2007年02月01日

「奪われる日本/関岡英之」


「奪われる日本/関岡英之」



出版社 / 著者からの内容紹介
「年次改革要望書」に日本人は志を喪失する。米国に蹂躙される医療と保険制度。暴言を吐く竹中大臣。姉歯ショックに隠された規制緩和の無定見。米政府から日本政府への内政干渉・日本改造計画書に抗議する!

内容(「BOOK」データベースより)
いま、危機にさらされる日本人の心とからだ、小馬鹿にされる礼節と思いやり。世界に類を見ない我が国固有の価値観。

内容(「MARC」データベースより)
いま、危機にさらされる日本人の心とからだ。礼節やおもいやり等の世界に類を見ない我が国固有の価値観が、アメリカに蹂躙されている! 日本の現状に鋭く疑問を投げかけ、真の国益を擁護するためにはどうすべきかを探る。


「奪われる日本/関岡英之」


---

国家破綻研究ブログ
国家財政破綻研究ページ

無料レポートの配布は停止しています。再配布の予定はありません。

「国家破産・財政破綻に勝つ資産運用」のトップページに戻る





国家破綻研究ブログ
国家破綻研究ページ
国家破産・財政破綻に勝つ資産運用

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kanconsulting/50623546
この記事へのトラックバック
「国富防衛」「対米自尊」の思想を最後まで説き続けた孤高の碩学であり、『マネー敗戦』『拒否できない日本』で知られる、吉岡元忠の遺作「国富消尽―対米隷従の果てに/吉川元忠・関岡英之」から引用して、バブル崩壊の原因を探ります。 なお、共著者である関岡英之は、...
バブル崩壊の見破り方(2) 吉岡元忠・関岡英之が語る1990年の株価崩壊の口火【国家破綻研究ブログ】at 2007年02月01日 23:49