日々のできごと

2015年09月18日

清水の舞台から飛び降りるくらいの大きな買い物

先週から、4月に卒業した受講生がそろそろ仕事も一段落ついたので就職活動の準備をしにきています。

そのとき彼女がうれしそうにこんなことを話してくれました。

なんと彼女はあこがれの椅子を買ったらしいです。

「清水の舞台から飛び降りるつもりで買いました!」

買った椅子はイームズのイームズプライウッドチェア
LCW_OU-m-01-dl


購入したのはアクタスだったらしいのですが、ハーマンミラー社の保証書つきの正規品です。→

確かに清水の舞台から飛び降りるつもりくらいの買い物です(笑)。

「今、毎日家に帰るのが楽しみで幸せなときを過ごしています(^_^)。」と本当にうれしそうでした。


私は授業のときなどに、家具は一つ一つでもいいから良く吟味してから、良いもの(できれば正規ブランド品)を買いなさいと言っています。

巷では、有名デザイナーのデザイン版権を使ったリプロダクトやジェネリック家具などもあります。それは絶対ダメとは言いませんが、インテリアデザイナーや家具デザイナー、ショップバイヤーを目指している人はやはり本物を使ってほしいです。

リプロダクトやジェネリック家具を説明したまとめサイトがあります→

本物を使ってこそ、クライアントに本物のデザイン提案ができるのです。

ブランド物は確かに高いです。ですが、少しずつ貯金をして、初めは一つづつ買い足していくのでもいいと思います。

家具は長く使うものです。それだけ吟味して買ったものは将来も絶対ゴミになりません。むしろ財産になります。

中途半端なものを買ってあとでゴミにするくらいなら、リサイクルショップや代替品をどこから貰ってくるかして、買えるまで我慢しなさいとみんなに言うと、えーそんなーと笑っています。

それくらいの気持ちで使い手にならなければ、本当にいいものを作る作り手にはなれないと本気で私は思っていますので、これからもみんなに言い続けます(笑)。

それに上質の家具は本当に人々を幸せにしてくれます。

特に品物が届くまで待ち遠しくて幸せです(^_^)。






当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校






kandy2006 at 11:46 この記事をクリップ!

2015年09月01日

在校生・卒業生の夏休み報告

フェイスブックに、在校生・卒業生たちの夏休み報告がたくさん届いてます。

時期をずらしてお休みをとった人が多く、意外に実家で過ごしたって人は少ないですね。

在校生は実家で過ごしたり、軽井沢、那須などの避暑地へ出掛けた人、温泉にいった人と国内旅行がほとんでした。

卒業生は海外に出掛けた人が多かったようです。
一番多かったのはアジア。シンガポール、バリ島、フィリピンセブ島、タイのバンコクなど暑いところが中心です。

ヨーロッパに行った人は食万博開催中のミラノに行った人もいました。イタリア全土を廻るツアーだったらしく、ミラノは1泊2日だったので、改めてもう一度行きたいと言ってました。4月に結婚したけど新婚旅行がまだだったのでゆっくりしてきましたということです。

北欧も2人いました。北欧は夏が一番だーと別々に行った2人が言っていました。ほんと、いいところなんでしょうね(^.^)。

ニューヨークでミュージカル三昧した人もいました。これは経験あるからわかる〜(^_^)。

あと、アフリカに出掛けた人も・・といっても北アフリカのマラケシュですが、この卒業生は女性1人旅で現地で日本人の旅行者とお友達になったみたいで一緒に写真を撮っていました。

夏フェスに行った人もいました。
サマーソニックで喉が枯れるくらい騒ぎましたーとから、私が知らない聞いたこともないフェスに行った人も・・。夏フェスってたくさんあるんですね(^.^)。

そのほかに新たな出発をした人たちも・・・
家を買ってリノベーションを思案中の人、独立して事務所をオープンさせた人と様々です。

2月、8月は二八(にっぱち)と言って、店舗系のビジネスは景気が一番悪いといわれています。一番暇な時期に改装をやるところが多く、ちょうど夏休み前が引渡しだった卒業生もいました。無事引渡しを迎えて長い夏休みに入りますという報告もありました。

自分が担当したしたお店の3DCGがメディア用に使われてそれがうれしかったというかわいい卒業生のコメントもありました(^.^)。

夏休みは長いお休みをもらえなかったので、シルバーウィークで9連休をもらったと報告する人も。

毎日たくさんのお仕事をかかえていて、長期のお休みを取りづらいK&Yの卒業生たち。

でも、お休みのときはおもいっきり遊んで楽しんでいる姿は、K&Yインテリアデザインスクールの卒業生らしくて良いですね(^.^)。

今を充実させている報告を貰うたびに本当にうれしくなります。

K&Yインテリアデザインスクールのみんな がんばれ! ファイト!





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校



kandy2006 at 17:41 この記事をクリップ!

2015年03月27日

大塚家具騒動にみる日本のインテリア業界

大塚家具さん騒動も落ち着くところで落ち着いてよかったですね。

私も仕事でいく先々で話題になり「どうなっているの?」と聞かれるのですが、ニュースでご覧になっているとおりですよ。と苦笑いするしかありません。

今回の騒動を簡単にいうとこれまでのビジネスモデルでは、成長も収益も期待できず、すでに成り立たなくなってきたからです。
インテリア業界は昔のように結婚のときに家具を一遍に購入する時代ではなく、『ライフスタイル』を軸に、自分の好みでインテリアを揃えていく流れになっています。


話は変わって先々週、南青山にイタリアの高級家具ブランドのモルテー二ショールームがオープンしました。

Molteni&C_21


Molteni&C_18


Molteni&C_1


受講生のみなさんは、家具の授業やミラノサローネ勉強会で学びますのでよく知っていますよね。

モルテー二とはシステム収納やオフィス家具で培った世界最高峰の技術をベースに、先進的で収納と一体となったハイクオリティー空間を提案している家具ブランドです。そして、ショールームデザインは今世界でもっとも売れっ子女性デザイナーパトリシア・ウルキオラ

とてもすばらしいショールームですので、スクールでも見学会を設けたいとおもっています。

モルテー二ショールームの詳細は→こちらから

日本のインテリア文化は欧米に比べたらまだまだ遅れていると思います。本格的に始まったのは戦後からですからね。
戦後、次々と海外家具ブランドが日本市場にやってきました。ちょっと前々では家具はやっぱり海外ブランドが良いものという考えが定着していました。
騒動のあった大塚家具さんもたくさんの海外ブランドの販売権利をもっています。

それはそれでとても良かったことだと思います。戦後復興を歩みだしてきた人々が豊かを実感するのが住まいです。これらのたくさんの見本があったおかげで日本のインテリア業界は大きく成長できました。

とくに技術の成長は高く今では椅子づくりの木工加工技術はトップレベルです。

それを扱う販売店も同じです。街にはハイセンスなインテリアショップがあふれ、日本の人々は独自のライフスタイルを形成しそれらを選択しています。

インテリアは国の品位を守る文化であり、日本は独自のすぐれたものをたくさん持っています。それを伝承し守り続けるには、新しいものとの融合が必要です。つまり伝統を守り続けるにもイノベーションは常に必要なのです。

今回は販売店が大きくクローズアップされましたが、日本のものづくりをされる企業もイノベーションの不可欠を実感されると日本のインテリア業界はもっと発展していくのではないでしょうか。

情報発信や教育する側のわれわれも今回の騒動は身につまされました。インテリアを生活のための道具として考えるのではなく、人々の生活を豊かにするものと考えられる人でなければ、「インテリア」や「家具」のプロでもアドバイザーでもないと感じました。

それを考えればインテリアやデザインが今の日本にどれだけ重要が分かるはずです。クールジャパンでいかに日本を世界に売り込むか問われる時代です。そのクールジャパンの筆頭であるインテリアが時代を逆行してダサければ、クールジャパンは失敗に終わるのです。

私たちの業界がいまどれだけ重要な場所であるのかを、みなさんにもっとしてもらうためにも情報発信、教育が必要であると実感しました。







当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

kandy2006 at 18:37 この記事をクリップ!

2015年02月15日

バレンタインデー♪

昨日はバレンタインデー♪でした。

みなさんはたくさんのチョコレートを頂いたのでしょうか。土曜日なのでいつもの年よりは少なかったかな。

K&Yインテリアデザインスクールでは毎年矢野校長が、目黒にある洋菓子屋のOGGIの生チョコレートケーキを買ってくるのが恒例となっています。

d2c60c4d

ebb8870f


昨年は雪の中を買ってきたり、一昨年は宅急便で届いたりして、みんなと楽しく頂いた様子がブログに書かれていました。

ですが、今年はなんとOGGIの生チョコレートケーキはすべて売り切れ!!だったらしいです。
忙しくて前もって買うことができず当日に行ったのが甘かった・・・当たり前よね〜と残念がる矢野校長。

小田急デパートにも行ったらしいのですがそこも売り切れ・・・・(^_^;)

バレンタイン

でも、変わりに買ってきたWITTAMERのチョコレートブラウニーがとっても美味しくて、これもみんなに評判が良かったのでがっかりしていた矢野校長もうれしそうでした。

でも最後までOGGIの生チョコレートケーキを食べさせたかっった・・と言っておりました(笑)






当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。



kandy2006 at 10:58 この記事をクリップ!

2014年12月24日

新バカラのシャンデリアの前でメリークリスマス!!

。・゜゜・☆彡*:.。.:*・゜Xmas+.゜+.☆彡・゜・。・*:.。.:*・゜

どんなに厳しい時代でも、どんなに悲しいできごとがあった年にも必ずクリスマスはやってきます。クリスマスが嫌いな人っていないと思います。

そんなクリスマスの幸せな気分を盛り上げてくれるのがクリスマスイルミネーション。。。。

K&Y インテリアデザインスクールのクリスマスイルミネーション部隊がいろいろなところに出かけてみなさんに素敵なクリスマスイルミネーションをお届けしま〜す。

.。+゚*[o・ω・]ノ*.。+゚* +.☆彡・゜・。・*:.。.:*・゜Xmas+.゜

今日は恵比寿ガーデンプレイスから。

PC150024

PC150022

恵比寿ガーデンプレイスの冬を彩るイルミネーションと言えばバカラのシャンデリア。

PC150036

PC150027

恵比寿ガーデンプレイスの20周年記念とバカラ250周年を記念してバカラ史上最大となるスペシャルなきらめきがセンター広場にお目見えしました。

PC150029

このシャンデリアをデザインしたのはインテリアデザイナーの森田恭通さん。

PC150031

なぜ森田恭通さんがこのシャンデリアをデザインすることになったかというと、彼が日本人デザイナーでもっとも多くバカラのシャンデリアを使っているからだそうです。

納得です。(^_^)森田恭通さんのインテリアはバカラのシャンデリアが良く合います。


PC150033

ところでシャンデリアとかの光が多いものを撮影するのは難しいですね(^_^;)。
ぜんぜんきれいに撮れません。

PC150041


今日はクリスマスイブ。それでは皆さま、良いクリスマスをお過ごしください。

メリークリスマス!




kandy2006 at 19:12 この記事をクリップ!

2014年12月21日

代官山のクリスマスイルミネーション

。・゜゜・☆彡*:.。.:*・゜Xmas+.゜+.☆彡・゜・。・*:.。.:*・゜

どんなに厳しい時代でも、どんなに悲しいできごとがあった年にも必ずクリスマスはやってきます。クリスマスが嫌いな人っていないと思います。

そんなクリスマスの幸せな気分を盛り上げてくれるのがクリスマスイルミネーション。。。。

K&Y インテリアデザインスクールのクリスマスイルミネーション部隊がいろいろなところに出かけてみなさんに素敵なクリスマスイルミネーションをお届けしま〜す。

.。+゚*[o・ω・]ノ*.。+゚* +.☆彡・゜・。・*:.。.:*・゜Xmas+.゜

今日ご紹介するのは代官山から。

毎年、代官山アドレスプラザでは、八幡通りにつながるアドレスモールがアクアブルーの幻想的な光の通路で美しく彩られます。

PC150003
PC150007
PC150006
PC150002今年は広場に、日本で1台の黄金のイルミネーションの馬車が初登場。

ここからは代官山の街の風景。代官山にはおしゃれなブティックやカフェ、インテリア、小物を扱うショップがたくさんあります。
PC150011
PC150012
ここは帽子専門のショップです。温かい気持ちにしてくれるディスプレイが素敵です。

PC150014
ここはカフェやインテリア小物、美容室が入った商業施設の中庭です。

PC150015
PC150018
外から見られることを意識したビルごとの外観ディスプレイ。

PC150019
細かい手の込んだディスプレイもありました。

インテリアデザインを勉強している人には、街を歩いているだけでライティングやディスプレイの勉強になります。

この時期の代官山は、全体的にやわらかいオレンジのライティングのショップが多いです。小さいお店が多いので街全体が明るいわけではなく、遠くにポツンポツンと光が見える感じです。ゆっくり街を歩いていると優しい気持ちになります。

この時期の代官山の夜の街散策はお薦めです♪


このスクールブログでクリスマスイルミネーションを始めた2009年頃は、そんなにたくさんのクリスマスイルミネーションの見所スポットはありませんでしたが、今年は日本中で「こんな素敵なイルミネーションがあるよ」って聞きます。

おそらくみなさんのお住まいの近くにも自慢できるクリスマスイルミネーションがあると思います。

まだまだ続く寒い夜空に気持ちを温かくしてくれるクリスマスイルミネーション。これが日本中に広がることで、人々が元気になることはいいことですね。(^.^)






当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


kandy2006 at 11:25 この記事をクリップ!

2014年12月19日

中目黒青の洞窟〜イルミネーション

K&Yインテリアデザインスクールのブログでは、2008年 2009年、 2010年とクリスマスイルミネーションを紹介してきました。

しかし、2011年は震災の影響で街全体が自粛ムードの中、紹介できるイルミネーションがなかったのでお休み。2012年は私たちの仕事があまりにも忙しかったのでまたお休み。

それで復活した昨年のクリスマスイルミネーションはこちら→2013年

今年も時間が許す限り、クリスマスイルミネーションをご紹介していきます♪

。・゜゜・☆彡*:.。.:*・゜Xmas+.゜+.☆彡・゜・。・*:.。.:*・゜


どんなに厳しい時代でも、どんなに悲しいできごとがあった年にも必ずクリスマスはやってきます。クリスマスが嫌いな人っていないと思います。

そんなクリスマスの幸せな気分を盛り上げてくれるのがクリスマスイルミネーション。。。。

K&Y インテリアデザインスクールのクリスマスイルミネーション部隊がいろいろなところに出かけてみなさんに素敵なクリスマスイルミネーションをお届けしま〜す。

.。+゚*[o・ω・]ノ*.。+゚* +.☆彡・゜・。・*:.。.:*・゜Xmas+.゜


今年1回目は中目黒の青の洞窟。

春は桜並木でにぎあう中目黒ですが、今年からその桜の木をブルー一色にした初めてのクリスマスイルミネーションです。♪
PC100236
PC100237
PC100240
PC100245
PC100248
PC100250
PC100254
PC100256
PC100257

ため息のでる幻想的な風景です。

中目黒は目黒あたりに比べると川幅が狭いので、川をはさんでアーチに桜の木が垂れ下がっています。その木一本一本にブルーのLEDが装飾してあるので、企画の意図どおりまさしく「青の洞窟」となりました。

PC100251
PC100252


人だかりの様子が写真で見えますか?暗くてわかりにくいと思いますが、すごい人です。

毎晩あまりの人だかりなので、事故を心配して土日の点灯はなくなりました。なので「青の洞窟」を見に行こうと考えている方は土日は点灯していませんので、平日にどうぞ。







当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

kandy2006 at 18:01 この記事をクリップ!

2014年12月14日

京都のホテルで働く卒業生

関西にいる卒業生からお手紙をもらいました。

とても長い手紙なので全部を掲載することはできないのですが、要約するとK&Yインテリアデザインスクールを卒業してすぐに入った会社は退職して、今は京都のホテルでレセプションを中心に、デザインやイベント企画などのお仕事に携わっているという内容でした。
小さなホテルですが、9割が外国人のお客様で、名だたるデザイナーが集結したデザイン性の高い空間のホテルです。

自分の情熱とスキルが存分に行かせる仕事をみつかることができて、今は毎日が充実しているし幸せだとも書かれていました。

彼女は英国留学の経験があり、イタリア語も少しできます。それで、やはり語学を行かせる仕事をやりたかったようです。

スクールを卒業して実家がある関西に戻り、すぐに大きなメーカーのショールームのコーディネーターとして仕事に携わっていたのですが、コーディネーションやCADなどの図面作成だけではやりがいを見出せなかったことなどが書かれていました。

そのホテルは現在、京都に一店舗ですが、これから日本や世界に拡大していくそうです。ロンドンで建築を学ばれたオーナーのもとで、自分の成長とともにそれらの企画に携われたらと彼女は考えているそうです。

「それは授業で、とにかくたくさんのものを見て、いろいろなことをインプットすることが自分の感性やアイデアを作ることにつながるという先生の教えがあったから」と、企画書を作る喜び、厳しさなど日々奮闘している様子と一緒に感謝の気持ちをつづってくれました。

ともかく、K&Yでの一歩から、自分なりのスタイルでインテリア、デザインに関わる仕事を見つけることができたことはたいへんうれしいことだし、このような連絡をもらうだけで胸がいっぱいになります。

K&Yのインテリアコースの卒業生は、インテリアデザインだけでなくグラフィックもきちんと学びますので、彼女のようにプランナーとしてのお仕事に携わる人も多いです。

私たちはいつもスクールに入学する受講生に、「インテリアデザインは一つの入り口として考えなさい。中に入ればデザインはみんな同じ。一つのデザインをきちんと学べばそのあとはどの分野のデザインにでも進むことができます。」

それが正しいことを手紙をくれた卒業生が証明してくれました。







当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校










kandy2006 at 16:40 この記事をクリップ!

2014年11月21日

企画がおもしろいファンクションスペース-2

企画がおもしろいファンクションスペースの昨日の続きです。

K&Yインテリアデザインスクールのみんなに、企画やデザインの参考になるので、新しくオープンしたおもしろいスペースをご紹介しています。

昨日のブログはこちらから→

新たな世界観を発信する拠点として“PLAY FUL”と言うコンセプトで、渋谷松涛にマルチファンクションスペース「TRUNK BY SHOTO GALLERY」がオープンしました。

このスペースはリニューアルオープンです。以前はウィディングのみの結婚式場でした。

実は、K&Yインテリアデザインスクールの卒業生がここで結婚式をあげて、クラスメイトと講師が挙式&披露宴に招待されました。

そのときの様子が写真に撮ってありました。
CIMG0238
結婚式の祭壇の風景です。

これが
PB190027
このようなイメージにリニューアルされました。

披露宴会場もがらりとイメージを変えました。
CIMG0267
CIMG0272


PB190051

PB190053
明るくて落ち着いたサロン風の空間になりました。

昨日、ご紹介したスペースは、以前は新郎新婦やご親族の控え室です。ですが、このようなスペースにちょっとだけカジュアル感を持たせるインテリアにするだけで、10名の小さなPARTYから600名規模のイベントが可能になったのです。

このリニューアルで、挙式披露宴会場のビルはマルチファンクションスペースに生まれ変わりました。

PB190052
PB190054
PB190059
PB190063
PB190081
PB190082
小さなパーティから大人数のウェディング・パーティ、その他、展示会、フォトスタジオ、フォッションショー、企業セミナー、プレス発表会、音楽ライブと様々なシーンで利用できるマルチな空間です。

かなり、思い切ったリノベーションです。このリノベーションを行った会社は株式会社テイク&ギヴ・ニースという結婚式関連事業を中心に行っている企業ですが、このリノベーションで企画会社としてもチャレンジングしていくのでしょうか。

そんなことを感じさせる元気な企業です。

K&Yインテリアデザインスクールの卒業生は、デザイン事務所だけではなく、こんな企画を考えるプランニング会社にも多く就職しています。




当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

kandy2006 at 12:13 この記事をクリップ!

2014年11月20日

企画がおもしろいファンクションスペース-1

こんにちは。今日の東京は寒いですね。秋がすぎて初冬になり、巷ではイルミネーションのニュースがあちらこちらから聞こえてくる季節ですね。街はすっかりクリスマス気分です♪

今日はK&Yインテリアデザインスクールのみんなに、企画やデザインの参考になる新しくオープンしたおもしろいスペースをご紹介します。

新たな世界観を発信する拠点として“PLAY FUL”と言うコンセプトで、渋谷松涛にマルチファンクションスペース「TRUNK BY SHOTO GALLERY」がオープンしました。

PB190041
PB190039
こんなお部屋が数ヶ所あって10名からのPARTYができます。合コンや婚活PARTYにぴったしです。

PB190036
PB190038
このお部屋ではウェディングやプロ用のフォトスタジオとして活用。このお部屋でももちろんPARTYができます。

PB190042
このお部屋は小さなお子様のBirthday Partyでしょうか。お部屋には燦燦と自然光が入るので、昼間のPartyにぴったりです。

PB190044

ここでは、Partyメニューやそれにあわせるパーティグッズも相談にのってくれます。

PB190028

PB190032

上の階では、あらゆるパーティのご相談にのれる打ち合わせスペースがたっぷりとってあります。

PB190031

PB190033

これらの小物はパーティを盛り上げるグッズや撮影用の小物としても使用できます。

「TRUNK BY SHOTO GALLERY」は5階建てビルディングで今日は4階、5階部分をご紹介しました。

下の階もたくさんの趣向を凝らした空間演出があります。

今日ご紹介できるのはここまでです。

スクールの受講生の中にもこれに近い企画を考える人はいるのですが、それが実現するとこんな形になります。企画を考える上で実現したものを見ると分かりやすいと思います。

K&Yインテリアデザインスクールの受講生の作品はこちらからご覧になれます。→

それでは、進化しづつける渋谷の街に、自由でクリエティブな空間をチャレンジングした発想の続きは、また明日ご紹介します♪

お楽しみに!!



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ


kandy2006 at 11:56 この記事をクリップ!
Profile

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL

インテリアスクールの講師、在校生、卒業生たちが日々の仕事やスクールの出来事を掲載していきます。このブログにはインテリアデザイナーを目指す若者たちの悲喜交々がいっぱい掲載されています。

お気に入りブログ&HP
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: