漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之のブログ 女性詩、漢詩・建安六朝・唐詩・李白詩 1000首:李白集校注に基づき時系列に訳注解説

李白の詩を紹介。青年期の放浪時代。朝廷に上がった時期。失意して、再び放浪。李白の安史の乱。再び長江を下る。そして臨終の歌。李白1000という意味は、目安として1000首以上掲載し、その後、系統別、時系列に整理するということ。 古詩、謝霊運、三曹の詩は既掲載済。女性詩。六朝詩。文選、玉臺新詠など、李白詩に影響を与えた六朝詩のおもなものは既掲載している2015.7月から李白を再掲載開始、(掲載約3~4年の予定)。作品の作時期との関係なく掲載漏れの作品も掲載するつもり。李白詩は、時期設定は大まかにとらえる必要があるので、従来の整理と異なる場合もある。現在400首以上、掲載した。今、李白詩全詩訳注掲載中。

Index-33 Ⅳ-8 754年天寶十三年54歳

▼絶句・律詩など短詩をだけ読んでいたのではその詩人の良さは分からないもの。▼長詩、シリーズを割席しては理解は深まらない。▼漢詩は、諸々の決まりで作られている。日本人が読む漢詩の良さはそういう決まり事ではない中国人の自然に対する、人に対する、生きていくことに対する、愛することに対する理想を述べているのをくみ取ることにあると思う。▼詩人の長詩の中にその詩人の性格、技量が表れる。▼李白詩からよこみちにそれているが、途中で孟浩然を45首程度(掲載済)、謝霊運を80首程度(掲載済み)。そして、女性古詩。六朝、有名な賦、その後、李白詩全詩訳注を約4~5年かけて掲載する予定で整理している。
その後ブログ掲載予定順は、王維、白居易、の順で掲載予定。▼このほか同時に、Ⅲ杜甫詩のブログ3年の予定http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-tohoshi/、唐宋詩人のブログ(Ⅱ李商隠、韓愈グループ。)も掲載中である。http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/,Ⅴ晩唐五代宋詞・花間集・玉臺新詠http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-godaisoui/▼また漢詩理解のためにHPもいくつかサイトがある。≪ kanbuniinkai ≫[検索]で、「漢詩・唐詩」理解を深めるものになっている。
◎漢文委員会のHP http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/profile1.html
Author:漢文委員会 紀 頌之です。
大病を患い大手術の結果、半年ぶりに復帰しました。心機一転、ブログを開始します。(11/1)
ずいぶん回復してきました。(12/10)
訪問ありがとうございます。いつもありがとうございます。
リンクはフリーです。報告、承諾は無用です。
ただ、コメント頂いたても、こちらからの返礼対応ができません。というのも、
毎日、6 BLOG,20000字以上活字にしているからです。
漢詩、唐詩は、日本の詩人に大きな影響を残しました。
だからこそ、漢詩をできるだけ正確に、出来るだけ日本人の感覚で、解釈して,紹介しています。
体の続く限り、広げ、深めていきたいと思っています。掲載文について、いまのところ、すべて自由に使ってもらって結構ですが、節度あるものにして下さい。
どうぞよろしくお願いします。

Index-33 《古風五十九首之四》Ⅳ-8 754年天寶十三年54歳 640<Index-33> Ⅰ李白詩1148 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4288

大樓の山に登り、両手を広げ天に向い、仙人のいる方向にまっすぐと望むのである。そうしたら仙人は鸞鶴の羽と背に乗って自由に天海を飛びわるのだけれど、その影は見えるものではないのである。又、風に乗り、雲に乗るので、車の輪をめぐらせて帰って来ることなど絶対にない。

Index-33 《古風五十九首之四》Ⅳ-8 754年天寶十三年54歳 640Index-33> Ⅰ李白詩1148 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4288

 

        
 2014年6月2日の紀頌之5つのブログ 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
Index-33 《古風五十九首之四》Ⅳ-8 754年天寶十三年54歳 640<Index-33> Ⅰ李白詩1148 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4288 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorブログ
409 《黄陵廟碑 -(8)三段の4》韓愈(韓退之) Ⅱ唐宋八大家読本 巻五 <1061>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4289韓愈詩-409 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログ乾元元年758 《乾元元年華州試進士策問五首 (13) Q-4-#3》 杜甫index-14 764年 (13) Q-4-#3 杜甫<777> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4290 杜甫詩1500-777-1029/2500index-21 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor14-366《生查子三首其二》孫光憲(26)Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-549-14-(366) 花間集 巻第八 (四十八首)漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4292 
 薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5) 
 魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10) 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩 案内李白全集文選古詩源花間集案内 
        
 

4巻一

古風五十九首之四#1

(道を究め、徳を身に着けることは簡単にできるものではなく、いろんな経験をしないで仙人にであってもすべてのことが吸収できるものではない。見聞を広めたら韓眾のような仙人に教えを乞いたい)その四

鳳飛九千仞,五章備綵珍。

鳳凰は鳥の中の王で、一度羽を広げて飛べば九千仭の高さにあがって行き、衆鳥を見下ろしているという。そしてその翅は五色の燦然として輝くめずらしい彩色をそなえているというのである。

銜書且虛歸,空入周與秦。

鳳凰は聖人である、徳のある帝王が位にいる時だけ、出現するというのであり、嘗て書を口に銜えて飛び下ってきたという、その書には、殷帝の無道な行為について、やがて聖人がこの無道を直し人民を救済すると書いてあり、この書を人間に伝えるだけして、ただちに帰ったという。周や秦が天下を統一したけれど、その徳が格別なものでないならば、再びまいもどってもそこに留まることはないのである。

歷四海,所居未得鄰。

天空を横絶して地の果ての四海をめぐって、徳が今はなくても必ずその隣にあるというような格好で落ち着いて居る場所を見つけられずに終わるのである。

吾營紫河車,千載落風塵。

鳳凰の聖でもってしても、人間のしかるべき時にであうということがないというのであるから、私が今日、この世において苦しんでいることなど当然のことである。そこで私は、王液を練り、これを服用して、この世の塵や汚れを永遠に払い落として、理想とする仙郷に逍遥したいと志したのである。

藥物祕海嶽,採鉛青溪濱。

元来、仙界の薬物は遙か東海の蒼海の中に泛ぶ三山の間に秘めてあるものであるから、わたしは天下に浪遊し、まず、清渓の砂浜に赴いて、鉛を採取しようとおもうのである。

古風五十九首の四

#1

鳳は九千仞を飛び,五は綵珍を備うを章す。

書を銜んで且つ虛しく歸り,周と秦とに空しく入る。

四海を歷,居ろ所 未だ鄰を得ず。

吾 紫河の車を營み,千載 風塵を落す。

藥物 海嶽に祕し,鉛を採る青溪の濱に。

#2

時登大樓山,舉手望仙真。

そうした時に、大樓の山に登り、両手を広げ天に向い、仙人のいる方向にまっすぐと望むのである。

羽駕滅去影,飆車迴輪。

そうしたら仙人は鸞鶴の羽と背に乗って自由に天海を飛びわるのだけれど、その影は見えるものではないのである。又、風に乗り、雲に乗るので、車の輪をめぐらせて帰って来ることなど絶対にない。

尚恐丹液遲,志願不及申。

こうして仙人にも遭えず、教えを乞うこともなく、当然、丹液を練ることも遅くなってしまうと心配するのである。空を飛ぶことに有頂天になり、仙郷に入る志も願いも達成することも及ばないということである。

徒霜鏡中髮,羞彼鶴上人。

そうして、やがて鏡の中の時分は頭に霜を置く、白髪頭になっていて、黄鶴に乗って現れる達成した人々に会うと恥ずかしいことであると思うのである。

桃李何處開,此花非我春。

賢人があつまるという桃李の咲くところは何処なのだろうか、元来、桃李は世俗の者たちが春を楽しむ花ではあるが、それが仙郷の春があるというわけではないのだから、私は、どうしても桃李をさがしもとめるものではないのである。

唯應清都境,長與韓眾親。 

ただ、わたしはどうにかして、清都という天上、仙界の都に至って、韓眾というべき仙人と長く親しむことで道を学びたいと思うのである。

#2

時に大樓の山に登り,手を舉げて仙真を望む。

羽駕 去影を滅し,飆車 迴輪をつ。

尚お 丹液 遲くするを恐れ,志願 申ぶるに及ばず。

徒らに鏡中の髮を霜にして,彼の鶴上の人に羞ず。

桃李 何の處にか開き,此の花 我が春に非らず。

唯だ應に 清都の境なり,長く韓眾と親しむべし。 

太白山001 

 

『古風五十九首之四』 現代語訳と訳註

(本文) 古風五十九首之四  #2

時登大樓山,舉手望仙真。

羽駕滅去影,飆車迴輪。

尚恐丹液遲,志願不及申。

徒霜鏡中髮,羞彼鶴上人。

桃李何處開,此花非我春。

唯應清都境,長與韓眾親。 

 

(下し文) #2

時に大樓の山に登り,手を舉げて仙真を望む。

羽駕 去影を滅し,飆車 迴輪をつ。

尚お 丹液 遲くするを恐れ,志願 申ぶるに及ばず。

徒らに鏡中の髮を霜にして,彼の鶴上の人に羞ず。

桃李 何の處にか開き,此の花 我が春に非らず。

唯だ應に 清都の境なり,長く韓眾と親しむべし。 

 

(現代語訳)

そうした時に、大樓の山に登り、両手を広げ天に向い、仙人のいる方向にまっすぐと望むのである。

そうしたら仙人は鸞鶴の羽と背に乗って自由に天海を飛びわるのだけれど、その影は見えるものではないのである。又、風に乗り、雲に乗るので、車の輪をめぐらせて帰って来ることなど絶対にない。

こうして仙人にも遭えず、教えを乞うこともなく、当然、丹液を練ることも遅くなってしまうと心配するのである。空を飛ぶことに有頂天になり、仙郷に入る志も願いも達成することも及ばないということである。

そうして、やがて鏡の中の時分は頭に霜を置く、白髪頭になっていて、黄鶴に乗って現れる達成した人々に会うと恥ずかしいことであると思うのである。

賢人があつまるという桃李の咲くところは何処なのだろうか、元来、桃李は世俗の者たちが春を楽しむ花ではあるが、それが仙郷の春があるというわけではないのだから、私は、どうしても桃李をさがしもとめるものではないのである。

ただ、わたしはどうにかして、清都という天上、仙界の都に至って、韓眾というべき仙人と長く親しむことで道を学びたいと思うのである。

 

李白図102 

(訳注) #2

(道を究め、徳を身に着けることは簡単にできるものではなく、いろんな経験をしないで仙人にであってもすべてのことが吸収できるものではない。見聞を広めたら韓眾のような仙人に教えを乞いたい)その四

 

時登 大樓山,舉手 望仙真。

そうした時に、大樓の山に登り、両手を広げ天に向い、仙人のいる方向にまっすぐと望むのである。

大樓山 太白山のこと。長安の街に対して華山から秦嶺山脈の西の端の山として一番高く聳える秦嶺山脈を楼閣として上るべき山と考えている。『登太白峯』「挙手可近月、前行若無山。」李白16 登太白峯 希望に燃えて太白山に上る。

仙真 仙人のいる方向にまっすぐと

 

羽駕 滅去影,飆車 迴輪。

そうしたら仙人は鸞鶴の羽と背に乗って自由に天海を飛びわるのだけれど、その影は見えるものではないのである。又、風に乗り、雲に乗るので、車の輪をめぐらせて帰って来ることなど絶対にない。

羽駕 黄鶴伝説に基づく。

飆車 風に乗り、雲に乗ること。

 

尚恐 丹液遲,志願 不及申。

こうして仙人にも遭えず、教えを乞うこともなく、当然、丹液を練ることも遅くなってしまうと心配するのである。空を飛ぶことに有頂天になり、仙郷に入る志も願いも達成することも及ばないということである。

丹液 丹液、金丹の製造法は「丹砂」(硫化水銀)、「汞」(水銀)、「鉛」などの薬物を調合して鼎炉にて火にかけて焼煉するものである。煉丹術ないしその萌芽は漢代に登場し、『抱朴子』を著した西晋・東晋の葛洪らによって金丹道として確立し、他の神仙方術とともにいつしか道教の一部とみなされるようになった。

 

徒霜 鏡中髮,羞 彼鶴 上人。

そうして、やがて鏡の中の時分は頭に霜を置く、白髪頭になっていて、黄鶴に乗って現れる達成した人々に会うと恥ずかしいことであると思うのである。

彼鶴 黄鶴伝説に基づく。

上人 智徳を備えた僧への敬称。

 

桃李 何處開,此花 非我春。

賢人があつまるという桃李の咲くところは何処なのだろうか、元来、桃李は世俗の者たちが春を楽しむ花ではあるが、それが仙郷の春があるというわけではないのだから、私は、どうしても桃李をさがしもとめるものではないのである。

桃李 桃李は世俗の者たちが春を愉しむ花。李白『』「會桃李之芳園,序天倫之樂事。」(桃李の芳園に 會し,天倫の樂事を 序す。)桃李の花の香しきかおりはこの庭園に集まってくる、親戚同士の楽しい宴席のことを申し述べる。

春夜桃李園宴序李白116

 

唯應 清都境,長與 韓眾親。 

ただ、わたしはどうにかして、清都という天上、仙界の都に至って、韓眾というべき仙人と長く親しむことで道を学びたいと思うのである。

清都 列子「王實以為清都、紫微、鈞天、廣樂,帝之所居。」(清都、紫微、鈞天、康楽殿は帝のいるところ)

韓眾 仙人の名。《楚辭》卷五《遠遊》 「奇傅之託辰星兮,羨韓眾之得一。」(傅の辰星に託するを奇とし,韓眾の一を得たるを羨やむ。)いにしえの殷の伝説が星に身を寄せることを優れたことと思い、仙人韓眾が万物の本体である道を会得したことを羨むのである。

 

 

 

 

(異文)

鳳飛九千仞,五章備綵珍。

銜書且虛歸,空入周與秦。

歷四海,所居未得鄰。

吾營紫河車,千載落風塵。

藥物祕海嶽,採鉛青溪濱。

時登大樓山,舉手望仙真【舉首望仙真】。

羽駕滅去影,飆車迴輪。

尚恐丹液遲,志願不及申。

徒霜鏡中髮,羞彼鶴上人。

桃李何處開,此花非我春。

唯應清都境,長與韓眾親。 

続きを読む

Index-33 《古風五十九首之四》Ⅳ-8 754年天寶十三年54歳 640<Index-33> Ⅰ李白詩1147 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4283

(道を究め、徳を身に着けることは簡単にできるものではなく、いろんな経験をしないで仙人にであってもすべてのことが吸収できるものではない。見聞を広めたら韓眾のような仙人に教えを乞いたい)その四

        
 2014年6月1日の紀頌之5つのブログ 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
Index-33 《古風五十九首之四》Ⅳ-8 754年天寶十三年54歳 640<Index-33> Ⅰ李白詩1147 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4283 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorブログ
408 《黄陵廟碑 -(7)三段の3》韓愈(韓退之) Ⅱ唐宋八大家読本 巻五 <1060>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4284韓愈詩-408 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログ乾元元年758 《乾元元年華州試進士策問五首 (12) Q-4-#2》 杜甫index-14 764年 (12) Q-4-#2 杜甫<776> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4285 杜甫詩1500-776-1028/2500index-21 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor14-365《生查子三首其一》孫光憲(25)Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-548-14-(365) 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4287 
 薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5) 
 魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10) 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩 案内李白全集文選古詩源花間集案内 
        
 

Index-33 《古風五十九首之四》Ⅳ-8 754年天寶十三年54歳 640Index-33> Ⅰ李白詩1147 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4283

 

 

李白の思想哲學を考察する上で、最も基礎的な文献として指摘・言及される作品は古風五十九首である。

修僻技法の側面とりわけ、隠喩やその延長線上にある諷喩においても、大きな成果をあげているものと考えられ、その表現手法そのものが、李白の発想上の特色なのである。

を明らかにする手掛りになるように思われるのである。

この李白を理解するためには、彼の代表的な連作である古風五十九首を一首づつ丁寧に読んでいく必要がある。この作品群に対する彼の作詩態度を探っていって、その後に、時系列に他の作品を読んでいくことが大切なのである。李白を理解する、早道であり、基本的な学習法である。一千首前後有り、長詩もあるので、毎日8句~10句程度で進める。できる事なら、それを数回繰り返して読み、螺旋階段を上るように理解が高められるということなのである。

 

古風とは古体の詩というほどのことで、漢魏の間に完成した五言古詩の継承を目指すものである。諸篇は一時の作でなく、折にふれて作られた無題の詩を後から編集したのである。宋本は通計五十九篇であり、おおむねこの本をテキストとして進める。

 

年: 754  天寶十三年  54

卷別: 卷一六一  文體: 五言古詩 

詩題: 古風,五十九首之四 

作地點: 秋浦(江南西道  宣州 秋浦

及地點: 清溪 (江南西道 宣州 秋浦) 別名:青溪

      大樓山 (江南西道 宣州 秋浦)     

754年天寶十三年54歳 当塗から金陵、越中、広陵で魏万と遇す金陵、江南で遊ぶ秋浦で年越

 

4巻一

古風五十九首之四 #1

(道を究め、徳を身に着けることは簡単にできるものではなく、いろんな経験をしないで仙人にであってもすべてのことが吸収できるものではない。見聞を広めたら韓眾のような仙人に教えを乞いたい)その四

鳳飛九千仞,五章備綵珍。

鳳凰は鳥の中の王で、一度羽を広げて飛べば九千仭の高さにあがって行き、衆鳥を見下ろしているという。そしてその翅は五色の燦然として輝くめずらしい彩色をそなえているというのである。

銜書且虛歸,空入周與秦。

鳳凰は聖人である、徳のある帝王が位にいる時だけ、出現するというのであり、嘗て書を口に銜えて飛び下ってきたという、その書には、殷帝の無道な行為について、やがて聖人がこの無道を直し人民を救済すると書いてあり、この書を人間に伝えるだけして、ただちに帰ったという。周や秦が天下を統一したけれど、その徳が格別なものでないならば、再びまいもどってもそこに留まることはないのである。

歷四海,所居未得鄰。

天空を横絶して地の果ての四海をめぐって、徳が今はなくても必ずその隣にあるというような格好で落ち着いて居る場所を見つけられずに終わるのである。

吾營紫河車,千載落風塵。

鳳凰の聖でもってしても、人間のしかるべき時にであうということがないというのであるから、私が今日、この世において苦しんでいることなど当然のことである。そこで私は、王液を練り、これを服用して、この世の塵や汚れを永遠に払い落として、理想とする仙郷に逍遥したいと志したのである。

藥物祕海嶽,採鉛青溪濱。

元来、仙界の薬物は遙か東海の蒼海の中に泛ぶ三山の間に秘めてあるものであるから、わたしは天下に浪遊し、まず、清渓の砂浜に赴いて、鉛を採取しようとおもうのである。

#2

時登大樓山,舉手望仙真。

羽駕滅去影,飆車迴輪。

尚恐丹液遲,志願不及申。

徒霜鏡中髮,羞彼鶴上人。

桃李何處開,此花非我春。

唯應清都境,長與韓眾親。 

 

古風五十九首の四

#1

鳳は九千仞を飛び,五は綵珍を備うを章す。

書を銜んで且つ虛しく歸り,周と秦とに空しく入る。

四海を歷,居ろ所 未だ鄰を得ず。

吾 紫河の車を營み,千載 風塵を落す。

藥物 海嶽に祕し,鉛を採る青溪の濱に。

#2

時に大樓の山に登り,手を舉げて仙真を望む。

羽駕 去影を滅し,飆車 迴輪をつ。

尚お 丹液 遲くするを恐れ,志願 申ぶるに及ばず。

徒らに鏡中の髮を霜にして,彼の鶴上の人に羞ず。

桃李 何の處にか開き,此の花 我が春に非らず。

唯だ應に 清都の境なり,長く韓眾と親しむべし。 

 

李白図102 

『古風五十九首之四』 現代語訳と訳註

(本文) 古風五十九首之四

#1

鳳飛九千仞,五章備綵珍。

銜書且虛歸,空入周與秦。

歷四海,所居未得鄰。

吾營紫河車,千載落風塵。

藥物祕海嶽,採鉛青溪濱。 

 

(下し文)

古風五十九首の四

#1

鳳は九千仞を飛び,五は綵珍を備うを章す。

書を銜んで且つ虛しく歸り,周と秦とに空しく入る。

し四海を歷て,居ろ所 未だ鄰を得ず。

吾 紫河の車を營み,千載 風塵を落す。

藥物 海嶽に祕し,鉛を採る青溪の濱に。

 

(現代語訳)

(道を究め、徳を身に着けることは簡単にできるものではなく、いろんな経験をしないで仙人にであってもすべてのことが吸収できるものではない。見聞を広めたら韓眾のような仙人に教えを乞いたい)その四

鳳凰は鳥の中の王で、一度羽を広げて飛べば九千仭の高さにあがって行き、衆鳥を見下ろしているという。そしてその翅は五色の燦然として輝くめずらしい彩色をそなえているというのである。

鳳凰は聖人である、徳のある帝王が位にいる時だけ、出現するというのであり、嘗て書を口に銜えて飛び下ってきたという、その書には、殷帝の無道な行為について、やがて聖人がこの無道を直し人民を救済すると書いてあり、この書を人間に伝えるだけして、ただちに帰ったという。周や秦が天下を統一したけれど、その徳が格別なものでないならば、再びまいもどってもそこに留まることはないのである。

天空を横絶して地の果ての四海をめぐって、徳が今はなくても必ずその隣にあるというような格好で落ち着いて居る場所を見つけられずに終わるのである。

鳳凰の聖でもってしても、人間のしかるべき時にであうということがないというのであるから、私が今日、この世において苦しんでいることなど当然のことである。そこで私は、王液を練り、これを服用して、この世の塵や汚れを永遠に払い落として、理想とする仙郷に逍遥したいと志したのである。

元来、仙界の薬物は遙か東海の蒼海の中に泛ぶ三山の間に秘めてあるものであるから、わたしは天下に浪遊し、まず、清渓の砂浜に赴いて、鉛を採取しようとおもうのである。

 

 漢文委員会紀頌之タイトル002李白1000

(訳注) 古風五十九首之四  #1

(道を究め、徳を身に着けることは簡単にできるものではなく、いろんな経験をしないで仙人にであってもすべてのことが吸収できるものではない。見聞を広めたら韓眾のような仙人に教えを乞いたい)その四

 

 

鳳飛 九千仞,五章 備綵珍。

鳳凰は鳥の中の王で、一度羽を広げて飛べば九千仭の高さにあがって行き、衆鳥を見下ろしているという。そしてその翅は五色の燦然として輝くめずらしい彩色をそなえているというのである。

○鳳飛九千仞 “衆鳥を見下ろしている”という意味で『孟子』尽心上、「揚子法言」学行篇に、孔子が泰山に登って天下を小としたとあるがこれに基づいている。千仞之山:円石を千仞の山に転ず。《「孫子」兵勢から》勢いが盛んで抑えようがないことのたとえ。

○五章 五色の燦然として輝く(めずらしい彩色)。

 

銜書 且虛歸,空入 周與秦。

鳳凰は聖人である、徳のある帝王が位にいる時だけ、出現するというのであり、嘗て書を口に銜えて飛び下ってきたという、その書には、殷帝の無道な行為について、やがて聖人がこの無道を直し人民を救済すると書いてあり、この書を人間に伝えるだけして、ただちに帰ったという。周や秦が天下を統一したけれど、その徳が格別なものでないならば、再びまいもどってもそこに留まることはないのである。

○銜書 「鳳凰銜書」天子の使者が命令の書かれた文書を持ってくること。 「鳳凰」は聖天子が出現する時に現れるとされる想像上の鳥。 「銜」は口にくわえるという意味。 鳳凰が勅書を口にくわえて持ってくるという意味からきた言葉。『焦氏易林注卷三』

○且虛歸 「鳳凰銜書」を携えて人間に渡したらたちまち帰って行ったというほどの意。

○空入 その中に入っても空しい、空っぽであるという意。

○周與秦 周国と秦国。

 

 歷四海,所居 未得鄰。

天空を横絶して地の果ての四海をめぐって、徳が今はなくても必ずその隣にあるというような格好で落ち着いて居る場所を見つけられずに終わるのである。

○橫 空を二つに切り裂くように横に飛ぶこと。

歷四海 天下の地は東西南北、その行き着くところは崖にあっていてそのさいきには大海があるということで、そこまですべての地を訪ね歩いたということ。

 

吾營 紫河車,千載 落風塵。

鳳凰の聖でもってしても、人間のしかるべき時にであうということがないというのであるから、私が今日、この世において苦しんでいることなど当然のことである。そこで私は、王液を練り、これを服用して、この世の塵や汚れを永遠に払い落として、理想とする仙郷に逍遥したいと志したのである。

紫河車 1.胎盤。2.一斗の水を煮詰めてその中から九両の聖石を抽出したものを垞女といい、そのままに詰めたものを玉液といい、次に紫になったものを紫河車といい、それはさらに、白のもの、青のもの、赤に変化していくのであるから、仙藥ということである。

落風塵 この世の塵や汚れを永遠に払い落とすこと。

 

藥物 祕海嶽,採鉛 青溪濱。

元来、仙界の薬物は遙か東海の蒼海の中に泛ぶ三山の間に秘めてあるものであるから、わたしは天下に浪遊し、まず、清渓の砂浜に赴いて、鉛を採取しようとおもうのである。

海嶽 東海の蒼海の先に神仙三山(蓬莱・瀛州・方丈)がある。

採鉛 丹液、丹薬、を練るその基本は鉛である。不老不死の薬。仙薬。「黄治」や「黄白」金丹は、不老不死の効果を持つ薬の製造と服薬により仙人になることを目指すという点から、道教と密接に関連している。煉丹の主な方法には、原料の鉱物を釜の中で加熱する「火法」と鉱物を水溶液や懸濁液にする「水法」とがある。典型的な金丹の製造法は「丹砂」(硫化水銀)、「汞」(水銀)、「鉛」などの薬物を調合して鼎炉にて火にかけて焼煉するものである。煉丹術ないしその萌芽は漢代に登場し、『抱朴子』を著した西晋・東晋の葛洪らによって金丹道として確立し、他の神仙方術とともにいつしか道教の一部とみなされるようになった。

青溪濱 丹砂のある渓谷。人知れず奥まった所にある渓谷の砂浜にある、丹沙。

DCF00208 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
livedoor 天気
プロフィール

紀 頌之

Twitter プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ