パインリッジリゾート神立日記

パインリッジリゾート神立レポート。

夕立のあと

肉まん山&虹昨日の関東地方は寒気の影響で激しい雷雨の地域が多かったようですね。
おらが湯沢も昨日の夕方は落雷2、3発の“プチ雷雨”でした(笑

神立では夏になると朝は快晴、昼過ぎから積乱雲が山の尾根上にモコモコと出現し、その後雷を伴った激しい夕立が降り、暗くなる頃には止んで気温がぐっと下がる。という天気が圧倒的に多くなります。夏の湯沢が朝夕過ごしやすいのはこの夕立のお陰もあるんだと思います。
「神立」という文字には“雷”“雷鳴”という意味もあるそうですので昔から雷が起こりやすい地域であって、そこから付いた地名なのかも知れません。(←それぐらい調べておけって…)

昨日の夕立の後…
にわかに空が紅くなりご覧のような光景が!
肉まん山から神立にかけて大きな虹が架かりました〜♪
こんな時ふと頭に浮かぶ曲はもちろん
“Over the Rainbow(虹の彼方に)”♪

Somewhere over the rainbow
Skies are blue
And the dreams that you dare to dream
Really do come true
虹の向こうの空は青く
信じた夢はすべて現実のものとなる

う〜ん…この部分は良い歌詞だ…
“オズの魔法使い”は見たこと無いけどクラプトンが唄っていたので覚えた曲でした(汗

夕立

神立090616今日も朝から良いお天気でしたが昼過ぎには山の尾根上に積乱雲が発生。
15時過ぎには「ゴロゴロ」と雷鳴が響きだしました。
今日はその後1時間ほどしてからバシャバシャと雨が降り出し同時に雷も。
その後1時間ほどで雷は鳴り止みましたが雨は降ったり止んだりが続いています。
雷が鳴っている最中、近くの山に2、3発雷が落ちたようです。

神立長男の「世の中で一番嫌いな物リスト」に“雷”は登録されています。
幼稚園に通っていた頃の雷雨の帰り道、歩いていた真横の電柱のトランスに落雷。
文字にすると「バシャバシャ、パッ、バリバリ、ドスーン、ボワーッ」が1.5秒間で完結するという凄まじいものでした(笑
その時まで「雷が鳴っている時はおヘソを隠さないとカミナリ様におヘソを取られちゃうぞ」と教えられていた神立長男でしたが、この日を境に
「カミナリが落ちると燃える=命が危ない」
と幼いながらに学んだのでした(笑

それ以来“雷”は私にとっては“超〜怖いもの”となったのです。
雷は様々な場面で私に影響を与えてくれます。
ゴルフをしていても遠くで雷鳴が聞こえたらもうゴルフにはなりません、そこからのプレーはゲートボールとなります。
クラブを振り上げる=避雷針の完成ですからクラブは腰から腰までの振り幅となる訳です。

怖い、怖いと思っているうちは何事も安全だとは思いますが、
本当〜〜に嫌いなんですっ!“雷”がっ!

梅雨入りしてますけど…

神立09061510日ぶりの更新となってしまいましたが皆さんお元気だったでしょうか?(汗
ブログの更新が滞って解った事…
・拍手がジワジワと多くなる(笑
・ブログネタによっては待てどもコメントは寄せられない…(笑
・常連に怒られる(爆

新緑が美しい!と言っていたのに東北までしっかり梅雨入りしてしまいました。
いつものように梅雨入り宣言と同時に爽やかな天気が続いています(笑
公的に天気予想をしている方達にもの申すっ!
天気予報は長期も短期も爺ちゃんや婆ちゃんに聞いた方が当たっているぞーっ!
「梅雨入りしたと見られる…」
神立長男の嫌いなうやむやな言葉です、もっと自信を持って言い切りなさい!
だから政治家も嫌いな人が多いです…

来年は大雪ですっ!嘘かも知れません!間違っていたらごめんなさい!!

これでイイのだ♪

緑鮮やか

緑鮮やか最近の晴れた日に思うことは空気がとても澄んでいると言うこと…
4月〜5月中旬までは晴れても遠くの山の輪郭がハッキリしないような“春霞”の状況が続いていました。
5月下旬頃から晴れた日は遠くの山もハッキリ見えて霞がとれた状態になりました♪
近くの物はなおさら鮮明に見えます。
だから撮影下手な神立長男でも木々の葉と青空を大変美しく撮影する事ができます♪

緑鮮やか
少し高いところにある葉っぱを下からパシャッ♪
陽に当たって色鮮やかな葉の緑&葉と葉が重なりできる影♪
綺麗ですねぇ〜♪


雪の白一色も決して悪くはありませんが、神立長男にとっては繁忙期の色(笑
やっぱり春の心癒される“新緑”に幸せを感じてしまう神立長男なのでした♪

蝶々、蝶々♪

蝶々?週末に降った雨でできた水溜まり、そこへ
蝶々が一頭ヒラヒラと舞い降りてきました。
蝶々にとって良い水場ができたんですね〜♪




蝶々?おっ!ほどなくしてもう一頭舞い降りてきました♪
ちょうちょ ちょうちょ 菜の葉にとまれ
菜の葉に飽いたら桜にとまれ
桜の花の花から花へ
とまれよ遊べ遊べよとまれ


菜の花や桜は散ってしまったけど
ヒラヒラ舞い降りて仲良く並んでいる蝶々を眺めながら考えた事、“平和だ…”(笑

蝶々?
って、おいおい…
いつの間にか四頭になってるじゃないですかっ!
よく見ると一頭だけ羽根の柄が違うような…


まぁ仲良く並んで可愛いこと(笑
“とまれよ遊べ遊べよとまれ”ですなぁ♪

珍客現る…

猿スクール棟の屋根をふと見ると珍客が…
久し振りの登場“猿”です。
いつもなら大群で現れるはずの猿なのですが今日は一匹だけ。
“はぐれ猿”なのかなぁ…
この猿、カメラを向けても全く気にしないで堂々としています。
発見時からベースキャンプ&スパの回りをウロウロしています。

この猿住み着く気じゃないだろうなぁ…
“うさぎ追いし”をネタにしたばかりなのに今日は“猿追いし”だ!(笑


夕焼け雲?

雲?晴れた日の帰り道、正面の空に怪しい雲が!
おっ、地震雲かっ?
いやいや、これは“飛行機雲”ですな…
夕焼けに染まって綺麗ですねぇ♪
のどかな帰宅の道中、頭の中で何故か童謡“故郷”を思い浮かべてしまいました。
うさぎ追いしかの山
小鮒つりしかの川
夢はいまも めぐりて
忘れがたき 故郷

神立長男、大人になるまで“うさぎ追いし”を“うさぎ美味し”と理解していました(汗
だって野ウサギはまず人前には出てきませんし、見つけたとしても逃げ足が早くてとても追えるような代物ではないのです。逆にうさぎを食した経験のある神立長男にとってうさぎは美味だったという記憶が残っていて、まさに“うさぎ美味し”なのでした(笑

よーし!
ゲレンデでうさぎでも追ってみるかーっ!(笑
ズン券持0号さんはカエルを追うんでしたっけ?(笑


肉まん山

肉まん山久し振りに肉まん山の登場です。
すっかり葉が生い茂ってますね〜♪
肉まん山の麓にはご存じ“Riverside Café 神立”があります。
今年も好評営業中です♪

皆さんどうぞお立ち寄り下さい。
越後湯沢駅構内にある“Pineridge Cafe”もよろしく♪


リフト整備

搬器整備開始?リフトの駅舎内ではリフト搬器の整備が始まりました。
高速四人乗りリフトの搬器の重さは1基約300Kg!
とても重いので駅舎に設置してある屋内クレーンで吊り上げガイドレールから外します。


搬器整備開始?ガイドレールから外した搬器からワイヤーを掴む部分の“圧索機(あっさくき)”を外します。
この“圧索機”だけでも重さ50Kg!
この作業を高速四人乗りリフトの全搬器分行います。

ペアリフトの搬器外し以来の「延々繰り返し作業」です(笑

搬器整備開始?
“圧索機”の外されたリフト搬器は駅舎内にキレイに並べられます。
リフト搬器の主な整備は“圧索機”本体の整備となります。
各部品の破損や摩耗などこれまた1台ずつ分解→確認→整備→組立の作業が待っているのです。
“圧索機”本体の整備はリフトの駅舎内で作業が行えるため、屋外で作業が行いにくくなる梅雨の期間の仕事となります。

わらびVSたんぽぽ

タンポポゲレンデで見つけたタンポポです。
まとまっていてキレイだったのでパチリ、自然が作り出した芸術ですなぁ♪
この穂が飛んで来年はまた別の場所に新たなタンポポが生える訳だ。
この場所にタンポポがまとまって咲いているという事は、タンポポの穂がまとまってここに落ちたということになるのかな?
来年もまとまって咲いてくれるかなぁ…

わらびこちらは“寄り添うわらび”妖艶な雰囲気を醸し出しています”(笑
どうして真っ直ぐに伸びなかったんだろう?
回りのわらびはそこそこ間隔を開けて生えているのに…
このままねじれて生え続けたら面白いな。

でも1本で生えているわらびより親近感が涌くなぁ♪
わらびの時期が終わるといよいよ“梅雨”だ〜…
ってまだ早いかっ!(汗
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ