2006年05月26日

「売られ続ける日本、買い漁るアメリカ―米国の対日改造プログラムと消える未来/本山美彦」


「売られ続ける日本、買い漁るアメリカ―米国の対日改造プログラムと消える未来/本山美彦」



内容(「BOOK」データベースより)
日本市場「完全開放」のゴールを2010年と決めた米国は、肉や野菜を始めとした食品、電気通信、金融、建築、保険、法律、学校、証券市場など、ありとあらゆる社会構造の「最終改造」に入った。開放という美辞麗句の下、痛みを伴う構造改革の果てに我々日本人がたどり着くのは、これまで経験したことのない想像を絶する「下流社会」と「植民国家」の誕生である。『年次改革要望書』『共同現状報告書』『外国貿易障壁報告書』『日米投資イニシアティブ報告書』『首脳への報告書』。日本改造を進める五つのレポートとは。

内容(「MARC」データベースより)
日本市場「完全開放」のゴールを2010年と決めた米国は、肉や野菜を始めとした食品、電気通信、証券市場など、ありとあらゆる社会構造の「最終改造」に入った。痛みを伴う構造改革の果てに、我々日本人がたどり着くのは…。


【無料レポート配布について】
「無料レポート〜海外銀行・ヘッジファンド・海外証券会社・FX」は、5/20より配布を行います。ご希望の方は、メインページのリンクからご請求ください。

国家破綻研究ブログ
国家破綻研究ページ


「国家破産・財政破綻に勝つ資産運用」のトップページに戻る





国家破綻研究ブログ
国家破綻研究ページ
国家破産・財政破綻に勝つ資産運用

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kanconsulting/50478816