2013年06月30日

日曜コースのプランニングの授業が行われました!

今日は、K&Yインテリアデザインスクールインテリアコース(日曜コース)の基礎コースの授業の様子をご紹介します。

K&Yインテリアデザインスクールのインテリアコースは基礎クラスと応用クラスとに分かれて授業をしています。土曜、日曜、夜間クラスは1年の修業期間で、昼間週4日通うインテリア全日コースは6ケ月の修業期間です。

先日のブログでは、インテリア全日コースの方のプランニングの授業についてお伝えしましたが、今回は同じ内容の授業を、インテリアコース(日曜コース)の方たちが行いました。

課題として与えられているのは、120屬龍間で、店舗でも住宅でどちらでもOK。

20130616_121540


このプランニングの授業で重要視されるのは平面のレイアウトデザインとインテリアコーディネーションです。

K&Yインテリアデザインスクールの授業といえば、マーケティングでの企画課題で有名ですが、この時点ではマーケティングや企画は重要視せず、空間の把握をすることを中心に学びます。このような基本の学習があってこそ、マーケティングや企画をベースにしたプランニングができます。

課題の資料を渡されて、建築基準法や消防法のレクチャーと、建築図面の説明を受けたあとは、プランのゾーニングをします。そして、平面レイアウトを清書(これは手描き)して、床、壁、天井、家具などのインテリアコーディネーションボード、照明計画ボードまでを完成させます。

この授業では、平面レイアウトプランと照明計画プランを行い、家具や照明も考えます。

家具や照明だけを選べばいいのではなく、床、壁、天井、のマティリアル・テクスチャーも選ばなくてはいけません。
20130616_121548

20130616_121602


家具や照明、マティリアルを、渡されたシートから選んで丁寧にハサミで切って、ボードに貼っています。
20130616_121536


こちらは、家具のシート。

画像2


こちらは、受講生の方の机の上。
のりにハサミにカッターに・・・
大変な苦労の跡が見えます。

画像3


画像7


照明計画は、今回は手描きです。

画像6


そして、いよいよ発表です。

画像1


画像5


受講生の方も少しずつ発表に慣れてきたようで、以前よりも説明がスムーズでした!

ただし、講師からは、全体的にまとまっていたという点の評価に加えて、ただ平凡にまとめるのではなく、「デザイナー」であるからこそのアイデアをもっともっと考えるように、とのコメントがありました。

インテリアデザインの勉強を始めると、今まで意識していなかったところにも目が行くようになります。

どんどん出かけて色んなお店を見て、素敵なものをたくさん見て、デザイナーに必要なセンスを磨いてください!


当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL

インテリアスクールの講師、在校生、卒業生たちが日々の仕事やスクールの出来事を掲載していきます。このブログにはインテリアデザイナーを目指す若者たちの悲喜交々がいっぱい掲載されています。

お気に入りブログ&HP
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: