ファミリーレストランに関する記事がYOMIURI ONLINEに掲載されています。

「 「現金払い不可のレストラン」都内にオープン
 
2017年11月06日 20時11分
 ファミリーレストラン大手のロイヤルホールディングスは6日、飲食代の支払いをクレジットカードや電子マネーに限定したレストランの実験店舗を東京都中央区に開いた。

 外食業界で人手不足が深刻化する中、現金を管理する手間を省くことで、店舗運営の効率化につなげる狙いだ。
 飲食代の支払いは、店員が席に持参する端末を使って済ませる。注文も席に設置されたタブレット端末を使って行う。オーブンやレンジなどの機能を備えた最新の調理機器を導入するなどして調理工程も短縮する。
作業量を減らし、スタッフが働きやすい環境を整えることで、サービスの向上につなげる狙いがある。」

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20171106-OYT1T50068.html?from=ytop_ylist

最近は、ホールスタッフを減らして、タッチパネルで注文するところが増えていて、なんだか不思議な感じがします。ホールスタッフとの会話でもう一品注文したり、お店のおすすめを聞いたりということが少なくなりそうですね。それほどの人手不足なのでしょうか?

実は、この「現金払い不可」にはもう一つの目的がありそうです。
そうです、レジの現金紛失対策でしょう。レシートの合計と現金が合わないということは頻繁に起こっているそうです。その対策として、現金を扱わなければいいということで、実施しているのでしょう。

それとファミリーレストランへの要望は、レジでの個別会計をなくしてほしいです。グループで来店して、会計の時に各自の分を個別に支払うのを待っているのがとても不快です。
一切禁止してほしいです。

20171015コロッケ定食