2006年12月

2006年12月22日

公開プレゼンテーションの日程決まる

インテリアスクールでは
若きデザイナーの卵たちの、作品の発表の場として、
年に一度のデザインコンペディションと
3ヶ月に一度公開プレゼンテーションを
開催しております。

2007年1月6日(土曜日) 公開プレゼンテーション開催



詳しくはこちらから↓
http://www.kandy.ne.jp/event/event_8_08.htm

未経験者や異業種から、
就転職を希望する人材を即戦力と
育て上げると定評のあるスクールです.
年間を通して公開プレゼンテーションや
コンペティションなどのイベントを行い、
実践教育を組み込んだ授業を特色としています。
インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターを
目指す方はぜひ一度ご来校ください


インテリアスクールはこちら

作品仕上げも大詰めです。


作品仕上げも大詰めです。全てのマシンを使ってレンダリング中!!


最後のコンセプトづくりで思案中 う〜うん!!
アイデアが浮かばない・・・・

公開プレゼンテーションに向けて受講生のみなさんは
がんばってま〜す。


2006年12月20日

映画はインテリアの宝庫です

映画を見るのが好きです。
なかなか映画館まで足を運ぶことができないので
もっぱらBSやケーブルテレビを利用して
楽しんでます。

もちろん新作は見ることができないので
少し古くなった映画が多いです。
そんなとき
この映画前にみたよねってのが
ときどきあります。
そのときはストーリーがわかっているので
仕事がらか、もっぱら人物の後ろが気になります。
そうです、インテリアが気になるのです。
壁は何の仕上げ?この家具はなに?
とか・・・・・
昨日見た映画はアメリカの中流家庭の
インテリアでした。
まさしく表参道にオープンした
ラルフ・ローレンの世界です
興味がある上、好きなインテリアなので
食い入るように見ていました。

いままでどれだけ映画のインテリアから
アイディアをいただいたことでしょう。

アイディアにつまったら映画をみる。
こんなインテリアデザイナーって多いのでは?

2006年12月19日

講師たちのお薦めレストラン

ブログでお薦めレストランを紹介しているので、
紹介出来るレストランがあったら教えて下さい
インテリアスクールの先生たちにたずねたところ
ありますあります、西麻布のイタリアンで・・・・
そこはオードブルがなになにで・・・・
それがほんとうにおいしんですよ!!
とつぎからつぎにどんなにおいしいかがでてきます
そして話が一段落ついたところで、
ところでインテリアはどうでした?
インテリア??うう〜ん インテリアね〜。
まあ落ち着いていましたよ。
どんなふうに? 
ソファ席があってね、壁はレンガで・・・・
う〜ん,とにかくおちつきましたね。それでね 
メインのソースがまた絶品で・・・・
とまた料理の話に戻ります。

ね〜ね〜、あなたたちインテリアデザイナーでしょ。
食べるばかりじゃなくってインテリアもちゃんとみてくださいよ。
まあ、いいじゃないですかとにかくおいしかっただから
そうですね。まあ〜いいか おいしいお店なんだし・・???
そんな感じのお薦めレストランブログになりそうです。

2006年12月16日

たかが資格されど資格

先日、『VectorWorks操作技能保持者認定試験』の
結果報告がありました。
インテリアスクールCADスクールの受講生が
受験をして、合格率57%でした。
全国平均が32%だったので、
スクールのみなさんは
たいへんがんばったと思います。
それにおしかったのは
不合格者の点数を聞くとあと2.3点
たりなかった人が多かったことです。
とにかく合格されたみなさん、
おめでとうございます。

スクールでは
資格所得を重視した教育は
奨めていないのですが
受験を希望する方には
特別講習などを別枠で設けて
合格対策に取り組んでいます。

わたしも、仕事に関係する資格を何個か
持っていますが、試験に合格した時は
たいへんうれしかったのを今でもよく
覚えています。

しかし、みなさん資格をもっているだけでは
だめなのです。
資格ってなんでもそうですが
資格をとっても
実務経験が無くては仕事にはつながりません。
実務経験があってこそ、その資格は生かされるのです。

いざ資格をとっても実務がともわないと
たかが資格。でも資格をもってないとされど資格。
実務と資格、両方あるのがやはり一番良いのでしょうか?



2006年12月13日

天才シェフ 松島啓介

私が主宰するインテリアスクールの学生たちの間で
合い言葉のようになっているのが
『将来はNHKの
トップランナー
にでること』
というのがあります。
毎回、いろいろな分野での”トップランナー”と
なったアーティストが出演して
ここまでの道のりを語ってくれます。

昨日はフランスのニースで若干25歳でミシュラン一ツ星
を獲得したオーナーシェフ松島啓介さんでした。
お話を聞いているとまさしくアーティストであり
クリエーターでした。

朝、市場にいって旬の食材を見ながら
一つの材料で1000のメニューが考えられる
料理は舌だけではなく五感をつかってつくるもの
フライパンや鍋の音で、料理のできあがりがわかり
材料のにおいで、味がわかる
そして、サッカーが大好きな彼は高校時代の
サッカーの経験から先を読む力を学んだそうです。
まさしくそれはイマジネーションの世界です

どの分野でもこれからはイマジネーション(想像力)
を極めた人が人生の成功者になるのでしょう。


2006年12月12日

本当にくつろげる穴場カフェ

おしゃれでもなくすてきな街にあるわけでもない
カフェをご紹介します。
このカフェは不思議な場所にあります。
このカフェはなんと眼下に新宿御苑がみえるのです。
この場所のせいかこのカフェを知る人は四谷の住人くらい?
らしいので昼間はほとんどお客さんがいません。
このカフェはなんと四谷区民センターの9階にあります。
このすばらしい借景があるカフェはなんとモスバーガーなのです。

青いお空と新宿御苑の緑をボ〜と見ながら
お茶をすると本当に癒されます。
心が疲れているときはまさしくおすすめです。

新宿御苑の入口です


カフェから新宿御苑をみると・・・・


2006年12月11日

リーズナブルなお店が多い神楽坂

今回はインテリアスクールのスタッフの
お薦めフレンチをご紹介します♪

スクールの課題でも取り上げている神楽坂。
ひそかに熱い「神楽坂」。
「東京日仏学院」があり、フランス人が多くいるからなのか
フランス料理のお店が点在しています。
その中でもリーズナブルで満足できるフレンチとして
「ブラッスリー・グー」は人気があるようです。

私が頂いたのは

前菜:「鶏レバーのパテ」バケットにつけてワインと一緒に食べる♪レバー好きにはたまらない!
他にはキッシュ・エスカルゴ・テリーヌ等


メイン:「本日のお魚料理:鯛のポワレ レンズ豆ソース」お野菜が沢山添えられているのがポイント!
見た目がいまいちですが、レンズ豆のバターソースでしっかりした味付けで美味しかったです。
他には牛タンのポワレ・鴨肉のコンフィ等

デザート:洋ナシのシャーベット
他にはクリームカラメル・ガトーショコラ・クレームキャラメル等

以上しめて\2.940

前菜、メイン共にボリューム的には大満足?ちょっと多いくらいです・・。
かなりよく食べる友人と行ったのですが、その友人でさえお腹いっぱいになる分量です。(食べすぎは美味しさ半減なのでパンは控えめに!)
久しぶりにフレンチに行きましたが、かしこまらずに、気軽に食べられるフランスの家庭料理のような感じで満足できました。
(以外にも全部食べましたが次の日の胃もたれ感はありませんでした。付け合せでお野菜が沢山ついていたからかもしれませんね。)

外観・内装はかなり古くもう少ししたらリニューアルしたらどうでしょうか?といった感じでした。
(大きなお世話でしょうが・・)

みなさんもお薦めの美味しいお店がありましたら、
是非教えてください。

2006年12月05日

現在のデザインリーダーである建築家伊東豊雄

すっかり街はクリスマスのイルミネーションで
かざられウキウキ気分な毎日です。
クリスマスの準備というものは
宗教が違っても世界中のみんなが
幸せな気分になります。
スクールでもやっとクリスマスツリーを
だしました。




ところでクリスマスツリーといえば
東京オペラシティのイルミネーションがとても
きれいでした。
いま、
建築家伊東豊雄氏の建築作品展が東京オペラシティ
アートギャラリーで開催されています
以前、私も気持ちいい秋口に
インテリアスクールの学生たちと
この展覧会に行ってきました。
この展覧会のことを先日の日曜美術館で
伊東豊雄氏ご本人が出演され、今進行中の作品を
交えて一つ一つ丁寧に解説されていました。
この番組をみながら、あらためて
この建築家の偉大さを感じました。
彼は建築を通してメッセージを送り続け、
『コンピューターテクノロジーの
先に自然がみえてくる、自然にフィットする建築』
という伊東豊雄氏の言葉に感動しました。

建築インテリアの仕事の方や学生たちだけでなく
一般の方も楽しめると思います。

まだの方はぜひ、足を運ばれたらいかがでしょう。



フィギュアの妖精たち

スケートのNHK杯は表彰台を男女日本人が独占するという快挙でした。
そして女子の優勝は浅田真央でした。これで浅田真央、安藤美姫、村主ふみえの日本人3選手の出場が決まったグランプリファイナルが俄然面白くなってきました。
今年のフィギュアスケートはグランプリファイナルの浅田真央の優勝を皮切りに、イナバウアーの荒川静香がトリノで優勝、そしてNHK杯は表彰台を日本人が独占、とフィギュアづくしの一年でした。

フィギュアの選手たちをみて、アジア系の選手が多く活躍しているのもありますが、アジアの女の子が本当にきれいに見えたのは私だけでしょうか?日本人の選手のスタイルも昔にくらべてずいぶん良くなってきているしみんな小顔です。そして黒髪のアジアの女の子は清楚です。

世界のいろいろなものがアジアを中心に流れてきているようです。韓流ブームがそのひとつでアジアからアラビアそして東欧と流れています。そして日本のデザインもその一つです。いま欧米人は日本の若者文化とそのデザインをCOOLといって評価します。NHKにそれを特集した番組があるくらいです。これが本物の世界的なブームになるのかいましばらくみつめていたいです。

インテリアやプロダクトデザインを学ぶK&Yインテリアスクールの学生からも日本を代表するデザイナーが輩出できたらと・・・・・と思ってます。

Profile

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL

インテリアスクールの講師、在校生、卒業生たちが日々の仕事やスクールの出来事を掲載していきます。このブログにはインテリアデザイナーを目指す若者たちの悲喜交々がいっぱい掲載されています。

お気に入りブログ&HP
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: