ミラノサローネ

2015年04月17日

今日はミラノ中心街のショールームや展示会場を廻ります

ミラノサローネ視察ツアーも今日で3日目!
今日はミラノ中心街にあるメーカーショールームや展示会場を中心に廻ります。

まずはnendoの会場から廻ります。
nendo02
今年のnendoの展示会場は、ペルマネンテ美術館全館で大規模な個展を開催していました。ここに展示されているものは100点以上あるそうです。しかも2014年、2015年の作品だけなんだとか!
nendo
こちらは2014年に発表されたもので「rain bottle」。
日本の雨には様々な呼び方がありますよね。霧雨や五月雨、夕立など。ボトルの中に、この日本の雨を表現しているそうです。

次は「Kartell(カルテル)」と「Moroso(モローゾ)」です。
kartell
Kartellはロー・フィエラ本会場とは全く違ったものでした。しかし・・・会場内の撮影を忘れてしまうという大失態・・・すみません。
気を取り直して、次はMoroso(モローゾ)へ!!
Moroso
Moroso02
Morosoは昨年の作品が展示されているだけで、新作はないそうです。これは、Frontがデザインした「Anomaly, pouf」。

そして、カリモクニュースタンダードにも足を運びました。
KarimokuNewStandard_
ミラノの個人宅に訪れたような雰囲気の展示でした。
次は「Magis(マジス)」です。
Magis
鳥をモチーフにしたスツール。可愛いですね。

次は、「FritzHansen(フィリッツハンセン)」です。
FritzHansen
地下に、セブンチェアの新色バリエーションが展示されていました。
FritzHansen02
2階に上がると、ここも各お部屋に別れていてインテリアコーディネーションされていました。

楽しみにしていた視察ツアーもあっという間に過ぎてしまいました。
今年のミラノサローネで感じたのは、どこのメーカーもライフスタイル提案がしっかりされていたと言う事。様々なコーディネーションがされていたのでとても勉強になりました。


今回、ブログで紹介し切れなかった情報は、5月17日開催予定のミラノサローネ報告会で報告させていただきますね。卒業生・在校生であれば参加が可能ですので、お時間のある方は是非お越しください。

ミラノサローネ報告会の詳細はコチラ
↓↓↓
http://www.kandy.ne.jp/event/milan.php?mode=detail&id=508
※このミラノサローネ報告会への参加は、K&Yインテリアデザインスクールの在校生及び卒業生に限らせていただきます。
※受講申込みをされた方で、受講料を支払済みの方は在校生に含みます。



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校



kandy2006 at 11:21 この記事をクリップ!

2015年04月16日

ミラノサローネ2日目の午後からはメーカーショールームを廻ります!

午前中に、トルトーナ地区で展示会を行っていたmoooiとスーパースタジオ等を見た後、午後からはメーカーのショールムを回ります。2015年のミラノサローネはどこも面白い展示ばかりで、ついつい見入ってしまいます。

まずは「Poltrona Frau(ポルトローナフラウ)」のショールームポルトローナフラウ

その後、ミニマムインテリアのB&Bのショールームです。
B&B

休憩する暇もなく次へ次へ急ぎます!
次は「Cassina(カッシーナ)」
cassina
椅子がクルクル回っています!
cassina02
ここで回っているのは、ル・コルビジェのシェーズロング!!ビックリしました!!
次はショールームが新しくなった「Driade(ドリアデ)」です。
driade
以前のショールームと全くイメージが変わりました。
次は「Cappellini(カッペリーニ)」のショールームです。
ロー・フィエラの本会場には、パンダが居ましたが・・・
cappellini
ここには居なかったですね。
壁と床が黄色の大胆なコーディネートでしたがシックにまとまっていました。

そしてショールーム廻りの最後は、イタリアの照明メーカー「Artemide(アルテミデ)」です。この照明はPhilippe Rahmのデザインでしょうか。
アルテミデ02
不思議な光りですね。アルテミデ


今日の最後はミラノ大学!!
この大きなオブジェはMHD(モエヘネシーディアジオ)の「Veuve Clicquot(ヴーヴクリコ)ブランド」です。
Veuve-Clicquot
そして、日本企業のキッチンハウス
キッチンハウス
「ENERGY FOR CREATIVITY」展に隈研吾氏による会場構成でキッチンハウスが初出展していました。


駆け足で紹介してきましたが、その他の詳細な情報は、5月17日開催予定のミラノサローネ報告会で報告させていただきますね。卒業生・在校生であれば参加が可能ですので、お時間のある方は是非お越しくださいね。

ミラノサローネ報告会の詳細はコチラ
↓↓↓
http://www.kandy.ne.jp/event/milan.php?mode=detail&id=508
※このミラノサローネ報告会への参加は、K&Yインテリアデザインスクールの在校生及び卒業生に限らせていただきます。
※受講申込みをされた方で、受講料を支払済みの方は在校生に含みます。



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

kandy2006 at 19:00 この記事をクリップ!

ミラノサローネ2日目!トルトーナ地区から展示会を見に行きます!

ミラノサローネ2日目!
今日はトルトーナ地区とブレア地区の展示会を見て回ります。トルトーナ地区では毎年楽しみにしている「moooi(モーイ)」が展示を行っています。今年はどのような展示構成になっているのでしょうか??
早速向かいます!

moooi(モーイ)」の展示会場に到着です。
moooi03

moooi01

moooi(モーイ)独特の世界観が表現されています。moooi02

トルトーナのmoooi(モーイ)の展示会場はインテリアの展示と言うより、アートの展覧会のようですね。
moooi05
moooi04

やっぱりmoooi(モーイ)の展示会場はすごかった!

moooi(モーイ)の展示会場の次は、スーパースタジオの旭硝子へ足を運びます。
旭硝子

幻想的な硝子パーテーションの世界でした。写真では中々上手に撮ることができず・・・残念です。
その他にもスーパースタジオには色々な展示がありました。面白かったです。
スーパースタジオ


次は、トラムに乗ってSAN BABILAに移動です。
そちらでは、メーカーのショールームをめぐる予定です。

また、改めて記事をアップしますのでお楽しみに!!
それでは・・・


当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校


kandy2006 at 14:09 この記事をクリップ!

2015年04月15日

2015年のミラノサローネがいよいよ開幕!!

今年もやってきましたミラノサローネ!!
インテリア好きにはたまらない一週間がいよいよスタートです。2015年はどんなデザインが発表されるのかドキドキワクワクです。

ミラノサローネは、毎年、イタリアのミラノで4月に開催される世界でも最大規模のインテリア家具見本市!この時期に合わせてイタリアを訪れるという方も多いのではないでしょうか。
K&Yインテリアデザインスクールの卒業生も、ミラノサローネを見た後にヨーロッパ各地へ行くそうです。

まず初日に訪れたのは、ミラノサローネ見本市本会場のロ―・フィエラです。
1日では見て回れないほどの広さの会場に、さまざまなメーカーのブースが並んでいます。イタリアを訪れる前にどのメーカーのブースを見たいかなど、ある程度のルートを決めておかないと本当に見たかったメーカーのブースを見ることが出来なかった!!なんて事にもなります。要注意ですね。
毎年会場入口は大混雑です。
milano_salone2015

無事に会場入りし、まずは大本命「kartell(カルテル)」から見て回ります。
kartell02
kartell
毎年、豪華な印象のkartellですが、今年はシックな会場となっています。
そして、パントンチェアのミニチュアがならぶ「Vitra(ヴィトラ)」!vitra
かわいいですね!
次は「edra(エドラ)」です。キラキラしてますね。Edra
この椅子は、JacopoFogginiのデザインした椅子「Gina」です。

そして、「Magis(マジス)」のブースです。
Magis
キッズコレクションの「me too」。おとぎの国のような会場構成です。
Poltrona Frau(ポルトローナフラウ)」からはミニチュアを紹介します。
Poltrona-Frau
ミニチュアなのに豪華!!
そして、「Cappellini(カッペリーニ)」からはパンダを紹介。
cappellini

なぜパンダ??とビックリしましたが、これはPaola Navoneのデザインで「PANDA LUX」でした。
と、初日の午前中はこれぐらいにしてここでランチです。
午後からもたくさん回る予定なので、エネルギー補給です。!!


エネルギー補給完了!!早速、ブースを回ります。だんだん混雑してきましたね。今年の各ブースのデザインはとてもユニークなものが多いですね。
こちらは、「BD BarcelonaDesign(バルセロナデザイン)」のブースです。BarcelonaDesign01
お猿さんのオブジェの上に椅子が載っています。この椅子はJaime Hayonの「GARDENIAS」?BarcelonaDesign02
この前で、皆さん記念撮影をしていましたね。

そして、角材で組み木をされたインスタレーションは「moroso(モローゾ)」のブースです。
moroso
moroso(モローゾ)は最後になりましたがかなり混んでいましたね。

ブログでは紹介しきれない情報もまだまだたくさん有りますが、それは5月17日に開催するミラノサローネ報告会でお伝えいたしますね!今回の報告会は、卒業生・在校生の方であれば参加が可能なので、参加を希望する卒業生・在校生の方は、電話かメールで予約をしてくださいね。

ミラノサローネ報告会の詳細はコチラ
↓↓↓
http://www.kandy.ne.jp/event/milan.php?mode=detail&id=508
※このミラノサローネ報告会への参加は、K&Yインテリアデザインスクールの在校生及び卒業生に限らせていただきます。
※受講申込みをされた方で、受講料を支払済みの方は在校生に含みます。



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

kandy2006 at 14:29 この記事をクリップ!

2014年06月02日

ミラノサローネの記事をアップしました!

今日はK&Yインテリアデザインスクールはお休みです。
お休みのときに、スクールのみなさんに読んでもらおうとブログをアップしました。

P4110011


今、インテリア情報サイトに今年の4月に行ったミラノサローネのことを記事として連載しています。

仕事とK&Yインテリアデザインスクールの授業が忙しくて、記事を書いている時間がとれないのですが、なんとか第2回目まで掲載できました。

まず、第1回目はプラスチック家具メーカーのパイオニアKartell(カルテル)社の展示風景と新作コレクション。
Kartell(カルテル)社

第2回目は斬新な若手デザイナーを多く使って新作コレクションを発表するインテリアブランドのMoroso(モローゾ)社の展示風景と新作コレクション。
Moroso(モローゾ)社

この2つのブランドの作品のことを、デザイナーの視点から記事を書きましたので、家具デザイナーはもちろんのこと、インテリアデザイナー・店舗デザイナーなど、インテリアデザインの仕事に携わりたいと思っている人には、大変勉強になる記事です。

スクール在校生は、詳しくは授業でも取り上げますが、まずはこれらの記事を読んで先に勉強してください。スクール卒業生たちも是非読んでください。
もちろん、それ以外の人で興味がある人も是非一読ください。

スクールの授業中にもよく言いますが、デザイン大国と言われるイタリア・オランダ・北欧デザインの発想は、日本人から生み出される発想と多少違いがあります。

そのあたりを身近に見て、感じて、その中で日本のデザインらしさを発見してほしいと思っています。

毎年、学生たちのミラノサローネ視察ツアーを主催しミラノまで出かけるのはそのためです。

インテリア情報サイトを立ち上げたのもそのためです。

これから日本の未来を担うデザイナーたちに世界のデザインを見て、日本のデザインの立ち位置をしっかり確認してほしいと思っています。

その中で必ず何かが見えてくるはずです。

シリーズで10回くらいまで書きますので、次回の記事も楽しみにしてください。




kandy2006 at 11:30 この記事をクリップ!

2014年05月18日

ミラノサローネでみつけたHAYというブランド

こんにちは
K&Yインテリアデザインスクールの店舗デザイナーコースの卒業生の●●です。

4月にミラノサローネに行ってきました。

私はスクールでのツアーではどうしても仕事で都合がつかず、それには参加せず、単独でミラノに向かい、みんなが帰る日にミラノに到着するというスケジュールで4日間いろいろな会場を廻りました。

昨年からK&Yインテリアデザインスクールのミラノサローネ勉強会に何度か参加してだいたいの様子は分かっていたのでなんとか廻りきることができましたが、展示会場が広いだけではなくて、ミラノ市内もいろいろなイベントが開催されているので、本当に目移りしました(笑)

P4090542


スクールに在籍中からずーと行きたいと思っていたミラノサローネ。夢が叶ってミラノに到着してからもずーと興奮していました(笑)。
何を見ても新鮮でダイナミックに感じられました。

そんな中、私が注目したブランドをご紹介します。
雑誌やインテリア情報サイトでも紹介されて、とっても気になるHAYというブランドです。
最近日本でも少しずつ紹介されるようになり、K&Yスクールの矢野校長も注目しているそうです。

P4111017

ミラノ市内にショップができたと聞いていたので早速さがして行ってみました。
P4111027
P4111018

ここでHEYのことをちょっとご紹介。

HAYは、50年代、60年代の偉大なデンマーク家具デザインを大切にしながらも、新しいデザインを取り入れた商品開発を行っています。
北欧デザインというカテゴリーにこだわらず、インターナショナルな視点を持ち、 家具・インテリアアクセサリーからデコレーションアイテム・ステーショナリーなど、ライフスタイル全体をコーディネートすることが出来るコレクションを展開しています。

P4111021
P4111026

ポップすぎず、渋すぎず、バランス感覚が良く、良心的な価格帯で注目の高いブランドだと思います。
P4111031
デンマークの巨匠家具が高騰してしまった今、きちんと「買える家具」を提供するのが北欧ブランド「HAY」の魅力とのこと。

このブランドは日本でもヒットしそうな予感です。自分のデザインした物件にも今度使ってみたいと思いました。

ミラノサローネでは、こんなものをみつける楽しみがありますよね。

このあとランブラーテやトルトーナ、ミラノ大学と廻ってたくさんのデザインやアートに触れることができて、満足の4日間を過ごしました。

来年は行けないと思いますが、必ずまた行きたいと思いました。



当スクールのインテリアデザイン教育にご興味がある方、または受講を希望される方は、下記のフォームから資料請求、体験授業に是非ともご参加ください

資料請求はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.kandy.ne.jp/form/dataclaim/

体験授業、コース説明会のご参加はコチラ
http://www.kandy.ne.jp/school/freelesson.php

インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへ



K&Yインテリアデザインスクールは、インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具デザイナー・プロダクトデザイナーを目指す人のインテリアデザイン専門の学校と建築・インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターの為のCAD(ベクターワークス)専門の学校です。


kandy2006 at 16:37 この記事をクリップ!

2014年05月06日

2014年のミラノサローネ報告会を開催いたしました。

5月3日(土・祝)に、K&Yインテリアデザインスクール2014年ミラノサローネ報告会を開催しました。
ミラノサローネとは、イタリアミラノで開催される世界最大のデザインイベントです。

視察ツアーに参加できなかった方たちも、世界の最新のデザイン情報を見て知って、もっとデザインのことを好きになってほしいという趣旨で、毎年どこよりも早く報告会を開催しています。

ミラノサローネ報告会07

ミラノサローネ期間中は、本当にたくさんの写真を撮りました。
撮影しているときはあまり気にしていなかったのですが、日本に帰ってきて改めて写真を整理してみると、ビックリする枚数になっていました。整理するだけでも大変な作業でした・・・

ミラノサローネ報告会04
ミラノサローネ報告会01

ミラノサローネ報告会用の資料を作っているときも、たくさんの新作家具を見て欲しいという思いから、写真の枚数が多くなってしまいました。

ミラノサローネ報告会06
ミラノサローネ報告会09

報告会では、今年のミラノサローネの傾向と、新作家具を中心に見ていただきましたが、枚数が多かったこともあり、終了予定時間を大幅に超えてしまいました。
毎年ここは反省するところです(^_^;)。

ミラノサローネ報告会03

今年も報告会には多くの方にご参加頂きました。業界のメーカーの方など大勢いらっしゃいました。ありがとうございました。

今回の報告会では全部ご紹介しきれなかったので、ミラノサローネ2014の詳細は、インテリア情報サイトで掲載していきます。こちらも是非ご活用ください。

また秋ごろから、ミラノサローネ2015の勉強会を開催予定です。ミラノサローネのこと、世界のインテリアブランドのこと、インテリアデザイナーのことをもっと細かく深く勉強していきます。勉強会にも是非ご参加ください!!

このミラノサローネ報告会・勉強会は、インテリアデザインを勉強されている学生の方を中心に、インテリアデザイン・家具デザイン・プロダクトデザインに興味がある方向けに開催しているセミナーです。

スクールの在校生、卒業生以外の方でも、どなたでもご参加できます。

これからデザイナーを目指す方や、すでにインテリアの勉強をされていてミラノサローネにご興味がある方は是非いらしてください。

詳しいスケジュールが決まりましたら、K&YインテリアデザインスクールのWhat Newsで連絡しますので、お楽しみに〜

2014年04月11日

ミラノ大学で開催されている日本企業の展示会場へ!

次はミラノ大学へ移動です。
ミラノ大学では、パナソニックとYKKが展示を行っています。

ミラノ市内を歩いているとこんなインスタレーションを多く見かけました。
ミラノ市内インスタレーショ
これは、イタリアの大手シャツブランド「camicissima」のインスタレーションです。シャツ⇒ミシン?と言う発想でしょうか。

ミラノ大学に到着です。
ミラノ大学
ここでちょっと休憩。
お天気が良くて本当に気持ちいい〜。いつまでもいたい場所です。
ミラノ大学(YKK)
遠くに日本のサッシメーカーYKKの展示が見えます。
YKK
よくわからない外観ですね。少し中を覗いてみましょう!
中はこんな感じです。
YKK2
展示タイトルは「“WINDOWSCAPE”展」です。
このインスタレーションは、“Kaleido-window(カレイド・ウィンドウ)”と言って、窓の切り取る内外の風景や光が乱反射し、通り抜ける動きに合わせて、壁や天井がゆらめく不思議な体験ができるとの事。因みに、“Kaleido(カレイド)”とは、万華鏡(英語で”kaleidoscope”)に由来し、古代ギリシャ語で“美しい”を意味するのだとか。奥が深いです。

続いて、パナソニックの展示です。
ミラノ大学(パナソニック)
コンセプトは「SLIDING NATURE」。
大型引き戸とLED照明を用いて、住環境と自然が融合した「呼吸する家」を表現しています。夜に訪れると、1・2階の回廊に配置された照明と、庭に配置された照明とのシンクロ調光を見ることができるのですが、スケジュールの都合で夜に訪れることはできませんでした。残念・・・。
因みに、会場構成は、トラフ建築設計事務所が手がけているそうです。


ミラノ大学02
昨日もこんな感じで色々な展示会場を回りました。ツアーがどんどん楽しくなってきましたが今日が最後。ミラノを離れるのがちょっと寂しいです。



K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLでは、2014年もミラノサローネ報告会を開催致します。お時間のある方は是非お越しください。

◆日時:5月3日(土・祝)13:00〜(予約制)
◆場所:K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL
詳細・申込はコチラ>>>
(※お申込の締切は、4月27日(日)18:00となります。)


インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへGO

トリエンナーレとミラノ市内のショールーム巡り

昨日は、朝イチでフォーリサローネのトリエンナーレに行って来ました。
トリエンナーレ

そこで開催されていたCITIZENのインスタレーションがすごかったです。時計の内部部品数千個がピアノ線で吊ってあります。
CITIZEN
幻想的な世界を醸し出していました。

その後、ミラノ市内のショールームを巡りました。
まずは、Kartellのショールームからです。カルテルショールーム
カルテルショールーム02
テーブルウエアの新作をパーティの演出で展示していました。
次は、インゴマウラーのショールームです。
インゴマウラーショールーム
照明の楽しさを教えてくれるところでした。
続いて、ポルトローナフラウのショールームです。
ポルトローナフラウショール
ポルトローナフラウはオフィスの演出で展示されていました。ポルトローナフラウの家具でオフィスをコーディネーション。なんてゴージャスなオフィスなんでしょう!!

お次は、cassinaのショールームです。
巨匠たちの作品が並んでいますね。
cassina
右に見える木の箱のようなものは、ル・コルビュジエの作品で「LC14」。右奥に見える椅子は、ヘリット・リートフェルトの椅子で「UTRECHT」でしょうか。
cassina2
cassinaの家具はやっぱり素晴らしい。
椅子は、最近注目を集めているデザイナー、ルカ・ニケットの作品で「MOTEK」ですね。

次は、ミラノ大学へ歩いて向かいます。


K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLでは、2014年もミラノサローネ報告会を開催致します。お時間のある方は是非お越しください。

◆日時:5月3日(土・祝)13:00〜(予約制)
◆場所:K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL
詳細・申込はコチラ>>>
(※お申込の締切は、4月27日(日)18:00となります。)


インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへGO

2014年04月10日

続いてはブレア地区の出展の様子です。

まずは、フィリッツハンセンのショールームへ向かったのですが、写真を撮り忘れてしまいました(T。T;)。正面入口の写真だけですみません。フィリッツハンセン

続いては、お隣にあるmagisのショールームです。magis
ハイメ・アジョン
マジスショールームのガラスに描かれた絵が可愛いですね。この絵は、ハイメ・アジョンの直筆のイラストです。ハイメ・アジョン
マジスのショールームに入ると、 ハイメ・アジョンのデザインしたPinaシリーズのロッキングチェアがありました。今年の新作ですね。この椅子がすごく座り安かったです。

そして、次は日本人デザイナー佐藤オオキさん率いるnendoの出展会場へ!!
ブレア(nendo2)
↑↑こちらは、今年の新作で、キュービックラバーバンド。ブレア(nendo)
この空間は、なんだか不思議な雰囲気でしたね。

そして、トヨタ・レクサスの展示会場で、田村奈穂さんのインスタレーションです。レクサス(田村奈緒)
天井から吊るされている作品が照明に照らされ、床に影ができる。それがゆらゆらと揺らめいていてとても幻想的。

morosoのショールームへも足を運びました。
morosoショールーム
おもいっきりくつろいでいる人達。なんだか和みます。
2階の展示会場にはこんな作品たちも有りました。moroso4
moroso3




K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLでは、2014年もミラノサローネ報告会を開催致します。お時間のある方は是非お越しください。

◆日時:5月3日(土・祝)13:00〜(予約制)
◆場所:K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL
詳細・申込はコチラ>>>
(※お申込の締切は、4月27日(日)18:00となります。)


インテリアデザイナー・店舗デザイナー・家具・プロダクトデザイナーを目指す人はインテリアデザイン専門の学校
K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOLへGO


Profile

K&Y INTERIOR DESIGN SCHOOL

インテリアスクールの講師、在校生、卒業生たちが日々の仕事やスクールの出来事を掲載していきます。このブログにはインテリアデザイナーを目指す若者たちの悲喜交々がいっぱい掲載されています。

お気に入りブログ&HP
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: