2005年12月04日

「株式成功の基礎 10億円儲けた人たち/林輝太郎」


「株式成功の基礎 10億円儲けた人たち/林輝太郎」



内容(「MARC」データベースより)
株式で儲けるかそうでないかは、つまらないと思われる「単純な基礎」をやるかやらないかにかかっている-。著者自身の経験をもとに、株式で成功するためになぜ基礎をすべきなのかを繰り返し説く。

第1部 成功者は多いのに
・儲け方とは別か
・質が違ってくる
・どこが違うのか
・グラフでわかること
・ほか
第2部 私の五〇年の経験
・集団売買
・仕切り売買
・絶対の禁止事項
・基礎固めは続く
・理論では納得しても
・ほか
第3部 テクニカルズと上手下手
・ツキは存在しない
・相場は確立ではない
・相場は商売と同じ
・相場とゲーム
・ほか
第4部 相場のわざ
・売買のリスク
・確率と可能性
・技術の入り口
・スムーズな売買
・ほか

---

林輝太郎が、相場に注ぎ込んだ自分の人生を振り返って、その時点でのレベルに応じた考え方、成功と間違いの原因などを記した本です。売買の技術の本というよりも、相場師としての履歴書といった方が近いかもしれません。

これから日本株式の売買を始める人が、相場に対する心構え、相場を相手にどのように考え、どのように成長していけば、「道を踏み外さないで最短距離で資産を築く」ことができるのかを学ぶ教科書として最適です。

Posted by kanconsulting at 13:36│TrackBack(0)

「国家破産・財政破綻に勝つ資産運用」のトップページに戻る





国家破綻研究ブログ
国家破綻研究ページ
国家破産・財政破綻に勝つ資産運用

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kanconsulting/50286067