2013年11月

2013年11月29日

東京ミッドタウンのイルミネーション

。・゜゜・☆彡*:.。.:*・゜Xmas+.゜+.☆彡・゜・。・*:.。.:*・゜


どんなに厳しい時代でも、どんなに悲しいできごとがあった年にも必ずクリスマスはやってきます。クリスマスが嫌いな人っていないと思います。

そんなクリスマスの幸せな気分を盛り上げてくれるのがクリスマスイルミネーション。。。。

K&Y インテリアデザインスクールのクリスマスイルミネーション部隊がいろいろなところに出かけてみなさんに素敵なクリスマスイルミネーションをお届けしま〜す。

.。+゚*[o・ω・]ノ*.。+゚* +.☆彡・゜・。・*:.。.:*・゜Xmas+.゜

2013クリスマス・イルミネーションの第2回は、前回と同じく六本木で、東京ミッドタウンのスターライトガーデンのイルミネーション。

PB220037
PB220038
PB220039
PB220040
PB220041
PB220042
PB220044
PB220045
PB220046
PB220047
PB220048
PB220049
PB220050
PB220054
PB220055
PB220056
PB220057
PB220058


青をベースカラーに約28万個のLEDを敷き詰めた幻想的なイルミネーションです。今年のテーマは、「宇宙の広がり」
360度全方位で輝く光のアーチや「クロスオーバーイルミネーション」で立体交差するイルミネーションが表現されていました。

時間にすると15分くらいのイルミネーション・ショーです。ジーとに見入っていると、今自分がどこにいるのかが分からなくなるくらい、この世界に一体化しました。

ここのイルミネーションは毎年すばらしいものなんですが、今年は一段とバーションアップしていました〜。
デザイナーを目指すみなさんには絶対みてほしいイルミネーション・ショーです。
是非出掛けてみてください!!

外は寒いので温かくして出かけてくださいね!

K&Yインテリアデザインスクールのブログ2013クリスマスイルミネーションの紹介はまだまだ続きます。

では、また〜

2013年11月27日

復活しました! クリスマスイルミネーションブログ〜♪

K&Yインテリアデザインスクールのブログでは、2008年 2009年、 2010年とクリスマスイルミネーションを紹介してきました。

しかし、2011年は震災の影響で街全体が自粛ムードの中、紹介できるイルミネーションがなかったのでお休み。2012年は私たちの仕事があまりにも忙しかったのでまたお休み。

ですが、今年は復活しました! クリスマスイルミネーションブログ〜♪ 3年ぶりのクリスマスイルミネーションブログです♪

今年は時間が許す限り、3年分のクリスマスイルミネーションをご紹介していきますね♪

。・゜゜・☆彡*:.。.:*・゜Xmas+.゜+.☆彡・゜・。・*:.。.:*・゜


どんなに厳しい時代でも、どんなに悲しいできごとがあった年にも必ずクリスマスはやってきます。クリスマスが嫌いな人っていないと思います。

そんなクリスマスの幸せな気分を盛り上げてくれるのがクリスマスイルミネーション。。。。

K&Y インテリアデザインスクールのクリスマスイルミネーション部隊がいろいろなところに出かけてみなさんに素敵なクリスマスイルミネーションをお届けしま〜す。

.。+゚*[o・ω・]ノ*.。+゚* +.☆彡・゜・。・*:.。.:*・゜Xmas+.゜


まず1回目はやっぱり六本木ヒルズのケヤ並木イルミネーション♪
今年からレットバーションが時間限定で点灯します。

PB220003
PB220005
PB220006
写真だとちょっと毒々しいですが、実際はもっと赤が薄いです。
すいません、カメラ技術不足で露出のしぼりがうまくいかず、リアルな色が出せませんでした(^_^;)

PB220015
PB220016


どこで撮るときれいに撮れるかな?ここかな?

PB220017


それともここかな?と、ケヤキ並木坂を上っていくと、こんなものを発見!!

PB220018

早速、ここに立って撮影すると

PB220020


東京タワーがきれいに入りました(^.^)

PB220021
PB220022
PB220024
PB220025

PB220032

66プラザ入り口に飾られたクリスマスツリーもきれいでした〜

みなさん!! このブログを見てちょっとは幸せになりましたか?

これから、クリスマスイルミネーションブログはまだまだ続きますからね〜
お楽しみに♪
・゜゜・☆彡*:.。.:*・゜・゜・。・*:.。.:*・゜Xmas+.

2013年11月26日

卒業生たちの在宅でのお仕事事情

先ほど、3年前の卒業生が7月に出産したばかりの坊やを連れてK&Yインテリアデザインスクールに遊びにきてくれました〜。遊びと言っても、半分は仕事の相談で来たんですが・・・・(^_^;)

親子共々とっても元気そうで、ご主人も一緒でした。イケメンなご主人です。美男美女カップルです(笑)。

今日尋ねてくれたのは、スクールに、在宅でできるお仕事依頼がきているので、そのあたりの詳細を聞たいのと、ベイビーの顔見世もかねてです。(^.^)

彼女は、K&Yインテリアデザインスクールインテリア全日コースを卒業して、住宅関連のリノベーションやモデルルーム設営のコーディネーションを中心のデザイン会社に約1年勤務したのですが、突然のおめでたで、やむなく退職。

彼女から出産しても、少しずつでも仕事に携わっていたいとの希望を聞いていたので、今回住宅設計事務所から、イラレ・フォトショップでのプレゼンボード制作や、ベクターワークスで図面修正の在宅でも可能なお仕事依頼があったのでそれを紹介しました。

それ以外にも、私たちの会社が運営しているインテリア情報サイトの記事制作のお仕事もお願いしたかったので、それらの仕事詳細のお話しながら、小1時間くらいでしたが、楽しい時間を過ごしました。それに子育てで忙しい時間を割いて来てくれたのが、とってもうれしかったです。

女性の場合は、せっかくスクールで勉強したのに、結婚や出産で仕事を続けるのか困難なときがあります。でも、なんとか少しずつでも続ける意思があるとうれしいですよね。

子育ては永遠に続くわけではありませんから、このように子育て真っ最中のときに、少しでも仕事に携わっていると、復職のときに有利になりますし、そのあとも在宅がよければ仕事も広がっていくと思います。

K&Yインテリアデザインスクールの卒業生には、デザイン事務所勤務後、結婚や出産で退職した人たちが、在宅でお仕事を請け負っている人がたくさんいます。とくにスクールの授業で力を入れている、PCスキルは経験があれば在宅でも可能な仕事です。

どのような形でも卒業生たちには、長く仕事に携わっていてほしいと願っています。



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ








2013年11月24日

インテリア基礎知識〜家具の材料、家具図面演習

こんにちは! 今日も穏やかな気持ちがいい一日です(^_^)

今日は、インテリア基礎知識(インテリア基礎コースの講義授業の第2ブロック、家具・造作家具の授業風景をご紹介します。

いままで、第3ブロックのマーケティングのプレゼンテーションや、第4ブロックの設計演習からインテリアコーディネーションボード作成などは何度も紹介していますが、家具の講義授業の紹介は始めてですね。

今までの授業はこちらから→→ いままでの授業の様子

インテリア基礎知識第2ブロックでは、家具の構造や材料、家具製図、名作家具など家具のいろいろを勉強して、最後にオリジナル作品を完成させるまでを勉強します。

PB230138
PB230139
PB230137
PB230136


机の上にずらりと並んだ木の材料。まずは木についてのお勉強です。

木には針葉樹と広葉樹があって・・・から始まり、木の特徴など、実際に木のサンプルを見ながら学びます。でも、木の材質特徴はすでに第1ブロックで学んでいるはずなので、先生は復習をかねて、一人ひとりに針葉樹、広葉樹の特徴を聞いてました。

みなさん、不安そうな顔をしながら見事に答えられました(笑)。お見事!!

木のお話の講義のあとは、簡単な製図演習です。

PB230131
PB230132
PB230127


前回の第1ブロックの授業で、平面図、展開図、天井伏図の描き方を学んだ彼らは、この図面はやさしかったようです。小1時間で描きあげた人もいました。すごいですねー製図が初めての人もこんなに早く描けるようになるんですね。K&Yインテリアデザインスクールのインテリア基礎コースの講義授業の図面は全部手書きです。すでにCADで製図を描きなれている彼らには苦痛な作業らしいのですが、一通り手書きで図面を学んだほうが、より製図が理解できるという考えから

PB230119


簡単な三面図(家具の図面)が描き終わったら、次は塗装サンプルを見ながら塗装の勉強。

午後から、プラスティック、金属、ガラス、などのレクチャーがあって、システムキッチンの図面をもう一枚描きました。
PB240142


そして、最後は、システムキッチンの扉の見本を並べて、みんなで話をして値段の高い順に並べなさいというテストなどもあり、めいっぱい(((( ;゚д゚)))の授業をしました(^_^;)。

でも、大丈夫! 再来週の授業は名作家具の鑑賞、スケッチの練習、そして課外授業インテリアショップ廻りと楽しい授業が待ってますからね♪

それでは、また〜



2013年11月22日

お薦めの本〜今日から始める思考のダイエット

今日は、みなさんにマーケティングの勉強に役にたつお薦めの本をご紹介します。

images


「今日から始める思考のダイエット」
わかっているかと思いますが、ダイエットの本ではありませんよ〜(笑)

LISMO!やTブー!S、資生堂ザ・コラーゲンなど、手がけた商品を必ずヒットさせるアートディレクター佐野研二郎さんの今日からできるアイデア発想法と時間管理術の本です。

いつも、マーケティングの授業のあとに、K&Yインテリアデザインスクールの受講生達から、お薦めのマーケティングの本はありませんか?と聞かれます。マーケティングは時代によって微妙に変化するので、本屋さんにまめに行って立ち読みでもいいから、世の中の流れを読みなさい! と答えにならない答えを言います(笑)。

だって、私のマーケティングの師匠はいつもこう言いますよ(笑)。

あと、スクールのライブラリーには、たくさんのマーケティングの本があるので、お昼休みや休憩時間に少しずつでもいいから読んでみてとも言います。マーケティングの勉強は一冊の本では答えが出ず、毎日、ニュースや雑誌を読んだり、テレビを見たりすることもりっぱな勉強になります。

そんななかで、この本は読みやすくて、マーケティングだけではなく、デザインとマーケティングの関係、アイデアを発想していく流れや、仕事の能率と険しい時代を生き抜くための“考え方”もまとめた本だと思います。

たくさんの情報が毎日流れてる世の中だからこそ、思考のダイエットは必要ということです。

内容は、K&Yインテリアデザインスクールのマーケティング授業のときにお話していることがほとんどなんですが、佐野研二郎さん自身がこれまで手掛けてきたプロモーションの実例や経験から、 コミュニケーション、時間とコスト、思考プロセス、ブランド構築のそれぞれから、無駄を削り、大事なものに割く時間を増やす「選択と集中」の必要性なども語られているので、マーケティング授業の予習、復習の教材として、みんなが使ってくれるともっともっとマーケティングの授業が楽しくなるのではと思います。値段も1000円以下のなので是非購入もしてください。

このブログを読まれている皆さんの中にはインテリアデザインもマーケティングが必要なの?と思われている方もいらっしゃるでしょう。

インテリアデザインにも必要です!

住宅プランニングもそうですが、特に商業施設のプランにはマーケティングを考えた上で、インテリアデザインを考なくてはいけません。
K&Yインテリアデザインスクールではすばらしいプランニングをするためにマーケティングの授業を重要視しています。

K&Yインテリアデザインスクールのマーケティングの授業を受けた受講生の100%がマーケティング興味をもちます。それが功を奏してマーケティングや企画会社に入社した人もいますからね。

それくらいマーケティングはおもしろい授業だと思います。


こういった、当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

2013年11月20日

犬のための建築展シンポジウム

こんにちは。K&Yインテリアデザインスクールの受講生の□■です。

先週11月2日(土)に、東京ミッドタウンのタウンホールで開催された「犬のための建築展」関連プログラムシンポジウムに行ってきました。そのときのレポートを書きました。

このシンポジウムは抽選でスクールで申し込んでもらいましたが、今回は2人しか当選せず、私ともう一人が代表で行かせてもらいました。
PB020008


世界的に有名なアートデレクターでデザイナーの原研哉さん、建築家の隈研吾さんの両方のお話が聞けるのはものすごく楽しみでした。行く前に矢野校長から、お二人のお話を聞けば、この展覧会の趣旨が良く分かるので、是非行ってらっしゃいといわれてましたが、本当にお話を聞いてよかったと思いました。

PA240176
PA240178
PA240183
PA240185
PA240198

シンポジウムのあとに、ミットタウンの会場から歩いて5分のTOTOギャラリー間で開催されている展覧会を直に見ましたが、いろいろなことが納得して見られました。

私たちは、基礎コースのときに授業で、マーケティングの基本の勉強をしているのですが、原研哉さんのお話で、犬というテーマで建築を考えるということは、全世界の人たちがわかりやすく、輪郭がぼけているコミュニケーションではなくて、明確なコミュニケーションがとれるというお話など、とても理解できました。

この展覧会で、なぜに、著名な建築家の人みんなが真剣に「犬のための建築」を考えるのかが、その先には創造もつかないコミュニケーションがあるのを感じることができます。

3次元空間の展覧会で実物を見て、ネットで世界に広めて繋がる。そして本できちんと伝えていく。これが新しいメディアになるといわれた原研哉さんのお話で、まだ始まったばかりのこのプロジェクトが、変化する動的なものであるならば、それがどんどん成長しいく様を見続けたいと思いました。

その先に新しいビジネスの形が見えてくるような気がします。

グラフィックと建築・インテリアと形は違いますが、デザインの考えはみんな同じだなと思いました。

私は現在、仕事で少しマーケティングの仕事をしていますが、マーケティングのことがこんなに明確にわかるようになったのは、K&Yインテリアデザインスクールに入学してからです。いろいろなものを例にあげて実証されていくと、経済や時代の流れがよくわかります。それにデザインが大きく関わるのが良く分かりました。

今回のようなシンポジウムも、ただ、お話を聞くだけではなくその背景にあるビジネスモデルをよく理解するようにと言われました。

このような機会をくださったK&Yの先生たちに感謝します。

2013年11月19日

就職を決めました!!

先週、K&Yインテリアデザインスクールには、就職内定をもらったとの連絡が、次々に入っていることをブログでもご紹介しましたが、その卒業生の一人が就職を決めた連絡をくれました。彼は、昨年インテリアコースを卒業したのですが、仕事の都合で今年の夏くらいから就職活動を本格的に始めました。

夏から初めて、比較的早くに内定をもらった企業もあるのですが、あまりあせらず、もう何社かに履歴書を送ってから決めたいとのことでした。そのあとも内定は頂くのですが、なぜか踏み切れずに、夏が秋になり、秋が冬になりそうなときに決めてくれました(笑)。

待ったかいがあったらしく、その企業の職場は、彼もたいへん気に入ったということです。彼はお給料面よりは、その会社がどんなことをやっていて、将来的にどんなことをやらせてくれるのか、にこだわったそうです。

理想のところで、決まってよかったよかった。そんなうれしい連絡を待っていた、われわれもほっとしましたよ。(^.^)

日曜日もインテリア全日コースの卒業生から、内定をもらった連絡を受けましたが、また、決めかねているようです。彼らにも仕事を選ぶこだわりがあるようです。

講師であるわれわれは早くうれしいニュースを聞きたいのですが、コレばっかりは本人の意思に任せるしかありません(^_^;)。

よく考えて決めることですから、悔いは残さないでしょう。

就職活動中のみんな! よ〜く考えて決めてください。でも、早く決めないと仕事もなくなっちゃうよ、とも言いたいです(笑)。


K&Y インテリアデザインスクール就職実績こちらから


当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

そのほか、卒業生からのメールできた相談ごとや報告をまとめたみんなのメールがあります。こちらから→ → みんなのメール


インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

2014年ミラノサローネ勉強会の第2回目が開催されました。

K&Yインテリアデザインスクールでは、11月17日(日)に2014年ミラノサローネ勉強会の第2回目を開催しました。

この勉強会は今年で5年目で、毎年11月から翌年の3月まで4回〜6回くらいの予定で開催します。ミラノサローネに出かける予定の方、インテリア・家具に興味がある方など、たくさんの方にご参加頂いております。

K&Yインテリアデザインスクールの受講生や卒業生たちももちろん参加します。このセミナーはインテリア業界やインテリアデザインのことを知るたいへん勉強になるセミナーですからね。
インテリア日曜コースの受講生達は、一旦授業を中断してこの勉強会へ参加です!!

今回のミラノサローネ勉強会のテーマは、『日本企業の挑戦』。
ミラノサローネで注目されている日本企業に焦点を当ててお伝えいたしました。
ミラノサローネ勉強会2
ミラノサローネ勉強会6
ミラノサローネ勉強会5
今回は参加者がちょっと少なかったようです。なぜか、日本企業のときは参加者が少ないですね(笑)

ミラノサローネ勉強会4
今回の勉強会は、現在のインテリア業界や家電メーカーなどの実情や経済状況などあらゆる角度から切り込んだ内容の話でした。これから進むべき日本の未来などの話も少し加えながら、デザインがどう関わっていくのかなど盛りだくさんで、とってもおもしろかったんですよ!!

ミラノサローネ勉強会7

ミラノサローネには、毎年多くの日本企業が出展をしています。特徴のあるインスタレーションをメインとした展示や、加工技術の高さをアピールした展示等、各企業思考を凝らした展示方法でアピールをしています。

K&Yインテリアデザインスクールの受講生達はマーケティングの授業などで、矢野校長からデザインと経済の係わり合いなどを聴講しているので、終了後は、日本の企業のことを初めて知る内容もあったので、たいへんおもしろかったとの感想が多くありました。
受講生以外の参加者で、もっと勉強をしたいのでこれから毎回参加したいという方もいらっしゃいました。ですが、その一方でこのようなセミナーを初めて受ける他校の学生さんは内容がちょっと難しかったとの感想もありましたね。引き続きご参加くださるともっと良く分かりますよ!(^_^)。

このセミナーはまだまだ続きます。

次回は 『ミラノサローネの常連インテリアブランドメーカー』と題して、海外の家具メーカーのご紹介とここ数年間のインスタレーションの特徴などを勉強します。

詳細はこちらから  →→ コチラ

是非、インテリアや家具のことにご興味のある方はご参加ください。

今後のミラノサローネ勉強会の予定
--------------------------------------------------------
・2013年12月14日(土)
 『ミラノサローネの常連インテリアブランドメーカー』
・2014年1月25日(土)
 『ミラノサローネを支える実力派デザイナー達』
・2014年2月23日(日)
 『ミラノサローネの若手デザイナー達』
・2014年3月23日(日)
 『ミラノサローネツアー直前ガイド』
・2014年5月3日(土・祝)
 『ミラノサローネ報告会』


○お申込はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.kandy.ne.jp/explanation_milano_study.htm
--------------------------------------------------------
※予定及び題材に関しては変更となる場合があります。
※このミラノサローネ勉強会は、スクールの在校生、卒業生以外の方でも、どなたでもご参加できます。
インテリアデザインを勉強されている学生の方や、ミラノサローネ視察に始めて行かれる方初心向けに開催している勉強会です。その点ご了承ください。



インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへGO

2013年11月15日

デザイン・マーケティングの仕事が初任給が一番高い!!

以前、こんな新聞記事をみつけたことがあります。

↓   ↓   ↓

『大卒初任給、初の20万円超え…厚労省調査』

 今春入社した大卒の初任給が平均20万2000円(前年比2・3%増)となり、統計を取り始めた2001年以降、初めて20万円を超えたことが15日、厚生労働省の賃金構造基本統計調査でわかった。

 厚労省は「リーマンショックの企業業績への影響が落ち着いたことや、業界によっては優秀な人材に高い給与を支払う傾向があるため」と分析している。

 調査は、従業員10人以上で新卒を採用した1万3534事業所が対象。男子は20万5000円(同2・3%増)、女子は19万7900円(同)だった。産業別では、経営コンサルタントやデザインなどの「学術研究、専門・技術サービス業」が平均24万900円(同16・7%増)と最も高かった。

(yomiuri onlineから)

との内容の記事です。

最も高かったのは、まさしくK&Yインテリアデザインスクールで教えている、マーケティング・デザインの授業内容じゃないですか!!

K&Yインテリアデザインスクールインテリアコースは企画をしっかり考えたデザインを提案するという授業を柱にカリキュラムを組んでいます。基礎では、実務に近い技術力を身につけ、応用コースでは企業理念に基づくビジネスプラン、ビジネスモデルを、仮説を立てながらデザインを作り上げるというレベルの高い授業を日々行なってます。

だから、業界への就職率も高いと自負しております。

最近も、就職が決まった人たちが最終面談で、企業側から給料はいくらだったらいいのかと聞かれ、それに答えて、希望金額を提示したらそのとおりになった、との報告がありました。もちろん上のものより多い希望金額です。

私たちも全員がこれだけのお給料をもらえるとはいいませんが、それなりの専門・技術サービスを身につけた優秀な人財には企業側も高い給与を支払う傾向があると思います。



K&Y インテリアデザインスクール就職実績こちらから



インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへGO


2013年11月14日

「吉岡徳仁ークリスタライズ」展に行ってきました♪

11月中旬になって、ずいぶん寒くなってきましたね。秋をゆっくり楽しむ時間がなく、いきなり冬がやってきたような今日このごろです。

PB130005

そんな中、K&Yインテリアデザインスクールの受講生たちと東京都現代美術館で開催さいれている「吉岡徳仁ークリスタライズ」展に行ってきました。

この展覧会は写真撮影がほとんどNGでしたが、一部の部屋のみ携帯やスマートフォンだったらOKということでしたので、画像があんまりきれいじゃないですが、私のスマートフォンで撮ってみました。
20131113_102300

このモコモコは何?(笑)と思われるかもしれませんが、これは何万本のストローのオブジェです。

20131113_102313


20131113_102606


20131113_102624

座っているベンチがすごいです。これはアクリルの塊で造られたベンチです。

20131113_103255

本当に美しい教会のような空間です。ここにしばらくいるだけで心が癒されました。

とにかく迫力のある展覧会です。

デザイナー吉岡徳仁氏をご存知の方はよくご存知だと思いますが、知らないか方のためにちょっとご紹介します。

吉岡徳仁氏は日本を代表するデザイナーですが、デザインという枠を超えて、アート、建築など幅広い領域において自由な着想と実験的な創作から生まれる作品により、世界に最も影響を与える創り手の一人として、国内外で高く評価されてい方です。
アーティストと言っても過言はないと思いますが、伝えたいものがあるから、デザインの領域で活動を続けたい。アートとデザインの二つの世界があるならその間を飛んでみたいとおっしゃっているとおり、彼の作品はデザインとアートの間を行き来している作品だと思います。
一見機能性だけを探求しがちなデザイン業界ですが、彼の作品のような感覚や気持ちを大事にするデザインも今の日本にはとても大事ことです。
私は彼の知名度は日本より海外のほうが高いような気がします。毎年ミラノサローネに行っていますが、ミラノでの彼はいつも注目の的です。

デザインを勉強しているK&Yインテリアデザインスクールの学生たちには、これを観て、実際に感じてほしいと思っています。この感覚は自分がデザインするときに絶対役に立つものです。今回スクールの
「美術館にいこう」に参加できなかった受講生にも是非とも行ってほしい展覧会です。

この展覧会は2014年1月19日(日)まで、東京現代美術館で開催していますので、是非とも行ってみてください♪

あと、今週の日曜日(11月17日)は冬の恒例セミナー「ミラノサローネ勉強会」があります。そこでも、吉岡徳仁の活躍の現場をご紹介します。ご興味のある方はこちらも是非ご参加ください。



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

Profile

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL

インテリアスクールの講師、在校生、卒業生たちが日々の仕事やスクールの出来事を掲載していきます。このブログにはインテリアデザイナーを目指す若者たちの悲喜交々がいっぱい掲載されています。

お気に入りブログ&HP
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: