2015年07月

2015年07月28日

インテリアデザイン基礎知識8月・9月生募集中!!

K&Yインテリアデザインスクールのインテリアデザイナー・コーディネーターの為のインテリアデザイン基礎知識講座募集のお知らせです。

インテリアデザイナー・インテリアコーディネーターにとってインテリア基礎知識はなくてはならない大切なもの。この知識がなくては、インテリアのお仕事はできません。そのインテリア基礎知識をまとめて学習するのではなく、ブロックごとに自分の取りたい講座だけを習得できる便利なコース。

一からインテリアデザインを勉強するのではなく、不得手な部分をセレクトできるので、とても通いやすい講座です。

8月・9月生講座残席は以下の通りです。

<2015年08月20日スタートの木金コース>
マーケティング 授業(1)
08月20日(木)10:00〜15:50  
マーケティング 授業(2)
08月21日(金)10:00〜15:50  
マーケティング 授業(3)
08月27日(木)10:00〜15:50  
マーケティング 授業(4)
08月28日(金)10:00〜15:50
締め切りました。

<2015年09月03日スタートの木金コース>
法規・設備 授業(1)
09月03日(木)10:00〜15:50  
法規・設備 授業(2)
09月04日(金)10:00〜15:50  
法規・設備 授業(3)
09月10日(木)10:00〜15:50  
法規・設備 授業(4)
09月11日(金)10:00〜15:50
締め切りました。

<2015年08月29日スタートの土曜コース>
法規・設備 授業(1)(2)
08月29日(土) 10:00〜17:30 
法規・設備 授業(3)(4)
09月12日(土)10:00〜17:30
法規・設備 授業(5)(6)
09月26日(土) 10:00〜17:30
※空席があります。

<2015年8月25日スタートの火曜夜間コース>
法規・設備 授業(1)
08月25日(火)19:00〜22:00 
法規・設備 授業(2)
09月01日(火)19:00〜22:00 
法規・設備 授業(3)
09月08日(火) 19:00〜22:00
法規・設備 授業(4)
09月15日(火)19:00〜22:00 
法規・設備 授業(5)
09月22日(火)19:00〜22:00 
法規・設備 授業(6)
09月29日(火) 19:00〜22:00 
※空席があります。

<2015年8月30日スタートの日曜コース>
家具・造作家具 授業(1)(2)
08月30日(日)10:00〜17:30  
家具・造作家具 授業(3)(4)
09月13日(日)10:00〜17:30  
家具・造作家具 授業(5)(6)
09月27日(日)10:00〜17:30  
締め切りました。

※スケジュールは変更になることが有ります。

2015年8月・9月からの講義スケジュールの全体詳細

2015年8月・9月のインテリアデザイン基礎知識の講座は、混み合ってきていますので、お申し込みをご検討中の方はお早めに!!

受講料は、一講座3時間の授業が6回 合計18時間で¥51,840(8%税込)
(※K&Yインテリアデザインスクールでの受講が始めての方は初回のみ入学登録料¥10,800)
その他、一部の教材費+ショールーム見学交通費は自己負担となります。
4講座まとめてお申し込みの方は10%OFFとなります。

席数に限りがありますので、ご希望の方はお早めに!!

講座のお申し込みはこちらの申し込み用紙をダウンロードして、FAX(03-5358-1352)または、郵送でお送り下さい。



2015年10月スタートの講座のお申込みも受け付けております。
日程は10月のスケジュールを確認ください。

祇戎沺構造材  
(昼間木金曜コース、夜間火曜コース、隔週土曜コース)

恐閥顱βず邁閥顱
(昼間木金曜コース、夜間火曜コース、隔週土曜コース)

轡沺璽吋謄ング・プレゼンテーション 
(昼間木金曜コース、隔週日曜コース)

庫ゝ・設備 
(昼間木金曜コース、隔週日曜コース)

このインテリア基礎知識は必要なブロックだけを受講する事も可能ですし、4ブロック全てを受講する事もできますので、ご興味のある講座がありましたら、詳しくはこちらから




 当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。

2015年07月26日

夏季休暇のお知らせ

===夏季休暇のお知らせ===

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLは、
2015年8月10日(月)〜15日(土)まで休館となります。

9日(日)まで体験授業、コース説明会は開催しております。
 資料請求、体験授業のご予約は、下記URLより行えますので是非ご利用下さい。

資料請求の方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業・コース説明会のお申込はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kandy.ne.jp/school/freelesson.php

※休館日中の資料請求・体験授業のご予約・お問合せに関するメールは、2015年8月16日(日)以降に順次対応させていただきます。予めご了承下さい。


K&Yインテリアデザインスクールへの、お問合せに関する通常受付時間は下記の通りです。

火−金  11:30 〜 20:00

土・日  9:30 〜 18:00  

月    休館日




※受講生の方へ
フリータイムレッスンは、8月16日(日)からとなります。
8月16日(日)のフリータイムレッスンのご予約は、8月9日(日)に予約ができますので、ご予約の方は午後6時までにご連絡をお願いします。

8月18日(火)以降のフリータイムレッスンのご予約は通常通りとなります。

2015年07月22日

就職が決まった卒業生がやってきました。

今日は朝からスクールホームページが、サーバーの調子が悪くて閲覧できない状態でした。とりあえずトップはご覧になれますが、お問い合わせのフォームなどがまだ復旧していないそうです。
ご迷惑をお掛けしております。


話は変わって
昨日、就職が決まった店舗デザイナーコースの卒業生がやってきました。
スクールに遊びに来たわけではなくて、CAD(ベクターワークス)の練習です。

この卒業生はすでに7月から働き出しているのですが、いままでは研修でした。それも終わって来週から本格的にCAD(ベクターワークス)を使って設計アシスタントの仕事が始まるので、ちょっと忘れがちだったベクターワークスの練習をやりに来たそうです(笑)。

久しぶりに画面をみながら、やばい操作を忘れている〜と初めは騒いでいますが、ものの10分もしたらすいすいと操作は進んでいました。
「操作方法を忘れていなくて良かったです」と卒業生。

この卒業生の就職した会社はデザイン事務所ではなくて、なんと写真スタジオ。

もちろんカメラマンの仕事をするわけではなくて、スタジオを作るお仕事です。一軒屋を改修して撮影用のバックシーンが何箇所かあるスタジオを作っていくそうです。

以前、スクールブログでも紹介した渋谷のこのスタジオ→★の一軒家バージョンですね。
聞いているだけで楽しそうなお仕事です(^_^)。

本人もすごく楽しくてしかたがないらしく、会社はこれから全国につきつぎ展開していくのでいろいろなセットやシーンが考えられるのでそれが楽しみといってました。

よかったですね。仕事が楽しいのか一番です。これから暑くなるので身体には十分気をつけてほしいですね。われわれはそれだけが心配です。

今回の卒業生は写真スタジオの会社に就職しました。今、デザイン力は、設計やデザイン事務所だけではなく、いろいろなところで必要とされています。デザインを勉強するということは自分が描く夢に大きく近づくということです。





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。





2015年07月21日

デザイナー トム・ディクソンさん

本日7月17日(金)にTOM DIXON SHOP (トム・ディクソン ショップ)が、青山にオープンしました。→

それに先がけて内覧会があり、トム・ディクソン氏ご本人がロンドンから来日され、プレゼンテーションされました。

そのときのお話がとても有意義ですばらしいものだったのでみなさんにご紹介します。

tom dixon shop_11


tom dixon shop_13
初めはデザイナーになろうとは思っていなかった。

tom dixon shop_85
クラブDJやロックミュージシャンなどをしながら生計を立てていたが、あるときバイク事故を起こした。

tom dixon shop_17
それがきっかけで骨に興味をもって

tom dixon shop_18
これができました(笑)

pylon(塔)は送電線を支える鉄塔をイメージしてデザインされたチェアですが、その頃からどんなものでも骨組みがどうなっているのか興味をもったそうです。

このプレゼンテーションでときどきジョークが入るのですが、英語が得意でない私は、そこで笑えることなのかわからず遅れて笑っていました(-_-;)

ジョークはネイティブでないとわかりにくいです(笑)

tom dixon shop_14
そのあと、破損したバイクの修理をきっかけに独学で溶接の技術を取得。
tom dixon shop_16
tom dixon shop_19
溶接技術を生かし、街中で見つけてきた廃品などでオブジェや家具を製作し、その作品が知人たちの間で評判となり、本格的に家具デザイナーの道に進みます。

この経歴はとても有名なお話です。

いまでも、古いギロチン台を使って鉄をカットするみたいなことをおっしゃっていました。これにはちょっとびっくりしましたが、こんな素材の探究心から特異な作品が生まれているのですね。


このあと、インドとのある出会いがあります。
tom dixon shop_22
昔、インドでは真鍮(銅)の甕を使って水汲みをしていました。

tom dixon shop_23
これは、真鍮をハンマーで打ちつけ、独特の打痕模様を付けるインドの伝統的技法です。

tom dixon shop_24
今はこんなカラフルなプラスティックの甕です。

これにがっかりした彼はこのハンドメイドの伝統技術を残すプロジェクトを立ち上げます。
その一環としてインドの真鍮職人に依頼して製作された真鍮製の照明。

tom dixon shop_26

tom dixon shop_21

これが大ヒット!!
シェードのフォルムはインドの寺院の屋根のかたちや釣鐘に触発されたものです。


tom dixon shop_25

現在、ネット検索で『TOM DIXON 』と入力するとたくさんのショッピングサイトで商品が出てきます。

でもほとんどが偽物です。

偽物とは知らず購入している消費者もたくさんいます。そんな消費者に直に本物を見て、知ってほしいとの思いで、アジアの拠点となる東京青山にショップをオープンしたそうです。

tom dixon shop_27


後ろの壁に映っているのは、ロンドンの運河に面した元埠頭ポートベロードックにあるトム・ディクソンのショールーム兼ショップ。

ショップには、トムがデザインした商品、セレクト品が揃っています。最新プロジェクトの展示もみられるそうです。

愛娘フローレンスさんがが経営するカフェや季節の料理が楽しめる人気のレストランもあるそうです。
夏休みにロンドンに行かれる方は是非寄ってみてはいかがでしょう。

Tom Dixon Shop
Wharf Building Portobello Dock
344 Ladbroke Grove London W10 5BU
tel. 1+44-20-7183-9737

トム・ディクソン氏はプロダクトデザインだけではなく、空間デザインも手掛けます。ロンドンのショールーム兼ショップでそれを請け負っているので、ゆくゆくは東京のショップでも空間デザインまでを手掛けたいとおっしゃっていました。

ファッションの世界では、自分の名前をつけたブランドメーカーはたくさんあるのにインテリアにはないのはおかしいし、消費者にデザイナーの世界感が伝わりにくいのでブランドを立ち上げた。立ちあげるには、素材や在庫の商品管理、ビジネスとしての成功などすべて責任を負わなくてはいけないのでたいへんむずかしいが、自分の考えで商品を作ることができるのでそれがうれしいとおっしゃっていました。

鉄くずからマネーを生んだといわれ、イギリスのデザイン・シーンに活気をもたらしたトム・ディクソン氏。彼が作り出すオブジェはまるで錬金術のようだと、2000年にはイギリスの産業界への功績が認められ大英勲章も受章。

トム・ディクソン氏は、手工芸とインダストリアル・テクノロジーをつなぐものを模索しながら作品を発表する極めて現代的なデザイナーの一人でありますが、立派なビジネスマンでもありました。

ここには、たくさんの伝統工芸技術をもつ日本で活躍する若きデザイナーたちにも、なにかしら触発されるものがありそうです。

スクールでも是非ショップの見学会を開催したいと思います!!


TOM DIXON SHOP

所在地: 東京都渋谷区渋谷2--1--13
電話番号:03-5778-3282
営業時間:11:00 〜 19:00
定休日:水曜日

http://www.tomdixon.jp












当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。

2015年07月16日

就職が決まりました!!の報告が・・・

さっき、お昼休憩に出掛けていた受講生がずぶ濡れになって戻ってきました。確かにお昼に出るときはかんかんに晴れていましたが今は大雨・・・(^_^;)

今日は台風が近づいているせいか朝からおかしなお天気ですね。

先週、今週と続けて就職内定の連絡が入りました!!

お一人はアラフォーの卒業生。希望したリノベーションの会社への内定が決まりました。

30代半ばで、リノベーションの仕事をしたいと、意を決してK&Yインテリアデザインスクールに入学。

彼は、IT関連の仕事を長年やってきました。自宅を購入したとき、予算がないので全部ではないですが、DIYで一部内外装を自分でやったそうです。前々から家の改装にも興味がありましたので、それが妙に楽しくて、いつしかこれを職業にしたいという願望が芽生えてきたそうです。

IT関連の仕事は長くは出来ないと思い、それだったら好きなインテリアの勉強を本格的にやってみようと思ったそうです。

自分でも言ってましたが、アラフォーの転職活動は勉強も含めて簡単ではなかったそうです。

覚悟を決めて飛び込んではみましたが、勉強をするのは十数年ぶりだし、ましてやデザインなどを本格的に勉強をしたことがなかったので、頭をやわらかくすることが大変でした(笑)と。ですが、何もかもが新鮮で勉強をしているときが一番楽しかったです。

就職活動も久々にやって、第一印象や服装で合否が決まることを思い出したり(笑)と、それはそれで勉強になったとのこと。

初めはなかなか内定がもらえず何度か相談も受けました。そのとき、履歴書。職務経歴書、ポートフォーリオ(作品)はしっかりできているので何でかな?と思い、面接時の服装や受け答えなどを聞いてみました。するとどうも表情などが硬いことが分かりました。

そこで服装も彼の普段着はおしゃれなので、その服装をちょっとだけかしこまるだけでいいからとアドバイス。それからは内定も何社かもらえましたよ(^_^)。デザイナーとして面接を受けるのもむずかしいです。

そんな悲喜こもごもがあった就職活動でしたが、本当に決まってよかったです。

それから、もう一件内定をもらいましたと連絡がありましたが、詳細は電話だけではわからないので来週あたりに改めて報告にきてくれるそうです。

お天気は爽やかとはいきませんが、こんなうれしいニュースが届くとわれわれの心が爽やかになります(^.^)。





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。

2015年07月15日

マーケティング授業の現地調査!(夜間コース編)

昨日、インテリアコース(土曜基礎クラス)のマーケティング現地調査の様子をブログでアップしましたが、今日は夜間クラスの現地調査の様子をお伝えします。

インテリアデザイン基礎知識の授業は、土曜クラスと夜間クラスは同じスケジュールで進行しているので、現地調査に出かけるタイミングも近いことが多いです。

インテリアデザイン基礎知識のスケジュールはコチラ
http://www.kandy.ne.jp/course/interior_d.shtml

今回の現地調査は土曜クラスと同様のマーケティング授業のための現地調査です。
このマーケティング授業では、商業施設をリノベーションするという課題に対して、企画立案からプレゼンテーション方法を学びます。

土曜クラス同様、企画を立てるためにはまずは現地を調査する必要がありますので、今回も原宿まで足を運びました。

土曜クラスの時に撮影した場所で同じように撮影してみました!
マーケティング05
マーケティング04
マーケティング03
土曜日の昼間よりは人通りも少なくなっていますが、それでもこの人の数!
代々木と比べても一目瞭然ですね。
( ↓↓↓ 代々木駅前 ↓↓↓ )
yoyogi

行き交う人は、会社帰りの人が多いですね。中には待ち合わせをして飲みに行く相談をしているグループもいました。土曜の昼間とは行き交う人の層が違いますね。

マーケティング02
マーケティング01
今回も夜間クラスの受講生に課題となる商業施設の中で簡単な説明をして、いったんそこで解散。そのあとは、各自街を散策します。

夜間クラスは、昼間のクラスの現地調査とは違い、行動範囲が狭くなってしまうので少し大変ですが、それでもみんなポイントはしっかりと押さえた現地調査をしてきます。

私は夜の原宿・表参道エリアを少し見て回ってからスクールに帰って来たのですが、湿度が高かったせいか、かなり汗をかいてしまいました!急いで水分補給!みんなもしっかり水分補給しながらロケーションリサーチをしました。

次回の授業では、各自どんな企画を提案するかその企画の要点整理→具体的な作成方法を勉強します。

夜間基礎クラスの受講生のみなさん、お疲れ様でした。

このように、スクールではインテリアデザインだけではなく、マーケティングや企画の学習にも力を入れています。なぜならばこの勉強はいろいろなところで生かされるからです。スクールを卒業した受講生たちが、デザイン事務所だけではなくて、企画・マーケティングなどの仕事に携わる人が多いのは、こんな勉強をしているからです。


当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。

2015年07月14日

初めての企画づくり〜マーケティング授業の現地調査

先週まで、インテリアコース応用クラスの現地調査の様子をご紹介していますが、今日は、基礎クラスのマーケティングの授業様子を紹介します。

マーケティング授業の現地調査のために原宿まで足を運びました。
このマーケティング授業では、商業施設をリノベーションするという課題に対して、企画立案からプレゼンテーション方法を学びます。

企画を立てるためにはまずは現地を調査する必要があります。今回はそのために原宿まで足を運んだと言うわけです。

原宿駅
表参道03
それにしても人が多い!どこを見ても人・人・人。しかもこの日はとっても暑かった・・(^_^;)

7月に入ってから太陽を拝むことがありませんでしたが、ここ数日は本当に良く晴れています。ようやく夏!!を感じさせる日となりました。

ですが、受講生達はというと、暑さのためすでにバテ気味。
しかも人が多く自分のペースで歩くことが出来ず、余計に体力を消耗することに・・・。

表参道
表参道02
東急プラザの前の交差点はたくさんの人!!

人ごみの中ようやく課題となる商業施設に到着!

ここで受講生達に簡単に説明を加え、熱中症の注意を促して各自で原宿の街の調査へ出発。

その後、各自で現地調査を終えてスクールに帰ってきたのですが、みんなの顔には疲れの色が・・・

晴れという天気には恵まれましたが、暑すぎるのも考え物です。しかし、企画を立てる上で現地の情報を知ることは本当に重要な事です。
初日なのであまり実感が無いかもしれませんが、授業が進んでいくと、その重要性がよくわかってくると思います。今日は調査結果をしっかりとまとめて次回の授業の準備をして終了。

次回の授業では、各自どんな企画を提案するかその企画の要点整理→具体的な作成方法を勉強します。

基礎クラスの受講生のみなさん、お疲れ様でした。

当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


2015年07月11日

ロケーションリサーチ千駄ヶ谷編

今日は暑くなりましたね。梅雨は終わった?のでしょうか。

K&Yインテリアデザインスクールは今日もインテリアコース基礎クラスがマーケティングリサーチ授業のために原宿までみんなで出掛けました。

外に出かけるときは水分補給は各自しっかりするようにとは言ってありますが、こんな日は熱中症が心配ですね(^_^;)。

ブログは昨日の続きです。
こちらはインテリアコース全日応用クラスの代々木マーケティングリサーチです。

sendagaya_7
南新宿を廻ったあとは、明治通りを渡って千駄ヶ谷方面へ行ってみました。

sendagaya_9
千駄ヶ谷までの道のりは新宿御苑脇を通っていきましょう。緑の多い散歩に快適な道です。

sendagaya_10
新宿御苑は入園料が要りますが、休日を楽しむ公園としては最高です。

sendagaya_14
JR千駄ヶ谷駅まで行くと建築家槇文彦氏設計の東京体育館が見えます。sendagaya_15
東京体育館脇を抜けると今話題の新国立競技場の工事現場が見えてきました。坂の上から見ると広い工事現場が遠くまで見えましたが、下って近くまで来ると工事の囲い塀しか見えません。これからどんなものができるのか心配ですが楽しみでもあります。

次は千駄ヶ谷商店街。
sendagaya_18
sendagaya_16
素敵なブティックと思いきやアパレルのショールームでした。千駄ヶ谷は原宿が近いのでアパレルの会社多いところです。

sendagaya_13
sendagaya_20
sendagaya_19
このあたりは、決してにぎやかな商店街ではありませんが、こじゃれた飲食店が多く、夜になるとところどころに明かりがついて独特の雰囲気を醸し出す場所です。

sendagaya_21
ライトバンのお弁当屋さんも多いところです。
sendagaya_8
これはイタリアン専門のお弁当屋さん。パスタやパニー二のお味は本格的です。人気のテイクアウトのお店です(^_^)

また明治通りまで戻ってきて明治神宮に行く途中にこんな新しいビルを発見。
sendagaya_1
建築雑誌で話題の日建設計が手掛けたコープ共済プラザです。チェーンに植物の蔓が絡んで緑のカーテンになります。

建物全体が見れないのでなんとも言えませんが、平面・断面の計画から環境を考慮したビルと聞いています。

sendagaya_2
sendagaya_3
sendagaya_4
因みに、この近くにGAギャラリーがあります。考えてみると代々木って歴史的な建築など建築に関連する場所が多いです。

最後は明治神宮。sendagaya_22


この先は奥深い森でパワースポットがある憩いの場所です。

こうやって廻ってみると代々木は意外に緑の多いところです。どこへ行くにも便利で無機質なオフィス街ではないので仕事と生活の両方が楽しめる街。
ロケーションリサーチのあとに教室に戻って代々木の街とは?・・・のディスカッションでこんな意見が多かったです。
街の様子は実際にその場所に行ってみないとわからないものです。このようなリサーチで信頼できる情報を収集することができますし、それが企画の良否を大きく左右します。

これはプランを作る上でとても重要なことです。






当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


2015年07月10日

南新宿代々木散策〜周辺リサーチ

先週からインテリアコース応用クラスの新しい課題の周辺リサーチ様子をご紹介しています。

今日はインテリア全日応用クラスの周辺リサーチです。インテリア全日応用クラスは代々木の街に住宅プランを提案する課題です。

それのために代々木の周辺リサーチをしました。

代々木は、東は明治神宮、千駄ヶ谷があり、その先は原宿。北は甲州街道を超えると新宿、南へ行くと富ヶ谷、代々木上原で、おしゃれな街に挟まれたエアーポケットのような街です。そのためか、代々木という街の名前は知っているけど、この駅に降りたことがないという人が多いですね(笑)。

その代々木の街を一周してきました。

まずは南新宿方面へ
shinjuku_1
代々木と言えば、専門学校が多いというイメージですが、それを代表するのが「山野美容専門学校」

shinjuku_14
ここは代々木ゼミナール。昔は代々木駅近くにありましたが、今は新宿寄りに高層のビルを構えています。

shinjuku_16
代々木は新宿が近くにありますので高級マンションが多いです。家賃も高そう〜

shinjuku_17
単身者用のマンションも多いです。

shinjuku_9
これはとても古い建物で巨大なマンションです。昔はとても有名な高級マンションだったそうです。

shinjuku_2
この日は曇り空でちょっと暗くて分かりにくいですが、遠くに新宿高島屋が見えます。

shinjuku_3
マンハッタンのようなドコモビルも近くです。

全体を見渡したあとは、課題が代々木に住宅プランの提案なので暮らしている人々の日常を調べます。

shinjuku_12
ワンコインのお弁当やさん。代々木は住まいというより働く人が多いので、こんなお弁当屋さんは助かりますね(^.^)

shinjuku_13
shinjuku_10

新宿はエスニック料理屋さんが多いですが、トルコ料理屋さんはめずらしいですね。美味しそう〜(^_^)。

shinjuku_19
生活意識の高い方が多く住まわれているのでオーガニックのスーパーも見かけました。

歩いているとこんなものを見つけました。
shinjuku_4
shinjuku_6
1929年から続いている人形劇団プーク。

shinjuku_7
shinjuku_18
カフェもあります。

新宿や代々木は住むというより働く場所の利用が多いところだとは思いますが、近年の都市開発で住まいとしての街の利用も多くなりました。ちょっと路地裏に入ると代々木はまだまだノスタルジーが残る街です。

次回はは千駄ヶ谷の街を廻りましたのでご紹介します。お楽しみに♪






当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。



2015年07月07日

現地調査は机上の10倍は勉強になる

K&Yインテリアデザインスクールインテリアコース7月生の基礎コース、応用コースがスタートしました。

先週、インテリア応用7月生コースの土曜クラスが新しいか課題のため、南新宿に現地調査に出掛けました。そのブログの続きです。

ロケーションリサーチは交通機関や往来する人々、競合ショップの類似業種、業態をリサーチするためと、周辺建物のサイン(看板)、歩道、街路樹、建物の規模や形状、ショップの内装の仕上げなど様々なもの見て廻れるのでたいへんな勉強になります。
街を廻るときに、それらを意識するしないでは、雲泥の差があります。

それではそれにはどんなものがあるのか天井から見ていきましょう。
P7040023
P7040026
P7040031
P7040018
天井には照明をつけるのがあたり前なんですが、意外にどんなものがどんな風につけてあるのかを気にしたことがありません。それに天井にはいろいろなものがついていたり、デザインもいろいろです。

次は壁
P7040042
P7040037
P7040038
壁もただの塗り壁だけでなく、木だったりレンガだったりいろいろなものが使われています。オブジェをつけるとまた雰囲気が変わります。

サイン&サンプル
P7040036
P7040033
P7040039
P7040040
サインやサンプルは見ただけでデレクションしていかなくてはいけないのでとても大事なものです。

待合(休憩コーナー)
P7040035
休憩コーナーはいまや商業施設にはかかせないものです。ゆっくり休憩できる椅子はどんなものでしょう。

P7040041
P7040002
この行列はなんだろうと考えたり、マーケティングの勉強もしました。

意識しながらいろいろなものを見ると本当に勉強になります。実際にものを見たり触ったりすることが、教室の机だけで勉強する10倍も効果があるということはこんなことなんですよ(^_^)。






当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。





Profile

K&amp;Y INTERIOR DESIGN SCHOOL

インテリアスクールの講師、在校生、卒業生たちが日々の仕事やスクールの出来事を掲載していきます。このブログにはインテリアデザイナーを目指す若者たちの悲喜交々がいっぱい掲載されています。

お気に入りブログ&HP
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: