September 27, 2015

高知サウスブリーズホテル 3

高知2泊目。
繁華街から少しだけ離れた場所にあるお宿。
12~14高知旅 (186)
高知サウスブリーズホテル
お部屋からの朝日がとっても綺麗でした。(撮影:オット)
本館と新館があるコチラのホテル。
本館にはウォッシュレットがないらしいということで、新館を予約。
12~14高知旅 (158)
清潔感のあるお部屋。
テレビはBSも映ります。
12~14高知旅 (159)
部屋にちゃんとしたドライヤーが置いてあるのがうれしい。
12~14高知旅 (161)
お茶セットも完備。
高知は、お茶飲み放題?。コチラのお宿もティーパックが人数分以上おいてありました。
12~14高知旅 (160)
冷蔵庫は空。
残念ながら、チェックイン時は電源が入っていなかった・・・。
使う方はすぐに入れておきましょう。
コチラのお宿はコンビニへの道のりが遠い。(徒歩5分程度歩かなくてはなりません・・・。)
チェックイン前に買ってくるか、館内の自販機を使いましょう。
12~14高知旅 (162)
水回りも広めの造り。
が、アメニティーは歯ブラシのみ。
経費節減なのか、アメニティーはすべてフロント渡しなので、
必要な場合はいちいち取りに行かなくてはなりません・・・。

写真が撮れなかったのですが、大浴場も完備。
が、結構狭いので3人入ればギリギリの広さ。
コチラには、化粧水などの基礎化粧品も完備。

ちなみに、女性大浴場へは鍵がないとはいれません。
が・・・チェックイン時には説明なし。当然鍵の貸し出しもなし。
部屋に入り、手渡された紙を眺めてみたら、
「大浴場の鍵はフロントに取に来るように!」とのメッセージがっΣ( ̄ロ ̄|||)。

なんでもかんでも客がわざわざフロントに行かなくてはならないのは、ちょっとどうなの・・・?。
大浴場の鍵くらい、チェックイン時に渡してもいいと思うのですが・・・。

12~14高知旅 (187)
朝食はバイキングで600円でした。
近くには、向かいのホテル日航くらいしかたべるところがありません。
正直、食べる物があまりない・・・印象。
まぁ、600円ですから・・・。
珈琲はありますっ。

事前調査でホテル2Fの居酒屋がまぁまぁの評判ということだったので、2次会に行ってみました。
12~14高知旅 (177)12~14高知旅 (178)
高知に来て、他の酒ばかりに心惹かれ、一度も飲んでいなかった酔鯨をついにいただく。
と思ったら、前夜に飲んでいたらしい(汗)。←記憶なし・・・。証拠写真が残っていて発覚Σヾ( ̄0 ̄;ノ。
お通しは揚げ雲丹豆腐。←美味しかった。
12~14高知旅 (181)12~14高知旅 (179)
ホテルのエレベータ内に貼ってあったカツオの揚げたたき(写真左)。
お腹が空いていたら美味しかったのかもしれない・・・。
ちょっと油がっ・・・。
ノーマルカツオのたたき(写真右)。
こちらも・・・ん〜〜〜〜っ。
東京でも食べられる味でした。

【感想】
繁華街から少し離れているとはいえ、ひろめ市場くらいまでなら全然余裕で歩けます。
ホテル近くまで、ず〜っとアーケード街になっているのが歩く距離を感じさせないのかもしれません。
静かな住宅街にあるホテルで、空港からのバスがすぐ近くに止まります。(はりまや橋観光バスターミナル)
(ちなみに降りた場所から空港への乗車はできません・・・。駅前orデンテツターミナル前or菜園場前停留所となります。)
滞在中は、あまり不便は感じませんでした。

【観光プチ情報】
高知市内を観光するのに便利なもの。
その 龍馬パスポート
12~14高知旅 (266)
高知空港の総合案内所(JAL側)で配布している龍馬パスポート申請パンフをgetしましょう。
入場料割引などの恩恵を受けられる龍馬パスポートは1人1冊ずつ必要。
なので、パンフも人数分getする必要があります。
申請書にまずは1冊につき3個スタンプをためなくてはなりません。
宿泊施設は1度に2つスタンプが押印されるので、チェックイン時に2個スタンプをもらって、残りの1個はどこかの施設で・・・という形になろうかと思います。
宿泊施設によって、人数分2つずつ押してくれるところもあれば、1部屋につき2つスタンプを押す施設もあり、まちまち。
申請書に3個スタンプがたまれば、高知駅前のとさてらすで写真の青いパスポートに交換してくれます。
このパスポートを持っていれば、多くの施設で入場料がかなり割引になる&スタンプが押印されるので記念にもなります。
12~14高知旅 (265)

こんな感じで押印していただき、楽しむことができました。

その◆
12~14高知旅 (188)
MY遊バス
ワタクシ達は、デンテツターミナルにて乗車券を購入&乗車。
はりまや橋観光バスターミナルからも乗車できるっポイ事前情報があったのですが、実際に行ってみたら乗車できる本数がかなり少ないです・・・。今回は行ってみたら乗りたい時間帯の乗車ができなかったので、慌ててデンテツターミナルまで移動しました・・・(汗)。

1日券1000円で、MY遊バス乗り放題&市電(均一区間)乗り放題&路線バスの桂浜線の乗車が1回に限り無料。
市電は均一区間だけど、観光で行く分には、均一区間を出る必要がほぼ無いと思われます。
さらに、チケットを提示すると、観光施設の入場料が割引になったりします。(しかも、翌日までの2日間)
桂浜に往復するだけで元が取れちゃう素敵なチケットなのです。
で・・・駅前で地元?のおっちゃんから聞いた情報によると、MY遊バスの本数は少ないので、
桂浜へはこのMY遊バスで行って、帰りは路線バスで帰っておいで〜とのこと。
なるほど。なぜに路線バスが1回無料なのかと疑問に思っていたのだけど、そういうことだったのね・・・。



ランキングに参加していています

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kandatono/1832732 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

絵文字
 
星  顔