、玉真公主の希望によってである。時は天宝元年八七讐)、李白四十二歳である。

 旅に出ていて、入京の吉報を得て、「ちょうど濁酒が熟するころ、わが山中の住みかに帰ってきた」。酒好きの李白にとってはまずは酒である。「黍を十分ついばんでいた黄鶏は、この秋に今や肥えて食べごろ。下男を呼んで鶏を煮させて肴にしつつ濁酒を飲んで、「一杯機嫌で都入。」の自慢話をすると、子供たちは歌って大喜び、お父さんよかったねと、父の着物を引っ張る」。「人がわ衣を牽く」は、子供心の嬉しさと、多少父をからかうような気持ちでもある。その様子が目に浮かぶような表現でうまい。

 高らかに歌を歌う、酔いたいだけ酔って自分を慰めている。起ち上り舞い、沈む夕日の方向に光と未来の輝きがを争っている。元来、落日の光は、どちらかというと、喜びを予想しない、不安を予期することが多い題材であるが、巧みな表現力で寂勢と希望をよく連なって詠っている。また、道教思想の西の仙女の国と西方の長安を意識させるものであって、喜びと対比させることは珍しい使い方である。


 読書が好きで、柴を負いながら書物を読む。妻はその姿のみすぼらしいのを見て、離縁を申し出る。朱買臣は、五十歳になると、地位も高く金持ちになる。今は四十歳であるから、しばらく待てという。妻は、あなたみたいな人は、どぶで餓死するであろうといって、家を出てゆく。数年後、朱買臣は、長安に行って富貴の身となった」とある。この故事をふまえて、「自分も先買臣と同じように家を出て長安の都に入ることになった。おそらく朱買臣と同じように出世するであろう」。

 「会稽の愚婦」は、ここでは、自分の妻に戯れて、「おまえも自分をいつも出世しないと馬鹿にしていたが、今度はいよいよ長安に出て出世するぞ」といった椰稔の意があるであろう。郭沫若は、『李白と杜甫』において、これは妻を愚かなる婦とののしったものであり、この「愚婦」とは、魂頴の『李翰林集』序にいう劉氏のことであるとする。李白は三度妻を要るが、二番めが劉氏である。郭氏の説には従いがたいが、参考までに挙げておく。さて、李白は「誇らしげに天を仰いで、大笑して、わが家の門を出てゆく」。「仰天大笑」は、このときの李白の喜びにあふれる気持ちを平易な表現でよく表現している。そして、最後に、李白の自信に満ちた気持ちを、「わが輩は野に埋もれる人ではない」と強くいっている。「蓬蒿」は、ともによもぎといわれ、雑草の類。野原に生えることから、田舎の意味に使われる。「蓬嵩人」という使い方は李白がはじめてであろう。


寄東魯二稚子 在金陵作
地桑葉綠。 蠶已三眠。
我家寄東魯。 誰種龜陰田。
春事已不及。 江行復茫然。』
南風吹歸心。 飛墮酒樓前。
樓東一株桃。 枝葉拂青煙。
此樹我所種。 別來向三年。
桃今與樓齊。 我行尚未旋。』
嬌女字平陽。 折花倚桃邊。
折花不見我。 淚下如流泉。』
小兒名伯禽。 與姊亦齊肩。
雙行桃樹下。 撫背復誰憐。』
念此失次第。 肝腸日憂煎。
裂素寫遠意。 因之汶陽川。』

呉地桑葉緑に、呉蚕すでに三眠。
わが家 東魯に寄す、誰か種()うる亀陰の田。
春事すでに及ばん、江行また茫然。』
南風 帰心を吹き、飛び 墮()つ 酒楼の前。
楼東 一株の桃、枝葉 青煙を払う。
この樹はわが種うるところ、別れてこのかた三年ならん。
桃はいま楼と斉(ひと)しきに、わが行ないまだ旋(かへ)らず。』
嬌女 字 (あざな)は平陽、花を折り 桃辺に倚() る。
花 折りつつ 我を見ず、涙下ること流泉のごとし。』
小児名は伯禽、姐(あね)とまた肩を斉ひとしく。
ならび行く桃樹の下、背を撫してまた誰か憐れまん。』
これを念うて 次第を失し、肝腸 日(ひび) 憂いに煎る。
(しろぎぬ)を裂いて 遠意を写し、これを汶陽川にたくす。』 

296 《巻十四02別魯頌》Index-21Ⅱ― 16-741年開元二十九年41歳 <296> Ⅰ李白詩1584 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6468

李白  別魯頌  

誰道泰山高,下卻魯連節。誰云秦軍眾,摧卻魯連舌。

獨立天地間,清風灑蘭雪。夫子還倜儻,攻文繼前烈。

錯落石上松,無為秋霜折。贈言鏤寶刀,千庶不滅。

(魯頌に別れるにあたって、魯という姓の故を以て、古の魯仲連を引合に出して、その想を構へたのである。)

誰か泰山を高いといふか、魯仲連の高節に比すれば、もとより圧し下れて仕舞うというものだ。誰か秦軍を多勢だというか、魯伸連の舌の先で、散散に打砕かれて仕舞ったという。かの魯伸連は、天地の間に獨立し、その人物の高潔なることは、清風が蘭の葉の上の雪に吹き灑ぐようである。わが魯頌も、魯仲連と同姓の縁故があるというのみならず、その人物も倜儻不羈で、はるかに、羣俗に抜き、そしで、文學を攻究して、前人の功烈を継がんとしている。彼は、錯落たる石上の松に比すべきもので、どうか、秋霜に折られぬようにして欲しい。そこで、言を贈らんとして、よって、これを賓刀にほり付けることにしたから、こいねがわくば、千歳の後までも、決して泯滅することがないように、幸に我が嘱望に負かざらんことを希望する。

296 《巻十四02別魯頌》Index-21Ⅱ― 16-741年開元二十九年41歳 <296> Ⅰ李白詩1584 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6468

 

 
 2015年8月25日の紀頌之5つのBlog 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorBlog
296 《巻十四02別魯頌》Index-21Ⅱ― 16-741年開元二十九年41歳 <296> Ⅰ李白詩1584 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6468 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorBlog
86-#3§2-1 送區册序 韓愈(韓退之) 804年貞元20年 37歳<1505> Ⅱ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6509 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog766年-108杜甫 《巻1536夔州歌十絕句,十首之六》 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-108 <971> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6510 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog9欧陽烱《巻五49浣渓沙 三首 其三》『花間集』248全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6512 
 薛濤の全詩花間集(1巻花間集(2巻花間集(3巻花間集(4巻花間集(5巻 
 魚玄機全詩花間集(6巻花間集(7巻花間集(8巻花間集(9巻花間集10巻 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

年:741年開元二十九年41

卷別:    卷一七四              文體:    五言古詩

詩題:    別魯頌

作地點:              目前尚無資料

及地點:泰山 (河南道 兗州 泰山) 別名:岱宗、岱、東岳         

 

 

別魯頌

(魯頌に別れるにあたって、魯という姓の故を以て、古の魯仲連を引合に出して、その想を構へたのである。)

誰道泰山高,下卻魯連節。

誰か泰山を高いといふか、魯仲連の高節に比すれば、もとより圧し下れて仕舞うというものだ。

誰云秦軍眾,摧卻魯連舌。

誰か秦軍を多勢だというか、魯伸連の舌の先で、散散に打砕かれて仕舞ったという。

獨立天地間,清風灑蘭雪。

かの魯伸連は、天地の間に獨立し、その人物の高潔なることは、清風が蘭の葉の上の雪に吹き灑ぐようである。

夫子還倜儻,攻文繼前烈。

わが魯頌も、魯仲連と同姓の縁故があるというのみならず、その人物も倜儻不羈で、はるかに、羣俗に抜き、そしで、文學を攻究して、前人の功烈を継がんとしている。

錯落石上松,無為秋霜折。

彼は、錯落たる石上の松に比すべきもので、どうか、秋霜に折られぬようにして欲しい。

贈言鏤寶刀,千庶不滅。

そこで、言を贈らんとして、よって、これを賓刀にほり付けることにしたから、こいねがわくば、千歳の後までも、決して泯滅することがないように、幸に我が嘱望に負かざらんことを希望する。

 

(魯頌に別る)

誰か泰山を高しと道ふ、下却す魯蓮の節。

誰か秦軍を衆しと云ふ、摧卻す魯連の舌。

獨立す天地の間、清風、蘭雪に灑ぐ。

夫子、還た倜儻、文を攻めて、前烈に繼ぐ。

錯落たり石上の松、秋ほう霜に折らるるなし。

贈言 寶刀に鏤むれば、千歳 庶はくば滅せざらむ。

河南道 兗州 瑕丘 徂徠山j00 

 

『別魯頌』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

別魯頌

誰道泰山高,下卻魯連節。

誰云秦軍,摧卻魯連舌。

獨立天地間,清風灑蘭雪。

夫子還倜儻,攻文繼前烈。

錯落石上松,無為秋霜折。

贈言鏤寶刀,千庶不滅

(下し文)
(魯頌に別る)

誰か泰山を高しと道ふ、下却す魯蓮の節。

誰か秦軍を衆しと云ふ、摧卻す魯連の舌。

獨立す天地の間、清風、蘭雪に灑ぐ。

夫子、還た倜儻、文を攻めて、前烈に繼ぐ。

錯落たり石上の松、秋ほう霜に折らるるなし。

贈言 寶刀に鏤むれば、千歳 庶はくば滅せざらむ。


(現代語訳)
(魯頌に別れるにあたって、魯という姓の故を以て、古の魯仲連を引合に出して、その想を構へたのである。)

誰か泰山を高いといふか、魯仲連の高節に比すれば、もとより圧し下れて仕舞うというものだ。

誰か秦軍を多勢だというか、魯伸連の舌の先で、散散に打砕かれて仕舞ったという。

かの魯伸連は、天地の間に獨立し、その人物の高潔なることは、清風が蘭の葉の上の雪に吹き灑ぐようである。

わが魯頌も、魯仲連と同姓の縁故があるというのみならず、その人物も倜儻不羈で、はるかに、羣俗に抜き、そしで、文學を攻究して、前人の功烈を継がんとしている。

彼は、錯落たる石上の松に比すべきもので、どうか、秋霜に折られぬようにして欲しい。

そこで、言を贈らんとして、よって、これを賓刀にほり付けることにしたから、こいねがわくば、千歳の後までも、決して泯滅することがないように、幸に我が嘱望に負かざらんことを希望する。

李白の足跡0000
(訳注)

別魯頌

(魯頌に別れるにあたって、魯という姓の故を以て、古の魯仲連を引合に出して、その想を構へたのである。)

魯頌は人名。この詩は魯頌に別るるに際し、同姓の故を以て、古しへの魯仲連を引合に出して、その想を構へたのである。

魯仲連 (約前305年—前245年),有時簡稱魯連。戰國時代齊國茌平人(今山東省茌平縣王老望魯店村),為遊名士。曾就學於稷下學宮,不願出任官職。由於他的遊技巧卓越,有著名的「義不帝秦」辯論。成為現代「和事佬」的代名詞。《漢書》藝文志有《仲連子》14篇。

斉の人。特異卓抜な計画が好きで、宮仕えを厭い、好んで高節を堅持した。B.C.258秦軍が趙の邯鄲を包囲し、趙は魏に救援を求めた。魏安釐王は客将の新垣衍を邯鄲に潜入させ、 平原君を通じて趙孝成王に「使者を秦に遣わし尊んで帝と称するなら、 秦は喜んで兵を引き揚げるだろう」と言わせようとした。魯仲連はたまたま趙に遊説しており、平原君に新垣衍と合わせてくれるよう請うた。

魯仲連は説いて自説を取りやめるよう新垣衍を説得し、結局新垣衍は再拝して取りやめた。

秦軍が去った後、平原君は魯仲連を封じようとしたが「天下の士が貴いのは、人のために禍を除き災難を払い、紛争を解いて身に受けるところがないからである。 金を受けるのは商人のすることで連のできるところではない」と言って去り、生涯再び会わなかった。

斉の将軍田単が長狄を討とうとして、魯仲連に会いに出かけた。魯仲連は「将軍が狄をお攻めになっても、降すことはできますまい」 と言った。田単は挨拶もせずに憤然と立ち去った。しかし田単は狄を3ヶ月攻めたが降すことができなかった。

田単は再び魯仲連に見えた。魯仲連は「将軍が即墨におられたときは、決死の覚悟があり、士卒には生き延びる未練はありませんでした。たから強い燕を破ることができたのです。 ところが、いまや将軍には掖邑の領地があり、生きる楽しみがあって、死ぬ覚悟がありません。これが勝てない原因です」と言った。

田単はそこで気を奮い起こして、ついに狄を討ち破った。

燕の将軍が斉を攻め、聊城を取った。聊城の人が燕王に将軍のことを讒言したため、将軍は誅殺されることを恐れて、国に帰らなかった。 田単は聊城を討ったが、一年経っても落ちなかった。

魯仲連は燕将に書簡をもって 「孫臏や管夷吾や曹沫は小恥を知り、 小節をおこなうことができなかったのではなく、わが身を殺し、家系を断ち、子孫を絶やして功名の立たないのを智者の振舞いとしなかったのである。

願わくば公にも、その一を選んで実行されますように」と言った。

燕将は書簡を見て泣くこと3日、帰国することも降ることもできないので自殺した。田単はついに聊城をおとしいれた。

田単は王にこのことを言上し、爵位を与えようとしたが、魯仲連は逃げて海浜に隠れ「わたしは富貴の身となって人主に屈するより、むしろ貧賤のまま世を軽んじ、 思いのままに振舞いたい」と言った。

 

誰道泰山高,下卻魯連節。

誰か泰山を高いといふか、魯仲連の高節に比すれば、もとより圧し下れて仕舞うというものだ。

下卻 ~より劣っているという意。

泰山 山東省中部にある名山。高さは1,545m(最高峰は玉皇頂と呼ばれる)。中国五岳の一。古来信仰の対象となり、秦・漢時代から皇帝が封禅 (ほうぜん) の儀式を行った所。玉皇廟など古跡が多い。

 

 

誰云秦軍眾,摧卻魯連舌。

誰か秦軍を多勢だというか、魯伸連の舌の先で、散散に打砕かれて仕舞ったという。

摧卻魯連舌 魯仲連の舌先で摧かれる。

嘲魯連子 韓愈(韓退之) <165>Ⅱ中唐詩771 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ2839

 

獨立天地間,清風灑蘭雪。

かの魯伸連は、天地の間に獨立し、その人物の高潔なることは、清風が蘭の葉の上の雪に吹き灑ぐようである。

 

夫子還倜儻,攻文繼前烈。

わが魯頌も、魯仲連と同姓の縁故があるというのみならず、その人物も倜儻不羈で、はるかに、羣俗に抜き、そしで、文學を攻究して、前人の功烈を継がんとしている。

倜儻 才気があって優れていること。 「倜儻不羈(てきとうふき)」は、「信念と独立心を持ち、安易に人に左右されない」

前烈 前人のすぐれた功績。《文選.司馬相如.巴蜀檄》:「名聲施於無窮,功烈著而不滅。」 功業。

 

錯落石上松,無為秋霜折。

彼は、錯落たる石上の松に比すべきもので、どうか、秋霜に折られぬようにして欲しい。

錯落 。いろいろと、ふぞろいの物が入り混じっているさま。▽「参差」は長短・高低入り混じり、ふぞろいなさま。「錯落」はたくさんの物がごたごた入り混じるさま。

 

贈言鏤寶刀,千庶不滅。

そこで、言を贈らんとして、よって、これを賓刀にほり付けることにしたから、こいねがわくば、千歳の後までも、決して泯滅することがないように、幸に我が嘱望に負かざらんことを希望する。

鏤寶刀 南朝梁·江淹·古意報袁功曹詩「故人贈寶劍, 鏤以瑤華文。」に基づく。

256 -#3 《巻十四11潁陽別元丹丘之淮陽 -#3》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <256 -#3> Ⅰ李白詩1519 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6143

李白  潁陽別元丹丘之淮陽#3

當餐黃金藥,去為紫陽賓。萬事難並立,百年猶崇晨。

別爾東南去,悠悠多悲辛。前志庶不易,遠途期所遵。

已矣歸去來,白雲飛天津。

庶わくは、前志を変えることなく、あくまで修養をなし、たとえ途遠くして、容易に到り難きにせよ、その遵由するところを期して、次第に工夫を積むが善い。己んぬるかな、「いざ帰りいざ。」白雲一片、天津橋上に飛び、さながら心ありげに、君を送るが如く、君の此行、必ずしも不成功に終ることも無かろうと思う。

 

256 -#3 《巻十四11潁陽別元丹丘之淮陽 -#3》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <256 -#3> Ⅰ李白詩1519 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6143

 
 2015年6月13日の紀頌之5つのBlog 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorBlog
256 -#3 《巻十四11潁陽別元丹丘之淮陽 -#3》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <256 -#3> Ⅰ李白詩1519 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6143 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
73-#5 《巻05-14 題炭谷湫祠堂》-#5 韓愈(韓退之) 803年貞元19年 38歳<1432> Ⅱ韓昌黎集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6144 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog杜甫 《1805李潮八分小篆歌 -#4》【4分割】 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-53 <918 -#4> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6145 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog張泌《巻四24浣渓沙 十首 其一 》『花間集』175全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6147 
 薛濤の全詩花間集(1巻花間集(2巻花間集(3巻花間集(4巻花間集(5巻 
 魚玄機全詩花間集(6巻花間集(7巻花間集(8巻花間集(9巻花間集10巻 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

 

 

胡紫陽、その高弟子元丹邱との関係は、さらに深い。その関係を表す詩だけでも、以下の13首もある。

李太白集

Category 詩題

作時

-No.

西暦 年号

06-08

1.元丹丘歌 

731年開元十九年

24-02

2.題元丹丘山居 

731年開元十九年

24-03

3.題元丹丘 陽山居 并序 

731年開元十九年

18-16

4.酬岑勛見尋就元丹丘對酒相待以詩見招

736年開元二十四年

02-08

5.將進酒 

736年開元二十四年

14-12

6. 潁陽別元丹丘之淮陽 

738年開元二十六年

23-55

7.觀元丹丘坐巫山屏風 

738年開元二十六年

06-07

8.西岳云台歌送丹丘子 

743年天寶二年

18-11

9.以詩代書答元丹丘 

744年天寶三年

24-08

10.題嵩山逸人元丹丘山居 并序 

750年天寶九年

22-02

11.尋高鳳石門山中元丹丘 

751年天寶十年

12-11

12.聞丹丘子于城北營石門幽居中有高鳳遺跡

751年天寶十年

22-01

13.與元丹丘方城寺談玄作 

751年天寶十年

 以上の十三首である。

 

 

年:738年開元二十六年38

卷別:    卷一七四              文體:    五言古詩

詩題:    潁陽別元丹丘之淮陽

作地點:              潁陽(都畿道 / 河南府 / 潁陽)

及地點:              潁陽 (都畿道 河南府 潁陽)              

陳州 (河南道 陳州 陳州) 別名:淮陽           

汴州 (河南道 汴州 汴州) 別名:梁               

交遊人物:元丹丘                當地交遊(都畿道 河南府 潁陽)

 

 

潁陽別元丹丘之淮陽 #1

(潁陽において、元丹丘の淮陽に行くに別れ、即ち、これを送った時の詩である。)

吾將元夫子,異姓為天倫。

われと元夫子とは、異姓でありながら、天倫の兄弟も同じである。

本無軒裳契,素以煙霞親。

軒車冠裳、即ち在官上の交契とては無いが、本来、煙霞の癖を同じうして、あい親んで居た。

嘗恨迫世網,銘意未伸。

恨むらくは、世の塵網に迫られて、心上に銘記したる本意を十分に伸べることが出凍す、つまり、この世を脱出しかねる。

松柏雖寒苦,羞逐桃李春。

松柏は如何に寒に遇って苦しんだとしても、桃李の春をおって、世人に媚びることを羞じ、自ら孤高に甘んじている。

#2

悠悠市朝間,玉顏日緇磷。

かくて、悠悠たる市朝の間に在って、玉顔は、日にまし黒すんで痩せて行く。

所失重山岳,所得輕埃塵。

われ等の共にせんとする出世間願望は、山岳よりも重く、世に於で得るところの功名富貴は、塵埃よりも軽い。

精魄漸蕪穢,衰老相憑因。

こういう風に、浮世に跼蹐して居る間に、精魄は日に蕪雑に帰し、衰老は相因って、到底救い難いようになる。

我有錦囊訣,可以持君身。

われに錦嚢の仙方があって、これを以て、君の身を支持して行くことが出来るが、

#3

當餐金藥,去為紫陽賓。

それは、外でもない、餐するにあたっては黄金の薬を食し、そして、紫陽真人の処に往って修養をすることである。

萬事難並立,百年猶崇晨。

すべて、世間の万事は、並び立たず、百年の久しきも、ほんの朝飯前の短い間である。

別爾東南去,悠悠多悲辛。

かくて、汝が東南に去ろうとするのを送れば、わが心、悠悠として、悲辛の情多く、殆んど堪えられない。

前志庶不易,遠途期所遵。

庶わくは、前志を変えることなく、あくまで修養をなし、たとえ途遠くして、容易に到り難きにせよ、その遵由するところを期して、次第に工夫を積むが善い。

已矣歸去來,白雲飛天津。

己んぬるかな、「いざ帰りいざ。」白雲一片、天津橋上に飛び、さながら心ありげに、君を送るが如く、君の此行、必ずしも不成功に終ることも無かろうと思う。

 

(潁陽にて、元丹丘の淮陽に之くに別る)
吾、元夫子と、異姓にして天倫たり。

本と軒裳の契なく、素より煙霞を以て親む。

かつて恨む、世網に迫られ、銘意 倶に未だ伸びざるを。

松柏は寒苦と雖も、桃李の春を逐ふを羞づ。

#2

悠悠たる市朝の間,玉顏 日に緇磷。

失う所ろは山岳よりも重く,得る所は埃塵よりも輕し。

精魄 漸く蕪穢,衰老 相い 憑因す。

我に 錦囊の訣有り,可以て君が身を持つべし。

#3

當に の藥を餐し,去って 紫陽の賓と為るべし。

萬事 並び立ち難く,百年 猶お 崇晨。

爾が 東南に去るに別る,悠悠として 悲辛多し。

前志 庶わくば 易らず,遠途 遵う所を期す。

已んぬるかな 歸るなん去來【いざ】,白雲 天津に飛ぶ。

 

都畿道河南道01 

『潁陽別元丹丘之淮陽』 現代語訳と訳註解説
(
本文) 
#3

當餐黃金藥,去為紫陽賓。

萬事難並立,百年猶崇晨。

別爾東南去,悠悠多悲辛。

前志庶不易,遠途期所遵。

已矣歸去來,白雲飛天津。

(下し文) #3

當に 黃金の藥を餐し,去って 紫陽の賓と為るべし。

萬事 並び立ち難く,百年 猶お 崇晨。

爾が 東南に去るに別る,悠悠として 悲辛多し。

前志 庶わくば 易らず,遠途 遵う所を期す。

已んぬるかな 歸るなん去來【いざ】,白雲 天津に飛ぶ。


(現代語訳)
それは、外でもない、餐するにあたっては黄金の薬を食し、そして、紫陽真人の処に往って修養をすることである。

すべて、世間の万事は、並び立たず、百年の久しきも、ほんの朝飯前の短い間である。

かくて、汝が東南に去ろうとするのを送れば、わが心、悠悠として、悲辛の情多く、殆んど堪えられない。

庶わくは、前志を変えることなく、あくまで修養をなし、たとえ途遠くして、容易に到り難きにせよ、その遵由するところを期して、次第に工夫を積むが善い。

己んぬるかな、「いざ帰りいざ。」白雲一片、天津橋上に飛び、さながら心ありげに、君を送るが如く、君の此行、必ずしも不成功に終ることも無かろうと思う。


(訳注) #3

潁陽別元丹丘之淮陽 

(潁陽において、元丹丘の淮陽に行くに別れ、即ち、これを送った時の詩である。)

舊唐書「潁陽載初元年,析河南、伊闕、嵩陽三縣置武臨縣。開元十五年,改為潁陽。」(載初元年、河南、伊闕、崇陽の三堰を研いて、武臨縣を置く。開元十五年改めて穎陽となし、河南府に隷す。准陽郡は即ち陳州なり、河南道に属す)とある。都畿道 河南府 潁陽。

李白の足跡0000 

當餐黃金藥,去為紫陽賓。

それは、外でもない、餐するにあたっては黄金の薬を食し、そして、紫陽真人の処に往って修養をすることである。

黃金藥 《抱朴子仙藥》「 仙藥之上者為丹砂,次者為黃金。」

紫陽賓 《周氏冥通記》「第一紫陽左眞人,治葛衍山,周君;第二紫陽古()真人,治嶓冢山,王君」とある。

 

萬事難並立,百年猶崇晨。

すべて、世間の万事は、並び立たず、百年の久しきも、ほんの朝飯前の短い間である。

崇晨 崇朝に同じ、旦より食事に至るまでをいう。

 

別爾東南去,悠悠多悲辛。

かくて、汝が東南に去ろうとするのを送れば、わが心、悠悠として、悲辛の情多く、殆んど堪えられない。

 

前志庶不易,遠途期所遵。

庶わくは、前志を変えることなく、あくまで修養をなし、たとえ途遠くして、容易に到り難きにせよ、その遵由するところを期して、次第に工夫を積むが善い。

 

已矣歸去來,白雲飛天津。

己んぬるかな、「いざ帰りいざ。」白雲一片、天津橋上に飛び、さながら心ありげに、君を送るが如く、君の此行、必ずしも不成功に終ることも無かろうと思う。

歸去來 陶淵明(とうえんめい)「帰去来辞」より。「来」は助辞〕 故郷に帰るために,官職をやめてその地を去ること。「かえりなんいざ」と訓読されてきた。

天津 洛陽の天神橋。李白《巻4-34 洛陽陌》「白玉誰家郎,回車渡天津。看花東陌上,驚動洛陽人。」誰の家だろうかこんなにも白玉に飾られた豪奢なかざったいえの貴族のむすこいる家は?その貴公子は車を回らして、天神橋を渡って歓楽街を過ぎる。洛陽の城門から入って東の大路へ行って悠然と花を見る。その豪華華美の姿は洛陽の人々を驚かすばかりである。

256 -#2 《巻十四11潁陽別元丹丘之淮陽 -#2》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <256 -#2> Ⅰ李白詩1518 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6138

李白  潁陽別元丹丘之淮陽#2

悠悠市朝間,玉顏日緇磷。所失重山岳,所得輕埃塵。

精魄漸蕪穢,衰老相憑因。我有錦囊訣,可以持君身。

われ等の共にせんとする出世間願望は、山岳よりも重く、世に於で得るところの功名富貴は、塵埃よりも軽い。こういう風に、浮世に跼蹐して居る間に、精魄は日に蕪雑に帰し、衰老は相因って、到底救い難いようになる。

 

256 -#2 《巻十四11潁陽別元丹丘之淮陽 -#2》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <256 -#2> Ⅰ李白詩1518 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6138

 
 2015年6月12日の紀頌之5つのBlog 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorBlog
256 -#2 《巻十四11潁陽別元丹丘之淮陽 -#2》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <256 -#2> Ⅰ李白詩1518 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6138 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
73-#4 《巻05-14 題炭谷湫祠堂》-#4 韓愈(韓退之) 803年貞元19年 38歳<1431> Ⅱ韓昌黎集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6139 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog杜甫 《1805李潮八分小篆歌 -#3》【4分割】 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-53 <918 -#3> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6140 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog牛嶠《巻四23江城子二首 其二》『花間集』174全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6142 
 薛濤の全詩花間集(1巻花間集(2巻花間集(3巻花間集(4巻花間集(5巻 
 魚玄機全詩花間集(6巻花間集(7巻花間集(8巻花間集(9巻花間集10巻 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

 

年:738年開元二十六年38

卷別:    卷一七四              文體:    五言古詩

詩題:    潁陽別元丹丘之淮陽

作地點:              潁陽(都畿道 / 河南府 / 潁陽)

及地點:              潁陽 (都畿道 河南府 潁陽)              

陳州 (河南道 陳州 陳州) 別名:淮陽           

汴州 (河南道 汴州 汴州) 別名:梁               

交遊人物:元丹丘                當地交遊(都畿道 河南府 潁陽)

 

 

潁陽別元丹丘之淮陽 #1

(潁陽において、元丹丘の淮陽に行くに別れ、即ち、これを送った時の詩である。)

吾將元夫子,異姓為天倫。

われと元夫子とは、異姓でありながら、天倫の兄弟も同じである。

本無軒裳契,素以煙霞親。

軒車冠裳、即ち在官上の交契とては無いが、本来、煙霞の癖を同じうして、あい親んで居た。

嘗恨迫世網,銘意未伸。

恨むらくは、世の塵網に迫られて、心上に銘記したる本意を十分に伸べることが出凍す、つまり、この世を脱出しかねる。

松柏雖寒苦,羞逐桃李春。

松柏は如何に寒に遇って苦しんだとしても、桃李の春をおって、世人に媚びることを羞じ、自ら孤高に甘んじている。

#2

悠悠市朝間,玉顏日緇磷。

かくて、悠悠たる市朝の間に在って、玉顔は、日にまし黒すんで痩せて行く。

所失重山岳,所得輕埃塵。

われ等の共にせんとする出世間願望は、山岳よりも重く、世に於で得るところの功名富貴は、塵埃よりも軽い。

精魄漸蕪穢,衰老相憑因。

こういう風に、浮世に跼蹐して居る間に、精魄は日に蕪雑に帰し、衰老は相因って、到底救い難いようになる。

我有錦囊訣,可以持君身。

われに錦嚢の仙方があって、これを以て、君の身を支持して行くことが出来るが、それは、外でもない、黄金の薬を餐し、そして、紫陽真人の処に往って修養をすることである。

#3

當餐黃金藥,去為紫陽賓。

萬事難並立,百年猶崇晨。

別爾東南去,悠悠多悲辛。

前志庶不易,遠途期所遵。

已矣歸去來,白雲飛天津。

 

(潁陽にて、元丹丘の淮陽に之くに別る)
吾、元夫子と、異姓にして天倫たり。

本と軒裳の契なく、素より煙霞を以て親む。

かつて恨む、世網に迫られ、銘意 倶に未だ伸びざるを。

松柏は寒苦と雖も、桃李の春を逐ふを羞づ。

#2

悠悠たる市朝の間,玉顏 日に緇磷。

失う所ろは山岳よりも重く,得る所は埃塵よりも輕し。

精魄 漸く蕪穢,衰老 相い 憑因す。

我に 錦囊の訣有り,可以て君が身を持つべし。

#3

當に 黃金の藥を餐し,去って 紫陽の賓と為るべし。

萬事 並び立ち難く,百年 猶お 崇晨。

爾が 東南に去るに別る,悠悠として 悲辛多し。

前志 庶わくば 易らず,遠途 遵う所を期す。

已んぬるかな 歸るなん去來【いざ】,白雲 天津に飛ぶ。

 

 

『潁陽別元丹丘之淮陽』 現代語訳と訳註解説
(
本文) 
#2

悠悠市朝間,玉顏日緇磷。

所失重山岳,所得輕埃塵。

精魄漸蕪穢,衰老相憑因。

我有錦囊訣,可以持君身。

(下し文)
悠悠たる市朝の間,玉顏 日に緇磷。

失う所ろは山岳よりも重く,得る所は埃塵よりも輕し。

精魄 漸く蕪穢,衰老 相い 憑因す。

我に 錦囊の訣有り,可以て君が身を持つべし。

(現代語訳)
かくて、悠悠たる市朝の間に在って、玉顔は、日にまし黒すんで痩せて行く。

われ等の共にせんとする出世間願望は、山岳よりも重く、世に於で得るところの功名富貴は、塵埃よりも軽い。

こういう風に、浮世に跼蹐して居る間に、精魄は日に蕪雑に帰し、衰老は相因って、到底救い難いようになる。

われに錦嚢の仙方があって、これを以て、君の身を支持して行くことが出来るが、それは、外でもない、黄金の薬を餐し、そして、紫陽真人の処に往って修養をすることである。


(訳注) #2

潁陽別元丹丘之淮陽 #1

(潁陽において、元丹丘の淮陽に行くに別れ、即ち、これを送った時の詩である。)

舊唐書「潁陽載初元年,析河南、伊闕、嵩陽三縣置武臨縣。開元十五年,改為潁陽。」(載初元年、河南、伊闕、崇陽の三堰を研いて、武臨縣を置く。開元十五年改めて穎陽となし、河南府に隷す。准陽郡は即ち陳州なり、河南道に属す)とある。都畿道 河南府 潁陽。

 

悠悠市朝間,玉顏日緇磷。

かくて、悠悠たる市朝の間に在って、玉顔は、日にまし黒すんで痩せて行く。

緇磷 すり減らされ黒ずむ。《論語·陽貨》「不曰堅乎?磨而不磷。不曰白乎?涅而不緇。」.

 

所失重山岳,所得輕埃塵。

われ等の共にせんとする出世間願望は、山岳よりも重く、世に於で得るところの功名富貴は、塵埃よりも軽い。

塵埃 1 ちりとほこり。2 世の中の、もろもろの汚れたもの。俗世間の事柄。

 

精魄漸蕪穢,衰老相憑因。

こういう風に、浮世に跼蹐して居る間に、精魄は日に蕪雑に帰し、衰老は相因って、到底救い難いようになる。

蕪穢 土地などが、荒れはてること。また、そのさま。ぶわい。

 

我有錦囊訣,可以持君身。

われに錦嚢の仙方があって、これを以て、君の身を支持して行くことが出来るが、それは、外でもない、黄金の薬を餐し、そして、紫陽真人の処に往って修養をすることである。

錦囊訣 錦嚢の仙方、金丹。道教の道士が金石を砕いて練って作ったという不老不死の薬。

 

 

胡紫陽、その高弟子元丹邱との関係は、さらに深い。その関係を表す詩だけでも、以下の13首もある。

李太白集

Category 詩題

作時

-No.

西暦 年号

06-08

1.元丹丘歌 

731年開元十九年

24-02

2.題元丹丘山居 

731年開元十九年

24-03

3.題元丹丘 陽山居 并序 

731年開元十九年

18-16

4.酬岑勛見尋就元丹丘對酒相待以詩見招

736年開元二十四年

02-08

5.將進酒 

736年開元二十四年

14-12

6. 潁陽別元丹丘之淮陽 

738年開元二十六年

23-55

7.觀元丹丘坐巫山屏風 

738年開元二十六年

06-07

8.西岳云台歌送丹丘子 

743年天寶二年

18-11

9.以詩代書答元丹丘 

744年天寶三年

24-08

10.題嵩山逸人元丹丘山居 并序 

750年天寶九年

22-02

11.尋高鳳石門山中元丹丘 

751年天寶十年

12-11

12.聞丹丘子于城北營石門幽居中有高鳳遺跡

751年天寶十年

22-01

13.與元丹丘方城寺談玄作 

751年天寶十年

 以上の十三首である。

56 -#1 《巻十四11潁陽別元丹丘之淮陽 -#1》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <256 -#1> Ⅰ李白詩1517 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6133

李白  潁陽別元丹丘之淮陽 #1

吾將元夫子,異姓為天倫。

本無軒裳契,素以煙霞親。

嘗恨迫世網,銘意俱未伸。

松柏雖寒苦,羞逐桃李春。

(潁陽において、元丹丘の淮陽に行くに別れ、即ち、これを送った時の詩である。) #1

われと元夫子とは、異姓でありながら、天倫の兄弟も同じである。

軒車冠裳、即ち在官上の交契とては無いが、本来、煙霞の癖を同じうして、あい親んで居た。

 

256 -#1 《巻十四11潁陽別元丹丘之淮陽 -#1》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <256 -#1> Ⅰ李白詩1517 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6133

 

 
 2015年6月11日の紀頌之5つのBlog 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorBlog
56 -#1 《巻十四11潁陽別元丹丘之淮陽 -#1》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <256 -#1> Ⅰ李白詩1517 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6133 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
73-#3 《巻05-14 題炭谷湫祠堂》-#3 韓愈(韓退之) 803年貞元19年 38歳<1430> Ⅱ韓昌黎集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6134 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog杜甫 《1805李潮八分小篆歌 -#2》【4分割】 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-53 <918 -#2> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6135 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog牛嶠《巻四22江城子二首 其一》『花間集』173全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6137 
 薛濤の全詩花間集(1巻花間集(2巻花間集(3巻花間集(4巻花間集(5巻 
 魚玄機全詩花間集(6巻花間集(7巻花間集(8巻花間集(9巻花間集10巻 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 

 

年:738年開元二十六年38

卷別:    卷一七四              文體:    五言古詩

詩題:    潁陽別元丹丘之淮陽

作地點:              潁陽(都畿道 / 河南府 / 潁陽)

及地點:              潁陽 (都畿道 河南府 潁陽)              

陳州 (河南道 陳州 陳州) 別名:淮陽           

汴州 (河南道 汴州 汴州) 別名:梁               

交遊人物:元丹丘                當地交遊(都畿道 河南府 潁陽)

 

 

潁陽別元丹丘之淮陽 #1

(潁陽において、元丹丘の淮陽に行くに別れ、即ち、これを送った時の詩である。)

吾將元夫子,異姓為天倫。

われと元夫子とは、異姓でありながら、天倫の兄弟も同じである。

本無軒裳契,素以煙霞親。

軒車冠裳、即ち在官上の交契とては無いが、本来、煙霞の癖を同じうして、あい親んで居た。

嘗恨迫世網,銘意未伸。

恨むらくは、世の塵網に迫られて、心上に銘記したる本意を十分に伸べることが出凍す、つまり、この世を脱出しかねる。

松柏雖寒苦,羞逐桃李春。

松柏は如何に寒に遇って苦しんだとしても、桃李の春をおって、世人に媚びることを羞じ、自ら孤高に甘んじている。

#2

悠悠市朝間,玉顏日緇磷。

所失重山岳,所得輕埃塵。

精魄漸蕪穢,衰老相憑因。

我有錦囊訣,可以持君身。

#3

當餐黃金藥,去為紫陽賓。

萬事難並立,百年猶崇晨。

別爾東南去,悠悠多悲辛。

前志庶不易,遠途期所遵。

已矣歸去來,白雲飛天津。

 

(潁陽にて、元丹丘の淮陽に之くに別る)
吾、元夫子と、異姓にして天倫たり。

本と軒裳の契なく、素より煙霞を以て親む。

かつて恨む、世網に迫られ、銘意 倶に未だ伸びざるを。

松柏は寒苦と雖も、桃李の春を逐ふを羞づ。

#2

悠悠たる市朝の間,玉顏 日に緇磷。

失う所ろは山岳よりも重く,得る所は埃塵よりも輕し。

精魄 漸く蕪穢,衰老 相い 憑因す。

我に 錦囊の訣有り,可以て君が身を持つべし。

#3

當に 黃金の藥を餐し,去って 紫陽の賓と為るべし。

萬事 並び立ち難く,百年 猶お 崇晨。

爾が 東南に去るに別る,悠悠として 悲辛多し。

前志 庶わくば 易らず,遠途 遵う所を期す。

已んぬるかな 歸るなん去來【いざ】,白雲 天津に飛ぶ。

 

 

『潁陽別元丹丘之淮陽』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

潁陽別元丹丘之淮陽 #1

吾將元夫子,異姓為天倫。

本無軒裳契,素以煙霞親。

嘗恨迫世網,銘意俱未伸。

松柏雖寒苦,羞逐桃李春。


(下し文)
(潁陽にて、元丹丘の淮陽に之くに別る)
吾、元夫子と、異姓にして天倫たり。

本と軒裳の契なく、素より煙霞を以て親む。

かつて恨む、世網に迫られ、銘意 倶に未だ伸びざるを。

松柏は寒苦と雖も、桃李の春を逐ふを羞づ。


(現代語訳)
(潁陽において、元丹丘の淮陽に行くに別れ、即ち、これを送った時の詩である。) #1

われと元夫子とは、異姓でありながら、天倫の兄弟も同じである。

軒車冠裳、即ち在官上の交契とては無いが、本来、煙霞の癖を同じうして、あい親んで居た。

恨むらくは、世の塵網に迫られて、心上に銘記したる本意を十分に伸べることが出凍す、つまり、この世を脱出しかねる。

松柏は如何に寒に遇って苦しんだとしても、桃李の春をおって、世人に媚びることを羞じ、自ら孤高に甘んじている。


(訳注)

潁陽別元丹丘之淮陽 #1

(潁陽において、元丹丘の淮陽に行くに別れ、即ち、これを送った時の詩である。)

舊唐書「潁陽載初元年,析河南、伊闕、嵩陽三縣置武臨縣。開元十五年,改為潁陽。」(載初元年、河南、伊闕、崇陽の三堰を研いて、武臨縣を置く。開元十五年改めて穎陽となし、河南府に隷す。准陽郡は即ち陳州なり、河南道に属す)とある。都畿道 河南府 潁陽。

 

吾將元夫子,異姓為天倫。

われと元夫子とは、異姓でありながら、天倫の兄弟も同じである。

天倫 《穀梁傳隱公元年》:兄弟, 天倫也。” 范寧注:兄先弟後, 天之倫次。”とある。

 

本無軒裳契,素以煙霞親。

軒車冠裳、即ち在官上の交契とては無いが、本来、煙霞の癖を同じうして、あい親んで居た。

軒車 大夫以上所乘有帷幕的馬車。《莊子.讓王》:「子貢乘大馬,中紺而表素,軒車不容巷,往見原憲。」《文選.古詩十九首.冉冉孤生竹》:「思君令人老,軒車來何遲。」攻城的車子。

冠裳 官吏的全套禮服。中原漢人服飾。道士日常所戴帽子和所衣服。

 

嘗恨迫世網,銘意俱未伸。

恨むらくは、世の塵網に迫られて、心上に銘記したる本意を十分に伸べることが出凍す、つまり、この世を脱出しかねる。

銘意 心上に銘記したる本意をいう。・銘1 金石・器物などに事物の来歴や人の功績を記したもの。「碑に―を刻む」2 特にすぐれた物品につける特定の名。「―を付ける」3 製作物に入れる製作者の名。4 心に刻み込んでいる戒めなどの言葉。

 

松柏雖寒苦,羞逐桃李春。

松柏は如何に寒に遇って苦しんだとしても、桃李の春をおって、世人に媚びることを羞じ、自ら孤高に甘んじている。

松柏 《論語子罕》「歲寒, 然後知松柏之後凋也。

桃李 《史記·李將軍列傳》「桃李不言,下自成蹊.

227 -#1 《(改訂版)巻14-35 江夏別宋之悌 李白350- 201》Index-14 Ⅱ― 9-734年開元二十二年34歳 <227 -#1> Ⅰ李白詩1469 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5893



江夏別宋之悌
楚水清若空,遙將碧海通。人分千里外,興在一杯中。
谷鳥吟晴日,江猿嘯晚風。平生不下淚,於此泣無窮。

(改訂版)江夏別宋之悌 李白 先には、渓谷をでた鳥は、晴れあがった日の光をあびて鳴き、うたってひびきわたっている、長江に迫る岸辺の巌上の猿は、夕暮れの風の乗せて哀しい声で鳴きつづける。われわれは、日頃は剛健を以て性となし、涙を流したことのない私だが、ああ、きょうは、この地において、泣けて、泣けて限りないほど泣けてくるのを禁じ得ない。

  

 

227 -1 《(改訂版)巻14-35 江夏別宋之悌 李白350- 201Index-14 Ⅱ― 9-734年開元二十二年34歳 <227 -1> Ⅰ李白詩1469 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5893

 
 2015年4月24日の紀頌之5つのBlog 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorBlog
227 -#1 《(改訂版)巻14-35 江夏別宋之悌 李白350- 201》Index-14 Ⅱ― 9-734年開元二十二年34歳 <227 -#1> Ⅰ李白詩1469 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5893 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
64-#2 《補遺-25 送陸歙州參幷序》 韓愈(韓退之) 802年貞元18年 36歳<1382> Ⅱ韓昌黎集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ589 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog766年大暦元年55歲-48 《巻1512 往在 -7》 杜甫index-15 杜甫<911-#7> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5895 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog『花間集』全詩訳注解説(改訂版)-4.薛昭蘊139《巻三39小重山二首 其二》巻三3939-〈139〉漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-5897 
 薛濤の全詩花間集(1巻花間集(2巻花間集(3巻花間集(4巻花間集(5巻 
 魚玄機全詩花間集(6巻花間集(7巻花間集(8巻花間集(9巻花間集10巻 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

続きを読む

173-#2 《巻14-07 留別王司馬嵩 -#2》Index-11 Ⅱ―6 -731年開元十九年31歳 43首 <173-#2> Ⅰ李白詩1389 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5493

李白《巻14-07 留別王司馬嵩 -#2》かの李斯を学び、鷹を呼んで上蔡東門を過ぎ、心のどかに平郊に狩をしたいと思うし、また、王孟に擬して畚を売り、仙人に賺されて嵩山の天辺に登ろうとするのである。それで、君には、他日、私を訪れてくれるならば、琴の音を導として丘中を尋ねられたらよかろうと思う。

 

 
 2015年2月3日の紀頌之5つのブログ 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
173-#2 《巻14-07 留別王司馬嵩 -#2》Index-11 Ⅱ―6 -731年開元十九年31歳 43首 <173-#2> Ⅰ李白詩1389 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5493 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorブログ
34-03§2 《讀巻03-09 與孟東野書 -3》韓愈(韓退之)ID 801年貞元17年 35歳<1302> Ⅱ唐宋八大家文読本 巻三 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5494 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログ766年大暦元年55歲-31-#2奉節-22 -#2 《巻15-47 雨 -#2》 杜甫index-15 杜甫<895 -#2> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5495