2006年05月27日

「国富消尽―対米隷従の果てに/吉川元忠」


「国富消尽―対米隷従の果てに/吉川元忠」



出版社 / 著者からの内容紹介
2005年は、日本の政治、経済、社会を揺るがすようなニュースが連続した激動の年だった。ライブドアによるニッポン放送株大量取得をきっかけとしたホリエモン対フジテレビの攻防、「三角合併」の一年間凍結ならびにM&A防衛策の導入に対する国内外からの逆襲、「郵政民営化」ならびに総選挙での小泉総理の地滑り的勝利……。これらの出来事は一見バラバラに起きた個別の事件のように見えるが、その背後には、ある大きな流れがあるのではないか。
債権国でありながら米国債を買い支え、ドル防衛役を担い続けてきた日本の「マネー敗戦」構造を明らかにした吉川元忠氏。話題作『拒否できない日本』において、『年次改革要望書』という隠微なメカニズムによる米国の日本改造を世に問うた関岡英之氏。その両者が、昨今の「改革」ブームに酔い痴れる日本国民に警鐘を鳴らす。
「国富防衛」「対米自尊」の思想を最期まで説き続けた孤高の碩学・吉川元忠氏の遺作。

内容(「BOOK」データベースより)
時流に阿らず、毀誉を顧みず、信念を曲げず、「国富防衛」「対米自尊」の思想を最後まで説き続けた孤高の碩学・吉川元忠氏の遺作!『マネー敗戦』『拒否できない日本』に続く警世の書。


「国家破産・財政破綻に勝つ資産運用」のトップページに戻る





国家破綻研究ブログ
国家破綻研究ページ
国家破産・財政破綻に勝つ資産運用

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kanconsulting/50478817
この記事へのトラックバック
「国富防衛」「対米自尊」の思想を最後まで説き続けた孤高の碩学であり、『マネー敗戦』『拒否できない日本』で知られる、吉岡元忠の遺作「国富消尽―対米隷従の果てに/吉川元忠・関岡英之」から引用して、バブル崩壊の原因を探ります。 なお、共著者である関岡英之は、...
バブル崩壊の見破り方(2) 吉岡元忠・関岡英之が語る1990年の株価崩壊の口火【国家破綻研究ブログ】at 2007年02月01日 23:52
「国富防衛」「対米自尊」の思想を最後まで説き続けた孤高の碩学であり、『マネー敗戦』『拒否できない日本』で知られる、吉岡元忠の遺作「国富消尽―対米隷従の果てに/吉川元忠・関岡英之」から引用して、バブル崩壊の原因を探ります。 なお、共著者である関岡英之は、...
バブル崩壊の見破り方(2) 吉岡元忠・関岡英之が語る1990年の株価崩壊の口火【国家破綻研究ブログ】at 2007年02月01日 23:53
これまでの記事で、「国富消尽―対米隷従の果てに/吉川元忠・関岡英之」や、「アメリカの日本改造計画/関岡英之」を紹介しました。 その中で、『証券・金融関係者の間では、1990年の日本の株価崩壊は、アメリカ系の大手証券会社が大規模なデリバティブを仕掛けたためで...
アメリカ民主党と共和党 日本経済クラッシュによる米国債の棒引き 「二つのアメリカの世界戦略/深田匠」【国家破綻研究ブログ】at 2007年02月26日 00:40