漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之のブログ 女性詩、漢詩・建安六朝・唐詩・李白詩 1000首:李白集校注に基づき時系列に訳注解説

李白の詩を紹介。青年期の放浪時代。朝廷に上がった時期。失意して、再び放浪。李白の安史の乱。再び長江を下る。そして臨終の歌。李白1000という意味は、目安として1000首以上掲載し、その後、系統別、時系列に整理するということ。 古詩、謝霊運、三曹の詩は既掲載済。女性詩。六朝詩。文選、玉臺新詠など、李白詩に影響を与えた六朝詩のおもなものは既掲載している2015.7月から李白を再掲載開始、(掲載約3~4年の予定)。作品の作時期との関係なく掲載漏れの作品も掲載するつもり。李白詩は、時期設定は大まかにとらえる必要があるので、従来の整理と異なる場合もある。現在400首以上、掲載した。今、李白詩全詩訳注掲載中。

▼絶句・律詩など短詩をだけ読んでいたのではその詩人の良さは分からないもの。▼長詩、シリーズを割席しては理解は深まらない。▼漢詩は、諸々の決まりで作られている。日本人が読む漢詩の良さはそういう決まり事ではない中国人の自然に対する、人に対する、生きていくことに対する、愛することに対する理想を述べているのをくみ取ることにあると思う。▼詩人の長詩の中にその詩人の性格、技量が表れる。▼李白詩からよこみちにそれているが、途中で孟浩然を45首程度(掲載済)、謝霊運を80首程度(掲載済み)。そして、女性古詩。六朝、有名な賦、その後、李白詩全詩訳注を約4~5年かけて掲載する予定で整理している。
その後ブログ掲載予定順は、王維、白居易、の順で掲載予定。▼このほか同時に、Ⅲ杜甫詩のブログ3年の予定http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-tohoshi/、唐宋詩人のブログ(Ⅱ李商隠、韓愈グループ。)も掲載中である。http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/,Ⅴ晩唐五代宋詞・花間集・玉臺新詠http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-godaisoui/▼また漢詩理解のためにHPもいくつかサイトがある。≪ kanbuniinkai ≫[検索]で、「漢詩・唐詩」理解を深めるものになっている。
◎漢文委員会のHP http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/profile1.html
Author:漢文委員会 紀 頌之です。
大病を患い大手術の結果、半年ぶりに復帰しました。心機一転、ブログを開始します。(11/1)
ずいぶん回復してきました。(12/10)
訪問ありがとうございます。いつもありがとうございます。
リンクはフリーです。報告、承諾は無用です。
ただ、コメント頂いたても、こちらからの返礼対応ができません。というのも、
毎日、6 BLOG,20000字以上活字にしているからです。
漢詩、唐詩は、日本の詩人に大きな影響を残しました。
だからこそ、漢詩をできるだけ正確に、出来るだけ日本人の感覚で、解釈して,紹介しています。
体の続く限り、広げ、深めていきたいと思っています。掲載文について、いまのところ、すべて自由に使ってもらって結構ですが、節度あるものにして下さい。
どうぞよろしくお願いします。

李白詩全集 卷十八 (古近體詩三十二首)

743年(74)李太白集605巻十八12金門答蘇秀才  393-#5Index-23Ⅲ-2-743年天寶二年43歳 94首-(74) Ⅰ李白詩1754 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7310

李白  金門答蘇秀才 #5

緣溪見綠篠,隔岫窺紅採薇行笑歌,眷我情何已。

月出石鏡間,松鳴風琴裡。得心自虛妙,外物空靡。

身世如兩忘,從君老煙水。
渓流に沿うて行けば、緑の色濃き小笹が茂り合い、高い谷間を隔てて、水の潭をなす庭には、紅の蓮の花の吹き出でたのがうかがわれる。かくて、一人野に出て薇を采りつつ、「笑矣乎。」と行歌して、吾を思う情は決して己む時はない。それから、月は石鏡山の谷間より出で、松聲は風琴の峡中に鳴りひびきわたる。心は自然に虚妙の霊域に至り、外物は、すべて頽壊靡散して、少しも累を人に及ぼすことはない。かくの如くして、この身も、この世も、両つながら忘れ、唯だ心霊のみが依存して、宇宙と契合する様に、吾も修業が積んだならば、その折こそ、君に従って、煙水の間に老いて、いつまでも其處に住んで居たいと思うのである。

李太白集

卷十八12#5

金門答蘇秀才

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7310 

Index-23

-2

743年天寶二年43歳 

94-74)#5

393 <1000>#5

 

 
  2016年2月9日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
743年(74)李太白集605巻十八12金門答蘇秀才  393-#5Index-23Ⅲ-2-743年天寶二年43歳 94首-(74) Ⅰ李白詩1754 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7310  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorBlog
韓愈128《 巻01-13南山詩 -#20》 韓愈(韓退之) 806年貞元22年 39歳-(1)<1667> Ⅱ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7311  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 767年-20#2杜少陵集 《20-100 寫懷,二首之一 #2》 杜甫詩index-15-1133 <1583> 767年大暦2年56歲-20#2漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7312  
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 13魏承班《巻九08訴衷情五首其四》『花間集』410全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7314  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

 

 

年:天寶二年43歳 94-74) #3

卷別:    卷一七八              文體:    五言古詩

詩題:    金門答蘇秀才

作地點:              長安(京畿道 / 京兆府 / 長安)

及地點:麒麟閣 (京畿道 京兆府 長安) 別名:麟閣      

交遊人物/地點:蘇秀才      書信往來(京畿道 京兆府 長安)

詩文:

 

 

金門答蘇秀才#1

(この詩は、李白が翰林に供奉し、宮禁に出入して居た頃、蘇秀才が詩を寄せたのに答へて作ったのである。)

君還石門日,朱火始改木。

君が以前に隠遁していた石門に還える日、火を取る燧の木を改めるくらいの時間であった。

春草如有情,山中尚含綠。

つまり、時候が換ったが、春草は依然として、情あるが如く、山中においては、なお緑の色を含み、ここだけは、永久に時節が換わらないようである。

折芳愧遙憶,永路當日勗。

そした中、君はわざわざ花を折って、はるかにたがいに憶い合わねば愧じという意を致され、人生の長路を行くには、常日頃、随分勉めて仕事をしなければならないといって、懇懇と我を諭された。

遠見故人心,平生以此足。

それにつけても、二人離れていれば、故人の誠意を見るだけであり、平生これを以て自ら足れりとしているのである。

(金門 蘇秀才に答う)#1

君 石門に還えるの日,朱火 始めて木を改む。

春草 有情あるが如し,山中 尚お綠を含む。

芳を折って遙憶を愧じ,永路 當に日びに勗むべし。

遠く故人の心を見る,平生 此れを以て足る。

#2

巨海納百川,麟閣多才賢。

東海の巨海が全土の百川を納るると同じく、麟閣に於ては、ひろく才賢を集めて、まことに、濟濟たる多士である。

獻書入金闕,酌醴奉瓊筵。

その時、君は、上書せんとして金闕に入り、やがて、天子が羣臣を瓊筵で宴せられる其席に列って、甘ざけを頂戴されたのである。

屢忝白雲唱,恭聞黃竹篇。

そして、妃嬪たちは、西王母が穆王のために詠ったように白雲の歌を唱へ、又天子が作られた《霓裳羽衣曲》は穆王が黄竹の篇を歌われる多様に素晴らしい歌を拝聴した。

恩光照拙薄,雲漢希騰遷。

かくて、目出たく試験に及第して進士と成り、この才拙く命薄き身にも恩光を被り、はては、青雲の上に登って、天河の邊にも行きたいと思うところである。

#2

巨海 百川を納【い】れ,麟閣 才賢多し。

書を獻じて金闕に入れ,醴を酌んで 瓊筵に奉ず。

屢しば 白雲の唱を忝うし,恭【うやうや】しく 黃竹篇を聞く。

恩光 拙薄を照らし,雲漢 騰遷を希【こいねが】う。
#3

銘鼎倘云遂,扁舟方渺然。

鼎に銘じて、神に捧げ、祖先の美を称揚して、これを後世に伝えてゆくのは、その極であり、功なって身退く時は、扁舟を浮べ、渺然として、この世を去りたいと常に心に念じていたのである。

我留在金門,君去臥丹壑。

しかし、事、志と違い、そうは行かぬところから、吾は猶は金馬門に待詔として留まって居るに拘はらず、君は長安を去って、丹壑の幽境に高臥し、

未果三山期,遙欣一丘樂。

三山に藥を採るという佳き時期は、いまだに果してはいないけれども、一丘の楽については、ひとりで占断してよろこんでいたのである。

玄珠寄象罔,赤水非寥廓。

そこで“うすぼんやりものの象罔”が赤水のほとりに於て玄珠を拾ひ上げたと同じく、ことほとさようにこれが高遠なものではないということ、この人の世に於でも、見事に宇宙の大道を体得することができたのである。

#3

鼎に銘して 倘し遂げたりと云わば,扁舟 方に渺然たり。

我 留りて 金門に在り,君 去りて 丹壑に臥す。

未だ三山の期を果さず,遙に 一丘の樂みを欣ぶ。

玄珠 象罔に寄せ,赤水 寥廓に非らず。

#4

願狎東海鷗,共營西山藥。

吾が願うことは、無心にして東海の鴎をらし、君と共に西山の薬を採ろうと思うものである。

棲巖君寂滅,處世余龍蠖。

君が巌谷に棲んで寂滅の域に達しでいるにも拘わらず、吾は猶お塵世に在って、或は龍の如く伸び、或は尺蠖の如く屈して、一進一退、兎角、思い通らに成らない。

良辰不同賞,永日應閒居。

であれば、折角の吉日に遇うも、同じく賞することを得ず、永日を消すためには、物外に於て閒居するのが第一である。

鳥吟簷間樹,花落窗下書。

試みに君の幽棲の有様を想像すると、鳥は簷間に翳せる樹の上に歌い、花は窓下に廣げたる古書の上に落ちるのである。

#4

願わくば東海の鷗に狎れ,共に西山の藥を營まむ。

巖に棲みて 君は寂滅【せきめつ】,世に處して 余は龍蠖【りょうわく】。

良辰 同じく賞せず,永日 應に閒居すべし。

鳥は吟ず 簷間の樹,花は落つ 窗下の書。

#5

緣溪見綠篠,隔岫窺紅蕖。

採薇行笑歌,眷我情何已。

月出石鏡間,松鳴風琴裡。

得心自虛妙,外物空靡。

身世如兩忘,從君老煙水。

渓流に沿うて行けば、緑の色濃き小笹が茂り合い、高い谷間を隔てて、水の潭をなす庭には、紅の蓮の花の吹き出でたのがうかがわれる。

かくて、一人野に出て薇を采りつつ、「笑矣乎。」と行歌して、吾を思う情は決して己む時はない。

それから、月は石鏡山の谷間より出で、松聲は風琴の峡中に鳴りひびきわたる。

心は自然に虚妙の霊域に至り、外物は、すべて頽壊靡散して、少しも累を人に及ぼすことはない。

かくの如くして、この身も、この世も、両つながら忘れ、唯だ心霊のみが依存して、宇宙と契合する様に、吾も修業が積んだならば、その折こそ、君に従って、煙水の間に老いて、いつまでも其處に住んで居たいと思うのである。

#5

溪に緣って綠篠を見,岫を隔てて紅を窺う。

薇を採って行くゆく笑歌し,我を眷し、情 何ぞ已まん。

月は出づ 石鏡の間,松は鳴る 風琴の裡。

心を得て 自ら虛妙,外物 空しく靡。

身世 兩つながら忘るるが如し,君に從って煙水に老いむ。

楊貴妃清華池002

 

『金門答蘇秀才』  現代語訳と訳註解説
(
本文)

#5

緣溪見綠篠,隔岫窺紅

採薇行笑歌,眷我情何已。

月出石鏡間,松鳴風琴裡。

得心自虛妙,外物空靡。

身世如兩忘,從君老煙水。

(下し文)
#5

溪に緣って綠篠を見,岫を隔てて紅蕖を

薇を採って行くゆく笑歌し,我を眷し、情 何ぞ已まん。

月は出づ 石鏡の間,松は鳴る 風琴の裡。

心を得て 自ら虛妙,外物 空しく靡。

身世 兩つながら忘るるが如し,君に從って煙水に老いむ。

(現代語訳)
#5

渓流に沿うて行けば、緑の色濃き小笹が茂り合い、高い谷間を隔てて、水の潭をなす庭には、紅の蓮の花の吹き出でたのがうかがわれる。

かくて、一人野に出て薇を采りつつ、「笑矣乎。」と行歌して、吾を思う情は決して己む時はない。

それから、月は石鏡山の谷間より出で、松聲は風琴の峡中に鳴りひびきわたる。

心は自然に虚妙の霊域に至り、外物は、すべて頽壊靡散して、少しも累を人に及ぼすことはない。

かくの如くして、この身も、この世も、両つながら忘れ、唯だ心霊のみが依存して、宇宙と契合する様に、吾も修業が積んだならば、その折こそ、君に従って、煙水の間に老いて、いつまでも其處に住んで居たいと思うのである。


(訳注) #5

金門答蘇秀才5

(この詩は、李白が翰林に供奉し、宮禁に出入して居た頃、蘇秀才が詩を寄せたのに答へて作ったのである。)743天寶二年43歳に 94首あり、この詩はその年の74首目になる。

 

緣溪見綠篠,隔岫窺紅蕖。

渓流に沿うて行けば、緑の色濃き小笹が茂り合い、高い谷間を隔てて、水の潭をなす庭には、紅の蓮の花の吹き出でたのがうかがわれる。

30 緣溪 渓流に沿うて行くこと。

31 綠篠 緑の色濃き小笹が茂り合い。 謝霊運《過始寧墅》「白雲抱幽石、緑篠媚清漣。」(白き雲は幽石【ゆうせき】を抱き、縁篠【りょくじょう】清漣【せいれん】に媚【こび】びたり。)白雲は物さびて静かな石を抱いているようであり、緑の篠竹が清らかな漣に媚びるように揺れなびいている。まことに美しい景色である。

過始寧墅 謝霊運<13> 2 詩集 375

32 隔岫 岫は穴のあるやま。  《1921_甘林》「晨光映遠岫,夕露見日晞。」(晨光 遠岫に映ず,夕露 日を見て晞【かわ】く。朝日の光が遠方の山にうつろうと、昨夕からかけての露は太陽がでるとまもなく乾いてしまう。

33 紅蕖 紅色の蓮の花。

 

採薇行笑歌,眷我情何已。

かくて、一人野に出て薇を采りつつ、「笑矣乎。」と行歌して、吾を思う情は決して己む時はない。

34 採薇 蕨をとる。詩經、國風 「陟彼南山、言采其薇。 未見君子、我心傷悲。」(彼の南山に陟り、言に其の薇を采る。未だ君子を見ず、我が心傷悲す。)あの南の山に登り、蕨を摘んでいます、でもわたしはまだ夫と会うことができずに、心は傷んで憂いに閉ざされています

35 笑歌 笑い歌いまた悲しみ哭することで烈的感情をいう。《周礼·春官·女巫》「凡邦之大災, 歌哭而請。」とある。李白《卷六27笑歌行二首》「笑矣乎。」(笑わんかな)がある。

 

月出石鏡間,松鳴風琴裡。

それから、月は石鏡山の谷間より出で、松聲は風琴の峡中に鳴りひびきわたる。

36 石鏡 高僧慧遠は廬山に東林寺を建てた。慧遠は太元9年(384年)の来住以来、一生、山外に出ないと誓いを立てたとされ、そのことにちなんだ「虎渓三笑」の説話の舞台もこの山である。また慧遠は蓮池を造り、その池に生える白蓮にちなんだ「白蓮社」と呼ばれる念仏結社を結成したとされ、中国の浄土教の祖とされている。慧遠は中国化された仏教の開創者であり、仏教の中国化と、中国の仏教化という潮流を作りだした。
謝霊運《入彭蠡湖口》「攀崖照石鏡,牽葉入松門。」崖に攀【よ】じて石鏡に照らし、葉を牽きつつ松門に入る。崖を攀じ登ったら廬山の石壁・石鏡に日が照り輝いている。木葉をかき分けて白蓮社の松門を入っていく。太平天国の乱で破壊される前、廬山は中国第一の仏教の聖地であり、全盛期には全山に寺廟は三百以上を数えた。

石鏡 太平寰宇記「石鏡在東山懸崖之上、其狀團圓、近之、則照見形影」(石鏡は東山懸崖の上に在り、其の狀團圓、之に近づけば、則ち形影を照し見る)一統志「石鏡峰、在南康府西二十六里、有一員石、懸崖明淨照」(石鏡峰は、南康府西二十六里に在り、一員石有り、懸崖明らか淨く照す。)

李白《13-01 廬山謠寄盧侍御虛舟》
我本楚狂人、狂歌笑孔丘。手持綠玉杖、朝別黃鶴樓。
五嶽尋仙不辭遠、一生好入名山遊。
廬山秀出南斗傍、屏風九疊雲錦張、影落明湖青黛光。
金闕前開二峰長、銀河倒掛三石梁
香爐瀑布遙相望、迴崖沓嶂凌蒼蒼。
翠影紅霞映朝日、鳥飛不到天長。
登高壯觀天地間、大江茫茫去不還
黃雲萬里動風色、白波九道流雪山
好為廬山謠、興因廬山發
閑窺石鏡清我心、謝公行處蒼苔沒
早服還丹無世情、琴心三疊道初成。
遙見仙人彩雲裡、手把芙蓉朝玉京。
先期汗漫九垓上、願接盧敖遊太清。
(廬山の廬侍御虚舟に謡い寄す)
我は本と楚の狂人、鳳歌して孔丘を笑う。手に緑の玉杖を持ち、朝に別る黄鶴楼。
五嶽に仙を尋ぬるに遠きを辞さず、一生 名山に入りて遊ぶを好む
廬山は秀で出ず 南斗の傍ら、屛風九畳 雲錦張る、影は明湖に落ちて青黛光る。
金闕 前に開いて 二峰長し、銀河は倒に挂かる 三石梁。
香炉の瀑布 遥かに相望む、 迥崖沓嶂 凌として蒼蒼たり。
翠影紅霞 朝日に映じ、鳥は飛びて到らず 呉天の長きを。
高きに登りて壮観す 天地の間、大江は茫茫として去りて還らず。
黄雲 万里 風色を動かし、白波 九道 雪山に流る。
好みて廬山の謡を為し、興じて廬山に因りて発す。
閑に石鏡を窺えば我が心清らかなり、謝公の行処は蒼苔に没す。
早に還丹を服して世情無く、琴心 三畳 道初めて成る。
遥かに仙人を見る綵雲の裏、手に芙蓉を把って玉京に朝す。
先は期さん 汗漫と九垓の上に、 願わくは廬敖に接して太清に遊ばん。 

③ 成都の北角に武担という塚があるが、その塚の上に鏡の幅は1メートル、高さは120cm程の石である、すきとおることは鏡のごとくであるという。蜀の古王開明の妃の塚だと伝える。蜀王が好色であることから様々な物語が伝えられている。杜甫は昨年760年の夏にも『石犀行』、『石筍行』、『杜鵑行』という蜀の故事をもとに詩を作っている。この詩はその続編というところである。成都の街に出てこの場所に来て作った。《巻14-363春日江村,五首之三》「經心石鏡月,到面雪山風。」(心に經る 石鏡の月,面に到る 雪山の風。成都の北角に武担にある石鏡の要におおきな満月を眺めた日も過ぎた詩、雪嶺山脈から吹き下ろす冷たい風に顔面が切れそうであったこともある。

杜甫《巻14-363春日江村,五首之三》

種竹交加翠,栽桃爛熳紅。

經心石鏡月,到面雪山風。

赤管隨王命,銀章付老翁。

豈知牙齒落,名玷薦賢中。

765年永泰元年54-17 《春日江村,五首之三》 杜甫index-15 杜甫<817 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4820 杜甫詩1500-817-1135/2500

杜甫《巻10-12石鏡》

蜀王將此鏡,送死置空山。
冥寞憐香骨,提攜近玉顏。
眾妃無複歡,千騎亦虛還。
獨有傷心石,埋輪月宇間。

石鏡 杜甫 <431  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2100 杜甫詩1000-431-614/1500

贈王二十四侍御契四十韻#8~#10

#8

石鏡通幽魄,琴台隱絳唇。

送終惟糞土,結愛獨荊榛。

置酒高林下,觀棋積水濱。

區區甘累趼,稍稍息勞筋。』

廣徳2764-98-#8 《贈王二十四侍御契四十韻》 杜甫index-14 764年贈王二十四侍御契四十韻 杜甫<770-#8 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4470 杜甫詩1500-770-#8-1065/2500

 

得心自虛妙,外物空靡。

心は自然に虚妙の霊域に至り、外物は、すべて頽壊靡散して、少しも累を人に及ぼすことはない。

37 虛妙 虚:物理的実体のない純粋に情報的な存在であり、1.中身がない。からっぽ。からにする。2.実が伴わない。妙:① 不思議なほどにすぐれているさま。霊妙なさま。② 上手であるさま。巧みであるさま。

38  靡散すること。

楊貴妃清華池002 

身世如兩忘,從君老煙水。

かくの如くして、この身も、この世も、両つながら忘れ、唯だ心霊のみが依存して、宇宙と契合する様に、吾も修業が積んだならば、その折こそ、君に従って、煙水の間に老いて、いつまでも其處に住んで居たいと思うのである。

39 老煙水 煙水の間に老いるという意。煙ははかなく消えゆき、水も東海に流れ去る。光陰矢の如し。劉長卿《尋盛禪師蘭若》「秋草黄花覆古阡,隔林何處起人煙。山僧獨在山中老,唯有寒松見少年。」(盛禪師の蘭若を 尋ぬ秋草黄花古阡を覆ひ,林を隔何處にか人煙起こる。山僧獨り山中に 老いる在りて,唯寒松の少年を見る有り。

 

 


続きを読む

743年(74)李太白集605巻十八12金門答蘇秀才  393-#4Index-23Ⅲ-2-743年天寶二年43歳 94首-(74) Ⅰ李白詩1753 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7305

李白  金門答蘇秀才 #4

願狎東海鷗,共營西山藥。棲巖君寂滅,處世余龍蠖。

良辰不同賞,永日應閒居。鳥吟簷間樹,花落窗下書。
吾が願うことは、無心にして東海の鴎をらし、君と共に西山の薬を採ろうと思うものである。君が巌谷に棲んで寂滅の域に達しでいるにも拘わらず、吾は猶お塵世に在って、或は龍の如く伸び、或は尺蠖の如く屈して、一進一退、兎角、思い通らに成らない。であれば、折角の吉日に遇うも、同じく賞することを得ず、永日を消すためには、物外に於て閒居するのが第一である。試みに君の幽棲の有様を想像すると、鳥は簷間に翳せる樹の上に歌い、花は窓下に廣げたる古書の上に落ちるのである。

李太白集

卷十八12#4

金門答蘇秀才

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7305 

Index-23

-2

743年天寶二年43歳 

94-74)#4

393 <1000>#4

 

 

 
  2016年2月8日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
743年(74)李太白集605巻十八12金門答蘇秀才  393-#4Index-23Ⅲ-2-743年天寶二年43歳 94首-(74) Ⅰ李白詩1753 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7305  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorBlog
韓愈128《 巻01-13南山詩 -#19》 韓愈(韓退之) 806年貞元22年 39歳-(1)<1666> Ⅱ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7306  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 767年-20#1杜少陵集 《20-100 寫懷,二首之一 #1》 杜甫詩index-15-1132 <1582> 767年大暦2年56歲-20#1漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7307  
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 13魏承班《巻九07訴衷情五首其三》『花間集』409全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7309  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

 

年:天寶二年43歳 94-74) #4

卷別:    卷一七八              文體:    五言古詩

詩題:    金門答蘇秀才

作地點:              長安(京畿道 / 京兆府 / 長安)

及地點:麒麟閣 (京畿道 京兆府 長安) 別名:麟閣      

交遊人物/地點:蘇秀才      書信往來(京畿道 京兆府 長安)

詩文:

 

 

金門答蘇秀才#1

(この詩は、李白が翰林に供奉し、宮禁に出入して居た頃、蘇秀才が詩を寄せたのに答へて作ったのである。)

君還石門日,朱火始改木。

君が以前に隠遁していた石門に還える日、火を取る燧の木を改めるくらいの時間であった。

春草如有情,山中尚含綠。

つまり、時候が換ったが、春草は依然として、情あるが如く、山中においては、なお緑の色を含み、ここだけは、永久に時節が換わらないようである。

折芳愧遙憶,永路當日勗。

そした中、君はわざわざ花を折って、はるかにたがいに憶い合わねば愧じという意を致され、人生の長路を行くには、常日頃、随分勉めて仕事をしなければならないといって、懇懇と我を諭された。

遠見故人心,平生以此足。

それにつけても、二人離れていれば、故人の誠意を見るだけであり、平生これを以て自ら足れりとしているのである。

(金門 蘇秀才に答う)#1

君 石門に還えるの日,朱火 始めて木を改む。

春草 有情あるが如し,山中 尚お綠を含む。

芳を折って遙憶を愧じ,永路 當に日びに勗むべし。

遠く故人の心を見る,平生 此れを以て足る。

#2

巨海納百川,麟閣多才賢。

東海の巨海が全土の百川を納るると同じく、麟閣に於ては、ひろく才賢を集めて、まことに、濟濟たる多士である。

獻書入金闕,酌醴奉瓊筵。

その時、君は、上書せんとして金闕に入り、やがて、天子が羣臣を瓊筵で宴せられる其席に列って、甘ざけを頂戴されたのである。

屢忝白雲唱,恭聞黃竹篇。

そして、妃嬪たちは、西王母が穆王のために詠ったように白雲の歌を唱へ、又天子が作られた《霓裳羽衣曲》は穆王が黄竹の篇を歌われる多様に素晴らしい歌を拝聴した。

恩光照拙薄,雲漢希騰遷。

かくて、目出たく試験に及第して進士と成り、この才拙く命薄き身にも恩光を被り、はては、青雲の上に登って、天河の邊にも行きたいと思うところである。

#2

巨海 百川を納【い】れ,麟閣 才賢多し。

書を獻じて金闕に入れ,醴を酌んで 瓊筵に奉ず。

屢しば 白雲の唱を忝うし,恭【うやうや】しく 黃竹篇を聞く。

恩光 拙薄を照らし,雲漢 騰遷を希【こいねが】う。
#3

銘鼎倘云遂,扁舟方渺然。

鼎に銘じて、神に捧げ、祖先の美を称揚して、これを後世に伝えてゆくのは、その極であり、功なって身退く時は、扁舟を浮べ、渺然として、この世を去りたいと常に心に念じていたのである。

我留在金門,君去臥丹壑。

しかし、事、志と違い、そうは行かぬところから、吾は猶は金馬門に待詔として留まって居るに拘はらず、君は長安を去って、丹壑の幽境に高臥し、

未果三山期,遙欣一丘樂。

三山に藥を採るという佳き時期は、いまだに果してはいないけれども、一丘の楽については、ひとりで占断してよろこんでいたのである。

玄珠寄象罔,赤水非寥廓。

そこで“うすぼんやりものの象罔”が赤水のほとりに於て玄珠を拾ひ上げたと同じく、ことほとさようにこれが高遠なものではないということ、この人の世に於でも、見事に宇宙の大道を体得することができたのである。

#3

鼎に銘して 倘し遂げたりと云わば,扁舟 方に渺然たり。

我 留りて 金門に在り,君 去りて 丹壑に臥す。

未だ三山の期を果さず,遙に 一丘の樂みを欣ぶ。

玄珠 象罔に寄せ,赤水 寥廓に非らず。

#4

願狎東海鷗,共營西山藥。

吾が願うことは、無心にして東海の鴎をらし、君と共に西山の薬を採ろうと思うものである。

棲巖君寂滅,處世余龍蠖。

君が巌谷に棲んで寂滅の域に達しでいるにも拘わらず、吾は猶お塵世に在って、或は龍の如く伸び、或は尺蠖の如く屈して、一進一退、兎角、思い通らに成らない。

良辰不同賞,永日應閒居。

であれば、折角の吉日に遇うも、同じく賞することを得ず、永日を消すためには、物外に於て閒居するのが第一である。

鳥吟簷間樹,花落窗下書。

試みに君の幽棲の有様を想像すると、鳥は簷間に翳せる樹の上に歌い、花は窓下に廣げたる古書の上に落ちるのである。

#4

願わくば東海の鷗に狎れ,共に西山の藥を營まむ。

巖に棲みて 君は寂滅【せきめつ】,世に處して 余は龍蠖【りょうわく】。

良辰 同じく賞せず,永日 應に閒居すべし。

鳥は吟ず 簷間の樹,花は落つ 窗下の書。
#5

緣溪見綠篠,隔岫窺紅蕖。

採薇行笑歌,眷我情何已。

月出石鏡間,松鳴風琴裡。

得心自虛妙,外物空靡。

身世如兩忘,從君老煙水。

 

簷間樹

『金門答蘇秀才』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

#4

願狎東海鷗,共營西山藥。

棲巖君寂滅,處世余龍蠖。

良辰不同賞,永日應閒居。

鳥吟簷間樹,花落窗下書。

(下し文)
#4

願わくば東海の鷗に狎れ,共に西山の藥を營まむ。

巖に棲みて 君は寂滅【せきめつ】,世に處して 余は龍蠖【りょうわく】。

良辰 同じく賞せず,永日 應に閒居すべし。

鳥は吟ず 簷間の樹,花は落つ 窗下の書。

(現代語訳)
#4

吾が願うことは、無心にして東海の鴎をらし、君と共に西山の薬を採ろうと思うものである。

君が巌谷に棲んで寂滅の域に達しでいるにも拘わらず、吾は猶お塵世に在って、或は龍の如く伸び、或は尺蠖の如く屈して、一進一退、兎角、思い通らに成らない。

であれば、折角の吉日に遇うも、同じく賞することを得ず、永日を消すためには、物外に於て閒居するのが第一である。

試みに君の幽棲の有様を想像すると、鳥は簷間に翳せる樹の上に歌い、花は窓下に廣げたる古書の上に落ちるのである。


(訳注) #4

金門答蘇秀才4

(この詩は、李白が翰林に供奉し、宮禁に出入して居た頃、蘇秀才が詩を寄せたのに答へて作ったのである。)743天寶二年43歳に 94首あり、この詩はその年の74首目になる。

 

願狎東海鷗,共營西山藥。

吾が願うことは、無心にして東海の鴎をらし、君と共に西山の薬を採ろうと思うものである。

24 東海鷗 《列子.黃帝篇》:「海上之人有好漚鳥者,每旦之海上,從漚鳥游,漚鳥之至者百住而不止。」(海上の人漚鳥を好む者有り,每旦 海上に之き,漚鳥に從って游ぶ,漚鳥の至る者 百住して止まらず。)“無心にカモメと遊んでいた人が、カモメを捕えてやろうという邪心を持ったとたんに、カモメは素早くそれを見破って、彼に近づかなくなった”というもの。

25 西山藥 仙藥のことを“西山藥”という。魏の文帝、曹丕 《折楊柳行》「西山一何高,高高殊無極,上有兩仙童,不飲亦不食。與我一丸藥,光耀有五色。」(西山一に何ぞ高し,高高して殊に極る無し,上に兩仙童有り,飲まず亦た食わず。我に一丸藥を與う,光耀 五色有り。)ということに基づく。

曹丕 《折楊柳行》

西山一何高,高高殊無極,

上有兩仙童,不飲亦不食。

與我一丸藥,光耀有五色。

服藥四五日,身體生羽翼。

輕舉乘浮雲,倏忽行萬億。

流覽觀四海,茫茫非所識。

彭祖稱七百,悠悠安可原?

老聃適西戎,於今竟不還。

王喬假虛辭,赤松垂空言。

達人識真偽,愚夫好妄傳。

追念往古事,憒憒千萬端。

百家多迂怪。聖道我所觀。

 

棲巖君寂滅,處世余龍蠖。

君が巌谷に棲んで寂滅の域に達しでいるにも拘わらず、吾は猶お塵世に在って、或は龍の如く伸び、或は尺蠖の如く屈して、一進一退、兎角、思い通らに成らない。

26 寂滅 1. 煩悩 (ぼんのう) の境地を離れ、悟りの境地に入ること。涅槃。2 消滅すること。死ぬこと。

27 蠖 尺蠖、しゃくとりむし。

 

良辰不同賞,永日應閒居。

であれば、折角の吉日に遇うも、同じく賞することを得ず、永日を消すためには、物外に於て閒居するのが第一である。

28 良辰 よい日。吉日。吉辰。 良晨 

29 閒居 人目に立たず一人でいること。

 

鳥吟簷間樹,花落窗下書。

試みに君の幽棲の有様を想像すると、鳥は簷間に翳せる樹の上に歌い、花は窓下に廣げたる古書の上に落ちるのである。


続きを読む

743年(74)李太白集605巻十八12金門答蘇秀才  393-#3 Index-23Ⅲ-2-743年天寶二年43歳 94首-(74)-#3 Ⅰ李白詩1752 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7300

李白  金門答蘇秀才 #3

銘鼎倘云遂,扁舟方渺然。我留在金門,君去臥丹壑。

未果三山期,遙欣一丘樂。玄珠寄象罔,赤水非寥廓。
鼎に銘じて、神に捧げ、祖先の美を称揚して、これを後世に伝えてゆくのは、その極であり、功なって身退く時は、扁舟を浮べ、渺然として、この世を去りたいと常に心に念じていたのである。しかし、事、志と違い、そうは行かぬところから、吾は猶は金馬門に待詔として留まって居るに拘はらず、君は長安を去って、丹壑の幽境に高臥し、三山に藥を採るという佳き時期は、いまだに果してはいないけれども、一丘の楽については、ひとりで占断してよろこんでいたのである。そこで“うすぼんやりものの象罔”が赤水のほとりに於て玄珠を拾ひ上げたと同じく、ことほとさようにこれが高遠なものではないということ、この人の世に於でも、見事に宇宙の大道を体得することができたのである。

李太白集

卷十八12#3

金門答蘇秀才

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7300 

Index-23

-2

743年天寶二年43歳 

94-74)#3

393 <1000>#3

 

 
  2016年2月7日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
743年(74)李太白集605巻十八12金門答蘇秀才  393-#3 Index-23Ⅲ-2-743年天寶二年43歳 94首-(74)-#3 Ⅰ李白詩1752 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7300  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorBlog
韓愈128《 巻01-13南山詩 -#18》 韓愈(韓退之) 806年貞元22年 39歳-(1)<1665> Ⅱ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7301  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 767年-19-#4杜少陵集 《19-22 暇日小園散病,將種秋菜,督勒耕牛,兼書觸目》#4 杜甫詩index-15-1131 <1581> 767年大暦2年56歲-19-#4 7302  
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 13魏承班《巻九06訴衷情五首其二》『花間集』408全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7304  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

 

 

年:天寶二年43歳 94-74) #3

卷別:    卷一七八              文體:    五言古詩

詩題:    金門答蘇秀才

作地點:              長安(京畿道 / 京兆府 / 長安)

及地點:麒麟閣 (京畿道 京兆府 長安) 別名:麟閣      

交遊人物/地點:蘇秀才      書信往來(京畿道 京兆府 長安)

詩文:

 

 

金門答蘇秀才#1

(この詩は、李白が翰林に供奉し、宮禁に出入して居た頃、蘇秀才が詩を寄せたのに答へて作ったのである。)

君還石門日,朱火始改木。

君が以前に隠遁していた石門に還える日、火を取る燧の木を改めるくらいの時間であった。

春草如有情,山中尚含綠。

つまり、時候が換ったが、春草は依然として、情あるが如く、山中においては、なお緑の色を含み、ここだけは、永久に時節が換わらないようである。

折芳愧遙憶,永路當日勗。

そした中、君はわざわざ花を折って、はるかにたがいに憶い合わねば愧じという意を致され、人生の長路を行くには、常日頃、随分勉めて仕事をしなければならないといって、懇懇と我を諭された。

遠見故人心,平生以此足。

それにつけても、二人離れていれば、故人の誠意を見るだけであり、平生これを以て自ら足れりとしているのである。

(金門 蘇秀才に答う)#1

君 石門に還えるの日,朱火 始めて木を改む。

春草 有情あるが如し,山中 尚お綠を含む。

芳を折って遙憶を愧じ,永路 當に日びに勗むべし。

遠く故人の心を見る,平生 此れを以て足る。

#2

巨海納百川,麟閣多才賢。

東海の巨海が全土の百川を納るると同じく、麟閣に於ては、ひろく才賢を集めて、まことに、濟濟たる多士である。

獻書入金闕,酌醴奉瓊筵。

その時、君は、上書せんとして金闕に入り、やがて、天子が羣臣を瓊筵で宴せられる其席に列って、甘ざけを頂戴されたのである。

屢忝白雲唱,恭聞黃竹篇。

そして、妃嬪たちは、西王母が穆王のために詠ったように白雲の歌を唱へ、又天子が作られた《霓裳羽衣曲》は穆王が黄竹の篇を歌われる多様に素晴らしい歌を拝聴した。

恩光照拙薄,雲漢希騰遷。

かくて、目出たく試験に及第して進士と成り、この才拙く命薄き身にも恩光を被り、はては、青雲の上に登って、天河の邊にも行きたいと思うところである。

#2

巨海 百川を納【い】れ,麟閣 才賢多し。

書を獻じて金闕に入れ,醴を酌んで 瓊筵に奉ず。

屢しば 白雲の唱を忝うし,恭【うやうや】しく 黃竹篇を聞く。

恩光 拙薄を照らし,雲漢 騰遷を希【こいねが】う。
#3

銘鼎倘云遂,扁舟方渺然。

鼎に銘じて、神に捧げ、祖先の美を称揚して、これを後世に伝えてゆくのは、その極であり、功なって身退く時は、扁舟を浮べ、渺然として、この世を去りたいと常に心に念じていたのである。

我留在金門,君去臥丹壑。

しかし、事、志と違い、そうは行かぬところから、吾は猶は金馬門に待詔として留まって居るに拘はらず、君は長安を去って、丹壑の幽境に高臥し、

未果三山期,遙欣一丘樂。

三山に藥を採るという佳き時期は、いまだに果してはいないけれども、一丘の楽については、ひとりで占断してよろこんでいたのである。

玄珠寄象罔,赤水非寥廓。

そこで“うすぼんやりものの象罔”が赤水のほとりに於て玄珠を拾ひ上げたと同じく、ことほとさようにこれが高遠なものではないということ、この人の世に於でも、見事に宇宙の大道を体得することができたのである。

#3

鼎に銘して 倘し遂げたりと云わば,扁舟 方に渺然たり。

我 留りて 金門に在り,君 去りて 丹壑に臥す。

未だ三山の期を果さず,遙に 一丘の樂みを欣ぶ。

玄珠 象罔に寄せ,赤水 寥廓に非らず。
#4

願狎東海鷗,共營西山藥。

棲巖君寂滅,處世余龍蠖。

良辰不同賞,永日應閒居。

鳥吟簷間樹,花落窗下書。

#5

緣溪見綠篠,隔岫窺紅蕖。

採薇行笑歌,眷我情何已。

月出石鏡間,松鳴風琴裡。

得心自虛妙,外物空靡。

身世如兩忘,從君老煙水。

 

李白の足跡0000 

『金門答蘇秀才』現代語訳と訳註解説
(
本文)

#3

銘鼎倘云遂,扁舟方渺然。

我留在金門,君去臥丹壑。

未果三山期,遙欣一丘樂。

玄珠寄象罔,赤水非寥廓。

(下し文)
#3

鼎に銘して 倘し遂げたりと云わば,扁舟 方に渺然たり。

我 留りて 金門に在り,君 去りて 丹壑に臥す。

未だ三山の期を果さず,遙に 一丘の樂みを欣ぶ。

玄珠 象罔に寄せ,赤水 寥廓に非らず。


(現代語訳)
#3

鼎に銘じて、神に捧げ、祖先の美を称揚して、これを後世に伝えてゆくのは、その極であり、功なって身退く時は、扁舟を浮べ、渺然として、この世を去りたいと常に心に念じていたのである。

しかし、事、志と違い、そうは行かぬところから、吾は猶は金馬門に待詔として留まって居るに拘はらず、君は長安を去って、丹壑の幽境に高臥し、

三山に藥を採るという佳き時期は、いまだに果してはいないけれども、一丘の楽については、ひとりで占断してよろこんでいたのである。

そこで“うすぼんやりものの象罔”が赤水のほとりに於て玄珠を拾ひ上げたと同じく、ことほとさようにこれが高遠なものではないということ、この人の世に於でも、見事に宇宙の大道を体得することができたのである。


(訳注) #3

金門答蘇秀才2

(この詩は、李白が翰林に供奉し、宮禁に出入して居た頃、蘇秀才が詩を寄せたのに答へて作ったのである。)743天寶二年43歳に 94首あり、この詩はその年の74首目になる。

 

銘鼎倘云遂,扁舟方渺然。

鼎に銘じて、神に捧げ、祖先の美を称揚して、これを後世に伝えてゆくのは、その極であり、功なって身退く時は、扁舟を浮べ、渺然として、この世を去りたいと常に心に念じていたのである。

16 銘鼎 《文選史岑、出師頌》「澤霑遐荒, 功銘鼎鉉。」とあり、 李善の注に《禮記》を引いて「夫鼎者有銘, 銘者, 論譔其先祖之德美功烈勳勞而酌之祭器,自成其名焉,以祀其先祖者也。」(夫れ鼎者に銘有り, 銘者は,譔を論じ其の先祖の德美、功烈、勳勞をして之の祭器を酌し, 自ら其の名を成さんや,以て其の先祖者を祀るなり。)とあるに基づく。・鼎:煮食器。肉類を煮るためのもので、鍋形の身に三足を有し、上部には一対の持ち手を有する。蓋を有するものもある。脚は太くがっしりしたもの、獣脚を象ったものなどさまざまである。新石器時代の陶器に祖形がみられ、青銅器としては殷前期から戦国時代まで製作された。煤が付着し、実際に煮炊きに使われたことのわかる個体がある一方で、火にかけた跡がなく、純粋に儀式用のものもある[32]。古代中国の青銅器のなかでもっとも重視されたもので、単なる鍋ではなく、権威の象徴とされた。西周時代には身分に応じて所持できる鼎の数が決められており、同形・同文様で大きさの異なる鼎をセットで揃える「列鼎」が作られた[33]。周王室に伝わった「禹の九鼎」は特に有名であった。「鼎の軽重を問う」という故事もここに由来する。

・方鼎:煮食器。殷前期から西周後期まで製作された。牛、羊等の犠牲獣を神に捧げるための器で、もっぱら宗廟で用いられた。上記のような用途から巨大なものが多い。

17 扁舟 小さな舟。小舟。李白《》「何如鴟夷子、散發棹扁舟。」何ぞ如かんや 鴟夷子が、發を散じて 扁舟に棹させるに。かの氾蠡(はんれい)が鴟夷子と名乗って髪をかっさばき引退し、小舟に棹さして気ままに江湖にうかんだ境地こそ何よりだ。18-#4 《古風五十九首之十八》Index-32-7 753年天寶十二年53582古風,五十九首之十八天津三月時, <18-#4> Ⅰ李白詩1171 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4403

李伯《自巴東舟行經瞿唐峽,登巫山最高峰,晚還題壁》「辭山不忍聽,揮策還孤舟。」(山を辭して 聽くに忍びず,策を揮って 孤舟に還る。 

18 渺然 広々として果てしのないさま。遥かに限りないさま。

 

我留在金門,君去臥丹壑。

しかし、事、志と違い、そうは行かぬところから、吾は猶は金馬門に待詔として留まって居るに拘はらず、君は長安を去って、丹壑の幽境に高臥し、

丹壑 石門の舊居ということで、隠遁するであろう所縁のある所を邈然というもの。

 

未果三山期,遙欣一丘樂。

三山に藥を採るという佳き時期は、いまだに果してはいないけれども、一丘の楽については、ひとりで占断してよろこんでいたのである。

19 三山期 東海の神仙三山、蓬莱、瀛州、方丈を言い、其処に往きつく佳き時期の事。

20 遙欣一丘樂 《漢書·敘傳上》「漁釣於一壑,則萬物不奸其志;棲遲於一丘,則天下不易其樂。」(一壑に於いて漁釣すれば,則ち萬物 其の志を奸さず;一丘に於いて棲遲すれば,則ち天下 其の樂を易えず。)とあるに基づく。

 

玄珠寄象罔,赤水非寥廓。

そこで“うすぼんやりものの象罔”が赤水のほとりに於て玄珠を拾ひ上げたと同じく、ことほとさようにこれが高遠なものではないということ、この人の世に於でも、見事に宇宙の大道を体得することができたのである。

21 玄珠・象罔 玄珠と呼ばれる価値のある石「玄珠石」ここでは、価値のある生き方の事。玄珠石のような道、ということ。うすぼんやりものの象罔ということ。《莊子·外篇・天地》「黃帝遊乎赤水之北,登乎崑崙之丘而南望,還歸,遺其玄珠,使知索之而不得,使離朱索之而不得,使喫詬索之而不得也。乃使象罔,象罔得之。」(黃帝 赤水の北に遊び,崑崙の丘に登り而して南望す,還た歸り,其の玄珠を遺す,使ち之を索めて得ざるを知り,使ち朱 之をめ離れて得ず,使ち 詬 之を索めて得ざるを喫るなり。乃ち象罔を使す,象罔 之を得たり。)“黄帝が赤水の北方に遊び、崑崙の丘に登って南方を望み見てから帰ってきたが、その玄珠を忘れたことに気がついた。もの知りの知をやって探させたが探しだせず、目のよくきく離朱をやって探させたが探しだせず、弁のたつ喫逅(かいこう)をやって探させたが探しだせなかった。そこで、うすぼんやりものの象罔をやったところ、象罔は玄珠を見つけてきた。”とあるに基づく。

22 赤水 赤水河。長江の右岸の支流、雲南省の北東端、昭通市鎮雄県安家壩の源流から東に向かい、貴州省と四川省を経て、四川省瀘州市合江県で長江に流入する。全長は436.5km、流域面積は20,440平方km。赤水河という名は、夏になると泥で赤茶色に濁ることから付けられている。

23 寥廓 空虚に広いさま。広々として大きいさま。高遠なもの。文選·曹植·贈白馬王彪七首其二詩:「太谷何寥廓,山樹鬱蒼蒼。」

 

曹植《贈白馬王彪 七首其二》

大谷何寥廓,山樹郁蒼蒼。霖雨泥我途,流潦浩從橫。

中逵無軌,改轍登高崗。修阪造雲日,我馬玄以黃。

この大谷関所のあたりは、何んとも空虚なものである。鬱蒼と生いしげる山の樹木が、どこまでもつづいている。

秋の長雨がふりつづく、私の旅の道は泥まみれですすむのがはかどらせない。道のたまり水がずうっとむこうまで地面をおおっている。

暫く行くと辻にきていた、そこには、前に通ったわだちのあとなど全く見当らない。やっと見つけた轍のほうに道をかえて高い山の背に登って行くのである。

長くけわしい山坂は、雲に、太陽にとどかんばかりなのだ。私の馬は黄色になっている。馬も私も疲れはててしまった。

太谷何んぞ寥廓【りょうかく】たる、山樹【さんじゅ】鬱として蒼蒼たり。
霖雨【りんう】我が途を泥【とど】こおらせ、流潦【りゅうりょう】浩として縦横たり。
中逵【ちゅうき】絶えて軌【あと】無く、轍【てつ】を改めて高岡【こうこう】に登る。
修阪【しゅうばん】雲日に造【いた】り、我が馬 玄【げん】以って黄す。

泰山002 

 

 

続きを読む

743年(74)李太白集605巻十八12金門答蘇秀才  393-#2Index-23Ⅲ-2-743年天寶二年43歳 94首-(74) Ⅰ李白詩1751 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7295

李白  金門答蘇秀才#2

巨海納百川,麟閣多才賢。獻書入金闕,酌醴奉瓊筵。

屢忝白雲唱,恭聞黃竹篇。恩光照拙薄,雲漢希騰遷。

東海の巨海が全土の百川を納るると同じく、麟閣に於ては、ひろく才賢を集めて、まことに、濟濟たる多士である。その時、君は、上書せんとして金闕に入り、やがて、天子が羣臣を瓊筵で宴せられる其席に列って、甘ざけを頂戴されたのである。そして、妃嬪たちは、西王母が穆王のために詠ったように白雲の歌を唱へ、又天子が作られた《霓裳羽衣曲》は穆王が黄竹の篇を歌われる多様に素晴らしい歌を拝聴した。かくて、目出たく試験に及第して進士と成り、この才拙く命薄き身にも恩光を被り、はては、青雲の上に登って、天河の邊にも行きたいと思うところである。

李太白集

卷十八12#2

金門答蘇秀才

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7295 

Index-23

-2

743年天寶二年43歳 

94-74)#2

393 <1000>#2


 
  2016年2月6日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
743年(74)李太白集605巻十八12金門答蘇秀才  393-#2Index-23Ⅲ-2-743年天寶二年43歳 94首-(74) Ⅰ李白詩1751 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7295  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorBlog
韓愈128《 巻01-13南山詩 -#17》 韓愈(韓退之) 806年貞元22年 39歳-(1)<1664> Ⅱ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7296  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 767年-19-#3杜少陵集 《19-22 暇日小園散病,將種秋菜,督勒耕牛,兼書觸目》#3 杜甫詩index-15-1130 <1580> 767年大暦2年56歲-19-#3 7297  
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 13魏承班《巻九05訴衷情五首其一》『花間集』407全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7299  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

 

年:天寶二年43歳 94-74) #2

卷別:    卷一七八              文體:    五言古詩

詩題:    金門答蘇秀才

作地點:              長安(京畿道 / 京兆府 / 長安)

及地點:麒麟閣 (京畿道 京兆府 長安) 別名:麟閣      

交遊人物/地點:蘇秀才      書信往來(京畿道 京兆府 長安)

詩文:

 

 

金門答蘇秀才#1

(この詩は、李白が翰林に供奉し、宮禁に出入して居た頃、蘇秀才が詩を寄せたのに答へて作ったのである。)

君還石門日,朱火始改木。

君が以前に隠遁していた石門に還える日、火を取る燧の木を改めるくらいの時間であった。

春草如有情,山中尚含綠。

つまり、時候が換ったが、春草は依然として、情あるが如く、山中においては、なお緑の色を含み、ここだけは、永久に時節が換わらないようである。

折芳愧遙憶,永路當日勗。

そした中、君はわざわざ花を折って、はるかにたがいに憶い合わねば愧じという意を致され、人生の長路を行くには、常日頃、随分勉めて仕事をしなければならないといって、懇懇と我を諭された。

遠見故人心,平生以此足。

それにつけても、二人離れていれば、故人の誠意を見るだけであり、平生これを以て自ら足れりとしているのである。

(金門 蘇秀才に答う)#1

君 石門に還えるの日,朱火 始めて木を改む。

春草 有情あるが如し,山中 尚お綠を含む。

芳を折って遙憶を愧じ,永路 當に日びに勗むべし。

遠く故人の心を見る,平生 此れを以て足る。
#2

巨海納百川,麟閣多才賢。

東海の巨海が全土の百川を納るると同じく、麟閣に於ては、ひろく才賢を集めて、まことに、濟濟たる多士である。

獻書入金闕,酌醴奉瓊筵。

その時、君は、上書せんとして金闕に入り、やがて、天子が羣臣を瓊筵で宴せられる其席に列って、甘ざけを頂戴されたのである。

屢忝白雲唱,恭聞黃竹篇。

そして、妃嬪たちは、西王母が穆王のために詠ったように白雲の歌を唱へ、又天子が作られた《霓裳羽衣曲》は穆王が黄竹の篇を歌われる多様に素晴らしい歌を拝聴した。

恩光照拙薄,雲漢希騰遷。

かくて、目出たく試験に及第して進士と成り、この才拙く命薄き身にも恩光を被り、はては、青雲の上に登って、天河の邊にも行きたいと思うところである。

#2

巨海 百川を納【い】れ,麟閣 才賢多し。

書を獻じて金闕に入れ,醴を酌んで 瓊筵に奉ず。

屢しば 白雲の唱を忝うし,恭【うやうや】しく 黃竹篇を聞く。

恩光 拙薄を照らし,雲漢 騰遷を希【こいねが】う。
#3

銘鼎倘云遂,扁舟方渺然。

我留在金門,君去臥丹壑。

未果三山期,遙欣一丘樂。

玄珠寄象罔,赤水非寥廓。

#4

願狎東海鷗,共營西山藥。

棲巖君寂滅,處世余龍蠖。

良辰不同賞,永日應閒居。

鳥吟簷間樹,花落窗下書。

#5

緣溪見綠篠,隔岫窺紅蕖。

採薇行笑歌,眷我情何已。

月出石鏡間,松鳴風琴裡。

得心自虛妙,外物空靡。

身世如兩忘,從君老煙水。

 

大明宮の圖003 

『金門答蘇秀才』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

#2

巨海納百川,麟閣多才賢。

獻書入金闕,酌醴奉瓊筵。

屢忝白雲唱,恭聞黃竹篇。

恩光照拙薄,雲漢希騰遷。

(下し文)
#2

巨海 百川を納【い】れ,麟閣 才賢多し。

書を獻じて金闕に入れ,醴を酌んで 瓊筵に奉ず。

屢しば 白雲の唱を忝うし,恭【うやうや】しく 黃竹篇を聞く。

恩光 拙薄を照らし,雲漢 騰遷を希【こいねが】う。

(現代語訳)
#2

東海の巨海が全土の百川を納るると同じく、麟閣に於ては、ひろく才賢を集めて、まことに、濟濟たる多士である。

その時、君は、上書せんとして金闕に入り、やがて、天子が羣臣を瓊筵で宴せられる其席に列って、甘ざけを頂戴されたのである。

そして、妃嬪たちは、西王母が穆王のために詠ったように白雲の歌を唱へ、又天子が作られた《霓裳羽衣曲》は穆王が黄竹の篇を歌われる多様に素晴らしい歌を拝聴した。

かくて、目出たく試験に及第して進士と成り、この才拙く命薄き身にも恩光を被り、はては、青雲の上に登って、天河の邊にも行きたいと思うところである。


(訳注) #2

金門答蘇秀才2

(この詩は、李白が翰林に供奉し、宮禁に出入して居た頃、蘇秀才が詩を寄せたのに答へて作ったのである。)743天寶二年43歳に 94首あり、この詩はその年の74首目になる。

霓裳羽衣舞002 

巨海納百川,麟閣多才賢。

東海の巨海が全土の百川を納るると同じく、麟閣に於ては、ひろく才賢を集めて、まことに、濟濟たる多士である。

8 麟閣多才賢 麒麟閣の略。別に畫麟閣.雲嫖姚というもとは漢の高祖の時、蒲何が建てて、図書を蔵していたが、のち漢の宜帝は功臣を紀念して表彰するため、霍光等十一人の像を閣上に画かした。宣帝は戎狄が定まって皆、賓服 し、股肱の臣の美を思い、功臣を人に図画させて麒麟閣に絵諸させた。 麒麟閣は未央宮にある。麒麟閣には十一臣が描かれた。 容貌に官爵、姓名を記した。麒麟閣十一臣は以下の通り。・大司馬大将軍博陸侯 姓霍氏、・衛将軍富平侯 張安世、・車騎将軍龍額侯 韓増、・後将軍営平侯 趙充国、・丞相高平侯 魏相、・丞相博陽侯 邴吉、・御史大夫建平侯 杜延年、・ 宗正陽城侯 劉徳、・少府 梁邱賀、・太子太傅 蕭望之、・典属国 蘇武

李白 《塞下曲,六首之三》「駿馬似風飆,鳴鞭出渭橋。彎弓辭漢月,插羽破天驕。陣解星芒盡,營空海霧消。功成畫麟閣,獨有霍嫖姚。」

唐の玄宗皇帝の故事に由来する。 玄宗皇帝は音楽や舞踏の愛好家で、自ら舞楽を教えていた。 その場所に梨が多く植えられていたことから、音楽や舞踏を学ぶ者を「梨園の弟子」といい、転じて、その世界をさすようになった。

 

獻書入金闕,酌醴奉瓊筵。

その時、君は、上書せんとして金闕に入り、やがて、天子が羣臣を瓊筵で宴せられる其席に列って、甘ざけを頂戴されたのである。

9 獻書 燕は当時桁外れの力を有していた斉とは国力でも軍事力でも比べ物にならなかった。しかしそれでもなお恨みを晴らしたいと言う昭王の意向に対し、楽毅は他国と連合して斉に当たるべしと説いた“奉上書札;上書。 多指向有地位者陳述意見。獻書 樂毅 《報燕惠書》”をいう。あるいは、詩文を献上すること。

10 金闕 漢の未央宮(びおうきゅう)にあった金馬門の異称。「禁闕(きんけつ)」に同じ。

11 酌醴 天子から賜る甘酒。

12 奉瓊筵 興慶宮勤政楼の前庭につくられた野外舞台の宴席。

 

屢忝白雲唱,恭聞黃竹篇。

そして、妃嬪たちは、西王母が穆王のために詠ったように白雲の歌を唱へ、又天子が作られた《霓裳羽衣曲》は穆王が黄竹の篇を歌われる多様に素晴らしい歌を拝聴した。

13 白雲唱 興慶宮勤政楼に永新の歌声を、西王母の穆王との故事に倣ってたとえたもの。永信は美貌と聡い性質を持ち、歌に長じ、作曲を行い、韓娥・李延年の千年来の再来と称せられた。玄宗から寵愛を受け、演奏中もその歌声は枯れることがなく、玄宗から「その歌声は千金の価値がある」と評せられる。玄宗が勤政楼から顔を出した時、群衆が騒ぎだしたので、高力士の推薦で永新に歌わせたところ、皆、静まりかえったという説話が伝わっている。天子觴西王母於瑤池之上,西王母為天子謠曰:『白雲在天,山陵自出,道里悠遠,山川間之,將子無死,尚能復來。』《穆天子傳、卷三》

14 黃竹篇 玄宗が夢のなかで天上の月宮に遊び、仙女が舞っていた調べをもとに作った《霓裳羽衣曲》を、穆王の《黃竹篇》になぞらえていう。穆王が大寒の時、凍える中詩を三首詠んだところ、それを上手に歌にして寒さをしのいで楽しく過ごせたことから、玄宗の妃賓、念奴のことを例えたのであろう。念奴は、『開元天宝遺事』に見える。容貌に優れ、歌唱に長け、官妓の中でも、玄宗の寵愛を得ていた。玄宗の近くを離れたことがなく、いつも周りの人々を見つめていて、玄宗に「この女は妖麗で、眼で人を魅了する」と評された。その歌声は、あらゆる楽器の音よりもよく響き渡ったと伝えられる。唐代詩人の元稹の「連昌宮詞」に、玄宗時代の盛時をあらわす表現として、玄宗に命じられた高力士が、彼女を呼び、その歌声を披露する場面がある。清代の戯曲『長生殿』にも、永新とともに、楊貴妃に仕える侍女として登場する。《穆天子傳》卷五「日中大寒,北風雨雪,有凍人,天子作詩三章以哀民曰:「我徂黃竹,○員閟寒,帝收九行。嗟我公侯,百辟冢卿,皇我萬民,旦夕勿忘。」・・・天子曰:余一人淫、不皇万民口登,方宿于黄竹。

『霓裳羽衣舞』は唐代舞踊を代表する演目で、「霓裳」とは虹のように美しいもすそ(スカート)、「羽衣」は鳥の羽のように軽い衣のこと。唐の玄宗皇帝が夢のなかで天上の月宮に遊び、仙女が舞っていた調べをもとに作った。

 

恩光照拙薄,雲漢希騰遷。

かくて、目出たく試験に及第して進士と成り、この才拙く命薄き身にも恩光を被り、はては、青雲の上に登って、天河の邊にも行きたいと思うところである。

15 雲漢 河漢 あまのがわ。天河・銀河・経河・銀漢・雲漢・星漢・天津・漢津等はみなその異名である。杜甫『天河』。

天河 杜甫 <292> kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1343 杜甫詩 700- 412

秦州抒情詩(8)  初月 杜甫 <293> kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1346 杜甫詩 - 413

 

 

 

 

金門答蘇秀才》 【字解】

 

1 金門 漢代の未央宮にあった門で、金門・金閨門の名であり、文学の士(学問をもって天子に仕える人)がここから出仕した。本来この門は、「魯般門」という名であるが、門の外に銅製の馬があることからこうよばれた。揚雄 解嘲 「與羣賢同行,歷金門,上玉堂」(羣賢と同行し,金門を歷,玉堂に上る)とある。唐における金門は、右銀臺門をいい、宣政殿の北には紫宸門があり、その内側には紫宸殿がある。紫宸殿の南にある紫寢門の左側には崇明門があり、右側には光順門がある。紫宸殿の東の方角には左銀台門があり、西の方角には右銀台門がある。この門の北沿いに九仙門がある。唐時代では、右銀台門より学士がことから金馬門といい、翰林學士院に出仕するものの代名詞とされた。銀臺 雍録載するところの大典大明宮の圖に「紫宸殿側に右銀臺門、左銀臺門あり」と記してある。學士は院門を出でてより、右銀臺門に至るまで、皆歩行して直に至り、すでに宮城の銀臺門外に出でて、それから馬に乗ることに成って居る。唐.李肇の《翰林志》:「今在右銀臺門之北,第一門向牓曰翰林之門,其制高大重複,號為胡門,入門直西為學士院,即開元十六年所置也。」(今右銀臺門の北にり,第一門牓に向う翰林の門を曰う,其れ高大重複を制し,胡門を為すを號し,門に入り直西は學士院を為し,即ち開元十六年(728)に所置されるなり。)唐.李白.相逢行:「朝騎五花馬,謁帝出銀臺。」(朝に五花の馬に騎し,帝に謁して 銀臺を出ず。)朝に五花の文ある名馬に跨って参内し、天子に拝謁したる後、銀臺門を出でて歸途に就いた人がある。

2 答蘇 蘇が誰であるか、天寶中(742756)の進士とした蘇源明であればこの時期、科挙試験の地方推薦の秀才であったのでる。

3 秀才 秀才(しゅうさい)は、中国の科挙(官吏登用試験)の科目の一つである。郷挙里選で秀才が設けられたのは、漢代のことである。後漢の時期は、光武帝の諱を避けて「茂才」と呼ばれた。初唐の科挙では、明経・進士・明法などの科目の中で、科挙の筆頭科に位置づけられていた。一時中断されたが714年以降復活し、この詩の段階では、存在している。

4 石門 石門の舊居ということで、隠遁するであろう所縁のある所を邈然というものである。石門舊居と 《太平府志》「横望山在當塗 東六十里、春秋楚子重伐呉至於横山、卽此山也。實為金陵/朝對之山。真誥稱、其石形瓌竒、洞穴盤紆、陶居、嘗棲遲此地、煉丹。故有陶公讀書堂、石門、古祠、灰/井、丹爐諸遺跡。書堂今為澄心寺。石門、山水尤竒、盤道屈曲、沿道而入、峭壁二里、夾石參天、左擁右/抱、羅列拱揖、髙者抗層霄、下者入衍奥。中有玉泉、嵌空、淵淵而來、春夏霖潦奔馳、秋冬澄流一碧、縈/繞如練。觀詩中所稱、隠居山寺、陶公鍊液、石門流水之諸句、知在石門之旧居其處。」とあるに基づく。

(この詩は、李白が鄴中において、王勸というものに会い、その高鳳幽居の遺跡たる石門山に入ろうとするのを聞いてこの詩を作って送ったもの)

高鳳石門山 石門山 (都畿道 汝州 葉縣)  高鳳石門山幽居は後漢書、高鳳傳にみえる遺跡であり、汝州 葉縣に隠遁するのでこういったのである。       

李白が石門を詠ったものは以下に示す。

286巻七53和盧侍御通塘曲

石門中斷平湖出。 百丈金潭照云日。

320巻八卷八34鄴中贈王大 (一作鄴中王大勸入高鳳石門山幽居 )

高鳳石門山幽居遺跡

421巻十二11聞丹丘子于城北營石門幽居中有高鳳遺跡

高鳳石門山幽居遺跡

42112-11聞丹丘子于城北營石門幽居中有高鳳遺跡 仆離群遠懷亦有棲遁之志因敘舊以寄之

聞君臥石門。 宿昔契彌敦。

500卷十五3送王屋山人魏萬還王屋 并序

經永嘉。觀謝公石門。

500卷十五3送王屋山人魏萬還王屋 并序

縉云川谷難。 石門最可觀。

513卷十五16魯郡堯祠送竇明府薄華還西京 時久病初起作

長楊掃地不見日。 石門噴作金沙潭。

521卷十六24300魯郡東石門送杜二甫

何時石門路。 重有金樽開。

726巻二十一4 下途歸石門舊居 (高鳳石門山幽居遺跡)

下視白日晚。 既過石門隱。

605巻十八12金門答蘇秀才

高鳳石門山幽居遺跡

610巻十八17答從弟幼成過西園見贈

衣劍照松宇。 賓徒光石門。

660巻十九34與周剛清溪玉鏡潭宴別 潭在秋浦桃胡陂下高鳳石門山幽居遺跡

高鳳石門山幽居遺跡

726巻二十一4 下途歸石門舊居

高鳳石門山幽居遺跡

726巻二十一4 下途歸石門舊居

懸知樂客遙相待。 石門流水遍桃花。

781巻二十二26.尋高鳳石門山中元丹丘

高鳳石門山幽居遺跡

5 朱火始改木 時間経過により変わることを言う。  

張華《文選、雑詩》(雑詩三首、玉台新詠二首) 「晷度隨天運,四時互相承。東壁正昏中,涸陰寒節升。繁霜降當夕,悲風中夜興。朱火青無光,蘭膏坐自凝。」(晷度【きど】は天に隨って運り 四時は互いに相承く。東壁は正に昏に中し 固陰の寒節は升る。繁霜、当夕に降り 悲風 中夜に興る。朱火青くして光無く 蘭膏坐ろに自ら凝る。)

張茂先(張華)雜詩三首(1

晷度隨天運,四時互相承。東壁正昏中,涸陰寒節升。

繁霜降當夕,悲風中夜興。朱火青無光,蘭膏坐自凝。

重衾無暖氣,挾纊如懷冰。伏枕終遙昔,寤言莫予應。

永思慮崇替,慨然獨拊膺。

2

逍遙遊春宮,容與緣池阿。白蘋齊素葉,朱草茂丹華。

微風搖芳若,層波動芰荷。榮彩曜中林,流馨入綺羅。

王孫遊不歸,修路邈以遐。誰與翫遺芳,佇立獨咨嗟。

3

荏苒日月運,寒暑忽流易。同好逝不存,迢迢遠離析。

房櫳自來風,庭無行跡。蒹葭生床下,蛛蝥網四壁。

懷思豈不隆,感物重鬱積。遊雁比翼翔,歸鴻知接翮。

來哉彼君子,無然徒自隔。

晉.張協 文選《雜詩十首之一》「離居幾何時?鑽燧忽改木。」(離居すること幾何の時ぞ?燧を鑽るに忽ち木を改む。)とあるに基づく。

6 愧 涅槃経には、「慚はみづから罪を作らず、愧は他を教へてなさしめず。慚は内にみづから羞恥す、愧は発露して人に向かふ。慚は人に羞づ、愧は天に羞づ。これを慚愧と名づく。無慚愧は名づけて人とせず、名づけて畜生とす。

7 勗 励ます.相勖。=努力して学ぶということで互いに励まし合う.勖其向上=向上するように励ます.

 

------ 参考 ------

蘇源明,京兆武功人。初名預,字弱夫。天寶中進士,更試集賢院,累遷太子諭德。出為東平太守,召拜國子司業。安祿山陷京師,以病不受偽署。肅宗複兩京,擢考功郎中、知制誥,終秘書少監。

(てい けん、生没年不詳)は、唐代玄宗朝の学者。詩、書、画に長け、多くの著書をものしたが、貧困にあえいだ。のち、安史の乱において燕に降伏し、官職を受けたため、乱後に左遷された。杜甫と特に親交があった。

鄭州の滎陽の出身。地理や地形、地方の物産、各地の兵の数について詳しかった。高官であった蘇挺と年齢を越えた交わりを結び、その推薦を受けた。天宝元年 742年、協律郎に就任し、80以上の著書を書き上げたが、その著書に国史を私撰した部分があるという上書が出されたことで、10年間地方に流された。長安に戻ってからも、玄宗からその才能を愛され、広文館の博士に任命され、国子司業の蘇源明と交流があった。山水画、書道、詩作に長じ、玄宗にそれを献上し、「鄭虔三絶(詩、書、画)」と賞され、著作郎に移った。

天宝14載(755年)、安史の乱が勃発すると、燕の軍に捕らえられて洛陽に移され、安禄山側の水部郎中に任命された。密かに粛宗の唐側に通じたが、至徳2載(757年)、安慶緒の洛陽逃亡の際に、張通と王維とともに、燕に降伏した罪で宣陽里に閉じこめられた。3人とも画に長じていたため、崔圓によって、壁画を描かせられ、死罪を免れ、台州の司戸参軍事に落とされた。その数年後に死去している。

官職に就いた時でも貧困のままで、紙に不足することもあった。そのため、杜甫の詩に、「才名四十年、坐客寒にして氈(敷物)無し」と詠まれている。杜甫、李白ともに詩酒の友であったと伝えられる。

その画について、王維、畢宏とともに三絶と呼ばれた。晩唐の朱景玄も『唐朝名画録』において、第七位「能品上」に評価している。

木と石の画に長けており、松石図を門下省の壁に描き、杜甫など多くの詩人に詩で称えられた。当代において、その画の名声は高く、樹木の画法に変革を行ったと伝えられる。

大歴2年(767年)、給事中となり、その後、京兆少尹に移り、太子左庶子となった。

その画は、「唐朝名画録」において、第七位「能品上」に評価されている。

秀才(しゅうさい)は、中国の科挙(官吏登用試験)の科目の一つである。郷挙里選で秀才が設けられたのは、漢代のことである。後漢の時期は、光武帝の諱を避けて「茂才」と呼ばれた。隋代に科挙が始められると、科挙の科目になった秀才は科挙中でも重視され、及第者は10名にしか過ぎなかった。

初唐の科挙では、明経・進士・明法などの科目の中で、科挙の筆頭科に位置づけられていた。その試験科目としては、方略策を5道課し、その文理の精粗によって判定された。貞観年間(627 - 649年)に、地方から推薦された学生が不合格になった際には、推挙した州県官に罰則が下される規定が新設された。これによって、推薦者・受験者が無くなってしまった。開元年間(714 - 741年)に一時的に復活したが、及第者が現われず、遂に廃止された。

以後、科挙に応募した者を秀才と称するようになった。

743年(74)李太白集605巻十八12金門答蘇秀才  393Index-23Ⅲ-2-743年天寶二年43歳 94首-(74) Ⅰ李白詩1750 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7290

李白  金門答蘇秀才#1

君還石門日,朱火始改木。春草如有情,山中尚含綠。

折芳愧遙憶,永路當日勗。遠見故人心,平生以此足。

(この詩は、李白が翰林に供奉し、宮禁に出入して居た頃、蘇秀才が詩を寄せたのに答へて作ったのである。)

君が以前に隠遁していた石門に還える日、火を取る燧の木を改めるくらいの時間であった。つまり、時候が換ったが、春草は依然として、情あるが如く、山中においては、なお緑の色を含み、ここだけは、永久に時節が換わらないようである。そした中、君はわざわざ花を折って、はるかにたがいに憶い合わねば愧じという意を致され、人生の長路を行くには、常日頃、随分勉めて仕事をしなければならないといって、懇懇と我を諭されたそれにつけても、二人離れていれば、故人の誠意を見るだけであり、平生これを以て自ら足れりとしているのである。

李太白集

卷十八12

金門答蘇秀才

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7290 

Index-23

-2

743年天寶二年43歳 

94-74

393 <1000


 
  2016年2月5日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
743年(74)李太白集605巻十八12金門答蘇秀才  393Index-23Ⅲ-2-743年天寶二年43歳 94首-(74) Ⅰ李白詩1750 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7290  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
 
 LiveDoorBlog
韓愈128《 巻01-13南山詩 -#16》 韓愈(韓退之) 806年貞元22年 39歳-(1)<1663> Ⅱ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ7291  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 767年-19-#2杜少陵集 《19-22 暇日小園散病,將種秋菜,督勒耕牛,兼書觸目》#2 杜甫詩index-15-1129 <1579> 767年大暦2年56歲-19-#2 7292  
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 13魏承班《巻九04玉樓春二首其二》『花間集』406全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-7294  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

 

年:天寶二年43歳 94-74) 

卷別:    卷一七八              文體:    五言古詩

詩題:    金門答蘇秀才

作地點:              長安(京畿道 / 京兆府 / 長安)

及地點:麒麟閣 (京畿道 京兆府 長安) 別名:麟閣      

交遊人物/地點:蘇秀才      書信往來(京畿道 京兆府 長安)

詩文:

 

 

金門答蘇秀才#1

君還石門日,朱火始改木。

春草如有情,山中尚含綠。

折芳愧遙憶,永路當日勗。

遠見故人心,平生以此足。

(この詩は、李白が翰林に供奉し、宮禁に出入して居た頃、蘇秀才が詩を寄せたのに答へて作ったのである。)

君が以前に隠遁していた石門に還える日、火を取る燧の木を改めるくらいの時間であった。

つまり、時候が換ったが、春草は依然として、情あるが如く、山中においては、なお緑の色を含み、ここだけは、永久に時節が換わらないようである。

そした中、君はわざわざ花を折って、はるかにたがいに憶い合わねば愧じという意を致され、人生の長路を行くには、常日頃、随分勉めて仕事をしなければならないといって、懇懇と我を諭された

それにつけても、二人離れていれば、故人の誠意を見るだけであり、平生これを以て自ら足れりとしているのである。

(金門 蘇秀才に答う)#1

君 石門に還えるの日,朱火 始めて木を改む。

春草 有情あるが如し,山中 尚お綠を含む。

芳を折って遙憶を愧じ,永路 當に日びに勗むべし。

遠く故人の心を見る,平生 此れを以て足る。
#2

巨海納百川,麟閣多才賢。

獻書入金闕,酌醴奉瓊筵。

屢忝白雲唱,恭聞黃竹篇。

恩光照拙薄,雲漢希騰遷。

#3

銘鼎倘云遂,扁舟方渺然。

我留在金門,君去臥丹壑。

未果三山期,遙欣一丘樂。

玄珠寄象罔,赤水非寥廓。

#4

願狎東海鷗,共營西山藥。

棲巖君寂滅,處世余龍蠖。

良辰不同賞,永日應閒居。

鳥吟簷間樹,花落窗下書。

#5

緣溪見綠篠,隔岫窺紅蕖。

採薇行笑歌,眷我情何已。

月出石鏡間,松鳴風琴裡。

得心自虛妙,外物空靡。

身世如兩忘,從君老煙水。

 

 

『金門答蘇秀才』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

金門答蘇秀才#1

君還石門日,朱火始改木。

春草如有情,山中尚含綠。

折芳愧遙憶,永路當日勗。

遠見故人心,平生以此足。

(下し文)
(金門 蘇秀才に答う)#1

君 石門に還えるの日,朱火 始めて木を改む。

春草 有情あるが如し,山中 尚お綠を含む。

芳を折って遙憶を愧じ,永路 當に日びに勗むべし。

遠く故人の心を見る,平生 此れを以て足る。

(現代語訳)
金門答蘇秀才#1(この詩は、李白が翰林に供奉し、宮禁に出入して居た頃、蘇秀才が詩を寄せたのに答へて作ったのである。)

君が以前に隠遁していた石門に還える日、火を取る燧の木を改めるくらいの時間であった。

つまり、時候が換ったが、春草は依然として、情あるが如く、山中においては、なお緑の色を含み、ここだけは、永久に時節が換わらないようである。

そした中、君はわざわざ花を折って、はるかにたがいに憶い合わねば愧じという意を致され、人生の長路を行くには、常日頃、随分勉めて仕事をしなければならないといって、懇懇と我を諭された

それにつけても、二人離れていれば、故人の誠意を見るだけであり、平生これを以て自ら足れりとしているのである。


(訳注)

金門答蘇秀才#1

(この詩は、李白が翰林に供奉し、宮禁に出入して居た頃、蘇秀才が詩を寄せたのに答へて作ったのである。)743天寶二年43歳に 94首あり、この詩はその年の74首目になる。

金門 漢代の未央宮にあった門で、金門・金閨門の名であり、文学の士(学問をもって天子に仕える人)がここから出仕した。本来この門は、「魯般門」という名であるが、門の外に銅製の馬があることからこうよばれた。揚雄 解嘲 「與羣賢同行,歷金門,上玉堂」(羣賢と同行し,金門を歷,玉堂に上る)とある。唐における金門は、右銀臺門をいい、宣政殿の北には紫宸門があり、その内側には紫宸殿がある。紫宸殿の南にある紫寢門の左側には崇明門があり、右側には光順門がある。紫宸殿の東の方角には左銀台門があり、西の方角には右銀台門がある。この門の北沿いに九仙門がある。唐時代では、右銀台門より学士がことから金馬門といい、翰林學士院に出仕するものの代名詞とされた。銀臺 雍録載するところの大典大明宮の圖に「紫宸殿側に右銀臺門、左銀臺門あり」と記してある。學士は院門を出でてより、右銀臺門に至るまで、皆歩行して直に至り、すでに宮城の銀臺門外に出でて、それから馬に乗ることに成って居る。唐.李肇の《翰林志》:「今在右銀臺門之北,第一門向牓曰翰林之門,其制高大重複,號為胡門,入門直西為學士院,即開元十六年所置也。」(今右銀臺門の北にり,第一門牓に向う翰林の門を曰う,其れ高大重複を制し,胡門を為すを號し,門に入り直西は學士院を為し,即ち開元十六年(728)に所置されるなり。)唐.李白.相逢行:「朝騎五花馬,謁帝出銀臺。」(朝に五花の馬に騎し,帝に謁して 銀臺を出ず。)朝に五花の文ある名馬に跨って参内し、天子に拝謁したる後、銀臺門を出でて歸途に就いた人がある。

答蘇 蘇が誰であるか、天寶中(742756)の進士とした蘇源明であればこの時期、科挙試験の地方推薦の秀才であったのでる。

秀才 秀才(しゅうさい)は、中国の科挙(官吏登用試験)の科目の一つである。郷挙里選で秀才が設けられたのは、漢代のことである。後漢の時期は、光武帝の諱を避けて「茂才」と呼ばれた。初唐の科挙では、明経・進士・明法などの科目の中で、科挙の筆頭科に位置づけられていた。一時中断されたが714年以降復活し、この詩の段階では、存在している。

 

君還石門日,朱火始改木。

君が以前に隠遁していた石門に還える日、火を取る燧の木を改めるくらいの時間であった。

石門 石門の舊居ということで、隠遁するであろう所縁のある所を邈然というものである。石門舊居と 《太平府志》「横望山在當塗 東六十里、春秋楚子重伐呉至於横山、卽此山也。實為金陵/朝對之山。真誥稱、其石形瓌竒、洞穴盤紆、陶居、嘗棲遲此地、煉丹。故有陶公讀書堂、石門、古祠、灰/井、丹爐諸遺跡書堂今為澄心寺石門、山水尤竒、盤道屈曲、沿道而入、峭壁二里、夾石參天、左擁右/抱、羅列拱揖、髙者抗層霄、下者入衍奥。中有玉泉、嵌空、淵淵而來、春夏霖潦奔馳、秋冬澄流一碧、縈/繞如練。觀詩中所稱、隠居山寺、陶公鍊液、石門流水之諸句、知在石門之旧居其處。」とあるに基づく。

(この詩は、李白が鄴中において、王勸というものに会い、その高鳳幽居の遺跡たる石門山に入ろうとするのを聞いてこの詩を作って送ったもの)

高鳳石門山 石門山 (都畿道 汝州 葉縣)  高鳳石門山幽居は後漢書、高鳳傳にみえる遺跡であり、汝州 葉縣に隠遁するのでこういったのである。       

李白が石門を詠ったものは以下に示す。

286巻七53和盧侍御通塘曲

石門中斷平湖出。 百丈金潭照云日。

320巻八卷八34鄴中贈王大 (一作鄴中王大勸入高鳳石門山幽居 )

高鳳石門山幽居遺跡

421巻十二11聞丹丘子于城北營石門幽居中有高鳳遺跡

高鳳石門山幽居遺跡

42112-11聞丹丘子于城北營石門幽居中有高鳳遺跡 仆離群遠懷亦有棲遁之志因敘舊以寄之

聞君臥石門。 宿昔契彌敦。

500卷十五3送王屋山人魏萬還王屋 并序

經永嘉。觀謝公石門。

500卷十五3送王屋山人魏萬還王屋 并序

縉云川谷難。 石門最可觀。

513卷十五16魯郡堯祠送竇明府薄華還西京 時久病初起作

長楊掃地不見日。 石門噴作金沙潭。

521卷十六24300魯郡東石門送杜二甫

何時石門路。 重有金樽開。

726巻二十一4 下途歸石門舊居 (高鳳石門山幽居遺跡)

下視白日晚。 既過石門隱。

605巻十八12金門答蘇秀才

高鳳石門山幽居遺跡

610巻十八17答從弟幼成過西園見贈

衣劍照松宇。 賓徒光石門。

660巻十九34與周剛清溪玉鏡潭宴別 潭在秋浦桃胡陂下高鳳石門山幽居遺跡

高鳳石門山幽居遺跡

726巻二十一4 下途歸石門舊居

高鳳石門山幽居遺跡

726巻二十一4 下途歸石門舊居

懸知樂客遙相待。 石門流水遍桃花。

781巻二十二26.尋高鳳石門山中元丹丘

高鳳石門山幽居遺跡

朱火始改木 時間経過により変わることを言う。  

張華《文選、雑詩》(雑詩三首、玉台新詠二首) 「晷度隨天運,四時互相承。東壁正昏中,涸陰寒節升。繁霜降當夕,悲風中夜興。朱火青無光,蘭膏坐自凝。」(晷度【きど】は天に隨って運り 四時は互いに相承く。東壁は正に昏に中し 固陰の寒節は升る。繁霜、当夕に降り 悲風 中夜に興る。朱火青くして光無く 蘭膏坐ろに自ら凝る。)

張茂先(張華)雜詩三首(1

晷度隨天運,四時互相承。東壁正昏中,涸陰寒節升。

繁霜降當夕,悲風中夜興。朱火青無光,蘭膏坐自凝。

重衾無暖氣,挾纊如懷冰。伏枕終遙昔,寤言莫予應。

永思慮崇替,慨然獨拊膺。

2

逍遙遊春宮,容與緣池阿。白蘋齊素葉,朱草茂丹華。

微風搖芳若,層波動芰荷。榮彩曜中林,流馨入綺羅。

王孫遊不歸,修路邈以遐。誰與翫遺芳,佇立獨咨嗟。

3

荏苒日月運,寒暑忽流易。同好逝不存,迢迢遠離析。

房櫳自來風,庭無行跡。蒹葭生床下,蛛蝥網四壁。

懷思豈不隆,感物重鬱積。遊雁比翼翔,歸鴻知接翮。

來哉彼君子,無然徒自隔。

晉.張協 文選《雜詩十首之一》「離居幾何時?鑽燧忽改木。」(離居すること幾何の時ぞ?燧を鑽るに忽ち木を改む。)とあるに基づく。

 

春草如有情,山中尚含綠。

つまり、時候が換ったが、春草は依然として、情あるが如く、山中においては、なお緑の色を含み、ここだけは、永久に時節が換わらないようである。

 

折芳愧遙憶,永路當日勗。

そした中、君はわざわざ花を折って、はるかにたがいに憶い合わねば愧じという意を致され、人生の長路を行くには、常日頃、随分勉めて仕事をしなければならないといって、懇懇と我を諭された

 涅槃経には、「慚はみづから罪を作らず、愧は他を教へてなさしめず。慚は内にみづから羞恥す、愧は発露して人に向かふ。慚は人に羞づ、愧は天に羞づ。これを慚愧と名づく。無慚愧は名づけて人とせず、名づけて畜生とす。

 励ます.相勖。=努力して学ぶということで互いに励まし合う.勖其向上=向上するように励ます.

 

遠見故人心,平生以此足。

それにつけても、二人離れていれば、故人の誠意を見るだけであり、平生これを以て自ら足れりとしているのである。

 

 

 

蘇源明,京兆武功人。初名預,字弱夫。天寶中進士,更試集賢院,累遷太子諭德。出為東平太守,召拜國子司業。安祿山陷京師,以病不受偽署。肅宗複兩京,擢考功郎中、知制誥,終秘書少監。

(てい けん、生没年不詳)は、唐代玄宗朝の学者。詩、書、画に長け、多くの著書をものしたが、貧困にあえいだ。のち、安史の乱において燕に降伏し、官職を受けたため、乱後に左遷された。杜甫と特に親交があった。

鄭州の滎陽の出身。地理や地形、地方の物産、各地の兵の数について詳しかった。高官であった蘇挺と年齢を越えた交わりを結び、その推薦を受けた。天宝元年 742年、協律郎に就任し、80以上の著書を書き上げたが、その著書に国史を私撰した部分があるという上書が出されたことで、10年間地方に流された。長安に戻ってからも、玄宗からその才能を愛され、広文館の博士に任命され、国子司業の蘇源明と交流があった。山水画、書道、詩作に長じ、玄宗にそれを献上し、「鄭虔三絶(詩、書、画)」と賞され、著作郎に移った。

天宝14載(755年)、安史の乱が勃発すると、燕の軍に捕らえられて洛陽に移され、安禄山側の水部郎中に任命された。密かに粛宗の唐側に通じたが、至徳2載(757年)、安慶緒の洛陽逃亡の際に、張通と王維とともに、燕に降伏した罪で宣陽里に閉じこめられた。3人とも画に長じていたため、崔圓によって、壁画を描かせられ、死罪を免れ、台州の司戸参軍事に落とされた。その数年後に死去している。

官職に就いた時でも貧困のままで、紙に不足することもあった。そのため、杜甫の詩に、「才名四十年、坐客寒にして氈(敷物)無し」と詠まれている。杜甫、李白ともに詩酒の友であったと伝えられる。

その画について、王維、畢宏とともに三絶と呼ばれた。晩唐の朱景玄も『唐朝名画録』において、第七位「能品上」に評価している。

木と石の画に長けており、松石図を門下省の壁に描き、杜甫など多くの詩人に詩で称えられた。当代において、その画の名声は高く、樹木の画法に変革を行ったと伝えられる。

大歴2年(767年)、給事中となり、その後、京兆少尹に移り、太子左庶子となった。

その画は、「唐朝名画録」において、第七位「能品上」に評価されている。

秀才(しゅうさい)は、中国の科挙(官吏登用試験)の科目の一つである。郷挙里選で秀才が設けられたのは、漢代のことである。後漢の時期は、光武帝の諱を避けて「茂才」と呼ばれた。隋代に科挙が始められると、科挙の科目になった秀才は科挙中でも重視され、及第者は10名にしか過ぎなかった。

初唐の科挙では、明経・進士・明法などの科目の中で、科挙の筆頭科に位置づけられていた。その試験科目としては、方略策を5道課し、その文理の精粗によって判定された。貞観年間(627 - 649年)に、地方から推薦された学生が不合格になった際には、推挙した州県官に罰則が下される規定が新設された。これによって、推薦者・受験者が無くなってしまった。開元年間(714 - 741年)に一時的に復活したが、及第者が現われず、遂に廃止された。

以後、科挙に応募した者を秀才と称するようになった。

李白312-#4 《巻十八15酬張卿夜宿南陵見贈》#4Index-22 Ⅲ―1 742年天寶元年42歳 18首 <李白312-#4> Ⅰ李白詩1619 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6643

李白《巻十八15酬張卿夜宿南陵見贈》#4

寶刀隱玉匣,鏽澀空莓苔。遂令世上愚,輕我土與灰。

一朝攀龍去,蛙黽安在哉。故山定有酒,與爾傾金罍。

ついに、用いられることはなく、たとへば、宝刀が玉匣に隠れ、終に錆びて仕舞って、苔の上に拗り出されたようなものである。そのうえ、世人の愚なるものをしてさえ、われを軽んじて、土と灰のようにあつかわれていることは、まことに、心外の沙汰である。しかし、一朝、龍鱗にさえすがり攀じて、今一度天子の御引立を蒙ったならば、かの蛙に比すべき手合などは、物の数でもないので、唯だ、時を待って居る外はない。故山には、定めて美酒があるだろうから、君と相い遇うたなら ば、金罍を傾けて、しばらく不平の念を洗浄しようというものだ。

李白312-#4 《巻十八15酬張卿夜宿南陵見贈》#4Index-22 Ⅲ―1 742年天寶元年42 18首 <李白312-#4> 李白詩1619 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6643

 

 
  2015年9月21日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
李白312-#4 《巻十八15酬張卿夜宿南陵見贈》#4Index-22 Ⅲ―1 742年天寶元年42歳 18首 <李白312-#4> Ⅰ李白詩1619 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6643  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
韓愈88-#18 §4-4 (改訂)巻一26 赴江陵途中寄贈王二十補闕、李十一拾遺李二十六員外翰林三學士 韓愈(韓退之) 805年貞元21年 38歳<1532> Ⅱ#18 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6644  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 766年-130杜甫 《1604諸將,五首之四》 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-130 <993> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6645  
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 10和凝 (改)《巻六24望梅花一首  》『花間集』275全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6647  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

 

年:742年天寶元年42 18

卷別:     卷一七八              文體:     五言古詩

詩題:     酬張卿夜宿南陵見贈

作地點:  瑕丘(河南道 / 兗州 / 瑕丘)

及地點:  南陵 (河南道 兗州 曲阜) 別名:陵城村           

瑕丘 (河南道 兗州 瑕丘) 別名:魯城、沙丘城、魯東門  

洛陽 (都畿道 河南府 洛陽) 別名:洛城、洛、東洛、洛邑、京洛、河洛、洛下              

下邳 (河南道 泗州 下邳)   

圯橋 (河南道 泗州 下邳)   

交遊人物/地點:張謂           書信往來(河南道 兗州 曲阜)

 

 

酬張卿夜宿南陵見贈  #1

(友人の張謂が夜南陵に宿泊して詩を寄せてくれたので、これに報いて作った詩) 

月出魯城東,明如天上雪。

月は魯城の東にさし上り、その明かなることは、天上の雪の如くである。

その時、魯国の女どもは、きりぎりすの鳴く聾に驚いて、せっせと機を織り、秋の期節に應じて働いて居る。

魯女驚莎雞,鳴機應秋節。

その時、魯国の女どもは、きりぎりすの鳴く聾に驚いて、せっせと機を織り、秋の期節に應じて働いて居る。

當君相思夜,火落金風高。

今宵、君は相思のあまり、一詩を寄せられたが、折しも、大火の星は、西に流れ、金風颯々として高くした。

(張卿 夜 南陵に宿して 贈らるるにゆ)  #1

月は魯城の東に出で,明は天上の雪の如し。

魯女 莎雞に驚き,鳴機 秋節に應ず。

君が相思の夜に當って,火 落ちて金風高し。
#2

河漢掛牖,欲濟無輕

天の河はこの家の戸に懸って居るが、この川を渡ろうとしても、小舟もない。

我昔辭林丘,雲龍忽相見。

われは、さきごろに故国の林邱を辞し、これはたとえば、龍の雲を得たるが如く一朝、明主の知遇を得たのである。

客星動太微,朝去洛陽殿。

やがて、客星である嚴子陵は帝座を動かし、その為に疎外されて、遂に洛陽の太極を辞することに成った。

爾來得茂七葉仕漢餘。

その後、李茂に比すべき君に遇って、交際したのであるが、君は、漢室に仕へること、すでに七世、代代清貴の家であるということである。

河漢 牖に掛り,濟らんと欲し輕

我 昔 林丘を辭し,雲龍 忽ち相い見る。

客星 太微を動かし,朝に去る 洛陽の殿。

爾來 茂得,七葉 漢に仕うるの餘。

#3

身為下邳客,家有圯橋書。

そのうえ、君は、かつて下邳の客となり、妃橋に於て、黄石公から兵書を授かったといふ彼の張良の如く、才略縦横、もとより後來望があるというものだ。

未夢時,終當起巖野。

は、未だ武丁の夢に入らなかったというのに、やがて、巌野において道の補修をしていて見出され、起って、宰相となり殷の中興に寄与したというから、そういう時もあるということだ。

萬古騎辰星,光輝照天下。

かくて、君という人物は、生きては、蒼生を救い、死しては、万古の昔より輝く辰星に騎し、光輝爛然として、天下後世を照らすべきはずである。

與君各未遇,長策委蒿萊。

ただ、吾と君とは未だ各く不遇であって、折角の長策も、蒿萊に委しておるだけでのことある。

身は下邳の客と為り,家には圯橋の書有り。

 未だ夢みざるの時,終に當に 巖野より起つなるべし。

萬古 辰星にし騎,光輝 天下を照らす。

君と各の未だ遇わず,長策 蒿萊に委す。

#4

寶刀隱玉匣,鏽澀空莓苔。

ついに、用いられることはなく、たとへば、宝刀が玉匣に隠れ、終に錆びて仕舞って、苔の上に拗り出されたようなものである。

遂令世上愚,輕我土與灰。

そのうえ、世人の愚なるものをしてさえ、われを軽んじて、土と灰のようにあつかわれていることは、まことに、心外の沙汰である。

一朝攀龍去,蛙黽安在哉。

しかし、一朝、龍鱗にさえすがり攀じて、今一度天子の御引立を蒙ったならば、かの蛙に比すべき手合などは、物の数でもないので、唯だ、時を待って居る外はない。

故山定有酒,與爾傾金罍。

故山には、定めて美酒があるだろうから、君と相い遇うたなら ば、金罍を傾けて、しばらく不平の念を洗浄しようというものだ。

寶刀 玉匣に隱れ,鏽澀 空しく莓苔。

遂に世上の愚をせしめて,我を輕んじ土と灰とならしむ。

一朝 龍を攀じて去り,蛙黽 安くにか在る。

故山 定めて酒有らむ,爾と金罍を傾けむ。

 

『酬張卿夜宿南陵見贈』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

#4

寶刀隱玉匣,鏽澀空莓苔。

遂令世上愚,輕我土與灰。

一朝攀龍去,蛙黽安在哉。

故山定有酒,與爾傾金罍。

 

 (下し文)
#4

寶刀 玉匣に隱れ,鏽澀 空しく莓苔。

遂に世上の愚をせしめて,我を輕んじ土と灰とならしむ。

一朝 龍を攀じて去り,蛙黽 安くにか在る。

故山 定めて酒有らむ,爾と金罍を傾けむ。

(現代語訳) #4

ついに、用いられることはなく、たとへば、宝刀が玉匣に隠れ、終に錆びて仕舞って、苔の上に拗り出されたようなものである。

そのうえ、世人の愚なるものをしてさえ、われを軽んじて、土と灰のようにあつかわれていることは、まことに、心外の沙汰である。

しかし、一朝、龍鱗にさえすがり攀じて、今一度天子の御引立を蒙ったならば、かの蛙に比すべき手合などは、物の数でもないので、唯だ、時を待って居る外はない。

故山には、定めて美酒があるだろうから、君と相い遇うたなら ば、金罍を傾けて、しばらく不平の念を洗浄しようというものだ。

(訳注) #4

酬張卿夜宿南陵見贈  

(友人の張謂が夜南陵に宿泊して詩を寄せてくれたので、これに報いて作った詩)     

○南陵 南陵は河南道兗州 曲阜にある。別名は陵城村という。

 

寶刀隱玉匣,鏽澀空莓苔。

ついに、用いられることはなく、たとへば、宝刀が玉匣に隠れ、終に錆びて仕舞って、苔の上に拗り出されたようなものである。

 

遂令世上愚,輕我土與灰。

そのうえ、世人の愚なるものをしてさえ、われを軽んじて、土と灰のようにあつかわれていることは、まことに、心外の沙汰である。

 

一朝攀龍去,蛙黽安在哉。

しかし、一朝、龍鱗にさえすがり攀じて、今一度天子の御引立を蒙ったならば、かの蛙に比すべき手合などは、物の数でもないので、唯だ、時を待って居る外はない。

攀龍 竜のうろこにすがる。君主の知遇を得ること。明主に引き立てられること。「我欲攀龍見明主。雷公砰訇震天鼓。」(我竜に攀じて明主に見えんと欲す、雷公の砰訇(ほうこう) 天鼓を震う。)わたしは、竜鱗を攀じて、賢明な君主に謁見し、その知遇を得ようと企てたが、雷公が、妨害を試み、恐ろしく凄まじい響きを発し、ガラゴロゴロと天鼓を頻りにうちならしたのだ。

155-#2 《巻02-04 梁甫吟 -#2》(改訂)Index-11 Ⅱ―6 -731年開元十九年31歳 43首 <155-#2> Ⅰ李白詩1356 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5328

蛙黽 かえる。蝦蟇。

 

故山定有酒,與爾傾金罍。

故山には、定めて美酒があるだろうから、君と相い遇うたなら ば、金罍を傾けて、しばらく不平の念を洗浄しようというものだ。
金罍 食卓 酒器。

 

李白312-#3 《巻十八15酬張卿夜宿南陵見贈》#3Index-22 Ⅲ―1 742年天寶元年42歳 18首 <李白312-#3> Ⅰ李白詩1618 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6638

李白  酬張卿夜宿南陵見贈#3

身為下邳客,家有圯橋書。傅未夢時,終當起巖野。

萬古騎辰星,光輝照天下。與君各未遇,長策委蒿萊。

そのうえ、君は、かつて下邳の客となり、妃橋に於て、黄石公から兵書を授かったといふ彼の張良の如く、才略縦横、もとより後來望があるというものだ。は、未だ武丁の夢に入らなかったというのに、やがて、巌野において道の補修をしていて見出され、起って、宰相となり殷の中興に寄与したというから、そういう時もあるということだ。かくて、君という人物は、生きては、蒼生を救い、死しては、万古の昔より輝く辰星に騎し、光輝爛然として、天下後世を照らすべきはずである。ただ、吾と君とは未だ各く不遇であって、折角の長策も、蒿萊に委しておるだけでのことある。

李白312-#3 《巻十八15酬張卿夜宿南陵見贈》#3Index-22 Ⅲ―1 742年天寶元年42 18首 <李白312-#3> 李白詩1618 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6638


 
  2015年9月20日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
李白312-#3 《巻十八15酬張卿夜宿南陵見贈》#3Index-22 Ⅲ―1 742年天寶元年42歳 18首 <李白312-#3> Ⅰ李白詩1618 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6638  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
韓愈88-#17 §4-3 (改訂)巻一26 赴江陵途中寄贈王二十補闕、李十一拾遺李二十六員外翰林三學士 韓愈(韓退之) 805年貞元21年 38歳<1531> Ⅱ#17 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6639  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 766年-129杜甫 《1603諸將,五首之三》 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-129 <992> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6640  
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 10和凝 (改)《巻六23薄命女一首  》『花間集』274全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6642  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

 

 

年:742年天寶元年42 18

卷別:     卷一七八              文體:     五言古詩

詩題:     酬張卿夜宿南陵見贈

作地點:  瑕丘(河南道 / 兗州 / 瑕丘)

及地點:  南陵 (河南道 兗州 曲阜) 別名:陵城村           

瑕丘 (河南道 兗州 瑕丘) 別名:魯城、沙丘城、魯東門  

洛陽 (都畿道 河南府 洛陽) 別名:洛城、洛、東洛、洛邑、京洛、河洛、洛下              

下邳 (河南道 泗州 下邳)   

圯橋 (河南道 泗州 下邳)   

交遊人物/地點:張謂           書信往來(河南道 兗州 曲阜)

 

 

酬張卿夜宿南陵見贈  #1

(友人の張謂が夜南陵に宿泊して詩を寄せてくれたので、これに報いて作った詩) 

月出魯城東,明如天上雪。

月は魯城の東にさし上り、その明かなることは、天上の雪の如くである。

その時、魯国の女どもは、きりぎりすの鳴く聾に驚いて、せっせと機を織り、秋の期節に應じて働いて居る。

魯女驚莎雞,鳴機應秋節。

その時、魯国の女どもは、きりぎりすの鳴く聾に驚いて、せっせと機を織り、秋の期節に應じて働いて居る。

當君相思夜,火落金風高。

今宵、君は相思のあまり、一詩を寄せられたが、折しも、大火の星は、西に流れ、金風颯々として高くした。

(張卿 夜 南陵に宿して 贈らるるにゆ)  #1

月は魯城の東に出で,明は天上の雪の如し。

魯女 莎雞に驚き,鳴機 秋節に應ず。

君が相思の夜に當って,火 落ちて金風高し。
#2

河漢掛牖,欲濟無輕

天の河はこの家の戸に懸って居るが、この川を渡ろうとしても、小舟もない。

我昔辭林丘,雲龍忽相見。

われは、さきごろに故国の林邱を辞し、これはたとえば、龍の雲を得たるが如く一朝、明主の知遇を得たのである。

客星動太微,朝去洛陽殿。

やがて、客星である嚴子陵は帝座を動かし、その為に疎外されて、遂に洛陽の太極を辞することに成った。

爾來得茂七葉仕漢餘。

その後、李茂に比すべき君に遇って、交際したのであるが、君は、漢室に仕へること、すでに七世、代代清貴の家であるということである。

河漢 牖に掛り,濟らんと欲し輕

我 昔 林丘を辭し,雲龍 忽ち相い見る。

客星 太微を動かし,朝に去る 洛陽の殿。

爾來 茂得,七葉 漢に仕うるの餘。

#3

身為下邳客,家有圯橋書。

そのうえ、君は、かつて下邳の客となり、妃橋に於て、黄石公から兵書を授かったといふ彼の張良の如く、才略縦横、もとより後來望があるというものだ。

未夢時,終當起巖野。

は、未だ武丁の夢に入らなかったというのに、やがて、巌野において道の補修をしていて見出され、起って、宰相となり殷の中興に寄与したというから、そういう時もあるということだ。

萬古騎辰星,光輝照天下。

かくて、君という人物は、生きては、蒼生を救い、死しては、万古の昔より輝く辰星に騎し、光輝爛然として、天下後世を照らすべきはずである。

與君各未遇,長策委蒿萊。

ただ、吾と君とは未だ各く不遇であって、折角の長策も、蒿萊に委しておるだけでのことある。

#3

身は下邳の客と為り,家には圯橋の書有り。

 未だ夢みざるの時,終に當に 巖野より起つなるべし。

萬古 辰星にし騎,光輝 天下を照らす。

君と各の未だ遇わず,長策 蒿萊に委す。

#4

寶刀隱玉匣,鏽澀空莓苔。

遂令世上愚,輕我土與灰。

一朝攀龍去,蛙黽安在哉。

故山定有酒,與爾傾金罍。

 

河南道 兗州 瑕丘 徂徠山 00 

『酬張卿夜宿南陵見贈』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

#3

身為下邳客,家有圯橋書。

未夢時,終當起巖野。

萬古騎辰星,光輝照天下。

與君各未遇,長策委蒿萊。

(下し文)
#3

身は下邳の客と為り,家には圯橋の書有り。

 未だ夢みざるの時,終に當に 巖野より起つなるべし。

萬古 辰星にし騎,光輝 天下を照らす。

君と各の未だ遇わず,長策 蒿萊に委す。

(現代語訳) #3

そのうえ、君は、かつて下邳の客となり、妃橋に於て、黄石公から兵書を授かったといふ彼の張良の如く、才略縦横、もとより後來望があるというものだ。

は、未だ武丁の夢に入らなかったというのに、やがて、巌野において道の補修をしていて見出され、起って、宰相となり殷の中興に寄与したというから、そういう時もあるということだ。

かくて、君という人物は、生きては、蒼生を救い、死しては、万古の昔より輝く辰星に騎し、光輝爛然として、天下後世を照らすべきはずである。

ただ、吾と君とは未だ各く不遇であって、折角の長策も、蒿萊に委しておるだけでのことある。

汜水関などの地図
(訳注) #3

酬張卿夜宿南陵見贈  

(友人の張謂が夜南陵に宿泊して詩を寄せてくれたので、これに報いて作った詩)     

○南陵 南陵は河南道兗州 曲阜にある。別名は陵城村という。

 

身為下邳客,家有圯橋書。

そのうえ、君は、かつて下邳の客となり、妃橋に於て、黄石公から兵書を授かったといふ彼の張良の如く、才略縦横、もとより後來望があるというものだ。

○下邳客 河南道泗州下邳に張良がいた時、圯橋の袂を通りかかると、汚い服を着た老人が自分の靴を橋の下に放り投げ、張良に向かって「小僧、取って来い」と言いつけた。張良は頭に来て殴りつけようかと思ったが、相手が老人なので我慢して靴を取って来た。すると老人は足を突き出して「履かせろ」と言う。張良は「この爺さんに最後まで付き合おう」と考え、跪いて老人に靴を履かせた。老人は笑って去って行ったが、その後で戻ってきて「お前に教えることがある。5日後の朝にここに来い」と言った。

5日後の朝、日が出てから張良が約束の場所に行くと、既に老人が来ていた。老人は「目上の人間と約束して遅れてくるとは何事だ」と言い「また5日後に来い」と言い残して去った。5日後、張良は日の出の前に家を出たが、既に老人は来ていた。老人は再び「5日後に来い」と言い残して去って行った。次の5日後、張良は夜中から約束の場所で待った。しばらくして老人がやって来た。老人は満足気に「おう、わしより先に来たのう。こうでなくてはならん。その謙虚さこそが大切なのだ」と言い、張良に太公望の兵法書を渡して「これを読めば王者の師となれる。13年後にお前は山の麓で黄色い石を見るだろう。それがわしである」と言い残して消え去ったという。

後年、張良はこの予言通り黄石に出会い、これを持ち帰って家宝とし、張良の死後には一緒に墓に入れられたという。

○家有 予言通り黄石に出会い、これを持ち帰って家宝とした。

○圯橋書 圯橋で渡された太公望の兵法書をいう。

 

未夢時,終當起巖野。

のように、未だ武丁の夢にでてこないというだけであって、やがて、傅說のように巌野において道の補修をしていて見出され、起って、宰相となり殷の中興に寄与したというから、そういう時もあるということだ。

○傅 (約公元前13351246年),殷(いん)の商王、武丁高宗の大臣。刑人とともに道を補修していたところを高宗の夢に基づく手配書で発見され、見いだされて宰相となり殷の中興に寄与したという。次の騎辰星の説文参照。

 

萬古騎辰星,光輝照天下。

かくて、君という人物は、生きては、蒼生を救い、死しては、万古の昔より輝く辰星に騎し、光輝爛然として、天下後世を照らすべきはずである。

○騎辰星 《淮南子》高誘註に言う「殷王武丁、夢得賢人、使工寫其象、旁求之、得傅於傅巖、遂以為相。為高宗。成八十一符、致中興、死託精於辰尾之星。」殷王の武丁、夢に賢人を得、工をして其の象を寫して、旁ねく之を求めしめ、傅傅巖に於てる。遂に以て相と為す。高宗と為したり。八十一符を成し、中興を致し、死して精を辰尾の星に託す。)とあるに基づく。

 

與君各未遇,長策委蒿萊。

ただ、吾と君とは未だ各く不遇であって、折角の長策も、蒿萊に委しておるだけでのことある。

李白312-#2 《巻十八15酬張卿夜宿南陵見贈》#2Index-22 Ⅲ―1 742年天寶元年42歳 18首 <李白312-#2> Ⅰ李白詩1617 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6633

李白 酬張卿夜宿南陵見贈 #2

河漢掛牖,欲濟無輕我昔辭林丘,雲龍忽相見。

客星動太微,朝去洛陽殿。爾來得茂七葉仕漢餘。

天の河はこの家の戸に懸って居るが、この川を渡ろうとしても、小舟もない。われは、さきごろに故国の林邱を辞し、これはたとえば、龍の雲を得たるが如く一朝、明主の知遇を得たのである。やがて、客星である嚴子陵は帝座を動かし、その為に疎外されて、遂に洛陽の太極を辞することに成った。その後、李茂に比すべき君に遇って、交際したのであるが、君は、漢室に仕へること、すでに七世、代代清貴の家であるということである。

李白312-#2 《巻十八15酬張卿夜宿南陵見贈》#2Index-22 Ⅲ―1 742年天寶元年42 18首 <李白312-#2> 李白詩1617 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6633

 

 
  2015年9月19日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
李白312-#2 《巻十八15酬張卿夜宿南陵見贈》#2Index-22 Ⅲ―1 742年天寶元年42歳 18首 <李白312-#2> Ⅰ李白詩1617 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6633  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
韓愈88-#16 §4-2 (改訂)巻一26 赴江陵途中寄贈王二十補闕、李十一拾遺李二十六員外翰林三學士 韓愈(韓退之) 805年貞元21年 38歳<1530> Ⅱ#16 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6634  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 766年-128杜甫 《1602諸將,五首之二》 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-128 <991> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6635  
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 10和凝 (改)《巻六22河滿子二首其二》『花間集』273全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6637  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6巻 花間集(7巻 花間集(8巻 花間集(9巻 花間集10巻  
  温庭筠66首 花間集1・2巻 皇甫松11首 花間集二巻 韋莊47首 花間集二巻 薛昭蘊19首 花間集三巻 牛嶠31首 花間集三・四巻 張泌27首 花間集四巻  
  毛文錫31首 花間集5巻 牛希濟11首 花間集5巻 欧陽烱17首 花間集5・6巻 和凝20首 花間集6巻 顧夐56首 花間集6・7巻 孫光憲47首 花間集7・8巻  
  魏承班15首 花間集8・9巻 鹿虔扆6首 花間集9巻 閻選8首 花間集9巻 尹鶚6首 花間集9巻 毛熙震29首 花間集9・10巻 李珣39首 花間集10巻  
   ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門) 漢詩総合サイト 07ch  
  杜甫全詩案内 韓愈全詩案内 李白全集 文選 古詩源 花間集案内  
 

 

年:742年天寶元年42 18

卷別:     卷一七八              文體:     五言古詩

詩題:     酬張卿夜宿南陵見贈

作地點:  瑕丘(河南道 / 兗州 / 瑕丘)

及地點:  南陵 (河南道 兗州 曲阜) 別名:陵城村           

瑕丘 (河南道 兗州 瑕丘) 別名:魯城、沙丘城、魯東門  

洛陽 (都畿道 河南府 洛陽) 別名:洛城、洛、東洛、洛邑、京洛、河洛、洛下              

下邳 (河南道 泗州 下邳)   

圯橋 (河南道 泗州 下邳)   

交遊人物/地點:張謂           書信往來(河南道 兗州 曲阜)

 

 

酬張卿夜宿南陵見贈  #1

(友人の張謂が夜南陵に宿泊して詩を寄せてくれたので、これに報いて作った詩) 

月出魯城東,明如天上雪。

月は魯城の東にさし上り、その明かなることは、天上の雪の如くである。

その時、魯国の女どもは、きりぎりすの鳴く聾に驚いて、せっせと機を織り、秋の期節に應じて働いて居る。

魯女驚莎雞,鳴機應秋節。

その時、魯国の女どもは、きりぎりすの鳴く聾に驚いて、せっせと機を織り、秋の期節に應じて働いて居る。

當君相思夜,火落金風高。

今宵、君は相思のあまり、一詩を寄せられたが、折しも、大火の星は、西に流れ、金風颯々として高くした。

(張卿 夜 南陵に宿して 贈らるるにゆ)  #1

月は魯城の東に出で,明は天上の雪の如し。

魯女 莎雞に驚き,鳴機 秋節に應ず。

君が相思の夜に當って,火 落ちて金風高し。
#2

河漢掛牖,欲濟無輕

我昔辭林丘,雲龍忽相見。

客星動太微,朝去洛陽殿。

爾來得茂七葉仕漢餘。

天の河はこの家の戸に懸って居るが、この川を渡ろうとしても、小舟もない。

われは、さきごろに故国の林邱を辞し、これはたとえば、龍の雲を得たるが如く一朝、明主の知遇を得たのである。

やがて、客星である嚴子陵は帝座を動かし、その為に疎外されて、遂に洛陽の太極を辞することに成った。

その後、李茂に比すべき君に遇って、交際したのであるが、君は、漢室に仕へること、すでに七世、代代清貴の家であるということである。

河漢 牖に掛り,濟らんと欲し輕

我 昔 林丘を辭し,雲龍 忽ち相い見る。

客星 太微を動かし,朝に去る 洛陽の殿。

爾來 茂得,七葉 漢に仕うるの餘。

#3

身為下邳客,家有圯橋書。

未夢時,終當起巖野。

萬古騎辰星,光輝照天下。

與君各未遇,長策委蒿萊。

#4

寶刀隱玉匣,鏽澀空莓苔。

遂令世上愚,輕我土與灰。

一朝攀龍去,蛙黽安在哉。

故山定有酒,與爾傾金罍。

李白の足跡0000 

 

『酬張卿夜宿南陵見贈』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

#2

河漢掛牖,欲濟無輕

我昔辭林丘,雲龍忽相見。

客星動太微,朝去洛陽殿。

爾來得茂,七葉仕漢餘。

(下し文)
河漢 牖に掛り,濟らんと欲し輕

我 昔 林丘を辭し,雲龍 忽ち相い見る。

客星 太微を動かし,朝に去る 洛陽の殿。

爾來 茂得,七葉 漢に仕うるの餘。

(現代語訳)
#2

天の河はこの家の戸に懸って居るが、この川を渡ろうとしても、小舟もない。

われは、さきごろに故国の林邱を辞し、これはたとえば、龍の雲を得たるが如く一朝、明主の知遇を得たのである。

やがて、客星である嚴子陵は帝座を動かし、その為に疎外されて、遂に洛陽の太極を辞することに成った。

その後、李茂に比すべき君に遇って、交際したのであるが、君は、漢室に仕へること、すでに七世、代代清貴の家であるということである。

河南道 兗州 瑕丘 徂徠山 00
(訳注) #2

酬張卿夜宿南陵見贈  

(友人の張謂が夜南陵に宿泊して詩を寄せてくれたので、これに報いて作った詩)     

南陵 南陵は河南道兗州 曲阜にある。別名は陵城村という。

 

河漢掛牖,欲濟無輕

天の河はこの家の戸に懸って居るが、この川を渡ろうとしても、小舟もない。

○河漢 あまのがわ。天河・銀河・経河・銀漢・雲漢・星漢・天津・漢津等はみなその異名である。杜甫《巻七68天河》《巻七69初月》。

天河 杜甫 <292> kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1343 杜甫詩 700- 412

秦州抒情詩(8)  初月 杜甫 <293> kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1346 杜甫詩 700- 413

牖 門窗;門。《淮南子氾論訓》「夫牖者, 風氣之所從往來。」

 は小舟。

 

我昔辭林丘,雲龍忽相見。

われは、さきごろに故国の林邱を辞し、これはたとえば、龍の雲を得たるが如く一朝、明主の知遇を得たのである。

 

客星動太微,朝去洛陽殿。

やがて、客星である嚴子陵は帝座を動かし、その為に疎外されて、遂に洛陽の太極を辞することに成った。

客星 後漢時代初期の隠者・逸民である嚴子陵、字は子陵、別名は遵。 

太微 天使の庭。五帝の座、十二諸侯の府となる。太微垣(たいびえん)とは、古代中国天文学において天球上を3区画に分けた三垣の上垣。北斗七星より南、星宿・張宿・翼宿・軫宿より北の区画。あるいはその主体となる星官(星座)を指す。春秋時代の主要な十二強国のこと。 魯・斉・秦・晋・楚・栄・衛・陳・蔡・曹・鄭・燕をさす。 十二列国という名は,『戦国策』に見ることができる。

洛陽殿 洛陽城太極殿。

 

爾來得茂七葉仕漢餘。

その後、李茂に比すべき君に遇って、交際したのであるが、君は、漢室に仕へること、すでに七世、代代清貴の家であるということである。

 任昉の詩に「濬冲得茂夫子狂生」(濬冲 茂を得て夫子 狂生に)とあり、、向の註に「王戎字濬冲、為吏部尚書、得李茂為吏部郎、戎以禮待之」(王戎、字は濬冲といい、吏部尚書と為り、李茂て 吏部郎と為り、戎 禮を以て 之を待つ)とある。

七葉 葉は、世代、時代をいう。ここでは七世代。

312 《巻十八15酬張卿夜宿南陵見贈》Index-22 Ⅲ―1 742年天寶元年42歳 18首 <312> Ⅰ李白詩1616 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6628

李白  酬張卿夜宿南陵見贈  #1

月出魯城東,明如天上雪。魯女驚莎雞,鳴機應秋節。當君相思夜,火落金風高。
(友人の張謂が夜南陵に宿泊して詩を寄せてくれたので、これに報いて作った詩) #1

月は魯城の東にさし上り、その明かなることは、天上の雪の如くである。その時、魯国の女どもは、きりぎりすの鳴く聾に驚いて、せっせと機を織り、秋の期節に應じて働いて居る。今宵、君は相思のあまり、一詩を寄せられたが、折しも、大火の星は、西に流れ、金風颯々として高く、天の河は戸に懸って居るが、これを渡ろうとしても、小舟もない。その時、魯国の女どもは、きりぎりすの鳴く聾に驚いて、せっせと機を織り、秋の期節に應じて働いて居る。

312 《巻十八15酬張卿夜宿南陵見贈》Index-22 Ⅲ―1 742年天寶元年42 18首 <312> Ⅰ李白詩1616 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6628

 

 
  2015年9月18日 の紀頌之5つのBlog  
  ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場  
  Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 LiveDoorBlog
312 《巻十八15酬張卿夜宿南陵見贈》Index-22 Ⅲ―1 742年天寶元年42歳 18首 <312> Ⅰ李白詩1616 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6628  
  孟浩然 詩 index 李白詩index 謝霊運 詩 index 司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》 揚雄 《 甘泉賦 》  ●諸葛亮(孔明)出師表  
  曹植(曹子建)詩 65首 index 文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固) 《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原 『楚辞・九歌』東君 屈原 《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内>  
  ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首   
  Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
韓愈88-#15 §4-1 (改訂)巻一26 赴江陵途中寄贈王二十補闕、李十一拾遺李二十六員外翰林三學士 韓愈(韓退之) 805年貞元21年 38歳<1529> Ⅱ#15 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6629  
  ・李商隠詩 (1) 136首の75首 ・李商隠詩 (2) 135首の61首 ●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首 ●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首 ●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首 ●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首  
  index-5 806年39歳 50首の(2)25首 index-6[807年~809年 42歳]20首 index-7[810年~811年 44歳] 34首 index-8 [812年~814年47歳]46首 index-9[815年~816年 49歳] 57首 index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首  
  index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首 index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首 index-13 821年~822年 55歳 22首 index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首 韓愈 哲学・儒学「五原」 賦・散文・上奏文・碑文など  
  孟郊 張籍          
  ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。"  
  Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog 766年-127杜甫 《1601諸將,五首之一》 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-127 <990> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6630  
  杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首 杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩)  杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首 杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首 杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首 杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首  
  杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首 杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首 杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首 杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首 杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首 杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首  
  ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている  
  Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog  
               
  ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集  
  Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog 10和凝 (改)《巻六21河滿子二首其一》『花間集』272全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6632  
  薛濤の全詩 花間集(1巻 花間集(2巻 花間集(3巻 花間集(4巻 花間集(5巻  
  魚玄機全詩 花間集(6