2007年04月09日

投資王 バーチャルファンド運用報告 4/8

バーチャルファンドの運用報告を再開します。

昨年9月までの運用成績のまとめは、「1年間の運用結果 カレンシーファンド・エマージングファンド」を参照してください。

現在運用中のファンドは4本です。

カレンシーファンド   +55.0% (前回+50.7%) 運用開始2005/09
エマージングファンド +48.7% (前回+43.6%) 運用開始2005/09
日本株FAIファンド  + 1.5% (前回+ 1.4%) 運用開始2006/07
コモディティファンド  + 3.9% (前回+ 3.5%) 運用開始2006/07 

期待リターン (高)エマージング>日本株FAI>カレンシー>コモディティ(低)
想定リスク  (高)エマージング>日本株FAI>コモディティ>カレンシー(低)
運用難易度  (難)コモディティ>日本株FAI>エマージング>カレンシー(易)

---

KANカレンシーファンド  運用円建て  準備金100万円

FX(為替証拠金取引)をされるなら、「無料レポート(FX・外国為替保証金取引)」をご請求ください(配布停止中)。

ロングポジション
AUD 10000  83.91(9/02) 
AUD 10000  83.29(3/27) 
現在のレバレッジ 約1.6

現在のレート
AUD 97.30-97.36
GBP 234.29-234.38

ポジションから得られるスワップは、現在以下のとおりです。
AUD 10000 149円/日
GBP 10000 304円/日

予想される年間スワップ収益 約14〜18万円(準備金に対して約14〜18%/年)

【今週末の損益】

含み損益:スワップ円換算 決済損益
     127250円    397250円 

確定損益:549880円

騰落率 55.0%

【今後の方針】

相変わらず、ポジションの操作をしていません。相場で生き残るために、意図的に手持ち資金を余らせているのです。易しいところを易しく取ることを主体にしていきます。

---

KANエマージングファンド 運用ドル建て 準備金10000USドル

海外インデックス(海外ETF)投資をされるなら、「無料レポート(海外投資・ETF投資)」をご請求ください(配布停止中)。

海外インデックス投資は、個別株のリスクが事実上なく、ゆったりとした投資を行うことが出来ます。余裕資金を持っての投資をお勧めします。

国別のETF・カントリーファンドとして、BRICsからはロシアファンドETF、チャイナETF、ブラジルETF、BRICs以外からは韓国ETF、それ以外に、エマージングマーケットETF、エネルギーインデックスETFに投資しています。

対象ETFの値動き・プレミアム(ディスカウント)は、トップページ左側のチャート(自動更新)を参照ください。

【今週末の損益】

名称 保有数 単価 終値 評価額 損益  変動率
エマージング 120   17.30  16.88  17.41  2089.20  13.20  0.6%
韓国     25   35.65  50.56  52.42  1310.50  419.25  47.0%
ブラジル   25   39.20  49.22  51.25  2818.75  871.25  44.7%
中国     20   57.65  102.43  107.00  3638.00  1519.00  71.7%
ロシア    25   40.00  70.41  73.10  1827.50  827.50  82.8%
エネルギー  18   58.25  60.25  61.75  2346.50  277.60  13.4%

銘柄平均の変動率 38.9%
余剰資金率    8.4%
ファンド騰落率 48.7%

【今後の方針】

引き続き、エマージング市場は、回復トレンドにあるように思います。

保有ETF・ファンドは、戻りで少し売り、余裕資金を回復させる予定です。

---

F本株式FAIファンド 運用円建て 準備金100万円 運用期間:半年間

FAI投資法・FAIクラブは、林投資研究所の登録商標です。このFAIファンドは、FAI投資法の手法を適用したものですが、運用の巧拙はkanconsultingの責任によるものです。

このFAIファンドは、「6ヶ月のうねりを見る」ことをひとつのテーマとして運用します。

FAI銘柄は公表できませんので、匿名といたします。また、買い値段も伏せます。

【今週末の損益】ウリ−カイの単位は1000株です

   ウリ−カイ 週末値洗い(千円)

A和  0− 1 △1
B光  0− 1 ▲2
C木  0− 1 △38
D同  0− 1 ▲22

合計       △15
余裕資金率 28%
ファンド騰落率 +1.5%

今週の売買はありませんでした。「資金の2割以上は常に余裕を持つ」ですので、当分買いはありません。

時間がかかるかも知れませんが、70〜80円の利幅を取ろう(FAIのルール)と思っています。ゆっくりと待ちたいと思います。

---

ぃ妝咼灰皀妊ティETFファンド 運用ドル建て 準備金10000USドル

海外インデックス(海外ETF)投資をされるなら、「無料レポート(海外投資・ETF投資)」をご請求ください(配布停止中)。

このファンドは、現物(コモディティ)のETFの値動きに投資する、インフレ対応型ファンドです。ゴールドETF、シルバーETF、コモディティETF、原油ETFに投資します。

【今週末の損益】

名称 保有数 単価 終値 評価額 損益  変動率
ゴールド 30   64.38  66.86  2005.80  195.60  10.8%
シルバー 10   109.69  136.60  1366.00  269.10  24.5%
コモディティ 40   26.26  25.36  1014.40  -36.00  -3.4%
原油 15   54.39  52.01  780.15  -35.70  -4.4%

銘柄平均の変動率 8.2%
余剰資金率    52.3%
ファンド騰落率 3.9%

【今後の方針】


シルバーの値動きは大きいので、ポジションは少なめにセーブしておきます。
保有ETFは、当分放置します。値動きを見ながら、押し目で分割して買い、吹き上げれば分割して売ります。

---

※ご注意
・これらのバーチャルファンドは、文字通り、仮想のファンドです。
・投資を受け付けるわけではありません。
・トレース(真似をして運用すること)はご自由に。
・投資は自己責任でお願いします。



「国家破産・財政破綻に勝つ資産運用」のトップページに戻る





国家破綻研究ブログ
国家破綻研究ページ
国家破産・財政破綻に勝つ資産運用

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kanconsulting/50650783
この記事へのトラックバック
移動平均を活用するテクニカル分析の種類はたくさんありますがその中でも一番シンプルで効果があるのが移動平均です。私は今までいろんな分析をしてきました。結局、FX(外国為替証拠金取引)においてもシンプルが一番だったんです。移動平均には単純移動平均=MA と指数...
移動平均を活用する【外国為替究極奥義~爆発力1000%~】at 2007年04月11日 19:55