漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之のブログ 女性詩、漢詩・建安六朝・唐詩・李白詩 1000首:李白集校注に基づき時系列に訳注解説

李白の詩を紹介。青年期の放浪時代。朝廷に上がった時期。失意して、再び放浪。李白の安史の乱。再び長江を下る。そして臨終の歌。李白1000という意味は、目安として1000首以上掲載し、その後、系統別、時系列に整理するということ。 古詩、謝霊運、三曹の詩は既掲載済。女性詩。六朝詩。文選、玉臺新詠など、李白詩に影響を与えた六朝詩のおもなものは既掲載している2015.7月から李白を再掲載開始、(掲載約3~4年の予定)。作品の作時期との関係なく掲載漏れの作品も掲載するつもり。李白詩は、時期設定は大まかにとらえる必要があるので、従来の整理と異なる場合もある。現在400首以上、掲載した。今、李白詩全詩訳注掲載中。

丁儀が曹丕に殺害されることになった原因の詩。

▼絶句・律詩など短詩をだけ読んでいたのではその詩人の良さは分からないもの。▼長詩、シリーズを割席しては理解は深まらない。▼漢詩は、諸々の決まりで作られている。日本人が読む漢詩の良さはそういう決まり事ではない中国人の自然に対する、人に対する、生きていくことに対する、愛することに対する理想を述べているのをくみ取ることにあると思う。▼詩人の長詩の中にその詩人の性格、技量が表れる。▼李白詩からよこみちにそれているが、途中で孟浩然を45首程度(掲載済)、謝霊運を80首程度(掲載済み)。そして、女性古詩。六朝、有名な賦、その後、李白詩全詩訳注を約4~5年かけて掲載する予定で整理している。
その後ブログ掲載予定順は、王維、白居易、の順で掲載予定。▼このほか同時に、Ⅲ杜甫詩のブログ3年の予定http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-tohoshi/、唐宋詩人のブログ(Ⅱ李商隠、韓愈グループ。)も掲載中である。http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/,Ⅴ晩唐五代宋詞・花間集・玉臺新詠http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-godaisoui/▼また漢詩理解のためにHPもいくつかサイトがある。≪ kanbuniinkai ≫[検索]で、「漢詩・唐詩」理解を深めるものになっている。
◎漢文委員会のHP http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/profile1.html
Author:漢文委員会 紀 頌之です。
大病を患い大手術の結果、半年ぶりに復帰しました。心機一転、ブログを開始します。(11/1)
ずいぶん回復してきました。(12/10)
訪問ありがとうございます。いつもありがとうございます。
リンクはフリーです。報告、承諾は無用です。
ただ、コメント頂いたても、こちらからの返礼対応ができません。というのも、
毎日、6 BLOG,20000字以上活字にしているからです。
漢詩、唐詩は、日本の詩人に大きな影響を残しました。
だからこそ、漢詩をできるだけ正確に、出来るだけ日本人の感覚で、解釈して,紹介しています。
体の続く限り、広げ、深めていきたいと思っています。掲載文について、いまのところ、すべて自由に使ってもらって結構ですが、節度あるものにして下さい。
どうぞよろしくお願いします。

贈丁儀-#2 曹植(曹子建) 魏詩<36-#2>文選 贈答二 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1905

贈丁儀-#2 曹植(曹子建)

 同じ日の紀頌之5つのブログ
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩贈丁儀-#2 曹植(曹子建)魏詩<36-#2>文選 贈答二 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1905
Ⅱ中唐詩・晩唐詩原道  韓愈 (韓退之) 13回目<115-13>Ⅱ中唐詩585 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1906
Ⅲ杜甫詩1000詩集泛溪 杜甫 成都(3部)浣花渓の草堂(3 -8-#2)  杜甫 <395>  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1907 杜甫詩1000-395-576/1500
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集宿建徳江 孟浩然 kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞ブログ 1911 (02/11)
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性寄劉尚書 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-73-9-#五言古詩  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1908
 
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
 
古詩十九首 (1) 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67676781.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩
http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
*******************************************************************************************************



贈丁儀-#2 魏詩<36-#2>文選 贈答二 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1905 

丁儀が曹丕に殺害されることになった原因の詩。

贈丁儀
初秋涼氣發,庭樹微消落。
初秋の候となって、清涼感のある気候になってきたようだ。庭の樹々の葉もようやく色づき枯れおち始めている。
凝霜依玉除,清風飄飛閣。
もう固く氷りついた霜が宮殿の階段をおおている。清々しい秋風が、宮中を吹き抜けて高閣に舞っている。
朝雲不歸山,霖雨成川澤。
朝がた山の端を離れた雲がそのまま浮んでいて山のほうには帰る気配を見せない、今度は秋のなが雨になり、河川や沢地をつくるのだ。
黍稷委疇隴,農夫安所獲。

この雨は、収獲の前の黍や稷を田のうねにたおれふしたままにするものなのだ、これでは農夫は収穫など皆無であり、どうするのだろうか。
#2
在貴多忘賤,為恩誰能博。
高貴の位にある人の多くは、貧餞にあえぐ人々のことを多くの事で忘れるものである。恩恵をほどこすことう、誰が誰にでもよくすることがあろうか。
狐白足御冬,焉念無衣客。
また、狐白裘を着て、冬の寒さも感じない高貴のものが、着るべき着物がない人々のことに、どうして思いをはせることがあるというのか。
思慕延陵子,寶劍非所惜。
そして、私はかの延陵の季札を思慕しているように魏王になろうとは思っていないのである。それよりまして、季札のように宝剣など惜しむものでもないのだ。(私ならその場で差し上げるだろう。)
子其寧爾心,親交義不薄。
丁儀君、君の思うところ(私を魏王にしたい気持ち)は理解できるのでもうしばらく心を安らかに保っておいてほしい。我々のこの親しい交わりは、尊蜍そこらの薄情ものとはわけが違って情義において厚いものがあるではないか。

丁儀に贈る
初秋涼気発し、庭樹微【ようや】く銷落【しょうらく】す。
凝霜【ぎょうそう】玉除に依り、清風飛閣に飄る。
朝雲 山に帰らず、霖雨【りんむ】川沢【せんたく】を成せり。
黍稷【しょしょく】疇隴【ちゅうろう】に委【す】てられ、農夫 安んぞ獲る所あらん。
#2
貴に在りては多く賤を忘れ、恩を為すこと誰か能く博【ひろ】からん。
狐白は冬を禦【ふせ】ぐに足るも、焉んぞ無衣の客を念わん。
延陵子【えんりょうし】を思慕【しぼ】すれば、宝剣は惜む所に非ず。
子 其れ爾が心を寧【やす】んぜよ、親交 義【ぎ】薄からず。

銅雀臺00

『贈丁儀』 現代語訳と訳註
(本文)
贈丁儀 #2
在貴多忘賤,為恩誰能博。
狐白足御冬,焉念無衣客。
思慕延陵子,寶劍非所惜。
子其寧爾心,親交義不薄。


(下し文)
貴に在りては多く賤を忘れ、恩を為すこと誰か能く博【ひろ】からん。
狐白は冬を禦【ふせ】ぐに足るも、焉んぞ無衣の客を念わん。
延陵子【えんりょうし】を思慕【しぼ】すれば、宝剣は惜む所に非ず。
子 其れ爾が心を寧【やす】んぜよ、親交 義【ぎ】薄からず。


(現代語訳)
高貴の位にある人の多くは、貧餞にあえぐ人々のことを多くの事で忘れるものである。恩恵をほどこすことう、誰が誰にでもよくすることがあろうか。
また、狐白裘を着て、冬の寒さも感じない高貴のものが、着るべき着物がない人々のことに、どうして思いをはせることがあるというのか。
そして、私はかの延陵の季札を思慕しているように魏王になろうとは思っていないのである。それよりまして、季札のように宝剣など惜しむものでもないのだ。(私ならその場で差し上げるだろう。)
丁儀君、君の思うところ(私を魏王にしたい気持ち)は理解できるのでもうしばらく心を安らかに保っておいてほしい。我々のこの親しい交わりは、尊蜍そこらの薄情ものとはわけが違って情義において厚いものがあるではないか。


(訳注) #2
贈丁儀
○丁儀
 (未詳―220年)字は正札、沛郡(安徴、宿県の西北)の人。曹植の最も親しい側近の一人で、曹植を帝位につけようと種々画策したため、兄の曹丕に忌まれ、曹丕が帝位につくや殺された。この詩は不遇をかこつ丁儀を慰め、信義に厚い自己の心情を打明けたものとされているが、曹植を慕う家臣を排除していかなければ魏王朝が危うくなる。こういった詩を書く背景には曹丕暗殺の計画があって、その時期は今ではないといっているように読み取れる。この詩が、曹丕の知る所となれば丁儀は抹殺されるのは当然だろう。政権初期段階に兄弟で殺し合うのは歴史の必然で、曹植が殺されなかったのは、曹丕の優しい部分が作用したということだ。普通は鬼と化すものであるからだ。


在貴多忘賤,為恩誰能博。
高貴の位にある人の多くは、貧餞にあえぐ人々のことを多くの事で忘れるものである。恩恵をほどこすということは、誰にでもよくするということがあろうか。


狐白足御冬,焉念無衣客。
また、狐白裘を着て、冬の寒さも感じない高貴のものが、着るべき着物がない人々のことに、どうして思いをはせることがあるというのか。(私がその立場なら下々のことがよくわかる。)
○狐白 狐白裘のこと。狐の腋の皮をあつめて作った皮ごろもで、最上の衣料。「量子春秋」に、斉の景公が三日も雪がつづいた時に、狐白裏をきていた。公は貴子に、三日も雪がつづくが一向に寒くないねと言うと、量子は、賢君たるもの、飽食暖衣の時は、人の飢寒を知らねはならぬと諌めた挿話がある。


思慕延陵子,寶劍非所惜。
そして、私はかの延陵の季札を思慕しているように魏王になろうとは思っていないのである。それよりまして、季札のように宝剣など惜しむものでもないのだ。(私ならその場で差し上げるだろう。)
○延陵子 延陵(江蘇武進県)に封ぜられた呉の王子季札のこと。春秋時代の人。徳義のほまれがあり、父が、兄をさしおいて季札に国を譲ろうとしたが、固辞して受けなかった。又、季札が晋の国に使者として赴く途中、徐の国を通り、徐の君主と面会した。徐君は季札が帯びている宝剣に目をつけ、ほしそうな表情をした。季札は徐君の気持を察したものの、まだ外交官としての使命が終っていなかったのだが、後、使命を果して、帰途徐の国に立寄って授けようとしたが、徐君はすでにこの世の人ではなかった。この宝剣を徐君の墓の樹にかけて立去ったというもの。(これが日本なら先に渡すのが上に立つもの(皇帝になるべき)の行い。)
*常識的には曹植が自分は季札と同じで兄を差し置いて皇帝になる気はないという解釈になるが、実際にそう思っているならこの故事はひかないものではなかろうか。曹植の家臣、支持者に対してこの故事をことさら述べるように思えてならない。曹植は皇帝になりたいのである。父曹操が兄弟のどちらにするか迷っていると思っている、むしろ自分を後継者に選んでくれると思っているから、この詩の表現になったのである。


子其寧爾心,親交義不薄。
丁儀君、君の思うところ(私を魏王にしたい気持ち)は理解できるのでもうしばらく心を安らかに保っておいてほしい。我々のこの親しい交わりは、尊蜍そこらの薄情ものとはわけが違って情義において厚いものがあるではないか。
○親交「徐幹に贈る」詩では私との親しい交りは、情義に厚いことで成立っている。私はこれ以上の言葉を重ねてのべるだけの必要性はないと思っている。贈徐幹 (1) 曹植 魏詩<28>文選 贈答二 659 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1853    参照。
贈徐幹
驚風飄白日,忽然歸西山。
圓景光未滿,眾星粲以繁。
志士榮世業,小人亦不閒。
聊且夜行遊,遊彼雙闕間。
文昌鬱雲興,迎風高中天。
春鳩鳴飛棟,流猋激櫺軒。
顧念蓬室士,貧賤誠足憐。
薇藿弗充虛,皮褐猶不全。
慷慨有悲心,興文自成篇。
寶棄怨何人?和氏有其愆。
彈冠俟知己,知己誰不然?
良田無晚歲,膏澤多豐年。
亮懷璵璠美,積久德愈宣。
親交義在敦,申章復何言。

贈丁儀 曹植 魏詩<36>#1文選 贈答二 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1901

贈丁儀 曹植 魏詩

 同じ日の紀頌之5つのブログ
Ⅰ李白と李白に影響を与えた詩贈丁儀 曹植 魏詩<36>#1文選 贈答二 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1901
Ⅱ中唐詩・晩唐詩原道  韓愈 (韓退之)<115-12>Ⅱ中唐詩584 漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之の漢詩ブログ1902
Ⅲ杜甫詩1000詩集泛溪 杜甫 成都(3部)浣花渓の草堂(3 -8-#1)  杜甫 <394-#1> 五言古詩 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1903 杜甫詩1000-394-575/1500
Ⅳブログ漢・唐・宋詞詩集寄天台道士 孟浩然 kanbuniinkai 紀 頌之の詩詞ブログ 1906 (02/10)
Ⅴ.唐五代詞詩・宋詞詩・女性寄題錬師 魚玄機  ⅩⅫ唐五代詞・宋詩Gs-72-8-#五言律詩 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1904
 
 ■今週の人気記事(漢詩の5ブログ各部門)
 ■主要詩人の一覧・詩目次・ブログindex
 
古詩十九首 (1) 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67676781.html
安世房中歌十七首(1) 唐山夫人 漢詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67710265.html
為焦仲卿妻作 序 漢詩<143>古詩源 巻三 女性詩
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67729401.html
於凊河見輓船士新婚別妻一首 曹丕(魏文帝) 魏詩 http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67759129.html
朔風 (一章) 曹植 魏詩<25-#1>文選 雑詩 上  http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67780868.html
謝靈運詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/1901_shareiun000.html 謝靈運詩 六朝期の山水詩人。この人の詩は上品ですがすがしい男性的な深みのある詩である。後世に多大な影響を残している。
謝靈運が傲慢で磊落だったというが彼の詩からはそれを感じさせるということは微塵もない。謝靈運、謝朓、孟浩然は好きな詩人である。
登永嘉緑嶂山詩 #1 謝霊運 <20> 詩集 386ー
http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67474554.html
登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  ー http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10/archives/67502196.html
孟浩然の詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/209mokonen01.html 孟浩然の詩 盛唐初期の詩人であるが謝霊運の詩に傾倒して山水詩人としてとてもきれいな詩を書いている。特に山水画のような病者の中で細やかな部分に動態を感じさせる表現力は素晴らしい。

李商隠詩 http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/3991_rishoin000.html 李商隠詩 華やかな時はほんの1年余り、残りは不遇であった。それが独特な詩を生み出した。この詩人の詩は物語であり、詩を単発で見ては面白くなく、数編から十数編のシリーズになっているのでそれを尊重して読まれることを進める。
女性詩人
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/0josei00index.html 女性詩人 古代から近世に至るまで女性の詩は書くことを許されない環境にあった。貴族の子女、芸妓だけである。残されている詩のほとんどは詞、楽府の優雅、雅なものへの媚の詞である。しかしその中に針のような痛みを感じさせるものがあるのである。
孟郊詩
http://www10.plala.or.jp/kanbuniinkai/328_moukou001.html 「文章得其微,物象由我裁。」詩人が作り出す文章は細やかなる描写表現を得ているものだ、万物の事象をも作り出すことさえも詩人自身の裁量でもってするのである。
李商隠詩
http://kanbuniinkai7.dousetsu.com/99_rishoinn150.html Ⅰ李商隠150首
*******************************************************************************************************

贈丁儀 曹植 魏詩<36>#1文選 贈答二 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1901

丁儀が曹丕に殺害されることになった原因の詩。



贈丁儀
初秋涼氣發,庭樹微消落。
初秋の候となって、清涼感のある気候になってきたようだ。庭の樹々の葉もようやく色づき枯れおち始めている。
凝霜依玉除,清風飄飛閣。
もう固く氷りついた霜が宮殿の階段をおおている。清々しい秋風が、宮中を吹き抜けて高閣に舞っている。
朝雲不歸山,霖雨成川澤。
朝がた山の端を離れた雲がそのまま浮んでいて山のほうには帰る気配を見せない、今度は秋のなが雨になり、河川や沢地をつくるのだ。
黍稷委疇隴,農夫安所獲。
この雨は、収獲の前の黍や稷を田のうねにたおれふしたままにするものなのだ、これでは農夫は収穫など皆無であり、どうするのだろうか。
#2
在貴多忘賤,為恩誰能博。
狐白足御冬,焉念無衣客。
思慕延陵子,寶劍非所惜。
子其寧爾心,親交義不薄。

丁儀に贈る
初秋涼気発し、庭樹微【ようや】く銷落【しょうらく】す。
凝霜【ぎょうそう】玉除に依り、清風飛閣に飄る。
朝雲 山に帰らず、霖雨【りんむ】川沢【せんたく】を成せり。
黍稷【しょしょく】疇隴【ちゅうろう】に委【す】てられ、農夫 安んぞ獲る所あらん。

#2
貴に在りては多く賤を忘れ、恩を為すこと誰か能く博【ひろ】からん。
狐白は冬を禦【ふせ】ぐに足るも、焉んぞ無衣の客を念わん。
延陵子【えんりょうし】を思慕【しぼ】すれば、宝剣は惜む所に非ず。
子 其れ爾が心を寧【やす】んぜよ、親交 義【ぎ】薄からず。



nat0019

『贈丁儀』 現代語訳と訳註
(本文)
贈丁儀
初秋涼氣發,庭樹微消落。
凝霜依玉除,清風飄飛閣。
朝雲不歸山,霖雨成川澤。
黍稷委疇隴,農夫安所獲。


(下し文) 丁儀に贈る
初秋涼気発し、庭樹微【ようや】く銷落【しょうらく】す。
凝霜【ぎょうそう】玉除に依り、清風飛閣に飄る。
朝雲 山に帰らず、霖雨【りんむ】川沢【せんたく】を成せり。
黍稷【しょしょく】疇隴【ちゅうろう】に委【す】てられ、農夫 安んぞ獲る所あらん。


(現代語訳)
初秋となって、清涼感のある気候になってきたようだ。庭の樹々の葉もようやく色づき枯れおち始めている。
もう固く氷りついた霜が宮殿の階段をおおている。清々しい秋風が、宮中を吹き抜けて高閣に舞っている。
朝がた山の端を離れた雲がそのまま浮んでいて山のほうには帰る気配を見せない、今度は秋のなが雨になり、河川や沢地をつくるのだ。
この雨は、収獲の前の黍や稷を田のうねにたおれふしたままにするものなのだ、これでは農夫は収穫など皆無であり、どうするのだろうか。


(訳注)
贈丁儀

○丁儀 (未詳―220年)字は正札、沛郡(安徴、宿県の西北)の人。曹植の最も親しい側近の一人で、曹植を帝位につけようと種々画策したため、兄の曹丕に忌まれ、曹丕が帝位につくや殺された。この詩は不遇をかこつ丁儀を慰め、信義に厚い自己の心情を打明けたものとされている。


初秋涼氣發,庭樹微消落。
初秋となって、清涼感のある気候になってきたようだ。庭の樹々の葉もようやく色づき枯れおち始めている。
○銷楽 枯れ落ちる。


凝霜依玉除,清風飄飛閣。
もう固く氷りついた霜が宮殿の階段をおおている。清々しい秋風が、宮中を吹き抜けて高閣に舞っている。
○玉除 宮殿の階。皇帝の宮殿前の中庭から宮殿のに入る朱色に輝く飾られた階段。
○飛閣 宮中、麒麟の絵が描かれている高閣をいう。


朝雲不歸山,霖雨成川澤。
朝がた山の端を離れた雲がそのまま浮んでいて山のほうには帰る気配を見せない、今度は秋のなが雨になり、河川や沢地をつくるのだ。
○朝雲不帰山 「広雅」に「八月浮雲帰と見え、『詩経』豳風(ひんぷう)「七月」(ふみづき)
七月流火、九月授衣。
一之日觱發、二之日栗烈。
無衣無褐、何以卒歲。
三之日于耜、四之日舉趾、同我婦子。
饁彼南畝、田畯至喜。
(七月には流る火あり、九月衣を授く。
一の日は觱發たり、二の日は栗烈たり。
衣無く褐無くんば、何を以てか歲を卒へん。
三の日 于(ここ)に耜(し)し、四の日 趾(あし)を舉ぐ、我が婦子とともに。
彼の南畝に饁(かれひ)す、田畯至り喜ぶ。)
に基づく句である。
<大意>七月には火星が西に流れる、九月には家族に衣を与えねばならぬ、十一月には風が寒くなり、十二月には激しく吹く、衣がなければ、どうして年を越せようか、明けて三月には鋤の手入れをし、四月には足を上げて耕さねばならぬ、我が妻子とともに、南の畑で働いていると、田んぼの役人さんがやってきて、喜びなさるだろう(流火:火は火星のこと、それが西へ流れるのを流火という、一之日:十一月をさす、田畯:田んぼを管轄する役人)
○霖雨 三日以上降る雨。


黍稷委疇隴,農夫安所獲。
この雨は、収獲の前の黍や稷を田のうねにたおれふしたままにするものなのだ、これでは農夫は収穫など皆無であり、どうするのだろうか。
○委 すてる。倒れたままほったらかしになっていること。
○疇隴 田のウネ。疇と隴、両方とも田畑のうね。
曹植000

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
livedoor 天気
プロフィール

紀 頌之

Twitter プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ