漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之のブログ 女性詩、漢詩・建安六朝・唐詩・李白詩 1000首:李白集校注に基づき時系列に訳注解説

李白の詩を紹介。青年期の放浪時代。朝廷に上がった時期。失意して、再び放浪。李白の安史の乱。再び長江を下る。そして臨終の歌。李白1000という意味は、目安として1000首以上掲載し、その後、系統別、時系列に整理するということ。 古詩、謝霊運、三曹の詩は既掲載済。女性詩。六朝詩。文選、玉臺新詠など、李白詩に影響を与えた六朝詩のおもなものは既掲載している2015.7月から李白を再掲載開始、(掲載約3~4年の予定)。作品の作時期との関係なく掲載漏れの作品も掲載するつもり。李白詩は、時期設定は大まかにとらえる必要があるので、従来の整理と異なる場合もある。現在400首以上、掲載した。今、李白詩全詩訳注掲載中。

經下邳圯橋懷張子房

▼絶句・律詩など短詩をだけ読んでいたのではその詩人の良さは分からないもの。▼長詩、シリーズを割席しては理解は深まらない。▼漢詩は、諸々の決まりで作られている。日本人が読む漢詩の良さはそういう決まり事ではない中国人の自然に対する、人に対する、生きていくことに対する、愛することに対する理想を述べているのをくみ取ることにあると思う。▼詩人の長詩の中にその詩人の性格、技量が表れる。▼李白詩からよこみちにそれているが、途中で孟浩然を45首程度(掲載済)、謝霊運を80首程度(掲載済み)。そして、女性古詩。六朝、有名な賦、その後、李白詩全詩訳注を約4~5年かけて掲載する予定で整理している。
その後ブログ掲載予定順は、王維、白居易、の順で掲載予定。▼このほか同時に、Ⅲ杜甫詩のブログ3年の予定http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-tohoshi/、唐宋詩人のブログ(Ⅱ李商隠、韓愈グループ。)も掲載中である。http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/,Ⅴ晩唐五代宋詞・花間集・玉臺新詠http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-godaisoui/▼また漢詩理解のためにHPもいくつかサイトがある。≪ kanbuniinkai ≫[検索]で、「漢詩・唐詩」理解を深めるものになっている。
◎漢文委員会のHP http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/profile1.html
Author:漢文委員会 紀 頌之です。
大病を患い大手術の結果、半年ぶりに復帰しました。心機一転、ブログを開始します。(11/1)
ずいぶん回復してきました。(12/10)
訪問ありがとうございます。いつもありがとうございます。
リンクはフリーです。報告、承諾は無用です。
ただ、コメント頂いたても、こちらからの返礼対応ができません。というのも、
毎日、6 BLOG,20000字以上活字にしているからです。
漢詩、唐詩は、日本の詩人に大きな影響を残しました。
だからこそ、漢詩をできるだけ正確に、出来るだけ日本人の感覚で、解釈して,紹介しています。
体の続く限り、広げ、深めていきたいと思っています。掲載文について、いまのところ、すべて自由に使ってもらって結構ですが、節度あるものにして下さい。
どうぞよろしくお願いします。

經下邳圯橋懷張子房 #2 李白 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集350 -273

經下邳圯橋懷張子房 #2 李白 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集350 -273


經下邳圯橋懷張子房    
子房未虎嘯、破產不為家。
滄海得壯士、椎秦博浪沙。』
報韓雖不成、天地皆振動。
潛匿游下邳、豈曰非智勇。』-#1
我來圯橋上、懷古欽英風。
わたしは子房が黄石公にであった下邳の土橋の上に来ていた、故事を思い、その英雄の風貌をうやまうものなのだ。
惟見碧流水、曾無黃石公。
そこにはただ目の前には苔むした青々とした水の流れがあるだけで、かの黃石公はもとより姿を現わすはずがないのだ。
嘆息此人去、蕭條徐泗空。』
#2
張良がこの世からいなくなってから、徐州と泗州とよばれる下邳の地方一帯が急にひっそりしてしまった、それに今この乱れた世に誰も出ないのかと思うと、ためいきが出てくるのだ。


下邳(かひ)の圯橋(いきょう)を經て張子房を懷う
子房 未だ虎 嘯せざり、產を破って 家を為さず。
滄海に 壯士を得て、秦を椎(つい)す 博浪沙。
韓に報じて 成らずと雖も、天地 皆 振動せり。
潜匿(せんとく)して 下邳(かひ)に遊ぶ、豈 智勇(ちゆう)に 非ずと 曰わんや。』-#1
我 圯橋(いきょう)の上に來り、古(いにしえ)を懐うて、英風を欽(しと)う。
唯だ見る 碧流(へきりゅう)の水、曾て無し 黄石(こうせき)公(こう)。
嘆息す 此の人去りて、蕭條(しょうじょう)徐泗(じょし)の空しきを。』-#2




經下邳圯橋懷張子房 現代語訳と訳註
(本文)
#2
我來圯橋上、懷古欽英風。
惟見碧流水、曾無黃石公。
嘆息此人去、蕭條徐泗空。』


(下し文) -#2
我 圯橋(いきょう)の上に來り、古(いにしえ)を懐うて、英風を欽(しと)う。
唯だ見る 碧流(へきりゅう)の水、曾て無し 黄石(こうせき)公(こう)。
嘆息す 此の人去りて、蕭條(しょうじょう)徐泗(じょし)の空しきを。』


(現代語訳)
わたしは子房が黄石公にであった下邳の土橋の上に来ていた、故事を思い、その英雄の風貌をうやまうものなのだ。
そこにはただ目の前には苔むした青々とした水の流れがあるだけで、かの黃石公はもとより姿を現わすはずがないのだ。
張良がこの世からいなくなってから、徐州と泗州とよばれる下邳の地方一帯が急にひっそりしてしまった、それに今この乱れた世に誰も出ないのかと思うと、ためいきが出てくるのだ。



(訳注)
我來圯橋上、懷古欽英風。

わたしは子房が黄石公にであった下邳の土橋の上に来ていた、故事を思い、その英雄の風貌をうやまうものなのだ。
圯橋:いきょう 土橋。○ うやまう。つつしむ。


惟見碧流水、曾無黃石公。
そこにはただ目の前には苔むした青々とした水の流れがあるだけで、かの黃石公はもとより姿を現わすはずがないのだ。
曾無 「曾」は「無」を強調する字。○英風 英雄の風貌。


嘆息此人去、蕭條徐泗空。』#2
張良がこの世からいなくなってから、徐州と泗州とよばれる下邳の地方一帯が急にひっそりしてしまった、それに今この乱れた世に誰も出ないのかと思うと、ためいきが出てくるのだ。
徐泗 徐州と泗州。いまの江薪省徐州から安徽省池原にいたる一帯の地方。下邸はこの地方にある。


 この頃この詩の言う「扶風」:鳳翔に粛宗皇帝は行在所(仮の朝廷)を置いていた。西から東の長安を攻め入る体制を整えていた。
 安禄山を秦の始皇帝に見立て、張良、韓信などの英雄の出現を李白自身、永王璘に求めたのであろうか。張旭らとの清談をする中ではもっと露骨な議論があったのであろうが、洛陽、長安を攻め落とすのはなかなか難しい状況であったのであろう。


「扶風豪士歌」 李白
洛陽三月飛胡沙。 洛陽城中人怨嗟。
天津流水波赤血。 白骨相撐如亂麻。
(洛陽 三月に胡沙飛び、洛陽城中 人は怨み嗟く
天津の流水は波も赤血なり、白骨相い培(つちかえ)えて乱るる麻の如し)

撫長劍。一揚眉。 清水白石何離離。
脫吾帽。向君笑。 飲君酒。為君吟。
張良未逐赤松去。 橋邊黃石知我心。』
(長劍を撫るい。一(ひとたび)眉を揚る。 清水白石 何ぞ離れ離れになるぞ。
吾が帽を脱ぎて君に向かって笑い。君の酒を飲み君が為に吟ず。
張良は末だ赤松を逐いて去らず、橋辺の黄石のみ我が心を知る)

扶風豪士歌 安史の乱と李白(3) Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350- 215


毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350


李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ

700Toho shi
kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首

800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首

唐宋詩 
(Ⅰ李商隠Ⅱ韓退之(韓愈))
李白詩INDEX02
李商隠INDEX02
杜甫詩INDEX02

經下邳圯橋懷張子房 #1 李白 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集350 -272

 

今週の人気記事(漢詩の3部門ランキング)

 謝靈運index謝靈運詩古詩index漢の無名氏  
孟浩然index孟浩然の詩韓愈詩index韓愈詩集
杜甫詩index杜甫詩 李商隠index李商隠詩
李白詩index 李白350首女性詩index女性詩人 
 上代~隋南北朝・隋の詩人初唐・盛唐・中唐・晩唐 
 
經下邳圯橋懷張子房 #1 李白 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集350 -272


安禄山の叛乱が起こって以来、南方地方を転々としている李白であるが、友人と酒を酌み交わすときに決まって、酔うと李白は韓信,張良の気分に浸ったようだ。既に掲載した「扶風豪士歌」扶風豪士歌 安史の乱と李白(3) Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350- 215こののち掲載予定の「猛虎行」題名が面白い猛虎(叛乱軍)に立ち向かう任侠の士としてうたうもの(李白が作ったのではないという説もある)、そしてここに挙げる「經下邳圯橋懷張子房」である。


經下邳圯橋懷張子房    
子房未虎嘯、破產不為家。
下邳という地方の圯橋を通りかかってここの出身の張子房を懷(おも)いおこすのである。
滄海得壯士、椎秦博浪沙。』
張子房はまだ獲物を決めかねた虎がほえているだけで、仇を取ろうとしなかった、それは財産を売り払ってでも家の再興をなしえることをしなかったのだ。
報韓雖不成、天地皆振動。
しかし、無鉄砲にも、蒼海君から屈強な若者を譲り得て、博浪抄で秦の始皇帝の行列に鉄椎を投げつけさせた。
韓のためにくわだてた復讐は不成功におわったが、天も地も皆、なりひびくほどの喝采を受けたのだ。

潛匿游下邳、豈曰非智勇。』-#1

そのため、始皇帝は犯人を捕まえるため、大捜査を繰り広げたので、張子房はひそかに下邳の村に潜伏し勉強したのだ、そしてこれを智略と勇気を備えることといわずにおれようか。

我來圯橋上、懷古欽英風。
惟見碧流水、曾無黃石公。
嘆息此人去、蕭條徐泗空。』#2

下邳(かひ)の圯橋(いきょう)を經て張子房を懷う
子房 未だ虎 嘯せざり、產を破って 家を為さず。
滄海に 壯士を得て、秦を椎(つい)す 博浪沙。
韓に報じて 成らずと雖も、天地 皆 振動せり。
潜匿(せんとく)して 下邳(かひ)に遊ぶ、豈 智勇(ちゆう)に 非ずと 曰わんや。』-#1

我 圯橋(いきょう)の上に來り、古(いにしえ)を懐うて、英風を欽(しと)う。
唯だ見る 碧流(へきりゅう)の水、曾て無し 黄石(こうせき)公(こう)。
嘆息す 此の人去りて、蕭條(しょうじょう)徐泗(じょし)の空しきを。』-#2



經下邳圯橋懷張子房 現代語訳と訳註
(本文) 經下邳圯橋懷張子房 -#1

子房未虎嘯、破產不為家。
滄海得壯士、椎秦博浪沙。』
報韓雖不成、天地皆振動。
潛匿游下邳、豈曰非智勇。』


(下し文) 下邳の圯橋を經て張子房を懷う-#1
子房 未だ虎 嘯せざり、產を破って 家を為さず。
滄海に 壯士を得て、秦を椎(つい)す 博浪沙。
韓に報じて 成らずと雖も、天地 皆 振動せり。
潜匿(せんとく)して 下邳(かひ)に遊ぶ、豈 智勇(ちゆう)に 非ずと 曰わんや。』


(現代語訳)
下邳という地方の圯橋を通りかかってここの出身の張子房を懷(おも)いおこすのである。
張子房はまだ獲物を決めかねた虎がほえているだけで、仇を取ろうとしなかった、それは財産を売り払ってでも家の再興をなしえることをしなかったのだ。
しかし、教えを乞うてから、蒼海君から屈強な若者を譲り得て、博浪抄で秦の始皇帝の行列に鉄椎を投げつけさせた。
韓のためにくわだてた復讐は不成功におわったが、天も地も皆、なりひびくほどの喝采を受けたのだ。
そのため、始皇帝は犯人を捕まえるため、大捜査を繰り広げたので、張子房はひそかに下邳の村に潜伏し勉強したのだ、そしてこれを智略と勇気を備えることといわずにおれようか。


(訳注)
經下邳圯橋懷張子房

下邳という地方の圯橋を通りかかってここの出身の張子房を懷(おも)いおこすのである。
下邳:かひ いまの江蘇省北端の邳県の東にある。○圯橋:いきょう 土橋。○張子房 張良(ちょうりょう、生年未詳― 紀元前186年)は、秦末期から前漢初期の政治家・軍師。字は子房。諡は文成。劉邦に仕えて多くの作戦の立案をし、劉邦の覇業を大きく助けた。蕭何・韓信と共に漢の三傑とされる。劉邦より留(江蘇省徐州市沛県の東南)に領地を授かったので留侯とも呼ばれる。子には嗣子の張不疑と少子の張辟彊がいる。漢の高祖(鋸鰯の参謀として漢の帝国樹立に功績があり、斎何、韓信とともに、創業の表といわれている。のち、大名に封ぜられ、留侯と呼ばれた。張良の先祖は韓の人で、祖父も父も韓国の宰相をつとめた。

(この詩の背景としての逸話のまとめ)
・秦が韓を滅ぼした時、張良はまだ少年であったが、家財を投げ出して暗殺者を求め、秦の始皇帝を襲うと決意した。
・家柄からして、韓のために仇を報いざるを得なかったのである。
・かれは滄海君という異民族の酋長に力強い男を世話してもらう。
・大きなハンマーを作り、秦の始皇帝を博浪沙というところに行幸していたのを狙撃させた。
・狙いは外れて予備の車にあたった。
・始皇帝は大いに怒った。天下に犯人をもとめ、捜索は非常にきびしかった。

・張良は変名して下邳に身をかくしていた。ある日のこと、張良がぶらぶら散歩して下邸の土橋にさしかかると、一人のじいさんがそまつな着物をきて張良のそばに寄ってきた。
・いきなり、自分の靴を橋の下におとし、張良の顔をみて言った。「小僧、靴をとってきてくれ!」張良はびっくりした。
・殴ってやろうかと思ったが、年よりだから、がまんして降りていき靴を拾った。
・じいさんは言った。「わしにはかせろ」張良は是や靴を拾った以上仕方がない。膝まずいて、はかせてやった。
・じいさんは足で受け、笑って立ち去った。張良があっけにとられて後姿を見送っていると、しばらくして引きかえしてきたじいさんが言った。「小僧、教えがいのある奴だ。五日のち、明け方にわしと此所で会おう」
・張良は怪しみながらも「はい」と答えた。五日たって夜明けに張良が行くと、じいさんは先に来ている。
・そして怒って言う。「老人と約束してで遅れるとは何事だ!#!」去りながら言った。
・「五日のち、朝早く会おう」こんどは番鶏がなくころ張良は行った。じいさんはやっぱ。先に来ていた。・また怒って言う。「おくれるとは何事だ!」「五日のち、もっと早く来い」と。
・張良、こんどこそはと、夜中にもならないうちに行った。しばらくするとじいさんがやってきて、はじめてニコニコした。「こうこなくちゃいかん」
・一篇の書をとり出して言った。「これを読めば、王者の師となれる。十年のち、出世る。十三年のち、小僧はわしを済北の穀城山のふもとに見つけるであろう、黄石がつまりわしなんだ」言いおわると、さっと姿をけした。
・夜が明けてその書をよく見ると、太公望の兵書であった。張良はふしぎに思ったが、毎日これを通読した。やがて高祖が兵をあげると手柄を立てたのだ。
・十三年のち、高祖に従って済北を過ぎたとき、張良ははたして黄色の石を見つけたので、とってきてそれをまつったということである。


子房未虎嘯、破產不為家。
張子房はまだ獲物を決めかねた虎がほえているだけで、仇を取ろうとしなかった、それは財産を売り払ってでも家の再興をなしえることをしなかったのだ。
子房 張良。○虎嘯 虎がうそぶく、仕留める獲物を特定しないで空吼えをしていること。義臣が聖主にあって出世し天下に羽振。をきかせること。別に秦の始皇帝が天下に横暴を繰り返した。ここでは、安禄山を暗示させている。○破產 資産を売り払うこと。

滄海得壯士、椎秦博浪沙。』
しかし、無鉄砲にも、蒼海君から屈強な若者を譲り得て、博浪抄で秦の始皇帝の行列に鉄椎を投げつけさせた。
滄海 滄海君。異民族の酋長。○壯士  ○椎 椎(ハンマー)を投げつける。○ 秦の始皇帝。○博浪沙 いまの河南省原陽県(陽武)。開封の近くにある。

報韓雖不成、天地皆振動。
韓のためにくわだてた復讐は不成功におわったが、天も地も皆、なりひびくほどの喝采を受けたのだ。
○報韓 秦に敗れた韓の敵討ち。○天地皆振動 秦の始皇帝の徹底した統治に嫌気を持っていた人々、天下に離散した韓の関係者たちの喝采を浴びたこと。


潛匿游下邳、豈曰非智勇。』
そのため、始皇帝は犯人を捕まえるため、大捜査を繰り広げたので、張子房はひそかに下邳の村に潜伏し勉強したのだ、そしてこれを智略と勇気を備えることといわずにおれようか。
潛匿 ひそかに潜伏しかくれる。○游 勉強する。○智勇 智略と勇気を備えること。
張良が下邳に潜伏していることと、、李白、張旭らが逃避しているのを重ねている。

blogram投票ボタン

毎日それぞれ一首(長詩の場合一部分割掲載)kanbuniinkai紀 頌之の漢詩3ブログ
05rihakushi350

李白詩350首kanbuniinkai紀頌之のブログ


700Toho shi

kanbuniinkai11の頌之漢詩 杜甫詩700首


800tousouSenshu
kanbuniinkai10 頌之の漢詩 唐宋詩人選集 Ⅰ李商隠150首



burogutitl770

http://kanshi100x100.blog.fc2.com/

唐宋詩 
(Ⅰ李商隠Ⅱ韓退之(韓愈))
李白詩INDEX02
李商隠INDEX02
杜甫詩INDEX02

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
livedoor 天気
プロフィール

紀 頌之

Twitter プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ