漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之のブログ 女性詩、漢詩・建安六朝・唐詩・李白詩 1000首:李白集校注に基づき時系列に訳注解説

李白の詩を紹介。青年期の放浪時代。朝廷に上がった時期。失意して、再び放浪。李白の安史の乱。再び長江を下る。そして臨終の歌。李白1000という意味は、目安として1000首以上掲載し、その後、系統別、時系列に整理するということ。 古詩、謝霊運、三曹の詩は既掲載済。女性詩。六朝詩。文選、玉臺新詠など、李白詩に影響を与えた六朝詩のおもなものは既掲載している2015.7月から李白を再掲載開始、(掲載約3~4年の予定)。作品の作時期との関係なく掲載漏れの作品も掲載するつもり。李白詩は、時期設定は大まかにとらえる必要があるので、従来の整理と異なる場合もある。現在400首以上、掲載した。今、李白詩全詩訳注掲載中。

Index-18 Ⅱ―13-738年開元二十六年38歳

▼絶句・律詩など短詩をだけ読んでいたのではその詩人の良さは分からないもの。▼長詩、シリーズを割席しては理解は深まらない。▼漢詩は、諸々の決まりで作られている。日本人が読む漢詩の良さはそういう決まり事ではない中国人の自然に対する、人に対する、生きていくことに対する、愛することに対する理想を述べているのをくみ取ることにあると思う。▼詩人の長詩の中にその詩人の性格、技量が表れる。▼李白詩からよこみちにそれているが、途中で孟浩然を45首程度(掲載済)、謝霊運を80首程度(掲載済み)。そして、女性古詩。六朝、有名な賦、その後、李白詩全詩訳注を約4~5年かけて掲載する予定で整理している。
その後ブログ掲載予定順は、王維、白居易、の順で掲載予定。▼このほか同時に、Ⅲ杜甫詩のブログ3年の予定http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-tohoshi/、唐宋詩人のブログ(Ⅱ李商隠、韓愈グループ。)も掲載中である。http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/,Ⅴ晩唐五代宋詞・花間集・玉臺新詠http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-godaisoui/▼また漢詩理解のためにHPもいくつかサイトがある。≪ kanbuniinkai ≫[検索]で、「漢詩・唐詩」理解を深めるものになっている。
◎漢文委員会のHP http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/profile1.html
Author:漢文委員会 紀 頌之です。
大病を患い大手術の結果、半年ぶりに復帰しました。心機一転、ブログを開始します。(11/1)
ずいぶん回復してきました。(12/10)
訪問ありがとうございます。いつもありがとうございます。
リンクはフリーです。報告、承諾は無用です。
ただ、コメント頂いたても、こちらからの返礼対応ができません。というのも、
毎日、6 BLOG,20000字以上活字にしているからです。
漢詩、唐詩は、日本の詩人に大きな影響を残しました。
だからこそ、漢詩をできるだけ正確に、出来るだけ日本人の感覚で、解釈して,紹介しています。
体の続く限り、広げ、深めていきたいと思っています。掲載文について、いまのところ、すべて自由に使ってもらって結構ですが、節度あるものにして下さい。
どうぞよろしくお願いします。

260-#2 《巻二十一34經下邳圯橋懷張子房 -#2》(改訂版Ver..2.1)Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <260-#2> Ⅰ李白詩1524 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6168

李白  經下邳圯橋懷張子房#2

潛匿遊下,豈曰非智勇。我來橋上,懷古欽英風。

惟見碧流水,曾無石公。歎息此人去,蕭條徐泗空。

今、我、子房が黄石公にであった下邳の圯橋の上に来ており、古の事を思い出すと、張良の英雄の風姿が慕わしくてたまらない。おもえば、張良一度この世から去ってより、この徐泗一帯の地は、蕭条として、人物を出さず、まことに、それに今この乱れた世に誰も出ないのかと思うと、嘆息に堪えぬことである。


260-#2 《巻二十一34經下邳圯橋懷張子房 -#2》(改訂版Ver..2.1Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <260-#2> Ⅰ李白詩1524 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6168

 
 2015年6月18日の紀頌之5つのBlog 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorBlog
260-#2 《巻二十一34經下邳圯橋懷張子房 -#2》(改訂版Ver..2.1)Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <260-#2> Ⅰ李白詩1524 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6168 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
74-#5 《巻09-32 詠雪贈張籍》-#5 韓愈(韓退之) 803年貞元19年 38歳<1437> Ⅱ韓昌黎集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6169 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog55杜甫 《1722聽楊氏歌-#1》 杜甫詩index-15- <920 -#1> 766年大暦元年55歲-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6170 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog張泌《巻四29浣渓沙 十首 其六》『花間集』180全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6172 
 薛濤の全詩花間集(1巻花間集(2巻花間集(3巻花間集(4巻花間集(5巻 
 魚玄機全詩花間集(6巻花間集(7巻花間集(8巻花間集(9巻花間集10巻 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

 

年:738年開元二十六年38

卷別:  卷一八一        文體:  五言古詩

詩題:  經下邳圯橋懷張子房

作地點:        下邳(河南道 / 泗州 / 下邳)

及地點:圯橋 (河南道 泗州 下邳)  

博浪沙 (都畿道 鄭州 陽武)       

下邳 (河南道 泗州 下邳)         

徐州 (河南道 徐州 徐州) 別名:彭城、徐方        

泗州 (河南道 泗州 泗州)         

 

(改訂版Ver..2.1

經下邳圯橋懷張子房  #1

(齊魯に遊んだ時、河南道 泗州下邳の圯橋を通りかかって、そこがこの地の出身である張子房の故跡であることを懷いおこしてつくったのである。

子房未虎嘯,破不為家。

むかし張子房が未だ漢の高祖にはまだ遭遇していない頃、すなわち、獲物を決めかねた虎がほえているだけという時で、何でも韓のために仇を取ろうとして財産を売り払ってでも家のことなどこころにとめることをしなかった。
滄海得壯士,椎秦博浪沙。

かくて、蒼海公のところで力士を得て、百二十斤の鉄鎚を作り、それでもって秦の始皇帝を博浪沙中で狙撃したが、副車に当たっただけで、目的を達する事は無かった。

報韓雖不成,天地皆振動。

こうして、五世韓に仕えた恩に報いるために企てた復讐は不成功におわったが、そのことによって天も地も皆、なりひびくほどの喝采を受けた。
#2

潛匿遊下,豈曰非智勇。

そのため、始皇帝は犯人を捕まえるため、大捜査を繰り広げたので、張子房はひそかに下邳の村に潜伏し、その間に勉強したのだ、そしてこれを智略と勇気を備えることといわずにおれようか。
我來橋上,懷古欽英風。

今、我、子房が黄石公にであった下邳の圯橋の上に来ており、古の事を思い出すと、張良の英雄の風姿が慕わしくてたまらない。 

惟見碧流水,曾無石公。

しかし、この遺跡とても、別に見るべきものはなく、碧流の水が、むかしのままに、橋下を走るだけで、子房に兵書を授けた黄石公は、神仙だというが、賓際あった人かどうかわからぬ。 

歎息此人去,蕭條徐泗空。

おもえば、張良一度この世から去ってより、この徐泗一帯の地は、蕭条として、人物を出さず、まことに、それに今この乱れた世に誰も出ないのかと思うと、嘆息に堪えぬことである。

 

(下【かひ】の【いきょう】を經て張子房を懷う)
子房 未だ虎嘯せざり、
を破って 家を為さず。 
滄海に 壯士を得、秦を椎【つい】す 博浪沙。 
韓に報じて 成らずと雖も、天地 皆 振動。

#2
潜匿【せんとく】して 下
に遊ぶ、豈 智勇に 非ずと 曰わんや。
我來る 
の上り、古を懐うて、英風を欽す。
唯だ見る 碧流の水、曾て 黄石公  無し。
嘆息す 此の人去りて、蕭條として 徐泗【じょし】の空しきを。

rihakustep足跡 

 

(改訂版Ver..2.1

『經下邳圯橋懷張子房』 現代語訳と訳註解説
(
本文) 
#2

潛匿遊下邳,豈曰非智勇。

我來圯橋上,懷古欽英風。

惟見碧流水,曾無黃石公。

歎息此人去,蕭條徐泗空。

(下し文) #2

潜匿【せんとく】して 下邳に遊ぶ、豈 智勇に 非ずと 曰わんや。

我來る 圯橋の上り、古を懐うて、英風を欽す。

唯だ見る 碧流の水、曾て 黄石公  無し。

嘆息す 此の人去りて、蕭條として 徐泗【じょし】の空しきを。

(現代語訳) #2

そのため、始皇帝は犯人を捕まえるため、大捜査を繰り広げたので、張子房はひそかに下邳の村に潜伏し、その間に勉強したのだ、そしてこれを智略と勇気を備えることといわずにおれようか。
今、我、子房が黄石公にであった下邳の圯橋の上に来ており、古の事を思い出すと、張良の英雄の風姿が慕わしくてたまらない。 

しかし、この遺跡とても、別に見るべきものはなく、碧流の水が、むかしのままに、橋下を走るだけで、子房に兵書を授けた黄石公は、神仙だというが、賓際あった人かどうかわからぬ。 

おもえば、張良一度この世から去ってより、この徐泗一帯の地は、蕭条として、人物を出さず、まことに、それに今この乱れた世に誰も出ないのかと思うと、嘆息に堪えぬことである。

李白の足跡0000
(訳注) (改訂版Ver..2.1

經下邳圯橋懷張子房  #2

(齊魯に遊んだ時、河南道 泗州下邳の圯橋を通りかかって、そこがこの地の出身である張子房の故跡であることを懷いおこしてつくったのである。

下邳:かひ いまの江蘇省北端の邳県の東にある。

圯橋:いきょう 土橋。

張子房 張良(ちょうりょう、生年未詳― 紀元前186年)は、秦末期から前漢初期の政治家・軍師。字は子房。諡は文成。劉邦に仕えて多くの作戦の立案をし、劉邦の覇業を大きく助けた。蕭何・韓信と共に漢の三傑とされる。劉邦より留(江蘇省徐州市沛県の東南)に領地を授かったので留侯とも呼ばれる。子には嗣子の張不疑と少子の張辟彊がいる。漢の高祖(鋸鰯の参謀として漢の帝国樹立に功績があり、斎何、韓信とともに、創業の表といわれている。のち、大名に封ぜられ、留侯と呼ばれた。張良の先祖は韓の人で、祖父も父も韓国の宰相をつとめた。
<!--[if !supportLineBreakNewLine]-->
<!--[endif]-->

潛匿游下邳、豈曰非智勇。』
そのため、始皇帝は犯人を捕まえるため、大捜査を繰り広げたので、張子房はひそかに下邳の村に潜伏し、その間に勉強したのだ、そしてこれを智略と勇気を備えることといわずにおれようか。
潛匿 ひそかに潜伏しかくれる。

○游 勉強する。

○智勇 智略と勇気を備えること。
張良が下邳に潜伏していることと、李白、張旭らが逃避しているのを重ねている。

 

我來圯橋上、懷古欽英風。 
今、我、子房が黄石公にであった下邳の圯橋の上に来ており、古の事を思い出すと、張良の英雄の風姿が慕わしくてたまらない。 

圯橋:いきょう 土橋。

 うやまう。つつしむ。


惟見碧流水、曾無黃石公。 
しかし、この遺跡とても、別に見るべきものはなく、碧流の水が、むかしのままに、橋下を走るだけで、子房に兵書を授けた黄石公は、神仙だというが、賓際あった人かどうかわからぬ。 

そこにはただ目の前には苔むした青々とした水の流れがあるだけで、かの黃石公はもとより姿を現わすはずがないのだ。
曾無 「曾」は「無」を強調する字。

○英風 英雄の風貌。


嘆息此人去、蕭條徐泗空。』2
おもえば、張良一度この世から去ってより、この徐泗一帯の地は、蕭条として、人物を出さず、まことに、それに今この乱れた世に誰も出ないのかと思うと、嘆息に堪えぬことである。

徐泗 徐州と泗州。いまの江薪省徐州から安徽省池原にいたる一帯の地方。下邸はこの地方にある。

260-#1 《巻二十一34經下邳圯橋懷張子房 -#1》(改訂版Ver..2.1)Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <260-#1>(改訂版Ver..2.1) Ⅰ李白詩1523 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6163

李白  經下邳圯橋懷張子房  #1

子房未虎嘯,破不為家。滄海得壯士,椎秦博浪沙。報韓雖不成,天地皆振動。
(齊魯に遊んだ時、河南道 泗州下邳の圯橋を通りかかって、そこがこの地の出身である張子房の故跡であることを懷いおこしてつくったのである。

むかし張子房が未だ漢の高祖にはまだ遭遇していない頃、すなわち、獲物を決めかねた虎がほえているだけという時で、何でも韓のために仇を取ろうとして財産を売り払ってでも家のことなどこころにとめることをしなかった。
260-#1 《巻二十一34經下邳圯橋懷張子房 -#1》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <260-#1>(改訂版Ver..2.1) Ⅰ李白詩1523 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6163

 
 2015年6月17日の紀頌之5つのBlog 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorBlog
260-#1 《巻二十一34經下邳圯橋懷張子房 -#1》(改訂版Ver..2.1)Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <260-#1>(改訂版Ver..2.1) Ⅰ李白詩1523 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6163 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
74-#4 《巻09-32 詠雪贈張籍》-#4 韓愈(韓退之) 803年貞元19年 38歳<1436> Ⅱ韓昌黎集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6164 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog杜甫 《1822覽柏中允兼子姪數人除官制詞,因述父子兄弟四美,載歌絲綸-#4》【4分割】 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-54 <919-#4> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6165 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog張泌《巻四28浣渓沙 十首 其五》『花間集』179全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6167 
 薛濤の全詩花間集(1巻花間集(2巻花間集(3巻花間集(4巻花間集(5巻 
 魚玄機全詩花間集(6巻花間集(7巻花間集(8巻花間集(9巻花間集10巻 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

 

年:738年開元二十六年38

卷別:  卷一八一        文體:  五言古詩

詩題:  經下邳圯橋懷張子房

作地點:        下邳(河南道 / 泗州 / 下邳)

及地點:圯橋 (河南道 泗州 下邳)  

博浪沙 (都畿道 鄭州 陽武)       

下邳 (河南道 泗州 下邳)         

徐州 (河南道 徐州 徐州) 別名:彭城、徐方        

泗州 (河南道 泗州 泗州)         

 

(改訂版Ver..2.1 

經下邳圯橋懷張子房  #1

(齊魯に遊んだ時、河南道 泗州下邳の圯橋を通りかかって、そこがこの地の出身である張子房の故跡であることを懷いおこしてつくったのである。

子房未虎嘯,破不為家。

むかし張子房が未だ漢の高祖にはまだ遭遇していない頃、すなわち、獲物を決めかねた虎がほえているだけという時で、何でも韓のために仇を取ろうとして財産を売り払ってでも家のことなどこころにとめることをしなかった。
滄海得壯士,椎秦博浪沙。

かくて、蒼海公のところで力士を得て、百二十斤の鉄鎚を作り、それでもって秦の始皇帝を博浪沙中で狙撃したが、副車に当たっただけで、目的を達する事は無かった。

報韓雖不成,天地皆振動。

こうして、五世韓に仕えた恩に報いるために企てた復讐は不成功におわったが、そのことによって天も地も皆、なりひびくほどの喝采を受けた。
#2

潛匿遊下邳,豈曰非智勇。

我來圯橋上,懷古欽英風。

惟見碧流水,曾無黃石公。

歎息此人去,蕭條徐泗空。

 

(下【かひ】の【いきょう】を經て張子房を懷う)
子房 未だ虎嘯せざり、
を破って 家を為さず。 
滄海に 壯士を得、秦を椎【つい】す 博浪沙。 
韓に報じて 成らずと雖も、天地 皆 振動。
潜匿【せんとく】して 下
に遊ぶ、豈 智勇に 非ずと 曰わんや。
我來る 
の上り、古を懐うて、英風を欽す。
唯だ見る 碧流の水、曾て 黄石公  無し。
嘆息す 此の人去りて、蕭條として 徐泗【じょし】の空しきを。

李白の足跡0000 

 (改訂版Ver..2.1

『經下邳圯橋懷張子房』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

經下邳圯橋懷張子房  #1

子房未虎嘯,破不為家。

滄海得壯士,椎秦博浪沙。

報韓雖不成,天地皆振動。

(下し文)
(下邳【かひ】の圯橋【いきょう】を經て張子房を懷う)

子房 未だ虎嘯せざり、を破って 家を為さず。

滄海に 壯士を得、秦を椎【つい】す 博浪沙。

韓に報じて 成らずと雖も、天地 皆 振動。

潜匿【せんとく】して 下邳に遊ぶ、豈 智勇に 非ずと 曰わんや。

(現代語訳)
(齊魯に遊んだ時、河南道 泗州下邳の圯橋を通りかかって、そこがこの地の出身である張子房の故跡であることを懷いおこしてつくったのである。

むかし張子房が未だ漢の高祖にはまだ遭遇していない頃、すなわち、獲物を決めかねた虎がほえているだけという時で、何でも韓のために仇を取ろうとして財産を売り払ってでも家のことなどこころにとめることをしなかった。
かくて、蒼海公のところで力士を得て、百二十斤の鉄鎚を作り、それでもって秦の始皇帝を博浪沙中で狙撃したが、副車に当たっただけで、目的を達する事は無かった。

こうして、五世韓に仕えた恩に報いるために企てた復讐は不成功におわったが、そのことによって天も地も皆、なりひびくほどの喝采を受けた。

(訳注)
(改訂版Ver..2.1

經下邳圯橋懷張子房  #1

(齊魯に遊んだ時、河南道 泗州下邳の圯橋を通りかかって、そこがこの地の出身である張子房の故跡であることを懷いおこしてつくったのである。

下邳:かひ いまの江蘇省北端の邳県の東にある。

圯橋:いきょう 土橋。

張子房 張良(ちょうりょう、生年未詳― 紀元前186年)は、秦末期から前漢初期の政治家・軍師。字は子房。諡は文成。劉邦に仕えて多くの作戦の立案をし、劉邦の覇業を大きく助けた。蕭何・韓信と共に漢の三傑とされる。劉邦より留(江蘇省徐州市沛県の東南)に領地を授かったので留侯とも呼ばれる。子には嗣子の張不疑と少子の張辟彊がいる。漢の高祖(鋸鰯の参謀として漢の帝国樹立に功績があり、斎何、韓信とともに、創業の表といわれている。のち、大名に封ぜられ、留侯と呼ばれた。張良の先祖は韓の人で、祖父も父も韓国の宰相をつとめた。
<!--[if !supportLineBreakNewLine]-->
<!--[endif]-->

子房未虎嘯、破不為家。 
むかし張子房が未だ漢の高祖にはまだ遭遇していない頃、すなわち、獲物を決めかねた虎がほえているだけという時で、何でも韓のために仇を取ろうとして財産を売り払ってでも家のことなどこころにとめることをしなかった。
子房 張良。

虎嘯 虎がうそぶく、仕留める獲物を特定しないで空吼えをしていること。義臣が聖主にあって出世し天下に羽振をきかせること。別に秦の始皇帝が天下に横暴を繰り返した。ここでは、賢臣が聖王と遭遇するという意味に用いた。

 資産を売り払うこと。

滄海得壯士、椎秦博浪沙。』 
かくて、蒼海公のところで力士を得て、百二十斤の鉄鎚を作り、それでもって秦の始皇帝を博浪沙中で狙撃したが、副車に当たっただけで、目的を達する事は無かった。

滄海 滄海君。異民族の酋長。

○椎 椎(ハンマー)を投げつける。史記留侯世家に、財産を売り払って、蒼海公のところで力士を得て、百二十斤の鉄鎚を作り、それでもって秦の始皇帝を博浪沙中で狙撃した。

 秦の始皇帝。

博浪沙 いまの河南省原陽県(陽武)。開封の近くにある。

 

報韓雖不成、天地皆振動。
こうして、五世韓に仕えた恩に報いるために企てた復讐は不成功におわったが、そのことによって天も地も皆、なりひびくほどの喝采を受けた。
○報韓 秦に敗れた韓の敵討ち。

天地皆振動 秦の始皇帝の徹底した統治に嫌気を持っていた人々、天下に離散した韓の関係者たちの喝采を浴びたこと。

 

(下【かひ】の【いきょう】を經て張子房を懷う)
子房 未だ虎嘯せざり、
を破って 家を為さず。 
滄海に 壯士を得、秦を椎【つい】す 博浪沙。 
韓に報じて 成らずと雖も、天地 皆 振動。
潜匿【せんとく】して 下
に遊ぶ、豈 智勇に 非ずと 曰わんや。
我來る 
の上り、古を懐うて、英風を欽す。
唯だ見る 碧流の水、曾て 黄石公  無し。
嘆息す 此の人去りて、蕭條として 徐泗【じょし】の空しきを。


<!--[if !supportLineBreakNewLine]-->
<!--[endif]-->

・秦が韓を滅ぼした時、張良はまだ少年であったが、家財を投げ出して暗殺者を求め、秦の始皇帝を襲うと決意した。
・家柄からして、韓のために仇を報いざるを得なかったのである。
・かれは滄海君という異民族の酋長に力強い男を世話してもらう。
・大きなハンマーを作り、秦の始皇帝を博浪沙というところに行幸していたのを狙撃させた。
・狙いは外れて予備の車にあたった。
・始皇帝は大いに怒った。天下に犯人をもとめ、捜索は非常にきびしかった。

・張良は変名して下邳に身をかくしていた。ある日のこと、張良がぶらぶら散歩して下邸の土橋にさしかかると、一人のじいさんがそまつな着物をきて張良のそばに寄ってきた。
・いきなり、自分の靴を橋の下におとし、張良の顔をみて言った。「小僧、靴をとってきてくれ!」張良はびっくりした。
・殴ってやろうかと思ったが、年よりだから、がまんして降りていき靴を拾った。
・じいさんは言った。「わしにはかせろ」張良は是や靴を拾った以上仕方がない。膝まずいて、はかせてやった。
・じいさんは足で受け、笑って立ち去った。張良があっけにとられて後姿を見送っていると、しばらくして引きかえしてきたじいさんが言った。「小僧、教えがいのある奴だ。五日のち、明け方にわしと此所で会おう」
・張良は怪しみながらも「はい」と答えた。五日たって夜明けに張良が行くと、じいさんは先に来ている。
・そして怒って言う。「老人と約束してで遅れるとは何事だ!#!」去りながら言った。
・「五日のち、朝早く会おう」こんどは番鶏がなくころ張良は行った。じいさんはやっぱ。先に来ていた。・また怒って言う。「おくれるとは何事だ!」「五日のち、もっと早く来い」と。
・張良、こんどこそはと、夜中にもならないうちに行った。しばらくするとじいさんがやってきて、はじめてニコニコした。「こうこなくちゃいかん」
・一篇の書をとり出して言った。「これを読めば、王者の師となれる。十年のち、出世る。十三年のち、小僧はわしを済北の穀城山のふもとに見つけるであろう、黄石がつまりわしなんだ」言いおわると、さっと姿をけした。
・夜が明けてその書をよく見ると、太公望の兵書であった。張良はふしぎに思ったが、毎日これを通読した。やがて高祖が兵をあげると手柄を立てたのだ。
・十三年のち、高祖に従って済北を過ぎたとき、張良ははたして黄色の石を見つけたので、とってきてそれをまつったということである。

259 《巻十七03送友人》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <259>(改訂版Ver..2.1) Ⅰ李白詩1522 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6158

李白  送友人  

青山橫北郭,白水繞東城。此地一為別,孤蓬萬里征。

浮雲遊子意,落日故人情。揮手自茲去,蕭蕭班馬鳴。

(友人が遠くに往くのを見送るために作った詩。)草木が青々と茂っている山が、城郭の北側に横たわっている、澄んだ水は 城郭の東側をめぐっている。今、この地において、ひとたび別れることになれば、さながら、風に吹かれてひとつだけで風に飛びさすらう根なし蓬のように、万里の遠きに征遊するのである。 浮雲は、もとより定まる事は無く、旅人の心であり、「遊子の意」、また、かくのごとく落日は、まさに今、沈もうとしており、「故人恋恋の情」いかにべきであろうか。

259 《巻十七03送友人》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <259>(改訂版Ver..2.1) Ⅰ李白詩1522 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6158

 

 
 2015年6月16日の紀頌之5つのBlog 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorBlog
259 《巻十七03送友人》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <259>(改訂版Ver..2.1) Ⅰ李白詩1522 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6158 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
74-#3 《巻09-32 詠雪贈張籍》-#3 韓愈(韓退之) 803年貞元19年 38歳<1435> Ⅱ韓昌黎集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6159 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog杜甫 《1822覽柏中允兼子姪數人除官制詞-#3》【4分割】 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-54 <919-#3> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6160 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog張泌《巻四27浣渓沙 十首 其四》『花間集』178全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6162 
 薛濤の全詩花間集(1巻花間集(2巻花間集(3巻花間集(4巻花間集(5巻 
 魚玄機全詩花間集(6巻花間集(7巻花間集(8巻花間集(9巻花間集10巻 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 

 

年:738年開元二十六年38

卷別:    卷一七七              文體:    五言律詩

詩題:    送友人

作地點:              南陽(山南東道 / 鄧州 / 南陽)

及地點:白水 (山南東道 鄧州 南陽) 別名:淯水、白河             

 

(改訂版Ver..2.1

送友人

(友人が遠くに往くのを見送るために作った詩。)

青山橫北郭,白水繞東城。

草木が青々と茂っている山が、城郭の北側に横たわっている、澄んだ水は 城郭の東側をめぐっている。

此地一為別,孤蓬萬里征。

今、この地において、ひとたび別れることになれば、さながら、風に吹かれてひとつだけで風に飛びさすらう根なし蓬のように、万里の遠きに征遊するのである。 
浮雲遊子意,落日故人情。

浮雲は、もとより定まる事は無く、旅人の心であり、「遊子の意」、また、かくのごとく落日は、まさに今、沈もうとしており、「故人恋恋の情」いかにべきであろうか。
揮手自茲去,蕭蕭班馬鳴。

しかるに、君は意を決して、ここより去りろうとしている、蕭蕭、ヒヒーンヒヒーンと、別れゆく馬もものさびしく嘶くが、君は即ちその馬に乗って行くのである。
<!--[if !supportLineBreakNewLine]-->
<!--[endif]-->

(友人を送る)

青山 北郭に橫たわり,白水 東城を遶【めぐ】る。

此地 一たび別れを爲し,孤蓬 萬里に 征【ゆ】く。

浮雲 遊子の意,落日 故人の情。

手を揮【ふる】ひて 茲より去れば,蕭蕭として 班馬 鳴く。

 

安陸・南陽・嚢陽 李白00

(改訂版Ver..2.1

『送友人』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

青山橫北郭,白水繞東城。

此地一為別,孤蓬萬里征。

浮雲遊子意,落日故人情。

揮手自茲去,蕭蕭班馬鳴。

(下し文)
(
友人を送る)

青山 北郭に橫たわり,白水 東城を遶【めぐ】る。

此地 一たび 別れを爲し,孤蓬 萬里に 征【ゆ】く。

浮雲 遊子の意,落日 故人の情。

手を揮【ふる】ひて 茲より去れば,蕭蕭として 班馬 鳴く。

(現代語訳)
(友人が遠くに往くのを見送るために作った詩。)

草木が青々と茂っている山が、城郭の北側に横たわっている、澄んだ水は 城郭の東側をめぐっている。
今、この地において、ひとたび別れることになれば、さながら、風に吹かれてひとつだけで風に飛びさすらう根なし蓬のように、万里の遠きに征遊するのである。 
浮雲は、もとより定まる事は無く、旅人の心であり、「遊子の意」、また、かくのごとく落日は、まさに今、沈もうとしており、「故人恋恋の情」いかにべきであろうか。
しかるに、君は意を決して、ここより去りろうとしている、蕭蕭、ヒヒーンヒヒーンと、別れゆく馬もものさびしく嘶くが、君は即ちその馬に乗って行くのである。

(訳注) (改訂版Ver..2.1

送友人

(友人が遠くに往くのを見送るために作った詩。)

人を送るために、しばし同行してゆく。澄んだ水が、都市(城市)の東側をめぐっている。

 

青山橫北郭,白水繞東城。

草木が青々と茂っている山が、城郭の北側に横たわっている、澄んだ水は 城郭の東側をめぐっている。
・青山 草木が青々と茂っているはる山。また、墓所とすべき山。ここでは、前者の意。 孟浩然《過故人莊》「故人具雞黍,邀我至田家。綠樹村邊合,青山郭外斜。開筵面場圃,把酒話桑麻。待到重陽日,還來就菊花。」

311  孟浩然   過故人莊 

・橫 よこたわる。動詞。

・北郭 都市の城郭の北側。南陽の城郭の北側にある市、庶民にとって市場を意味するものである。

・白水 澄んだ水。 

・遶 じょう めぐる。めぐらす。とりまく。 

・東城 城郭の東側。城東と同じ。

 

此地一為別,孤蓬萬里征。

今、この地において、ひとたび別れることになれば、さながら、風に吹かれてひとつだけで風に飛びさすらう根なし蓬のように、万里の遠きに征遊するのである。 
・此地 この地(で)。この場所(で)。 

・一爲 ひとたび…をなす(やいなや)。ひとたび…をす(れば)。 

・別 別れること。離別。名詞。

・孤蓬 こほう ヤナギヨモギが(根が大地から離れて)風に吹かれて、ひとつだけで、風に飛ばされてさすらうさま。日本のヨモギとは大きく異なり、風に吹かれて転がるように風に飛ばされる。(風に飛ばされて)転がってゆく蓬。飛蓬。「蓬」は、日本のヨモギとは異なる。蓬が枯れて、根元の土も風に飛ばされてしまい、根が大地から離れて、枯れた茎が輪のようになり、乾いた黄土高原を風に吹かれて、恰も紙くずが風に飛ばされるが如く回りながら、黄砂とともに流れ去ってゆく。曹植《雜詩六首 其二》「轉蓬離本根, 飄飄隨長風。」轉蓬は本根より離れ,飄颻として長く風に隨う。転びゆく蓬は、もとの根より離れ、ひらひらと、遠く風の吹くまにまにひるがえってとばされる。

・萬里 遙かな行程をいう。 

・征 旅に出る。行く。

 

浮雲遊子意,落日故人情。

浮雲は、もとより定まる事は無く、旅人の心であり、「遊子の意」、また、かくのごとく落日は、まさに今、沈もうとしており、「故人恋恋の情」いかにべきであろうか。
・浮雲 浮かび漂う雲。漂う雲のように行方定まらないこと。

・遊子 旅人。家を離れて他郷に旅立つ人。ここでは、李白の友人を指す。 

・意 心。・落日 夕陽。 

・故人 旧知の友人。 

・情 思い。

 

揮手自茲去,蕭蕭班馬鳴。

しかるに、君は意を決して、ここより去りろうとしている、蕭蕭、ヒヒーンヒヒーンと、別れゆく馬もものさびしく嘶くが、君は即ちその馬に乗って行くのである。
・揮手 手を振る。 

・自茲去 …より ここ。 去る。行く。

・蕭蕭 馬の嘶く声。また、もの寂しいさま。 

・班馬 離れ馬。 

李白の足跡003

,蕭蕭として 班馬 鳴く。

258 《卷十六27送侯十一》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <258> Ⅰ李白詩1521 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6153

李白  送侯十一  

朱亥已擊晉,侯嬴尚隱身。時無魏公子,豈貴抱關人。

余亦不火食,遊梁同在陳。空餘湛盧劍,贈爾託交親。

かくの如く君が不遇であるばかりか、予もまた火食せず、今しも、梁に遊歴しているが、丁度、孔子が陳蔡の野に苦しんだと同じである。さはれ、湛盧に比すべき名剣だけが残っているから、ここに別れを為すに際し、この詩を君に贈って、二人の親交の表徴としようとおもうのである。

258 《卷十六27送侯十一》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <258> Ⅰ李白詩1521 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6153

 
 2015年6月15日の紀頌之5つのBlog 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorBlog
258 《卷十六27送侯十一》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <258> Ⅰ李白詩1521 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6153 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
74-#2 《巻09-32 詠雪贈張籍》-#2 韓愈(韓退之) 803年貞元19年 38歳<1434> Ⅱ韓昌黎集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6154 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog杜甫 《1822覽柏中允兼子姪數人除官制詞,因述父子兄弟四美,載歌絲綸-#2》【4分割】 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-54 <919-#2> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6155 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog張泌《巻四26浣渓沙 十首 其三》『花間集』177全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6157 
 薛濤の全詩花間集(1巻花間集(2巻花間集(3巻花間集(4巻花間集(5巻 
 魚玄機全詩花間集(6巻花間集(7巻花間集(8巻花間集(9巻花間集10巻 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

 

年:738年開元二十六年38

卷別:    卷一七六              文體:    五言古詩

詩題:    送侯十一

作地點:              陳州(河南道 / 陳州 / 陳州)

及地點:              陳州 (河南道 陳州 陳州) 別名:淮陽             

交遊人物/地點:侯十一      當地交遊(河南道 陳州 陳州)

 

 

送侯十一

朱亥已晉,侯尚隱身。

今や朱亥に比すべき君の門下は、すでに晉鄙の様な人を椎殺し、著著と場面が進行するに拘わらず、侯嬴に此すべき肝腎の大立物たる君が出できて活動すべき筈であるのに、なお身を隠して引っ込んでいるのは、どうしたことか。

時無魏公子,豈貴抱關人。

刻下の世、魏の公子信陵君の様な人が無く、従って、関門の番人の如き餞しき地位に居るものを貴ばないのは、尤も至極な事である。

余亦不火食,遊梁同在陳。

かくの如く君が不遇であるばかりか、予もまた火食せず、今しも、梁に遊歴しているが、丁度、孔子が陳蔡の野に苦しんだと同じである。

空餘湛盧劍,贈爾託交親。

さはれ、湛盧に比すべき名剣だけが残っているから、ここに別れを為すに際し、この詩を君に贈って、二人の親交の表徴としようとおもうのである。

 

(侯十一を送る)

朱亥 已に晉を擊ち,侯嬴 尚お身を隱す。

時に魏の公子無くんば,豈に抱關の人を貴ばんや。

余 亦た火食せず,梁に遊ぶは 陳に在るに同じ。

空しく湛盧の劍を餘し,爾に贈って交親を託す。

 

 

『送侯十一』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

送侯十一

朱亥已擊晉,侯嬴尚隱身。

時無魏公子,豈貴抱關人。

余亦不火食,遊梁同在陳。

空餘湛盧劍,贈爾託交親。

(下し文)
送侯十一

朱亥已擊晉,侯嬴尚隱身。

時無魏公子,豈貴抱關人。

余亦不火食,遊梁同在陳。

空餘湛盧劍,贈爾託交親。

(現代語訳)
(戦国、信陵君のもとにいた賢人侯嬴というべき老侠、賢人である侯某をおくる)

今や朱亥に比すべき君の門下は、すでに晉鄙の様な人を椎殺し、著著と場面が進行するに拘わらず、侯嬴に此すべき肝腎の大立物たる君が出できて活動すべき筈であるのに、なお身を隠して引っ込んでいるのは、どうしたことか。

刻下の世、魏の公子信陵君の様な人が無く、従って、関門の番人の如き餞しき地位に居るものを貴ばないのは、尤も至極な事である。

かくの如く君が不遇であるばかりか、予もまた火食せず、今しも、梁に遊歴しているが、丁度、孔子が陳蔡の野に苦しんだと同じである。

さはれ、湛盧に比すべき名剣だけが残っているから、ここに別れを為すに際し、この詩を君に贈って、二人の親交の表徴としようとおもうのである。


(訳注)

送侯十一

(戦国、信陵君のもとにいた賢人侯嬴というべき老侠、賢人である侯某をおくる)

同姓の故に、侯嬴を以て其の人に此したのは、例の慣用手段である。次の二句は、自分のことを述べ、結二句は、自他の交親に及んだのである。

 

朱亥已擊晉,侯嬴尚隱身。

今や朱亥に比すべき君の門下は、すでに晉鄙の様な人を椎殺し、著著と場面が進行するに拘わらず、侯嬴に此すべき肝腎の大立物たる君が出できて活動すべき筈であるのに、なお身を隠して引っ込んでいるのは、どうしたことか。

朱亥 侯嬴 朱亥:信陵君の評判を高めることになった肉屋の若者。

侯嬴 老人で門番であったが賢者であることで新陵君が度量が大きいとの評判を高めた。 逸話 魏の公子と食客(信陵君・侯嬴・朱亥)任侠の士を詠うもの、侠客行は侠遊二十五曲の一つである。

159-#2 《巻02-30 俠客行 -#2Index-11 Ⅱ―6 -731年開元十九年31 43首 <159-#2> Ⅰ李白詩6 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ5373

 

時無魏公子,豈貴抱關人。

刻下の世、魏の公子信陵君の様な人が無く、従って、関門の番人の如き餞しき地位に居るものを貴ばないのは、尤も至極な事である。

 

余亦不火食,遊梁同在陳。

かくの如く君が不遇であるばかりか、予もまた火食せず、今しも、梁に遊歴しているが、丁度、孔子が陳蔡の野に苦しんだと同じである。

不火食 煮た物を食べないこと。陳蔡之厄といわれるもの。《莊子集釋》卷九下〈雜篇讓王〉「孔子窮於陳蔡之間,七日不火食,」に基づく。

 

空餘湛盧劍,贈爾託交親。

さはれ、湛盧に比すべき名剣だけが残っているから、ここに別れを為すに際し、この詩を君に贈って、二人の親交の表徴としようとおもうのである。

湛盧劍 越王允常が欧冶子に造らせた五振りの剣「純鈞」・「湛盧」・「豪曹」・「魚腸」・「巨闕」があり、「湛盧剣」は薛燭によれば、これを帯びる者は敵を討つことが出来、謀反を企む臣下がいれば、他国に去らせることが出来るという。允常はこれを呉に贈るが、呉王闔閭の暴虐無道ぶりを嫌った湛盧は自ら楚に飛んでいったので、楚の昭王はいながらにしてこの剣を手に入れた。

 

 

(侯十一を送る)

朱亥 已に晉を擊ち,侯嬴 尚お身を隱す。

時に魏の公子無くんば,豈に抱關の人を貴ばんや。

余 亦た火食せず,梁に遊ぶは 陳に在るに同じ。

空しく湛盧の劍を餘し,爾に贈って交親を託す。

257 《卷十五01南陽送客》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <257> Ⅰ李白詩1520 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6148

斗酒勿為薄,寸心貴不忘。坐惜故人去,偏令遊子傷。

離顏怨芳草,春思結垂楊。揮手再三別,臨岐空斷腸。

別れの顔は、至福の芳草の時を得たことを棄ててゆくのを怨めしと眺めるようであり、春の情思は、しだれかかる柳を折楊柳に結び、それで君の旅行を送るのである。かくて、手をあげて、再三、離別の言葉を述べ、路の別れる処に佇んで、空しく断腸するばかりである。

257 《卷十五01南陽送客》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <257> Ⅰ李白詩1520 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6148


 

年:38年開元二十六年38

卷別:    卷一七五              文體:    五言律詩

詩題:    南陽送客

作地點:              南陽(山南東道 / 鄧州 / 南陽)

及地點:南陽 (山南東道 鄧州 南陽) 別名:南都         

 

 

南陽送客

(南陽において、客の遠行を贈ったもの。)

斗酒勿為薄,寸心貴不忘。

この一斗の酒だからと言って、我が心が薄いと思うことしてほしくない、わが寸心を汲み取り、どうぞ忘れるなどしてくれるな。

坐惜故人去,偏令遊子傷。

今や客中に客を送り、故人のここを去ることを惜しんで、偏に遊子のこの心を傷めることになるのである。

離顏怨芳草,春思結垂楊。

別れの顔は、至福の芳草の時を得たことを棄ててゆくのを怨めしと眺めるようであり、春の情思は、しだれかかる柳を折楊柳に結び、それで君の旅行を送るのである。

揮手再三別,臨岐空斷腸。

 

(南陽に客を送る)

斗酒、薄しと爲す勿れ、寸心、忘れざるを貴ぶ。

坐に故人の去るを憎み、偏に遊子をして傷ましむ。

離顔、芳草を怨み、春思、垂楊を結ぶ。

てを揮って再三別る、岐に臨んで、空しく断腸。

 

 

『南陽送客』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

南陽送客

斗酒勿為薄,寸心貴不忘。

坐惜故人去,偏令遊子傷。

離顏怨芳草,春思結垂楊。

揮手再三別,臨岐空斷腸。

(下し文)
南陽に客を迭る

斗酒、薄しと爲す勿れ、寸心、忘れざるを貴ぶ。

坐に故人の去るを憎み、偏に遊子をして傷ましむ。

離顔、芳草を怨み、春思、垂楊を結ぶ。

てを揮って再三別る、岐に臨んで、空しく断腸。


(現代語訳)
(南陽において、客の遠行を贈ったもの。)

この一斗の酒だからと言って、我が心が薄いと思うことしてほしくない、わが寸心を汲み取り、どうぞ忘れるなどしてくれるな。

今や客中に客を送り、故人のここを去ることを惜しんで、偏に遊子のこの心を傷めることになるのである。

別れの顔は、至福の芳草の時を得たことを棄ててゆくのを怨めしと眺めるようであり、春の情思は、しだれかかる柳を折楊柳に結び、それで君の旅行を送るのである。

かくて、手をあげて、再三、離別の言葉を述べ、路の別れる処に佇んで、空しく断腸するばかりである。


(訳注)

南陽送客

(南陽において、客の遠行を贈ったもの。)

 

斗酒勿為薄,寸心貴不忘。

この一斗の酒だからと言って、我が心が薄いと思うことしてほしくない、わが寸心を汲み取り、どうぞ忘れるなどしてくれるな。

斗酒 一斗の酒。今の一升ばかりの量である。古詩に斗酒相娯楽、聊厚不爲薄とあるに本づく。古詩十九首之三「斗酒相娯楽、聊厚不為薄。」せめては一斗の酒を酌みかわしてともに楽しむことであり、そうすれば結構これで十分であるし、不足などとは考えない。

・聊厚不為薄 酒を飲んで楽しみ,多少厚くても厭わず,又,薄しともしない,転じて,しばらく,之は結構なご馳走だと思い,つまらぬものと思うまい.

古詩十九首之三 (3) 漢詩<90>Ⅱ李白に影響を与えた詩522 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1383

 

坐惜故人去,偏令遊子傷。

今や客中に客を送り、故人のここを去ることを惜しんで、偏に遊子のこの心を傷めることになるのである。

 

離顏怨芳草,春思結垂楊。

別れの顔は、至福の芳草の時を得たことを棄ててゆくのを怨めしと眺めるようであり、春の情思は、しだれかかる柳を折楊柳に結び、それで君の旅行を送るのである。

結垂楊 思いを込めて、その証しとして、結同心する。

 

揮手再三別,臨岐空斷腸。

かくて、手をあげて、再三、離別の言葉を述べ、路の別れる処に佇んで、空しく断腸するばかりである。

揮手 手を挙げて辞別することをいう。

 

 

 

 

南陽に客を迭る

斗酒、薄しと爲す勿れ、寸心、忘れざるを貴ぶ。

坐に故人の去るを憎み、偏に遊子をして傷ましむ。

離顔、芳草を怨み、春思、垂楊を結ぶ。

てを揮って再三別る、岐に臨んで、空しく断腸。

 

 
 2015年6月14日の紀頌之5つのBlog 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorBlog
257 《卷十五01南陽送客》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <257> Ⅰ李白詩1520 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6148 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
74-#1 《巻09-32 詠雪贈張籍》   (只見縱橫落,) 韓愈(韓退之) 803年貞元19年 38歳<1433> Ⅱ韓昌黎集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6149 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog54杜甫 《1822覽柏中允兼子姪數人除官制詞,因述父子兄弟四美,載歌絲綸》【4分割】 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-54 <919> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6135 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog張泌《巻四25浣渓沙 十首 其二》『花間集』176全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6152 
 薛濤の全詩花間集(1巻花間集(2巻花間集(3巻花間集(4巻花間集(5巻 
 魚玄機全詩花間集(6巻花間集(7巻花間集(8巻花間集(9巻花間集10巻 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

256 -#3 《巻十四11潁陽別元丹丘之淮陽 -#3》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <256 -#3> Ⅰ李白詩1519 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6143

李白  潁陽別元丹丘之淮陽#3

當餐黃金藥,去為紫陽賓。萬事難並立,百年猶崇晨。

別爾東南去,悠悠多悲辛。前志庶不易,遠途期所遵。

已矣歸去來,白雲飛天津。

庶わくは、前志を変えることなく、あくまで修養をなし、たとえ途遠くして、容易に到り難きにせよ、その遵由するところを期して、次第に工夫を積むが善い。己んぬるかな、「いざ帰りいざ。」白雲一片、天津橋上に飛び、さながら心ありげに、君を送るが如く、君の此行、必ずしも不成功に終ることも無かろうと思う。

 

256 -#3 《巻十四11潁陽別元丹丘之淮陽 -#3》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <256 -#3> Ⅰ李白詩1519 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6143

 
 2015年6月13日の紀頌之5つのBlog 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorBlog
256 -#3 《巻十四11潁陽別元丹丘之淮陽 -#3》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <256 -#3> Ⅰ李白詩1519 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6143 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
73-#5 《巻05-14 題炭谷湫祠堂》-#5 韓愈(韓退之) 803年貞元19年 38歳<1432> Ⅱ韓昌黎集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6144 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog杜甫 《1805李潮八分小篆歌 -#4》【4分割】 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-53 <918 -#4> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6145 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog張泌《巻四24浣渓沙 十首 其一 》『花間集』175全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6147 
 薛濤の全詩花間集(1巻花間集(2巻花間集(3巻花間集(4巻花間集(5巻 
 魚玄機全詩花間集(6巻花間集(7巻花間集(8巻花間集(9巻花間集10巻 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

 

 

胡紫陽、その高弟子元丹邱との関係は、さらに深い。その関係を表す詩だけでも、以下の13首もある。

李太白集

Category 詩題

作時

-No.

西暦 年号

06-08

1.元丹丘歌 

731年開元十九年

24-02

2.題元丹丘山居 

731年開元十九年

24-03

3.題元丹丘 陽山居 并序 

731年開元十九年

18-16

4.酬岑勛見尋就元丹丘對酒相待以詩見招

736年開元二十四年

02-08

5.將進酒 

736年開元二十四年

14-12

6. 潁陽別元丹丘之淮陽 

738年開元二十六年

23-55

7.觀元丹丘坐巫山屏風 

738年開元二十六年

06-07

8.西岳云台歌送丹丘子 

743年天寶二年

18-11

9.以詩代書答元丹丘 

744年天寶三年

24-08

10.題嵩山逸人元丹丘山居 并序 

750年天寶九年

22-02

11.尋高鳳石門山中元丹丘 

751年天寶十年

12-11

12.聞丹丘子于城北營石門幽居中有高鳳遺跡

751年天寶十年

22-01

13.與元丹丘方城寺談玄作 

751年天寶十年

 以上の十三首である。

 

 

年:738年開元二十六年38

卷別:    卷一七四              文體:    五言古詩

詩題:    潁陽別元丹丘之淮陽

作地點:              潁陽(都畿道 / 河南府 / 潁陽)

及地點:              潁陽 (都畿道 河南府 潁陽)              

陳州 (河南道 陳州 陳州) 別名:淮陽           

汴州 (河南道 汴州 汴州) 別名:梁               

交遊人物:元丹丘                當地交遊(都畿道 河南府 潁陽)

 

 

潁陽別元丹丘之淮陽 #1

(潁陽において、元丹丘の淮陽に行くに別れ、即ち、これを送った時の詩である。)

吾將元夫子,異姓為天倫。

われと元夫子とは、異姓でありながら、天倫の兄弟も同じである。

本無軒裳契,素以煙霞親。

軒車冠裳、即ち在官上の交契とては無いが、本来、煙霞の癖を同じうして、あい親んで居た。

嘗恨迫世網,銘意未伸。

恨むらくは、世の塵網に迫られて、心上に銘記したる本意を十分に伸べることが出凍す、つまり、この世を脱出しかねる。

松柏雖寒苦,羞逐桃李春。

松柏は如何に寒に遇って苦しんだとしても、桃李の春をおって、世人に媚びることを羞じ、自ら孤高に甘んじている。

#2

悠悠市朝間,玉顏日緇磷。

かくて、悠悠たる市朝の間に在って、玉顔は、日にまし黒すんで痩せて行く。

所失重山岳,所得輕埃塵。

われ等の共にせんとする出世間願望は、山岳よりも重く、世に於で得るところの功名富貴は、塵埃よりも軽い。

精魄漸蕪穢,衰老相憑因。

こういう風に、浮世に跼蹐して居る間に、精魄は日に蕪雑に帰し、衰老は相因って、到底救い難いようになる。

我有錦囊訣,可以持君身。

われに錦嚢の仙方があって、これを以て、君の身を支持して行くことが出来るが、

#3

當餐金藥,去為紫陽賓。

それは、外でもない、餐するにあたっては黄金の薬を食し、そして、紫陽真人の処に往って修養をすることである。

萬事難並立,百年猶崇晨。

すべて、世間の万事は、並び立たず、百年の久しきも、ほんの朝飯前の短い間である。

別爾東南去,悠悠多悲辛。

かくて、汝が東南に去ろうとするのを送れば、わが心、悠悠として、悲辛の情多く、殆んど堪えられない。

前志庶不易,遠途期所遵。

庶わくは、前志を変えることなく、あくまで修養をなし、たとえ途遠くして、容易に到り難きにせよ、その遵由するところを期して、次第に工夫を積むが善い。

已矣歸去來,白雲飛天津。

己んぬるかな、「いざ帰りいざ。」白雲一片、天津橋上に飛び、さながら心ありげに、君を送るが如く、君の此行、必ずしも不成功に終ることも無かろうと思う。

 

(潁陽にて、元丹丘の淮陽に之くに別る)
吾、元夫子と、異姓にして天倫たり。

本と軒裳の契なく、素より煙霞を以て親む。

かつて恨む、世網に迫られ、銘意 倶に未だ伸びざるを。

松柏は寒苦と雖も、桃李の春を逐ふを羞づ。

#2

悠悠たる市朝の間,玉顏 日に緇磷。

失う所ろは山岳よりも重く,得る所は埃塵よりも輕し。

精魄 漸く蕪穢,衰老 相い 憑因す。

我に 錦囊の訣有り,可以て君が身を持つべし。

#3

當に の藥を餐し,去って 紫陽の賓と為るべし。

萬事 並び立ち難く,百年 猶お 崇晨。

爾が 東南に去るに別る,悠悠として 悲辛多し。

前志 庶わくば 易らず,遠途 遵う所を期す。

已んぬるかな 歸るなん去來【いざ】,白雲 天津に飛ぶ。

 

都畿道河南道01 

『潁陽別元丹丘之淮陽』 現代語訳と訳註解説
(
本文) 
#3

當餐黃金藥,去為紫陽賓。

萬事難並立,百年猶崇晨。

別爾東南去,悠悠多悲辛。

前志庶不易,遠途期所遵。

已矣歸去來,白雲飛天津。

(下し文) #3

當に 黃金の藥を餐し,去って 紫陽の賓と為るべし。

萬事 並び立ち難く,百年 猶お 崇晨。

爾が 東南に去るに別る,悠悠として 悲辛多し。

前志 庶わくば 易らず,遠途 遵う所を期す。

已んぬるかな 歸るなん去來【いざ】,白雲 天津に飛ぶ。


(現代語訳)
それは、外でもない、餐するにあたっては黄金の薬を食し、そして、紫陽真人の処に往って修養をすることである。

すべて、世間の万事は、並び立たず、百年の久しきも、ほんの朝飯前の短い間である。

かくて、汝が東南に去ろうとするのを送れば、わが心、悠悠として、悲辛の情多く、殆んど堪えられない。

庶わくは、前志を変えることなく、あくまで修養をなし、たとえ途遠くして、容易に到り難きにせよ、その遵由するところを期して、次第に工夫を積むが善い。

己んぬるかな、「いざ帰りいざ。」白雲一片、天津橋上に飛び、さながら心ありげに、君を送るが如く、君の此行、必ずしも不成功に終ることも無かろうと思う。


(訳注) #3

潁陽別元丹丘之淮陽 

(潁陽において、元丹丘の淮陽に行くに別れ、即ち、これを送った時の詩である。)

舊唐書「潁陽載初元年,析河南、伊闕、嵩陽三縣置武臨縣。開元十五年,改為潁陽。」(載初元年、河南、伊闕、崇陽の三堰を研いて、武臨縣を置く。開元十五年改めて穎陽となし、河南府に隷す。准陽郡は即ち陳州なり、河南道に属す)とある。都畿道 河南府 潁陽。

李白の足跡0000 

當餐黃金藥,去為紫陽賓。

それは、外でもない、餐するにあたっては黄金の薬を食し、そして、紫陽真人の処に往って修養をすることである。

黃金藥 《抱朴子仙藥》「 仙藥之上者為丹砂,次者為黃金。」

紫陽賓 《周氏冥通記》「第一紫陽左眞人,治葛衍山,周君;第二紫陽古()真人,治嶓冢山,王君」とある。

 

萬事難並立,百年猶崇晨。

すべて、世間の万事は、並び立たず、百年の久しきも、ほんの朝飯前の短い間である。

崇晨 崇朝に同じ、旦より食事に至るまでをいう。

 

別爾東南去,悠悠多悲辛。

かくて、汝が東南に去ろうとするのを送れば、わが心、悠悠として、悲辛の情多く、殆んど堪えられない。

 

前志庶不易,遠途期所遵。

庶わくは、前志を変えることなく、あくまで修養をなし、たとえ途遠くして、容易に到り難きにせよ、その遵由するところを期して、次第に工夫を積むが善い。

 

已矣歸去來,白雲飛天津。

己んぬるかな、「いざ帰りいざ。」白雲一片、天津橋上に飛び、さながら心ありげに、君を送るが如く、君の此行、必ずしも不成功に終ることも無かろうと思う。

歸去來 陶淵明(とうえんめい)「帰去来辞」より。「来」は助辞〕 故郷に帰るために,官職をやめてその地を去ること。「かえりなんいざ」と訓読されてきた。

天津 洛陽の天神橋。李白《巻4-34 洛陽陌》「白玉誰家郎,回車渡天津。看花東陌上,驚動洛陽人。」誰の家だろうかこんなにも白玉に飾られた豪奢なかざったいえの貴族のむすこいる家は?その貴公子は車を回らして、天神橋を渡って歓楽街を過ぎる。洛陽の城門から入って東の大路へ行って悠然と花を見る。その豪華華美の姿は洛陽の人々を驚かすばかりである。

256 -#2 《巻十四11潁陽別元丹丘之淮陽 -#2》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <256 -#2> Ⅰ李白詩1518 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6138

李白  潁陽別元丹丘之淮陽#2

悠悠市朝間,玉顏日緇磷。所失重山岳,所得輕埃塵。

精魄漸蕪穢,衰老相憑因。我有錦囊訣,可以持君身。

われ等の共にせんとする出世間願望は、山岳よりも重く、世に於で得るところの功名富貴は、塵埃よりも軽い。こういう風に、浮世に跼蹐して居る間に、精魄は日に蕪雑に帰し、衰老は相因って、到底救い難いようになる。

 

256 -#2 《巻十四11潁陽別元丹丘之淮陽 -#2》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <256 -#2> Ⅰ李白詩1518 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6138

 
 2015年6月12日の紀頌之5つのBlog 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorBlog
256 -#2 《巻十四11潁陽別元丹丘之淮陽 -#2》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <256 -#2> Ⅰ李白詩1518 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6138 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
73-#4 《巻05-14 題炭谷湫祠堂》-#4 韓愈(韓退之) 803年貞元19年 38歳<1431> Ⅱ韓昌黎集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6139 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog杜甫 《1805李潮八分小篆歌 -#3》【4分割】 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-53 <918 -#3> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6140 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog牛嶠《巻四23江城子二首 其二》『花間集』174全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6142 
 薛濤の全詩花間集(1巻花間集(2巻花間集(3巻花間集(4巻花間集(5巻 
 魚玄機全詩花間集(6巻花間集(7巻花間集(8巻花間集(9巻花間集10巻 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 
 

 

年:738年開元二十六年38

卷別:    卷一七四              文體:    五言古詩

詩題:    潁陽別元丹丘之淮陽

作地點:              潁陽(都畿道 / 河南府 / 潁陽)

及地點:              潁陽 (都畿道 河南府 潁陽)              

陳州 (河南道 陳州 陳州) 別名:淮陽           

汴州 (河南道 汴州 汴州) 別名:梁               

交遊人物:元丹丘                當地交遊(都畿道 河南府 潁陽)

 

 

潁陽別元丹丘之淮陽 #1

(潁陽において、元丹丘の淮陽に行くに別れ、即ち、これを送った時の詩である。)

吾將元夫子,異姓為天倫。

われと元夫子とは、異姓でありながら、天倫の兄弟も同じである。

本無軒裳契,素以煙霞親。

軒車冠裳、即ち在官上の交契とては無いが、本来、煙霞の癖を同じうして、あい親んで居た。

嘗恨迫世網,銘意未伸。

恨むらくは、世の塵網に迫られて、心上に銘記したる本意を十分に伸べることが出凍す、つまり、この世を脱出しかねる。

松柏雖寒苦,羞逐桃李春。

松柏は如何に寒に遇って苦しんだとしても、桃李の春をおって、世人に媚びることを羞じ、自ら孤高に甘んじている。

#2

悠悠市朝間,玉顏日緇磷。

かくて、悠悠たる市朝の間に在って、玉顔は、日にまし黒すんで痩せて行く。

所失重山岳,所得輕埃塵。

われ等の共にせんとする出世間願望は、山岳よりも重く、世に於で得るところの功名富貴は、塵埃よりも軽い。

精魄漸蕪穢,衰老相憑因。

こういう風に、浮世に跼蹐して居る間に、精魄は日に蕪雑に帰し、衰老は相因って、到底救い難いようになる。

我有錦囊訣,可以持君身。

われに錦嚢の仙方があって、これを以て、君の身を支持して行くことが出来るが、それは、外でもない、黄金の薬を餐し、そして、紫陽真人の処に往って修養をすることである。

#3

當餐黃金藥,去為紫陽賓。

萬事難並立,百年猶崇晨。

別爾東南去,悠悠多悲辛。

前志庶不易,遠途期所遵。

已矣歸去來,白雲飛天津。

 

(潁陽にて、元丹丘の淮陽に之くに別る)
吾、元夫子と、異姓にして天倫たり。

本と軒裳の契なく、素より煙霞を以て親む。

かつて恨む、世網に迫られ、銘意 倶に未だ伸びざるを。

松柏は寒苦と雖も、桃李の春を逐ふを羞づ。

#2

悠悠たる市朝の間,玉顏 日に緇磷。

失う所ろは山岳よりも重く,得る所は埃塵よりも輕し。

精魄 漸く蕪穢,衰老 相い 憑因す。

我に 錦囊の訣有り,可以て君が身を持つべし。

#3

當に 黃金の藥を餐し,去って 紫陽の賓と為るべし。

萬事 並び立ち難く,百年 猶お 崇晨。

爾が 東南に去るに別る,悠悠として 悲辛多し。

前志 庶わくば 易らず,遠途 遵う所を期す。

已んぬるかな 歸るなん去來【いざ】,白雲 天津に飛ぶ。

 

 

『潁陽別元丹丘之淮陽』 現代語訳と訳註解説
(
本文) 
#2

悠悠市朝間,玉顏日緇磷。

所失重山岳,所得輕埃塵。

精魄漸蕪穢,衰老相憑因。

我有錦囊訣,可以持君身。

(下し文)
悠悠たる市朝の間,玉顏 日に緇磷。

失う所ろは山岳よりも重く,得る所は埃塵よりも輕し。

精魄 漸く蕪穢,衰老 相い 憑因す。

我に 錦囊の訣有り,可以て君が身を持つべし。

(現代語訳)
かくて、悠悠たる市朝の間に在って、玉顔は、日にまし黒すんで痩せて行く。

われ等の共にせんとする出世間願望は、山岳よりも重く、世に於で得るところの功名富貴は、塵埃よりも軽い。

こういう風に、浮世に跼蹐して居る間に、精魄は日に蕪雑に帰し、衰老は相因って、到底救い難いようになる。

われに錦嚢の仙方があって、これを以て、君の身を支持して行くことが出来るが、それは、外でもない、黄金の薬を餐し、そして、紫陽真人の処に往って修養をすることである。


(訳注) #2

潁陽別元丹丘之淮陽 #1

(潁陽において、元丹丘の淮陽に行くに別れ、即ち、これを送った時の詩である。)

舊唐書「潁陽載初元年,析河南、伊闕、嵩陽三縣置武臨縣。開元十五年,改為潁陽。」(載初元年、河南、伊闕、崇陽の三堰を研いて、武臨縣を置く。開元十五年改めて穎陽となし、河南府に隷す。准陽郡は即ち陳州なり、河南道に属す)とある。都畿道 河南府 潁陽。

 

悠悠市朝間,玉顏日緇磷。

かくて、悠悠たる市朝の間に在って、玉顔は、日にまし黒すんで痩せて行く。

緇磷 すり減らされ黒ずむ。《論語·陽貨》「不曰堅乎?磨而不磷。不曰白乎?涅而不緇。」.

 

所失重山岳,所得輕埃塵。

われ等の共にせんとする出世間願望は、山岳よりも重く、世に於で得るところの功名富貴は、塵埃よりも軽い。

塵埃 1 ちりとほこり。2 世の中の、もろもろの汚れたもの。俗世間の事柄。

 

精魄漸蕪穢,衰老相憑因。

こういう風に、浮世に跼蹐して居る間に、精魄は日に蕪雑に帰し、衰老は相因って、到底救い難いようになる。

蕪穢 土地などが、荒れはてること。また、そのさま。ぶわい。

 

我有錦囊訣,可以持君身。

われに錦嚢の仙方があって、これを以て、君の身を支持して行くことが出来るが、それは、外でもない、黄金の薬を餐し、そして、紫陽真人の処に往って修養をすることである。

錦囊訣 錦嚢の仙方、金丹。道教の道士が金石を砕いて練って作ったという不老不死の薬。

 

 

胡紫陽、その高弟子元丹邱との関係は、さらに深い。その関係を表す詩だけでも、以下の13首もある。

李太白集

Category 詩題

作時

-No.

西暦 年号

06-08

1.元丹丘歌 

731年開元十九年

24-02

2.題元丹丘山居 

731年開元十九年

24-03

3.題元丹丘 陽山居 并序 

731年開元十九年

18-16

4.酬岑勛見尋就元丹丘對酒相待以詩見招

736年開元二十四年

02-08

5.將進酒 

736年開元二十四年

14-12

6. 潁陽別元丹丘之淮陽 

738年開元二十六年

23-55

7.觀元丹丘坐巫山屏風 

738年開元二十六年

06-07

8.西岳云台歌送丹丘子 

743年天寶二年

18-11

9.以詩代書答元丹丘 

744年天寶三年

24-08

10.題嵩山逸人元丹丘山居 并序 

750年天寶九年

22-02

11.尋高鳳石門山中元丹丘 

751年天寶十年

12-11

12.聞丹丘子于城北營石門幽居中有高鳳遺跡

751年天寶十年

22-01

13.與元丹丘方城寺談玄作 

751年天寶十年

 以上の十三首である。

56 -#1 《巻十四11潁陽別元丹丘之淮陽 -#1》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <256 -#1> Ⅰ李白詩1517 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6133

李白  潁陽別元丹丘之淮陽 #1

吾將元夫子,異姓為天倫。

本無軒裳契,素以煙霞親。

嘗恨迫世網,銘意俱未伸。

松柏雖寒苦,羞逐桃李春。

(潁陽において、元丹丘の淮陽に行くに別れ、即ち、これを送った時の詩である。) #1

われと元夫子とは、異姓でありながら、天倫の兄弟も同じである。

軒車冠裳、即ち在官上の交契とては無いが、本来、煙霞の癖を同じうして、あい親んで居た。

 

256 -#1 《巻十四11潁陽別元丹丘之淮陽 -#1》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <256 -#1> Ⅰ李白詩1517 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6133

 

 
 2015年6月11日の紀頌之5つのBlog 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorBlog
56 -#1 《巻十四11潁陽別元丹丘之淮陽 -#1》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <256 -#1> Ⅰ李白詩1517 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6133 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
73-#3 《巻05-14 題炭谷湫祠堂》-#3 韓愈(韓退之) 803年貞元19年 38歳<1430> Ⅱ韓昌黎集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6134 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog杜甫 《1805李潮八分小篆歌 -#2》【4分割】 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-53 <918 -#2> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6135 
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog牛嶠《巻四22江城子二首 其一》『花間集』173全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6137 
 薛濤の全詩花間集(1巻花間集(2巻花間集(3巻花間集(4巻花間集(5巻 
 魚玄機全詩花間集(6巻花間集(7巻花間集(8巻花間集(9巻花間集10巻 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 

 

年:738年開元二十六年38

卷別:    卷一七四              文體:    五言古詩

詩題:    潁陽別元丹丘之淮陽

作地點:              潁陽(都畿道 / 河南府 / 潁陽)

及地點:              潁陽 (都畿道 河南府 潁陽)              

陳州 (河南道 陳州 陳州) 別名:淮陽           

汴州 (河南道 汴州 汴州) 別名:梁               

交遊人物:元丹丘                當地交遊(都畿道 河南府 潁陽)

 

 

潁陽別元丹丘之淮陽 #1

(潁陽において、元丹丘の淮陽に行くに別れ、即ち、これを送った時の詩である。)

吾將元夫子,異姓為天倫。

われと元夫子とは、異姓でありながら、天倫の兄弟も同じである。

本無軒裳契,素以煙霞親。

軒車冠裳、即ち在官上の交契とては無いが、本来、煙霞の癖を同じうして、あい親んで居た。

嘗恨迫世網,銘意未伸。

恨むらくは、世の塵網に迫られて、心上に銘記したる本意を十分に伸べることが出凍す、つまり、この世を脱出しかねる。

松柏雖寒苦,羞逐桃李春。

松柏は如何に寒に遇って苦しんだとしても、桃李の春をおって、世人に媚びることを羞じ、自ら孤高に甘んじている。

#2

悠悠市朝間,玉顏日緇磷。

所失重山岳,所得輕埃塵。

精魄漸蕪穢,衰老相憑因。

我有錦囊訣,可以持君身。

#3

當餐黃金藥,去為紫陽賓。

萬事難並立,百年猶崇晨。

別爾東南去,悠悠多悲辛。

前志庶不易,遠途期所遵。

已矣歸去來,白雲飛天津。

 

(潁陽にて、元丹丘の淮陽に之くに別る)
吾、元夫子と、異姓にして天倫たり。

本と軒裳の契なく、素より煙霞を以て親む。

かつて恨む、世網に迫られ、銘意 倶に未だ伸びざるを。

松柏は寒苦と雖も、桃李の春を逐ふを羞づ。

#2

悠悠たる市朝の間,玉顏 日に緇磷。

失う所ろは山岳よりも重く,得る所は埃塵よりも輕し。

精魄 漸く蕪穢,衰老 相い 憑因す。

我に 錦囊の訣有り,可以て君が身を持つべし。

#3

當に 黃金の藥を餐し,去って 紫陽の賓と為るべし。

萬事 並び立ち難く,百年 猶お 崇晨。

爾が 東南に去るに別る,悠悠として 悲辛多し。

前志 庶わくば 易らず,遠途 遵う所を期す。

已んぬるかな 歸るなん去來【いざ】,白雲 天津に飛ぶ。

 

 

『潁陽別元丹丘之淮陽』 現代語訳と訳註解説
(
本文)

潁陽別元丹丘之淮陽 #1

吾將元夫子,異姓為天倫。

本無軒裳契,素以煙霞親。

嘗恨迫世網,銘意俱未伸。

松柏雖寒苦,羞逐桃李春。


(下し文)
(潁陽にて、元丹丘の淮陽に之くに別る)
吾、元夫子と、異姓にして天倫たり。

本と軒裳の契なく、素より煙霞を以て親む。

かつて恨む、世網に迫られ、銘意 倶に未だ伸びざるを。

松柏は寒苦と雖も、桃李の春を逐ふを羞づ。


(現代語訳)
(潁陽において、元丹丘の淮陽に行くに別れ、即ち、これを送った時の詩である。) #1

われと元夫子とは、異姓でありながら、天倫の兄弟も同じである。

軒車冠裳、即ち在官上の交契とては無いが、本来、煙霞の癖を同じうして、あい親んで居た。

恨むらくは、世の塵網に迫られて、心上に銘記したる本意を十分に伸べることが出凍す、つまり、この世を脱出しかねる。

松柏は如何に寒に遇って苦しんだとしても、桃李の春をおって、世人に媚びることを羞じ、自ら孤高に甘んじている。


(訳注)

潁陽別元丹丘之淮陽 #1

(潁陽において、元丹丘の淮陽に行くに別れ、即ち、これを送った時の詩である。)

舊唐書「潁陽載初元年,析河南、伊闕、嵩陽三縣置武臨縣。開元十五年,改為潁陽。」(載初元年、河南、伊闕、崇陽の三堰を研いて、武臨縣を置く。開元十五年改めて穎陽となし、河南府に隷す。准陽郡は即ち陳州なり、河南道に属す)とある。都畿道 河南府 潁陽。

 

吾將元夫子,異姓為天倫。

われと元夫子とは、異姓でありながら、天倫の兄弟も同じである。

天倫 《穀梁傳隱公元年》:兄弟, 天倫也。” 范寧注:兄先弟後, 天之倫次。”とある。

 

本無軒裳契,素以煙霞親。

軒車冠裳、即ち在官上の交契とては無いが、本来、煙霞の癖を同じうして、あい親んで居た。

軒車 大夫以上所乘有帷幕的馬車。《莊子.讓王》:「子貢乘大馬,中紺而表素,軒車不容巷,往見原憲。」《文選.古詩十九首.冉冉孤生竹》:「思君令人老,軒車來何遲。」攻城的車子。

冠裳 官吏的全套禮服。中原漢人服飾。道士日常所戴帽子和所衣服。

 

嘗恨迫世網,銘意俱未伸。

恨むらくは、世の塵網に迫られて、心上に銘記したる本意を十分に伸べることが出凍す、つまり、この世を脱出しかねる。

銘意 心上に銘記したる本意をいう。・銘1 金石・器物などに事物の来歴や人の功績を記したもの。「碑に―を刻む」2 特にすぐれた物品につける特定の名。「―を付ける」3 製作物に入れる製作者の名。4 心に刻み込んでいる戒めなどの言葉。

 

松柏雖寒苦,羞逐桃李春。

松柏は如何に寒に遇って苦しんだとしても、桃李の春をおって、世人に媚びることを羞じ、自ら孤高に甘んじている。

松柏 《論語子罕》「歲寒, 然後知松柏之後凋也。

桃李 《史記·李將軍列傳》「桃李不言,下自成蹊.

255-#2 《卷13-05春日歸山寄孟浩然-#2》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <255-#2> Ⅰ李白詩1516 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6128

李白  春日歸山寄孟浩然-#2

香氣三天下,鐘聲萬壑連。荷秋珠已滿,松密蓋初圓。

鳥聚疑聞法,龍參若護禪。愧非流水韻,叨入伯牙弦。
えも言われぬ妙香は、三天よりくだって、煩悩を敲き破る鐘の聲は、萬壑に連るが如くである。わが此詩は、流水の曲の如き神韻を存するものでもないのに、唯だ平生の知己たる故を以て、伯牙に比すべき君の琴絃に入ることは、まことに有り難いが、翻って又恥かしい次第である。

255-#2 《卷13-05春日歸山寄孟浩然-#2》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <255-#2> Ⅰ李白詩1516 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6128

 

 
 2015年6月10日の紀頌之5つのBlog 
 ●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」、その後に李白再登場 
 Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩
 
LiveDoorBlog
255-#2 《卷13-05春日歸山寄孟浩然-#2》Index-18 Ⅱ―12-738年開元二十六年38歳 <255-#2> Ⅰ李白詩1516 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6128 
 孟浩然 詩 index李白詩index謝霊運 詩 index司馬相如 《 子虛賦 ・上林賦 》揚雄 《 甘泉賦 》 ●諸葛亮(孔明)出師表 
 曹植(曹子建)詩 65首 index文選 賦)兩都賦序・西都賦・東都賦 (班固)《李白 全詩》
  総合案内
(1)漁父辞 屈原『楚辞・九歌』東君 屈原《楚辞 『九辯』》 宋玉  <案内> 
 ●唐を代表する 中唐 韓愈 全500首  
 Ⅱ中唐詩・晩唐詩
  LiveDoorBlog
73-#2 《巻05-14 題炭谷湫祠堂》-#2 韓愈(韓退之) 803年貞元19年 38歳<1429> Ⅱ韓昌黎集 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6129 
 ・李商隠詩 (1) 136首の75首・李商隠詩 (2) 135首の61首●韓愈index-1 ・孟郊、張籍と交遊・汴州乱41首●韓愈詩index-2[800年 33歳~804年 37歳]27首●韓愈詩index-3 805年 38歳・]陽山から江陵府 36首●韓愈詩index-4 806年 39歳 江陵府・権知国子博士 51首(1)25首 
 index-5 806年39歳 50首の(2)25首index-6[807年~809年 42歳]20首index-7[810年~811年 44歳] 34首index-8 [812年~814年47歳]46首index-9[815年~816年 49歳] 57首index-10[817年~818年 51歳]・「平淮西碑」28首 
 index-11 819年 52歳 ・『論佛骨表』左遷 38首index-12 820年 53歳 ・9月國子祭酒に。18首index-13 821年~822年 55歳 22首index-14 823年~824年 57歳・病気のため退職。没す。 14首韓愈 哲学・儒学「五原」賦・散文・上奏文・碑文など 
 孟郊張籍     
 ●杜甫の全作品1500首を訳注解説 ●理想の地を求めて旅をする。" 
 Ⅲ杜甫詩全1500首   LiveDoorBlog杜甫 《1805李潮八分小篆歌 -#1》【4分割】 杜甫詩index-15-766年大暦元年55歲-53 <918 -#1> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ6130  
 杜甫詩(1)736~751年 青年期・李白と交遊期・就活の詩 53首杜甫詩(2)752年~754年、43歳 73首(青年期・就活の詩) 杜甫詩(3)755年~756年、45歳 安史の乱に彷徨う 26首杜甫詩(4)作時757年、46歳 安史軍捕縛、脱出、左拾遺 43首杜甫詩(5)758年;乾元元年、47歳 左拾遺、朝廷疎外、左遷 53首杜甫詩 (6)759年;乾元二年、48歳 三吏三別 官を辞す 44首 
 杜甫詩(7)759年;乾元二年、48歳 秦州抒情詩 66首杜甫詩(8)作時759年、48歳 秦州発、同谷紀行、成都紀行 36首杜甫詩(9)760年;上元元年、49歳 成都浣花渓草堂 45首杜甫詩(10)761年;上元二年、50歳 成都浣花渓草堂 82首杜甫詩(11)762年寶應元年 杜甫51歳  浣花渓草堂~蜀中転々 43首杜甫詩(12)762年寶應元年 杜甫51歳 蜀中転々 49首 
 ●これまで分割して掲載した詩を一括して掲載・改訂掲載・特集  不遇であった詩人だがきめの細やかな山水詩をかいている 
 Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集 Fc2Blog 
        
 ●花間集全詩●森鴎外の小説『魚玄機』、芸妓で高い評価を受けた『薛濤』の詩。唐時代にここまで率直な詩を書く女性が存在した奇跡の詩。唐から五代詩詞。花間集 
 Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性 LiveDoorBlog牛嶠《巻四21西溪子一首》『花間集』172全詩訳注解説(改訂版Ver.2.1)-漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ-6132 
 薛濤の全詩花間集(1巻花間集(2巻花間集(3巻花間集(4巻花間集(5巻 
 魚玄機全詩花間集(6巻花間集(7巻花間集(8巻花間集(9巻花間集10巻 
 温庭筠66首 花間集1・2巻皇甫松11首 花間集二巻韋莊47首 花間集二巻薛昭蘊19首 花間集三巻牛嶠31首 花間集三・四巻張泌27首 花間集四巻 
 毛文錫31首 花間集5巻牛希濟11首 花間集5巻欧陽烱17首 花間集5・6巻和凝20首 花間集6巻顧夐56首 花間集6・7巻孫光憲47首 花間集7・8巻 
 魏承班15首 花間集8・9巻鹿虔扆6首 花間集9巻閻選8首 花間集9巻尹鶚6首 花間集9巻毛熙震29首 花間集9・10巻李珣39首 花間集10巻 
  ■最近Best5 賦・詩・詞(漢詩4ブログ各部門)漢詩総合サイト 07ch 
 杜甫全詩案内韓愈全詩案内李白全集文選古詩源花間集案内 
 

 

年:738年開元二十六年38

卷別:    卷一七三              文體:    五言古詩