漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之のブログ 女性詩、漢詩・建安六朝・唐詩・李白詩 1000首:李白集校注に基づき時系列に訳注解説

李白の詩を紹介。青年期の放浪時代。朝廷に上がった時期。失意して、再び放浪。李白の安史の乱。再び長江を下る。そして臨終の歌。李白1000という意味は、目安として1000首以上掲載し、その後、系統別、時系列に整理するということ。 古詩、謝霊運、三曹の詩は既掲載済。女性詩。六朝詩。文選、玉臺新詠など、李白詩に影響を与えた六朝詩のおもなものは既掲載している2015.7月から李白を再掲載開始、(掲載約3~4年の予定)。作品の作時期との関係なく掲載漏れの作品も掲載するつもり。李白詩は、時期設定は大まかにとらえる必要があるので、従来の整理と異なる場合もある。現在400首以上、掲載した。今、李白詩全詩訳注掲載中。

Index-36Ⅳ-11 757年至德二年57歳

▼絶句・律詩など短詩をだけ読んでいたのではその詩人の良さは分からないもの。▼長詩、シリーズを割席しては理解は深まらない。▼漢詩は、諸々の決まりで作られている。日本人が読む漢詩の良さはそういう決まり事ではない中国人の自然に対する、人に対する、生きていくことに対する、愛することに対する理想を述べているのをくみ取ることにあると思う。▼詩人の長詩の中にその詩人の性格、技量が表れる。▼李白詩からよこみちにそれているが、途中で孟浩然を45首程度(掲載済)、謝霊運を80首程度(掲載済み)。そして、女性古詩。六朝、有名な賦、その後、李白詩全詩訳注を約4~5年かけて掲載する予定で整理している。
その後ブログ掲載予定順は、王維、白居易、の順で掲載予定。▼このほか同時に、Ⅲ杜甫詩のブログ3年の予定http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-tohoshi/、唐宋詩人のブログ(Ⅱ李商隠、韓愈グループ。)も掲載中である。http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/,Ⅴ晩唐五代宋詞・花間集・玉臺新詠http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-godaisoui/▼また漢詩理解のためにHPもいくつかサイトがある。≪ kanbuniinkai ≫[検索]で、「漢詩・唐詩」理解を深めるものになっている。
◎漢文委員会のHP http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/profile1.html
Author:漢文委員会 紀 頌之です。
大病を患い大手術の結果、半年ぶりに復帰しました。心機一転、ブログを開始します。(11/1)
ずいぶん回復してきました。(12/10)
訪問ありがとうございます。いつもありがとうございます。
リンクはフリーです。報告、承諾は無用です。
ただ、コメント頂いたても、こちらからの返礼対応ができません。というのも、
毎日、6 BLOG,20000字以上活字にしているからです。
漢詩、唐詩は、日本の詩人に大きな影響を残しました。
だからこそ、漢詩をできるだけ正確に、出来るだけ日本人の感覚で、解釈して,紹介しています。
体の続く限り、広げ、深めていきたいと思っています。掲載文について、いまのところ、すべて自由に使ってもらって結構ですが、節度あるものにして下さい。
どうぞよろしくお願いします。

59-#2 《古風五十九首之五十九》Index-36Ⅳ-11 757年至德二年57歳757古風,五十九首之五十九惻惻泣路岐, <59-#2> Ⅰ李白詩1223 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4663

漢の張耳と陳余は、はじめは刎頸の交わりを結んだが、その親しい交わりが、怒った陳余によって同盟は破棄され、火のきえた仲になってしまった、後漢の粛青と朱博は、非常に仲が良かったけれど、仕舞には仇敵となって、星のようにばらばらに離れた。

 
 2014年8月16日の紀頌之5つのブログ 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
59-#2 《古風五十九首之五十九》Index-36Ⅳ-11 757年至德二年57歳757古風,五十九首之五十九惻惻泣路岐, <59-#2> Ⅰ李白詩1223 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4663 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorブログ
429 《烽火》韓愈(韓退之)ID index-1 787年貞元3年 20歳<1136> Ⅱ韓昌黎集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4664韓愈詩-429 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログ廣徳2年764-94 《送司馬入京【案:草堂逸詩拾遺。】》 杜甫index-14 764年 杜甫<795> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4665 杜甫詩1500-795-1104/2500廣徳2年764-94 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ468 韓昌黎集 巻五 401 《次硤石》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <842>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3194韓愈詩-214 kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 4666 (08/16) 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor9-441《河滿子一首》毛文錫Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-624-9-(441) 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4667 
 薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5) 
 魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10) 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

59-#2 《古風五十九首之五十九》Index-36-11 757年至德二年57757古風,五十九首之五十九惻惻泣路岐, <59-#2> Ⅰ李白詩1223 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4663

 

 

作年:    757年至德二年57

卷別:    卷一六一              文體:    五言古詩

詩題:    古風,五十九首之五十九

 

 

古風,五十九首之五十九

(この詩は、交道の全うからざることを歎じたもので、自分が天子からとおざけられ、栄辱、その処を易えた後は、昔親しかった友も、態度を変え、相手をしなくなったということを慨嘆したもの。)

惻惻泣路岐,哀哀悲素絲。

むかし楊子は路のわかれめの所にくると、さめざめと泣いた。墨子は白い糸を見ると、ひどく歎き悲しんだ。

路岐有南北,素絲易變移。

それは何故かというと、路のわかれた所は、南へも北へも行けるので迷うし、白い糸はどんな色にも染まって変りやすいからである。

萬事固如此,人生無定期。

人間万事、何事も、もともとこんなもので、絶対に定まれる時期というものはなく、楊朱、墨翟が感嘆したのも尤もなことで、人生にはあてにできる事柄はないということなのだ。

田竇相傾奪,賓客互盈虧。

漢の武安侯田蚡と魏其竇嬰とはいずれも、外戚の親を以て、権柄を専らにし、はじめは賓客が竇嬰の方に集まり、次第に田蚡が勢いを強くするとそちらに多く集まったので、自然に賓客を奪い合ったというようになり、人情は月が満ち欠けするように定まらないものであるということなのだ。

#2

世途多翻覆,交道方嶮巇。

したがって、世わたりのみちには手の平をかえすようなことが多く、人の交際の道は平たんのように見えて、まことにけわしいものである。

斗酒強然諾,寸心終自疑。

一斗の酒をまえにおいて歓をまじ得るときにむりに「よろしい」とひきうけるということもあるが、方寸の心のうちでさいごには疑いをいだくということなのである。

張陳竟火滅,蕭朱亦星離。

漢の張耳と陳余は、はじめは刎頸の交わりを結んだが、その親しい交わりが、怒った陳余によって同盟は破棄され、火のきえた仲になってしまった、後漢の粛青と朱博は、非常に仲が良かったけれど、仕舞には仇敵となって、星のようにばらばらに離れた。

眾鳥集榮柯,窮魚守枯池。

たくさんの鳥は日向に花の盛んにさいた枝に集まるものであり、それとは反対に、水のかれた池には、死にぞこないとか、追いつめられた魚が、そこを守っている。

嗟嗟失權客,勤問何所規。

ああ一度寵愛を失った居候よ、せっせとごきげんをうかがっても何をしようというのか。

 

古風,五十九首之五十九

惻惻として 路岐に泣き,哀哀として 素絲を悲しむ。

路岐れては 南北有り,素き絲は 變移し易し。

萬事 固より此の如く,人生 定期無し。

田竇【でんとう】相い傾奪し,賓客 互に盈虧【えいき】す。

#2

世途 翻覆多く,交道 方に嶮巇【けんぎ】。

斗酒 強いて然諾【ぜんだく】し,寸心 終に自から疑う。

張陳 竟に火滅し,蕭朱 亦た星離す。

眾鳥は集榮柯にり,窮魚は枯池を守る。

嗟嗟 失權の客よ,勤めて問うも 何の規る所ぞ。

 

安史期のアジアssH

 

『古風,五十九首之五十九』 現代語訳と訳註

(本文) #2

世途多翻覆,交道方嶮巇。

斗酒強然諾,寸心終自疑。

張陳竟火滅,蕭朱亦星離。

眾鳥集榮柯,窮魚守枯池。

嗟嗟失權客,勤問何所規。

 

(下し文)#2

世途 翻覆多く,交道 方に嶮巇【けんぎ】。

斗酒 強いて然諾【ぜんだく】し,寸心 終に自から疑う。

張陳 竟に火滅し,蕭朱 亦た星離す。

眾鳥は集榮柯にり,窮魚は枯池を守る。

嗟嗟 失權の客よ,勤めて問うも 何の規る所ぞ。

 

(現代語訳)

したがって、世わたりのみちには手の平をかえすようなことが多く、人の交際の道は平たんのように見えて、まことにけわしいものである。

一斗の酒をまえにおいて歓をまじ得るときにむりに「よろしい」とひきうけるということもあるが、方寸の心のうちでさいごには疑いをいだくということなのである。

漢の張耳と陳余は、はじめは刎頸の交わりを結んだが、その親しい交わりが、怒った陳余によって同盟は破棄され、火のきえた仲になってしまった、後漢の粛青と朱博は、非常に仲が良かったけれど、仕舞には仇敵となって、星のようにばらばらに離れた。

たくさんの鳥は日向に花の盛んにさいた枝に集まるものであり、それとは反対に、水のかれた池には、死にぞこないとか、追いつめられた魚が、そこを守っている。

ああ一度寵愛を失った居候よ、せっせとごきげんをうかがっても何をしようというのか。

安史の乱当時の勢力図

(訳注) #2

古風,五十九首之五十九

(この詩は、交道の全うからざることを歎じたもので、自分が天子からとおざけられ、栄辱、その処を易えた後は、昔親しかった友も、態度を変え、相手をしなくなったということを慨嘆したもの。)

この詩を古風の五十九での最後に置いたということは、そうしたことが人生において大きな問題であったということである。

世途多翻覆 交道方嶮
斗酒強然諾 寸心終自
張陳竟火滅 蕭朱亦星
眾鳥集榮柯 窮魚守枯
嗟嗟失權客 勤問何所

 

 

世途多翻覆,交道方嶮巇。

したがって、世わたりのみちには手の平をかえすようなことが多く、人の交際の道は平たんのように見えて、まことにけわしいものである。

○世途 世わたりの路。

○交道 交際の道。

○嶮巇 けわしい。

 

斗酒強然諾,寸心終自疑。

一斗の酒をまえにおいて歓をまじ得るときにむりに「よろしい」とひきうけるということもあるが、方寸の心のうちでさいごには疑いをいだくということなのである。

○斗酒 一斗の酒。多量の酒。

○然諾 人の頼みを「よし」と言って引受けること。

○寸心 一寸四方の心。小さいむねの中。

 

張陳竟火滅,蕭朱亦星離。

漢の張耳と陳余は、はじめは刎頸の交わりを結んだが、その親しい交わりが、怒った陳余によって同盟は破棄され、火のきえた仲になってしまった、後漢の粛青と朱博は、非常に仲が良かったけれど、仕舞には仇敵となって、星のようにばらばらに離れた。

○張陳 秦末漢初の張耳と陳余の二人。同郷の陳余が張耳に仕えており、まるで父子のようであったが、かつての藺相如と廉頗に倣ってお互いに首を斬られても良いという刎頸の交わりを結んだ。楚漢戦争が始まり、項羽を包囲するために各国と同盟を結んだ漢王劉邦だったが、趙と同盟を結ぶには実力者の陳余の承諾が必須だった。陳余は同盟の条件に憎き張耳の首級の差し出しを要求した。そこで劉邦は張耳に似た囚人を処刑し、その首を届けさせた。陳余は納得し漢と趙は同盟することとなった。だが、紀元前205年の彭城の戦いの際、張耳が生存していることが露見し、怒った陳余によって同盟は破棄された。戦いの結果は、韓信の背水の陣の計略により漢軍が勝利。陳余は戦死し趙歇も捕虜となり処刑された。

○蕭朱 後漢の粛育と朱博の二人。粛育と朱博は若い頃からの交友関係にあっ. たが、後に二人には隙が生じ、「故に世は交を以て難しと残す」とされている。また、紅陽侯王立は、一旦は淳子長と対立していたが、その後、 粛育を媒介にして淳子長とも関係があった朱博とも「相善」の仲になったりしている。

○星離 星のようにばらばらになる。

 

眾鳥集榮柯,窮魚守枯池。

たくさんの鳥は日向に花の盛んにさいた枝に集まるものであり、それとは反対に、水のかれた池には、死にぞこないとか、追いつめられた魚が、そこを守っている。

○榮柯 花のさいた枝。

○窮魚 進退きわまった魚。

 

嗟嗟失權客,勤問何所規。

ああ一度寵愛を失った居候よ、せっせとごきげんをうかがっても何をしようというのか。

○嗟嗟 なげいて発する声。

○失權 よろこびを失う。

○勤問 勤は、せっせと。間は訪問。敬意を表わす。

○規 はかる。

太白山001









59 -#1《古風五十九首之五十九》Index-36Ⅳ-11 757年至德二年57歳757古風,五十九首之五十九惻惻泣路岐, <59> Ⅰ李白詩1222 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4658

漢の武安侯田蚡と魏其竇嬰とはいずれも、外戚の親を以て、権柄を専らにし、はじめは賓客が竇嬰の方に集まり、次第に田蚡が勢いを強くするとそちらに多く集まったので、自然に賓客を奪い合ったというようになり、人情は月が満ち欠けするように定まらないものであるということなのだ。


 
 2014年8月15日の紀頌之5つのブログ 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
59 -#1《古風五十九首之五十九》Index-36Ⅳ-11 757年至德二年57歳757古風,五十九首之五十九惻惻泣路岐, <59> Ⅰ李白詩1222 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4658 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorブログ
428-#2 《芍藥歌》韓愈(韓退之)ID index-1 785年; 貞元元年・18歳<1135> Ⅱ韓昌黎集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4659韓愈詩-428-#2 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログ廣徳2年764-93 《軍中醉飲寄沈八劉叟【案:一作暢當詩。】【案:他集互見。】》 杜甫index-14 764年 杜甫<794> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4660 杜甫詩1500-794-1103/2500廣徳2年764-93 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ467 韓昌黎集 巻五 400 《宿神龜招李二十八、馮十七》韓愈(韓退之) Ⅱ中唐詩 <841>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ3189韓愈詩-213 韓愈kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞 fc2ブログ 4661 (08/15) 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor9-440《訴衷情二首其二》毛文錫Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-623-9-(440) 五巻漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4662 
 薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5) 
 魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10) 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

59 -#1《古風五十九首之五十九》Index-36-11 757年至德二年57757古風,五十九首之五十九惻惻泣路岐, <59> Ⅰ李白詩1222 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4658

 

 

作年:    757年至德二年57

卷別:    卷一六一              文體:    五言古詩

詩題:    古風,五十九首之五十九

 

 

古風,五十九首之五十九

(この詩は、交道の全うからざることを歎じたもので、自分が天子からとおざけられ、栄辱、その処を易えた後は、昔親しかった友も、態度を変え、相手をしなくなったということを慨嘆したもの。)

惻惻泣路岐,哀哀悲素絲。

むかし楊子は路のわかれめの所にくると、さめざめと泣いた。墨子は白い糸を見ると、ひどく歎き悲しんだ。

路岐有南北,素絲易變移。

それは何故かというと、路のわかれた所は、南へも北へも行けるので迷うし、白い糸はどんな色にも染まって変りやすいからである。

萬事固如此,人生無定期。

人間万事、何事も、もともとこんなもので、絶対に定まれる時期というものはなく、楊朱、墨翟が感嘆したのも尤もなことで、人生にはあてにできる事柄はないということなのだ。

田竇相傾奪,賓客互盈虧。

漢の武安侯田蚡と魏其竇嬰とはいずれも、外戚の親を以て、権柄を専らにし、はじめは賓客が竇嬰の方に集まり、次第に田蚡が勢いを強くするとそちらに多く集まったので、自然に賓客を奪い合ったというようになり、人情は月が満ち欠けするように定まらないものであるということなのだ。

#2

世途多翻覆,交道方嶮巇。

斗酒強然諾,寸心終自疑。

張陳竟火滅,蕭朱亦星離。

眾鳥集榮柯,窮魚守枯池。

嗟嗟失權客,勤問何所規。

 

古風,五十九首之五十九

惻惻として 路岐に泣き,哀哀として 素絲を悲しむ。

路岐れては 南北有り,素き絲は 變移し易し。

萬事 固より此の如く,人生 定期無し。

田竇【でんとう】相い傾奪し,賓客 互に盈虧【えいき】す。

#2

世途 翻覆多く,交道 方に嶮巇【けんぎ】。

斗酒 強いて然諾【ぜんだく】し,寸心 終に自から疑う。

張陳 竟に火滅し,蕭朱 亦た星離す。

眾鳥は集榮柯にり,窮魚は枯池を守る。

嗟嗟 失權の客よ,勤めて問うも 何の規る所ぞ。

 

 

 

『古風,五十九首之五十九』 現代語訳と訳註

(本文)

古風,五十九首之五十九

惻惻泣路岐,哀哀悲素絲。

路岐有南北,素絲易變移。

萬事固如此,人生無定期。

田竇相傾奪,賓客互盈虧。

 

(下し文)

古風,五十九首之五十九

惻惻として 路岐に泣き,哀哀として 素絲を悲しむ。

路岐れては 南北有り,素き絲は 變移し易し。

萬事 固より此の如く,人生 定期無し。

田竇【でんとう】相い傾奪し,賓客 互に盈虧【えいき】す。

 

(現代語訳)

(この詩は、交道の全うからざることを歎じたもので、自分が天子からとおざけられ、栄辱、その処を易えた後は、昔親しかった友も、態度を変え、相手をしなくなったということを慨嘆したもの。)

むかし楊子は路のわかれめの所にくると、さめざめと泣いた。墨子は白い糸を見ると、ひどく歎き悲しんだ。

それは何故かというと、路のわかれた所は、南へも北へも行けるので迷うし、白い糸はどんな色にも染まって変りやすいからである。

人間万事、何事も、もともとこんなもので、絶対に定まれる時期というものはなく、楊朱、墨翟が感嘆したのも尤もなことで、人生にはあてにできる事柄はないということなのだ。

漢の武安侯田蚡と魏其竇嬰とはいずれも、外戚の親を以て、権柄を専らにし、はじめは賓客が竇嬰の方に集まり、次第に田蚡が勢いを強くするとそちらに多く集まったので、自然に賓客を奪い合ったというようになり、人情は月が満ち欠けするように定まらないものであるということなのだ。

李白図102 

 

(訳注)

古風,五十九首之五十九

(この詩は、交道の全うからざることを歎じたもので、自分が天子からとおざけられ、栄辱、その処を易えた後は、昔親しかった友も、態度を変え、相手をしなくなったということを慨嘆したもの。)

この詩を古風の五十九での最後に置いたということは、そうしたことが人生において大きな問題であったということである。

惻惻泣路  哀哀悲素
路岐有南北  素絲易變
萬事固如此  人生無定
田竇相傾奪  賓客互盈

 

惻惻泣路岐,哀哀悲素絲。

むかし楊子は路のわかれめの所にくると、さめざめと泣いた。墨子は白い糸を見ると、ひどく歎き悲しんだ。

○惻惻泣路岐,哀哀悲素絲 「准南子」に見える話にもとづく。戦国時代の哲学者、楊子(楊朱)は、都会の大通りを見て、声をあげて泣いた。その道が、南へも行けるし、北へも行けるからであった。また同時代の哲学者、墨子(墨翟)は、白い糸を見て泣いたっその糸が、黄色にも、また黒にも染められるからであった。(墨子の方の話は「呂氏春秋」にも見える。)惻惻は、かなしみいたむさま。

 

路岐有南北,素絲易變移。

それは何故かというと、路のわかれた所は、南へも北へも行けるので迷うし、白い糸はどんな色にも染まって変りやすいからである。

 

萬事固如此,人生無定期。

人間万事、何事も、もともとこんなもので、絶対に定まれる時期というものはなく、楊朱、墨翟が感嘆したのも尤もなことで、人生にはあてにできる事柄はないということなのだ。

○定期 たしかにあてになること。

 

田竇相傾奪,賓客互盈虧。

漢の武安侯田蚡と魏其竇嬰とはいずれも、外戚の親を以て、権柄を専らにし、はじめは賓客が竇嬰の方に集まり、次第に田蚡が勢いを強くするとそちらに多く集まったので、自然に賓客を奪い合ったというようになり、人情は月が満ち欠けするように定まらないものであるということなのだ。

○田竇 武安侯田蚡と魏其竇嬰。ともに、漢の武帝の時の権力者。どちらも、天子の外戚であったが、竇嬰は魏其侯に封ぜられ、田蚡は武安侯に封ぜられ、相ついで武帝の宰相となった。はじめ、竇嬰に勢力のあったころは、天下の藩士や賓客は争って竇嬰のもとに集まったが、田蚡が策略をめぐらして宰相となると、勢利にさとい役人たちや士人は、みな竇嬰のもとを去って、田蚡についた。「史記」や「漢書」に二人の伝記がある。

○賓客 客分として抱えておく家来。食客。

○盈虧 月がみちたり、欠けたりする。
安史の乱当時の勢力図 安史期のアジアssH

45 《古風五十九首之四十五》Index-36Ⅳ-11 757年至德二年57歳756古風,五十九首之四十五八荒馳驚飆, <45> Ⅰ李白詩1208 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4588

もし明君が自分を用いてくれるのなら、留まってやっても良いと思うのだが、そうでなければ白い馬に跨って、則世界を離れ、そして、空山に往って、「わが場藿を食わん。」という詩でも詠ってやろうとおもう。

 
 2014年8月1日の紀頌之5つのブログ 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorブログ
45 《古風五十九首之四十五》Index-36Ⅳ-11 757年至德二年57歳756古風,五十九首之四十五八荒馳驚飆, <45> Ⅰ李白詩1208 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4588 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorブログ
422-#2 《奉和杜相公太清宮紀事,陳誠上李相公十六韻》韓愈(韓退之)ID Index-12-504 Ⅱ韓昌黎集<1121>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4589韓愈詩-422-#2 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を取り上げて訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorブログIndex-14廣徳2年764-85 《遣悶奉呈嚴公二十韻【遣悶奉呈鄭公二十韻】》 杜甫index-14 764年 杜甫<783-#3> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4590 杜甫詩1500-783-#3-1089/2500Index-14廣徳2年764-85 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2ブログ 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoor9-426《接賢賓一首》毛文錫Ⅻ唐五代詞・『花間集』全詩訳注解説Gs-609-9-(426) 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4592 
 薛濤の全詩花間集(1)花間集(2)花間集(3)花間集(4)花間集(5) 
 魚玄機全詩●花間集(6)●花間集(7)●花間集(8)●花間集(9)●花間集(10) 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

45 《古風五十九首之四十五》Index-36-11 757年至德二年57756古風,五十九首之四十五八荒馳驚飆, <45> Ⅰ李白詩1208 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ4588

 

 

製作年:              至德二年

寫作時間:           757

寫作年紀:           57

卷別:    卷一六一              文體:    五言古詩

詩題:    古風,五十九首之四十五

 

 

古風,五十九首之四十五

(この詩は、李白が安史の乱に遭遇して、超然高踏の志を述べたものである。)

八荒馳驚飆,萬物盡凋落。

暴風、颯然として、一度天地の間を吹くめくれば、ありとあらゆるものが、ことごとく枯れて、凋んでしまう。

浮雲蔽陽,洪波振大壑。

仰いで望めば浮雲とび迷うて、落日を蔽い、伏してみれば、大波が東海をふるいうごかして、万象すべて惨澹、逆臣一たび起って、四海兵戈にくるしむもようも、やはり、これとおなじである。

龍鳳罔罟,飄颻將安託。

こうして、龍や鳳凰が幸いに網をのがれたところで、飄々として何処へ行ってよいかわからない。自分も幸いに難を遁れたが、如何にしようか。

去去乘白駒,空山詠場藿。

もし明君が自分を用いてくれるのなら、留まってやっても良いと思うのだが、そうでなければ白い馬に跨って、則世界を離れ、そして、空山に往って、「わが場藿を食わん。」という詩でも詠ってやろうとおもう。

 

(古風,五十九首之四十五)

八荒 驚飆を馳せ,萬物 盡く凋落す。

浮雲 陽をい,洪波 大壑を振う。

龍鳳 罔罟【もうこ】をし,飄颻として將に安にか託せんとす。

去去 白駒に乘じ,空山 場藿を詠ず。

安史の乱当時の勢力図 

 

古風,五十九首之四十五』 現代語訳と訳註

(本文)

古風,五十九首之四十五

八荒馳驚飆,萬物盡凋落。

浮雲蔽陽,洪波振大壑。

龍鳳罔罟,飄颻將安託。

去去乘白駒,空山詠場藿。

 

(下し文)

(古風,五十九首之四十五)

八荒 驚飆を馳せ,萬物 盡く凋落す。

浮雲 陽を蔽い,洪波 大壑を振う。

龍鳳 罔罟【もうこ】をし,飄颻として將に安にか託せんとす。

去去 白駒に乘じ,空山 場藿を詠ず。 

 

(現代語訳)

(この詩は、李白が安史の乱に遭遇して、超然高踏の志を述べたものである。)

暴風、颯然として、一度天地の間を吹くめくれば、ありとあらゆるものが、ことごとく枯れて、凋んでしまう。

仰いで望めば浮雲とび迷うて、落日を蔽い、伏してみれば、大波が東海をふるいうごかして、万象すべて惨澹、逆臣一たび起って、四海兵戈にくるしむもようも、やはり、これとおなじである。

こうして、龍や鳳凰が幸いに網をのがれたところで、飄々として何処へ行ってよいかわからない。自分も幸いに難を遁れたが、如何にしようか。

もし明君が自分を用いてくれるのなら、留まってやっても良いと思うのだが、そうでなければ白い馬に跨って、則世界を離れ、そして、空山に往って、「わが場藿を食わん。」という詩でも詠ってやろうとおもう。

 

春秋戦国勢力図 

(訳注)

古風,五十九首之四十五

(この詩は、李白が安史の乱に遭遇して、超然高踏の志を述べたものである。)

 

八荒馳驚飆,萬物盡凋落。

暴風、颯然として、一度天地の間を吹くめくれば、ありとあらゆるものが、ことごとく枯れて、凋んでしまう。

驚飆 暴風、颯然とする。

 

浮雲蔽陽,洪波振大壑。

仰いで望めば浮雲とび迷うて、落日を蔽い、伏してみれば、大波が東海をふるいうごかして、万象すべて惨澹、逆臣一たび起って、四海兵戈にくるしむもようも、やはり、これとおなじである。

 落日。

大壑 東海。

 

龍鳳罔罟,飄颻將安託。

こうして、龍や鳳凰が幸いに網をのがれたところで、飄々として何処へ行ってよいかわからない。自分も幸いに難を遁れたが、如何にしようか。

罔罟 罔は鳥に用いる網、罟は魚に用いる網。

 

去去乘白駒,空山詠場藿。

もし明君が自分を用いてくれるのなら、留まってやっても良いと思うのだが、そうでなければ白い馬に跨って、則世界を離れ、そして、空山に往って、「わが場藿を食わん。」という詩でも詠ってやろうとおもう。

白駒 詩経「賢者は白駒に乗って去るもの有り。」

場藿 馬が農場の苗を食うように官禄をはむのを慙じる。『詩経、小雅、白駒篇』に「皎皎たる白馬、我が場苗を食まば、之か繋ぎ之を維【つな】ぎて、以て今朝を永うせん」と。白馬がわが畑の苗を食ってくれるならば、繋いで今朝だかでも永く止めておきたい。賢人の留まるのを願う詩。二君にまみえることを恥じてみせる。

『詩経、小雅、白駒篇』

大夫刺宣王也.

皎皎白駒.食我場苗.縶之維之.以永今朝.所謂伊人.於焉逍遙。

皎皎白駒.食我場藿.縶之維之.以永今夕.所謂伊人.於焉嘉客。

皎皎白駒.賁然來思.爾公爾侯.逸豫無期.慎爾優游.勉爾遁思。

皎皎白駒.在彼空谷.生芻一束.其人如玉.毋金玉爾音.而有遐心。

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
livedoor 天気
プロフィール

紀 頌之

Twitter プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ