2011年04月

2011年04月30日

タイヨウのした 初のイベント


先週はじめにデザイナーの小林幹也さんからメールをいただきました。

小林さんは4月1日碑文谷にご自分でデザインした生活雑貨や家具のショップをオープンさせたばかりです。


お世話になっております。
MIKIYA KOBAYASHI DESIGNの小林幹也です。
イベントのご案内メールを送らせて頂きます。_
kurashi 01.秋田道夫×小林幹也 を開催致します!
タイヨウのしたオープン後、最初のイベントとして"kurashi"デザイナー秋田道夫氏とのトークを行います。お気軽にぜひご参加下さい。

kurashi 01 秋田道夫×小林幹也

普段どういう風に過ごしていて、どういうことがデザインに結びついているのか。
私自身、当然ですがただ単にカタチをアウトプットしているわけではなく普段の生活の体験や観察から、想定する暮らしにどう落とし込むかを考え、カタチに落とし込んでいます。そういった普段の生活を切り取るそれぞれの視点が見えると面白いかなと感じています。当日は江沢香織さんの司会で、私と秋田さんの大好物を古田陽子さんに作って頂き、参加者みんなで食べながらトークを進めて参ります。

日時:2011年4月29日(金・祝)
オープン 18:00   
トーク  18:30〜20:00 
交流会  20:00〜20:30
会場:タイヨウのした 3F 東京都目黒区碑文谷5-28-8
03-6421-3925

そんなわけで、K&Yインテリアデザインスクールのみんなを連れて早速『タイヨウのした』イベントに参加しました。



始まる前にプロダクトデザイナーの秋田道夫さんがすでにいらしていたのでご挨拶


今日の対談の打ち合わせをする小林さん、秋田道夫さん


あっという間に人が集って


まずは乾杯


美味しい地酒です。

今日のメニューは小林のリクエストがポテトサラダで秋田さんが筍のご飯、それにお味噌汁でした。


飲んだあとのお味噌汁は絶品!! 具はせりでした。。







インテリアデザイナー・インテリアコーディネーター・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへGO


2011年04月28日

明るい話題が飛び込んできました。

昨年の卒業生から就職が決まったとの報告がありました。

震災や原発の問題があり、なかなか明るい話題が出てこない中、K&Yインテリアデザインスクールとしては非常に明るい話題です。

今回、連絡をくれた卒業生は、インテリアの業界を目指すため、会社に勤めながら店舗デザイナーコースを受講し、知識や技術を身につけて行きました。

会社に勤めながらスクールに通うということは想像以上に大変なことだったと思います。勤めていた会社は全く違う業界だったので、戸惑うことも多かったことでしょう。

しかし、その苦労がようやく実を結びました。

実際に就職活動を始めるまでには、勤めていた会社の都合もあり時間がかかってしまったようですが、活動を始めてすぐに決まったそうです。
スクールでしっかり勉強できたからだと本人は言っていましたが、休むことなくK&Yインテリアデザインスクールに通い続け、知識や技術を自分のモノにできたからだと思います。

本当に良かったですね。

これからまだまだ苦労することはあると思いますが、挫けることなく頑張ってほしいですね。

それから、先週も6年前に卒業生がひょっこり遊びに来てくれて、今のこの業界の現況を話してくれました。
やはり震災後はいろいろなところから連絡が入り、たいへんあわただしかったそうです。今は少し落ち着いてはいますが、これからものすごく忙しくなると言っていました。震災の復旧が一段落つくと復興が始まります。業界も人出不足も予想され人材確保も始まっているようです。

一人でも多くの卒業生が震災復興に役立つ人材になってほしいと願います!!


インテリアデザイナー・インテリアコーディネーター・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへGO


2011年04月25日

どこよりも早い!! 2011年ミラノサローネ報告会を開催いたします。



今年もインテリアデザイナー・インテリアコーディネーター・家具デザイナー・プロダクトデザイナーの方たちがワクワクする季節がやってきました!!
世界最大規模の家具見本市「ミラノ・サローネ」は今年で50年目。この見本市ではインテリアからファッションにいたるまで、多くのインテリアデザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナー・ファッションデザイナーがデザインの力を競い新作を発表します。



K&Yインテリアデザインスクールでも、昨年に引き続きミラノサローネツアーを企画しました。
そのミラノサローネツアーの報告会を2011年5月3日(火)14:00から行います。
K&Yインテリアデザインスクールの講師陣の目から見た「ミラノサローネ2011最新情報」をどこよりも早くお届けします!!
実際にミラノサローネを体感して感じた最新のインテリアデザイントレンド情報を、現地で撮影した写真とともにご紹介します。ミラノが発信する最新のインテリアデザイントレンドとこれからを把握できる、充実の内容です。

受講生の方はもちろん、ミラノサローネに惜しくもいくことができなかった方、インテリアデザイン・家具デザイン・プロダクトデザインに興味がある方、どなたでも参加できますので、下記のURLよりお申込みください。


詳細・ご参加のお申込みはコチラ
↓ ↓ ↓
http://www.kandy.ne.jp/event/milan.php


インテリアデザイナー・インテリアコーディネーター・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへGO


2011年04月23日

ミラノのわんこ



先週、ミラノサローネ見学の為にミラノに行っていたのですが、

ミラノの街でわんこを沢山見かけました。


かわいい!!




このわんこの飼い主さんはモデルさんのようなイケメンでした(笑)。



このわんこはゴーデンリトリバーの子犬。子犬でも大きかった!!

このあと、みんななでなでしたりして遊んでいたら散歩の途中なのに散歩にいくのがいやとお腹をだして駄々っ子してました。



かわいい!!



2011年04月21日

2011ミラノサローネ速報記事追加アップしました!!



2011ミラノサローネ速報記事追加アップしました!!

世界最大規模の家具見本市「ミラノ・サローネ」は、今年で50周年を迎え、2011年4月12日から17日までの6日間、イタリア・ミラノのフィエラ(本会場)とフォーリ(市内会場)で開催されました。インテリア情報サイトではミラノサローネの速報をどこよりも早くお送り致しました。

ミラノサローネ2011速報Vol.2
http://www.interior-joho.com/news/detail.php?id=543

ミラノサローネ2011速報Vol.3
http://www.interior-joho.com/news/detail.php?id=544

ミラノサローネ2011速報Vol.4
http://www.interior-joho.com/news/detail.php?id=545

ミラノサローネ2011速報Vol.5
http://www.interior-joho.com/news/detail.php?id=546

写真画像もたくさんアップしました!!

2011年04月17日

2011年ミラノサローネ最新情報 Vol.6

続いては、Fritz Hansen です。

Fritz Hansenは新作のソファ「FAVN」を発表しました。






このソファのデザイナーは、以前にセブンチェアでFritz HansenとコラボレーションしたJaime Hayon です。







「FAVN」とはオランダ語で「抱擁」と言う意味らしいのですが、その意味通りのゆったりと安心感に包み込まれるようなソファです。


そして、最後はMorosoの展示会場です。

Morosoの会場では、吉岡徳仁氏による「TWILIGT-Tokujin Yoshioka」が発表されていました。







新作の椅子「MOON」が展示されていました。

この椅子は、月の美しい丸みをおびた形状を取り入れて作られているそうです。
素材は、プラスチックから特殊な素材で覆われたものまでいろいろなものがありました。空間は白で統一され、天井からは無数の光が放たれていました。

このインスタレーションは、雲の間から光が差し込む様子を表現しているそうです。写真では伝わりにくいのですが、神秘的な空間でした。



今年のミラノサローネもいろいろなところに足を運びました。昨年と比べると今年のほうが活気があり、人も多かったように思います。

※今回のミラノサローネの報告会を2011年5月3日(火・祝)14:00からK&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLで開催いたします。おそらくどこよりも早い報告会だと思います。お時間のある方は是非ご参加下さい。

詳細・参加のお申込みはこちら
↓ ↓ ↓
http://www.kandy.ne.jp/event/milan.php

インテリアデザイナー・インテリアコーディネーター・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへGO


インテリアデザイナー・インテリアコーディネーター・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへGO


2011年ミラノサローネ最新情報 Vol.5

まだまだミラノサローネの最新情報をお届けいたします。
まずは、Panasonicの展示を見に行きます。





3つのフロアに分かれて展示されていました。





なんだか幻想的な空間です。

この展示はLED照明と有機EL照明パネルを使用したインタラクティブ展示です。

展示のコンセプトは「(standard)3 piano-forte」。スタンダード3乗とは、パナソニックが2008年にミラノサローネに展示を開始してから継続して使用されているデザインコンセプトです。多岐にわたるスタンダード製品群を空間化(立体=3乗)して提案する事を意味しています。

ただ単に照明を見るという感じではなく、光を体感するという感覚でした。


続いては、INTERNIがミラノ大学で開催している展示会です。





毎年、ミラノ大学ではイタリアの建築デザイン誌「INTERINI」が主催する展示会が開催されています。今年のテーマは、mutant architecture。ミュータント(変異)オブジェと建築の新しい可能性を探る展示で、建築家やデザイナーによる9件の独立した巨大なインスタレーションが設置されていました。





みなさんくつろいでいますね。
非常に広い会場ですから。見てまわるのも一苦労です。


インテリアデザイナー・インテリアコーディネーター・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへGO


2011年04月16日

2011年 ミラノサローネ最新情報 Vol.4

nendoの2011年ミラノサローネ発表作品です。











これはMorosoから発表された「Pond」と言うローテーブルで、天板の裏に模様が入っていて、その模様がミラーに移りこんで見ることが出来ると言う物です。

ん〜ありそうでなかった?というテーブルですね。nendoらしいデザインです。すばらしい!!






こちらは「bamboo-steel chair」です。
この椅子は、台湾の伝統工芸技術の活性化と発展を目的としたNational Taiwan Craft Research Instituteが主宰し、ハンス・バッカー氏がアートディレクターを務めるプロジェクト「Yii」の為にデザインした椅子。

この椅子は、竹が実際に使用されているわけではなく、スチールに竹を加工するときに用いられる技術を使用したものです。









こちらは、個展「textured transparencies」です。
transparent table」は、木目のついた型を使って透明アクリルを成型し、張り合わせていくことで生まれた透明な木のテーブルです。

形はいつも目にしているフローリングの形なのですが、これがテーブルに使われていると何だか不思議な感じです。


今年のミラノサローネも面白い作品が盛りだくさんでした。
今回のミラノサローネの報告会を2011年5月3日(火・祝)14:00 から開催いたします。どこよりも早いミラノサローネ報告会に是非ご参加ください。

詳細・参加のご予約はこちら
↓ ↓ ↓
http://www.kandy.ne.jp/event/milan.php

2011年 ミラノサローネ最新情報 Vol.3

次は、オランダの家具メーカー『モーイ(moooi)』の展示会場です。

2001年に設立されたこのメーカーは、デザイナーのマルセル・ワンダースがアートディレクターを務めていることでも有名です。その他にも、ジャスパー・モリソンなど多くのデザイナーを起用して注目を集めています。




最初に、目に飛び込んできたのは、アートディレクターでもあるマルセル・ワンダースが2010年にデザインしたLED照明、「heracleum」でした。
この照明は、先の方にレンズが取り付けられていて、その付け根にLEDランプがあります。光がレンズに当たり、なんともいえない光の屈折を生み出します。




手前にある椅子は、スロベニア出身のデザイナー、Nika Zupanc のデザインした「5 o`clock Chair」、テーブルは本当ならセットとなっている「5 o`clock table」となるところですが、マルセル・ワンダースがデザインした「woood」だと思われます(多分・・・)。違和感が全くなく、マッチしていますね。




コチラは、マルセル・ワンダースのデザインした、「container table 180 round」と「monster chair」です。

座ってみたかったのですが、できませんでした・・・。




そして積み上げられている椅子は、デザイナーのヨブ・スミーツニンケ・テュナゲルの2人組みデザインユニットSTUDIO JOBがデザインした椅子「gothic chair」です。この椅子の色は10色。椅子のイメージはゴシック様式!!確かにそのイメージが伝わってきますね。


この後もミラノサローネ最新情報を掲載していきますのでお楽しみに!!!


5月3日(火)14:00から『2011年ミラノサローネ報告会』を開催いたします。
今回のミラノサローネの最新情報をどこよりも早くお届けいたします。お時間のある方は是非お越し下さい。

詳細はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/event/milan.php

2011年04月15日

2011年ミラノサローネ最新情報 Vol.2

本日もミラノサローネ最新情報をお届けいたします。

本日は、フォオリサローネのゾナトルトーナの紹介を致します。
ミラノの街のいたる所で、企業や個人が会場を貸切にして、展示を行っています。

その中で、世界のインテリア業界のステイタスシンボルとなっているポルトローナ・フラウ(Poltrona Frau)の展示会場に足を運んでみました。

このポルトローナ・フラウは、カッシーナやカッペリーニなど、皆さんもご存知のメーカーの親会社でもあります。









中央に見える、2つの白い物体・・・一体何なのでしょうか??





こちらはトムディクソンの展示会です。
不思議な形をしているものも多く、アートを見ているような気持ちです。

今回は、照明も多く見る事ができました。


まだまだ、ミラノサローネの最新情報をお伝えしていきます。お楽しみに!!!


2011年のミラノサローネ報告会を5月3日(火・祝日)14:00〜開催いたします。
お時間のある方は是非ご参加下さい。



Profile

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL

インテリアスクールの講師、在校生、卒業生たちが日々の仕事やスクールの出来事を掲載していきます。このブログにはインテリアデザイナーを目指す若者たちの悲喜交々がいっぱい掲載されています。

お気に入りブログ&HP
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: