2006年05月26日

「特別会計への道案内―387兆円のカラクリ/松浦武志」


「特別会計への道案内―387兆円のカラクリ/松浦武志」



内容(「BOOK」データベースより)
特別会計は歳出合計で一般会計の約4.7倍の387兆円に達し、1960年に比べると約109倍の規模に膨らんでいる。また、公務員の定員にも逆転現象が生じており、平成15年3月時点では、一般会計約53万人に対して特別会計は約56万人となっていた。特別会計が実質的な予算の本体なのに、文献や報道、国会論戦のいずれを見ても、その全体像を知りうる情報が絶対的に不足している。本書はこの「特別会計」を正面から取り上げ、鳥瞰することを試みた唯一の概説書である。

内容(「MARC」データベースより)
歳出合計で一般会計の約4.7倍の387兆円に達する特別会計。実質的な予算の本体なのに全体像を知りうる情報が絶対的に不足している日本国予算のブラックボックス、特別会計を正面から取り上げ鳥瞰した概説書。


【無料レポート配布について】
「無料レポート〜海外銀行・ヘッジファンド・海外証券会社・FX」は、5/20より配布を行います。ご希望の方は、メインページのリンクからご請求ください。

国家破綻研究ブログ
国家破綻研究ページ


「国家破産・財政破綻に勝つ資産運用」のトップページに戻る





国家破綻研究ブログ
国家破綻研究ページ
国家破産・財政破綻に勝つ資産運用

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kanconsulting/50478820