2014年08月23日

曲げ木と成型合板

皆さん、曲げ木とか成形合板って言葉を聞いたことがありますか?

インテリアデザインや家具デザインを勉強したことがある人は知っていますよね。

曲木とは、水分を与えて熱を加えると可塑性が大きくなる木材の性質を利用して、曲線状に加工した材、またその技法のこと。
成形合板とは薄い単板を繊維方向に積層接着し曲面状に成形した合板のこと。
(インテリア情報サイトインテリア建築用語集から)

この技法は多くの家具で使われています。

今回のK&Yインテリアデザインスクール8月のワークショップは曲げ木と成型合板について勉強します。

P8230010
写真は曲げ木の現物

k_01
写真は日本の成形合板メーカー天童木工の工場に積み上げられた成型される前の合板。

曲げ木や成型合板で作られている名作家具で有名なのは、トーネットの「曲木椅子」やアルネ ヤコブセンの「セブンチェア」でしょう。

i2
ト―ネット社の曲げ木チェア

1
成形合板技法で作られたセブンチェア

富士ファニチャー_3
写真は成形合板をアレンジした小林幹也デザイン富士ファニチャーのダイニングセット。

これらが曲げ木や成形合板の技法でできていることは分かっていても、実際にどのように作るのか、机上の勉強だけではわかりません。

ワークショップでは、初めにこのような名作椅子や曲げ木、成形合板の椅子の構造の勉強をして、実習に取りかかります。

images

今回は天童木工のムライスツールを作ります。

P8230004

約3時間弱の実習なので本物の曲げ木や合板を使用するわけにはいかないので、それもどきで厚手の紙を使ってこの椅子を作ります。

P8230005

P8230006

本物そっくりでしょう(笑)

本物とはいかないまでも曲げ木や成形合板の工程が分かるものです。参加した人たちは紙でできているのは分かっているのですが、やっぱり出来上がるとうれしもので大切に持って帰ります。

今回のワークショップのすでに満席となりましたので締切ましたが、毎月こんな楽しいワークショップを開催しています。

このワークショップは家具に興味のある人、インテリアに興味がある人、ただものづくりに興味がある人と様々な人がきている楽しい授業です♪

ご興味のある方は、是非次回のワークショップにご参加ください。

ワークショップのスケジュールは、スクールのニュースで随時更新されます。

詳しくはこちらから→http://www.kandy.ne.jp/event/news.php#461





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

Profile

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL

インテリアスクールの講師、在校生、卒業生たちが日々の仕事やスクールの出来事を掲載していきます。このブログにはインテリアデザイナーを目指す若者たちの悲喜交々がいっぱい掲載されています。

お気に入りブログ&HP
訪問者数