夢をかなえた男

2009年08月22日

夢をかなえた男 パート3




前回の掲載から1ケ月たった『夢をかなえた男』の続きです。

そちらへ伺って一度お話をお聞きしたいとメールを出したところ、快い返事を頂いた私たちは、早速浜松へと向かいました。
新幹線で浜松まで、それからバスで現地までいきます。目的地のバス停をおりてもそれらしき風景は見えてきません。その日は暑く日差しも強い日でした。それでもインターネットで支持された道をすすんでいき、角を曲がった丘の先にこの風景がみえてきました。






正面建物は要塞のような円形の囲いでパティオがあり、レストラン、ケーキショップ、カフェ、そして、雑貨屋さんがあります。左側の丘には水車がまわり小川が流れています。











要塞の一部の木造のログハウスの建物がこのぬくもりの森のオーナー佐々木茂良さんの建築設計事務所です。
その佐々木さんに直接、お忙しい中時間をとって頂き、このぬくもりの森の歴史や、仕事に対する姿勢などをお聞きしました。



佐々木さんはお父様が大工さんをされていて、ご自身も40歳くらいまでは図面を書きながら大工さんもやられていたそうです。はじめはこの土地に建築事務所として使うこのログハウスをご自分で建てて、それからご自身の趣味であるクラシックカーの車庫、そして、レストラン、パティオ、カフェ、クラシックカー博物館、ケーキショップとつぎつぎにぬくもりの森は今の形に完成されていきます。


仕事をしているうちに本当に自分がつくりたい建物だけを建てたくなり、絵本や写真でみた形をスケッチしながら、それを実際に作ってどんどんとこのようなスタイルの建築がであがっていったそうです。



夢を形にして作ってあげたい。その気持ちでお客様と一緒に作り上げていく建築。新しい形だけがすばらしいとは思わず、過去のものほど素晴らしいデザインがあると考えていきました。無駄があり洗練されていないデザイン。それが佐々木さんのものづくりに対する気持ちです。

佐々木さんは、コンペティションが大きらいで、人と競争までして仕事をほしいとは思わない。だから、自分だけにしかできない世界を作りあげ、そこに新しい顧客を見出しました。決して過去に戻っているわけではなく、古いものをリスペクトしながら新しいことを考えられるのでしょう。

『独立したいという情熱があれば、やりだすことに年なんて関係ない、いくつになってもやりたいことはできる。』
おもいっきりの笑顔で、『夢は願っていれば必ず叶うんだよ。』とおっしゃった佐々木さんの言葉は、夢を実現した人の重い言葉でした。

ぬくもりの森のお店はすべてご自分で経営なさってらっしゃるそうです。外部のテナントを入れると、自分の思い描く店の運営にならないからです。









店舗の設計をしている人の中に、いつかは自分がデザインしたお店を経営したいと思っている人は大勢います。それはデザイナーの最後の夢らしいです。
現に有名なインテリアデザイナーで店舗を経営されている方を何人かいます。

その夢も叶えてしまわれたんですね。佐々木さんは・・・・

『朝、5時から8時の間に一番アイデアが出る』とおっしゃっていた佐々木さんは、今日も早起きをして次への夢の構想を練っているのでしょうか(笑)。



こういった空間が私の住む近くにあれば、毎日でもいきたいと思わせる空間。日常をはなれやさしい気持ちにさせてくれる場所がこのぬくもりの森です。

私は、一人の建築家が26年かけてこつこつと作り上げた夢の空間に、今度はK&Yインテリアデザインスクールのみんなをつれていきたいと思いました。

それで10月19日(月)にみんなでいきます!!


ぬくもりの森へいこうツアー開催 参加者 募集中
10月19日(月) 朝 8時出発 


このブログを見たK&Yインテリアデザインスクールの在校生、卒業生の方で、ぬくもりの森に行ってみたい方はスクールまでご連絡をください。





2009年07月15日

夢をかなえた男 供,未もりの森

あるときK&Yインテリアデザインスクールのひとりの受講生が課題のテーマを考えている時、『ぬくもり』というキーワードでネット検索をしていました。『ぬくもり』というキーワードで検索トップにでてきたのは
浜松 ぬくもりの森ぬくもり工房』でした。それをクリックすると出てきたページは古い地図のような絵です。そこにはミュージアム、工房、レストラン、ケーキショップとひとつの町のような風景が出てきました。カーソルをずるずると下におろすと、ぬくもりの森へようこそ、ぬくもりの森ヒストリーが書かれてあります。詳しくはぬくもりの森のホームページをご覧ください。







このホームページを見れば見るほど、私はここを訪ねたくなりました。本当にここって日本に実現するの?(笑)。ホームページには写真もいっぱいあるしブログもいろいろ書いてありますので間違いなく存在しているのでしょう。

それで、早速、ずうずうしくもメールをしてみました。
そちらのホームページを拝見したいへん感動したので一度そちらにお伺いして、お話をしたいと・・・・すると快い返信のメールがありました。

そんなわけで私は浜松へと向かいぬくもりの森のオーナーで建築家の佐々木さんにお会いすることになりました。

このつづきは次回へ・・・・おたのしみに(*^_^*) 夢をかなえたい人必見です!!



2009年07月08日

夢を叶えた男



みなさんは漠然と将来はこうしたい、こうなりたいと夢を描くことが多いと思います。しかし、夢って本当に叶うのかなって疑ったことってありませんか?本当は夢ってかなわないよって・・・・




その人は夢って願っていれば必ず叶うんだよって笑いながら言ってくれました。



浜松から車で30分浜名湖方面に向かうとここはあります。



この場所の名前は『ぬくもりの森』

なだらかな丘を登るとそこは突然風景がかわりました。ここはどこ?どの国か言えません。ヨーロッパのどこかの片田舎?それとも中東アジア?






ここは、ある建築家が自分の夢を実現した集大成があります。

次回、私たちがなぜここをおとづれたのかを掲載します。



インテリアデザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す方はインテリアデザインの学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL(K&Yインテリアデザインスクール)へGO!!☆!














Profile

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL

インテリアスクールの講師、在校生、卒業生たちが日々の仕事やスクールの出来事を掲載していきます。このブログにはインテリアデザイナーを目指す若者たちの悲喜交々がいっぱい掲載されています。

お気に入りブログ&HP
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: