漢文委員会kanbuniinkai 紀頌之のブログ 女性詩、漢詩・建安六朝・唐詩・李白詩 1000首:李白集校注に基づき時系列に訳注解説

李白の詩を紹介。青年期の放浪時代。朝廷に上がった時期。失意して、再び放浪。李白の安史の乱。再び長江を下る。そして臨終の歌。李白1000という意味は、目安として1000首以上掲載し、その後、系統別、時系列に整理するということ。 古詩、謝霊運、三曹の詩は既掲載済。女性詩。六朝詩。文選、玉臺新詠など、李白詩に影響を与えた六朝詩のおもなものは既掲載している2015.7月から李白を再掲載開始、(掲載約3~4年の予定)。作品の作時期との関係なく掲載漏れの作品も掲載するつもり。李白詩は、時期設定は大まかにとらえる必要があるので、従来の整理と異なる場合もある。現在400首以上、掲載した。今、李白詩全詩訳注掲載中。

解説

▼絶句・律詩など短詩をだけ読んでいたのではその詩人の良さは分からないもの。▼長詩、シリーズを割席しては理解は深まらない。▼漢詩は、諸々の決まりで作られている。日本人が読む漢詩の良さはそういう決まり事ではない中国人の自然に対する、人に対する、生きていくことに対する、愛することに対する理想を述べているのをくみ取ることにあると思う。▼詩人の長詩の中にその詩人の性格、技量が表れる。▼李白詩からよこみちにそれているが、途中で孟浩然を45首程度(掲載済)、謝霊運を80首程度(掲載済み)。そして、女性古詩。六朝、有名な賦、その後、李白詩全詩訳注を約4~5年かけて掲載する予定で整理している。
その後ブログ掲載予定順は、王維、白居易、の順で掲載予定。▼このほか同時に、Ⅲ杜甫詩のブログ3年の予定http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-tohoshi/、唐宋詩人のブログ(Ⅱ李商隠、韓愈グループ。)も掲載中である。http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-rihakujoseishi/,Ⅴ晩唐五代宋詞・花間集・玉臺新詠http://blog.livedoor.jp/kanbuniinkai10-godaisoui/▼また漢詩理解のためにHPもいくつかサイトがある。≪ kanbuniinkai ≫[検索]で、「漢詩・唐詩」理解を深めるものになっている。
◎漢文委員会のHP http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/profile1.html
Author:漢文委員会 紀 頌之です。
大病を患い大手術の結果、半年ぶりに復帰しました。心機一転、ブログを開始します。(11/1)
ずいぶん回復してきました。(12/10)
訪問ありがとうございます。いつもありがとうございます。
リンクはフリーです。報告、承諾は無用です。
ただ、コメント頂いたても、こちらからの返礼対応ができません。というのも、
毎日、6 BLOG,20000字以上活字にしているからです。
漢詩、唐詩は、日本の詩人に大きな影響を残しました。
だからこそ、漢詩をできるだけ正確に、出来るだけ日本人の感覚で、解釈して,紹介しています。
体の続く限り、広げ、深めていきたいと思っています。掲載文について、いまのところ、すべて自由に使ってもらって結構ですが、節度あるものにして下さい。
どうぞよろしくお願いします。

助詞の整理と解説(2)あえて 敢、肯

助詞の整理と解説(2)あえて 敢、肯

2



あえて

カン

コウ

 


2  敢 肯  あえて  カン、コウ   

敢は ……する勇気がある、遠慮なしにする。 肯は ……する気がある。


近聞下詔喧都邑,肯使騏驎地上行。」(近ろ聞く詔を下して都邑に喧しと、肯て麒麟をして地上に行かしめんや

驄馬行 杜甫kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 誠実な詩人杜甫特集 102


五言絶句 『答武陵田太守』  王昌齡
 仗劍行千里,微軀一言。
 曾爲大梁客,不負信陵恩。

(「武陵の田太守に答ふ」劍に仗(よ)りて 千里を行き,微軀(びく) 敢(あえ)て感ず。曾て 大梁の客と爲りたれば,信陵の恩に負(そむ)かず。)

客至』  杜甫 七言律詩
舍南舍北皆春水、但見群鷗日日來。
花徑不曾緣客掃、篷門今始為君開。
盤飧市遠無兼味、樽酒家貧只舊醅。
與鄰翁相對飲、隔籬呼取盡餘杯。

(舎南(しゃなん)舎北(しゃほく)皆 春水(しゅんすい)、但見る群鷗の日日に來るを。花径 曾(かつ)て客に縁って掃(はら)わず、篷門(ほうもん)今始めて君が為に開く。盤飧(ばんそん)市 遠くして兼味(けんみ)無く、樽酒(そんしゅ) 家貧にして只だ旧醅(きゅうばい)あるのみ
肯(あえ)て隣翁と相(あい)対して飲まんや、籬(まがき)を隔てて呼び取りて余杯(よはい)を尽さしめん。)



老將行』王維 七言古詩 一部
少年十五二十時、步行奪取胡馬騎。
射殺山中白額虎、肯數鄴下黃鬚兒。
 ・・・・・・・・・・・・
(少年 十五、二十の時、步行 胡馬を奪取して騎る。射殺す 山中 白額の虎、肯て數えんや鄴下(ぎょうか)黃鬚(こうしゅ)の兒。




上に疑問の助字がつくと反語となる。
安くんぞ敢て

和虜猶懷惠,防邊詎敢。」(虜に和するすら猶 恵に懐(な)つく、辺を防ぐに 詎(なん)ぞ敢て驚かさんや送郭中丞兼太樸卿充隴右節度使三十韻 #2 杜甫 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 189


誰か肯で」。しかし

誰肯艱難際,豁達露心肝。」(誰か 肯(あえ)て 艱難(かんなん)の際、豁達(かつたつ) 心肝(しんかん)を露(あら)わさん。) 

彭衙行 #4 杜甫 135 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 132




但使閭閻還揖讓,敢論松竹久荒蕪。」(但だ開閉をして還た揖譲せしめば、敢て論ぜんや松竹の久しく荒蕪するを)『將赴成都草堂途中有作,先寄嚴鄭公 五首 其一


問之不肯道姓名,但道困苦乞為奴。」(之に問えども 肯て 姓名を這わず、但だ 這う困苦なり乞う奴と為らんと。)『哀王孫』
不敢長語臨交衢,且為王孫立斯須。」(敢て 長話して 交衝に臨まず、且つ王孫の為めに立つこと斯須。) 

哀王孫 杜甫140  kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ 杜甫特集700- 140-#1

助詞の整理と解説(1)相 あい

助詞の整理と解説(1)相 あい

1


あい

ソウ

ショウ

 


1  相  あい  ソウ  ショウ  

・動詞としては、たすける、みるの義、

送魯郡劉長史遷弘農長史  李白 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白187

翰林讀書言懷呈集賢諸學士 李白 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白176 と玄宗(8



・名詞としては、宰相、人相の義のときは去声(灰)。

送内尋廬山女道士李騰空二首 其二 李白 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350 -231


・助字としては平声。助字(副詞)の古義は互いにの意味。


『望天門山』李白          
天門中断楚江開、碧水東流至北回。
両岸青山対出、孤帆一片日返来。

(天門山を望む)
天門(てんもん)  中断して楚江(そこう)開き、碧水(へきすい)  東流して北に至りて回(めぐ)る。
両岸の青山(せいざん)  相対して出で、孤帆(こはん)  一片  日返(にっぺん)より来(きた)る)。


『回郷偶書』 賀知章
少小離家老大回、郷音無改鬢毛衰。
児童相見不識、笑問客従何処來 。

(郷に回りて偶たまがい書す)
少小家を離れて 老大にして回る、郷音改まる無く 鬢毛衰す。
児童相い見て相い識らず、笑って問う 客は何処より来たると

しかし最も多いのは、或る動詞が単に相手または対象があることを示す接頭辞であることを示す機能である。「児童相見て相識らず 不相識」(賀知章、郷に回りて偶たま書す、七絶)。この場合の相手は作者白身。「相追送す」のごとく、二字の動詞の上にもつく。「更(こも)ごも相誚(そし)る」「逓(たが)いに相祖述(そじゅつ)す」のように、更相・逓相(かわるがわる、じゃんじゅんに)と、相の上にまた副詞がつくこともあ


「羌村 三首 其一」
崢嶸赤雲西,日腳下平地。
柴門鳥雀噪,歸客千裡至。』
妻孥怪我在,驚定還拭淚。
世亂遭飄蕩,生還偶然遂。
鄰人滿牆頭,感嘆亦歔欷。
夜闌更秉燭,對如夢寐。』

崢嶸(そうこう)たる赤雲(せきうん)の西、日脚(にっきゃく) 平地に下る。
柴門(さいもん)  鳥雀(ちょうじゃく)噪(さわ)ぎ、帰客(きかく)    千里より至る。
妻孥(さいど)は我(われ)の在るを怪しみ、驚き定まって還(ま)た涙を拭う。
世乱れて飄蕩(ひょうとう)に遭(あ)い、生還  偶然に遂げたり。
隣人  牆頭(しょうとう)に満ち、感歎して亦(ま)た歔欷(きょき)す。
夜(よる)闌(たけなわ)にして更に燭(しょく)を秉(と)り、相対(あいたい)すれば夢寐(むび)の如し。

l  峴山送張去非遊巴東(峴山亭送朱大) 孟浩然 李白「峴山懐古」関連 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350 -310

l  還至端駅前与高六別処 張説 李白「峴山懐古」関連 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集350 -308

l  答友人贈烏紗帽 李白Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集350 -293

l  贈從弟南平太守之遙二首 #1 李白Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集350 -289

l  尋高鳳石門山中元丹丘 李白 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350 -234

l  送内尋廬山女道士李騰空二首 其一 李白 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350 -230

l  金陵酒肆留別 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350- 225

l  玩月金陵城西孫楚酒樓達曙歌吹、日晚乘醉著紫綺裘烏紗巾與酒客數人棹歌、秦淮往石頭訪崔四侍御  李白 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白特集350 -222

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
livedoor 天気
プロフィール

紀 頌之

Twitter プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ