2006年05月25日

「日本が自滅する日―官制経済体制が国民のお金を食い尽くす/石井紘基」


「日本が自滅する日―官制経済体制が国民のお金を食い尽くす/石井紘基」



出版社/著者からの内容紹介
小泉首相が進めている構造改革で本当に日本は再生できるのか。7年も前から構造改革の必要性を直言してきた衆議院議員である著者が調べあげた事実を基に検証すると――。日本の「経済」は極端にいえば、国と地方と合せて、国民の税金と貯金、年金、保険積立金など350兆円を上から流し込んで消費しているだけのものだ。つまり、市場特有の拡大再生産機能によって生み出される果実はないに等しい。“市場”が死亡状態となり、借金が借金を呼ぶ財政破綻構造に陥っている。積もり積もったほんとうの借金額は1000兆円を超えている。日本再生の鍵は国家体制を官制経済から市場経済に移行させることである――。小泉首相は構造改革を経済政策や金融政策と混同していると批判し、著者渾身の真の構造改革のための25のプログラムを提示する。日本を破産させる利権システムの全貌を踏まえた提言には、著者の日本再生への思いがこもっている。

内容(「MARC」データベースより)
これが日本を破産させる利権システムの全貌だ! 7年も前から構造改革の必要性を直言してきた著者が調べあげた事実を明らかにし、日本再生のための25のプログラムを公開する。

---

日本が「資本主義ではなく、社会主義的な計画経済」の国であることを明らかにした書籍です。著者は国会議員でしたが、2002年に刺殺されています。この事件には不審な点が多く、このような事実を公表されることを嫌った勢力による計画的な暗殺だったとする声もあるほどです。

【無料レポート配布について】
「無料レポート〜海外銀行・ヘッジファンド・海外証券会社・FX」は、5/20より配布を行います。ご希望の方は、メインページのリンクからご請求ください。

国家破綻研究ブログ
国家破綻研究ページ


「国家破産・財政破綻に勝つ資産運用」のトップページに戻る





国家破綻研究ブログ
国家破綻研究ページ
国家破産・財政破綻に勝つ資産運用

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kanconsulting/50478814
この記事へのコメント
この作者って刺殺されちゃったんですよね・・・
よっぽど権力者にとって不都合な事が書いてあったのでしょう
Posted by ぱん at 2012年08月16日 20:27