家具・プロダクトデザイン&ワークショップ

2014年09月05日

家具・プロダクトコースに朗報!!〜あなたのデザインしたものが商品化される!?

ishikawa16[1]


K&Yインテリアデザインスクール家具デザイン・プロダクトデザインコースの受講生たちに朗報です。

応用コースの受講生たちがデザインした家具やインテリア雑貨を企業様へプレゼンテーションすることになりました。プレゼンテーションで企業様に気に入って頂ければ商品化もされます。

店舗デザインコースや住宅のインテリアデザインコースでも産学協同で、お店のオーナー様やリノベーションの企業様に作品発表はやっていますが、家具デザイン・プロダクトデザインコースでは初めのことです。

K&Yインテリアデザインスクールの母体会社はインテリア情報サイトというインテリア専門サイトを運営しています。それで多くの企業様とのお付き合いがあるのですが、そのつながりでこのような話になりました。

新人でユニークな発想のデザインを企業は求めているとのことで、過去の家具デザイン・プロダクトデザインコースの作品をみせたところ、
「正直素人っぽい荒削りな作品がおおいですがユニークなアイデアもあります。もちろん作品全部は商品化できませんが、中には少し手直しすれば商品化できるものもありますよ」って太鼓判を推されました。
あとCGがすばらしく、リアルティにプレゼンテーションボードにまとめてあるので、デザイナー自身が何を考えて作ったがよくわかります。とのありたがたい言葉も頂きました。

10月からの応用コースのテーマは『木の素材を使って、学び・遊び・暮らし・エコの2つのキーワードを組み合わせた商品』です。それに向けて作品を作っていきます。
まずは、木製品を中心に扱っている企業様にプレゼンします。今のところ協賛企業は2.3社ですが、これからどんどん増やす予定です。

商品化できるという高い目的意識があるとデザインするモチベーションもぐーと上がります。

楽しみですね♪





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ



kandy2006 at 17:00 この記事をクリップ!

2014年08月23日

曲げ木と成型合板

皆さん、曲げ木とか成形合板って言葉を聞いたことがありますか?

インテリアデザインや家具デザインを勉強したことがある人は知っていますよね。

曲木とは、水分を与えて熱を加えると可塑性が大きくなる木材の性質を利用して、曲線状に加工した材、またその技法のこと。
成形合板とは薄い単板を繊維方向に積層接着し曲面状に成形した合板のこと。
(インテリア情報サイトインテリア建築用語集から)

この技法は多くの家具で使われています。

今回のK&Yインテリアデザインスクール8月のワークショップは曲げ木と成型合板について勉強します。

P8230010
写真は曲げ木の現物

k_01
写真は日本の成形合板メーカー天童木工の工場に積み上げられた成型される前の合板。

曲げ木や成型合板で作られている名作家具で有名なのは、トーネットの「曲木椅子」やアルネ ヤコブセンの「セブンチェア」でしょう。

i2
ト―ネット社の曲げ木チェア

1
成形合板技法で作られたセブンチェア

富士ファニチャー_3
写真は成形合板をアレンジした小林幹也デザイン富士ファニチャーのダイニングセット。

これらが曲げ木や成形合板の技法でできていることは分かっていても、実際にどのように作るのか、机上の勉強だけではわかりません。

ワークショップでは、初めにこのような名作椅子や曲げ木、成形合板の椅子の構造の勉強をして、実習に取りかかります。

images

今回は天童木工のムライスツールを作ります。

P8230004

約3時間弱の実習なので本物の曲げ木や合板を使用するわけにはいかないので、それもどきで厚手の紙を使ってこの椅子を作ります。

P8230005

P8230006

本物そっくりでしょう(笑)

本物とはいかないまでも曲げ木や成形合板の工程が分かるものです。参加した人たちは紙でできているのは分かっているのですが、やっぱり出来上がるとうれしもので大切に持って帰ります。

今回のワークショップのすでに満席となりましたので締切ましたが、毎月こんな楽しいワークショップを開催しています。

このワークショップは家具に興味のある人、インテリアに興味がある人、ただものづくりに興味がある人と様々な人がきている楽しい授業です♪

ご興味のある方は、是非次回のワークショップにご参加ください。

ワークショップのスケジュールは、スクールのニュースで随時更新されます。

詳しくはこちらから→http://www.kandy.ne.jp/event/news.php#461





当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

kandy2006 at 13:10 この記事をクリップ!

2014年08月02日

ワークショップ『真空成型の仕組み』開催

7月27日(日)にワークショップが開催されました。

K&Yインテリアデザインスクールワークショップは、家具やプロダクトの模型などを制作しながら、構造デザインの基本を学びます。

今回のワークショップ『真空成型の仕組み』です。

まずは真空成型の仕組みや、今回使用するプラスチックについてのレクチャーです。
ワークショップ01
ワークショップ02

ところで『真空成型』って、聴きなれない言葉ですがみなさんご存知ですか?

真空成型とは、薄いプラスチック板を熱して、柔らかくなった所で型に押し当て、下から空気を吸い出し、型と材料との間を真空にし密着度を高めて形を抜き取る方法です。
ワークショップ03
この真空成型を利用した物は身近にあります。例えば、コンビニ弁当に使われている器!!この器も真空成型を利用して作られている物がほとんどです。

レクチャーの後はいよいよ作業開始!!ワークショップ04
ワークショップ05
作業を開始する前に、注意事項の説明です。今回は電熱器を使いますので、火傷にも注意しながら作業を行います。
ワークショップ06
ワークショップ07
火傷しないように気をつけて!!さらに、プラスチック板を焦がさないように!!!

ワークショップ08
10分前後熱したら、冷めないように素早く型へ押し当てます。それと同時に下から掃除機で空気を抜き真空状態へ!!型へ当ててから成型されるまではアッという間!!
ワークショップ09
オォォ〜綺麗な形に成型できました!!
型にあてるときには、勢いと慎重さが大切になりますが、両立するのはなかなか大変な作業です!!
ワークショップ10
ワークショップ11
形ができたら、周りにある余分な部分をカットしていきます。

ワークショップ12
ワークショップ14
カットしたら、その周りにやすりをかけて完成です!!

ワークショップ13
ワークショップ15

いつも目にしている物でも、作り方は意外と知らないものです。
今回のように実際に作って体験してみるとみると、次から見方が変わってきますよね。

初めて経験する作業だったので、失敗もありましたが、それはそれで味のある作品になっていましたね。(^∀^)
大きなものではないので、小物入れにでもして下さいね。


次回のワークショップのテーマは『成型合板の仕組み』 を予定しています。
成形合板の構造を理解してながら、模型で椅子の制作をします。
=====================================
日付 : 2014年8月24日(日)
場所 : K&Yインテリアデザインスクール
講師 : 中野講師
定員 : 6席
受講料:1,500円  
=====================================
詳細はコチラ
↓↓↓↓↓
http://www.kandy.ne.jp/event/news.php?mode=detail&id=461

申し込みはコチラ
↓↓↓↓↓
http://www.kandy.ne.jp/form/workshop/

※このワークショップはK&Yインテリアデザインスクールの受講生はもちろん、家具に興味がある方ならどなたでも参加して頂くことができるワークショップです。


インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへGO

2014年07月05日

7月のワークショップ開催のお知らせ。テーマは『真空成型の仕組み』。

K&Yインテリアデザインスクールで開催する7月のワークショップのお知らせです。今回のテーマは『真空成型の仕組み』!!

真空を利用し、一瞬にして平面から立体へと変化して行く工程を体験します。
真空成型02

これは、昨年のワークショップの様子です。

最初は真空成型についての基礎知識を学びます。真空成型とはどのような仕組みなのか、素材はどのようなものがつかわれるのかなどなど、意外と身近に真空成型を使用した品物があったりします。
真空成型04
真空成型07
今回の作業は、電熱器を使用してプラスチック版を熱して成型を行います。真空成型08
プラスチック版が少しでも冷めてしまうと、成型ができないためスピードが鍵となります。同時に電熱器から成型する器具へ移るときは、タイミングと慎重さも重要です!いろいろ考えていると、作業が進まなくなってしまいますね(>_<)真空成型11
真空成型14
真空成型15
成型ができたら、鑢をかけて完成です。
小物入れにはちょうど良い大きさのものです。是非、自分の手で制作してみては如何でしょうか!!

このワークショップは、デザインの基本を学ぶものです。家具デザイン・プロダクトデザインやデザイン全般に興味がある方ならどなたでも楽しめる内容です。

家具デザインや、プロダクトデザインで最も重要となってくるのが家具の構造や仕組み、素材の知識です。デザインする時はもちろん、実物を制作する時も、その構造知識がとても重要となってきます。
K&Yインテリアデザインスクールではこのワークショップで家具・プロダクト製品の構造や仕組みの知識を増やしてほしいと考えています。それはインテリアデザインのすべてにつながってくる知識だからです。

<ワークショップ詳細>
テーマ:『真空成型の仕組み』
=============================
日付 : 2014年7月27日(日) 
時間 : 13:30〜16:30
場所 : K&Yインテリアデザインスクール
講師    : 中野講師
席数 : 6名(残席数3名
参加費(材料費込み) : 1500円

ワークショップのお申込はコチラ
↓↓↓↓↓
http://www.kandy.ne.jp/form/workshop/
=============================
※このワークショップはK&Yインテリアデザインスクールの受講生以外の方も受講が可能です。




当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。

2014年06月26日

ワークショップを開催しました。テーマは『あかり』

K&Yインテリアデザインスクールでは、6月22日(日)にワークショップが開催されました。

先月まではミラノサローネ勉強会が毎月開催されていて、その間はワークショップはお休みをしていました。なので、今回のワークショップは久しぶりの開催です!
このワークショップは6月以降は毎月開催する予定で、デザインの基本を学ぶ内容になっています。

今回のテーマは『あかり』!!

ワークショップ14
インテリアにおける照明の大切な役割など基礎知識をいろいろと学んだところで、いよいよ作業に入ります。
ワークショップ13
ワークショップ11
講師から、作業についての注意点を聞きます。ここでしっかりと聞いていないと、後でとても大変なことになってしまいます。

いよいよ作業開始!!
ワークショップ10
線に沿って決められた方向に折って行きます。ワークショップ12
まだ折ります。
ワークショップ09
まだ、まだ折ります。
全て折り終わったところで、のり着けです。ワークショップ08
のり着けが終わったら、しっかりと接着するまで、しばらく待ちます。

その間、色々な電球をみてそれぞれの特徴について学びます。
ワークショップ

エジソンランプ 、白熱電球 、電球型蛍光灯、LEDランプの特徴について、実際にランプを点灯して見て行きます。ワークショップ06
エジソンランプは非常に高温になる為、直に触ることはできませんが、熱をほとんど発しないLEDランプは実際に触ってみて、熱を発していないことを体験!!

この熱を発しないと言うところがとっても重要なのです。今回のワークショップで作成するシェードは紙を使用しているので、熱を発してしまう種類の電球は使用できません。そこで、今回は熱を発しないLEDランプを使用します。

さあ、いよいよ組み立てです。
ワークショップ05
この日は、湿気があって紙が少し柔らかかった為、なかなか組み立てることができませんでした。
苦労してようやく形になったのがコチラワークショップ01
ワークショップ04

なんとか形になって良かったです!!
ワークショップ02


次回のワークショップは、7月27日(日)13:30〜開催予定!
テーマは『真空成型の仕組み』です。
詳細・お申込みはコチラ
↓↓↓
http://www.kandy.ne.jp/event/news.php?mode=detail&id=453

※今回のワークショップと同様の方法で照明を制作する際には、電球の温度、紙と電球の間の距離などに十分注意をして下さい。




当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。

2014年06月04日

ワークショップ開催のお知らせ!! 今回のテーマは『あかり』です。

今日はK&Yインテリアデザインスクールで開催するワークショップのお知らせです。今回のワークショップのテーマは『あかり』。昨年冬に開催したときに一番好評だったワークショップです。

ランプシェードを作成しながら、照明の構造や役割・種類など、あかりについて学んで行きます。
昨年のワークショップの様子です。akari03
ワークショップ
制作するランプシェードの中に入れる電球はLED!
熱をこもらせないLEDを使用することで、いろいろな紙を使用したり、折り方を工夫することで世界に一つだけのオリジナルランプシェードを作ることができます。
このワークショップで制作したランプシェードはお持ち帰りができますし、自分の部屋でも使えます。
ワークショップ02
ワークショップ01
akari02
(写真のランプシェードのデザインと、当日制作するランプシェードのデザインは異なる場合があります。)

このワークショップは、デザインの基本を学ぶものです。家具デザイン・プロダクトデザインやデザイン全般に興味がある方ならどなたでも楽しめる内容です。

家具デザインや、プロダクトデザインで最も重要となってくるのが家具の構造や仕組み、素材の知識です。デザインする時はもちろん、実物を制作する時も、その構造知識がとても重要となってきます。
K&Yインテリアデザインスクールではこのワークショップで家具・プロダクト製品の構造や仕組みの知識を増やしてほしいと考えています。それはインテリアデザインのすべてにつながってくる知識だからです。

<ワークショップ詳細>
=============================
日付 : 2014年6月22日(日) 
時間 : 13:30〜16:30
場所 : K&Yインテリアデザインスクール
講師    : 中野講師
席数 : 6名(残席数2名
参加費(材料費込み) : 2500円
(とても人気のあるワークショップで、メルマガからのご案内でお申込みあり残席が2名となりました)

ワークショップのお申込はコチラ
↓↓↓↓↓
http://www.kandy.ne.jp/form/workshop/
=============================
※このワークショップはK&Yインテリアデザインスクールの受講生以外の方も受講が可能です。




当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求をどうぞ。また、随時体験授業・コース説明会も開催しています。是非ともご参加ください。

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

お電話でのお問い合せは
03−5358−1351

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。

2013年09月11日

ワークショップを開催いたします!!今回のテーマは『凹凸』♪

K&Yインテリアデザインスクールでは、、毎回好評のワークショップを9月22日(日)に開催致します。

今回のテーマは、『凹凸』についてです。
凹凸形状から得る現象や効果を理解し、新しいユニバーサルデザインを模索します。
work_shop05

CIMG1883

プロダクトデザイナー家具デザイナーは、デザインの提案、制作図面、などを作成し、試作品のチェックからデザイン修正と製品の完成までを管理します。デザイン提案は3DCGが主流になっていますが、実物の表現技術という面で原寸模型を作ることもあります。

その中で最も重要となってくるのが家具の構造や素材の知識。デザインする時はもちろんですが模型制作をする時や実物を制作する時も、その構造知識がとても重要となってきます。

それらの知識を得るためには今回のワークショップのように実際に模型を制作して学ぶことが一番だと思います。お時間がある方は是非ご参加ください。

もちろん家具づくりに興味がある方、将来家具を作ってみたい方にもご参加頂きたいと思います。
初心者の方大歓迎です!!!!!


※このワークショップはK&Yインテリアデザインスクールの受講生はもちろん、家具に興味がある方ならどなたでも参加して頂くことができるワークショップです。

<ワークショップ詳細>
=================================== 
日時 :2012年9月22日(日) 13:30〜16:00
テーマ: 「凹凸」 
     凹凸形状から得る現象や効果を理解し、
     新しいユニバーサルデザインを模索します。

場所   : K&Yインテリアデザインスクール
定員  : 6名
参加費 : 1,500円
================================

お申込みはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.kandy.ne.jp/form/workshop/



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

2013年08月29日

楽しいワークショップ♪ 『真空成型の仕組み』

8月25日(日)にワークショップが開催されました。

K&Yインテリアデザインスクールワークショップは、家具やプロダクトの模型などを制作しながら、構造デザインの基本を学びます。

今回のワークショップ『真空成型の仕組み』です。

まずは真空成型の仕組みや、今回使用するプラスチックについてのレクチャーです。
真空成型01

みなさん、『真空成型』はご存知でしょうか?

真空成型とは、薄いプラスチック板を熱して、柔らかくなった所で型に押し当て、下から空気を吸い出し、型と材料との間を真空にし密着度を高めて形を抜き取る方法です。

この真空成型を利用した物は身近にあります。例えば、コンビニ弁当に使われている器!!この器も真空成型を利用して作られている物がほとんどです。

レクチャーの後はいよいよ作業開始!!

真空成型05

真空成型06

今回は電熱器を使用しますので、火傷しないように注意です!!まずは、中野講師がお手本を見せます。
真空成型07

10分前後熱したら、冷めないように素早く型へ押し当てます。それと同時に下から掃除機で空気を抜き真空状態へ!!型へ当ててから成型されるまではアッという間!!
早すぎて、写真を取り損ねました・・・・(;・・)

それでは受講生の方に実践してもらいましょう!!
真空成型09

真空成型10

火傷しないように慎重に、慎重に!!でも、プラスチック板は焦がさないように!!!これがむずかしい・・(笑)
真空成型11


今回は映像で!!



すご〜い!!シュッと言う音であっという間にこの形が出来上がりました〜

真空成型08

形ができたら、周りにある余分な部分をカットしていきます。
真空成型12

カットしたら、その周りにやすりをかけて完成です!!
真空成型14

真空成型15


いつも目にしている物でも、作り方は意外と知らないものです。
今回のように実際に作って体験してみるとみると、次から見方が変わってきますよね。

初めて経験する作業だったので、失敗もありましたが、やり直しをして最終的には皆さん形をしっかり作ることができました。大きなものではないので、小物入れにでもして下さいね。


次回のワークショップのテーマは『凹凸』 を予定しています。
凹凸形状から得る現象や効果を理解し、新しいユニバーサルデザインを模索します。
=====================================
日付 : 2013年9月22日(日)
場所 : K&Yインテリアデザインスクール
講師 : 中野講師
定員 : 6席
受講料:1,500円  
=====================================
お申し込みはコチラ
↓↓↓↓↓
http://www.kandy.ne.jp/form/workshop/


※このワークショップはK&Yインテリアデザインスクールの受講生はもちろん、家具に興味がある方ならどなたでも参加して頂くことができるワークショップです。


インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへGO

2013年06月26日

ワークショップ『成型合板の仕組み』が開催されました。

6月23日(日)にワークショップが開催されました。

K&Yインテリアデザインスクールワークショップは、家具やプロダクトの模型などを制作しながら、構造デザインの基本を学びます。

今回のワークショップ『成型合板の仕組み』です。

まずは成型合板の仕組みや曲げ木についてのレクチャーです。
ワークショップ

ワークショップ

ワークショップ

みなさん、『成型合板』はご存知でしょうか?

成型合板とは、薄い単板を繊維方向に積層接着し曲面状に成型した合板のことを言います。
実はこの成型合板を利用した家具は結構多いのです。知らないうちに成型合板を使用した家具に触れていると思いますよ。
ワークショップ

ワークショップ

ワークショップ

成型合板のことは知っていても、その仕組みや曲げ木の事までは分からないという方も多かったですね。スライドや動画、実際に講師が制作してきた模型等を見ながら、どのように作られているのかを学びました。

その後は、成形合板の仕組みを利用した模型の制作です。ワークショップ

ワークショップ

ワークショップ
『成型合板の仕組み』のワークショップは必要となるパーツが非常に多いです!!
それらを丁寧に切り出していきます。慎重に慎重に・・・ワークショップ
切り出したらその後はのり付けです。
workshop04
乾かないうちにすばやく型へ!!!!!重しをのせてしばらく待ちます。しばらく置いて乾いたら型から取り出します。
本当はもう少し置いてしっかり型を付けたいのですが、時間に限りがありますので、40分程度で取り出します。成形合板
バラバラだったパーツを組み立てて行きます。
ワークショップ

ワークショップ
あとは、木の素材を貼り付ければ完成!!!!!
ワークショップ
今回は時間の制限も有りましたので、木を使用した成形合板を作成することは出来ませんでしたが、この模型制作で仕組みは十分に理解できたと思います。実際に自分で作るときに応用してみてくださいね。


次回のワークショップのテーマは『真空成型』を予定しています。
真空状態を作り出すことで、一瞬にして平面から立体へと変化して行く工程を体験します。
=====================================
日付 : 2013年7月21日(日)
場所 : K&Yインテリアデザインスクール
講師 : 中野講師
定員 : 6席
受講料:1,500円  
=====================================
お申し込みはコチラ
↓↓↓↓↓
http://www.kandy.ne.jp/form/workshop/


※このワークショップはK&Yインテリアデザインスクールの受講生はもちろん、家具に興味がある方ならどなたでも参加して頂くことができるワークショップです。


インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへGO

2013年06月08日

ワークショップ『立体構造のいろいろ』が開催されました。

先日、K&Yインテリアデザインスクールでは、ワークショップ『立体構造のいろいろ』が開催されました。

このワークショップは毎月開催で、手を動かして実際に何かを作りながら、デザインの基本を学ぶセミナーです。

今回のテーマは冒頭でも記載した『立体構造のいろいろ』でした。

ワークショップ17

まずは、スライドを使用して立体を駆使した様々な構造を学びます。
ワークショップ03

ワークショップ07

その後、模型を使用しながら立体構造について学びました。

講義もそこそこに早速、作業開始です!!
まず手始めに、製本についてです。
ワークショップ05

ワークショップ04

ワークショップ06

簡単な冊子を実際に作ってみました。
ワークショップ01

この作業は、立体について学ぶというよりも構造を理解するためのもの。毎日のように手にしているパンフレットや雑誌も今回作成した冊子のような構造で作成されているのですね。

続いて、ダイヤモンドカットを利用した立体構造の模型を作成します。
ワークショップ16

ワークショップ02

ワークショップ12

必要な部分を切り落とさないように、慎重にカットをして行きます。その後は、折りやすくするために、補助線に沿って痕を付けていきます。
ワークショップ15

ワークショップ13

ワークショップ11

折って、折って、また折って!!折り目がたくさんあるので少し大変ですね。
間違った方向に折ってしまうと、それだけで立体構造が出来上がらないので、慎重に慎重に折って行きます。

そして、最後は平面から椅子という立体物を生み出す作業。
ワークショップ10

ワークショップ09

今回作成したこの椅子。厚紙から切り出す作業はとても簡単なのですが、そこから椅子の形に変化させてゆく事がとても難しい!!形にするのに20分前後はかかりますね。

ワークショップ08

で、ようやく完成!!!!!

今回のワークショップで、様々な立体構造には意味があることを理解できたと思います。普段の生活の中でも、気になるものを見つけたら、少しだけ構造について考えてみてくださいね。


ワークショップや勉強会はK&Yインテリアデザインスクールの受講生、卒業生以外でもどなたでも参加できます。参加希望の方は次回6月23日(日)に開催しますのでコチラからお申し込み下さい!!
↓   ↓   ↓
http://www.kandy.ne.jp/form/workshop/

次回のワークショップの詳細はコチラから
↓   ↓   ↓
2013年6月23日(日)にワークショップを開催!!

また、その他のイベント情報は⇒⇒⇒ コチラから




当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください


資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ

Profile

K&amp;Y INTERIOR DESIGN SCHOOL

インテリアスクールの講師、在校生、卒業生たちが日々の仕事やスクールの出来事を掲載していきます。このブログにはインテリアデザイナーを目指す若者たちの悲喜交々がいっぱい掲載されています。

お気に入りブログ&HP
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: