2014年07月

2014年07月31日

今日も就職が決まりましたの連絡が・・・

今日も就職が決まりましたの連絡が入りました〜。

今月初めまでCADコースに通っていた卒業生から就職が決まった連絡がありました。それもなんと先週からすでに働いているという事です。それにはびっくりしました。

先週面接をして、次の日から働いていたということです。それは良かったのですが、連絡がほしいですよね〜

連絡がないから面接はどうだったのかと心配していたのに〜と言ったら、すいません〜バタバタしていたもので〜と言う答えが返ってきました。そうですね。その卒業生はとっても忙しいと思います。

正確にいうと決まったのは就職ではなくアルバイトです。その卒業生は建築士の資格を取る為に、夜間は建築の専門学校に通っています。本格的に勉強に専念するために4月に会社をやめました。そのあと昼間はK&YインテリアデザインスクールでCADコースで操作をマスターして、夜間は建築の勉強です。

建築の勉強は2年間続くので、その期間ちょっとでも業界の仕事に携わりたいと思い、CAD操作の勉強も平行して行おうと考えました。それでデザインも勉強できるK&Yインテリアデザインスクールに入学。

アルバイトで勤められる求人がきたらお願いします。と言われていたので、終了と同時に卒業生も通っている企業がアルバイトを募集していたので紹介しました。

6時まで勤務してそのあと夜間授業に通う。とっても急がしい毎日ですが、とっても生き生きとした電話の声でした。

建築の学校を卒業するまでこの生活は続いてたいへんですが、身体に気をつけてがんばってほしいと思います。そしてリノベーションのデザイナーになる夢を叶えてほしいですね。




当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ












2014年07月29日

就職内定をいただきました!〜現役大学4年生から連絡が・・・

今週は週初めからうれしいニュースが入りました。

K&Yインテリアデザインスクールには、インテリアの勉強が初めての人が通うインテリアコースと建築やインテリアの職種についているけどCAD(ベクターワークス)が使えない人のためのCADコース、より一層3DCG技術をレベルアップしたい人のShadeコースがあります。それとこの2つのコースは現役大学生たちも多く受講しています。

そんなShadeコースを受講していた卒業生から就職が決まったという連絡が入りました。その卒業生は現在建築学部の大学生4年生です。

3年生の後半から就職活動に入るため、その前にリアルな3DCGが作れるようになりたいと考え、3年生の夏にShadeコースを受講しました。

その甲斐があって見事に希望する建築設計事務所から内定をいただいたそうです。彼の設計した作品やデザインが良かったからだと思うのですが、ご指導くださった先生たちのお陰ですとわざわざ連絡をくれました。

そういってもらうと本当にうれしいです。

3DCGで作品をつくったことで見栄えが全然違いましたとその卒業生は言っていました。面接の時は、もちろん模型を持っていきましたが、Shadeで作った作品も一緒に持っていきました。こんなにリアルな3DCGを持ってきたのは自分だけで、ここで差をつけましたとも言っていました。
彼はその腕を買われて、この夏はインターンでその事務所のお手伝いをします。

3DCGの操作技術はむずかしいのですが、一度覚えると何でも作れる上にどんどん早く作れるようになります。Shadeコースを受講した方はみなさんそうおっしゃいます。

リアルな3DCGは、今、建築・インテリア業界ではなくてはならないスキルです。スクールではこのスキルを必要不可欠と考えています。この業界で長く働くことをお考えの方は是非、受講を考えてみてください。


当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ



2014年07月27日

「建築家・ライター・デザイナー・教育者ジョージ・ネルソン」展受講生レポート

目黒美術館で開催中の「建築家・ライター・デザイナー・教育者ジョージ・ネルソン」展K&Yインテリアデザインスクールのみんなは課外授業の一貫である“美術館へいこう♪”で行ってきました。

そこで今回は参加者を代表してインテリア全日コースの受講生が展覧会の感想を書いてくれました。


以下、受講生の建築家・ライター・デザイナー・教育者ジョージ・ネルソン」展の感想レポートです。

2Fの展示ルームには、ジョージネルソンがデザインしたプロダクトが所せましと並んでいて、オシャレなインテリアショップに来たかのようでとても見応えがありました。
ジョージネルソンといえば、ミッドセンチュリー風家具の代表的なデザインが有名で、放射状の文字盤のウォールクロックは現代でも人気があります。ネルソンは「人は時間を確認する為に時計を見るとき、数字ではなく針の位置で認識している」という事に気付き、この時計をデザインしたそうです。

アメリカの大消費時代を風刺したビデオや、1940年の東京オリンピックのモニュメントを手掛けたときのドキュメント映像も見ることができ、ネルソンが活躍していた時代背景も感じる事が出来ました。
1Fではマシュマロソファやプラットフォームベンチに座りながらネルソンに縁のある人々のインタビューをTVで観られるスペースがありました。マシュマロソファはポコポコしていて面白い座り心地でした。
ネルソンのデザインは、デザイン性と機能性のバランスが良く、それは「良いデザイン」には重要な事だと気付きました。そして本当に良いデザインは世代や時代に左右される事なく、いつの時代も、人を感動させる事が出来るのだと思いました。


K&Yインテリアデザインスクール インテリア全日コース ○○ △△



「建築家・ライター・デザイナー・教育者ジョージ・ネルソン」展は想像以上に見応えがあったようです。

まだ、閲覧されていたいない方是非行ってみて下さい。



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

2014年07月25日

体験授業&コース説明会にご参加された方から・・・・

今日は、先日体験授業&コース説明会にご参加された方からメールを頂いたので、それをご紹介します。

以下メールです。

先日はお忙しい中、学校の体験授業と説明会に参加させていただきありがとうございました。
お礼のメールが遅れまして大変申し訳ありません。
説明会の中で色々なお話を聞けたことは私が将来どの様な仕事をどの様な会社でしたいのかをもっと掘り下げて考えるきっかけとなりました。
また、こちらの用意していた沢山の質問にも快く答えてくださり心から感謝いたします。
ただ途中、素人の私の勝手な想像で話していた部分もあり、不愉快な思いをされたのではと後で気になりました。すみませんでした。
インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違いやリフォームとリノベーションの違いなどを聞いたときは目から鱗でした。
生徒さんの作品もとてもすばらしかったので私も俄然やる気が沸いてきました。

宜しくお願いします。



体験授業&コース説明会にご参加くださいまして
誠にありがとうございます。

ご丁寧にありがとうございます。

われわれは長くこの業界の仕事をしていますので
わかっているものとして説明しがちになりますが、
やはり初心者の方にはわからないことも多いのでと思います。
そこをどううまく説明しようかなといつも悩みながら
説明会をやらせていただいております。

こちらこそ、うまく説明できず気を悪くされていたのでは
と反省していました。
不愉快な気分どころか、しっかり質問事項をまとめられていて
この業界への意気込みに感心しながら、返答させていただきました。

初めてのことに挑戦されるのはやはり不安や勇気はいるかと
思いますが、この職業は、一旦技術や経験を積めば
女性でも長く続けられる仕事です。
是非とも、ご検討頂ければ幸いでございます。

このようなメールを頂くとわれわれもたいへんうれしく思います。
ありがとうございます。

それでは、これからまだまだ暑い夏が続きますので
ご家族皆様くれぐれもお身体はご自愛くださいませ。



以上がメールのやりとりの内容です。

この日のコース説明会は矢野校長でしたので、このメールのやりとりをコース説明会にいらっしゃる方の参考になればと、両方に許可を得て掲載させていただきました。

体験授業やコース説明会のときの質問は大歓迎です。それだけ熱心に業界のことを知りたいという気持ちの現れですので、授業内容はもちろんのこと、卒業までに習得できる知識とスキル、卒業後のお仕事などを細かくお話させて頂いています。

スクールの入学をお考えの方は、是非体験授業、コース説明会にいらしてください。



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ



2014年07月24日

インテリアコース10月生残席コース更新!

今日も落雷が鳴り出しました。K&Yインテリアデザインスクールはこれから夜間授業ですが、みんなは大丈夫かな・・・心配ですね(^_^;)
帰宅途中の方も落雷や豪雨には気をつけてください。

先ほどスクールのホームページのインテリアコース2014年10月生の残席数を更新しました。
今年もこの時期から少しずつインテリアコースをご検討の方の資料請求、体験授業、コース説明会の希望が増えてきています。満席になるコースも出てきました。

ご検討されている方は、希望のコースの残席をご確認ください。

各コースの詳細はコチラから

↓↓↓↓↓

インテリアデザイン<インテリア基礎>コース

インテリア全日コース

インテリアデザイナーコース

インテリアプロデュースコース

店舗デザイナーコース

家具デザイン・プロダクトデザインコース

K&Yインテリアデザインスクールのインテリアコースは、インテリア初心者の方がインテリアデザイナーを目指すコースです。

インテリアデザイナーになる夢をかなえる為に、スクールでは小人数クラス制の授業、インテリア基礎知識、ハイレベルなPCスキルが身につけられる学習環境をご提供しています。修了後は就職活動用に必要なポートフォーリオ(作品)をしっかり制作しますので、就職サポートも充実さいています。

当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も随時開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。



2014年07月22日

第39回公開プレゼンテーションの作品公開。

2014年7月13日(日)にK&Yインテリアデザインスクールで第39回公開プレゼンテーションが開催されました。まだ一部ですが発表作品をアップしました!!

このプレゼンテーション作品は、年4回春、夏、秋、冬に開催されるインテリアコース<応用編>受講生の為の公開プレゼンテーションで発表された作品です。

今回の公開プレゼンテーションの計画地は『自由ヶ丘』!!
この計画地にインテリア全日コースと店舗デザイナーコースは、『自由が丘に日本を感じさせる飲食店』を提案します。そして、インテリアデザイナーコースは、『5年後、10年後、15年後、変化する住宅』をテーマとした住宅を提案いたしました。

第39回公開プレゼンテーション作品はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.kandy.ne.jp/event/event_8_39.htm

過去の各コースの作品はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
http://www.kandy.ne.jp/works/

ごゆっくりとご覧ください。



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

2014年07月20日

就職が決まりました。〜ここに決めました!

代々木は夕方からカミナリ雲が発生し落雷が鳴っています。皆様のお住まいのところは大丈夫でしょうか。

週末はいつも就職を決めた連絡が入りますが今日も連絡がありました。

先週末スクールに届いた求人情報ですが、これは彼にいいのではとめぼしい卒業生がいたので、すぐにその卒業生に連絡をして紹介。こんな求人が来ていますが面接を受けますかと尋ねると、行きます!と2つ返事。

早速求人依頼の企業に連絡をとって面接のセッティング。週の始めに面接があり、ほぼその場で決定したのですが一度持ち帰って考えて返事をします。とその場は一旦帰りました。と卒業生から連絡ありました。

それから、よく考えて返事をしました。と先に卒業生の方から連絡があり、次に企業側からも連絡があったので、彼の就職は内定しました。

とんとん拍子に約1週間で就職が決まりました。でもこれはとても稀なケースです。

お互いが気に入ってスムーズに就職内定まで進むとこちらも本当に幸せな気持ちになります。

ですが、われわれは卒業生たちの意思も大切にしたいと思っておりますので、今回のようにすぐに対応出来ない場合もあります。

今、スクールにはたくさんの求人を頂いています。たいへんありがたいことです。卒業生たちにたくさんの求人を紹介できますし、求人依頼を頂きました企業様にもできるだけたくさんの人材をご紹介したいと全力で対応しております。

これからも何卒、K&Yインテリアデザインスクールの受講生をよろしくお願い申し上げます。



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

2014年07月18日

Shade教室 vol.1 〜多角形〜

shade_vol1_ttl

こんばんは。Shadeコースの講師の中村です。今日から「Shade教室」と題してシリーズ でK&YインテリアデザインスクールShadeコース授業中に良くある質問やポイントとなるところを紹介していきます。このシリーズで、今Shadeを勉強されている方のお役に立てれば幸いです。ただし不定期のアップになりますのでそこはご勘弁を。

第1回目のテーマは「多角形」です。

ベクターワークス、イラストレーターなどでは、多角形ツール等で簡単に作れる正多角形ですが、Shadeでは意外と手間が掛かります。
まずは、正多角形のつくり方2通りを紹介します。


…樟をベースに自由曲面を作る方法

ここでは正八角形を例に作ってみましょう。

まずはベースになる線形状を用意します。
shade_vol1_01


8角形なので 360° ÷ 8 = 45° 分、回転複製します。
shade_vol1_02


残り6つは繰り返しで作り、線形状を全て自由曲面パートに入れます。
shade_vol1_03


8角形として閉じていないので、切り替えをして閉じた線形状に変更します。
shade_vol1_04


出来上がった8角形の線形状を自由曲面パートから外に出して完成です。
shade_vol1_05


ポイントとなるのは360°を多角形の数で割った角度で複製していくところになりますが、正確に割り切れない場合はどうすればいいでしょうか?

2番目の方法でその場合を紹介します。


円をベースにポリゴンメッシュを作る方法

ここでは正七角形を例に作ってみましょう。

円を用意します。
shade_vol1_06


円をポリゴンメッシュに変換します。
この時、交差方向の分割数を7とします。
shade_vol1_07


出来上がったポリゴンメッシュを線形状に変換して正七角形が完成です。
shade_vol1_08




正多角形のつくり方,留用で星型も作ってみましょう。

星型の場合、外側・内側の2種類の線形状でスタートしていきます。
shade_vol1_09


後は、多角形のつくり方の,脳匆陲靴進法で自由曲面にします。
shade_vol1_10


最後に、必要な線形状だけを取り出して完成です。
shade_vol1_11



この形状はスムージングをかけてあげれば角丸の星型になります。
shade_vol1_12


この図形をベースにすればテーブルクロスのような形状などもつくれます。
shade_vol1_13


今日はここまでです。

どうでしたか?勉強中の方にはお役に立ちましたでしょうか。それから、今から3DCGを勉強しようかなと思っていた方はShadeにご興味をもたれましたでしょうか。


当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

2014年07月17日

美術館へいこう♪レポート

20140715_101543
20140715_101602

目黒美術館で開催の「建築家・ライター・デザイナー・教育者ジョージ・ネルソン」展K&Yインテリアデザインスクールのみんなは課外授業の一貫“美術館へいこう”で行ってきました。

今回の課外授業は希望者を募って、インテリアコースCADコースのコースごちゃ混ぜで行ってきました(^_^)。

20世紀後半のアメリカのデザインを定義づけたデザイナーのひとり、ジョージ・ネルソンは、イームズ夫妻やイサム・ノグチ、アレキサンダー・ジラードらの優れた仕事を導いて、戦後のアメリカン・デザインの確立に大きく関わりました。
マシュマロチェア

ジョージ・ネルソンと言えばやっぱりこの椅子マシュマロチェアで有名なデザイナーです。その椅子も含めて、家具やプロダクト、模型や映像など約300点で構成されている会場は想像以上に見ごたえがありました。

受講生のみんなは、名前は知っていたけどこんなにたくさんの作品があることは知りませんでした〜とたくさんの展示に興味深々。見学に夢中になって時間を忘れて集合場所の1階ロビーにやってこない人が続出(^_^;)。

見学のあとは、楽しいランチ。予定していたカフェが人気で、もうちょっと遅かったら入れなかったかも・・というくらいものすごく混んでいて、間一髪で入ることができました。大人数での移動はこのあたりが心配です(^_^;)

20140715_115645
20140715_120843
20140715_121116

カフェではこんなものを頂きました♪

目黒美術館のあとは、東京都現代美術館で開催中の<b>「ミッション〔宇宙×芸術〕コスモロジーを超えて」展。
20140715_141106
20140715_142937
20140715_145036
月面にいる気分
20140715_150021
滝が流れているように見えますが、星の流星群かな?

体験型展覧会で見るより感じるものが多い展示物でした。宇宙ってやっぱりすご〜いーと宇宙の神秘性を感じる展覧会です。

この日は2つの展覧会に行って、現地解散しました。

この2つの展覧会はデザインを勉強している人にはお薦めなので是非行ってみてください。

K&Yインテリアデザインスクールではこのように、既成の授業以外に積極的に外に出かけて、見て、触って、体験できる課外授業を多く開催しています。

当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


2014年07月15日

夏の公開プレゼンテーションが開催されました。

日曜日にK&Yインテリアデザインスクールでは、2014年夏の公開プレゼンテーションが開催されました。

公開プレゼンテーション08
このプレゼンテーションはインテリアコースの応用クラスの受講生の作品発表の場の公開プレゼンテーションです。

今回の公開プレゼンテーションの計画地は『自由ヶ丘』!!
この計画地にインテリア全日コース店舗デザイナーコースは、『自由が丘に日本を感じさせる飲食店』を提案します。そして、インテリアデザイナーコースは、『5年後、10年後、15年後、変化する住宅』をテーマとした住宅を提案いたしました。

公開プレゼンテーション04
公開プレゼンテーション02
公開プレゼンテーション03
公開プレゼンテーション

公開プレゼンテーション01

公開プレゼンテーション07

インテリアコースの応用クラスは卒業までに2回のプレゼンを行います。そのため1回目の人と2回目の人と作品に差がでるのですが、今回はさほど技術的には差がありませんでした。

それだけ1回目のプレゼンターががんばった証拠ですが、企画の中身で勝負は出たようです。やはり2回目のプレゼンターの企画は良くまとまっていました。

今回は外部からインテリア系の雑誌やパンフレットを企画する広告代理店の方がゲストでいらしていて、感想をお聞きしました。
「3DCGなどは今すぐにでも使えるくらい高い技術力ですばらしい作品ばかりでびっくりしました。ただ欲を言えばデザインをもっと大胆な発想を入れてもよかったのでは?企画の着眼がおもしろいだけにそこが気になりました」との貴重なご意見を頂きました。

この意見には同感です。われわれ講師たちも、今回は全体的に無難にまとめたデザインが多かったような気がしました。

と、簡単には合格点を出しません。厳しいスクールです(笑)。でも、全体的にはいつもよりレベルの高い作品ばかりでした。だから余計に厳しい意見が多かったようです(^_^)。

プレゼンターのみなさん、本当にお疲れ様でした!!

今回の公開プレゼンテーションで発表された作品は後日、HPで公開いたしますのでお楽しみに!!

このプレゼンが最後で卒業となる受講生は、合評で注意されたところの修正を行い、就職活動に向けて準備を進めます。彼らにとってこれが大切な就職用のポートフォーリオになります。

このあと、就職ガイダンスや個別就職相談会で、履歴書、職務経歴書の書き方、作品の送り方などの指導を受けて就職活動をスタートさせます。

今スクールにもたくさんの求人がきています。

彼らが就職を決める企業はどのような会社なのか楽しみです。


当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

Profile

K&amp;Y INTERIOR DESIGN SCHOOL

インテリアスクールの講師、在校生、卒業生たちが日々の仕事やスクールの出来事を掲載していきます。このブログにはインテリアデザイナーを目指す若者たちの悲喜交々がいっぱい掲載されています。

お気に入りブログ&HP
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: