2015年09月

2015年09月27日

飲み込みが早い人ってどんな人?

飲み込みが早い人ってどんな人だろうって、よく講師の間で話にでます。

それについて考えてみました(^_^)。

要領がいい、記憶力が良い、理解力があるとか知能的な頭の良さで決まりそうですが、はたしてそれだけでしょうか?

それだけではないような気がします。

飲み込みが悪いのは経験不足と容量不足が原因で誰でも起こることです。

周りを見てみると、飲み込みが早い人は、普段から新しいことに挑戦したり経験を積むことをいとわないと考えている人だと思います。

新しいことに挑戦したり経験を積むことをいとわないと考えている人は、内容を理解できることはもちろんのこと、考える力があり、自分の考えを人に的確に伝える能力、問題を解決できる能力を持っています。

誰だって新しいことを始めると覚えることがたくさんあって疲れます。ですが「物覚え」というのは「慣れ」です。

常に何かに「挑戦する」という姿勢を忘れないということは、新しいことを始めてそれに慣れるというコツを掴みやすくなります。何かをやることに面倒くさがらないことも大事です。

そうすると、自分は何でもできると「自信」がつきます。

まずは、何かに「挑戦する」という行動を起こし、スクールに通ったことで、最後は自分は何でもできると「自信」をつけて卒業していきます。

そんな能力や自信を身に着けることで、飲み込みが早い人に変わっていく。そのような人をK&Yインテリアデザインスクールでは何人も見てきました。

そして、卒業生たちは生き生きと仕事を続けています。もちろん今でも毎日何かに挑戦し続けています。

K&Yインテリアデザインスクールの技術力だけでなく、このような実力もついてくるカリキュラム内容です。

あなたも「挑戦する」という行動と「自信」をつけに、K&Yインテリアデザインスクールで学びませんか?





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校




2015年09月22日

求人企業様からこんなメールが届きました。

こんにちは。今日も気持ちよく晴れていますね(^_^)

巷はシルバーウィークですが、K&Yインテリアデザインスクールは通常通り授業をやっています。

この連休中はフリーレッスンにこられる方が多いですね。

特にインテリアコース応用クラスの受講生の方は、秋のプレゼンテーションまで日にちが迫っていますので、時間を見つけては足繁く通っています。



ところで、6月に就職した卒業生の勤めている企業からこんなうれしいメールが届きました。


K&Yインテリアデザインスクール就職ご担当
戸田様

お世話になっております。

その節はたいへんお世話になりました。

ご紹介いただきました、□□△さんが無事正社員になりましたことを
ご報告させていただきます。

□□△さんは、毎日真面目に一生懸命働いており、
仕事の飲み込みも早く、まわりからも信頼を得ています。

良い人材をご紹介していただきまして大変感謝しております。

中略・・

研修期間3ヶ月が経過しましたので本人との話し合いで
正社員として勤務してもらうことになりました。

弊社としましては、あと1.2人は希望しております。
候補者がありましたらご紹介のほどよろしくお願いします。

○○ (株) 採用担当 □□


こんなメールを頂くと本当にうれしいですよね。

この企業様が求人依頼をされたとき、中々うちに良い人材とめぐり合えなくて・・とおっしゃっていたので、こんなメールを頂くだけで本当にうれしいです。

本人からも夏ごろ、先輩たちから良くしてもらってどんどん仕事を覚えていっています。
仕事を覚えていくことがこんなに楽しいとは思いませんでした。

と、明るいメールが届いていました。

よっぽど楽しいんでしょうね。

あんまり感情を表に出す子ではなかったので、このメールにびっくりしました。


順調そうで良かったです。


K&Yインテリアデザインスクールの卒業生たちは、しっかりとしたポートフォリオ(作品)を持って、就職活動に挑んでいます。そのポートフォリオ(作品)で面接官はその人の仕事能力を判断しますので、この制作は大事なものです。

そんな就職活動用のポートフォリオ(作品)の発表会である公開プレゼンテーションが、10月11日(日)に開催されます。

そのために1階のコンピュータールームでは今日も真剣な表情で応用クラスの受講生たちは制作に励んでいます。

これが終わるまでなんかスクール全体がざわついています(笑)

毎回この時期になるとこうなんですが、スクールとしても優秀なたくさんの卒業生を送り出したいので、落ち着かないのは仕方がないかな(^_^;)








当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

2015年09月18日

清水の舞台から飛び降りるくらいの大きな買い物

先週から、4月に卒業した受講生がそろそろ仕事も一段落ついたので就職活動の準備をしにきています。

そのとき彼女がうれしそうにこんなことを話してくれました。

なんと彼女はあこがれの椅子を買ったらしいです。

「清水の舞台から飛び降りるつもりで買いました!」

買った椅子はイームズのイームズプライウッドチェア
LCW_OU-m-01-dl


購入したのはアクタスだったらしいのですが、ハーマンミラー社の保証書つきの正規品です。→

確かに清水の舞台から飛び降りるつもりくらいの買い物です(笑)。

「今、毎日家に帰るのが楽しみで幸せなときを過ごしています(^_^)。」と本当にうれしそうでした。


私は授業のときなどに、家具は一つ一つでもいいから良く吟味してから、良いもの(できれば正規ブランド品)を買いなさいと言っています。

巷では、有名デザイナーのデザイン版権を使ったリプロダクトやジェネリック家具などもあります。それは絶対ダメとは言いませんが、インテリアデザイナーや家具デザイナー、ショップバイヤーを目指している人はやはり本物を使ってほしいです。

リプロダクトやジェネリック家具を説明したまとめサイトがあります→

本物を使ってこそ、クライアントに本物のデザイン提案ができるのです。

ブランド物は確かに高いです。ですが、少しずつ貯金をして、初めは一つづつ買い足していくのでもいいと思います。

家具は長く使うものです。それだけ吟味して買ったものは将来も絶対ゴミになりません。むしろ財産になります。

中途半端なものを買ってあとでゴミにするくらいなら、リサイクルショップや代替品をどこから貰ってくるかして、買えるまで我慢しなさいとみんなに言うと、えーそんなーと笑っています。

それくらいの気持ちで使い手にならなければ、本当にいいものを作る作り手にはなれないと本気で私は思っていますので、これからもみんなに言い続けます(笑)。

それに上質の家具は本当に人々を幸せにしてくれます。

特に品物が届くまで待ち遠しくて幸せです(^_^)。






当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校






2015年09月10日

二人暮らしに最適なコンパクトな住まい

先月末、インテリア全日コース応用クラスの作品発表の公開プレゼンテーションがありました。

スクールでは、基礎編でインテリアの基礎知識を学んだあと、応用編で実践型授業のカリキュラムで進めています。その発表の場が公開プレゼンテーションです。

20481927

K&Yインテリアデザインスクールでは春、夏、秋、冬に、応用クラス全員の作品発表会があります。

公開プレゼンテーションの様子→

今回のプレゼンテーションはこれとは別に平日に開催されたものです。

その実践型カリキュラムの一貫で、 代々木に建つオフィスビルを、賃貸アパートメントにリニューアルコンバージョンする住宅プランの学習です。

空室率が高い都心の中古オフィスビルを、従来のアパートメントに立て替えても、問題の解決にはなりません。そこで新時代のソフトを取り入れ、新たなビジネスモデルを組み込んだアパートメントの提案です。

そのプレゼンテーションで「二人暮らしに最適なコンパクトな住まい」という題名の新しいアパートメントを提案した、ちょっとユニーク課題に取り組んだ受講生の作品をご紹介します。

「二人暮らしに最適なコンパクトな住まい」と題名は普通なんですが、このアパートメントは男女カップルはもちろんのこと、今話題の同性カップルも入居可能なアパートメントなんです。

まずは、二人で暮らすことはどうことなのかを調べるうちに、個人を尊重しながら暮らす同性カップルの生活をお手本に今回のアパートメントをデザインしてみようと考えたそうです。

よくまとまっている作品です。→

スライド1

この作品以外にも、このようなユニークな企画の作品がたくさんあります。

ご覧ください→





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校





2015年09月06日

脳内疲労を起こすマーケティングプレゼンテーション授業

今週はインテリアデザイン基礎知識コース夜間クラスのマーケティング授業でプレゼンテーションが行われました。

「商業施設をリノベーションする」という課題に対して、企画の立て方、プレゼンテーション方法を学びます。

最後の授業では、みんなの前で自分が考えた企画をイメージボードと一緒に発表します。

マーケティング04

いつもは発表前に予行練習を行うのですが、今回は時間がなくほとんどの方が、ぶっつけ本番で望むことになりました(笑)。

今回のプレゼンテーションで重要な部分は、自分のやりたい商業施設の企画を単に発表すれば良いと言う事ではなく、今何が必要とされているか、どうしてここに作る必要があるのか等の時代背景をしっかりと調べて、『哲学・ビジョン・コンセプト』を明確に打ち出し、それに繋がる企画詳細を出さなくてはいけません。

マーケティング03

企画作成の段階では、この時代背景・哲学・ビジョン・コンセプトをうまくまとめるということができず苦労しましたね。

言いたいことがたくさんあってまとまらず、最初に言っていたことと違う内容だったり、内容が少しずれているのかなと感じる人もいましたが、全体的にはみんな良くまとまった発表でした。

マーケティング01
マーケティング02


自分の考えを人に伝えると言うことは本当に難しいことです。

言葉を少し間違えただけでまったく違う意味に捉えられたり、考えがうまく伝わらないことがあります。

特に今回のような企画の発表は、話す内容をしっかりと整理し、順序立てて説明をしないと本当に伝わりません。そこがこの授業の重要なところでもあり、難しい部分でもあります。

この授業を終えた受講生に話を聞くと、CAD図面やPC作業の大変さとは違って頭の中が本当に疲れると言います。それくらい深く考えて企画をまとめます。

でも、これを経験をする前と後ではまったく違います。

この発表をしたことでK&Yインテリアデザインスクールの受講生たちは、自分の考えをうまく伝えられるようになり話し上手になったという人が多いです。これは就職面談にも役に立ちます。

これから先も、企画を発表するという機会が多くあると思います。そのときは今回の授業のことを思い出してくださいね(^_^)。


当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

2015年09月01日

在校生・卒業生の夏休み報告

フェイスブックに、在校生・卒業生たちの夏休み報告がたくさん届いてます。

時期をずらしてお休みをとった人が多く、意外に実家で過ごしたって人は少ないですね。

在校生は実家で過ごしたり、軽井沢、那須などの避暑地へ出掛けた人、温泉にいった人と国内旅行がほとんでした。

卒業生は海外に出掛けた人が多かったようです。
一番多かったのはアジア。シンガポール、バリ島、フィリピンセブ島、タイのバンコクなど暑いところが中心です。

ヨーロッパに行った人は食万博開催中のミラノに行った人もいました。イタリア全土を廻るツアーだったらしく、ミラノは1泊2日だったので、改めてもう一度行きたいと言ってました。4月に結婚したけど新婚旅行がまだだったのでゆっくりしてきましたということです。

北欧も2人いました。北欧は夏が一番だーと別々に行った2人が言っていました。ほんと、いいところなんでしょうね(^.^)。

ニューヨークでミュージカル三昧した人もいました。これは経験あるからわかる〜(^_^)。

あと、アフリカに出掛けた人も・・といっても北アフリカのマラケシュですが、この卒業生は女性1人旅で現地で日本人の旅行者とお友達になったみたいで一緒に写真を撮っていました。

夏フェスに行った人もいました。
サマーソニックで喉が枯れるくらい騒ぎましたーとから、私が知らない聞いたこともないフェスに行った人も・・。夏フェスってたくさんあるんですね(^.^)。

そのほかに新たな出発をした人たちも・・・
家を買ってリノベーションを思案中の人、独立して事務所をオープンさせた人と様々です。

2月、8月は二八(にっぱち)と言って、店舗系のビジネスは景気が一番悪いといわれています。一番暇な時期に改装をやるところが多く、ちょうど夏休み前が引渡しだった卒業生もいました。無事引渡しを迎えて長い夏休みに入りますという報告もありました。

自分が担当したしたお店の3DCGがメディア用に使われてそれがうれしかったというかわいい卒業生のコメントもありました(^.^)。

夏休みは長いお休みをもらえなかったので、シルバーウィークで9連休をもらったと報告する人も。

毎日たくさんのお仕事をかかえていて、長期のお休みを取りづらいK&Yの卒業生たち。

でも、お休みのときはおもいっきり遊んで楽しんでいる姿は、K&Yインテリアデザインスクールの卒業生らしくて良いですね(^.^)。

今を充実させている報告を貰うたびに本当にうれしくなります。

K&Yインテリアデザインスクールのみんな がんばれ! ファイト!





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校



Profile

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL

インテリアスクールの講師、在校生、卒業生たちが日々の仕事やスクールの出来事を掲載していきます。このブログにはインテリアデザイナーを目指す若者たちの悲喜交々がいっぱい掲載されています。

お気に入りブログ&HP
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: