2007年02月01日

「拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる/関岡英之」


「拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる/関岡英之」



出版社/著者からの内容紹介
この国は今やアメリカ政府の意のままに変えられている。日本が様々な分野でアメリカに好都合な社会に変えられてきた、近年の不可解な日米関係のメカニズムを、米国の公文書に即して描く。

内容(「BOOK」データベースより)
建築基準法の改正や半世紀ぶりの商法大改正、公正取引委員会の規制強化、弁護士業の自由化や様々な司法改革…。これらはすべてアメリカ政府が彼らの国益のために日本政府に要求して実現させたもので、アメリカの公文書には実に率直にそう明記されている。近年の日米関係のこの不可解なメカニズムのルーツを探り、様々な分野で日本がアメリカに都合のいい社会に変えられて来た経緯を、アメリカの公文書に則して明快平易に描く。


「拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる/関岡英之」


---

国家破綻研究ブログ
国家財政破綻研究ページ

無料レポートの配布は停止しています。再配布の予定はありません。

「国家破産・財政破綻に勝つ資産運用」のトップページに戻る





国家破綻研究ブログ
国家破綻研究ページ
国家破産・財政破綻に勝つ資産運用

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kanconsulting/50623547
この記事へのトラックバック
「国富防衛」「対米自尊」の思想を最後まで説き続けた孤高の碩学であり、『マネー敗戦』『拒否できない日本』で知られる、吉岡元忠の遺作「国富消尽―対米隷従の果てに/吉川元忠・関岡英之」から引用して、バブル崩壊の原因を探ります。 なお、共著者である関岡英之は、...
バブル崩壊の見破り方(2) 吉岡元忠・関岡英之が語る1990年の株価崩壊の口火【国家破綻研究ブログ】at 2007年02月01日 23:49
これまでの記事で、「国富消尽―対米隷従の果てに/吉川元忠・関岡英之」や、「アメリカの日本改造計画/関岡英之」を紹介しました。 その中で、『証券・金融関係者の間では、1990年の日本の株価崩壊は、アメリカ系の大手証券会社が大規模なデリバティブを仕掛けたためで...
「日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略/深田匠」【国家破綻研究ブログ】at 2007年02月26日 00:35
この記事へのコメント
初めまして。

私、株式会社トップスピードの又吉と申します。
是非、御サイト様と相互リンクさせて頂きたくメールさせて頂きました。

当社は「為替ナビ」という外国為替取引に関する情報サイトを運営しております。
本日付で下記のページに掲載いたしましたので、ご確認下さい。

http://www.kawasenavi.com/links123.php
もし宜しければ相互リンクを行って頂けないでしょうか?
リンクにつきましては下記を参考にお願い致します。

サイト名:為替ナビ
URL:http://www.kawasenavi.com/
サイト紹介文:為替に関する情報専門サイト。為替相場に関わるニュース、独自の分析をリアルタイムで更新。
掲載後、ご一報頂けたら幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。

返信の連絡は下記アドレスまで宜しくお願い致します。
matayosi@kawasenavi.com
Posted by 為替ナビ at 2007年03月12日 10:35