運送業の規制に関する記事が日経新聞電子版に掲載されています。

「 荷待ち時間の記録義務付け 国交省、運転手の待遇改善へ  
 
2017/4/11 1:14日本経済新聞 電子版

 国土交通省はトラック運送会社に対し、荷物の積み下ろしの間に運転手が待機する「荷待ち時間」を乗務記録に記載するよう義務付ける。長時間労働の要因となっている上、待ち時間分の人件費を荷主が負担しない違法な事例も相次いでいた。

 荷待ち時間の明記で運送会社が荷主に追加費用を請求しやすくし、ドライバーの待遇改善につなげる狙いがある。同省は人手不足が深刻化する運送業界の人材確保にも効果があるとみている。

 貨物… 」無料版はここまで

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO15136970Q7A410C1CR8000/

待ち時間は、通常、待機時間とよばれています。
物流センターの集約化が進むと、待機時間は長くなります。今まで数か所あった積み降ろし場所が1か所に集約され、トラックが集中し、順番待ちが長期化します。

それとこの記事には、「待ち時間の人件費を荷主が負担しない違法な事例」とありますが、ほとんどの荷主は待機時間の人件費なんか考えてもいません。

国土交通省は、乗務記録に記載された待機時間を、どのように使うのでしょうか?
荷主に人件費を請求してくれるのでしょうか?
待機時間は労働時間ではいと、厚生労働省に認めさせてくれるのでしょうか?
拘束時間から除外してもらえるのでしょうか?

どのように待遇改善に結び付けるのでしょうか?

この待機時間と同様に、朝の順番取りも調査して指導してもらいたいです。
荷主の始業直後に、早く積荷ができるようにと、朝の4,5時に荷主企業に到着して、順番を取って、近くのコンビニ等で休憩、仮眠しているのが現状です。その順番取りのために、通常よりも3,4時間以上早く車庫を出発しているのです。早い順番を取れなければ、何時間待たされるか分かったものではありません。場合によっては、4時間も5時間も待機しなければならないのです。

国土交通省もここを見てほしいものです。